FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
6
11
12
13
14
17
19
20
21
22
26
27
29
30
   

スミレ6歳7ヶ月の成長記録

将来なりたいものは、コックさん、というスミレ。

「中学生になったら、自分のお弁当は自分で作るんだよ」という話をしたら
最初戸惑っていたものの、
「じゃあ、スミレは、ご飯の上にハートの型を置いて、
 そこにふりかけをかけて、、、っていうお弁当を作ろうかなー」と。

今から楽しみにしてくれるのは、大変嬉しいです。

R0011704.JPG
今年は、スミレもコウメも、幼稚園で芋掘りをしたので、
たーーーーーーーーくさん、スイートポテトを作りました。

作り方は、マインちゃんのレシピを参考に。
裏ごしせずに、つぶして混ぜるだけの、簡単レシピ。
でも、お砂糖たっぷり、バターたっぷり、生クリームたっぷり入れたので
おいしくできあがりましたーーーー。

***

*お姉さんとして、しっかりしなきゃ

「お姉さんとして、しっかりしなきゃ」と思って行動することもあれば、
「もう6歳なんだから、これくらいできるでしょ」と言われることを
すごく嫌がることもあります。

今日も、おたふくの予防接種の際、
「一番大きいから、注射はスミレが一番にやるね」
トップバッターを買って出てくれました。

スミレが一番になって、泣かずにがんばったおかげで、
コウメもユリも、平気な顔をして(もちろん、痛かったらしいけど)
注射をされていました。

いつも遊ぶときの順番は
「スミレが一番!」と言えば、
「コウメが一番!」と言うし
「ユリが!!!」と言って、一番の取り合いっこをするのですが、
予防接種のときだけは、スミレ姉さんの発言に意義を唱えるものはいません。


でも、嫌いな食べ物を食べるとか、
苦手な分野のこととか、生活習慣のこととか(自分で自分のことをする等)
そういう面で「すみれちゃんは、6歳なんだから、できると思うよー」と
コウメに言われると、すごーく嫌な顔をして
「そんなふうに言わないでー。スミレが大きいからって、
 そんなことばかり言われるのは、いやや」と凹みます。

あんまりプレッシャーをかけるつもりはないんだけど、
知らない間に責任感というか、自分が一番大きいから、
なんでもできて当然という気持ちになっているんやろうかね。

長女の気持ちは、あまり実感として理解できないんだけど、
ちゃんとフォローしてあげなあかんねやろうねー。


*いろいろ工作

工作も、いろいろ工夫しながら、作れるようになってきています。
ときどき、黙々と作っているので、私自身、ノータッチで
何をどんなふうに作ったのか、定かでないことも多々ありますが
工作が、日常の生活の中に、ちゃんと入り込んでいるのは、
嬉しい限りです。

ここ最近は、セロファンとどんぐりを使って、
どんぐりキャンディーづくりに励んでいます。
どんだけ作ったら気が済むのかわからないくらい、作りまくっています。

工作の本を見ながら、作ることも、覚え始めました。

どんどん創作の幅が広がっていきそうです。



*ふたりあやとり

コウメとできるようになった、ふたりあやとり。
最初はコウメの方が上手で、イライラしながらやっていたのですが
初めて1周できたときは、本当に嬉しそうで、
コウメと一緒にできたことを、誇りに、
何度も何度も、それこそ、コウメと一緒にやりたい!と言って
取り組んでいました。


*なわとび

走り縄跳びも、いつの間にかできるように(ほんの少しだけど)なっていたり
幼稚園で、普通の縄跳びの練習を始めたようで
普通の縄跳びも3回くらいなら連続で跳べるようになりました。
まだ、3回、ですけどね。。。

冬は、やっぱり縄跳び!身体をもっともっと動かして、
外で遊びまくれーーーーーーーーーー!!!

R0011776.JPG
公園で遊ぶことが、ほーんと大好き。
いろんな公園に行って、いろんな遊具を使って、遊びたいようで
初めて出会う遊具にも、果敢に挑戦しています。
ま、そうはいうても、最近の公園の遊具って、
小さい子向けのものばかりで、6歳児には、物足りない感じがするんやけど。


*生意気な言葉

最近、「めんどくさーい」とか「おもしろくなーい」とか
「そんなの、きたないーーーーー」とか、言うようになりました。

相手に向けて、否定的な言葉を言い放つ場面も増えてきて
どうしたりいものやら、、、と思っています。

たいていの場合、心を開いた人(家族や、わらべ歌の先生など)に
向けての言葉なので、甘えたいからなのかなあ、とか
誰かが言っていた台詞を自分も言ってみたいだけなのかなあ、とか
自分が注目されたいから言っているのかなあ、と解釈しているんですが。

だから、基本、あまり真剣に取り合わないようにしてはいます。

が。

面白くないなら、面白いようにするにはどうしたらいいか、アイデアを出すとか
めんどくさいと言うなら、めんどくさくないようにするには、
どうしたらいいか、とか、そういう観点で、
話を続けていけないものだろうか、とも思ってて。

自分の言葉に責任を持つというか、
「面白くない」と言い放つだけなら、誰でもできるけど、
そこから一歩進めるかどうかは、倫理的な問題ではなく、
発想の転換かな、と。そういう発想の転換ができるような子どもになってほしいなあと。



*ちびくろさんぼ

実は、意外なことに。
スミレは

が、大好き。

なんで好きなの?と聞いたら
「黒いお顔だから、面白くてー」と。

子どもって、純粋だなーと。
黒い顔が面白いからーなんて、大人の発想にはないからねー。


***

今日訪れた、ねこカフェでは、たくさんのネコ相手に
一生懸命おもちゃで遊んでいて、
けっこう上手にネコの相手をしていました。
動物、意外と好きなのかもー。案外、相性いいのかもー。

長女として、大変なことも多いだろうけど、
長女としての自覚も芽生えてきているみたいだし
ゆっくりじっくり見守っていかないとなーと
思っているところです。

無事、ランドセルも買ったし(去年度モデルのん)
小学校に入ったら、、、の話も、興味津々で聞いてくるようになってきました。

私も、小学生のママにようやくなれるので、嬉しいですー。


コウメ4歳8ヶ月の成長記録

将来なりたい職業は、パン屋さんか、幼稚園の先生、だそうです。コウメ。

幼稚園のお友達が、次々と5歳になって、
誕生日会で前に出て祝ってもらっているのを見ているので
自分の誕生日会を、とても楽しみにしています。
まだまだやけどねー。


***

*ふたりあやとり

スミレと、ふたりあやとりができるようになりました。
始めは、私と二人でやっていたのですが、
スミレも、できるようになったので、ふたりで、もがきながらも
指示出しながらも、なんとか、1周できるようになりました。

指も、だいぶ動くようになりました。
ほうきも、スムーズに作れるようになりました。

もう少し、独りでできるものも、教えてあげたいなあと思っているところです。

あやとり、楽しいねー。指が自由に動くようになったら、
ピアノもできるようになると思うよー。


*お友達コピー

コウメは、しゃべらない、ものの、幼稚園でも
割と、お友達とコミュニケーションを密にとっているようで、
お友達と遊んだことを、家でも再現しようとします。

なので、幼稚園で遊んでいることが、よくわかります。

また、お友達がしゃべる台詞も、よく真似ています。

先日は、スミレとけんかした際に、

「もう、すみれちゃんなんか、だいきらい!もうあそんであげない!
 もう、だいだいだいだいだいきらいなんだから!
 もう、ぜーーーーーーったいにあそんであげないんだから!」

と言っていました。

こんな台詞、スミレが発したことは、一切ありませんし、
この発言を聞いた、スミレは、あぜんとしていました。
というか、あまりにも一方的な内容だったので、
「いいよ、スミレもコウメとしゃべらないからー」なんて
平然と言っていたんだけど。

で、この台詞、実は、1週間前に、コウメのお友達が吐いていたもの。

そのまんんまの台詞を言うなんて、
なんと耳コピーがうまいのやら。

スミレが、こういう発言を一切しなかったので、
とても新鮮ですー。

R0011815.JPG
公園では、めいいっぱい遊びほうけています。


*フラフープ

幼稚園の年長さんが、運動会でフラフープをやったのをきっかけに
年中のコウメたちにも、ブームがきて、
よくフラフープで遊ぶようになりました。

コウメは、身体が硬いので、
頭ばかりガンガンに動いて、腰がぜーんぜん動いていなかったんです。

が、昨日、フラフープで遊んでいる姿を見たら、
そこそこ動くようになっていました!
ほーんの少しだけど、回せていましたーーー。
びっくりしましたーーーーー。


*食べ物

高野豆腐が食べられるようになりました。

菜っ葉ものも、食べさせてあげられたら、
食べられるようになりました。

って、未だに食べさせているのも、どうかと思うんですが。
ま、苦手なもんだけね。
食べられるようになることが第一なんで。


*執着しない

工作をしたり、塗り絵をしたりしたものを、
すぐに私にくれたり、お友達にあげたりします。

うまくできなくて泣きながら作ったものでさえも。

その気持ちが、かあちゃん、よくわからなくて
戸惑います。


*負けず嫌い

スミレが、縄跳びを跳べるようになったのを見て
早速練習。

が、ぜーんぜん、跳べなくて、泣いて、
でも、跳べなくて、泣いて。
スミレの前で練習している姿を見られたくないので、
スミレの居ないところを探して、練習して。

なんとか、縄を回して、一回跳ぶ、という行為だけ
できるようになりました。


***

そんな感じで、毎日過ごしています。

耳鼻科でもらった薬のせいか、
そもそも幼稚園で遊び疲れているのか、
幼稚園から帰ってきても、ぐったり。

ご飯を食べても、ぐったり。
お風呂からあがっても、ぐったり。

ぐったりというか。
コウメ時間が流れるというか。
独り言をひたすら言い続けながら、
のーーーーーーーーーーーーーーんびり行動しています。

いいんでしょうか。こんなんで。
でも、いいんでしょうな。こんなんで。きっと。

のんびり見守ってあげよう。




と思うのですが、気がついたら、





「こうめええええええええええええええええ!!!」と怒っています。



コウメと付き合うには、辛抱やな。


ユリ2歳5ヶ月の成長記録

たまには、ユリ単独の成長記録を書いてみようか、と。

***
ユリ、2歳5ヶ月です。
もうすぐ2歳6ヶ月。早いですー。
あーっちゅうまに、3歳になりそうですー。

なのに、歩かない。
トイレで未だ一回も成功しない(おしっこ、うんちともに)。
だめだめちゃんでーす。

*おしゃべり

よくしゃべるようになってきました。
発音はよくないので、何を言っているのか、さっぱりわからんのですが。
とりあえず、姉さんが何か言えば、その台詞を真似て、何か言っています。
もちろん、意味もわからずに、とりあえず、言っているようで
ときどき、姉さんたちに笑われています。

スミレ姉さんのことは、
「アテレちゃん」と呼んでいます。「ス」も「ミ」も発音しにくいんでしょう。
スミレ自身も、なかなか自分のことを「スミレ」と言えませんでしたから。

一方のコウメ姉さんのことは、
「コウメ!」と呼んでいます。呼んでいる、というより、叫んでいるというか、
いやいや、怒っているというか。

というのも、私がいつもコウメを呼ぶときは、怒っているので(笑)。

最近は、私以上に、コウメのことを叱ってくれます。

「コウメ!あし!」

食事中に、足を上に上げて食べていると、こうやって怒鳴ります。
もちろん、私が、しょっちゅう言っている台詞やけどね。



ま、こんな感じで、よくしゃべるようになってきたので、
先日は、スミレに「ユリ、しゃべりすぎ!」って怒られていました。

ま、どうでもいいんですけど、みんな、しゃべりすぎです。
うるさいです。


*歩き

一番の悩みどころは、「歩かない」こと。
2歳6ヶ月になるまでには、幼稚園の往復ができるように、、、と思っていたのに
全然です。。。とほほのほ。

食べ物で釣ってみたり、おんぶしたり、とりあえず、
できる限り歩かせてはいるのですが、
食べ物が無ければ、泣くし、
手をつなごうとすれば、地べたに座り込んで、抗議するし。
なかなか思うようにいきません。

がんばるしかないんやろうなあ、と思いつつも、
ときどき、ほんまに、心が折れそうになって、つらいです。


*食事

嫌いなもんは、一切食べません。
葉っぱもん、だめです。
ちょっとでも硬いゆで方だと、根菜も、だめです。

でも、ほんの少しずつ、味付けによっては、
人参が食べられたり、ブロッコリーが食べられたり
わかめが食べられるようになってきました。

一歩、一歩、、、やね。


*同じ年頃の子どもが気になる

公園に連れていくと、同じ年頃の子どものことが気になるようで
ガン見しまくっています。

姉さんたちと同様、見る、観察する、、、のは大好きだけど、
決して交わろうとしません。というか、拒否します。
でも、見ています。

私も、見たいなら、とことん見ていいよ、と思えるようになりました。
一緒に遊びたい、、という気持ちが芽生えるようになるまでは、
とことん、見て、見て、見て、相手の行動を
観察して、いろんな刺激を受けたらいいんです。
無理に関わらなくていいんだよ、ユリ。


*はさみ

好きです。とっても、いつもはさみを持っています。
いつも、何かを切っています。

シールも好きで、「ぺったんしたい」というので
シールのシートを渡したら、貼るんじゃなくて、切っていました。

もったいない。。。高いんだよ、そのシール。。。


R0011895.JPG
どんぐりや、はっぱを拾うのも大好きです。
でも、収集には興味がないようで、
途中で、捨てて帰っています。


今、好きなことは、お薬を飲むこと。

中耳炎のお薬が、甘くて、大好きで、
耳の痛さは和らいでいるはずなのに、
お薬の時間になると、

「ママ、みみ、いたいー、ゆり、みみ、いたいー」と言って
薬のあるところに連れていかれます。

賢いというか、なんというか。


それにしても、最近、ほんと、後追いがひどくて、
洗濯物を干しに2階に行っただけで、泣き叫んでいます。
トイレに行っても、もちろん、追いかけてくるし、
昼間も、一緒に遊ばないと、きーきー泣きさんでいます。

そんな時期なんだねー。

なるべく、一緒に遊んだり、絵本を読んであげたりはしているけど、
足りないのかなー、愛情。

ていうか、スミレのときも、コウメのときも、
この2歳の時期に、妹が生まれていたから、
こういう後追いも「赤ちゃん返り」として解釈したけど
赤ちゃん返りじゃなくて、ただ単に、
2歳って、こういうもんなんだなーと。
あまり、真剣に悩むことじゃなかったんやね。


てことで、毎日、元気に過ごしていますー。



ひつこく移動ポケット

移動ポケット、いろいろ作りました。

R0011846.JPG
ドイツの生地を使ったお花畑バージョンとか

R0011856.JPG
夢見るひつじさん、目を覚ませ!バージョンとか

R0011853.JPG
線路は続くよ、どこまでも、いやいやお家に帰ろうぜバージョンとか

R0011849.JPG
ぴーちくぱーちく、小鳥たちの音楽会バージョンとか

R0011843.JPG
あっちもこっちも、りんごりんごりんご〜バージョンとか

ヤフオクに出品しています。よろしければ、ご覧ください。



公園×公園

土曜日は、万博公園まで、遠足に。

文字通り、遠いところまで、足を使って。

10時半に家を出て、16時半に帰宅するまで、
ひたすら歩きました。もち、お昼ご飯は座って食べたけどね(笑)。

R0011867.JPG
ユリは、初ソラード。

R0011869.JPG
ユリさん。意外と怖がらずに、歩いていました。

展望台も、もちろんてっぺんまで登りましたよー。
独りを除いて(スーさん、怖いところ、あかんのですー)。

目的地は、コスモスの丘。

R0011882.JPG
去年も同じ場所を訪れたのですが、そのことを覚えていたのは、スミレだけ。
悲しいねーーーーーーーーー。

R0011880.JPG
今回の目的は、落ちている花を拾って持って帰ること。

咲いている花は、もちろん採ってはいけません。
1週間前、遠足でコスモスの丘を訪れたコウメは、
散々、先生に「花を採ってはいけない」と言われたようで
「落ちている花があったら拾っていいよ」と言うと
めちゃくちゃ喜んで、お花を探していました。
R0011886.JPG
んでも、コスモスの花が、枯れずに落ちるなんてことは、
滅多にないわけで。
結局、花、ではなく、散ってしまった花びらを集めていました。

ピンクはピンクでも、濃いピンク、薄いピンク、
濃いピンクから薄いピンクにグラデーションされたものなど
いろいろな色のコスモスを見つけることができて、
本人たちのテンションもあがりまくり。

でも、さすがに、帰路は、ぐったりやったけどねー。
つーか、大人の私たちも、ぐったりでしたー。ちかれたー。


日曜日は、服部緑地へ。

こちらは、遠足、ではなく、贅沢な車での行楽。

R0011905.JPG
たこ公園ちゃうでー。服部緑地やでー。

公園で遊んだのち、どんぐりや松ぼっくりを拾って、帰宅。

ただじゃあ、帰らへんね、うちの子たち。
お土産いっぱい。ゴミいっぱい(沈)。


てことで、連日、公園続きで、目一杯遊んで、疲れています。大人が。

なのに、なぜか、片付けに目覚めて、
連日、夜な夜な、いろんな場所を片付けまくっています。

ま、この話は、また今度。


てことで、おやすみーーーーーー。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす