FC2ブログ
   
08
1
2
4
5
7
8
12
13
14
15
17
20
23
24
26
27
28
30
31
   

図書館で借りた絵本

2週間に1回は図書館に行っているので、
そのたびに、何冊かのヒット絵本と出会えるのですが、
なかなかそれをブログに記録しておくのが、面倒で、忘れてしまいます。

てことで、今、借りている絵本の中から、娘たちのお気に入りのものをご紹介。


【送料無料】おいしいみず

ひらがなをスムーズに読めるようになったスミレは、
絵本を読むという暴挙に出ました。

でもって、必死こいてこの「おいしいみず」を読んでいました。
途中であきらめていました。そりゃそーだ。

少し物悲しく、でもファンタジーあふれる内容を気に入ったのはスミレ。

たいして可愛くない絵なんですが(片山健さん、すんません・・・)
じっくり耳を傾けて聴いていました。


【送料無料】いもうとのにゅういん

「あさえとちいさいいもうと」の続編である「いもうとのにゅういん」。
林明子さん&筒井頼子さんの絵本は、スミレもコウメも大好きです。

あさえがお見舞いにプレゼントを持っていくという設定を気に入ったスミレは
早速、再現遊びを。

お見舞いのプレゼントをいろいろカバンにつめて病院に向かったのですが
なぜか「看護婦さんからプレゼントをもらった」と言って帰ってきました。
(もちろん、絵本の中でそういう話はないが・・・)

なんじゃそりゃーな、再現遊びでした。



【送料無料】いわしくん

絵本の読み聞かせで、読んでもらった1冊。
魚の一生が描かれていて、大人心に、うーん、いい話だ。
これだったら子どもも理解できるだろう!と思って借りて帰ったのですが
スミレもコウメも、さっぱりわからなかったようで、
なんで?なんで?を繰り返していました。

なんでわからないのよーーーーー!!!(怒)



【送料無料】みつこととかげ

ほんわかした物語です。
「トマトさん」のようなインパクトに欠けるとしげおは言っていたのですが
(著者は同じ田中清代さん)
途中、トマトさん(のようなトマトさん)が登場していて
なぜかホッとしました。やっぱ、トマトさん、いいよー。



【送料無料】コップをわったねずみくん

ちょうど図書館に行った日の朝、
コウメがガラスの器を割ったので、
こりゃあタイミングがいい!と思って借りてきました。

ねずみくんは、コップを割ったことを
他の人のせいにしようとしていたんですが
コウメは「だめ!だめ!だめ!」と必死に首を横に振っていました。

コウメって、まじめで正直者だなあと改めて思った一冊です。


あとは、さく:内田麟太郎 え:長谷川義史 の「かあちゃんかいじゅう」。
(リンクが貼れなかった・・)

インパクト大だったけど、「かいじゅう」という設定が
女子の娘たちには、いまいちピンとこなかったらしい。
第一、怪獣ってなに?って感じだもんね。
プリキュアに出てくる悪いやつ、って説明すればいいのかなあ。


てことで、こんなもんかな。とりあえず備忘録って感じで。

さいなら。


スポンサーサイト



姉さんたちもがんばっている*かあちゃんも

コウメが、くもんの難しいパズルに挑戦し完成させた数日後、
スミレも同じパズルを、こっそり持ち出し、作っていました。
コウメのやっていることに、意外と影響されるスミレ姉さん。

夏休みは、ユリとコウメが揃って昼寝してくれたおかげで
スミレと一緒にまったり過ごす時間ができました。

ぐたぐた絵を描いたり、ぐたぐたおしゃべりしたり、
おやつを作ったり、はさみで切り紙遊びをしたり、
縫い刺し遊びをしたり、のり貼り遊びをしたり、
チラシで棒作りをしたり。

もちろん、スミレがやっていることは「私もやりたい」と言うコウメですから
昼寝が終わったあとは、スミレがやっていたことを
自分も気が済むまでやろうとします。


そんな姉さんたちの作品をご紹介。

***

・切り紙
RIMG4447.jpg
右がコウメ作。真ん中がスミレ作。

RIMG4437.jpg
切り紙をラミネート加工し、
グラデーション折り紙(スミレの切り紙のみ)を使うだけで
めっちゃ上手に切れているように見えるのは、なぜーーーーー!!!

実際は、線どおりに切れず、ぐちゃぐちゃなんですけどー。

でも、ラミネート加工して、こんなふうに階段に吊し
風が吹くたびに、ゆらゆらして、とても涼しげ。

つーか、もうすぐ秋ですけど。
こういうの、夏の初めにやっておけばよかった・・・。


**

・棒作り

チラシを丸めて棒を作るのは、
我が家では、日常茶飯事の遊びです。
作った棒は、ペープサートの棒にもなりますし、
ポッキーにも変身します。

が、この
細く固く丸めるという作業は、
手先が育っていないと、なかなか上手くできません。

以前は、スミレもコウメも「できないーーーーー!!!」と、
投げ出していた棒作りの作業ですが、
何度も何度もやっていくうちに、だいぶ細い棒が作れるようになりました。

スミレは上手くいかなくても投げ出すこともなく、しかも
「チラシは小さいほうが丸めやすい(すぐに丸め終えられる)」
ということに気づき
自分で、チラシの大きさを調節しながら、丸めていました。
かなり細いものが作れるようになりました。

コウメも、幼児教室でときどき作っているようで、
以前は、メガホンか!っていうくらい、
でかくて幅が違うものしか作れなかったのですが
今では、ほぼ均等の幅の棒が作れるようになりました。
細さも、だいぶ細く丸められるようになりました。

昨日は、
ぬりえノートの絵の部分だけを切り取り、
それを、このチラシ棒にとりつけて、ペープサートを楽しんでいました(スミレ)。

RIMG4441.jpg
ペープサート(劇)の舞台は、必ずソファの後ろ。

RIMG4446.jpg
ソファにかけてあるタオルは、海を表現(だそうです)。

ちなみに、今日は、
コウメがチラシ棒を作りたいというので作りました。
劇もしたいというので、しました。

コウメの劇は「じゃんけんでグーで負けた人が、この子の名前を決めます」
という、主人公の名前を観客に決めさせるところから始まるという
新しいスタイルのもので、しかも、グーを出さないと怒られてしまう
緊張感あふれる内容となりました。

でもって、名前を決めたのに、なかなか話が始まらず、
ペープサートを持って、舞台を降り、観客のところに来て
劇が始まるという、これまた奇想天外な演出もありました。


***

そんなわけで、姉さんたちも、毎日、がんばっています。

***

かあちゃんも、がんばっています。

最近、あまりにも肩が凝るので、
「火を使わないお灸」をしています。

でも、火を使うお灸をしたいと思うくらい、
まじで痛いです。コリコリです。助けてください。

RIMG4438.jpg
NEWスリングを作りました。

サッカー生地が安くで手に入ったので、それで作ろうと思っていたのですが
白地にチェックのデザインだったので、
どう見てもそれ、パジャマでしょ、って感じがして、やめました。

でもって、前回買った生地屋さんをと探し出し
いい布ドットコム
改めて購入することに。

1歳3ヶ月のユリは、スーパーでは歩くし(カートにも乗ってくれない)
とにかく歩きたがるので、スリングに入ってくれることは滅多にありません。
今回も、新しく作ったものの、
いまだ一度もNEWスリングの中に入っていませんし。

でもなんちゅうかなあ、お守りのような感じです。
寝かしつけのときに使うかもしれないし、
外出先で寝そうになったら、使うかもしれないですし
未だに、ベビーカーやカートを持ってくると
「なんでユリが座るの?!」と言うコウメもいますし、
使うときがくれば、使うでしょう。きっと。

てことで、このまま使われないなんて無残なことを考えず
ええ、前向きにいきましょう!!!ええ!
なんか、作ったのに使われずに1年が過ぎてしまいそうな予感がしてきたので(爆)。


ユリ1歳3ヶ月の成長記録

昨日、ジョリーパスタの床に寝そべっていました
1歳3ヶ月のユリたん。

最近、地面の温度を計っているのか、
寝心地を確かめているのか、
地面にうつ伏せになって横たわり、
顔を左右交互に地面につけて楽しむ(?)ことをします。

先日は、アスファルトの温度を確かめては、うっとりし
昨日は、ジョリーパスタの床の寝心地を確認していました。


そんなユリたんの成長記録を。

***

*だだこねの姿勢

自分の意思が通らないとき。
スミレは、うつ伏せになって地面に横たわり、
ギャン泣きをすることが多かったのですが、
ユリは、ギャン泣きしながら、ハイハイで円を描くように回るんです。

ハイハイで動き回るので、抱っこすらもさせてもらえませんし
抱っこしようものなら、超高速ハイハイで逃げられてしまいます。


*じっとしていない

スミレやコウメは、食事時になると、ぺたっとイスに座って食べます。
途中、食べることを放棄してまで遊びに行くことはありません。

そんな姉さんたちを毎日見ているので、
ユリもちゃんと座って食べていま・・・・・・せん

しげおの実家では、和室で食事を摂るので、
簡単にイスから降りれますから(あの牛乳パックのイスです)
1分、いや10秒たりとも座っていませんでした。

おうちでは、ベルト有のイスに座らせていますし、
なんせ、イスも高い位置にあるから、そう簡単には降りれないんです。


が。


が。


が。


降りようとするんですわ。

ベルトから抜け出して、降りようとするんですわ。
自殺行為ですわ。
「おちるーーーーーーーーーーー!!!」と叫んで
ワタクシ、いつも飛んで助けに行っています。

そこまでしてーーーーーー。
イスから降りたいのかーーーーーーー。
そこまでしてーーーーーーー。
おもちゃで遊びたいのかーーーーーー。

もちろん、ひと遊びしたのち、おなかが空いたら、戻ってきて、
食べさせてくれとせがまれます。

よくこぼすわ、ぐったらぐったら食べるわの、姉さんたちが
とおってもおりこうさんに見えてしいます。

ユリが落ち着いて食事を摂ってくれるようになるのは、
いつになるやらーーーーー。

でも、ユリたん、麺類やヨーグルト、チキンナゲット等は
全て自分で食べています。

スプーン、フォークの使い方も上手くなりました。

おちゃは、コップに入れさえすれば、
自分で持って飲みます(持ち手がないものでもOK)。

つーか、姉さんと同じように、
水差しに入ったお茶を自分のコップに入れたがります。

つーか、私のガラスのコップで
お茶を飲みたがります(まだ割られたくないー!!!)。

以前は、紙コップで水を飲むとき、
自分の怪力具合を確かめるかのように
ぐちゅーっとコップを潰していたのですが、
今は、潰さない力加減を習得したようで、
普通に、こぼさずに飲めるようになりました。快挙です。

今は肉食です。

皮のないソーセージが大好きです。
チキンナゲットも好きです。
鳥の手羽元も、かぶりつきます。ガツガツ食べています。
姉さんたちよりも、よく食べているような気がします。

それでも、それでも、やっぱり、おっぱいが大好きで。

「おっぱい飲む?」と聞くと、にこーって笑うし、
おっぱいを見せると、にこーって笑うし、
おっぱいを隠すと、にこーって笑います(オツム弱い?)。


*言葉

宇宙語で独り言をよく言っていますが、
ちゃんと聞き取れるのは「ちゃちゃ」だけ。

ま、夏場ですし、水分補給を乞う言葉がちゃんと言えるのはいいこと、いいこと。

でも、案外、他の言葉が出てきそうにありません。

「ママ」よりも、「ちゃちゃ」のほうが、はっきりと聞き取れますし
「ママ」よりも、「ちゃちゃ」のほうが、発声する頻度も高いです。


ただ、日常会話レベルの会話は、
少し理解できるようになってきたようで
「こうめちゃんに渡して」って言うと、
ちゃんとコウメの方に持っていきますし
「貸して」「ちょうだい」
「それはダメ」「いいよ」という言葉も理解して、
手を引っ込めたり、隠したり(渡したくないとき、ね)
「ありがとう」と言われると、にこーっと笑ったり
それなりにコミュニケーションがとれるようになってきました。

相変わらず、外が大好きで、
最近では、私が手が離せないときには、
スミレがユリを外に連れ出してくれています。助かっています。

***

ま、そんなわけで、成長が著しい1歳児。
毎日いろんな発見があって、とても楽しいです。
でも、向こう見ずなところもあって、
スーパーでは、よく見失います。

3人目にして、初めて「迷子になる可能性の高い子」を育てています。

スミレやコウメは、私から離れないでついてきてくれるので、
ホンマに助かりますわ。ああ、ええ姉ちゃんたちやー。
ユリも見習ってくれやーーーーーー。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす