FC2ブログ
   
06
1
3
4
5
6
8
10
12
13
17
18
19
21
23
25
26
28
30
   

賢いお母さんはエアコンON

暑いっす。まじ暑いっす。
雨、全然降らないっす。梅雨っすか?


てことで、暑い、それだけで、私も子どもたちもイライラ。
朝から、些細なことで、ギャンギャン泣いています。
気がついたら、ご近所さんからも、同じような泣き声が朝から聞こえてきます。

それでも、やっぱり、家計のこと、電力供給のことを考えると
昼の一番暑い時間帯ですらも、エアコンはつけられないわーと思って、
扇風機だけで汗かきかき、娘たちと奮闘していました。

が、
ふと外へ出てみると、ご近所さん(何軒も)から室外機の音が・・・。
どうりで静かだと思ったよ。
泣き声も、笑い声も聞こえないので、どうしたのかな?って思っていたら
やっぱり、みんな、エアコンかけているんやね・・・。

賢いお母さんは、やっぱり、こういうときは無理せずに
スイッチONするんやね・・・。
そうしたほうが、子どもたちと喧嘩せんで済むもんね・・・。


***

てことで、えーっと、今日は、ぐたぐた日記です。

娘たちに、ワンピとスカートを作ろうと思い
型紙とって裁断するところまで昨日がんばったのですが、
いろいろあって、今日は休息日。

いやあ、いろいろありまして。
たいしたことじゃないけど、いろいろ。

先週金曜日は、もう耐えられなくて、苦しくて
自分が壊れていくのが、パニック状態であってもよくわかって
でも、しげおに助けられて、なんとかリカバリーできたかに見えたのですが
でもでもやっぱりダメで、今日も、ほんと壊れました。

言葉で説明できるほど、客観視できておらず、
いろんなことが相成って、潰されそうな感じです。

先週金曜日に、しげおにHELPを出したところ
あまりにも唐突だったからか
「誰かが亡くなったのかと思った」と言われたのですが
そういう類のもので、潰されているわけじゃありません。
たかがそんなこと、というような、たかが、のことです。きっと。他人から見れば。

***

ま、この話は、さておき。

昨日、幼稚園から帰ってきたスミレは、
元気がなく、ぐったりしていました。
朝から下痢気味だったので、夏風邪かなと思い
昼寝をさせてみたのですが、38.3度まであがり、
夜ご飯もほとんど食べずに寝させました。

今朝は熱も下がり、とっても元気だったので
幼稚園に行かせることに。
本人も入りたいと言うので、プールもOKです、と連絡帳に書きました。
ただ、登園後、体調が変化するかもしれないので
「登園後、元気がないようであれば、入水を見合わせていただいてもいいです」と
付け加えて書いておきました。

すると、朝の9時半の時点で、担任の先生からTELが。
「今、熱を測ったら37.4度です。お迎えにきてください」と。



ええええええええええーーーーーーーーーーー!!!

37.4度で、お迎えーーーーーーーーーーーー???

子どもなら、この暑さで、37.5度前後になるのは、
問題ないでしょーーーーーーーーーーーー!!!



スミレの幼稚園は、心配性というか、
ちょっとしたことでお迎えのTELがかかってきたり
37.5度以下でも、強制的にお迎えさせられるケースもあると聞いていたので
ややや、やっぱりか!と思い、

「スミレの様子はどうですか?
 ぐったりしていなければ、今日は午前保育なので、幼稚園でお願いします」

と、強気に言ってみたところ、わかりました、と。

案の定、降園前に測ったら、36.9度だったようで一安心。

つーか、今日だけでも、登園後、降園前の2回も熱を測らされたようで。
そのたんびに、担任の先生からTELがあって。

やりすぎじゃない?って思ったのね。
でも、連絡帳に
「昨日、降園後、ぐったりしていて熱がありました」
と書いたところにひっかかったのか

朝のTELで、いきなり
「すみません!!!ぐったりしてたことに気づかなくて!」と謝られてしまって・・・。


いやいや、ぐったりしていたことに気づかなかったことを責めるつもりはなくて。
ただ昨日今日の状況を書いておかないと、
プールの入水を判断するときに困るかなと、思っただけで・・・。

スミレは、いつも、大人しいし、未だにしゃべらないし
目立たないし、先生の視界に全く入っていないし
元気があるのかないのかなんて、先生が気づくわけがないだろうと
親の私も半ば諦めています。

だから、ぐったりしていることに気づかなくても、いいんです。
仕方ありません。30人の野獣を1人で相手しないといけないんですから。

でも、だからといって、連絡帳にいろいろ書いたがために
37.4度で、お迎えのTELをしてくるのは、どーかと思う!!!


幸い、ちゃんと親の意見を聞いてくれる先生だったから
私も強気に発言できたけど、
幼稚園ママたちの話を聞く限り、
融通が利かない先生もいるようで、
37度を越えていたら、いかなる事情があっても強制お迎えを
要請してくることもあるみたいなので、そこは大変ラッキーだったけど。


***

それにしても、子ども30人に対して先生1人って、間違っていると思う。
幼稚園なんて、どこもそんなもんなんだろうけど、オカシイと思う。

積極的に先生や子どもたちと関われる子どもなら問題ないと思う。

積極的すぎて、トラブルが多い子も、トラブルが多い分、
先生がたくさん関わってくれるので、怒られることも多いけど、
その分、誉められることも多くて、得していると思う。

スミレのような消極的で、大人しくて、トラブルを起こさない子は
先生の視界に入ってきていないから、話しかける機会もほとんどないし
怒られることはおろか、誉められることも滅多にない。

スミレは、人が大好きだから、先生にいっぱい関わってもらいたいのに
ほとんど声をかけてもらえていない。
いっぱい関わってもらいたいと思う反面、
設定保育の中で、ぼーっとしていてても何も咎められずに過ごせることも
スミレは好きみたいだし。
(強制されることが大嫌いだから)

そんなもん、といえば、そんなもん、やと思う。

でも幼少期のときくらい、もうちょっと手厚く見守ってくれたらいいのになあと。
うちの子のような、消極的でなかなか周囲と関わりが持てない子にも
優先順位をあげて、対応してほしいなあと思うんやけど。
それって、親のエゴなんやろうかなあ。

***

話はぶっ飛びますが、ユリとのおっぱい生活は
相変わらず濃密で、執着しています。

3人目にして初めて1年を越す授乳生活を経験しているのですが
おっぱいって、いいですね。まじ、いいです。
特効薬になりますね。ぐずっていたら、とりあえずおっぱい。
おもちゃを取られて泣いたら、とりあえずおっぱい。
大人しくしてほしいときも、とりあえずおっぱい。

ユリが欲していないときにも、私の都合で飲ませていることも多く、
依存しまくっています。

あかんのでしょうよ。こういう使い方。ほんまはね。
ユリが欲していたら、別ですけど。

でも、ユリも調子こいてきて、
抱っこされたら必ず服をめくっておっぱいを確認するようになりました。
(欲しいというサインです)

夏は特に水分が必要になるので、おっぱいは止められません。

いつまで続くのか。

母子ともにおっぱいに依存しないよう、
身体的な面では、おっぱいを卒業できるように
関わってあげないとなあと。
(つまり、赤ちゃんとしてじゃなくて、幼児として接していかないと)
精神的な面では、まだまだ頼ってくれていいかなあと。
スミレやコウメができなかった精神面でのフォローを
おっぱいが担ってくれれば、おっぱい冥利に尽きるというか。


てことで、暑いですねー。ほんと。暑い。
夜だけでも涼しくなってくれたら、エアコンつけなくていいのにねえ。とほ。
今年の電気代が怖いーーーーーーーーーーーーーーー。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす