FC2ブログ
   
03
2
4
6
8
10
14
20
23
25
26
29
31
   

昔の人の育児と今の育児

本日4つ目のブログでございますー。

【送料無料】〈現代家族〉の誕生 [ 岩村暢子 ]

【送料無料】〈現代家族〉の誕生 [ 岩村暢子 ]
価格:1,890円(税5%込、送料込)



だいぶ前に、この本を読みました。

「今の家族たちの食生活は乱れている!と言われているけど、
 食生活が乱れてきたのは、今に始まったことではなく、
 今の若い(?)親の親世代から、乱れる原因が作られていた」

そんな話なんですけどね。

私たちの親世代って、戦争を経験したか
戦後の貧困時代に育った世代。

そのせいで、古き良き日本の食生活を、
幼い頃に経験できなかったり
戦後のアメリカの影響で食生活が変わったり
高度経済成長期の影響などを、
もろに受けてきて。

だから、昔ながらの日本の食生活からかけ離れた食事を
先陣切って作っていった世代だった、ということが
調査からわかったらしい。
(要約しすぎかな?)


自分の親を見ると、ほんとその通りで、
食生活に関しては、洋食大好き、甘いもの好き、肉好き。
育児に関しても、わらべうたなんて歌ってもらった記憶ないし。
小学1年生の時点で、私、普通に習い事3つしていたし。

今でも、私が、子どもたちに習い事をさせていないのを激怒して

「あんたは、ネグレクトだー!!!
 子どもが可愛くないのかー!!!
 習い事をさせないのは、親として失格だー!!!」

と、会うたびに言ってくるのね。

なんでこんなこと言うのかな?って不思議に思っていたんだけど
この本を見て、納得。
母親が私たちを育てていた時代は、家電も右に倣えで、
近所の人よりも早く手に入れることに必死だったとか。
習い事も然りで、近所の人がピアノをさせていたら
すぐに自分の子にもさせる、時代だったんだって。
それが普通だったんだって。

うちの母親の、もう1つよく言うセリフに

「習い事も、テレビ視聴も人並みにしてあげないと!!!」

っていうのがあって、これまた、いつもビックリさせられるんだけど

私の母が子育てをしていた時代って、
「人並みにしていたら、人並みの人生が送れる保証があった」んだよね。

だから、「人並みに」ピアノと水泳を習わせろ、と(爆)。

そういうふうに時代を見ながら、
母親たちの子育ての考えを紐ほどいてみると、
決して悪気があって言っているのではないんだな、ということがわかって
ちょっとスッキリできました。

ちなみに、義母の発言でビックリしたのは

「勉強できるかできないかは、生まれもっての個性だから
 無理に勉強させるのは間違っているのよ」

というセリフ。

え?!????って、しばらくその言葉の意図を
必死で考えていたけど、意図は全くなく
本気でそう思っているみたいで。

これも、「個性を尊重しよう」という新しい考えが
その当時、日本に持ち込まれた(?)から、なんだそうで。


ま、そんなわけで、時代が変われば、育児も変わっていくのかな。
私も将来、「おばあちゃんの、その考え、オカシイ!」って
娘たちに言われるのかなー。


てことで、結論。

自分の子どもたちに、伝えていくことができることって
なんなのかなーって思って。

戦前までの、いわゆる、昔(の昔)は、
日本の食生活、しつけなどは、
その上の世代から教えられたり、伝えられたりしてきたのよね。

今は、食生活もしつけも、育児も
教えたり、伝えたりするよりも、
本やネットで情報を得ていくようになってきて。

一応、料理に関しては、
私も子どもたちに伝えていきたいとは思うけど
それって、本やネットで得た情報の方が圧倒的に多くて。
母親から教えてもらったことであっても、
その母親は、自分の母親から教えてもらっていなくて
今の親と同じように本やテレビだもんね。

ならば、伝えていくことができるのは、
その家族の「文化」なのかなーと。

話は飛ぶけど、
食事中にテレビを見るか見ないかも
その家庭の「文化」。

週末ごとに映画を見る家庭は、
それが「文化」。

週末ごとにキャンプに行く家庭は
それが「文化」。

自分たちの子どもが、その文化を
いいなーと思って引き継いでいくかどうかは
その子次第なんだろうけど、
確実に、その子の心には残るんだろうな、と。


ま、そんなことを思った日々でございます。

久しぶりに真面目な(まどろっこしい)育児話したねー。


そうそう。先日、うちの両親が遊びに来てくれたんだけど、
いつものあのセリフ「習い事ーーーーー!!!」を
いつものようにしつこく言い放っていてて。

いつもは腹立たしくて、イライラしてしまうけど
この本を読んだおかげで、
「こういう発言は、仕方ないっか、放っておこう」
と思えるようになったわけで。

てことで、ねよー。

そして、今日も、なんも製作進まんかったーーーーー(号泣)。

あしたこそ!

スポンサーサイト



コウメ、もうすぐ卒園ね。

本日3つ目のブログでございますー。
現実逃避ですーーーーー。

コウメの小学校の袋ものの製作が、進みませんーーー。
昨年のブログを見ていたら、2月中に仕上がっていましたー。
でもって、ちゃんと型紙も作っていましたー。
なのに、その型紙が見つからず、かあちゃん、一から型紙作っていますー。
泣きたいですーーーーーーーーーー。

そういや、卒園まであと2週間です。
全く実感湧きません。

スミレのときは、この3学期、何かと行事が多くて
幼稚園に行くことがあったので、
あと○回行かなあかんねんなーとか、
最後の参観で、先生がウルウルしながら
「最後の参観に来ていただきありがとうございます、、、」
というのを聞いて、
「あ、そうか、最後なんだ」と思ったり。
でもって、もう、この幼稚園とは、最後なんだろうな
(ユリはコウメの幼稚園に行かせるつもりだったし)
と思うと、幼稚園への思いも沸き起こって、
「ああ、もう、最後なんだー」と思うことが多かったんだけど。

コウメの幼稚園に関しては、
なんだか、まだ卒園する気持ちになれないなあ。
なんでだろうねー。
スミレは、3年間の中で、けっこー成長したなーと思うし
何より、人前で大きな声で発言する、というのが
なかなかできなかったから、
卒園式のとき、大きな声で返事していたときに
「ああ、スミレも成長したなー」って実感できたんだけど。

いや、コウメも、運動面など、できなかったことが
できるようになった、ことは、山ほどあって。

あ、そうそう。今日、わらべうたで、久しぶりに
まりつきをしたら、めーーっちゃ長くまりつきができていました☆
わらべうたに合わせてついていたから、
正確な回数はわからないけど、60回くらいは
いけていたと思うーーーーーーーーーー。
つい1ヶ月前までは、10回いくかいかないか、だったのに!!!
ビックリ仰天。


ま、そんなわけで、運動面に関しては、
できることが確実に増えているし、
文句を言わずに、黙々と練習に励むところは
年齢を追うごとに、ますます黙々度があがってきてて
すごいなーと思うんだけど。


でもやっぱり、人前で発表すること、
いやいや、その前に、人前で一言でも発することが
できるようになるかならないかって
私の中では、どうしても引っかかる部分で。

コウメは、いろんな面でがんばりやさんだし
小学校に行っても、なんとかなるだろうと思えるくらい
自信を持って送り出せるのね。
だから、声に関して言うのは、
無い物ねだりなのかなーとも思うけど。


先日は、車の中で、ユリに向かって

「コウメは、幼稚園で、全然しゃべってへんねん。
 返事をするときも、手をあげるだけで、
 『はい』とも言ってへんねんで。
 でもな、先生に怒られへんねん!!!」

と、すごい勢いで自慢しまくっていました。


私は運転中だったし、子どもたちの会話には
基本ツッコミを入れないようにしているので
黙って聞いていたのですが、
お腹を抱えて笑い転げたいくらい
面白すぎて、笑いをこらえるのに必死。
お腹、筋肉痛になるんちゃうか、って思ったよ。


てことで、今日は、幼稚園のお誕生日会ということもあり
帰り際に、園長先生に、この話を暴露しておきました。

話を終えたあと

「てことで、怒ってやってください」と言うと

やんわりと
「コウメちゃんが、こんなふうに思って、妹さんに言うっていうのは
 とーってもいいことだと思うわー。
 卒園式の日に、返事をするかしないかは、
 もう、本人に任せましょうねー」と断られました(撃沈)。


コウメにも、寝る前に、この話をし、

「卒園式の日は、静かにしなあかん日やし
 式の途中で、余計なおしゃべりしたらあかんから
 卒園式の日だけ、返事してみたら」

と言ってみたら


これまた、やんわりと、
「ええええーそれはないわー」と却下されました(撃沈)。


てことで、コウメもうすぐ卒園ね、な話でした(え?!)。


ああ、ほんとは、もうちょっと込み入った育児論話したかったのにー。
4つめのブログ書こうかなーーーーーーーー。
ああ、完全に現実逃避やなーーーーー。

600円のプランター

「600円のプランター」って書くと、
高級プランターなイメージだよね。

でも、実際は、セリアで買ったすのこと木箱で作った
(本当は)200円でできちゃうプランターです。

これ。
CIMG9859.jpg
(ちなみに、靴が干していますが、これは、
 スミレ姉さんのいけぽちゃ事件
 。。。1つ前のブログ見てね。。。の証拠品です)


そうそう、で、本当なら200円で完成するはずなのに
欲張って、数字のオーナメント(3つ)と、
ブリキのフックを付けてしまったもんだから、
値段が跳ね上がってしまい、結局600円つぎこんじゃいました。


どうでもいいけど、
0、2、8、の数字は、(お、に、わ)の語呂合わせ。
もうちょっと気の利いた語呂合わせにしたかったけど
売っていた数字が、0、2、3、8、だけだったので、仕方なく。。。

作り方は、すのこと木箱をビスどめして、
ブライワックス(ジャコビアン)で、色付けして、完成。
一応、ブリキのフックにも、ブライワックスを塗って
ちょっとアンティーク風に。

今は、リメイク缶の多肉ちゃんを入れているけど、
普通に土を入れて、春の華やかな色の花を植えてもいいかな、と。
CIMG9861.jpg


ま、そんなわけで、今日は、ひなまつり。
ついでに、コウメの幼稚園のお誕生日会もあり、
ユリ連れて参加してきましたーーーー。
3月生まれの園児は、とても多いので、
とても賑やかな、楽しい会でしたーーーー。

いけぽちゃ

いやあ、こんなことって、あるんやねーと思った昨日のこと。

うちの子、いけぽちゃ、しました。

ええ、池に、ぽちゃんと、落ちたんです。


まさか。

まさか。

まさか。

うちの子に限って。


って思っていたけど、落ちるんですね(爆)。






で。


いけぽちゃしたのは、






三女ユリ





ではなく





二女コウメ




でもなく


 
 
 
  
 




長女スミレ











でした☆






いやあ、まさか7歳児が、ね。








実は、池にいるカモに餌をあげていて。


楽しいねー楽しいねーなんて言いながら、
3姉妹で、うきうき、きゃっきゃして、
餌やりを満喫していたんですけどね。


ちょっとテンション高くなりすぎたためか、
姉さん、はりきりすぎて、
遠くにいるカモめがけて餌を投げようとしたんです。

で、思いっきりふりかぶって投げたら、、、、



勢いつきすぎて、池に落ちてしまった。。。





いやあ、見ていたの、私だけだったんですけど、


もうね。

マンガの世界ね。

まさか。

まさか。

こんなふうに落ちていくとはーーーーーー!!!



ま、幸い、腰くらいの深さの池だったので
一人で這い上がってきていましたけど。



しげおもコウメもユリも見ていなかったもんだから
この一瞬の出来事を、スミレとしか共有できなかったのが
なにより悔しいけど(爆)。
いやいや、スミレにしたら、ママだけしか見ていなくて
不幸中の幸いって感じだろうけどね。

せっかくなので、宿題の日記に書いたら、と促したら
速攻、却下されました(撃沈)。ナイーブだね。。。



ま、そんなわけで、久しぶりにお腹の底から笑った一日。

スミレ姉さん、密かにすごいよー。

鼻からスパゲッティ出すし、いけぽちゃするし、
武勇伝作りまくり。

面白い姉さんがいて、コウメもユリも幸せだね(爆)。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす