06
1
3
10
11
13
14
16
18
21
23
24
26
28
30
   

ハーフマイルバッグ*サザエさん

流行の単語を使ってみました。

ワンマイル。じゃなくて、ハーフマイル。

え?流行でもない?!



てことで、作ったハーフマイルバッグ。

要は、ハーフマイル(800メートル)程度のお出かけに使うバッグってこと。

幼稚園の送り迎えとか、買い物しないお散歩のときに
使えるかなーと思って作りました。

CIMG1441.jpg

マチ部分が狭すぎる!
これじゃあ、スマホポーチ?!

てことで、もうちょいマチ部分を広くして、
改良してみますーーーーーーー。
できれば、自立できるようにしたいなーーーーー。


てことで、改良できれば、
ワンデイショップにも出品しようかなー。
大きさも、大と小を作って、
大人用、子供用、お揃いで使ってもらえるようにできたらなー。

と思っています。。。

次のワンデイは、秋の開催だから、
冬っぽい仕様にしないとねー。



***
ユリの熱が止まりません。。。

先週末も、同じこと言っていましたが
微熱→平熱を繰り返した先週1週間。
もう、大丈夫だろう、、、と思っていたら
突然のキョーレツな下痢と発熱。
そして、微熱の日々。。。

てことで、今週もプールにも行けず
お出かけもできず。悶々。。。

私も、ストレス溜まるわ。。。

しげおは、独りで出かけたら、、、と言ってくれるけど
私が望んでいるのは、家族でのお出かけ。
家族みんなで一緒に遊びたいの!

てことで、ほんと、イライラしまくりぃーな日々でございます。

スミレ姉さんも、なぜだか、最近、ほんとイライラが酷くて。
「お姉ちゃんイヤ!」発言から、未だに収まりません。。。。

自分だけお手伝いたくさんイヤ、とか、言うけど、
お手伝いをするのは、当たり前なの。

先週のサザエさんでは、
オフネさんとサザエさんが、カツオに

「家のお手伝いをするのは、当たり前です!
 お駄賃をもらおうと思うのは、間違っています!」

みたいなこと言っていたけど、ほんとそうよねー。

もちろん「手伝ってくれて、ありがとう」
の気持ちは伝えなあかんけど
子どもが協力して、家のことやっていくのは当たり前。
そうでないと、回らないもん。

カツオくん。
今日は「僕ばっかり叱られて。。。」な話をしてて
これまた、スミレにピッタリの話題だったけど、
スミレは、どう思って見ていたのかなー。

ちびまるこちゃんも、サザエさんも、
一昔前の日本の話だから(なんちゅう表現や)
共感できることが、たくさん。
逆に、そうか、今は、こういうところが違うんだなーと
反省させられることも多々あり。

イマドキなアニメの方が、子どもたちとしては
見たい気持ちはいっぱいだろうけど
親としては、やっぱりサザエさんを勧めてしまうなー。


スポンサーサイト

3姉妹ワンピ

3姉妹のワンピースを作りました。

CIMG1437.jpg
左からスミレ、コウメ、ユリ用。

ユリのワンピには、ザリガニがたくさん。。。

早朝、これを見たユリが、激怒。

「じぇんじぇん、かわいくない。
 スミレだけ、かわいいの、ずるい」

無理矢理着せようにも、断固拒否。

仕方がないので、胸元にリボンを付けてあげると
CIMG1440.jpg
急に機嫌がよくなって、このように着用してくれたわけで。

ああ、めんどくさーーーーーー。

文句、言い過ぎなんだよねーーーーーー。

作ってもらって、当たり前って、思っているよねー。

スミレ姉さんやコウメ姉さんは
「ようやく」
私の気持ちを理解できるようになったからか、
自分に与えられたワンピには、何も文句を言うことなく
着てくれました。大人になったね(爆)。

このワンピ、首元も、腕も、ゴム使用なので
着替えやすいし、見た目も、くしゅっとしてて
可愛くて、大好きです。

ちなみに、ユリの生地と、コウメの生地は、IKEAの。
スミレの生地は、ずいぶん前に購入したローン生地。
薄くて気持ち良さそうだけど、下着必須☆

こういうカジュアルなワンピが1着あると、
ほんと、ラクだよねーーーーーーーー。
もう1着くらい、作ってあげたいなー。
でも、生地ないな。。。とほ。

リサイクルクッション*100以上の数の勉強

クッションを作りました。
CIMG1434.jpg
ええ。名付けてリサイクルクッション。
娘たちがサイズオーバーで着れなくなった服のリサイクルです。
カバーとして使っている服はもちろんですが、
中にも、着れなくなった服や肌着を入れています。
捨てる前に、クッションや座布団として使い、
その後、中に入っている服を取り出しては、
ウエス(要は、使い捨てぞうきん)として使用し、
そして、最後は、ゴミ箱にポイ。。。

ただ、この洋服型クッション。
こわいーーーーーーーーーと、しげおには、評判が悪くて。
ま、そんなこと言うても、ほんとは
「昼寝用の枕がたくさんできてよかった」と思っているに違いないが。


てことで、ビンボーリサイクル話でした。



***

先日お見せした、たくさんの木の棒。
CIMG1374_2014062522584379c.jpg

これを、どうしたか、というと。
CIMG1405.jpg
ボンドで、くっつける。

CIMG1407.jpg
くっつけると、こうなる!
(キレイに平らに、高さも揃えてね!)

そして、こうなる!
CIMG1410.jpg
10本くっつけた状態です。

これらを、どうやって使っているか、というと。。。

「これらの棒を使って 380 を作りましょう」
CIMG1435.jpg
正解☆

1本の棒を10として考えていきます。
10本くっつけたものが、100のタイルになります。
100のタイルが2枚で、200。
100のタイルが3枚で、300。

そして、1000。
CIMG1436.jpg
この立方体のんが、1000ね。

「棒は、何本あるでしょう?」

そんな質問をしながら。


てことで、2年生の算数の勉強に役立つかなー
と思って作った教具です。

一緒に作ったおかげで、10が10本で100
という考えまでは、スミレもコウメも
なんとか理解できた、、、かな。。。

2年生でも1000以上の数字の勉強が出てくるはずだし
デシリットル、ミリリットル、
リットルの単位の勉強も出てきて
教えるのも、ひと苦労する予感。。。
この棒とタイルと立方体で、
目や重さを感じながら、理解できたらいいなー。

てことで、ただの棒に見えていたかもしれませんが、
ちゃんと立方体になるように、正方形のタイルができるように
ちゃんと計算して、裁断してもらいました。

モンテッソーリの教具にも、こういうのありますが、
買うとなると、まあ、ビックリするお値段。。。ひょえ。

ちなみに、私は、
7ミリ四方の棒を17本くらい買って作ったので
制作費は2000円ちょいで完成しました。
ローコスト製作物、ばんざい☆☆☆

ユリのリュック*パペット第一号*三つ編み

ユリ熱、一気に治らないのが、
この人の熱の特徴でもあり。

熱は下がったものの、
微熱→平熱→微熱を繰り返すので
ユリだけプールにも行けず。。。

「スミレちゃんとコウメちゃんは、
 学校でも、いっぱいプールができるし
 お休みの日も、いっぱいプールに行けていいな」

という愚痴を、半日以上、聞かされました。。。とほ。

やっぱり抗生剤がないとあかんのかな、、、ユリ。。。
抗生剤嫌いやけど、ユリだけは、仕方ないんかな。。。
でも、こんな感じで抗生剤ばかり飲んでいるから
治りが悪いのかな、、、とも思ったり。


そんなユリに、ようやく、リュックを作ってあげました!

CIMG1432.jpg
ユリが選んだ、ケーキの生地のリュックです。
姉さんたち同様、パターンレーベルさんのパターンを使って。

ユリは、大喜び。
一方の、姉さんたちは、激怒しました。

「ユリだけ、ずるい!ケーキの生地で!
 しかも可愛いし!ピンクだし!」

「私たちのときには、花柄しか選べなかったのにー!」


ごめんね。。。
姉さんたちの生地のシリーズ、もう売っていなくてね。。。


てことで、1つ、何かを作るだけで、喧嘩になったり
やっかみを受けたり、、、

そんなんばっかりやったら、作る気、失せるで。。。ほんまに。。。


てことで、
スミレが幼児教室に通い始めた5年前に購入した
無印のリュックも、引退です。

3人とも、よく使ってくれました!
大事に使ってくれたおかげで、今でも充分使えます!
ただ容量の点で、厳しくなってきたので
(旅行に行くには、容量が足りなかった)
姉さんたちと同じ、パタレさんのリュックを作ることに。

姉さんたちも自分のリュックを、
とても気に入ってくれていたので
まさか喧嘩が起こるとは、、、

女って、こわいね。。。こんなことで怒るなんてね。。。

それにしても、パタレさんのリュック、
作るの、やっぱり大変でしたーーーーー。
とってもキレイに、既製品のように仕上がるんだけど
ちょっと手を抜くと、一気にガタガタになって
修正できなくなって、結局、自我流で修正して、、、。

3人分作ったし、もうこれ以上作ることは、、、ない、、、かな。。。

でも、大きくなったときに、大きいサイズのものを
3姉妹に作ってあげたい気もするけど、
その頃には、既製品がいいーって、平気な顔して言うんやろうなー。
さみしいなーーーーーーー。


***

そんなわけで、5年間3姉妹が使い続けてきたリュックは
CIMG1433.jpg
パペットのおうちとして、再利用されることに。

そうそう。この子、パペット第1号です。

「ペンギンだよ」

と、娘たちに説明すると、速攻

「いやーーーーー!!!ぜんぜんかわいくない!
 これ、おばけだよーーーーーーーー!!!

「ママ、次に作るのは、ぜーったいに
 かわいいのにしてねーーーーーーー」


と、真っ向から、全否定。

確かに、ペンギンぽくないし、
可愛くもないけど、、、。

でも、パペットって、ふなっしー的な動きになるから
動かしてみたら、ちょっとだけ、みんな気に入っていて。

次は、もうちょっと可愛いの、作れるように、がんばります☆


***

ちなみに、リュックの中には、パペットだけでなく
CIMG1430.jpg
姉さんたちが、3時間ぶっとおしで作った
三つ編みのロープも入っています。

今日は、雨だし、プールも行けないかなーと思っていたので
朝から、使わなくなったシーツを、裂いて
三つ編みロープを作ることに。

布を裂く、というのは、大変面白いです。


「え?はさみを使わなくても、手で切れるの?!」

「うわ!すごい!まっすぐに切れている!」

「この、糸くず、かわいいー!もらっていい?」

てことで、3姉妹、大興奮で、裂きまくって
喜んで、糸くずを拾って(笑)。

三つ編みも、最初は、調子良く作っていたのですが、
全部で20本以上三つ編みを作らなければならず
作っても作っても、まだまだ残る布に、イライラしながらも
よくがんばったーーーーーーーーーーー!!!

てことで、たくさん作った三つ編み、とりあえず、
無印のリュックに入れて、保管。保管。保管。

後日、これで、スパイダーマン遊びをする予定です。

先日、小学校の文化祭的なお祭りがあったのですが、
コウメが「スパイダーマン遊びが、とっても面白かった」と言ってて。
スミレも1年のときに、スパイダーマンのような遊びをしたらしく
2人して、スパイダーマンつくろー!!!と大盛り上がり。


スパイダーマン遊びの会場が完成したら
またご紹介します☆うまくいくかなー。

ユリ熱*楽器*ミニアイロン台

CIMG1413.jpg
昨日、久しぶりにユリと、レゴで遊びました。

CIMG1419.jpg
おっさんに、可愛い帽子を乗せるのが、ブームのようです。

そのユリさん、3姉妹の中で、一番、病弱です。

病弱、という言葉が、一番似合わない人だけど、
でも、しょっちゅう病気になっています。

ま、軽症なのが幸いだけど。

でも、なんでかな。
3姉妹のうちで、一番下って、一番強そうなのに。
意外と。高い確率で、下の子が病弱なご家庭に出会います。



てことで、今日は、
幼児教室に送り届けた1時間後にTELあり。

熱です。


はい。迎えに行きます。


てことで、迎えに行ったあと、昼寝をしたら、
恐ろしいくらい元気になって、

遊ぼう、遊ぼう、

ママ、見て、こっち見て、がははははー。






「熱があるんだから、じっとしていなさい!」

なんて言葉を、完全無視して、遊びほうけていました。。。


でも、遊んだおかげか、いやいや、昼寝したおかげで
熱も徐々に下がってきて、一安心。

ただ、今日は、
同じ三姉妹ママ(自身も三姉妹という共通点もある)と
三姉妹談義をするために、遊びにきてもらう予定だったのに。

く。く。くやしいー。

リベンジするぞーーーー。


***

てことで、ユリが昼寝している間、
私は、読書を。

最近読んだ(でいる)本。


問題意識が、共感できます。

工作講座を行ったときも、感じたけど、私の強みって、
教育関係の会社に勤めていた(たった5年だけど)ときの経験だな、と。

あのときに、出会った子どもたちに対して感じていた、
なんだかな、、、な気持ち。オカシイよね、、、の気持ち。
これでいいの?の気持ち。そんな気持ちがベースにあるから、
工作の大切さ、育児の上で大切にしないといけないことを、
実践ベースで語れるんだと思う。

自分の育児経験としては、まだ8年だし、
自分の子以外の子の保育経験はないけどね。。。

てことで、子育て本、勉強本、教育本、読みあさっています(爆)。


甘えてくれない長女の子育てに悩む母ですから。。。



林先生の脳科学の話は、確かに面白いけど、
eduも、のびのび子育ても、最近、林先生に頼り過ぎ。
同じような記事ばかりで、ちょっと。。。
でも、買っちゃう、、、けどね(笑)。


情緒不安定な自分のために(爆)。


4ヶ月くらいかかって、ようやく読み終えた。。。


これ、買わなきゃ。


そんなわけで、読書話でした。


***

久しぶりに、作りもののお話。

読書のあとは、身体を動かす!

そう。作る!

CIMG1425.jpg
以前、拾ってきた枝を、やすりでやすって、ツルツルに。
そこに、ブライワックスを塗り込んで。
ぶら下がっているのは、クレラップの芯。
これも、ブライワックスを塗り込んで、キリで穴を開けて
麻ひもを通せば、完成。

楽器です。一応。。。


CIMG1426.jpg
叩いて楽しみます。一応。。。


ミニアイロン台を作りました。
CIMG1422.jpg
パッチワークを頻繁にする人や
子どものお手伝いの1つとして、
アイロンをかけさせるときの導入として、使えるかな、と。

アイロン台を、わざわざ出さなくても、
机の上にポンとおけば、すぐにアイロンがけができます。

子どもだと、コンセントから外して
しばらく経ったアイロンを与えれば、
これくらいのハンカチなら、しわが伸びます。

我が家も、そろそろ、自分のハンカチくらい
自分でアイロンがけしてほしいな、、、と思って
このようなものを作りました。

自分家用なので、
持ち手の部分と生地とちぐはぐだけど
気になさらないで。。。

できれば、商品化して、秋のワンデイに出品したいなーと。

CIMG1423.jpg
ちなみに、キルト芯2枚挟んでいるので、
ほんのちょっと、ふかふか。

さて。我が家の姉さんたちにも、
早速、お手伝いしてもらわなきゃ。

公園に子どもがいない*解決法

最近、公園に、子どもたちが、居ません。

午前中の晴れ間のときですらも。

今日は、ユリと、まったり公園で遊んでいたのですが
最近、近所に引っ越してきた、という親子に聞いても

「1歳くらいの子とお母さん、、、というのは、よく見かけるけど
 お兄ちゃんくらいの3歳児の子が、公園で遊んでいなくて」

って言っていたんですけど、ほんと、そう。

いないの。


なんでなのかな。。。


かくいう我が家も、幼児教室に週3日行っているから、
近所の公園で遊ぶのは、多くて週2日だけど、
ほとんど、公園を独占しまくっています。
プール遊びが始まっていない保育園のお友達が
各方面から、だだだーっときては、数十分で帰っていき、、、というのを
繰り返してはいるけど。


なんでなんだろう。

イマドキのお母さんって、公園で遊ばせないのかな。。。

お友達作りのためだけに、公園に行く、、、という人もいるし
お友達ができたら、公園なんて、、、なのかな。。。

我が家は、買い物に出かけるときですらも、
どこかの公園に立ち寄って、ひと遊びさせてから
帰るようにしているんだけど、
よそサマのご家庭では、一体、家で、
何をして遊んでいるんだろうーーーーー。
不思議ーーーーーーーーーーーー。
よそサマのことだから、気にしなくていいんだけど
これって地域性なのかな。ここらへんの子たちだけなのかな。

長女の子育てを始めてから、8年しか経っていないけど
時代が変わったのかなーーーーーーーー。


***

さてさて。
昨日は、スミレと一緒に「妹たち&親にされて嫌なこと」について
話し合うことに。

*スミレが、妹たちに話してみる
*スミレが言っても聞かないから、ママに言ってもらう
*これなら、許せるかも、、、我慢できる

この3つに分類していきました。

思った以上に、スミレが自分で妹たちに話してみる、、、と
選択した項目が多くてビックリでしたが。

困ったことや、嫌なことがあったときには、
こんな感じで、言葉に出して、洗い出してみる

という方法は、大人でも効果的だし、
それを、文章にして書く、ということは、
一番、客観的に状況を見ることができることなので
(女子は、しゃべって気を晴らした気持ちになりがちだけど
 それだと、冷静に客観視できないから、あかん、、、よね)
こういう解決方法を、身につけていってほしいなあ、と。

そして、自分で解決できること、他人に頼ることを
自分自身で決めていってほしいなあ、と。


てな感じで、昨日は、話し合いました。
これで、ちょっとはスッキリするかなーと思ってはいたけど、
依然「お姉ちゃんはイヤ」発言は変わらず。
そして「ユリちゃんだけ、ずるい」発言も変わらず。

ま、気長にいこか。

で。

次の問題児は、コウメ姉さん。

以前から、感情が高ぶると、スミレやユリのものを
横取りしたり、お友達に取られて、ギャン泣きすることが多かったコウメ。

昨日も、ガーランドを3姉妹で作っていたのですが
スミレ姉さんが、さくさくたくさん作っていて
自分が作ったものが、とても少ない!だから、横取りする!

てことで、力づくで、スミレ姉さんから奪い取り
大げんかになっていました。

てことで、久しぶりに、コウメと話し合うことに。

かあちゃん「奪う、という方法以外のやり方は、ないかな?考えてみよう」

コウメ「ない!」

と、しばらく、このやり取りの繰り返しだったのですが
最終的には

「『スミレちゃんばかりたくさん作って、ずるい!』と言わないで
 スミレちゃんが早く作るやり方を見て、真似をする。
 ずるい!って言う前に、負けずに作る」

という解決法を自分で考えて伝えていました。

私は、てっきり、
「最初に、みんなで何枚作るか決めてから、作り始める」

というようなことを言うのかなーと思っていたのですが、

「早く作るやり方を見て、真似をする」

なんて、コウメらしいなーと思って、思わず笑ってしまいました☆


そういや、1年生の国語の授業で、
登場人物が、どんな気持ちになったのか
文章に書かれていないところで、
想像を膨らませて考える問題が、出始めてきました。
いわゆる、気持ちの問題、そして、答えのない問題、です。

実は、担任の先生から
「2日連続で、コウメちゃん、国語の授業で泣きました」

という話を電話で聞いてて。

先生は、

「おそらく、気持ちを問う問題が
 よくわからなくて、困ったのかな、と思っていたけど
 そうなの?と聞いても、うんともすんとも言わなくて。。。」

とおっしゃってて。

でも、スミレも、昨年のこの時期、
同じように、気持ちを問う問題で、困っていて。
よく、白紙のプリントを持って帰ってきていました。

てことで、コウメの大好きな「ともだち」シリーズの
(オオカミとキツネが、ともだち、、、という話)
絵本を使って、「このとき、キツネさんは、どう思ったかな?」
というような問いかけをしながら、読んでいくことに。

すると、ちゃんと、キツネの状況を考えたことを言えていました。

スミレ姉さんも、2学期には、だいぶこの手の問題も好きになって
自信を持って、書いてくるようになったので、
コウメも、この調子なら、大丈夫かな。。。


もっと、いろいろ本を読んだり、気持ちを言い合ったり
意見を言い合ったりしていきたいねーーーーー。

そのためには、、、時間が、、、

ついでに、スミレ姉さん、ピアノの課題曲が、
少し難しくなって、ひぃーーーーー言うてて
ますます、遊ぶ時間がなくなってきています。。。

ピアノが弾けるようになるためには、
まだまだたくさん壁が立ちはだかるからねー。
1つできるようになったら、次の壁が待ち構えてて。
それを、地道にクリアしていくのが、ピアノの大変さでもあり。
でも、1つクリアしていくと、弾ける曲がたくさん増えるのも事実。
たくさんの曲を、弾けるようになると、
ほーんと、ピアノが楽しくなってくるからねー。
辛抱だねー。がんばれー。

3時間半の朝食*お姉ちゃんは嫌だ宣言

ユリさん、今日の朝食時間、
6時半から10時まで。

ずばり3時間半。

ずばり、それって、ブランチ。

いやいや、昼食もちゃんと食べたから、ブランチではなく。

ずばり、ただ単に、遅いだけ。


いやいや、ちゃんと食べたのは、最後の5分で
あとは、だらだら、いやいや、
ぐったら遊んでは叱られ、、、の連続で。


嫌いなものも、たくさんあるよー。確かに。
我が家、朝から、がっつり和食だし、
乾物系も多いし、カタイものも多いし、
決して、楽しい朝食時間ではない、と思う。

でもね。

もうね。

4歳だからね。

独りで食べなさい。

嫌いなものがあっても、独りで食べなさい。

ときどき、私も食べさせてあげる日もあるけど。

でも。

もう。

4歳なんだから。



てことで、3時間半かかりました。

「もう、ママ、買い物に行くから」

が、最終的なセリフだったようで、その後5分で完食。

ああ、4歳。なんてめんどくさい年頃なんだ。。。


そんなユリさんのやる気を出させるために、
ちょこっとしたことでも、誉めています。

んまあ、それが、気に食わないスミレ姉さん。

とうとう。


「スミレ、もう、お姉ちゃん嫌だ!」


と言うようになり。



「あ、っ、そ」


と受け流していたのですが、


昨日、とうとう爆発。どっかーん。



泣くわ、騒ぐわ、喚くわ、えらいことになって。


そりゃね。

お姉ちゃん、大変だよ。

2人のわがまま妹のおねえちゃんだもんね。

いつも、面倒みてあげて、って言われるもんね。

妹たち、2人とも「すみれちゃんと一緒がいい」と言って
なんでも真似っこしちゃうしね。

それが元で、喧嘩にもなるしね。

でもね。

スミレと同じように3姉妹の長女、山ほどいるし。
いや、3妹弟のパターンもあるだろうし、
いやいや、4姉妹のパターンもあるだろうし、
いやいや、普通に、1人だけ妹弟がいるパターンもあるだろうけど、
「お姉さん」という存在の人口は、多いんだよ。

スミレは4歳にして妹2人できて大変だったとは思うけど
世の中のお姉さん、お兄さんって、もうちょっとしっかりしているし
もうちょっと下の子の面倒、みてあげているよ。
いつまでも泣いているのは、スミレだけだと思うんだけど。
去年は、宿題のことで、散々、妹たちに迷惑かけたし。

いつも遊んでいる年下のお友達は、
一人っ子の子が多くて、好き放題させてもらってて、
それが羨ましくなることもあるんだと思う。

でも、我が家は、3姉妹。
姉さんがしっかりしてくれないと、日常生活が回らない。
それが、現実。

でも、そんなことをつらつら言っても、ラチがあかないので
スミレが妹たち&お母さんにされて嫌なことを洗い出すことに。

CIMG1400.jpg
時間オーバーで、ここまでしか書けなかったけど、
また、今晩も、続きを書く予定。

で、書いたあとは、じゃあ、どうしたらいいのか。

物理的なことでママにできること、

自分で妹たちを説得させられること、

どうしようもないから、我慢すること、

この3つくらいに分類して、解決策を練って行く予定です。


「スミレちゃんは、毎日、よくがんばっているね」

「スミレちゃん、いつも妹たちをみてくれてありがとう」

そんな言葉だけでは、状況は良くなりません。

育児雑誌や、育児書には、
『この言葉をかけてあげれば、子どもは満足します』

と、よく書かれているけど、あのね、これね、違うね(爆)。

感情面では、そうだろうけど、理論面では、間違いね。

もうね、8歳ね。うちの、長女。

解決方法をね、自分でね、探っていくべき年齢なのね。

独りで、は、まだ無理だから、私が手伝うけど、

「嫌なこと、困ったことがあったら、
 一旦書き出して、冷静に分析する」

そういう論理的な解決方法を、
身につけていかないといけない年頃なのね。

女子だから、どうしても、感情面が勝ってしまって
冷静に分析できないのよね。

でもね、これ、やらないと、しんどいだけだから。

冷静になって、分析しないと、問題が明らかにならないから。


てことで、ここ数日で、感情コントロールの勉強を
親子で行いたいと思います。。。


ちなみに、スミレ姉さん。
ユリさんのこと、ずるい!!!って思ったのが

「ユリは、3歳のときに、シール手帳を買ってもらったから」

んなんだと。

「スミレは7歳のとき初めて買ってもらったのに」


姉さん、シール手帳に、すごーくこだわっています。
2年生の始めに、私のことを紹介するコピーを
「やさしいおかあさん」と書いてくれたスミレ。
理由を聞くと

「欲しかったシール手帳を買ってくれたから!」

と。あのとき、私は撃沈してしまったけど、
スミレにとっての、シール手帳は、
ほんとにほんとに欲しかったものだったんだなーと。

ちなみに、なぜ、
スミレが7歳になるまでシール手帳を買ってあげなかったか

いや、7歳になったときに、買ってあげたのか、というと。




7歳(つまり)2013年に、
初めて、セリアでシール手帳が販売されたから。



です。



今まで、700〜900円くらいしていたシール手帳が
100円で買えるようになったから、
買ってあげられるようになった。

それだけ、です。

ワタクシ、スミレが2歳くらいの頃から、
100均で、シール手帳が販売されていないか
死ぬほど探しまくっていました。

が。

何年経っても、販売されなかった。

ああ、無理かな、100均でシール手帳は、、、

と思っていた、昨年の夏、

ようやく、見つけたのです。セリアで。


だから、なんです。


ていう話も、今晩、じっくり語らせていただきます。

世の中の経済のこと、マーケティングのこと
お母ちゃん、だーーーーーい好きなお話だからね。
語らせてもらうよ。ひっひっひっひー。

ちなみに、日経ビジネスオンラインで掲載されていた
「セブンの隣にセブンができるわけ」っていう記事、面白かったー。

まさに、最近、近所で、セブン乱立していて、どうしてー?!
って思っていたので。コンビニ業界、セブンの独り勝ちなのかな。


てことで。


***
あ、そうそう。

先ほど、学校からTELあり。

昨日から、お腹の調子が悪かったコウメ。
一応、連絡帳に
「給食の牛乳は飲まないように、本人にも伝えていますが、
 よろしくお願いいたします」

と書いたのですが、先生が、嘔吐した子の対応をしていた隙に
牛乳を飲んでしまったらしく、
気がつかなくてすみませんでした、、、

の、電話でした。



え。



え。



え。



それだけで。。。。



でも、それだけでも、
今の学校は、過剰に反応しなあかんのでしょうね。

「食べさせないで」と、保護者が言ったものを
食べさせてしまったら、大変なんでしょうね。

アレルギーがある子どもなら、当然なんだろうけど、
アレルギーのないコウメのような子にも、
同じような対応しているだなんて。。。

念のため、、、と思って、連絡帳に書いてしまったことが
かえって、先生の負担を大きくしているだなんて。。。

もう、書かんとこ。

でもって、コウメ、、、、、

朝、あんだけ、念押しして、
「牛乳は飲んだらあかんで!」

と言っておいたのに、なぜ、飲む。。。


そして、クラスに、嘔吐した子がいる、、、という事実も判明。

胃腸炎、やばい、、、うつってきませんように。。。

くるみボタン製作*なんだかなーな毎日

今日は、サッカーW杯の試合を
観終わってからのプールだったので、
午後1時半から5時過ぎまで、
たっぷり泳いできました☆

さてさて。昨日は、のんびりまったりデー。

父の日にプレゼントする、
うんちシールを3姉妹と一緒に買いに行ってきました。

スミレもコウメも、自転車で公道を走るのも
だいぶ慣れてきたようで、坂道を登ったり、下ったり
めちゃくちゃノロいけど、
スピードもコントロールできるようになってきました。
ただ、コウメの自転車が、未だに14インチなので、
スピードが出せないのが、難点だけどね。。。
そろそろ、スミレ姉さんに20インチの自転車
買ってあげて、18インチの自転車を
コウメにあげたいなーーーーーーーー。

てことで、父の日のプレゼントは、こちら。

CIMG1399.jpg
うんちづくし。

うんちシールだけならまだしも、
「お父さんへ」の2通の手紙が
どちらも、うんちネタって、どうよ。3姉妹よ。

しかも、この絵「うんこ!」のうんこくんじゃないか。

ちなみに、写真には写っていないのですが
ユリからは、幼児教室で作った「ネクタイ」を。
私からは、直島で買った、かぼちゃの手ぬぐいと、
セリアで買った「サカナヘン」の手ぬぐいを。

残念ながら、直島で買った、
草間彌生さんのかぼちゃ手ぬぐいよりも
15分の1の値段で買った
セリアの「サカナヘン」の手ぬぐいのほうが
喜ばれたけどね(凹)。

セリアで、サカナヘンの手ぬぐいを見つけたときは
うほほーい!これは、絶対、買いだ!
しげおにプレゼントしたら、絶対に喜んでもらえる!
父の日が近くて、万歳!

なんて思っていたので、予想が当たり、私も大満足☆


てなわけで、土曜日は、まったりしながら
3姉妹と一緒に、くるみボタン製作を。
CIMG1377.jpg
ダイソーのくるみボタンキットを使って、
えっさかほっさか、量産していました。
もっとたくさん仕入れてほしい、と言われたので
後日、ダイソーに出向きます。また、いろいろ作ろう。

ユリも、がんばって作っていました。
型紙を置いて、下書きするのも、最初は手間取っていたけど
何度もやっているうちに、上手になって。

コウメは、どうやったら、
出したい絵柄を表に出来るのか、
悩みながら、失敗の連続で、苦戦していました。
CIMG1391.jpg
こんだけ失敗したのだから、きっと次は、上手にできるはず。。。

CIMG1398.jpg
スミレ姉さんは、てきぱきと、ユリの面倒を見ながら
コウメに「ここに、置いたら、裏になるから。表にしたいなら、こう」
と、コウメの悩みに、的確に答え、アドバイスをしていました。
さすがです。工作名人、人への伝え方も上手です。

そんなかんだで、女子チームが、くるみボタンを
必死に作っている間、しげおは
CIMG1378.jpg
寝てた。。。どんだけ、寝るねん。。。


***
ここ数日、くすぶっておりました。

なんだかなーな毎日を送っていました。

11月のワンデイに向けて、
少しでもアドバンテージをとっておきたいと思って
この1学期の間に、試作品だけでも作っておこう!と意気込んで
「これなら簡単にできる」「こういうの売れそう」
なんて観点で、資材を買って、挑戦しようとしていたのですが





ダメでした。。。



なんだかなーーーーー。


これ、うちで使う?欲しい?面白い?


なーんて、ツッコミを入れ出すと、途端に、アウト。


使わない。欲しくない。面白くない。。。


だよねー。


自分が作りたいものじゃないよね。。。

ヨーロッパのヴィンテージの柄の魅力が伝わるものを
作り続けていきたいと思っているのに、
なんだかなーな感じで。

てことで、もう一度、仕切り直して、
作りたいものを、作っていこうと思います。

模索しまくってはいるけど、

子供用の財布(ちっちゃいファスナーポーチ)や
大人用のちっちゃいファスナーポーチ、
ペンケース、お薬手帳入れ、女の子のアレ入れ、
2015年のスケジュール帳(カバー)
カルトナージュで作るおうち、
アドベントカレンダー、ぶさかわパペット
そして、大人&子どものカバンたっくさん。

かなー。

あとは、ユリの幼稚園グッズと作らないといけないので
ランチョンマットとか、お箸入れ、歯ブラシ入れなども
多めに作れたらいいかな。。。

5月のoutremerのイベントでは、
私が作った「お手玉」は玉砕したけど、
大人と子どもが一緒に遊べるおもちゃを作るのも
私のやりたいことの1つ。

パペット、、、可愛いのできるといいんだけど。。。


とにかく、作りたいものは、山ほどあるけど、
なかなか身体が動かないのも事実。

オーダー品や、ユリのリュック、3姉妹のワンピなど
mustな仕事を、なんとか、やり終えないとね。。。

あ、そうそう。こんなものも作ります。
CIMG1374.jpg
あ、いまは、この段階。
細い棒、約200本。
あ、切ったのは、ホームセンターのおっちゃんだけどね。

ここから、少し、作業して、
最後は、スミレと一緒に作り上げていく予定です。

一応、これ、勉強に使うものです。

がんばって、作らななーーーーーー。

スミレ8歳2ヶ月*コウメ6歳3ヶ月*ユリ4歳の成長記録

フォトバックが出来上がりました☆

CIMG1364.jpg
1年に1度発行する成長記録のアルバム。
姉さんたちが帰宅したら、みんなで見よう。

スミレ姉さんのフォトバックも、これで8冊目。
20歳まで作り続ける予定なんだけど、
もう半分近く作ったのか、、、と思うと
ちょっと感慨深いね。。。

ユリは、ようやく4冊目。

「なんで、ユリだけ少ないのー」と、半泣きになっているけど
こればかりは、仕方がないな。。。ごめんな。


***

*スミレ8歳2ヶ月の成長記録

去年の今頃は、確か、黙々と、マンガを描いていたんだけど
最近は、そういう創作系のものを一切しなくて。
毎日の宿題で精一杯で、創る余裕がないのが、
ちょっとかわいそうだなー、と思うけど。
もうちょっと、要領よく、宿題をこなしていってほしいんだけど。
なかなか。。。ね。。。
CIMG1365.jpg
「いろんないろの くじら」

これは、私が勝手に切った色画用紙を使って
絵を描くというもの。

造本作家&デザイナーの駒形克己さんが、
世界中で行っているワークショップを、真似てみました。

CIMG1370.jpg
「へんなねこの かいじゅう」

だそうです。

自分で好きな形に切って、絵を描くのは簡単。
でも、他人が切った形を使って、想像を膨らませて
1つの絵にしていくのは、なかなか難しいね。

駒形さんのワークショップでは、
2人1組になって、相手の人が切った紙を使わないといけないので
これは、さらにハードルがあがるかも。
でも、大人から子どもまで参加できるワークショップだから
なんとかなるっちゃ、なるんだろうけどね。

そんなわけで、こういう工作になると、
俄然、意欲的に取り組むスミレ姉さん。

この前も、ユリが幼児教室で作ってきた
牛乳パックで作るぴょんぴょんガエルも
仕組みを、さくっと理解して、作っていました。

日々の生活の中で、もうちょっと工作できる時間を増やしていきたいなー。
どうすればいいのかなー。時間を作るって、難しいなー。


*竹馬修行

竹馬に乗りたい。でも、裸足になるのは嫌だ。

という姉さん。靴で挑戦するものの、
足の指でひっかけられない分、うまく歩けなくて。

家の前で練習すると、近所のお友達が
「私もやらせてー」と言って、なかなかじっくり取り組めないので
先日は、大雨の降るなか、練習に励んでいました。

ま、おかげで、ひざはすりむくし、
大きなアオタン、作っていたけどね。

成果の方は、いかほどに???って感じなんですが
うまくなりたい気持ちが伝わってきて、
私も嬉しかったです。

でも、雨の日に竹馬は、、、ね、、、。

*ピアノレッスン

今月から、とうとうピアノを習いに行くことになりました。





ここらへんの楽譜から、練習しているようです。

先週から、独りで行かせているので、
レッスン風景のことは、さっぱりわからないのですが
なんとか、やっていけそう。。。かな。


***

コウメ6歳3ヶ月の成長記録

先月、小学生チームの帰宅が早かったので
ユリの幼児教室のお迎えに一緒に行き、
近くの公園で、遊ぶことに。
そのとき、のぼり棒の練習をしました。

コウメは、今まで、のぼり棒が、全然登れなくて。
私がいつも、お尻を支えて、上まで押し上げていたのですが
この日は、するするするーーーーーっと上の方まで登っていました。

さすがに、一番上までは到達できなかったけど、
あの、お尻の、重い、あの、コウメがーーーーー!!!

とビックリ。

本人も、すごく嬉しかったようで、このような絵を描いたようです。
CIMG1369.jpg
「のぼりぼう」


のぼり棒につかまっている絵を描くのは、
とてもとても難しかったようで。
どう見ても
「木の側に立っている少女」にしか、見えないのですが。
まあ、いいでしょう。これで。思いが充分に伝わったから(笑)。


CIMG1366.jpg
「くっつきぼうし」

奇想天外すぎる。。。


*なぞなぞ本大好き

先日、しげおと子どもたちだけで図書館に行ったときのこと。
しげおご推薦?の、
なぞなぞや、クイズ、間違い探しが載った本を借りてきました。

ハマりました。ハマりました。ハマりました。

いやいや、昔から、なぞなぞ好きやったし、
ちびまる子ちゃんの、なぞなぞ本も、
むさぼるように読んでいたし
そりゃ、好きだろうなーと思っていたけど。
夢中になるコウメの姿を見て、一番驚いていたのがしげおでした。

てことで、これからも、図書館に行ったら
なぞなぞクイズコーナーに、入り浸りそうです。


*学校生活

意外と、楽しんでいるようです。

おかわりを3回した子がいた。
ランドセルを持たずに帰ろうとした子がいた。
○○して、先生に怒られた子がいた。

そんな話しを、毎日してくれます。

ただ、それって、なんていう名前の子?と聞くと

「わからん」

だと。

なかなかクラスのお友達の名前を覚えられないでいます。

なんでかなーーーーーー。


*整理整頓、お掃除

整理整頓が苦手。お掃除も嫌い。

そんなコウメが、先週末、突如、自分の机の掃除を始めました。

ビックリしました。

ビックリしました。

ビックリしました。

きれいに、きれいに、きれいにして、

一番ビックリしていたのが、隣で勉強しているスミレ姉さん。

いつもは、自分が先にキレイにして、
「コウメのところも、キレイにしてあげたよ」なんて言うのに
先にやられたーーーーー!!って感じで、
焦って、キレイにしていました。

毎日、こんな状態が続きますようにーーーーーー。
(翌日には、元の状態に戻っていたけど、、、爆)


***

ユリ4歳の成長記録

1週間前に、書いたような気がするけど。一応。

CIMG1367.jpg
「へび」

CIMG1368.jpg
「うさぎのドア」

CIMG1371.jpg
「チューリップ」

CIMG1373.jpg
「シャワー」

CIMG1372.jpg
「もものくらげ」

直島で見た、くらげが、一番印象深かったようです(笑)。

そんなわけで、ユリの成長記録は、作品のみで。。



*******


そんなわけで、3姉妹、みんな、ニコニコ元気だよ、な話でした。

そういや、駒形さんの講演会を聞きに行ったのは
ユリがまだ産まれていなかったころ。5年前かな。

いっぱい刺激を受けて帰ってきたのを覚えています。

ようやく、今年になって、
ワークショップの真似っこができるようになったけど
やっぱ、第一線で活躍している人の話を聞くのは、
ほんと面白いし、エネルギーとアイデアをいただきます。

今日は、お友達のおうちにお邪魔して、
outremer秋のワンデイショップの日程を決めてきました。

11月第2週あたりになりそうです。
学校や幼稚園の行事等もあるので、1ヶ月前くらいにならないと
はっきりとしたことはお知らせできないのですが、
秋冬ものの、何か、を作っていきます。

移動ポケット以外は、新作を作る予定です。
今から、試作品作りしないと、間に合わないぞー。。。
夏〜秋は、PTAの仕事も、ボチボチ入ってきそうなので
ほんと、この1学期が、試作品作りの勝負かもー。

オーダー品も、まだ手をつけられていないので、
がんばらないとねー。

いろいろ作っています*プール

ここ数日の間に、作り終えたもの。

スミレ姉さん(小2)の
算数で使う竹定規を入れる袋を作りました。

CIMG1358.jpg
外布は、ドイツのヴィンテージの生地。
内布は、国産の生地を使って。


コウメ姉さん(小1)の
ビーチサンダルを入れる袋を作りました。

CIMG1356.jpg
ダイソーで買ったナイロン生地を使って。


CIMG1359.jpg
ガッちゃんカバンを作りました。

outremerのオトコマエ担当の友人が
このようなトートに、カッコいいリメイクを施したカバンを
先日のワンデイショップで販売していまして。

しげおが、「僕、絶対に、買う」なんて言っていたのに
お店に来たの、オープンから1時間以上も経った後で。
そんな時間に来たって、残っているわけないやろ!!!!!


てことで、残念ながら購入できずで。

ていうか、あのオトコマエカバンを、
がっちゃんのうんち入れにするなんて、
ちょっと、、ちょっと、、罰が当たるで、、、

てことで、カッコよくはないけど、
真似っこさせていただき、
このようなものが出来上がったわけで。

でも。

当のしげお、失笑。。。

ま、

「作ってくれて、ありがとう」が聞けるまで、粘ったけどね(爆)。


CIMG1360.jpg
がっちゃんの散歩に行くときには、必ず
何かしら飲み物を購入するので
がっちゃん型のお財布も作りました。

娘たちのTシャツリメイク。
CIMG1362.jpg
ちょっと小さくなったTシャツに、
北欧のヴィンテージの布と
(たしか、カフェカーテンとして使われていたもの)
チュールを縫い付けて、ワンピにリメイクしました。

CIMG1363.jpg




ほんとは、ヴィンテージの布だけ
縫い合わせるつもりだったのですが
私が秋冬に着用していたチュールスカートを
3姉妹みんな、すごくうらやましがってて。

やっぱ、女子は、チュールが好きだよなー
と思って、付けることに。

スミレ姉さんが、一番に反応して、喜んでいました。

ユリは、初めてのヒラヒラ服に、泣いて喜んでいました。

コウメは、、、無反応。。。沈。。。


**

あとは、自分のスカートの丈を短くしたり。

写真なくて、ごめんなさい、なんですが、
私が大大大好きなブランド
アクアガール
独身時代に、私を、
乙女の世界に引き連れていってくれたアクアガール。

乙女心をくすぐるような、デザイン、コーディネートに
ワタクシ、毎日のように通っては、見て、見て、見て
ウットリしておりました。
(結局、トータル3着くらいしか買っていない。。。貧)

主婦になってからは、さらに
価格の面で折り合いがつかなくなり
遠い遠い存在になってしまったけど。

で、15年ほど前、独身時代を謳歌していた頃に購入した
数少ない(=3着)アクアガールの服が、
ここ数年で、ボロボロになってしまって。

大好きだったスカートも、シミやらなんやらで
もう、処分しようか、娘たちのワンピにリメイクしようか
どうしようか、どうしようか、、、と思っていたのですが
やっぱり、自分が着たい!って思って、
ロング丈のスカートを、思い切って裁断し、
膝上丈のスカートにしました。

膝、見えちゃったよー(汗)って、思ったけど
雰囲気も変わったし、いろんな服に合わせやすくなって大満足です。
ただ、ウエスト、少々キツいけどね(気にしない気にしない)。

てことで、家族のものだけでなく、
自分のものもリメイクできて、心、潤いました(笑)。

今日からは、娘たち用のモロモロを作っていく予定です。

***

さてさて、今日の小学生チームは、土曜参観の振替休日。
一方のユリさんは、いつも通り、幼児教室。

朝から、バトルしまくりで、雷落としまくりで、
散々な月曜の朝で、
ユリも「なんで、スミレちゃんとコウメちゃんは、お休みなの?!」
という質問をエンドレスに繰り返していたけど
幼児教室に、半ば無理矢理押しこんだあとは、
小学生チームと一緒に、プールへ(また?!)。

いつもは、ユリの相手をしながら、
姉さんたちの指導をしているので
今日は、ガッツリ姉さんたちだけを指導する日に設定。

「あそびじゃないんだよ、およぐんだよ」

と、事前に、姉さんたちにも忠告しておいたので、
ビシバシ指導してきました(笑)。

6月から始まるプールの授業。
(といっても、天候不良で、未だに1回も入っていないけど)
6月から入るんだから、何回も練習できていい。

というわけでもなく。

マンモス校ゆえに、実質のプールの授業回数なんて
微々たるもの。しかも、梅雨時だから、
雨で中止になることも多々あり。

授業外で、指導しなければ、
泳げるようにはならないだろう、、、

てことで、ワタクシ、がんばっております。

同じ小学校の子どもたちの、スイミング通所率は
めちゃくちゃ高いです。
石を投げれば、スイミングに行く子に当たります。

我が家も、、、悩みましたが、

習い事は、なんでも


×3


で、計算しなければならないので、

スイミングに通う、という選択肢は、即、却下。

代わりに「かあちゃんが、夏の間だけ指導する」という
お金のかからないやり方を採ることになったわけで。

ただ、私、泳げるし、泳ぐの大好きだけど、
それほど、速くは、泳げない、、、んよね。。。
そんな状態で、どこまで指導できるやら。

スミレ姉さんは、なんぼ教えても、なかなか飲み込めないけど
コウメは、すーっと飲み込んでくれて、
少しの練習で、成果を出していってくれているので
「教え方が間違っている」わけではなさそう。。。

クロールまでは、なんとかなりそうだけど、
平泳ぎはなあ、、、うまく教えられるやろうかー。
ま、今年は教えなくてもいいけどね、、、。


てことで、2日連続、プールに行って、
正直、くったくたです。
でも、なんだろうなー、すごく清々しいです☆

ユリのお迎えの時間の関係で、
それほど長い間プールには居られなかったけど
姉さんたちも、清々しい表情で一日過ごせました。

しんどかったけど、いい振替休日になったなー。

来年からは、ユリも公立幼稚園なので、
小学校の振替休日と、幼稚園の振替休日が重なることもあります。
一緒に、休めるって、いいよねー。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす