FC2ブログ
   
10
1
2
5
11
12
15
18
20
21
22
25
26
29
   

ヘビー

ママ塾に行ってきました。

今日の内容は、、、ヘビーでした。

ベビー(baby)じゃなくってよ。蛇でもなくってよ。

うーん、いろいろ考えさせられました。





起業している同じ年代の知人たち(みな女性)は、こう言います。

「今、置かれている状況は、自分が導いたもの。
だから、状況やその相手を批判したり嘆いて他人のせいにするのは間違っている。
他人を責めるのではなく、自分を変えていかなければいけない。
周りの人に感謝すること。どんな悪い状況であっても、
それは、今、自分に与えられた必要なことだと捉えて、その状況に感謝すること」

言い方は違えども、みな、このようなことを言うのです。

「さすが、起業する人は違うなあ」

って思っていました。
わたしゃ、単なる主婦だし、こんな高尚なことは言えないし
実行なんてできへんわー。

他人事だと思っていました。


でも、子育てにおいても、これは言えるのかもしれません。
ていうか、そうなんでしょう。


今日は、ママ塾で、こっぴどく叱られました。
仕事を辞めてから、他人に叱られることなんて、初めてかもしれません。
ま、名指しで叱られたわけじゃなく、
集まったママたち全員に対してのお叱りだったんですが。


ま、いろいろ悶々としていた今、そういう叱責は身に沁みて
精神的にも、ダメージがきつかったんですが、
でも、そうやって叱ってくれることに感謝して
自分を変えていかないといけないんだなあ、と。


今の時代、親になるって、簡単なことじゃないですよね。
子どもを産めば親になれるかもしれないけど、
親として子どもをちゃんと育てるのは、そう容易いことじゃありません。

昔は、おじいちゃんおばあちゃんや、近所の人が
一緒になって子どもを育てていたけど、
今は、おじいちゃのばあちゃん、近所の人の役割を
全て、母親が担っていかないといけない時代。

叱ることも甘やかすことも、全部、1人でやらないといけなくて。

何百何千何万とあるおもちゃの中から、
自分の子どもに合うおもちゃを探すのも母親(父親もだけど)。
幼稚園、保育園を選ぶのも母親。
何をして遊ぶのか、どこへ遊びに行くのかを決めるのも母親。

初めて幼子を抱き、何もわからない状態の中で
ネットや雑誌等で得る知識を用いて、
なんとか赤ちゃんのお世話はできるようになったけど
「子育て」という観点から見ると、
お世話以上の壁が立ちふさがり・・・。

何もしなくても、何も悩まずに子育てできる人もいるし
自分が親からされたこと以上のことは、できないからやらないと言い切る人も。
「誉める」ことに対して、すごく抵抗があって
「私にはできない」と、言ったり、
はたまた
「誉めたほうがいいと本に書いてあったから、
子どもは誉めて誉めて誉めまくる」人もいたり。

私は上記のどれでもなくて、
どれとも言えなくて、よくわからなくて、
どうしていいかわからない、、、そんな状況です。
子育て開始から5年経った今でも。

いや、ほとんどの人が、
私のような「わからん」状態なんだとはおもうんですが。
    (↑花、咲かせられそー、、、笑)

だからこそ、指針が欲しくて。

以前住んでいたところでは
「叱らない子育て」講座や「親業」講座を受けまくったり
虹色教室通信では、
「子どもに対して、どう親が関わるのか」ということを学んだり
ママ塾でも
「母親として、何をしないといけないのか」ということを
学習面だけでなく、普段の生活、家事、料理の面から学んだりしています。

受講したり、ブログを読んで、「はあ、そうだよな」と共感することは簡単だけど
次に、行動の移すというのが大変で。
自分の行動や考え方を簡単に変えられるものもあれば、難しいものもあったり。

でも、努力しなあかんのやと思うんです。

「叱らない子育て」講座では、
叱る前に、何か一つでも誉めることはないか探して、口に出すことを学びました。
これは大変なこと。
今まで、叱らないといけないような悪状況で
「誉める」観点なんて持ち合わせていなかったから。

訓練だな、と思いました。

前述の起業した知人たちが言っていることは、
確かに高尚なことだけど、フツーの母親であっても、
そこを目指していかないといけないんやろうなあ、と。
大人になる、親になるってことは、そういうことなんかなあ、と。

自分を変えることは、難しいけど、
自分が変わらないと、子どもも変わっていきません。

目の前のことであたふたしている毎日ですが、
自分を変えていく努力をするのが、母親業なんやろうなあと思って
がんばってみようと思います。



つーことで、ああ、またとりとめのない
よくわからない内容のブログになってしまいましたー。
とりあえず、忘れないうちに書きとめておかなーと思って
ざざーっと書いたので、みなさんは、忘れてください(なんじゃそりゃ!)。

おしまい。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす