FC2ブログ
   
12
1
2
6
8
9
10
11
13
14
15
19
22
26
30
31
   

コウメ3歳9ヶ月の成長記録

「早くクリスマスにならないかなあ」

「早くコウメの誕生日がこないかなあ」

と、毎日、つぶやいています、我が家の二女・コウメ。


何をそんなに、、、期待、、、しているのか・・・?

ちなみに、4歳のコウメの誕生日には、
リュックサックを作ろうと思っています。
かなりチャレンジャーな試みなんですが、
パターンレーベルのレシピを購入したので、
がんばってみようか、と。


***

そんなコウメの最近の好きな遊びは、おすもう。

わらべうたで習った
「ちびすけどっこい はだかでこい ふんどしかついで はだかでこい」を歌いながら
はっけよーい、のこった、、、で取り組みが始まります。

「押し出し」しか技を持っていないのですが、
幼児教室でも、おすもうをやっているようで、
気の弱い女の子相手には、勝てているみたい。

家でも、私相手に、何度も稽古をしています。

でもあれね。

3歳後半になってきて、「負ける」ことがとてもイヤだと思うようになって。
ときどき、私が勝ったら、すごーく悔しそうな表情をして
もう1回取り組まされるし。

最近、寒くなってきたから、外でかけっこをしているんですが、
それも、スミレに抜かされるだけで、へたれこんで、途中放棄するし
私が抜かしても、「うええええーん」って泣いて、それ以上走らないし。
すごろくで負けたときも、機嫌悪かったし、
じゃんけんのときは、必ず「グーを出してね」と、
予め自分が勝てるように、相手に注文するし、
で、それを守らなかったら、これまたわめくし。

ま、スミレもこんな時期をずーっと過ごしてきたからね。
気長に見守っていかないとねーー。

***

絵本を読んでいます。

ええ、読んでいます。スミレよりも、よく、読んでいます。
バムとケロの絵本とか、
「こんたのおつかい」とか読んでは、
「はあ、疲れた。この本、つかれるわー」と言っています。

あったりまえです。
「読んであげるなら3歳から。自分で読むなら小学低学年」
と書かれているような本なんですから。

でも果敢に挑戦しているおかげか、ひらがなは、ほとんど読めています。
濁音も最近、ちゃんと読めるようになりました。

そんなコウメ。一番よく読んでいるのは、
標識の下に書いてある「ここから」と「ここまで」。

基本、歩いて歩いて、、、の我が家ですが、
なんだかんだいっても、送り迎え等々は、車を使っているので、
標識や看板を読むことが多くて。
スミレとともに、看板や標識の読み合い(競い合い?)をしています。

車の中で、DVDを見せたりするご家庭も多いでしょうし、
我が家も、車の移動が苦になるくらい
「いつになったら着くの?」攻撃をされていた時期もあるのですが
(んま、今でも、遠くに行くときは、ぐずられるけど)
看板を見たり、標識を見たりするだけでも、
こどもたちは楽しめるなあ、と。
そういう遊びって、お金もかからなくていいなあ、と。

ま、うちは、カーナビもなければ、テレビもないんですが、
実家に帰るときの、長距離移動も、なんとかしのいでいますし
なんとかなるもんやなあ、と思っているところです。

んま、渋滞に当たらんことが一番の解決策ですけどねー。
今度の年末年始は、どうなることやらーーーーー。
ひたすら看板や標識を見たり、しりとり遊びでもしようかー。


***

てなわけで、えーっと、コウメもしっかりしてきました。
ぐずぐずになることもあるけど、基本、やっぱ、しっかりしています。
言葉の発達が、スミレに比べて、ちゃんとしているというか、
月齢に応じた発達をしているというか、
スミレよりもコミュニケーションを取るのがラクです。

幼児教室や、知らない人の前では、一切口を開かないコウメですが、
スミレの幼稚園のお祝い会では、観客席から大声で
アンパンマンマーチを歌っていました。

幼児教室でおしゃべりしないことは、
あまり本人の前では触れないようにしているのですが
コウメも気にしているらしく、

「スミレちゃんも、幼稚園でおしゃべりしていないでしょ。
 だから、コウメもまだおしゃべりできないの」と言っていました。

やっぱりスミレが原因か・・・。

とはいえ、スミレは、必要最低限のこと
「聞かれたことに答える」「名前を呼ばれたらハイと言う」は、
できているので、その旨、コウメに伝えると、

「コウメは、、、、
 ママみたいに大きくなったらおしゃべりできるようになると思う!!!」


そうか。37歳にならないと、おしゃべりできないのか・・・(沈)。

とはいえ、最近、自分の誕生日を待ち遠しく思っているので
4歳になったら、幼児教室でしゃべらなあかんねんでー!!!と
ほんのちょっと、プレッシャーを与えてみたりしています(笑)。


てことで、えーっと、とりとめのない話で。おしまい。


スポンサーサイト



スミレ5歳8ヶ月の成長記録*お祝い会

土曜日、幼稚園のクリスマスのお祝い会がありました。

お祝い会という名はつきますが、要は発表会です。

すみれぐみは、「泣いた赤鬼」のオペレッタ。
スミレは「村人1」という役だそうで。
ええ、むらびとは全部で6人いるんですが、
村人1と2にわかれているんですってよ。

という話は、さておき。

村人1、がんばりましたよ。

2回セリフを言う場面があるのですが、
1回目は、次の子と同時にセリフを言われてしまって、スミレの声が聞こえず。
2回目は、ばっちり声が聞けました。はい。よかったー。

それにしても、この「泣いた赤鬼」という話。
いい話ですよね。大人が読んでも、じーんと感動しちゃう内容で。

スミレのクラスでも、赤鬼さんの気持ちについて考える時間を設けたそうで
「赤鬼さんは、心の優しい鬼なの。青鬼は悪いやつなの」と、
スミレに教えてもらいました。

でも、このおはなしって、
赤鬼は大切な友達である青鬼がいなくなって初めて
その優しさに気づく・・・そんな話だと思っていたので、
青鬼の気持ちについても、もうちょっと考える時間を設けてほしかったなあと。

んま、年中さん相手に、そこまでは無理かな、とは思うんですが。

赤鬼と青鬼の気持ちについて、ちゃんと考えられるようになるのは
小学生になってからかなあ・・・。


てことで、お祝い会が終わりました。

あ、そうそう、オペレッタのほか、
アンパンマンマーチの歌&演奏もがんばりましたよ。

お祝い会の練習が始まったころから、
アンパンマンの歌を家でも披露していたし、
トライアングルの演奏も、楽しんでやれていたみたい。
チビなので、最前列で歌うこともできて、こちらとしては、観やすかった(笑)。


そうそう。お祝い会の写真は、一切ありません。(カメラ忘れたんとちゃうよー)
スミレの園では、前の方で観る人は、撮影一切禁止で、
撮影したい人は、後ろ側の席にしか座れなくて。

私たちは、撮影を諦め、当日、がっつり観ることを優先。

といっても、コウメ&ユリを連れているので、
オペレッタが終わったら、即、外に出て遊び、
アンパンマンの歌の出番が来たら、また戻って、、、てな感じだったので
他のクラスの劇は、ほとんど観ていません。
でもって、朝は、開門20分前に並んで、
ようやく前から6列目の席をゲット。

来年は、年長さんやし、別日程で行われるから
みんながっつり早朝から並ぶんやろうなあと思うと、気が滅入るけど。

でも、コウメは、歌を聴いたり、劇を見るのも楽しんでいたので
来年は、もうちょっとラクになるか、、、な。
つーか、ユリ対策を考えなあかんか・・・。とほ。

***

てことで、5歳8ヶ月の成長記録を。


・好きな人ができた

夜、寝る前は、必ずコウメと
おしゃべりをしているらしいんですが(はよねろ!)
昨晩は、いわゆるガールズトーク(誰が好きかとかそういうの)をしていたらしく
しげおはプンプン怒っていました。

スミレが好きなのは、同じくらすの「しょうちゃん」らしいです。
ほっほー。しょうちゃんですか。ほっほー(はあと)。

背の順で並ぶときに、いつもお手てをつなぐ相手で、
バスも同じ(ゆくゆくは、小学校も同じ)。
ザ・男の子!って感じで、やんちゃで面白い子です。しょうちゃん。

それにしても、やっぱり面白い子って、人気あるねえ。

どーでもいいけど、近所の小2の男子が、幼稚園児(年長)の男の子と
ボーイズトークをしていたとき

「おれな、今日も、女子に笑われてん!!!
 好きな女子2人にな、昨日も笑われてんけど、今日もな笑われてん
 毎日、笑われてんねんで、すごいやろ、おれ!」

と、自慢していました。

ええ、笑われてん、、、というのは、日本語が間違ってて
「笑かしたってん」というのが、日本語(関西弁)としては正解。
男子だって、女子を笑わすことが
どれだけ高ポイントをもらえるのか知っています。


・心配されている・・・(?)

スミレのクラスの男の子は、まだまだ幼い子が多くて(どっこでもそうだと思うけど)
お祝い会の舞台に立っても、ふてくされて突っ立ったままの子がいたり
ちょっとしたことで、いまだに泣いちゃう子とか、
先生の言うことが理解できなくて、ぼーっとしちゃう子とかいるんですけど
女子はその点、みんなしっかりしてて。

いつも下園のときには、担任の先生と1人1人ハグをしてもらうらしんですが
スミレは、嫌がって、ハグ列に並ばなくて。
いつもこうなんですか?と、お祝い会が終わったあとに聞いたら
「ええ、いつもです。私が追いかけて無理矢理ハグしています(笑)」だって。

そういや、お祝い会が終わって、迎えに行ったときも
ハグ列に並ばないスミレを、クラスの子が何人も来て
「スミレちゃん、並ぼう!行こうよ!」と、誘ってくれたり
手を引っ張って、連れていったりしてて・・・。

そういや、以前の参観日でも、先生のお手伝いをしなかったら
みんなから「すみれちゃーん、お手伝いしーよー」と、言われていたような気が・・・。

ただでさえ、誰とも交わらず、誘いにも乗らないスミレだから
浮いているだろうなあとは思っていたけど、
こんなにもお友達から心配されるような存在だったとは・・・。

ま、別にいいんだけど。つーか、いいのか?ま、いいっか。
それが、スミレなんだしー。こーゆーの、どーしようもないと思うんだけどー。


***

ま、そんな感じで、しっかりしろよー!と思う5歳児。

もうちょっと、精神面でもしっかりしてほしいし、
相変わらず、言葉やコミュニケーションの面では、
幼稚園だけでなく、家庭の中でも、ちょっと・・・と思う場面が多いです。

とはいえ、写し絵も上手にできるようになってきたし、
お料理のお手伝いは、かなり即戦力になってきたし
(あとは、火を使えるようになったら、もっとたくさん手伝ってもらえるんだけど)
ポシェット作りも、少しずつ進んでいるし、
わらべうたでは、私がいなくても、そこそこみんなと馴染めているようだし
まあ、ぼちぼち、、、という感じで成長しているかな、、と。

5歳児として、どこまで甘やかしていいのか、悩んでいます。
とはいえ、もっとしっかりして妹たちの面倒をみてほしい場面も多々あって
なかなか甘えてきてもらっても困る、、、とも思ったり。

2人きりになったときには、
とことんスミレの遊びに付き合ってあげているんですが
それで満足しているのかどうかは、不明。
でもまあ、最近は、どうしても、コウメとちゃんと向き合ってあげたいと思うし
コウメも私と一緒に行動したいと言うから、
どうしても、スミレはしげおに託したり、
コウメとセットで遊んだりするから、
私に、わがままを言う機会すらないのも現状。

柴田倫世さんのブログに、長女ちゃんと2人きりでお出かけした話が書かれていて。
なんてことはない時間だったけど、2人きりで同じ時間を過ごすそれだけで
幸せだと思えるし、長女ちゃんも満足していた、、、てな話があって。

あーなんか、ちょっとわかるなー。

3歳のコウメと2人きりになると、
いつもよりわがままをたくさん言われたり
こちらも、いつもできないことをさせないと!なんて思ってしまうんですが
5歳になったスミレは、2人きりになったからといって
あえてわがままを言うことはしないし
(ま、いつもより「○○して」とお願いされることは多いけど)
2人で、ぐたぐたおしゃべりしたり、
スミレが1人で集中して遊んでいるときは、
私がぼーっとしていても、お咎めの言葉も言われなくなったし(爆)
ああ、一緒にいるだけで、いいんだなあーと。


ま、そうはいうても、ときどき、抱きしめてあげたり
おんぶしてあげたり、じゃれあい遊びをしてあげないと、あかんねんけどね。
つーか、機嫌がいいときは、必ず、自分から身体を寄せてくるので
やっぱりそういう身体の触れ合いを求めているのかなーと。

なんだかんだ言って、素直じゃないから、
「抱っこしてあげる!」というと、逃げられるし
(担任の先生だけでなく、私が相手でも)
いろいろ気を遣うことは多いんだけど。


てことで、えーっと、明日は、振替で幼稚園もお休み。

さてさて、3姉妹とともに、何をして遊ぼうか。
また、どこの公園に行くかで、揉めるのかなあ、、、
辛いなあ・・・。


***

コウメの成長記録は、また明日!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす