04
2
3
6
9
11
12
14
16
18
19
20
22
24
26
27
   

ピッカピカの1年生その2

今日は、コウメの入学式でした。

昨年ピッカピカの1年生だったスミレは、
少しお姉さんお兄さんの「新2年生」として、
入学式で、歌と言葉のメッセージを贈っていました。
「わからないこと、こまったことがあったら、
 なんでもきいてね」と言う新2年生たち。

去年の入学式では、椅子に座っているのも大変で
ごそごそがさがさ、そわそわしていたのにねー
なんて思うと、「なんでもきいてね」のセリフに
ぷふふーと笑いたくなっちゃいます。

そんなわけで、年子な我が家、2年連続で
ピッカピカの1年生のワクワクドキドキを
満喫しています。

CIMG0372.jpg
いい天気で、よかったーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆☆☆



さてさて、コウメさん。

この春休み、荒れ狂うことなく、過ごしました。

スミレ姉さんは昨年の春休み、大荒れだったというのに。


2人目だから?

小学校の敷地内にある幼稚園に通っていたから?

スミレ姉さんの学校での様子を
時々見ていて、なんとなくわかっているから?

そもそものコウメの楽観的な性格だから?


いずれの理由なのかは、わからないのですが
拍子抜けするくらい、とても楽しい春休みを送っていました。

小学校入学、という、大きなステップに怖じ気づくことなく
「小学校に入ったら、コウメも、おしゃべりするよねー」なんていう
小さなプレッシャーをかけても、
「えーーーーーーー?」と、軽く交わし。

親の私の方がビックリするくらい。

でも、さすがに入学式を体験したら、気持ちも変わるだろう!!!

と思っていたのに。

入学式後も、テンションアゲアゲで、
恐ろしく楽しく遊んでいました。

1年前のスミレ姉さんは、荒れていたというのに。
ついでに、1年前のコウメも、
この日は相当荒れていたのに(爆)。

とはいえ、先ほど、ヒアリングしたところ、
入学式が始まるまでは、すごくドキドキしたんだって。
同じクラスにお友達がいるかどうか心配だったんだって。

でも、幼稚園で2年間同じクラスだったお友達が
小学校でも同じクラスになり、一安心したようで。

というか、このお友達、めちゃくちゃ仲の良いお友達なんです。
年長さんにあがるときも、先生のご配慮で
同じクラスになったお友達。

幸い、そのお友達も、コウメのことを好きでいてくれているのですが
今回も、同じクラスになったということは、、、

小学校でも「コウメ対応」として、
そのお友達をずっと同じクラスにしていく、、、つもり?!!!!!!

1学年7クラスあるマンモス校なのに?!

しげおは「校長先生に、なんぼ渡してん?5万か?10万か?」

なんて冗談言っていたけど、
渡すなら、そのお友達と、クラスを離れさせてくれるように
お願いするよ。。。


正直、ほんと、問題児扱いされていることが、
私には、辛くてたまらんのです。

お友達が、コウメのこと好いてくれていることが幸いなのですが
やっぱり、その子のお友達関係とか、
ずっと一緒にされることの意味をわかるようになると
申し訳ないなあ、という気持ちでいっぱいで。


でもって、担任の先生は、
おそらく新卒新任のピッチピチの女性。

幼稚園で2年間同じ担任だった先生と似たキャラ。。。
ボケキャラかなーーーー。
ま、新卒新任でしっかりし過ぎなのも問題だけどね。


スミレのときは、スミレ自身が大きな不安を抱えていたけど
担任の先生は、超ベテランの先生で、
親としては、ほっと胸を撫で下ろしました。
が、今回は、全く逆。
コウメは、あっけらかんとしているけど、
親の私が、不安増大で、眠れそうにありません。。。

こればっかりはなあ。。。

でもって、今まで、コウメのことで相談に乗っていただいていた
幼稚園の園長先生は、異動になり、
「だいじょうぶです!」
と言ってくださっていた校長先生は退職され。。。

しげおは、コウメ同様、楽天主義だから、
相手にもしてもらえず。。。

路頭に迷う母一人。。。


あしたは、始業式。
スミレ姉さんのクラス発表。
こちらは、きっと荒れるであろう予報。

スポンサーサイト

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす