03
3
6
13
15
17
18
20
23
26
27
31
   

今日も遠足だで!

約束どおり(?)遠足に行ってきました。

今日も、せれゔぅーな車での移動。
(あ、車は、せれゔぅじゃないで。ニッサンノートやからねー)


季節も季節なんでお花見もしてきましたー。

子どもたちは、桜の美しさ、うぐいすのきれいな鳴き声には
一切興味がなく、「なんでお花見?」って言っていましたけどねー。

私も、幼い頃は、なんで、春になったら、桜の花を見るために
あっちゃこっちゃ連れていかれたのか、わからなかったけどね。
桜の花を見る理由はないのー。
春だから、桜を見たいなーって思っちゃうのー。
それが、なんだろうか、習慣っていうんだろうかー。
日本人だから、と言いくるめていいのやらー。
よくわからないけど、春には桜を見に行ったな、という
そういう記憶が残れば、花の美しさ、鳥の鳴き声を忘れても
それはそれで、いいのかな、と思ったり。

R0013401.JPG
あ、これは、タイワンフウの木。
ここの公園には、タイワンフウの木がたくさんあるので、
秋になったら、タイワンフウの木の実を拾いに行こうと思います。
今日も、比較的きれいなものを拾ってきましたー。
木の実、ダイスキですー。
あ、そうそう、ココの公園は、他にも、変わった木の実が拾えます。
秋には、必ず行くぞーーー。

R0013415.JPG
いいお花見日和でしたー。

R0013402.JPG
シーソーで遊んだり、

R0013440.JPG
木登りをしたり。

「わたしたちのおうち」と題して、
草木の間にある隙間に入り込んで、ひたすら引きこもり。
R0013458.JPG
水筒や、帽子、ジャンパーも持ち込んで、
まさに「おうち」状態。長い木の枝を入り口に置いて、
「ここから、はいるな!」と言ったり。
ひつこいくらい、ここで遊びほうけました。


あと、崖登りも、たくさんしました。
ユリは、怖くて、居残り隊だったのですが、
スミレは、いろんな崖に、果敢に挑戦し、
滑っても滑っても這いつくばってのぼっていました。

コウメも、今までなら、泣いていたところを
「お尻を押さえなくてもいい」「これくらいだいじょうぶ」と言って
滑っても滑ってもあきらめずにのぼっていました。
ずいぶん、たくましくなったもんだー。

今までなら、こういう崖登りは、私がスミレをコウメを引き連れて
のぼっていたのですが、今日は、しげおが積極的に子どもたちを誘って
崖登りをしてくれていて。

嬉しかったーーーーーーーー。

なんだか、嬉しかったーーーーーーー。

それだけで、嬉しかったーーーーーーーーーー。

だから、昼寝も、許したーーーーーー(笑)。

晩ご飯後の、夜寝(?)も、許したーーーーー。

優しくなれたーーーーーーー。

ありがとうーーーーーーーーーーーーーーー!!!



スポンサーサイト

つかれたーーーーーーーーーー

だってさ。

公園遊びから、帰宅して、おやつを食べた後、
スミレもコウメも、ぐたーーーーーって床に伏して
ゴロゴロしながら遊んでて。
普段、疲れたーなんて発言をしないスミレでさえも、
「つかれたーーーーーーー、うごけないーーーーー」って。



今日は、遠足、ではなく、車で公園に行き(せれゔぅー)
公園の中で、存分に駆け回る、、、公園遊びの日でした。
だから、そんなに疲れるはずはない、、んだけどね。。。



実は、うちの子たち、つくしを見たことがなくて。

わらべ歌の中には、つくし、が出てくることが度々あるんですが

♪ずくぼんじょ、ずくぼんじょ、ずっきんかぶって、でてこらしゃい

とか

♪つくしはつんつんでるもんだ、わらびはわらってでるもんだ
きのこはきのしたにでるもんだ、しょうろはしょろっとでるもんだ

とか。

なのに、子どもたち、つくしを知らない。

ってことに、昨年の春、気づきまして。

4月。わらべ歌の先生に、どこに行ったら、つくしが見れますか?

って聞いたら、

「おそいーーーーーーー!!!4月には、もう見れない!」



てことで、今年こそ!って思っていたのですが、
気づいたら、もう3月末。ぎょへー。
しかも、どこで採れるか、聞いていなかったーーーー!!!

仕方なく、ありそうな、、、そんな予感のする公園に遠征。
初めての公園だから、無くても、怒らんとってなー。
なんて、話しながら。


R0013374.JPG
近所の保育園の子どもたちも、遊びにきてて、
つくしを摘んでいたので、一緒に摘ませていただきました。

R0013382.JPG
ほら、つくし。

その後も、場所を移動して、ありそうな予感のする場所を散策。

ちょこちょこ見つかりました。

散歩に来ていたおじさんも、
いくつか摘んで、分けてくれました。ありがたや。

結局、10本以上は見つかったかなー。
でも、食べるには、やっぱり時期が遅いなー。
つーか、私も、しげおも、つくしは、苦手。。。
つくしを見つけるのは、楽しいけど、料理する、という味わい方は
我が家では、できへんなーーーーー。ごめんなー娘たち。。。

つくし探しは、もちろんのこと、
その後も、ひたすら歩いたり探検したり散策したり、
迷路したり(?コウメ用語、、、)
ひたすら動き回っていました。。。

R0013385.JPG

R0013388.JPG
もちろん、このひと、ユリたんも。姉さんについて、歩き回り。。。
朝10時から昼13時半まで、みっちり遊びほうけていました。。。
(あ、もちろん、昼ご飯も食べたけどねー)

R0013389.JPG
ま、途中から、だんだん、
姉さんたちのスピードについていかれへんようになって
電池切れギリギリのところで、帰ることになったんだけど。

R0013391.JPG
水辺のところまで引き返して、ここでまた道草。

R0013396.JPG
川に葉っぱや花びらを流して、追いかける、、、という遊びを
延々と繰り返していました。。。

帰ってから、娘たちに聞いたら、
迷路遊び(草むらの中を、ひたすら歩くだけのもの。
行き止まりが所々にあって面白かったらしい)と
川で葉っぱを流したのが、楽しかったんだって。

最近、家の中でまったり遊ぶことが多くて
姉さんたちは、遠足に行きたがらなくて。
今日も、しぶしぶついてきたんだけど、
やっぱり、行ったら行ったで、楽しいんよねー。

それなら、素直に遠足に行こうよ、、、と思うんだけど、
明日も、花見がてら公園に行こう、って誘ったら
「いやだーーーーーー」って。

おいおい。それが、5歳、6歳の発言か?
ありえねーーーーーーー。

昨年は、春休みの前半と後半少しは、水疱瘡で、
あんまり外出できなかったから、今年こそ!って思っていたのに。
かあちゃん、花粉あかんけど、最近、花粉の量も減っているようで
少しラクだから、今のうちに!なんて思っていたんんだけどねー。

でもまあ、明日は、予定通り、公園に行くけどねー。

がんばれよー、娘たち。
一番元気なのは、今のところ、ユリかもー。
もち、昼寝しているから、なんだけど、
公園に唯一行きたがってる女子ですー。体力つけようなー。


お腹が空かない*コマ*わらべうたかるた*コウメ自転車*ユリお風呂おしっこ

やばいね。春休み。お腹が空きません。

いつもなら、コウメの幼稚園への送り迎えで、歩き、
しかも、ただじゃすまないユリと一緒に歩くので、
普通に歩くより何倍も疲労しまくっていたのが、
この春休み、ぜんぜん動かない生活をしていまして。

ならば、遠足だ!と思って、誘うと、「いやだー」と言われてしまい(撃沈)。
おかげで、毎日、家でゴロゴロ、
家の前の空き地で、砂遊びをして終わっています。

そりゃあ、腹、へらんわ!

やばいね。太るねー。おそろしいねー。


***

そんな話はさておき。

東京おもちゃ美術館に行った際、お土産で、こんなん買いました。

R0013344.JPG
皿回し独楽。初めて見たーー。
皿回しの要領で回す、らしいんですが。
毎日特訓していますが、未だに回せません。。。どないしよー。


R0013345.JPG
おっかけ独楽。
真ん中のコマを回すと、赤と緑の輪っかが、
追い越したり追い抜かれたりするんです。
見ていて、楽しい独楽が欲しくて。

R0013346.JPG
相撲独楽。子どもたち同士で、遊べるかなーと思って。


もうひとつ、富士山独楽っていうのも買いました。
これが、一番、娘たちにはヒットしたんだけどねー。
写真なくてごめりんこー。

回したら、富士山が見えるんですー。感動するよー。


てことで、独楽コレクターか!っていうくらい、買ってしまいました。
いやいや、他にも、面白い独楽あったんだけどねー。
ていうか、家の中、独楽だらけなんだけどねー。
逆さごまとか、普通の糸巻き独楽とか、あ、糸引き独楽は家にないな。。。

いやあ、でもね、独楽、いいよー。
第一、回転している絵が、きれい。
富士山独楽だけでなく、どの独楽も。

でもって、指で回すコマは、親指と人差し指のチカラを鍛えられる。
実は、スミレもコウメも、この2本の指のチカラが、なくて。
鉛筆も、お箸も、中指を使って支えてて、
間違いを指摘しても、なっかなか、直せなくて。
ひじょーに苦労しています。未だに。。。
(ユリは、正しい持ち方ができるのに。。。)

てことで、姉さん二人の指の訓練のために、
指で回すコマを、ひたすら集めているんです(笑)。

あ、そうそう。
糸を巻くコマなんだけど、家では苦戦しまくっていたコウメが
なぜか、幼稚園で、投げるコツを教えてもらい、
それをそのまま素直に実践したら
(つーか、かあちゃんも同じことアドバイスしたのに!!!)
回せるようになっていました。

あとは、巻くのを自分でできるようになったらねー、なんて言っていたら
ここ2日間で、巻くのも自分でできるようになりましたー。

びっくりですーーーーーー。

お正月じゃないですけど、我が家は、再び、コマブームですー。

たのしいですー。スミレ姉さんも、時々、勘が鈍るようで、
泣きながら、挑戦していますー。がんばれー。


***

おもちゃコンサルタント。

長かったー。3年。ひつこいけど、3年かかったー。

ときどき、グッドトイ委員会から、グッドトイ選考会のお知らせとか
そのほか、もろもろ通信的なものが届いていても、
さらっと目を通して、スルーしまくってて。

でも、スクーリングを受けて、ようやくやる気が出てきました(笑)。

今年のグッドトイは、もう選考段階に入っているのですが、
来年のグッドトイには、絶対に、推薦しようと思っているおもちゃがあって。

それは、わらべうたかるた

わらべうたかるた2

毎週通っている、わらべうたの会の中井先生と、
元教え子(?)のお母さんが、一緒に作られたもの。

このお母さん、村田さんという、木版作家さんなんですけど、
絵が、ほんとうに良い絵でして。。。
木版ならではの、あの暖かさと、力強さ、だけでなく
優しい雰囲気の絵柄と色合いが、わらべうたに妙にマッチしてて。

先日、絵本屋のYogi Yogiさんのイベントで
村田さんにお会いできて、感激でしたー。
お話もして、子どもたちも一緒に遊んでもらって。
子どもたちも、すっかりダイスキになって帰ってきました。。。

そういや、私の初めての木版師匠は(といっても、弟子になったことはないけど)
小学校のときの担任の先生。
授業の最初に「ガンバの冒険」「白い牙」を読んでくれたり、
毎月作文集を出してくれたり、私の心の成長を促してくれた先生なんですが
何よりすごいのが、木版。
その木版の作品が、欲しくて(笑)、
卒業してもずっと年賀状のやり取りをさせていただいています。

だから、木版作品は、ダイスキです。
今は、絵本っぽい絵とか、イラストレーターさんの描く絵を好んでいるけど
やっぱり木版は、いい!、潔くっていい!色遣いがいい!

てことで、来年度の選考会には、絶対に推薦しようと思います。
おもちゃコンサルタントとして、最初の仕事になりそうやけど(笑)。


***

そうそう。

コウメの話。

夕方、家の前で、大縄跳びをしていたとき。

コウメが、自転車に乗っているスミレの姿を、じーっと目で追っていてて。

あ、こういう光景、今までなかったな、、、って。

もしかして、乗りたい?乗りたい?コマなし、乗りたくなっちゃった?

って思って、聞いたら、うん、と。

じゃあ。ってことで、スミレには、我慢してもらい

コウメの特訓が始まりました。

特訓いうても、私、指導してへんけどねー。




がんばれー、いきおいよく、こいだほうがいいよー、いいかんじー




しか、言うてへんけどねー。

でも、凹みそうになりながらも、がんばって、独りで黙々と練習していました。

乗れるようになっても、さほど、嬉しい顔もしていなかったのですが
後で聞いたら、それなりに嬉しかったみたい。
「いちにちで、乗れるようになった!」てことを、自慢していました。

そういや、スミレが乗れるようになったときは、
「すごいなー!一日で乗れるようになるなんで思っていなかった!」と
そこそこ大騒ぎをしたような。

コウメは、絶対にすぐに乗れるようになる、、、と確信していたので
それほど驚かなかったんだけど、もっと大騒ぎしてほしかったのかなー。


てことで、コマなし自転車が2台必要になりました。

もう一台、買ってあげなねー。


***

ユリたん。トイトレ、ぜーんぜんすすまず、です。
私も、気合い入れていないから、あかんのですが。

で、最近、ユリたん、お風呂でおしっこするのが、習慣になっていまして。

毎回、出たー!って言って、喜んでいるので、
それなら、お風呂に入る前に、トイレに、、、と誘ったら、断固拒否。
「じゃあ、お風呂ではおしっこしたらあかんで」
って言ったら、我慢してて(笑)。

でも、しゃがんで身体を洗っている間に「いっぱいでたー」って。
確信犯。。。スミレたちには
「トイレでちょっと出たで」って嘘の申告しているし。おいおい。


ま、そんなかんじで、春休みが過ぎていっています。

なんだかんだで、スミレ用のスカートが全然作れていません。
ユリの入室準備も未だ、全く。
気がついたら、3月終わりやし。大阪の桜、まだ全然やし。
いやいや、そういう問題ちゃうね。花見も行かな、やけど、
いろいろ作らな、ですわ。ブログ書いている場合ちゃうで、ですわ。

明日から、がんばりますわ。
いろいろ、いろいろ、がんばりますわ。


***

あ、そうそう、スミレ話。

小学校の勉強への不安、あるのかなーって。

最近、ひらがなで、書き順が間違っているのを指摘したら
もう、次の文字が書けなくなる、、っていうくらい
自信喪失。。。そんな自分にイライラしまくってて。

今日も、そんな感じで、イライラして、半狂乱していたから
おもしろおかしく教えてあげたら、ようやく笑ってくれて。

遊びながら、とか、おもしろおかしく楽しくしながら、、、じゃないと
まだまだモチベーションは保てないのかな、、、。
難しいね、、、。



おもちゃコンサルタント養成講座*スクーリング

いやあ、それにしても、とうきょうは、人が多かった!
春休みが始まったから、というのもあるし、
観光客、多すぎやろ!っていうのもあるけど、
とにかく、みんな、東京に集まり過ぎ。
もっと、いろんなところに行こうよーって思いました。
ま、人のこと言えへんけどねー。


おもちゃコンサルタント要請講座が開かれたのは
東京おもちゃ美術館
廃校になった小学校を借りて、運営されているようで、
これまた、小学校の雰囲気もよくて、心地よかったです。

安藤忠雄さんは、ダイスキだけど、
最近、どこもかしこの美術館も、安藤さんな気がして
(というか、私が好きな美術館が、たまたま安藤忠雄なだけなのかもしれないけど)
なんだかなーと思っていたので、東京おもちゃ美術館は、新鮮でした。
しかも、小学校やから、大通りには面していなくて、
静かな雰囲気の場所に、こっそりと、、、という立地も
わくわく感、増大。

一度行ってみたかったところだったので、
夜、お客さんがいない時間帯に、ナイトツアーと題して
館内を案内していただけて、大満足です。
しかも、おもちゃで遊べて(笑)。
ま、いうても、駆け足やったけどねー。じっくり遊びたかったけどねー。

ま、娘たち&しげおは、自宅でお留守番隊やったけどねー。
今度来るときは、一緒に行けるといいねー。行きたいねー。
次、いつ行けるかね。。。東京。。。(涙)



てことで、ここからは、まじめな話が、長々と続くので、スルーしてください。
あくまでも、備忘録というか、自分の考えをまとめたかっただけで。

スクーリングの収穫内容

1:病児のあそびとおもちゃについて、
  実際に事業に携わっている方のお話が聞けたこと。

病児のおもちゃと遊びについて、もっと深く知りたいと思いました。
こういう活動って、地味な話なのかもしれないけど、
すごく意味のある、可能性のある活動だと思うので。


2:おもちゃは、指や手の運動を促す生活道具である、と再認識できたこと

モンテッソーリの教育について、本などで学んだり、
幼児教室のママ塾で、学び、指を動かすことの重要性は
十分理解していました。
が、今回、多田館長も、上記のことを力説されていて、
自分が、子育てで大事にしたいたことが、これで良かったんだと
ちょっと自信が持てました。
と同時に、もっともっと、深めていきたいな、と。
また、これ関係の本を読んでいこうと思いますー。


3:五感を使って感じることの重要性も、再認識できたこと

これは、木のおもちゃチッタ
というおもちゃ屋さんを経営している横尾さんがお話していたこと。

そうそう。五感、大事だよね、、、と。
今日も、ハーブのカレープラントの匂いを嗅がせてあげながら
「ああ、そういや、カレープラント2年くらい植えているけど
嗅がせたのは、これが初めてだったな、、、」と反省したり。
ていうか、春って、どんな匂いがするんだっけ、、、と思いつつ。
でも、私は花粉のせいで、ほとんど匂いを感知できないから、
どうしたものか、と思ったり。

いやいや、五感は大事だと思う。
大事というより、敏感になっておかなあかんと思う。

昔ほど、嫌な匂い、変わった匂いを嗅ぐ機会が、減っているから。
(バキュームカーとか、見ないもんね)
昔ほど、ざらざらしたもの、べとべとしたものを触る機会が減っているから。
どのおうちの床もつるつるやし(我が家は、別、、、ざらざらしてる、、、笑)
清潔な空間の中で、子供たちは生きているから。
昔ほど、まずいものを食べなくなったし。
外食の味、お惣菜の味は、全部同じやしね。。。
私も、化学調味料入りの調味料使って料理するしね、、、
聴覚は、雑音とそうじゃない音を聞き分けられるようにならなあかんしね。

ちょっとした感覚の違い、を、
今の子供たちは、昔ほど経験できなくなってきているから
感覚も鈍感になっているような気がするな。。。
横尾さんは、五感を使って、どう感じとるか、が大事って言っていたけど
親自身も、感じ取るチカラがないと、子供が感じ取っていることに
気づかないからね。。。親の訓練も必要やな、、と。


4、目に見えないものを感じること、のお話を聞けたこと

ああ、これは、深い話だったー。
グランパパで働いていた宮森さんのお話だったんだけど
言葉で表現できない内容でした。。。
でも、確実に、心に届きました。はい。


***

てことで、いやあ、勉強になったー。
というか、新たな視点、観点が増えたし、視野が広がりました。


スミレが4歳になるまでの子育てが大変だったからこそ(今もだけどねー)
子供の育ちについて、本を読んだり、ママ塾で学んだり
子供の生活、遊びに、すごく興味を持つようになってきたけど、
自分の子供を育てていくうえで、心配していることは、
中学生以降の育ちについて。

反抗期のことではなくて、
自分自身で、ちゃんと生きていける子になっているかどうか。

通信教育の会社に勤めていたときに、出会ったたくさんの高校生大学生たち。
そして、中学校、高校、塾の先生方。
そこで聞かされる「自分で考えない子」たちの実態。

「わからないことがあれば、塾の先生に聞けばいい。
 わかりやすく、手っ取り早く教えてくれるから」

強烈だったのは、個別指導塾の先生が嘆いていた大学生の話。

中学から高校卒業まで個別指導塾に通っていた子供たちが
大学3年生になって、また塾に戻ってくるのだそう。
どうしたのか聞くと

「せんせい、どこのかいしゃに、しゅうしょくしたらええとおもう?」


塾で教えられるのは、合格できるようにする勉強のお手伝いだけ。
子供たちが生きていく術を教えることは、できないんだってこと。


そんな話を聞いたのは、私が働いていたころだから、
もう10年以上前の話。

てことは、今の子供たちは、もっともっと生きていくチカラがないような子に
なっているんじゃないか、と。

それは、学習指導要領が変わったからといっても、変わるもんじゃなくて
生活そのものが変わらないと、変わらない問題だと思うから。

自分の子は、どうなるんだろう、、、。
自分の子は、私が危惧しているような
自分で自分のことが考えられないような子になるんやろうか、、、

なんて思うから、常々、子供たちには、何かにつけ
「じぶんでかんがえなさい!」って言っているんやけどね。
言い過ぎてて、逆に考えるのが嫌になっているような気もするけどね。。。
そこの案配というか、誘導の仕方が、いまいちなんやけどね。。。
でも、やっぱり、どんなときでも「じっくり自分の頭で考える」
そういう習慣がついていないと、あかんのやろうなあ、と。

でもって、そういう習慣って、学習を通して身に付くものではなくて
日々の生活や、遊びの中でしか、得られないものではないか、と。
だからこそ、日常生活を大切にしたいし、
遊ぶ時間も、できる限り関わったり見守ってあげたいと思ってて。

今回、スクーリングで、いろんな方のお話を聞いて、
「生活や遊びの中で、生きていくチカラをつけていこう」って確信。


3姉妹。この春は、喧嘩喧嘩喧嘩勃発で、
ほんま、なーんにもできないくらい、騒々しいんやけど、
心のケアをしながら、ぼちぼちやっていかなね。。。

とりあえず、明日は、遠足&買い物やなー。

図書館にも行かなあかんし、あー、いそがし。。。


東京に行ったでー

おもちゃコンサルタントの養成講座のスクーリングのため、
東京に1泊2日で行ってきましたーーーーーーーーーーーーー。

初日は13時〜20時
2日目9時半〜15時まで、といった、みっちりスケジュールだったので
東京見物なんて、まーったくできないし、
正直、お土産を1つ買うので精一杯の状態で、帰宅してきました。

ふう。

おもちゃコンサルタントの資格を取ろうと思ったのは、
ユリが産まれたとき。いや、ユリが産まれる前から検討していたんだけど
申し込んだのは、2010年の7月(だったかな)。
通信教育の受講期限は3年だったし、
スクーリングは、年に3回しか開かれていないので、
正直、これがギリギリのタイミングで。
いやあ、長かったーーーーー。3年間。

レポートは、12課題なので、それほど大変でもなく
半年でレポートを完成仕上げる方もいるんだけどね。
でも、同じように3年かかった方もいて、ちょっと安心。
フェードアウトしなかった自分を誉めてあげないとねー。


でもって、スクーリング。

もんのすごい濃い内容の話でした。
新たな視点、観点、視野の広げ方、を学んだのと同時に
自分が追究していきたいテーマというか、
もっと深く学んでいきたいな、と思うことも明確になりました。

こんなに深い学びができるとは、思っていなかったので、
その収穫の大きさに、びっくりですーーーー。

いやいや、ほんと、なんのことだかー、な内容だけど、
深い話すぎて、簡単に書かれへんのですー。
また、追って、お話しますですー。


それにしても。

おもちゃコンサルタントの養成講座を受講する人なんて
おもちゃ屋のおっさん、いや、おにいさんか、
おもちゃメーカーの、おっさん、いや、おにいさん、
しかいないだろうと思っていたらそういう人は、皆無で。

(元)保育士さん、(元)幼稚園の先生、学校の先生といった
先生業の方が思いのほか、多くて。
しかも、女性が7割強。うひょ。
年齢も、
学生さん〜子育て真最中〜終えました(?!)な、
世代を越えた方々が集まってて
ほんと、刺激をいーっぱいもらえました。

性別も違えば、
世代も、住んでいるところも、境遇も、仕事も、まーったく違うのに
すごくコミュニケーションを取りやすくて、
初めて会った気がしないー、な雰囲気になってて。

たぶんね。
みんな、思いは一緒だから。

誰かのために、自分が、動きたい、って思っている人ばかりだから。

かねもうけしたいぜー、で、この講座を受ける人はいないし、
みんな、おもちゃのことを知りたくて、
おもちゃを通して、誰かのために何かしてあげたい、
そういう思いは、ほとんど、みんな共通してて。

だからかなー。すごく楽しかったです。

ママ友と、おしゃべりランチ会するのも楽しいけど、
思いが共通な方たちと、お話しするのって、いいなーって。
これからも、つながっていけたらなーって。


***

それにしても。

ひっさしぶりの、とうきょう。

ひっさしぶりの、しんかんせん。

どれも、きんちょー。

新幹線のチケットの取り方なんか、すっかり忘れていたし
そもそも、のぞみに自由席があることも、忘れていたし
品川駅なんて、めーっちゃすごくて(笑)。
駅の中に、デパートあるし!(エキュートです!エキナカの!)
東京駅なんて、ほんま、あほちゃうか!っていうくらい
お店がたくさんあるし!新幹線に乗りたくても、乗り場がわからへんくらい
お店がたくさんあって。しかも、それ、東京と関係ないやん!な店が
あまりにも多すぎて。
フツーに、東京土産を買いたいのに、なかなか買えなくて。
正直、それって、どうよ、って思って。
ぜんぜん、嬉しくないんやけど、旅人として、って思って。
エキナカ事業、絶好調だから、がんがんに展開しているんだろうけど
駅のそもそもの役割って、なんだったかわかってんの?って
JR東日本に言いたくなるくらい、駅として、全然心地よくなくて。
駅って、もっと、ロマンや夢がある場所なはずなのに
そういうのが、ぜんぜんなくて。ただ人とお店がいっぱいで
ほんと、なんなの?って思うくらい。

ヨーロッパの駅って、どんだけ都心であっても、もっとスッキリしているし
もっとかっこいい。うん。なんちゅうか、バラの花束が似合うというか。
あー、もう、東京には住めないなーーって。
ちょっと悲しいけど、ああいう儲けのことしか考えないような町が
故郷になるのは、いやだなーって。


やっぱ、関西の、こののんびりした雰囲気がええわーーーー。

でも、やっぱり、JR大阪、JR京都の、あのなんともいえない
「おなじような感じ」の駅の雰囲気も、やっぱり好かない。。。
JR西日本は、エキナカ事業、やらんとってなー。
面白い発想ではあるけど、やりすぎは、あかん。。。

おもちゃコンサルタント養成講座の話は、またつぎのブログで。


東京に行った証が、
この写真だけしかないのが、残念でならない。
R0013342.JPG
それくらい、忙しかった、、、ってこと。。。

あ、そうそう、東京は、桜が見頃でした。
うちの近所の桜は、ほんの少し咲いているくらいだったので、
びっくりーーーー。東京の方が暖かいんやねー。
そして、花粉もあんまり飛んでいなくて、びっくりー(いや、助かったー)。


ハンカチ落とし

コウメが幼稚園でやっている、という、
ハンカチ落としゲームが、ブームです。我が家では。

ルールがわかりやすいのと、
ハンカチを持って、ひたすらぐるぐる回るのが楽しいらしく
ユリも一緒になって楽しんでいます。

ま、私は、ぐるぐる回りすぎて(だって、座っている人3人なんやもん!)
気分が悪くなりました。オエオエオエーーーーー。


今日で、コウメの幼稚園もおしまい。
春休みです。4月からは年長さん。

スミレもそうですけど、コウメも、ちょっと情緒不安定になってきました。
春だから、仕方ないよねー。私も、春が苦手だからねー。
小学校も年長さんも、どんなことになるやら、わかんないよねー。
不安を取り除くことはできないけど、
何かあったときに、頼りにされるかあちゃんでいたい、、、とは思うけど
度が過ぎるわがままや、妹たちへのいじめといったやり方で
気持ちを発散させている姉たち。これじゃあ、かあちゃん怒るしかないねん。
甘えさせてあげたいんやけど、素直に甘えてきてくれないのが
我が家の娘たちの特徴。ややこしやー。



長財布完成*切り紙名刺

自分用の長財布が完成しました。

完成したぜ、いえいいえいいえーーーーーーーーーーーい!!!

と言いたいところですが、

気分は、

完成しました(撃沈)。です。

R0013310.JPG

R0013312.JPG

R0013313.JPG

お気に入りの布を、たーっぷり使って、どれもこれも
ヨーロッパのヴィンテージの布とチロルテープとレースを使った
とっても贅沢なお財布です。

見た目、すっごーくかわいいです。めちゃくちゃかわいいです。
表は黄色メインで、中は、紺や青を中心に、赤、黄色を入れて、
ぞうやら、ふくろうやら、太陽やら、かわいい絵柄も、
所々にあって、お財布を開けるたびに、わくわく感が漂う
そんな布合わせをしたお財布です。


が。


使いづらいんですーーーーーーーーーーーーー。




今後のためにも、記録を。

失敗点

1:小銭入れは、超厚手接着芯を使ったほうがいい。
  普通の厚手の接着芯だと、柔らかすぎて、チャックの開け閉めのときに
  スムーズにいかない。

2:仕切りは、いらない。個人的な感想。でも1つくらいでよかったかも。

3:表布と内布を縫い合わせるときは(今回は、端処理のとき)
ふたを折った状態でふたのところから、縫っていったほうがいい。

せっかく、内布の縦の長さを表布より短く裁断したのに、
その利点が活かされず、ふたを閉じるときに、表布が反り返ってしまった。


以上。

もういっかい、作り直したいーーーーーーーって思うくらい。
でも、糸をほどく気力がわきません。もう一度作る根性も残っていません。
何より、がま口財布だけで生活するのは、もう限界だったーーーー。


てことで、まあ、この使いづらい財布も、しばらく
いや数年は使っていくつもりだけど。

長財布作りは、難しいーーーーーーーーーー。やっぱり難しいー。

でも、うまくできたら、楽しいーーーーーーと思う。
何より、布合わせが、めちゃくちゃ楽しかったから!
いろんな生地を使って、大胆な組み合わせとか楽しんだり。

楽しいのは、楽しいです。

この財布、たくさん使い込んで、次こそ、納得できる
長財布を作りたいですーーーーーーーー。がんばるぞー。


***

週末に必要な名刺を作りました。

PCをプリンターに接続していない生活が、ずーーーーっと続いているので
(かれこれ、8年くらい、、、笑)
プリンターで名刺を印刷することもできず。

えいや!で、作りました。

R0013308.JPG

R0013309.JPG

切り紙を一つひとつ作り、
名刺(リブカラーケント紙を裁断して)に、ぺったんぺったん。

切り紙も、どれひとつとして、同じ柄はなく、オンリーワン。
(ただ単に、気分に任せて切ったから、同じものは作れなかっただけというか)

撮影後、名前とメルアドを書いて、終了。


ちかれたーーーーーーーーーーーー。


***

どうでもいいけど。

スミレの小学校の入学準備も、ぼちぼち。

上履きは、幼稚園で使っていたものを使う予定。
体育館シューズは、新しく購入。
クーピーは、本日、購入。
クレパスは、幼稚園で使っていたものを使う予定。
4本ほど、短くなっていたので、買い替え。
セロハンテープも、本日、コーナンで購入。
赤鉛筆、消しゴムも購入。
鉛筆は、方々からいただいたものを使う予定。
下敷きは、無色透明のシンプルなもの。B5用。
お道具箱と、筆箱は、ジュエルペット。スミレに選ばせた。
はさみ、のり、粘土板は、幼稚園で使っていたものを使う予定。
体操服、給食白衣、ランドセルは、購入済み。
給食用のマスクは、これから作る予定。
ランドセルカバーも、これから作る予定。


そんなとこかな。

備忘録でした。

まだまだ作らなあかんもの、残っているなー。

がんばれ、わたし。


つるべさん*お料理のお手伝い*うんてい、てつぼう、なわとび

くしゃみ連発回数は減ったものの、相変わらず、鼻水たらり
朝と夜は、鼻が完全に詰まって、息苦しくて、
昨晩は、なかなか寝付けなくて、久しぶりに苦しい夜を体験しました。

でもって、今日は、目が異様にかゆかったので、
コンタクトレンズを取ったあと、掻いていたら、
目が、ぽわーんと腫れてしまって。。。

しげおが「つるべや!」って叫んだので、鏡をみたら
すんごい状態で、私もびっくりしました。。。

ちゅらいねー。ほんま、ちゅらいよー。


***

この春は、3姉妹に料理のお手伝いをがんばってもらおうと思っていまして。

最近、のんびりみんなでお料理を作れなかったし、
包丁を使ったり、計量したり、炒めたり、、、ということができたら
独りで任せられる料理もできてきて、
子供も、自信がつくのではないか、、、と。

先日は、久しぶりにカレーを作ったのですが、
皮むき、包丁で切る、以外に、初めて「炒める」作業をお願いしました。

今まで火が怖くて、近寄ることもできなかったスミレとコウメですが
火加減を弱に設定して、しかも、圧力鍋で炒める、、、という
「どーかんがえても、やけどしない!」状況だったので、
なんとか、炒めることができました。
ま、炒めたあとは、圧力鍋さんのチカラで、完成。
ラクチンカレーのできあがりーーーーーーー。

今日は、そらまめコロッケの下準備をお願いしました。

そらまめをむいて、(ゆでて)、皮をむいて、つぶして。
じゃがいもは、皮をむいて、切って、(ゆでて)、つぶして
混ぜて、丸めて、完成。

コロッケは、明日の晩ご飯の献立なので、今日は、ここまで。

スミレは、どの作業も、手早く上手にできるようになってきました。
あとは、一通りの流れを覚えて、何か一品でも作り上げる、ということを
経験させていきたいな、と。

コウメは、久しぶりの包丁にも関わらず、
5歳になったおかげか、慎重さが加わって、
丁寧に切ることができるようになりました。
もう、安心して見ていられます。
嫌いだった皮むきの作業も、少し根気強く付き合えるようになったし
だんごを作る作業も、どろだんご作りの成果が出たのか
同じ大きさに合わせて作る、という目標もクリア。
戦力として、スミレとともに期待できるようになりました。

ユリは、スミレに教えてもらいながらも、皮むきに挑戦。
まだまだ手助けしないといけませんが、
やりたい意欲が感じられて、頼もしいです。
だんご作りは、まだやねー。泥団子をもっと作っていかなければ。

ま、そんな感じで、お料理作りは楽しいです。
子供たちが楽しんでくれるので、私も楽しいです。
また、みんなで作れる献立を、考えないとねー。
そこが、大変なんだけどねー。


***

やる気スイッチが、どこにあるか、子供によって、それぞれ違います。

スミレは、割と、私の言うことを聞き入れるので(長女ってそんなもんよね)
私が、はっぱをかけると、「やってみようかな」と思うようです。
(もち、お友達の影響も大きいけどね)

コウメは、私のかける、はっぱには、全く動じず(?)
お友達の影響や、自分が「やる!」と思わない限り、動きません。

なので、鉄棒にしても、縄跳びにしても、コマ回しにしても、
コマなし自転車にしても、うんていにしても、まりつきにしても、
なかなかやる気スイッチが、入ることはありませんでした。

が。

なんなんでしょうねー。

何がきっかけだったのか、はっきりとはわからないのですが、
今日の園庭開放のときに、うんていをクリア。
鉄棒も、回るのが怖かったのに、独りで回ることができていたし
(未だに、鉄棒に乗っかるのは、できないけど)
寝る前には、自らコマ回しをしたいと言い出して、練習。
まりつきも、ココ1週間で、急にやり始めて。

幼稚園でお友達がやっているのを見て、
スイッチが入ったのかもしれないのですが
スイッチが入ると、黙々と、挑戦してて、びっくりしました。

縄跳びも、5回くらい跳べるようになったし、
まりつきも、10回くらいつけるようになったし
(スミレは、かなーり長いこと、つけるようになりました!)
いつの間に!ってな感じで、できるようになることが多いです。


子供のやる気スイッチって、面白いねー。


***

あ、そうそう、今日、スミレは上の前歯の乳歯が1本抜けました。
2年前、しげお事故で(笑)抜けた前歯と合わせて、
2本上の前歯がない状態です。歯抜け状態が、これまたかわいい。

入学式までに、あと1本下の歯が抜けそうな気もするだがなー。
あと1本抜けたら、入学式で歯3本なし、、、。笑えるよなー。
本人は、それほど気にしていないけどー。

てことで、このへんで。

MY財布、あと少しで完成です。がんばりますー。

未だに、目はつるべさんですけどー。すごく腫れていますー。
明日には、治りますように!!!


長女、卒園しました

今日は、長女スミレの卒園式。

みな、無事、元気な状態で卒園式を迎えられました。ほっ。。。。

スミレは朝から「ドキドキしてきたー」なんて言ってて、
式が始まって、入場するときも
「お客さんがたくさんいてて、緊張したー」んだそう。

ドキドキするとか、緊張するとか、そういう感情表現を
自分から言えるようになったんやね。
感受性は人一倍敏感だけど、感情表現が苦手やったから
こんなふうに自分の気持ちを言えるようになって、かあちゃん、嬉しいです。

卒園児たちは、「ビリーブ」
「さよならぼくたちのようちえん」「ありがとう」を歌っていました。
どの歌も、いい歌だよー。

さすがやなあ、って思うのが、ま、練習もいっぱいしたからやろうけど、
卒園児は、歌も、声も、すごく大きくて、
力一杯がんばっているなあ、と。
当たり前のことなんやろうけど、あの大きな声を聞くと、
ああ、この子ら、みんな、立派に小学生になれるなあ、なんて思って
うるうるーーーーーーーーーーー。

スミレも、賞状をもらうときに、
ちゃんと大きな声で返事ができてて、びっくりしました。
後ろの方にいた、私たちにもその声が届いて、ほっとしました。


それにしても、幼稚園に通わせる、というのは、
親にとっても、大きな出来事だなあ、と。

密室育児から開放され、3歳で(スミレの場合は4歳やったけど)
よそ様に預けて、6歳を迎えて、送り出される。
預けるのは、当然のことかもしれないけど、
預かってもらえなければ、密室育児がずっと続いていっていた。
そんなことを考えると、やっぱり、幼稚園には感謝感謝だなあ、と。

それなりのお金を払っているから、
それなりの保育をしてもらって、当然、かもしれないけど、
やっぱり子供のことを真剣に考えて、接してくださった先生方がいないと
できないことでもあり。

やっぱり、感謝感謝。

子供を幼稚園に通わせる、ということは、
親も、誰かに「ありがとう」を言う機会が増えるということ。
感謝する相手が増えていくのが、幼稚園の時期なのかな、と。
もちろん、小学校に入ったら、なおさらのことかもしれないけど。

親としても、成長した、、、のかなーーーーーーー。
もうすぐ親歴7年目に入るけど、まだまだやなーと思うこともあるけど、
誰かに感謝をする、ということを、教えてもらった3年間でした。

いうても、未だに、いろいろ文句たれたれやけどねー(しげおに)。
文句言わへんように、がんばっているつもりなんやけどねー。
しげおにも、未だにそのこと指摘されて、凹むけどねー。
感謝せなねー、しげおにも。ありがとう。

R0013188.JPG
今朝は、最後のバス登園なので、みんなでお見送りに行きました。

こんな風景も、もう見られへんねんなー。さみしー。

***

明日から、春休み。長い長い春休み。
一応、お手伝いとユリの遊び相手をするよう、
スミレには言い聞かせているんだけど、
どうなることやらー。喧嘩するなよ!

いやいや、実は、この数日、スミレの様子がおかしくて。
イライラしては、妹たちに当たり、
ユリには、わざと嫌がるようなことばかりして、いじめて、
泣いても「ユリが悪い!」といって、余計に泣かして。

なんだかんだで、いろんな感情が渦巻く時期なのかなーと。
1年生になることは、すっごーく嬉しくて、
すっごーく楽しみにしているんだけど、
やっぱり不安もたくさんあるのかなー。

同じ幼稚園に行く子は、ほんの数人だし、仲の良かった子は
違う小学校に行っちゃうし、環境が変わることへの
不安は大きいだろうなあ、と。

第一子は、小学校で楽しんでいる兄姉がいないぶん、
よくわらかない世界へ、独りで突入していかないといけないからね。
でもまあ、小学校も中学校も高校もその次のステップも、
全て、最初に突入しないといけない役割だからね、第一子は。
しゃーないよねー。でも、行くしかないんだよねー。がんばれー。

R0013271.JPG
スミレが卒業制作で作ったもの。
年長のときに楽しかったことベスト3を、絵に描いていました。

スミレは、

ドッチボール、くみたいそう、おえかき。


おえかきは、ほんと、楽しかったんだろうなあ、と思うくらい
幼稚園で描いてきた絵を見ていると、その楽しさわくわく感が伝わってきます。
身体を動かすことも好きで、絵を描くことも好きで。
ああ、なんて、子供らしい!すばらしい!


幼稚園では、ようやく、お友達の輪に入れるようになった、、、というか
お友達の後に引っ付いて、行動できるようになっていました。
今までは、誘われても付いていくことすらできなかったから、
ほんとほんと、大丈夫かなーって思っていたんだけど。


大きな声で返事ができたり、お友達についていくことができたり
わらべうたの先生の膝に乗ったり、
年長児のこの1年の成長っぷりには、ほんと驚かされます。

6歳って、こんだけ成長する時期なんだなあ、と。

この成長感を、これからも、大切にしてあげたいなあ。
小学校には入るけど、いつまでも、私の膝にも乗ってくるような
いつでも素直に甘えられるような子供でいてほしいなあ、と。
それは、成長していないことではなくて、
スミレにとっては、とても成長していることだから。

その子にとっての、成長、を、ちゃんと見てあげられるような
親になりたいなーーーーーーーーーーーー。

できるかなー。これからも。


***

余談というか、備忘録。

先週木曜日、突如、しげおが
「今から、ホワイトデーのもの買ってくるわ」といって、
がっちゃんと散歩に出かけて行って。

え?

わたし、何か、バレンタインデーのときに、あげたっけ???

え?

あげた?

え?

わたし、忘れてた?


なーんて、思いながら、しげおを送り出し、
送り出してからも、ずーーーーーーーっと考え込んでて。



しげおは、ちゃんと覚えていたの?

何をあげたか、覚えていたの?

まさか!



なーんて思いながら、しげおの帰宅を待ってたら

帰宅早々

「バレンタインに、チョコをくれて、ありがとう!」

って。


え?


チョコ?


チョコは、あげていませんっ!!!

あげたのは

ブルーベリーマフィン!!!(思い出した!)



ま、どうでもいいけど、しげおが、自発的に
ホワイトデーのプレゼントを買ってきてくれたのは、
素直に嬉しかったです。ありがとう。

いただいた6個のマカロンを、4人の女子で食べました。
(喧嘩になるかと思った。。。)

来年は、ちゃんと、何を作ったのか(買ったのか)
ブログに書いておこうと思います。
そして、お返しにもらったものも。ちゃんと書いておかねば。


てことで、ああ、卒園!無事終えられてよかったーー!!!
式の間は、コウメとユリは、役員さんたちに預かってもらえたので
ほんと助かりましたーーーーーーーーーー。

次は、スミレの入学式ーーーーーー。

みんな、元気に迎えられますようにーーーーーー。


アゴ経過報告*ユリ2歳9ヶ月の成長記録*スミレ6歳11ヶ月の成長記録*花粉症

コウメのアゴは、だいぶ腫れもひいてきて、
色も、いい具合に変化してきました。

R0013151.JPG
ま、いうても、まだまだ赤黒いけどね。
ていうか、このアゴ、未だに腫れているのか、
元来のものなのか、私もよくわからなくなってきてしまいました。。。

***

ユリ。2歳9ヶ月。

R0013024.JPG
時間さえあれば、公園に。
まきふん公園で、まったり遊び。
(つーか、暑かったよーーーーーーーーーー!!!帽子がほしい!)


姉さんに、「いっちょにあしょぼ!」と言ったり
姉さんたちが「ユリちゃんあそぼ」と言ったら
「いいよーーーーー!!!いっちょ!あしょぼうねー!!!」
なんてノリがいい返事がかえってきます。

姉さんたちと一緒に遊びたい時期なのかなー。
ま、ノリが良い割には、遊んですぐに戦線離脱するケースも多いけどねー。

*食べ物

ほうれん草のおひたしが、食べられるようになりました。
ま、味付けは、かなり子供よりやけどね。
市販のめんつゆを使ったり、あおさのりを使ったり
昨日は韓国海苔を細かくしたものを一緒に和えたり。

キャベツとツナとゆでたまごのサラダも食べていました。
キャベツは、まだあかんかなーと思っていたのですが
ゆでたまご&マヨをたっぷり入れてごまかしたら、
ごまかされて、食べていました。やった!

なのに、豆嫌いです。数ヶ月前まで、豆ダイスキだったのに。
えんどうまめも、くろまめも、アウト。
唯一、ひじき煮物に入れた大豆だけは、食べていましたけど。。。


*あそび

自分でできることも、増えてきました。
R0013132.JPG
ドアだって開けられるよ!
(ま、こうやって、自分から何でもすすんでやるのって
 機嫌のいいときだけだけどねー)

左右対称のものを作ろうとします。
R0013025.JPG
ドミノは、ドミノとして使わず。こんなふうに積み木代わりに。
左右対称がどうのこうの、なんてことは、一切教えていないけど、
自ら、こういうものを作りたがっています。不思議ね。


*ピンクダイスキ

長女スミレに似て、ピンクがダイスキです。
コウメは、2、3歳の頃、まだ黄色系統のものも好んで着ていたのですが
ユリは、黄色は、あかんようで、タンスに仕舞うことすらも拒否。

パジャマも、青いパジャマは、いやだと言ってて、
コウメも同じパジャマで、同じことを言っていたので
イチゴのワッペンをつけてあげたんだけど、
ユリは、イチゴのワッペンだけじゃ納得できなくて。
ズボンにリボンをつけてあげたら、ようやく納得して着てくれました。

好みの服は、2枚くらいしかないので、毎日ヘビロテ。
スミレもコウメも着た服なんて、もうぼっろぼろ。
ま、たいていピンク系のものなんだけどねー。
おそろしいねー。ピンク聖人たち。ピンク3姉妹。。。

この前、3兄弟を育てている幼稚園のママ友が
うちの3姉妹たちを見て「見事に全員ピンクね、、、」って。

毎日、うちの子たちピンクやから、全然意識してへんかってんけど、
男子を育てているご家庭からしたら、
「おまえんちは、みんな林家パー子かっ!」って
突っ込みたくなるくらいなんやろうな。。。

ちなみに、ユリさん。
紺色のジャンパーも着てくれません。
紺くらいええやろ!ジャンパーやで!

*ユリのわらべうた

ユリが通っている未就園児向けのわらべうたも2年を過ぎました。
来年も会員が集まれば、無事開催できるんだけどな。
あと2年は通いたいなー。

わらべうたの会では、親が先生と一緒にわらべ歌を歌っているのですが
帰ってきたら、ちゃんとユリも歌っていて、
何かを選ぶときには
「どっちどっちえべっさん、えべっさんにきいたら、わかる」
というわらべうたを歌って、決めています。
ユリの生活の中に、なじんできて、嬉しい限り。


*歩いています報告

幼稚園への送り迎えは、
行きは、何も食べずに行って、帰りの途中で、おやつ休憩をはさみ
(チーズや、朝ご飯の残りのおにぎり等を食す)
その後、公園で遊んだり、家で遊んだりしています。

ベビーカーを出してきても「ユリ、あるく!」と言って
すたすた歩いてくれるので、頼もしい限り。
ま、相変わらず、ユリが一番!なんて言って、
姉さんたちと喧嘩しまくっていますけどね。。。疲れるで。。。まじ。


***

スミレ6歳11ヶ月

精神的に、だいぶ成長したなあ、と思います。
発狂することが、以前に比べると、格段に減ったから。

それでもまだ、狂ったように泣き叫んだり、
素直にならなくて、私を困らせるようなことをすることで
気持ちを発散させえているようで、面倒なんだけどね。

大声を出したり、本人なりに、いろいろ発散方法を考えているようで
最近は「けっ!」って叫んでいます。
なんで「けっ」なんかわからへんけど(笑)

*スミレとわらべうた

この前の月曜日で、スミレのわらべうた生活も終了となりました。
2年間通って、先生にもじっくり付き合っていただけで
すごーーーーーーーく満足した表情を見せるようになりました。

年中の頃は、年長の男子軍団の勢いに押されて、
なーんにもできなかったけど、
年長になった途端、悪ふざけをするわ、えらそうに先生に歯向かうわ、
やりたい放題やってて。

でも、そういう行動全てを受け入れてくれる先生だったので、
素直に先生の言うことを聞いたり、
大縄跳びや、まりつき、お手玉など、
本人の苦手とする分野の昔遊びに対しても
積極的に取り組むようになりました。

おかげで、まりつきも、すごーーーく長くできるようになったり
お手玉も、少し扱えるようになってきました。

なにより、びっくりしたのが、
先生の膝の上に、するっと乗れるようになったこと。

ほんまにこころを許している人じゃないと、
スミレは、こんな行動を取れないので、びっくりでした。
たぶん、親以外の人の膝の上に乗ったのは、初めてやと思う。。。

わらべうたをやっていると、人の話を聴けるようになります。
と言われて、それを信じて、通わせていたんだけど、
ほんまにどうなのかな?なんて思うこともあって。

でも、歌を歌わずに、鼻歌だけで歌って何の曲かを当てさせると
たいてい当たるし、手拍子だけで歌っても、当たることもあるし
お琴を弾かせてもらったとき、なべなべそっこぬけ、のフレーズを
1回習ったら、次のとき、教えられなくても弾いていたし。

ちゃんと耳が育ったのかな、、、と思ったり。
やっぱり耳が育っていないと、小学校も大変だろうし、
ピアノを習うにしていも、聴ける耳がないと、上達していかないだろうしね。

ま、そんなわけで、わらべうたを通して、
スミレも、心身ともに成長してきました!
ありがとう!わらべうた!

*お料理のお手伝い

久しぶりに、昨日は、カレーを子供たちに作ってもらいました。
じゃがいも、にんじん、たまねぎの皮むきから
それぞれ、適当な大きさに切ることも(たまねぎだけは、私が切りましたが)。
今回は、鍋に材料を入れて、しゃもじで炒める、ということも
やってもらいました。
今まで火が苦手だったけど、そこもクリア。

久しぶりに包丁を持たせたけど、勘が狂うことなく
しっかり切れていて、ほっと一安心。
また春休み、そして1年生になっても、
たくさん手仕事、お手伝いをやってもらわないとねー。


***

そんなスミレも、幼稚園生活、あと2日。

うわーーーーーーーーーーーーー。

ここ連日、幼稚園に行く前に、写真撮りまくっています。

ああ、もう、最後なのねーなんて思うと、感慨深いね。

幼児期とおさらば、か。

幼児期から学童期へのステップは、すごーい高いステップだそうで
子供たちにとっては、すごい変化を体験するらしい。
あまりプレッシャーをかけずに、、、温かく見守れるようにしないとなー。

とか言いながら、今日も、片付けのことで、怒鳴りまくりましたが。。。

R0013148.JPG
たいていはスミレ姉さん主導で、遊びが展開されます。

コウメとの関係は、ライバルであり、ライバルであり、ライバルであり
でも、自分のことを好いてくれる妹であり、
何より毎日一緒に遊べるいい仲間、、、と思っているのではなかろうか、と。。。
母の推測。でも、やっぱり、ライバル、、、かな。

***

ここにきて、ユリが熱が出てきて、どないよ、、、と。
卒園式、大丈夫やろうか。木曜日は、病院休みやからなあ。


***

あ、そうそう、しげおも、花粉症になりました。
1週間前までは、私の連発くしゃみを聞いては
「大変だねー、はっはははははーーーーーーー!!!」なんて言っていたのに。

ずっと花粉症にならずに、お気楽へへへーで、過ごしてほしかったけど
仲間になってくれて嬉しいという気持ちもあったり(笑)。

実は、ユリもくしゃみ連発やから、花粉症やと思って過ごしていたけど
熱もおることだし、風邪なのかな。。。微妙。。。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす