FC2ブログ
   
10
1
2
5
11
12
15
18
20
21
22
25
26
29
   

素直に甘えてくれてありがとう

今日もコウメとユリと一緒に、朝から公園へ。

2010年のかがくのとも7月号「おしろいばな」を読んだので、
早速、おしろいばなの実を探しに行きました。

10月とはいえ、まだ暑いので、おしろいばなもまだ咲いていました。
といっても、おしろいばなって、夕方に咲く花なので、
朝の段階では、しぼんだ花しか見れなかったんですが。

おしろいばなって、下の方を吸ったら美味しいはずなんだけど、
(本にもそう書いてあったし、昔は、よく吸っていたんだけど)
今日、吸ってみたら、蜜らしきものがぜーんぜんなかったんだけどー。
どうしてやろう・・・。時期の問題?それとも吸う部位を間違えた?


幼稚園から帰ってきたスミレを誘って、夕方にもう一度公園へ。
おしろいばなが咲いているのを確認し、
もう一度、実を探すことに。
朝、訪れたときは、あまり興味を示さなかったコウメだったけど、
スミレと一緒だと、ライバル心むき出しで、競って実を採っていました。

実を石で割って、中の白いたねをつぶすと、
チョークのような粉が出てきて、地面に描くことができます。

おしろいばなって、面白い。楽しい。
また明日も、採りにいこうっと。

でもって、また、くっつきむし同様、庭にタネをばら撒くのだー!!!

我が家の庭のコンセプトが、だんだん明確になってきました。

ひとつは、リースの材料になるものを植える。
(ローズマリー等ハーブ類や、
 アジサイ、キャットテール、千日紅のような水分の少ない花など
 ゆくゆくは、ユーカリや金宝樹も植えたい)

もうひとつは、野生の植物を植える。
(クローバーや、くっつきむし、おしろいばななど、
 そこらへんの野原に咲く草花を、庭に再現したい。
 つまり野生の庭を作るってこと。ほったらかし、じゃなくてよ。)

コンセプトが明確になると、余計な植物や花を買わなくなりました。
園芸屋さんに行っても、迷いません。
こういう感覚って、気持ちイイ。

***

お風呂は、いつも
「しげお*スミレ*コウメ」組と、
「わたし*ユリ」組にわかれて入浴しています。

ときどき、「わたし*コウメ*ユリ」組になることもあるのですが
今日は、お風呂の時間にコウメが
「コウメは、ママと入りたい」と、自ら所望したので
「わたし*コウメ」組で入ることに。

最近、スミレのことが要因で、コウメには我慢ばかりさせていたし
ユリも、ほんとに引っつきもっつきで、全然離れないし、抱っこ抱っこで
コウメとも手をつないであるけないことも多くて。

ユリはコウメに対して、敵意むき出しで(ライバル視しすぎなくらい)
家にいると、いーーーーーーーーーーっつも喧嘩をしてて。

でもって、スミレも家にいると、
これまた、コウメVSスミレの喧嘩が始まって・・・。

実は、今日も、公園で遊んでいたときに、
スミレとコウメが大喧嘩をしてしまって。
高いところに登って2人で遊んでいたんだけど、
コウメがどうしてもスミレの方に行きたくて、
どついてしまって、スミレが落下してしまって。

さすがのさすがに、これは、あかんと思って、
コウメを強く叱ったんだけど。

ま、そんなこともあったので、私も、
今日はコウメと2人きりでお風呂に入ったほうがいいのかなーなんて
思っていたから、コウメが自分からその意思を伝えてきてくれたときには
すごく嬉しくて。

念のため、なんでママと入りたかったん?って聞いたら

コウメ「えーっと、早く入ったら、髪の毛も早く乾くし・・・」

(え?そんな理由?!)


コウメ「それから、えーっと、いつもユリちゃんはママと入っているから。
    コウメも、ママと入りたいなーーーーーって思って」

(よかったーーーーー。こっちの理由が聞けてー)



てことで、久しぶりにコウメと2人でお風呂に入りました。

最近、悪ふざけしないなあーいたずらしないなあーなんて思っていたけど
今日は、お風呂で、おちゃらけしまくりでした。
ああ、やっぱ、コウメは、ふざけたり、おちゃらけたりするのが好きなんだなあ
って、改めて思って。
いつもなら「早く洗いなさいー!!!」と怒鳴るところやけど、
今日は、のんびりコウメのおちゃらけに付き合ってみました。

お風呂からあがったあとは、独りで黙々とおもちゃのお片付け。
(私は、ユリの授乳)

こんな姿を見ると、コウメも、すごく成長したなあって思います。
我慢も多いかもしれないけど、でも、こうやってちゃんと
「ママと一緒にお風呂に入りたい」と言えるのは、
すごくいいことだなあと。

こんなふうに、素直に自分の気持ちを言えるように、
これからも、見守っていきたいなあ、と。


そうそう。余談なんだけど、
先日、渡辺満里奈がラジオで、

「私は、真ん中っ子だったから、親から全然構ってもらっていなくて。
 でも、構ってもらえないのが普通だったから、そう寂しくもなくて。
 それでも、やっぱり構ってほしかったなあというエピソードもあって・・・」

というようなことを話していたんですわ。

私としては、コウメのことも、もちろん大事な娘として
大いに構っているつもりだけど、
なんだかんだ言って、やっぱりスミレはスミレで長女としてチヤホヤされているし
気難しい性格だから、私もしげおも神経質なくらい
スミレには気を遣ってて。

ユリは三女だから、ほったらかしの部分も多いけど、
コウメにしたら、いっぱい構ってもらっている、、、と思ってしまうだろうなあ、と。

3人の相手をしながら、
「そういえば、この1時間、コウメの要求を全く聞いてあげていなかった!」と
気づくことも最近は多くて。


ま、そんなかんだで、コウメとの関係を、どうにかせなあかんなあー
と思っていたところ。


それにしても、コウメは、すごく素直な性格の持ち主。
ママとお風呂に入りたいと言えるし、
スミレをどついたことに対しても、ちゃんと謝れたし。
(逆の立場だったら、絶対にスミレは謝れない・・・。
 いまだに。5歳なのに。発達障害を疑う理由は、ココにある、、、)


ま、そんなわけで、今日は、コウメの素直な発言&行動のおかげで
すっきり気持ちよい夜を過ごせています。

作りたいものも、山ほどあって、山ほど裁断したけど(リメイク用)
たまには、ぼーっとするのもありかなーと思って
久しぶりにテレビを見て過ごしました。

ちゃんちゃん。


明日もいい1日になりますようにー。


ヘアピン*カフェエプロン

子供用に包みヘアピンを作りました。

RIMG0149.jpg
左2つは、木のクリップに布を貼り付けたもの。
あとは、布を巻いて閉じただけの包みヘアピンです。

木のクリップ(100均)に、両面テープで布を付けるだけで
個性的なクリップができあがります。

「もっと下の方まで布を巻いたほうがいいと思う」
というスミレの提案があったので、
次に作るときには、もう少し改良してみます。

ヘアピンは、布の大きさを決めるのに苦労しています・・・。
小さすぎると、まつれないし、
大きすぎると、裏で布があまって、ごわごわになってしまって。
こんだけ作っても、まだまだ試行錯誤の段階。
もうちょい、がんばるぞー。
うまいことできるようになったら、来年のバザーに出すぞー。


***

自分用のカフェエプロンを作りました。

RIMG0151.jpg
ヨーロッパのヴィンテージファブリックを使って。

せっかくヴィンテージファブリックを使うんだから、
大胆に、柄×柄の組み合わせにも挑戦したいなあと思って。

でも、柄×柄は、なかなか難しいです・・・。
もっと勇気を持って、どどーんとやってみたいんだけど。

ちなみに、紐部分は、以前作った授乳ケープを解体して作りました。
もう、授乳ケープ要らんし・・・。
つーか、授乳はいまだにあるけど、外でもどこでもオープンにあげているから・・・。
授乳ケープすらも、持ち歩くのが億劫だから・・・。

んでもって、一応、リバーシブル。

RIMG0152.jpg
黒のリネン。ポケットは、北欧の生地(↓この福袋に入っていた生地)を使って。


【北欧生地ハギレ付き♪】Finland×Fabric2(フィンランド×ファブリック2)手作り見本帖と北欧ファブリック(布・生地)はぎれ福袋(5枚入)カットクロス

カフェエプロンの作り方も、↑この本に載っていました。
直線縫いオンリーなので、作るのは、かんちんぷー。

自分のものを、お気に入りの生地で作るのって、たのしいーーーーー!!!

普段、エプロンなんて付けないけど、
これを機に、エプロンを付けて家事をする習慣を身につけたいなあと思ったり。

といえども、今回、作ったのは、スミレの幼稚園のお祭りのため。
月末にあるお祭りで、ゲームコーナーのお手伝いをしないといけなくて。

「食品コーナー以外は、エプロンはつけなくても構いません」と
幼稚園から配布されたお知らせには書いてあったのに、
昨年、お手伝いに行ってみたら、みんなバッチリ着用してて焦りましたわ。
てことで、とりあえず、今年は、私もバッチリ着用して、、、と。


おてつだい備忘録

金曜日の夕方は、はなかっぱが放送されないことを、
つい先日、気がつきました。

そういや、金曜日の夕方にテレビを見る習慣がなかったのかも・・・。

そんなわけで、はなかっぱを楽しみにしていたスミレは
仕方がなく、代替のピタゴラスイッチを見ることに。
そこに登場するのが「おてつだいロボ」。

「おとうさんスイッチ」のお手伝いバージョンで、
子どもがいろんなお手伝いをしていく、というもの。

なんか、それに刺激されたのか、
「おかあさん、たすかる~」のフレーズに、ぐっときたのか
昨日、今日と、お皿を洗うお手伝いを、自らやるようになりました。

昨日は、プラスチック製のものだけをお願いしたのですが、
今日は「ママは疲れているんでしょ!」と、
半ば怒り気味で炊事場に立ったので
普通の陶器のお皿もお願いしました。

しかも、今日はハヤシライスやったから、洗剤をつけての洗い方も教えることに。
(昨日のは、洗剤なしで洗えるもんやったから・・・。
 我が家は油もん以外のときは、洗剤なしで洗うんで・・・)

ヌルヌルした汚れが、なかなか取れなくて苦心したり
お湯の調整で、あたふたしたりもしたけど、
なんとか2人分(スミレとコウメの)お皿を洗い終えることができました。

お手伝いをしてほしい、してほしいと思ってはいるものの、
何をどんなふうにお願いしたらいいのか、考えるだけで
疲労困憊してしまっていたのですが、
こんなふうに、自ら率先してやってくれるようになると、
どんな補助がいるのか、何を用意してあげるとスムーズにできるのか、
が、すぐに見えてくるので、ほんと助かります。

あとは、お米を計って研ぐのも、できるようになりました。
汚れた水を捨てるときに、白い汚れがだんだん薄くなってくる
そんな小さな差異も、感じ取れるようになっているようで
頼もしい限りです。

コウメとユリは、そんな姉さんの活躍っぷりを、
隣にわざわざきて、見ています。


そうそう。
コウメは、マインちゃんが作っていたレンコンピザを作りました。

レンコンの皮はピーラーで剥いて(薄切りにするのは、かあちゃん)
フライパンにピザ用チーズを敷きつめて、その上にレンコンを乗せて
(火にかけて、ひっくり返すのはかあちゃん)
できあがりーーーーーーーー。

チーズが大好きなスミレとコウメは、
「なんで、おかわりがないの!」とブチ切れまくりながら、食べていました。
大人が食べてもおいしかったです。でも、チーズの消費量が半端ない・・・。



てことで、お手伝い備忘録でした。

お手伝いのレパートリー、もっと増やさなな。がんばろ。


***

どうでもいいことなんですが、

今朝から、どーも、お腹の下の方が重くて。
もしかして2年ぶりにアレがくるのかもしれないなあと思ったり。
まだ授乳中だから・・・って思っていたけど、
アレになったらなったで、あの用品を買いにいかなあかんなあと思うと
これまたちょっと憂鬱で。

でも、単なるお腹の空きすぎだったりして。

ま、ほんと、どーでもええことやわな。独り言独り言。


ほな、おやすみ。


コウメ3歳7ヶ月の成長記録

コウメが来春から通う幼稚園が決定しました。

近所にある公立の幼稚園です。

公立の幼稚園は、市全体を見ても、どこも人気がないにも関わらず、
コウメが通う公立の幼稚園は、入園希望者が多くて
(近隣に大きなマンションが乱立しているから)
「入れるんやろうか、、、抽選になりそう、、、」という状況でした。
幸い、希望者は定員に満たなかったので、抽選はなく
願書を提出した人はみな入園することになりました。

近所のお友達も、幼児教室のお友達もたくさん入園するので
私自身も安心して任せておけるので、
ほんと、はあよかったよかった、という気持ちでいっぱいです。

スミレの幼稚園は私立で、設定保育の多い園なんですが、
コウメが通う公立の幼稚園は、自由保育満載で、
一昔前の保育を今も実践しているような園で、
(どろんこ遊び、編みもの、カレー作り、なわとび、などなど)
個人的には、とても気に入っています。

小学校の敷地内に幼稚園があるので、小学校に入るときも
精神的にラクでしょうし、
ユリを妊娠していなければ、スミレもこの幼稚園に入れたかったなあと
ちょっぴり後悔してみたり。
でも、今の幼稚園に通っていなければ、
大好きなナオコちゃんとも出会えなかったわけだし、
何が良くて何が悪いかなんて、簡単に親が決められるわけじゃないよなあとも思ったり。

ま、そんなわけで、公立の幼稚園なので、
バスの送迎なんてないし、がっつり時間通りに送り迎えをしないといけないのが難点。
加えて、スミレの幼稚園のバスの送迎時間との調整もしないといけなくて
ちょいと面倒くさいんですけど、はい、がんばります。


***

ま、そんなこんだで、コウメの成長記録をー。


RIMG0113.jpg
片足立ちを練習するスミレとコウメ。


・とばっちりを受けた

前のブログにも書いたとおり、この1週間、スミレは荒れに荒れていました。

そのとばっちりを受けたのは、コウメ。

スミレに意地悪されまくるわ、嫌がらせされまくるわ、でした。
スミレの対応に時間を取られてしまうと、
ユリが怒ってきます。
だから、スミレの次は、ユリの相手をしていました。

我慢するコウメは、いつまで経っても甘えられず、
しょんぼりしていました。

加えて、スミレの幼稚園の運動会。
何もすることがなく、ひたすら砂場でぐうたら過ごし、
スミレの競技のときには、近くまで見に行って
とりあえず見させられたり(パラバルーンは楽しかったみたいだけど)
とにかく、付き合わされたという感じでした。

コウメは、幼稚園の隣にあった公園で、ほんのちょっと遊べたことで
だいぶ表情も和らいで、元気になりました。
幼稚園に戻らないといけなくなったときに
「もっと遊びたいー」って駄々をこねたのですが
「だめ!」の一言で、しぶしぶ公園を後にしたときには、
ちょっと、かわいそうだなあって思ってしまいました。はい。

コウメの我慢しちゃう性格に、甘えているのかなと。


最近は、ユリも甘えたさんになってきてて、
常に私を独占しようとしているので、
コウメは、そのとばっちりも、もろに受けています。

真ん中の子は、なるべく手をかけ、目をかけてあげないといけないのに・・・と
思いつつも、この1週間は、
ほんとうに疲れて疲れて参って参っていたので
何の相手もしてやれず・・・。ほんと、ごめんね、、、です。


・幼児教室でも笑顔が見えてきた

お隣のかっちも幼児教室に行っているのですが、
通室日が同じ日は、ほんとに満点の笑顔で終始遊んでいるようなんですが
かっちがいない日でも、笑顔がみられるようになったと、
今日、先生に教えていただきました。

踊りも「見ているだけ」の時期は終わったようで
目一杯踊っているようですし、
声は一言も発していないけど、充分遊びの時間を楽しんでいるみたいです。


・折り紙

幼児教室でも折り紙遊びをしているおかげか、
前に比べると、だいぶ上手に折れるようになりました。
といっても、まだまだ手助けしてあげないとあかんけどね。

写真がなくて、ごめりんこです。


・じっくり取り組む

先日のわっか飾りのブログにも書いたのですが、
コウメは、何かに取り組むときは、じっくり取り組みます。

幼児教室で絵具を使った製作をするときも、
じっくり隙間なく塗ろうとしているようですし、
お手伝いで、じゃがいもやれんこんの皮を剥いてもらうときも
皮が全くなくなるまで、きれいに剥こうとします。
(おかげで、じゃがいももれんこんも、めっちゃちっちゃくなるけどね)

こういう集中力は、勉強するときに役に立つはず。
このままじっくり取り組む姿勢を忘れないでほしい!


・暗記派

ひらがなも、少しずつ読めるようになってきました。

絵本も、ときどき、ひとりで読んでいます。

あ、読んでいるというより、暗記しているという感じかしら。
読めるひらがなは、ほんの一握りだから、
絵本なんて読めるわけがなくて(爆)。
でも、すらすら読んでいるので、ビックリするよー。
完全に文章を暗記しちゃっているからなんだけどねー。

暗記するのも良いことだとは思うけど、
なんでも暗記すりゃあええわ、と思ってしまうのは
完全に文系タイプの子のやり方で、
あまりおススメできないんだけど・・・。
という、かあちゃんも、ガッツリ文系で、
数学も理科も全部暗記で乗り切ろうとして、
じっくり考えることを、嫌っていたから・・・。


・標識に目覚める

歩行者用の信号機のマークや、
道路標識に描かれているスピード制限の数字、
道路に描かれている「止まれ」のような文字にも興味を持つようになりました。

車で走っているときも、
自転車に乗っているときも
歩いているときも、
常に、こういう類のものを探しているようで、
「きんもくせいのいい香りがするね」とか
「この花、ピンク色でかわいいね」という声かけには
一切応じてくれません。ちょっぴり悲しい・・・。


・可愛いものが好き

スミレの影響が大きいとは思うのですが、
可愛いものを見つけると「可愛い」と言います。

スミレの影響が大きいとは思うのですが、
うさぎが好きです。

スミレの影響が大きいとは思うのですが、
ピンクを見ると、大きく反応するものの、
「コウメは黄色が好き」だと自分で思い込んでいるので
なにかを選ぶ際には、黄色を持ってきます。
複雑です。

好きなスカートは、これ。

RIMG0147.jpg
この春、夏、秋は、ずーっとこのスカートを履いています。
超ヘビロテです。洗った途端、着ていますから、
タンスの中で眠っていることが、まず、ありません。
かなりボロボロになってきたので、ユリにはあげられないかも。

コウメも、だいぶ背が高くなってきたので、
このスカートも短くなりました。
スミレが2歳のときに作ってあげたスカートやから
3年間、スミレとコウメが履いてくれたことになります。

今でこそ、娘たちのスカート作りは、
ちょちょいのちょいで作れるけど(3割くらい大げさに言ってみました、、、苦笑)
このスカートを作ったときは、寸法を間違えるわ、
ギャザーの寄せ方もわけわからんわ、
ステッチのかけかたもわからんくて、穴あきまくりやわ、
裾の処理の仕方も、ぐちゃぐちゃやわで、
んまあ、ひどい仕上がりだったんですが、
こんだけ気に入って履いてくれると
ほんと、作ってよかったなあって思います。

これからも、コウメにヘビロテで着てもらえるような服を
いーっぱい作ってあげようっと!


・バッチのつけはずし

幼児教室につけていく名札のバッチを
独りでつけて外せるようになりました。やった!


***


そんなわけで、えーっと、なかなか甘えられずに
我慢をすることの多いコウメですが、
なんだかんだいうても、主張するところは主張するし
おもちゃの争奪戦では、絶対に引き下がらないし、
それは、大好きなかっち相手でも、持久戦で、もぎ取ったりします。

2歳の頃は、いたずらしまくってしょうがなかったコウメですが、
なぜか、今は、正義感に燃えていて、
スミレやかっちが悪ふざけしていると、
参加せずに遠くから眺めていたり、
悪ふざけした後始末を、自らやったりしています。

正しいこと、間違ったこと、といったことの敏感期かもしれません。

それにしても、あのいたずら大好きだったコウメはどこへ、、、
1年で性格も変わってしまうものなんだね・・・。
それとも、ただ単に、いたずらを封印するくらい、我慢しているのか・・・。

スミレみたいに爆発しないことを祈って。

つーか、我慢しすぎないように、時々甘えさせてあげないと、、、ね。


***

おまけ画像。

RIMG0127.jpg

「公園に行こう!」と、お隣のかっちを誘いにいく図です。

ユリは、なぜか、かっちのおうちのゴミ箱を漁ろうとしています。


スミレ5歳6ヶ月の成長記録

ここ1週間ほど、子育てに行き詰っていました。

いろんなことが重なっていて、なかなか原因が突き止められなかったのですが、
私がヘトヘトになるくらい疲れていたのは、スミレが荒れていたから。

4、5月は、さすがに年中さんになって新しいクラスになって
不安いっぱいで、新しい環境にもなかなか慣れず、
私も、どうしよう・・・と思うこともあったのですが、
なんだかんだ時が過ぎるにつれて、落ち着いてきていました。
5歳になってから、私も鬼のように怒ることも少なくなってて
「ああ、やっとスミレに関しては、ラクになってきたかな・・・」と思っていたんです。

ところが、運動会の前あたりから、荒れはじめてて。

どんな荒れ方かというと、
コウメやユリにいじわるをし(ま、いつものことなんで、ここは見逃していた)
仲良しのかっちにも、いじわるをするようになって。
使いたかったペンが見当たらない、ただそれだけのことで
大騒ぎをし、ギャン泣き、荒れ狂って叫びまくり
久しぶりに取り乱して泣き叫ぶ姿を見ました。
毎度毎度のご飯のときは、大好きなおかずも
「おいしくない」「たべたくない」「きらいだ」という発言をしながら
ぐたぐた食べていました。

運動会のことが気になって、緊張しているのかな?と思っていたのですが、
運動会が終わったら終わったで、また荒れてて。

運動会が終わって、ほっとしたからかな?
連休があって、長いこと妹たちと一緒に過ごして疲れたからかな?
幼稚園が始まったら落ち着くかな?

そんなことを思って、荒れるのがおさまるのをただひたすら待っていました。

でも、幼稚園が始まっても収まりません。

ますます酷くなるばかり。

おかしい。何か、オカシイ・・・。


振り返ってみると、ひとつだけ気がかりなことを思い出しました。

それは、お留守番のこと。

2学期に入ってから、ユリのお昼寝の開始時間が日に日に遅くなってまして。
コウメの幼児教室のお迎えの時間に、ばっちり寝ていることが多くて。
スミレに「ユリが寝ているから、コウメを迎えに行っている間、
お留守番していてくれるかな?」と聞いたら
「いいよー」と言っていたので、お留守番をさせていたんです。

とはいっても、早めにお昼寝ができることも多いので、
お留守番は、たまーーーーーーーに、、、という頻度でした。
でも、先週は2日連続でお留守番を頼んでいたんです。

しかも2日目は、幼児教室から帰ってきたあと、コウメもお昼寝をさせるため、
和室で寝かしつけをしていました。
寝かしつけをしながら、ときどき、台所に出てきては、夜ご飯を作り
また和室に戻って、コウメを寝かしつけ・・・を繰り返していたんですが
スミレは、私が和室に行ったことに気づかずに、
「ママ!ママ!と叫んでは、2階やベランダなど、家の中を探し回り、
いないとわかったら、外にいないか確認し、
それでもいなくって、泣いていました。

寝かしつけしている場合じゃないと思って、コウメを放置して
スミレの元に行くと、スミレは泣きじゃくって、動揺していました。

「ごめんね、ごめんね。ママ、和室にいたんだよ。
 スミレを放って、どこかに行ったりなんかしないよ。大丈夫よ」

と言って、その日は終わったのですが、
やっぱり精神的には、まだ引きずっていたのかもしれません。

今日も荒れに荒れ狂っていたので、
夜ご飯後、抱っこしながら
「御留守番、嫌だったの?気づかなくてごめんね。
 だから、今日は、みんなでコウメのお迎えにいけるように
 ユリを早めにお昼寝させるよう、がんばったんだよ」と言いました。

いつもは、抱っこされるのを嫌がるスミレでしたが、
このときは、目に涙を浮かべながらも、じーっと抱っこされ続けていました。
久しぶりに長いこと抱っこしたような気がします。
その後、これまた久しぶりに「一緒に遊ぼう」と誘われ、
手をつないで、遊びました。

これで終わればいいんですけど・・・。
でも、まだまだケアが必要なのかもしれないです・・・。

とはいえ、お留守番は、これからも発生しそう・・・。
連続してのお留守番は避けなければなあとは思うのですが、
ユリの昼寝を中断させて、お迎えに連れていくのもリスクは高くて。
帰宅後~夜寝るまで不機嫌極まりないユリを抱えて
(眠いと、抱っこ抱っこ&おっぱいおっぱいになる、、、)
夕方の忙しい時間帯を過ごすのも、
自分の首を絞めるだけ。自殺行為そのものです。

ただでさえ、コウメもまだまだ私に甘えたい盛りなのに。

あああ。3人の子育ては、やっぱ、しんどいよー(泣)。

3人って、とっても楽しいし、2人の子育てをしているときより
笑いが絶えなくて幸せーって思っていたんですが、
ここ1週間は、まじで「3人は辛い」って思っています。


***

ま、そんなわけで、えーっと気を取り直して、スミレの成長記録をー。


・ひらがな&カタカナ

相変わらず、暇さえあれば、お隣のかっちに手紙を書いています。
カタカナにも興味を持つようになり、街中の看板の類を見ては
「これなんてよむの?」と聞いてきます。

ただ、、、書き順は、めちゃくちゃ・・・。

いつか直さないと、、、とは思っているんですが、
どうやって修正をかけていけばいいのやら。
第一、書いているところを、見られたくないようで
(書き順のこととか、言われるからやろうか)
何をどう書いているのか、さっぱりわからない状態・・・。

むむむー。


・真似ることができる


ひらがなも、お手本を見ながら書くので、
何かを見て、手を動かすという作業が、できるようになってきたようです。

目と手の共同作業っていうのかなあ、
なかなかこういうのって、地道に訓練しないと身につかないようなので、
ようやく、、、かあ、という感じです。はい。

RIMG0148.jpg
お祭りで買ってもらったヨーヨー(?)すくいの
ヨーヨー(じゃなくて、ビニール風船)に描かれていた
はなかっぱの絵をそのまま真似て描いています。

はなかっぱはもちろん、ジュエルペット、シナモンなども
絵を見ながら、真似て描いています。

キャラもんを真似て描くのもいいけど、
そろそろ写生なんかにも取り組ませたいなあと思っているところ。
何の写生やったら、やる気になるやろうか、、、
そこが、かあちゃんの課題ーーーーーーーーーーー。


・コウメはライバル

ライバルなんだよなあー。
ご飯を食べているときや、寝るときは、ほんまに仲良しで
ひたすらぐったらぐったらおしゃべりしては、ギャハギャハ笑っているんやけど

お隣のかっちの争奪戦をしたり。
(といっても、本人の前で取り合うことはなく、
 「●●した人だけ、かっちと遊べるの!」と言ったり、
 スミレ、コウメ、かっちの3人の絵を描くときに、
 かっちと隣同士になるように描くよう私に指示したり
 かっちとコウメの絵の間に、わざと線を引いたりして意地悪をしたり)

コウメが幼児教室で作ったり、
スミレのいない間に作った折り紙を、作りたがったり。
(コウメが作っていなかったら、
 「できないー!」といって取り組まないくせに)

年子だからこそ、なのか、ほんとうに、引っ付いたり離れたり
仲良くなったりいがみ合ったり、忙しい姉妹です。

私には歳の離れた姉しかいないので、
こんなふうにもみくちゃになって育っていく姉妹の感覚が
よくわからないんですが、ちょっと羨ましくもあったり。
学校に行っても、友達いらんやんって思ってしまうんやけど。


***

ま、そんなわけで、えーっといろいろある5歳6ヶ月。
もうすぐ6歳やけど、小学校はまだ。
のんびり1年を過ごして、のんびり小学生になれる4月生まれ。
スミレの性格にピッタリ。よかったね、4月生まれで。ほんと。

とりあえず、小学校に入るまでに、普通に絵本を読んで
正しい書き順でひらがなを書けるようになってほしいー。
親の願望だけど、頼むー。4月生まれなんだから、それくらいがんばれー。

***

今日は、夜ご飯後、上記のようなことがあったおかげか、
お風呂に入るまでも、機嫌よく過ごしていました。
久しぶりに娘3人が仲良く遊んでいました。

何をして遊んでいたかというと・・・

くるくる選手権をしていたようで(写真なくてごめりんこ)
ひたすら、クルクル回っていました。

スミレは、自分の三半規管を確認するかのようにゆっくり回り、
コウメは勢いよく回りすぎて、どたばたこけまくり、
ユリは、姉さんたちの真似をするのが精一杯で、こけまくっては、笑い転げていました。

3人仲良く遊んでいる姿を見ると、
1日の疲れがぶっ飛びます。
今日は、ストレス発散のためのハンドメイドをせんでも、
なんとかなりそうやわーって思いました(だから、ブログを書いています)。


ネックストラップ*マカロン型コインケース

いつも子どもたちと一緒に行っている広場に、
ハンドメイドの作品を置かせていただくことになりました。

1ヶ月以上前に、ネックストラップと、おむつ巾着を納品したのですが、


まだ売れていません(沈)。


だよねー。そんな簡単に売れないよねー(沈)。


でも、懲りずに、販売用のネックストラップを作りました。

RIMG0141.jpg
ブルー系のんばっかり・・・。
ちなみに真ん中のネックストラップは、リバティの生地を使って。自分用です。ぐふ。

カシメの取り扱い方にも慣れてきたので、ネックストラップも
革&カシメで、縫い目を隠すことができました。




RIMG0142.jpg
ヴィンテージの布で作ったマカロン型コインケースです。

nitteの10thカーニバルで、マカロン型のコインケースを買って以来
自分も作ってみたい見たいみたいみたいーーーーーーーーー!!!
と思い、なんとか、作ることができました。

RIMG0143.jpg
500円玉も入ります。

RIMG0146.jpg
500円玉と比べると、大きさは、こんな感じ。


このマカロン型コインケース、割と有名(?)で、
いろんな方が作っていらっしゃいます。
ブーム到来、、、って感じかしら。

キットも売っていまーす。便利な世の中だー。
作り方も、検索すれば出てきますー。


丸いマカロン型のコイン入れが作れるキットです♪1個の値段です。マカロン型のストラップ手作りキット


マカロンケース材料セット



発見*わっか飾り*あけて

久しぶりに、ちょい落ち込んでいます。

疲れすぎなのか、わがまま3姉妹の相手にうんざりしているのか、
ストレス発散のハンドメイドに着手できていないからか、
なんかいろいろありすぎてだからなのか、
子どもたちに、優しくなれなくて、
いや、優しい云々じゃなくて、娘たちの発信に気づいてあげられなくて
受け止めてあげられなくて、すごく辛いんです。

気にしすぎかもしれないんですが、すごく辛いんです。

あーあーあー。

それにしても、ほんと毎日ヘトヘト。
ほんと毎日暑すぎです。
10月なのに。10月なのに。
幼稚園の運動会に行ったら、セミが鳴いていました。
園児かおじいちゃんおばあちゃんか、誰かわからないのですが、
救急車で運ばれていきました。

おかしいよ、ほんと。

てことで、今日も、あれやこれや作りたかったのですが、
そんな気力もなく。
なんかとりあえず、疲れた気持ちと、辛い思いを吐き出したくて
ブログを書いています。ときどき、深いため息をつきながら。

「明日は、どこに行く?」とスミレに聞いたら
「スミレはどこでもいいよ!」と言っていたのに、
コウメが「てんとうむし公園に行きたい」と言った途端
「スミレは、いつもの広場に行きたいー」だと(怒)。
スミレの発言を無視して
「てんとうむし公園にしよっか」と言うと
「いつもの広場がいいのーーーーーーー!!!(泣)」。

いい加減にせえええい!(怒)


「スミレは、明日、幼稚園がお休みなんだ!」と喜んで言ったので
「ママは、幼稚園に行ってほしいわ」と反論したら
「なんで?」と聞かれました。

むきゃーーーーーーー!!!(怒)。


とにかく、スミレもコウメもユリも、みんな荒れまくっています。
悪気はないんでしょうが。子どもたちも暑さで参っているのだと解釈して
なんとか、やり過ごしているんですが。

それにしても、暑いです。


***

スミレの発見。

ヨーグルトを食べていたとき、
「ちょっとふたをみせて!」と言うので見せたら
「ママは1ね、コウメは2ね」と数字を読み上げたんです。

何の数字?賞味期限の年月日のこと?と思って、聞いてみたら

どうも、これ、らしい。
RIMG0078.jpg
△の部分に数字が書いてある。

RIMG0077.jpg
コーヒーゼリーにも。

RIMG0079.jpg
プリンにも。これは4。

RIMG0080.jpg
この日は1が多かった。

こういう小さい数字や文字に気づけるようになったんだねー。
大人はこういうの見過ごしてしまうけど、
子どもはちゃんと発見してくれる。素敵。

にしても、この数字の意味はなんなんやろう?


***

コウメが幼児教室でわっか飾りを作って持って帰ってきたのを見て
スミレも作りはじめました。

が、折り紙を使わずに、なんやら、白い紙とクレヨンを持ち出し
挟みで切ったり、紙にクレヨンでベタ塗りをしていました。

完成品はこちら。
RIMG4823.jpg
折り紙代わりに、自分で色を塗って作ったんだって。
ビンボー臭いー。けど、ナイスアイデアー★

でもって、ママも作って、というので、
指示通り、ベタ塗りをしたり、ハートや涙の柄を描いてみたり
シマシマ模様にしてみたり、水玉模様にしてみたり、
私もいろいろ楽しみながら製作に関わりました。

翌日、コウメにも一緒にやろうと誘い
今度は、自分が、模様を描いたり、シマシマ模様を描いたり
コウメにも作り方を伝授したり。
RIMG4821.jpg

RIMG4822.jpg
作り出すと、量産したがるので、ガンガンに紙がなくなります。

コウメも、スミレの指導のもと、色を塗ったり。
コウメは色んな色を使って、ひとつのぬりえを完成するのが好きで
「きれいないろでしょ」と言いながら、いろんな色を塗っていました。

スミレが、ガシガシスピードをあげて作っていくのを見ながらも
コウメはマイペースに、自分のテンポを保って、
じっくり仕上げていました。
普段は姉に影響されまくりぃーなコウメだけど、
こういうときは、ちゃんと自分のスタイルを崩しません。
そういうところ、頑固でもあるけど、
地に足がついていてて、いいなあと。コウメのいいところだね。

***

普段、こういうじっくり工作したり、手先を使う遊びをするときは
ユリが寝ているとき限定なのですが、
そうも言っていられず、ユリが活動しているときに
工作遊びに発展することもあります。

そんなときは、もう、必死(かあちゃんが)。

姉さんたちの邪魔をするユリを制御するのに、必死。

いや、姉さんたちの邪魔をしているんじゃないのよ、
一緒に同じことをやりたくて、
姉さんたちの輪に入ろうとしているだけなのよ、ユリは。
悪意はないのよ。わかっているよ、かあちゃんは。でもーーーーーーーーーーー。

わっか飾りを作っているときは、
クレヨンを渡して、絵を描くよう促したり、
クレヨンをぶちまけることに熱中していたので
ひたすらクレヨンを拾っていました(疲)。

今日は、料理のお手伝いとして春巻き作りを
スミレとコウメに託したのですが、
当たり前でしょ!と言わんばかりにユリが参戦してきたので、
とりあえず大葉をちぎる作業を頼みました。
がんばってちぎっていました。

が、集中力が持たなかったのか、
コウメがかにかまを割いているのが気になったのか、
途中から、コウメの邪魔ばかりしていましたけど。
(いいや、邪魔じゃなくって、関わりたいだけ。
 うん。関わりたいだけ。わかっているよ、かあちゃんは。でもーーーーーーー)

春巻きの具を巻く作業のときは、もう、完全に体を乗り出し
コウメの作業を邪魔しようとしてて
(いいや、邪魔じゃなくって、関わりたいだけ・・・以下同文)
仕方なく、洗濯物を取りにいくのを手伝ってもらいました。

でもって、洗濯物を取り終えて帰ってきたころには、
スミレもコウメも、ぼーーーーーーーっとしてて、
やる気半減状態で。

ええ、スミレもコウメもお手伝いをしたいのは、
その間だけでも、私と一緒の時間を過ごせるからであって、
私が不在なら、お手伝いをする意味なんてないようなもの。
そんなわけで、ギャン泣きするユリを抱っこしながら、
とりあえず最後の2,3個だけは、一緒に作りました。















(疲)


















そんなかんだで、えーっととりあえず月曜日終了。
明日は火曜日だけどスミレはお休みで、
えーっと、どこに行くんだっけ?
えーっと、2人の意見をまとめなければ。
つーか、2人の意見を全く無視して100均にでも行こうか。

100均を選んだときの2人の荒れっぷりを
明日のブログのネタにでもすっか(笑)。


ま、明日の朝、ひらめいた行動をとればいいっか。

そうさ、問題は、なんでも、先送りーーーーーーーーー。いえい!!!


***
おまけネタ。

ユリたん。「ちゃちゃ」や「おっぱい」以外の言葉を発するようになりました。

それは


「あけて」


ドアや蓋を開けてほしいときに発するだけでなく、

服を脱がせてほしいときも、
お姉ちゃんのおもちゃを貸してほしいときも、
イスから降りたいときも、

「あけて」



グッジョブ、ユリ。


今日も遠足

今日もいい天気だったので、遠足へ。

行き先は、近所にある神社。
ま、近所といっても、歩いて30分はかかるところなんですが(沈)。

ちょうど秋祭りの日で、お祭り目当てに
いや、屋台目当てに行ってきました。

RIMG0083.jpg
お昼前に到着したので、訪れている人もまばら。

RIMG0085.jpg
わたがしを作っているのを、じーっと観察しました。

境内で、唐揚げやたこ焼きやらを食したあとは、
まきふん公園へ。


RIMG0087.jpg
「ホームレス中学生」のメイン舞台の、まきふん公園。
正式な公園名は、まきふんじゃないけど、もういいや、まきふんで。


RIMG0089.jpg
まきふんでは、ひたすら、ひっつきむしで遊びました。

RIMG0091.jpg
ひっつきむしで、顔を描いたり。

RIMG0092.jpg
描いたり。

RIMG0093.jpg
「シールみたいー!!!」と言って、
ひたすら、自分の服に貼り付けていました。

RIMG0095.jpg
「かわいいでしょ!!!」
うん。確かに。模様みたいになってきたね。

RIMG0100.jpg
「くっつきむし」の正式名称は「オナモミ」らしい。知らんかった・・・。

つーか、どーがんばっても、マクロ撮影でピントが合わへんかったー。どしてー。

RIMG0115.jpg
その後、コウメが着替えたいと言うので、
ノースリーブのシャツを渡したら(今日はノースリーブで充分の暑さだった)
わざわざ、さっき来ていた長袖シャツについているくっつきむしを
全てノースリーブのシャツに付け替えることに。

ついでに、スミレの服につけていたくっつきむしを、
全てコウメの服に付け替えることに。

RIMG0119.jpg
スミレが、まきふんの滑り台で遊んでいる間も
ひたすら、付け替え作業をするコウメ。
くっつきむし、サマサマです。

つーか、そんなに面白かったか?くっつきむし。

ま、私も、幼い頃は、結構楽しんでいたとは思うけど。

帰宅後、庭にくっつきむしを放ちました。
来年、庭一面にくっつきむしが生えるといいね。




まきふんで遊んだのち、また神社に戻って、
おやつ休憩を。

スミレは、わたがしの作っている様子に惹かれたのか、
わたがしを選択。
コウメは、しげおの勧めで、りんご飴ならぬ、ぶどう飴を。

りんご飴なんて、私もしげおも食べたことがなかったのに、
なぜかしげおは、強烈に子ども達に勧めてて。

素直なコウメはその勧めに従って、食べたけど、
食べにくいのなんのって、口はベトベトになるし
ぶどうの皮は吐き出さないといけないし、
なんちゅうか、もう、めちゃくちゃでした。

ま、本人は美味しい!って言っていたので、いいんですが。

でも、二度と食べさせたくないです・・・。
屋台の定番ではあるけど。わたがしでいいじゃんって思う・・・。
ちなみに、わたがしも、私は食べたことがありませんでした。
我が家は、お菓子類には厳しい家庭だったので、
甘いもんは、ほとんど食べさせてもらえなかったような・・・。


てことで、今日も、たーっぷり歩きました。

最後は、もう、ぐてんぐてんだったコウメですが、
なんとか家までたどり着きました。
で、もちろん、、、、
帰宅後も、外でギャンギャン言うて遊んでいましたさ。

夜は、もちろん、ばたんきゅー。

私も、疲れがたまりにたまっているので、
昨日今日はハンドメイド休息日。

はよ寝ますわー。おやすみー。


運動会、終了~★

今日は、スミレの幼稚園の運動会。

昨晩、弁当の下準備をしようと思っていたら、
晩御飯に食べたキムチのせいで、お腹を下し(またか!!!)
うえーん、うえーん、泣きながら、トイレにこもりました。

おかげで、下準備どころじゃなく。
でも、とりあえず、しゃけを焼き、枝豆をゆでて、
お米をセットするところまで、なんとかやって寝ました。

でもって、今日の朝も、気分悪ぅーな状態で

とりあえず、

しゃけのおにぎり、ふりかけのおにぎり、
ポテトサラダ(昨晩のおかずの残り)、
チキンナゲット(スーパーで買いました・・・)
枝豆とソーセージを爪楊枝に刺したもの

という、手抜きぃーーーーーー弁当を作って幼稚園へ。


たくさんの人がいて、わいわいがやがやにぎやかで、
でもって、なかなか、前の方で見ることもできず、
午前中は、ひたすらぐずぐずだった、下2人。

お昼ごはんは、幼稚園の隣にある公園でのんびり食べて、
ようやくリラックスできたようで、
午後の演目は、わりとちゃんと見ることができました。
(1つだけだけどね...爆)


年中の今年は、

かけっこ
綱とり(9本の綱を、とりあっこする競技)
マルマルモリモリダンス
パラバルーン
親子競技

の5つに出場。

走るのは大好きで、いつも家の前の道路を、だだだーっと駆けているから
得意なのかなーと思って、昨晩、スミレに聞いてみたら

「スミレは、おそいのーーーーーー」と。

へえー、そう?そんなこと言っておきながら、案外速かったりしてー
なーんて、思って、カメラを構えていたら、

RIMG0010.jpg
左端の紫色の帽子の子・・・。

接戦じゃなくて、ダントツに遅かった・・・。
もちろん、ビリ★

スミレの発言は、謙遜でもなく、間違いのない事実だったことが判明。


RIMG0037.jpg
親子競技は、しげおと一緒に、障害物競走のようなもんをやっていました。


年中さんの目玉種目、踊りとパラバルーン。
RIMG0044.jpg
3つある円のうち、どの円なのか、事前に聞いており
場所も教えてもらっていたので、その近くに陣取ってカメラを構えたのですが
ものの見事に、バッチリこちらを見る位置にスミレが。

マルマルモリモリダンスを歌って踊っていましたー。

ええ、踊っていたのですよ、スミレが。

昨年の運動会では、手足がかすかにしか動いていなかったあのスミレが。

しかも、マルモダンスなんて、見たことのないダンスなのに。


実は、運動会の練習のことを聞きたくて、
毎日、ちょくちょく角度を変えて質問していたのですが、
なかなか答えてくれなくて。

でも、あるとき、「マルマルモリモリ~」の歌を口ずさんだら

スミレ「えええ?!知っているの!!!」

かあちゃん「う、うん。なんか、聞いたことあるよ。なんで?スミレも知っているの?」

スミレ「・・・スミレは、知らないけど、めーっちゃたくさんの子は知っているよ!」

かあちゃん「も、も、もしかして、運動会で踊るの?」

スミレ「・・・そう」


てことで、急いでユーチューブでマルマルモリモリを探して
見せました。じーっと見ていました。
踊ってみるよう促したら、「運動会のおたのしみ、ね」だとさ(生意気な!)。

それにしても、めーっちゃたくさんの子は、知っているのね、マルモダンス。
めーっちゃたくさんの子の中に入れなかったのね、ごめんね。

でもとりあえず、がんばって踊っているのは見れたので、よかったです。はい。

RIMG0066.jpg
パラバルーン。

パラバルーンを運動会の種目に入れる幼稚園って、多いんですよね。
私は、スミレの幼稚園で初めて知りました。

感動するよーと言われていたのですが、
近所の保育園の子どもたちがパラバルーンの練習をしているのを見ていると
ただひたすら先生に叱られて、怒鳴られて、
うまくできるまでお昼ご飯はなしやで!と脅されて
しぶしぶやっていて、こんなのが楽しいのか?
どうやって感動するんだ?
なーんて思っていました。

が、さすがに年中にもなると、次、自分はどんなことをしたらいいか
ちゃんと順番を覚えているようで、
みんなちゃーんとできていました。
スミレの幼稚園では、そんなに厳しく怒られることもなかったみたいだし。
楽しんで、練習できていたみたい。
(ま、実際の練習風景は観ていないので、事実はわからんが)

RIMG0068.jpg
こんなんとか。

RIMG0069.jpg
こんなんとか。

きれいでした。

スミレは、きれいなのが好きだから、こういう色とりどりの布を
動かして、何かに見立てるのって、好きだったのかも。

運動会の練習の話も、99%パラバルーンの話だったし
今日もわざわざ「何が楽しかった?」って、わたしに聞いてきてて
「マルモとパラバルーン、両方!」って言ったら、
ちょっと寂しそうな顔をしていたから・・・。
マルモダンスよりも、パラバルーンの方が好きなのは
なんとなくわかっていたんだけどね、私も意地悪だね・・・。

てことで、えーと、とりあえず終わりましたー。

運動会の何が大変って、お弁当作りでもなく(手抜きだしー)
場所取りでもなく(そんなことは、しないー、無駄ー)
下の子のぐずぐず&退屈しのぎをどうするか
それが、一番、疲れることでしてー。

こういうとき、つくづく、一人っ子が羨ましく思えます。

RIMG0043.jpg
幼稚園の隣にある公園で、少し遊べたことが、
コウメにとっていい気分転換になりました。
これがなかったら、最悪でしたー。途中帰還していたかもー。

ちなみに、弁当の一番の人気は、
ソーセージと枝豆を刺したもの、でした。
備忘録なりー。来年も同じものを作るぞー(手抜きしすぎー)。


でもって、どうでもいいことだけど、
明日も休みで、月曜日も休日だからお休みで、火曜日は今日の振替でお休み。
しげおは、月曜日から仕事に行きますーーーー。
またまた3人の子どもを抱えて、何をしようか迷いますー。
やっぱり、また、遠足?
それとも、住宅展示場に遊びに行く?
それとも、近所の公園でピクニック?

ああ、どうしようーーーーーーーー。


思わず笑ってしまった、、、らしい

コウメ話。

幼児教室でも、いまだに一言も発していないコウメですが、
昨日は、公園で鬼ごっこをしたらしく、
先生に追いかけられるのが楽しくて楽しくて、つい
ゲラゲラ笑ってしまったらしいです。

でもって、笑ってしまった瞬間「あ、声を発してしまった!」という表情をして
はにかんだのだとかーーーーーーーー。
その後も、先生たちに、追いかけられては、
ゲラゲラ笑っていたんだとかーーーーーーーーー。

最近、見送りに行って、教室に入っても、鬼の形相をしていなくて。
ちょっと、やわらかい表情でバイバイしてくれて。
帰るときも、先生に手を振る仕草だけは、できるようになったし。

ほんとはね、ほんとはね、コウメって、すごく積極的で
人懐こくって、誰かに伝えたいこと、たーくさんあるんだよ、
ってことが、わかってもらえるようになるといいね。

でも、もうすぐ幼稚園。
もう一年くらい幼児教室でみてもらいたいんやけど、
受け入れてくれへんのやろうかーーー。
今度、相談してみようーーーーーー。


そんなコウメ。

幼児教室で歌っている歌を、家でも歌ってくれます。

「ひらいたひらいた、なんのはながひらいた」の歌も好きで
よく歌っています。

が、歌う歌詞はいつも、


「しぼんだしぼんだ しぼんだと思ったら、いつのまにか・・・しぼんだ♪


 しぼんだしぼんだ しぼんだと思ったら、いつのまにか・・・しぼんだ♪


 しぼんだしぼんだ しぼんだと思ったら、いつのまにか・・・しぼんだ♪」




って、いつ開くねーーーーーーーーーーん!!!




***

ユリの話も。

ユリたん。クリップの開け閉めを自由に行えるようになっていました。

窓際に紐をつるしていて、そこにいつもクリップを挟んでいるんですけど
取ることも、そして、片付けるときに、ちゃんと元通り
紐に挟むこともできていたんです。しかも、偶然じゃなくて、普通に。

1歳4ヶ月なのに。
世の中の子は、こんなもん?
コウメには2歳の間も、必死で教えていたような気がするんやけど。


てことで、今日も、進化しています、ユリたん。

でも、「おちゃつくってください」が、言えなくなりました。

何度も言わせようとしたのが悪かったのか、
今では

「×●★△■○※×・・・」


全く日本語になっていない・・・。

言葉は、退化しちょります。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす