FC2ブログ
   
10
1
5
6
13
15
16
21
25
30
   

スミレ7歳6ヶ月*コウメ5歳7ヶ月*ユリ3歳4ヶ月の成長記録

鼻から牛乳♪のフレーズを学んだ(?!)コウメ。

しょっちゅう、鼻から牛乳♪を口ずさんでいます。

それを見たユリ。

「口から、おしっこがでるー」

「鼻から、うんちがでるー」

「あたまから、うんちー」

「おかおから、おしっこーーーー」

などなど、自作でフレーズを作っては、独りでバカウケしています。

どうでもいいけど、やっぱり傑作は、
スミレの「鼻からスパゲッティ」やと思うねんけどなー。
こんなことができる女子、そうそういーへんでー。

でもって、そんなことができる女子なのに、

「鼻から牛乳なんて、絶対にでてこーへんわ!」と断言。

あれかね、低学年では、牛乳を飲んでいるときに笑わせる、という遊びは
まだ流行らへんのかね。

鼻から牛乳が出てくるのは、小学校の給食のときだけよ。


そんな3姉妹の成長記録。


***

スミレ7歳6ヶ月


*鉄棒

よーーーーーーーーーーーーやく、

公園の、鉄棒で、前回りができるようになりましたっ!

前回りができるようになった、というか、鉄棒に飛び乗れるようになりました!

今まで、台がないとあかんかったけど、もう、大丈夫!

逆上がりは、まんだまんだ。でも、とりあえず一歩前に進んだ、、、かな。


*がんばったね

週末に日記を書く宿題が出るようになりました。

先日は、運動会のことを書いていたのですが、
玉入れなど、負けて悔しかったことなどを書いていて。
ふんふん、と思って最後まで読んでみたら、




ママに「がんばったね」といわれて、うれしかったです。





という文章で締められていて。





ひゃーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

そうーーーーーーーーーーーーーなーーーーーーーーーーのーーーーーーーーー!




とりあえず、徒競走はビリやったし(自己申告してた)
ダンスくらいしか誉めることがなくて、どうしようかと思い
スミレを迎えに行ったときに「がんばったね」って声をかけたんだけど
そんなに、嬉しかったのかーーーーーーーー。
かあちゃん、スミレの心の動きに、気づかなくて、ごめんねー。

がんばったね、って言葉、これからも、ちゃんとかけてあげるよー。


動物園に行ったときのことを、ポスターにしました。
RIMG0204.JPG
パンフレットなどがもらえるところに遊びに行くと、
毎回、こうやってポスター作りをしています。

私が作る割合もだいぶ減り、
今回は、かなりスミレ姉さんに、がんばってもらいました☆

ポスターを見ながら、そういえば、○○だったねー、とか
思い出したり、また行きたいねー、なんて言ったりしています。



***

コウメ5歳7ヶ月


*鉄棒

コウメも、鉄棒、一歩前進です。

幼稚園の一番低い鉄棒に、飛び乗ることができるようになりました!!!

ようやく!!!です。

調子に乗って、公園の鉄棒に挑戦したのですが、撃沈。。。
ちょっとした高さの違いなんだけどね。。。

本人は
「スミレちゃんが7歳でできたから、
 コウメも7歳になったらできるようになると思うねん!」
って言っているんやけど。。。

いやいや、コウメなら5歳でもできると思うんやけど。。。
なんでもスミレ基準やと、とっても遅いよ。。。
スミレ姉さん、家の中では、なんでもできているけど
一般的には、すごくのんびり部類なんだよ。。。


コウメのスミレへの熱は、すんごいです。

前々からそうだったけど、

尊敬しまくりです。


「スミレちゃんは、絵が、なんでこんなに上手いんだろう!」

「ママよりも上手いなんて、めっちゃすごい!」

「コウメも、スミレみたいに絵が上手になりたい!
 だからぬりえをがんばるねん!上手になったらスミレと一緒に
 絵描き屋さんになるねん!」

「コウメとユリは、めーっちゃ悪い子なんやけど、
 スミレちゃんは、ちょっとだけ悪い子やねんで」

「スミレにいじわるされてもいいねん。いやじゃないねん!
 おもしろいねん!だから、スミレは悪い子じゃないねん!」

「スミレと喧嘩するのは、おもしろいから、やっているねん!」


嘘か誠かは知らないけど(爆)、スミレ宗教?って思うくらいの
熱心な信者です。コウメ。。。

親からすると、スミレのどこが?尊敬に値するの?なんて思うんやけど。

いやいや、スミレを否定的に思っているんじゃなくってよ(笑)。

月齢的に、コウメの方が、スミレより
早くなんでもできるようになっているのに
そのことが、よくわかっていない。。。

絵だって、コウメも上手やし、スミレが特別に上手なわけではなく
スミレは、絵を描くのが、ほんまに楽しくて大好きやから
いっぱい描いているけど、上手かどうかでいうと
スミレもコウメも大差ないんやけど、そのことがよくわかっていない。。。

絵本だって、読む量、読むスピード、正確さは、
半端なくコウメの方が上。

字の上手さも、正直、コウメの方が上手な気がしてきた。。。くらい。

年子というか、2歳差くらいの兄弟関係って、
こんなもんなんかなーーーーーーー。


*色に敏感

アイロンビーズで、ネックレスを作っていたときのこと。

ユリが、いろんな色を、適当に通していっているのを見て

「うちは、ピンクと茶色は合うかなー、とか、ピンクと黒は合うかなーとか
 考えながら、ビーズを通していっているねん」

てな話を切り出してきて。

へーーーーーー!コウメって、そんなこと、考えながら
ネックレス作っていたんやーーーーーーー!!!ってびっくり。

どうも、そういう発想は、今に始まったことではなく、
以前から、ピンクと赤、茶色、黒、紫は、合う色
黄色とオレンジは合う色、、、、ということを、
考え、感じていたのだと。


へーーーーーーーーーーーーーー!!!


そういや、最近、服のコーディネートも、
奇抜な組み合わせがなくなってきたなーと思っていたら!


そうだったのかーーーーーーーーーーー!!!



*ともこのあさごはん

私が子供のころ、大好きだった絵本。

RIMG0203.JPG

お父さんとお母さんが朝になっても起きてこなくて
なんとか起きてきたお父さんが作った朝ご飯は、こげこげ。
てことで、ともこちゃんた、ひとりで朝ご飯を作るんですけど
これが、まあ、見事に、お菓子ばかり!(牛乳とか果物も少しあるけど)
でもって、ぬいぐるみも大量に持ってきて
一緒に朝ご飯を食べる!という話。

この本、スミレも、一時期はまったけど、
今は、コウメが、ハマりまくり。

「ともこって、めっちゃ、わるいねんで!だって朝ご飯、お菓子ばっかりやねん!」

「それにな、お母さんに、食べてもいいですか、て聞かないで
 食べてしまうねんで!」



そうそう。

「ともこのあさごはん」って、子供の願望を、ストレートに表現しているんだよね。
すごくさらりと。嫌みなく、大人目線もなく。

私も、子供の頃、この絵本を読んで

「いいなーーーーーーーーーーーー。めっちゃいいなーーーー。
 私も、ともこちゃんみたいに、自分で朝ご飯作りたいわー。
 ともこちゃんみたいに、オヤツいーっぱいの朝ご飯!
 大好きなぬいぐるみと一緒に、いーっぱいオヤツを食べるねん!」

なーんて思ってて。

コウメも、「ともこは、わるい」とか言いながら、

でも、ともちゃんみたいな朝ご飯いいな、って思った?って聞いたら

「うんっ!!!
 だって、おやつばっかりやもん!
 うちもおやつ、いーーーーーーーーーーっぱい食べたいわ!!!!!」

だと。


残念ながら、この絵本は、もう売られてへんけどね。。。


***

ユリ3歳4ヶ月

*要領がいい末っ子

要領いいよー。よくわからないことで、意見を求められると
全部「スミレちゃんと一緒」って言うし、
スミレがコウメをイジメ始めたら、
「ねえねえ、すみれちゃん、一緒に遊ぼうねー」って
スミレを味方にして同盟組もうとするし。

ま、一番の権力者が誰なのか、よくわかっていて
どんなときもスミレの側に付く。

一緒に遊んでくれるのはコウメだし、
一番面倒をみてくれるのもコウメだし、
一緒にいる時間は長いのに、喧嘩をするのは必ずコウメと。

口では、スミレちゃんと一緒、と言いながら、
気がついたら、コウメの真似をして、絵本を独りで読んでいるし
コウメに追いつきたくて、かけっこがんばるし、
コウメがピアノを触ったら、1秒で駆けつけてきて
「ユリもーーーーー!!!」って叫ぶんでいる。

「ユリとコウメは、悪い子だけど、スミレちゃんは、いい子やねんで」

と、ことあるごとに、言っている。

え?って思うけど、

「ユリは、リボンちゃんだから。
 リボンちゃんは、いい子やねんで」

だと。

あ、そうそう。うちの3姉妹は、みな二重人格を持っています。

スミレは「スミレと、いちごちゃん」(いちごちゃんは、滅多に登場しないが)

コウメは「コウメと、ゆき、と、ポテト、と、マカロン」(4重人格かいっ!)

ユリは「ユリと、リボンちゃん」(ユリは可愛くないけど、リボンちゃんは可愛いんだって)


大人には、よくわからない設定だけど、
3姉妹の中では、「あ、今のは、リボンちゃん」とか
「私は、コウメじゃないの、ポテトって呼んで!」とか言っては

「そうね。リボンちゃんは、かわいいもんねー」
「ねえ、ポテト、今度、アイカツごっこしない?」と応えて
会話が成立しています。


そんなユリさん。

3姉妹の中で、要領もよければ、一番のしっかりもの。

遠足から帰ってきても、一番先に、お弁当箱を台所に持って行って
リュックを片付けて、遊び出します。
(姉さんたちは、リュックを放りなげて、遊びに没頭しているというのに)

幼児教室に行く準備なんか、もう、わたし、なーんにも言わなくても
勝手に自分でコップを取りに行き、ぜーんぶ完璧にリュックに詰めて
なーんにも言わないのに、玄関に置いてから
遊び始めます。完璧です。びっくりです。

コウメなんて、未だに「ハンカチは?」って言われないと
忘れてしまうというのに。

正直、幼児教室に行くための支度とか、
コウメなんて2歳の頃から、自分でできるよう、サポートしながら
一緒にやっていたのに。

ユリなんて、3歳になって初めて、支度を始めたというのに。
1学期の間、ちょっとサポートしていたけど、
手が離れるのが、こんなに早いとは、びっくり。

性格の違いというか、思考の違いなんだろうね。

ユリの場合、1を聞いて、7、8くらいまでわかっていそう。
(な予感、、、なんせまだ3歳やからね。よくわからん)


***

ま、そんなわけで、3姉妹の成長記録、、、でした。



スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす