FC2ブログ
   
08
1
3
4
8
10
12
13
14
17
20
22
24
26
27
30
31
   

ナカダルミ*ヤキソバ*ハスキー

ナカダルミです。スミレ姉さん。

夏休み初日から、快調に飛ばしていた宿題も、
やる気がしないようで、まったく。。。
毎日の計算カードが辛いみたいで、
以前やった、計算カードゲームに変更してほしいと懇願されました。。。

てことで、今日の夜は、計算カードゲーム。
以前より、手際が良くなって、規則性にも気づいてきたみたい。
ただ単に暗記するよりも、こういう気づきの方が大事かなーなんて思っているので
これからも、本人の申し出があれば、ゲームに変更するつもりです。

日記も、書きたいことがない日は、ほんっとダメで、
「書きたいことがなくてイライラします、ってことを素直に書いたらええのにー」
なんてアドバイスしたら、逆切れされました。



日記なんてね、


こんなふうにね、


自分のね、


想いをね、



(だらだら)




書くんだよ。。。






真面目なスミレには、こういうの、無理かなーーーーーー。






てことで、8月は、スミレ姉さんのモチベーションをいかに上げて
宿題や絵日記に取り組ますか、が課題ですな。母の課題ね。




***

今日は、ユリの耳鼻科に3人で訪れたのち、昼ご飯を、
スミレとコウメに作ってもらうことに。

課題は



「ヤキソバ」





チャーハンがいいーーーーー!!!なんて、えらそうに言っていたけど(コウメ)
「チャーハンは、材料がたくさん要るし、フライパン熱いから、
 ヤキソバができるようになってからねー」
と説明して、ヤキソバ作りに。

☆かんたんヤキソバの作り方☆

キャベツは、手でちぎって(3姉妹で仲良く)。

肉は、魚肉ソーセージを使用。
豚バラ肉だと、切るのも難しいし、
切ったあとの、まな板、包丁、
各自の手の処理(ちゃんと洗った?!)確認が大変だし
焼けたかどうかの確認も、これまた大変なので、
生で食べても問題のない魚肉ソーセージを使うことに。

魚肉ソーセージ1本を4等分にして。
(スミレに「1本を4本に分けて」と指示だししたら、ちゃんとできていました!)


フライパンを探して(どこに収納されているかを知るのも、大事な仕事)

菜箸を探して(同上)

油を探して(スミレは、みりんを油だと言い切った!調味料の勉強させな!)

油大さじ1をはかって、フライパンに入れて

ガスをつける(これが、以外と、難しかったというか、怖かったらしい)

キャベツを入れる

炒める

途中で、スミレとコウメが交代

交代するときは、菜箸を、フライパンからおろして、おく

魚肉ソーセージを入れる

炒める

ヤキソバソースの粉を入れる

まぜる

麺を入れる

ちょっとほぐす

水を入れる

蓋をする

その間に、お皿、おはしの準備をする

蓋をあける

ほぐしやすくなったか、確認する

ほぐす

まぜる

火を止める(これも、初めてだと難しいらしい)。

鍋敷きを出す

鍋敷きの上にフライパンを置く(重かったので、私が代行)

5人に均等に分ける
(父、母の分が、異様に少なかったことは、今回大目に見てあげよう)

いただきまーーーーーす。






 
感想。





めーっちゃおいしかった、らしい。


ママの作る焼きそばより、めーっっちゃ美味しかった、らしい。


おかわり、しかたった、らしい。



とーっても、楽しかったし、自信になった、らしい。
(スミレとコウメの日記は、今日は、ヤキソバネタだった)

コウメは、スミレと一緒に作れたことが、とーっても嬉しかったらしい。

スミレは、ガスコンロが思ったよりも熱くなかったこと
(実は、ずっと弱火でした。。。)
フライパンで、炒めることができたことが、嬉しかったらしい。


かあちゃんは、そんな姉さんたちのたくましい姿を見て
すっごく嬉しかったよーーーーーーーーーーー。

ユリも参加したがっていたところ、
一緒にキャベツをちぎったり、魚肉ソーセージの切り方を指導していた
スミレ姉さんの、そのリーダーシップっぷりに、
密かに、かあちゃん感動したーーーーーーーーーーーー。

そのリーダーシップ、
学校でも発揮してくれたまえーーーーーーー。



てことで、いい経験ができました。

また、ヤキソバ、作りたいらしいです。

ええ。何度でも。毎日、ヤキソバでいいですよ。

ヤキソバの次は、チャーハンですね。

冷蔵庫から材料を出したり、火加減を考えたりする課題も
次回は加えさせていただきますわよ。ふふふ。
それよりも、調味料を覚えてくれー。
油とみりんは間違えないでくれーーーーー。


***

ユリさん。

3歳児の悪魔です。

「自分で!」のブームが過ぎ去り、何でも「ママが!」。

自分でできるのに、私に頼ろうとするなんて、ダメ!

てことで、私も鬼になって、「ママが!」に対抗「自分でやりなさい!」。

「ぎゃーーーーーーーー!!!」



ていうのの、繰り返しです。毎日、毎時間、毎分。


まあね。でもね、3歳ですからね。
何がなんでも、自分でやらせようなんてことは思っていなくて。
できる限りね。やってほしいのね。
ときに、甘えが必要だから、やって、って言われたら、
すぐにやってあげることの方が、実際は多いんだけどね。

でもね、今は手が離せないから、自分でやってくれ!という場面も多くて。

でね。

ユリね。

最近ね。

よくね。

泣くのね。

けっこうね。

しつこくね。

泣くのね。


だからね。

声がね。

ハスキーボイスになっちゃってね。

元祖ハスキーのコウメにも「ユリちゃんの声、へん!」って言われちゃってね。

いやいや、コウメのハスキーには負けるわ!と思いながらも

よく聴いてみたら、ユリのハスキー具合が、日に日に増してきて。

かわいい声していたあのユリの声が、もう聴けなくなるのかな。

なんて思うと、ちょっぴり悲しくなったり。

それでも、毎日。泣き続けるユリ。

よくがんばって泣くよな。って思う。

末っ子って、甘え上手で、甘えん坊で、何もできない子、、、というイメージだったけど

うちの末っ子は、全く違う。

甘えん坊かもしれないけど、気が強くて、勝ち気。
甘えたことは言わなくて、一番のしっかり者。
チカラも強いし、脚力もあるし、我慢強い。

姉さんたちよりも、要領いいかもーって思う。
あ、要領いいのは、末っ子の特徴か。

私も末っ子だけど、甘え下手で、
なんでも自分でやってしまうタイプやから
ユリと類似する点もたくさん。




でも、わたし、ハスキーちゃうよ。


てことで。ねむーーーーーー。おやすみーーーーー。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす