FC2ブログ
   
04
2
4
6
9
10
12
13
14
16
17
19
21
26
27
28
30
   

ゆなちゃんがいない

水疱瘡。スミレもユリも完全に良くなりました。
病院で登園許可書も書いてもらったので、
月曜日からは幼稚園ですー。やっほーい。

てことで、今日は、お花見へ。

RIMG0308.jpg

RIMG0302.jpg

RIMG0293.jpg


コウメが蜂に刺されたり、
緑のネットワークという散歩道をずんずん歩いていったら
ゴールまでたどり着けなかったり
(あとで調べたら1キロコースだった。
 0.5キロ地点までは到達したので、結局1キロは歩いていたんだけど)

まあ、いろいろ、いつものごとく、みんな、それぞれ、ぐずぐずで。

帰宅後は、のーんびり、おうちの前の道路でお絵描き。

RIMG0321.jpg


何かと、遠足ばかり行っています。
なのに、まともなスニーカーが1足もありません。
ほしいーーーーーーーーーーー。買いたいーーーーーーー。



***

で、表題の「ゆなちゃんがいない」。

このブログで何度も紹介している

【3,150円以上で送料無料】森の国「チェコ」から届いた、ぬくもりある木製インテリアヨーロピアントイ レスニー/カラー【楽ギフ_包装】【msop】0413k

このお人形。
以前は、紛失事件等もあったのですが、
最近では、大事に使い、寝る前に、11体あるかどうか、確認し、
いなかったら、探して必ず、元の場所に置くようにしていました。


が、昨日は、朝からこの人形を使って、かくれんぼをしたり
寝室に持って行ったり、、、しているうちに、1体だけが
どーしても見つからなくて。

それが、うさぎの「ゆなちゃん」(スミレ命名)。

私も、頭に血が上っていたから、
「見つかるまで寝ないぞ!」てことで、
家中探しまくり、そのついでに、いろんなものを掃除&破棄したのですが、
結局見つからず。もう無理や、、、と思って22時には就寝しました。

にしても。どこへ行ったのか、ゆなちゃん。

かくれんぼをしていた、当のコウメは
「ゆなちゃんが、優勝やね!」と、にこやかに話していましたが、
優勝であっても、最後に出て来れなかったら、意味ないんじゃ!!!と、
一応、切れておきました(本人、全く動じていなかったけど)。

ユリが捨てたんじゃないか、と思って、ゴミ箱も何度も探したけど見つからず。

ひょんなことで出てきてくれたらうれしいんですが。

なんてたって、高価なおもちゃですし、
過去、何体行方不明になったことやら、、、で
今度こそ!と思っていたし、
最近は、この11体で、さんすう遊びすらもできていて、
非常に便利というか、役に立つおもちゃだなあ、と思っていたので、
ほんまにショック・・・。

ゆなちゃんが見つからないので、他の10体のお友達も
しばらく(永遠に、、、?)戸棚にしまいました。さよなら。

ああ、なんか、最近、ほんまに、イライラしまくりです・・・。

とほーーーーーーーーー。

来週から、スミレも幼稚園。

送り迎えが2倍になり、ついでに、
その送り迎えにユリも加わって、
さらに、ひぇーーーーーーーーーーーー!!!になりそうです。

がんばれ、わたし。


スミレ6歳の誕生日

10日、スミレは6歳になりました。

幼稚園に行っていたら、クラスのみんなからお祝いの言葉をもらっただろうに。

悲しいかな、水疱瘡。

ブツブツの身体で6歳を迎えました。

6歳。

しっかりしたような、まだまだあかんたれのような。

最近は、私自身が、この軟禁生活に息苦しさを覚え、
まともな状態で育児できていないので、
スミレがどんなに成長したのか、言葉にすることすらもできません・・・。
かなり重症・・・。ほんま、日増しに自分自身が狂ってきているのがわかる・・・。


てことで、とりあえず、記録だけ。

RIMG0282.jpg
お決まりの(?)かあちゃん特製リュック。

生地は、スミレが選びましたー。
ピンクと水色が大好きなんだそうです。
女子ですー。キキララ色が好きだんて、
DNA女子女子しまくりーですー。

名称未設定-1.jpg
ろうそく6本たんじょうびけーき。

これからも、健やかに成長してくれ!

ていうか、夜の痒い泣き、もう終わってくれーーーーーー。



***

どうでもいいけど。

第二回目の軟禁生活初日に、ドライブスルーでマクド、してきました。

前回と同様、駐車場で、クルマの中で、ハンバーガーを食しました。

RIMG0242.jpg

でも、2回目はあれですなあ。1回目のような興奮はなく、
淡々と食べていましたがー。

ていうか、水疱瘡の絶頂期だったスミレは、終始痒い痒い言うて、
イライラしまくっていました・・・。

もう水疱瘡はコリゴリ。3人まとめて感染してくれてよかったよかった。


にゅうえんしました

昨日、無事、コウメの入園式が終わりました。

はーーーーーーーーーーー。

ちかれたーーーーーーーー。


いやいや、今回は、水疱瘡のおかげで、
スミレとユリはお留守番(実家の母と姉にきてもらって)。

だから、一人っ子状態でラクだったんです。式自体は。

でも、前の晩は、酷かった・・・。

いや、前の晩に限らず、この1週間くらいは、
コウメの夜泣きが強烈で。

ぎゃーーーーーーーーーーー!!!

何を言ってもあかんし、抱っこしても、あかんし、
起こしても、あかんし、
そうこうしているうちに、ユリが目覚めて、授乳しなあかんくて。

とりあえず、ずっと手を握ったり、
覆いかぶさって身体を密着させたりして、なんとか泣き沈め。


でまあ、問題児がコウメだけなら良かったんですが、
水疱瘡真っ最中のスミレも、ギャンギャン泣きまくり。
こちらは、夜泣き、ではなくて、痒い泣き。

下半身に大きな水疱がいくつもできてて、
薬を塗ると、痒みは取れるものの、しみて痛いらしくて。
それだけじゃなくて、身体全体に広がる無数の発疹から出る痒みが
半端なかったようで、ずーーーっと泣いては叫んでいました・・・。

これがもう、ほんまに酷くて、痒いところに薬を塗ってもあかんし
さすってもあかんし、どうにもこうにもいかなくて。

これが、えーっと、8日の晩からだから、今日で3日目ね。
ピークは、コウメの入園式の前の晩だったんだけど、
昨晩もギャンギャン泣いて、
結局、途中から、しげおとともに別室で寝てもらうことにしました。


てなわけで、超超ちょーーーーーーーーーーーーーーー寝不足。

加えて、朝昼晩の食事を、ほぼ毎日作り続けてて、
軟禁生活だから、外食すらもできないし、
お惣菜を買ってきて食べましょ、すらもできない。

子どもたちは子どもたちで、外に出られないイライラが
もう頂点を越えて、噴火しまくっているし。



てことで、えーっと、入園式の話。

RIMG0244.jpg

RIMG0263.jpg

桜も咲いて、いいお天気。
ただ、若干暑すぎたけど・・・。


コウメは、そらぐみでした。

仲良しのお友達とも、幼児教室で一緒だったお友達とも
ぜーーーーーーーんいん離れて、誰も知る人のいないクラスに。
ま、がんばれー(笑)。


で、今日は、保育初日。

泣きましたー。

ちょっと気抜いていましたー、わたし。

フツーに登園したし、なんだかんだ言っても、
幼児教室に2年間通ったんだし、大丈夫だろうと思っていたら。

「じゃあ、ママ、行くね」と言った瞬間、

「ママーーーーーーーーー!!!行かないでーーーーーーーーー!!!」

ギャンギャン泣いていましたーーーーーーー。
久しぶりーーーーーーーーー!!!こういうの!!!

そういや、幼児教室に通っていたころもあったねー。あったあった!
あのときは、ずーっと我慢していたから、しばらくは泣かなかったけど、
どうにも我慢できなくなった数週間後に、どっかーんときたんだったー。

てことで、泣きながらのお別れー。

ま、幼稚園自体は楽しかったようで、帰宅後は、ルンルンで
「今日は暑かったー。幼稚園は楽しかったー」と、話していました。

明日はどうなることやら。

それよりも、夜泣き、なんとか、ならんやろうか・・・。


ユリノイローゼ

日々のイライラ、疲れ。

それにともなく、肌荒れ・・・。

全ての原因は、ユリ。おそらく。たぶん。きっと。間違いなくユリ。


1歳半~2歳の時期は、スミレも大変でした。
私の妊娠+出産、コウメの誕生、赤ちゃん返り、引越しで、
破滅寸前でした。いや、破滅していたというか。
なんとか、命を取りとめた状態だったというか。

コウメは、この時期、ちょうど保育所に入っていたので
私はだいぶ助かっていたような気がします。
その後、保育所→幼児教室で、ハンストもあったし、
それなりに大変だったけど、週2回通っていたので
これまた助かっていました。

ユリの1歳半~2歳は、どこにも預ける予定がありません。
なんとかなるやー、、、と思っていたのですが、
春休みの3週間。全く、なんとかなる状態ではありませんでした。
おそろしやーの新年度。

それでも、姉さんたちが幼稚園に行ってくれさえすれば、
2人きりの時間が持てて、少しは落ち着くのかな、、、とも思ったり。
余計に酷かったりするんかな、、、とほー。

てことで、ユリが「ままー!」と言って駆け寄ってくるたびに
気分が悪くなり、めまい寸前、吐き気すら覚えてしまうこの状況を
なんとかしたい・・・。

言葉もまだ中途半端やし、そのくせ、
ちょっと対応が意思と違うと、イヤイヤー!になって性質悪いし。

3人目のイヤイヤ期。ふふふのふーん、で乗り切れるもんじゃなかったね。
やっぱり、3人とはいえども、それぞれ大変。
育児は、ラクじゃない。何人産めども、ラクじゃない。



なんでもかんでも水疱瘡

ちょっとした水疱瘡ブームです。

雨がふったときの道路を見て


「あ、みずぼうそう!」



ガードレールについている反射板の小さい丸が集まっているところを見て



「あ、みずぼうそう!」





水玉模様を見ても



「あ、みずぼうそう!」




完治したコウメの「みずぼうそう、みーつけた」話でした。


ビビリのスミレ姉さんは、自分の水疱瘡すら直視できません。


キタ・・・キタ・・・

よりによって・・・。
土曜日の午前診療が終わった時間に・・・。

水疱瘡発症。

ユリの発疹を発見したあと数時間後に、スミレも。

夜寝る前にチェックしたら、スミレの水疱、かなり大きいものでした。
コウメは、水疱らしきものは一切なかったんだけど、
スミレは、水疱だらけになりそう・・・・。


そんなわけで、救急を受診すべきか悩み、
救急安心センターにTELして、看護師さんに相談したら、

「月曜日まで待って、かかりつけ医に行ってもいいでしょう」


と言われました。


ええええ?明日の休日診療もすっとばして?!


看護師さん曰く、
水疱瘡で処方される薬が、効くという医師もいれば、
効かないから処方しないという医師もいるんだそう。

どっちみち、休日診療では、1日分の薬しか出ないし、
月曜日には、かかりつけ医を受診しないといけないんだから、
待ってもいいのではないか、とのこと。


ま、確かに、未だに猛威を振るっているインフルエンザの時期に
好き好んで休日診療に行かなくてもいい、、、とも思うが・・・。


でもやっぱり、行っとこう・・・。

これでインフルエンザになったら、もう・・・。
スミレは、4月全滅ですな。新年度早々、しばらくお休みだなんて。
元々存在感のない子なのに、新しいクラスで、益々存在感ゼロになる・・・。

ま、こんなふうに気を揉んでいるのは、私だけなんだけどさ。
本人は、さほど気にしなさそうだけどさ。


てことで、えーっと、バイアスがんばります。(話しぶっ飛びすぎ)

実は、昨日の夜は、またまた急な発熱でダウンしていました。

最近、ほんまにあかん。がんばれるときに、がんばらな、間に合わない。


春の遠足

ようやくコウメの水疱瘡も終焉を迎え、
堂々と外出できるようになりました。

てことで、昨日は、スーパーまで。
今日は、たこさん公園まで遠足に。

ベビーカーを出すと、ユリが、すぐに乗りたがるので
ベビーカーなしで出かけました。

おかげで、ひぃーーーーーーーーーでした。
ほえーーーーーーーーーでした。
ごごごごごーーーーーーでした。

つまり、大変でした。


スーパーへには
「だいこん、れんこん、さつまいも、お茶漬けのもと」を買いに行っただけなのに、
往復3時間かかりました。

もちろん、その要因は、ユリ。

柵があればのぼり、段差があれば、もちろんのぼり、
溝があれば、入り、途中で座り込んでみたり、
抱っこをせがんだり、
足を指差して「いたいー」と訴えたり。


でも1歳児のお散歩は面白いです。
ああ、こんなところに段があったのか、と気づかせてくれるし、
犬が通れば、ワンワンワンワン言うので、
「ああ、犬が通ったのか」と思えるし、
何より、しょっちゅう立ち止まってくれるので、
道の周りを観察するにはもってこい。

こういうとき、スミレとコウメは、わりと大人しく付いてきてくれます。
「早く行こうよー」と言うこともあるのですが、
私がいないと、こわくて前に進めないので、必ず立ち止まってくれます。

こういうのって、妹や弟がいないと、できない経験だし
ユリのおかげで、姉さんたちも「他の人に合わせる」とか
「のろのろぐずぐずしている子に、腹を立てない」ように
なってくるのかなあ、、、と。

ユリは、どうなるんだろうね。
妹や弟がいなくても、待ってあげられる子に育ってほしいんだけど。


ちなみに、昨日は、スペシャル発見の日でした。

なんせ1週間以上も引きこもり生活をしていたので、
その間に、お外には春がきていて、あんなところにお花が!
黄色いお花だ!白いお花だ!これは、桜だ!と、
スミレもコウメも、歩いては立ち止まって、
今までの風景と違うところを見つけていました。

お花が咲いているのを発見したり、
工事によって、道路の色が変わっていることを発見したり
川の水が、茶色になっていることを発見したり(大雨の次の日だったから)。
帰りには、その茶色い水も、また少なくなっていたことに気づいたり。

こういうのは、春や秋などの季節の変わり目じゃないとできない体験。
そんな体験を、いいタイミングでできてよかったなあ、と。

遠足はいい。スーパーまでの往復なんて、
正直、大人からすると散歩程度の距離なんだけど
それだけでも、充分いろんな発見ができます。

RIMG0183.jpg
もちろん、桜もめでました。

帰路にある公園で、遊んで帰りました。
RIMG0160.jpg
このぐらぐら橋。(正式名称、なんて言うんでしょう?)

スミレは、だいぶ前に克服して、
それ以来、1人で何度も渡れるようになったんですが、
コウメは、こわくて、ぜーんぜん寄り付けず。

ところが、この日は何を思ったのか、
「渡りたいけど、こわいー」と言いだし、
ぐずぐず言いまくり。

渡りたいんなら、一緒に渡ろうよー
こわいんなら、また今度にしようよー
渡りたいと思えたことだけでも、すごいことだと思うよー

とかなんとか言ってみたのですが、
ぜーんぜんあかんくて。

それでも、ずーっと、
「渡りたいけど、こわいー」のぼやきに付き合ってあげていたら
しばくして、重いお尻が上がり、一緒に渡ることに。

もう4歳なんだし、運動能力的にも大丈夫なのはわかっていたのですが、
こわいーと言いながらも、すっすっすっす・・・と渡れました。
(もち、私と一緒に、ね)

子どもの背中をちょっと押す、、、というのは、ほんまに難しいです。
子どもによって違いますし、タイミングや、
今日はどこまでをやりたいと本人が考えているのか、とか
本気度合いを感じ取るのに、大変なエネルギーを要しますから。


***

RIMG0225.jpg
今日は、たこさん公園。
以前まであった遊具が消えていましたー。どしてー。なんか、事故でもあったかー。


RIMG0190.jpg
お花見にはまだ早すぎたのと、平日だったこともあって
桜の真下で、お弁当を食べることができましたー。

今日も暖かい1日でした。
が、風がキツイ。ひじょーにきつかったです。
おかげで、体力も奪われ、気力も奪われ・・・。
コウメは、久しぶりの遠足だったので、たこさん公園に着いた時点でグロッキーでした。

おかげで、機嫌が悪く、
スミレとも喧嘩しまくり。

いつもなら、2人で仲良く遊んでくれるのですが、
今日は、喧嘩しては、私のところにきて「一緒にあそぼー」と言うので
(こっちも、フリーちゃうねん!ユリ爆弾かかえとんねん!)
ブチ切れて、2人であそびなさーい!と、放ってみました。

そしたら
RIMG0240.jpg
ぶつぶつお互い言いながら、BB弾拾いに講じていました。

遊び方がちっちゃーい!!!

でもまあ、おかげで、ほんの少し距離が縮んで、ほんの少しだけ仲良くなりました。


RIMG0202.jpg
今はユリにすごく手がかかるから、
その時期が終わったら、もうちょっと2人のわがままにも
付き合ってあげられるんだけどねー。
ごめんねー。



***

そんなスミレとコウメですが、相手を誉める、とか、相手に譲るとか、
そういうことも、できるようになってきました。
もちろん、姉妹間なんですが。
ていうか、こういうの、4,5歳やったら当然なんやろうか・・・?

コウメは特に、誉めたり譲ったり、よくしてくれます。

コウメやユリを誉めると、必ずスミレが出てきて
「スミレは!!!」と、言ってごねます。

「ユリちゃん、1人で最後まで食べられたねー」と誉めたときでさえも
「スミレは?」って聞いてくるんですから、もう腰抜かしまくり。
「スミレもできたねー。すごいねー」と言ってあげてはいるんですが、

さすがに
「ご飯を1人で最後まで食べられるのは、5歳なら当然。
 そんな当然なことを、誉めるなんて、恥ずかしくてできへんわ」と
一言チクリと言ってみたのですが、全然こたえていません(沈)。

てことで、誉めて誉めて誉めてオーラ全開のスミレを、
何の邪険もなく誉めてくれるのが、コウメ。

スミレが「つる、こんなに折れたよー」とか
「ほら、ここここここ見て!(綺麗に折れたでしょ!)」と言うと

「すっごーい!!!スミレちゃん、すごごいやんか!
 めーっちゃ綺麗に折れているやんか!」

と、スミレが言葉足らずで言えなかった大事な部分(「綺麗に折れたでしょ」)すらも
補って、誉めてくれます。すごいです。コウメがすごいです。

スミレも、そんなふうにストレートに誉めてもらえると
顔が、にたーってなって、上機嫌になります。


いつもは、こんな調子でコウメがスミレを誉めているのですが、
先日は、コウメが

「もうご飯の時間だから、あの子達(お人形)に、ご飯をあげてもいいよね?
 スミレちゃん、お昼の時間に、そう言っていたからさ」

と、言うと、

「あ、そうだね。コウメ、教えてくれてありがとうね。
 スミレは忘れていたのに、コウメは覚えていてくれたんだね。ありがとうね」

なんて、言ってて。


うわーーーーー。なんて、ええ姉妹なんやーーーーーー。


なーんて思って。


ええ子たちやろー、うちの子。
相手を誉めたり、ありがとうって言える子って、素敵やん。

「相手を誉めなさい」なんて、私、決して娘たちに言ったことないけど、
普段、何かにつけて、娘たちを誉めていることが、
つながってきたのかなーって。
「すごいね」なんて、簡単な誉め方じゃなくて、
ちゃんと具体的に言えるようになったのも、
普段、私が、具体的に、ってところも
がんばったからだよなーなんて、自分を誉めてみたり(爆)。

いやあ、それにしても、嬉しかったなー。


普段は、コウメがスミレを誉めたり、
欲しいと言うおもちゃをさりげなく譲ったりしているけど、
コウメが、わがままを言ったときには、
ちゃんとスミレが譲れるようになってきたり。
しかも、さりげなく。恩着せがましくなく(←以前は、こうだった、、、笑)。
最近、そういう成長が目に見えてきて、すごく嬉しいです。


ま、そんなわけで、毎日歩いては、季節の変化、娘たちの変化を感じています。


とにかく、1歳後半の、ややこしい娘が1人いてて、
ほんまに手を焼いてて、毎日「ややこしいわ」とつぶやいてて。

ま、姉さんたちは、そのつぶやきを聞いて
「ややこしやーーー、ああ、ややこしやーーーーーーーー」と言って笑っていますが。


あ、最近、これまたユリのことで
「もう、面倒くさいわ!」って、言うと大爆笑。

「うわー!面倒みるのが、臭いんやってー!わーっははは!」と
姉さん2人に笑われます。

うんち、おしっこ、おならネタが大好きな4、5歳児ですから、
もちろん「くさい」という表現も大好き。
「面倒くさい」で、大爆笑になるので、
面倒くさいことが、一気に飛びます。

でもまあ、すぐに飛んでは戻ってくるんですが(撃沈)。


てことで、えーっと、疲れすぎて、眠れず、ブログ書いてしまいました。

春休みは、引きこもり生活&ユリのややこしやーの時期も重なって
ほんまに、毎日、カミナリ落としまくりぃーの、イライラしまくりぃーの
ほんまに、もう、ほんまに、もう!!!!の日々を送っています。
なので、一向に製作が進みません。
ブログに逃げまくっています。

コウメの幼稚園で使うタオルをバイアスで巻く予定なのですが、
バイアスを作る+1枚縫い付けるだけで2,3時間かかりました。

週末は、バイアスと戦います。


先日のブログを書いたあと、
ご近所さんにプレゼントするベビーグッズを完成させて
布団に入ったところ。

急に悪寒がし、
ブルブル震えだし、
熱が急激に上昇し、
吐き気で、何度もトイレで嘔吐し、
布団に入っても寝付けず、
ましてや、ユリの夜泣きに付き合えるわけもなく
別室に逃げ込み、朝まで布団をかぶって震えまくっていました。

ええ、絶対に、これ、インフルエンザでしょ。


そう思って、病院に駆け込んだものの、
インフルの検査をするには、発熱からの時間が満たなくて
しかも、病院に行く直前に熱を測ったら37.5度まで下がってて。
でも、気持ち悪いし、フラフラするし、、、で
とりあえず処方してもらった解熱剤・カロナールを飲んで
その日は、娘たちと一緒に寝たら・・・

今朝、熱が下がっていました。ええ。ビックリするくらい。
とはいえ、病み上がりなんで、全然、力出ないし、
快気祝い(?)に、子どもたちと、じゃれ付き合い遊びをしたら
自分の身体すら支えきれずに、倒されてしまいました。
(娘たちは爆笑だったけど)


てことで、インフルじゃなかったようです。はい。
インフルだったら、コウメの幼稚園の入園式は、全滅だったでしょうから。
夜中、震えながら、そのことばかり考えていました。


原因は、いまだ不明なんですが、
どうも、あの晩、右の胸が異様に痛くて、
触ったらカチンコチンになってて。

これって、乳腺炎?


いやあ、今は、昼と夜の寝かしつけ(&夜中ずっと)しか、授乳していないし
ほとんど出ていないと思うのね。

だから、乳腺炎ってありえないんちゃう?って思ってて。
病院の先生も女性やから、一応、搾乳してみてくれたんだけど、
ええええ?って感じで。

でも、未だに痛くて、冷えピタ貼って、耐えているんですが。

過去2度断乳したけど、あのときは、かなり張って辛かったけど、
乳腺炎になるほどじゃなかったし、熱も出なかったし、
ましてや吐き気なんて、、、。

一体なんだったんだろーか。

とりあえず、元気になったので、幼稚園のグッズ作りを
これからがんばりますーーーーー。

がんばらんとってー、と言われそうだけど、
がんばって走り続けないとダメな性格なんでー。

でも、ときどきは休まないとあかんよなあ、、、と思いつつ。
ゆっくり寝たら気持ちが良かったので、
やっぱり充分な睡眠は必要だよな、、、とは思いつつ。

とりあえず、今日は、裁断だけ、がんばろっと。



ペンキ屋さんになりたい

スミレは、テレビ屋さん(番組制作ね)になりたい!という意志が
だいぶ固まってきたようで、何かにつけて、
「テレビを作るひとになるのー」と言っています。

一方のコウメ。

久しぶりに絵具遊びをしたからか、
「ペンキ屋さんになりたい」と言いだしました。

てことで、今日は、ペンキ屋さんになりたいコウメのために
のり貼りの作業を、指ではなく、筆を使って行なうことに。

相変わらず「ベタベタするのがいやー」と言っていたのですが、
ちょうどのりの在庫も少なかったこともあり、
水を入れて、かなーり薄めたのりを使ったので、
いつもほどベタベタしなかったみたい。

おかげで、ルンルンでのり貼りをしていました。
(ま、最初の半分は、手伝ったけどねー)


***

夜、我が家は8時に、みんなでお布団に入ります。

ところが、姉さん2人は、そこから、おしゃべりタイムに突入。

ちょっとでも「静かにして」と言おうものなら

「おしゃべりしたくなっちゃうー」
「みたくなっちゃうー」
「おめめがあいちゃうー」の大合唱。余計に寝ません。

今は春休みなので、まあ、いいっかーと思って
あまり怒らないように、本人たちに任せるつもりで放置していたのですが
昨日は22時を過ぎてもギャンギャン騒いでいて。
おかげで、久しぶりに今日の朝は8時半起き(いつもは6時半起き)でした。


もう4月になったんだし、
あと1週間したら幼稚園も始まるしーと思って、
今日は、スミレとコウメを引き離して(つーか、間にユリと私が入って)寝たら
コウメは、こってーーーーーん、とすぐに寝ました。さすが。

明日からも、この戦法でうまくいけばいいんだけど。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす