FC2ブログ
   
06
1
3
4
5
6
8
10
12
13
17
18
19
21
23
25
26
28
30
   

敬語を使うか否か*安全ピンの跡

幼稚園(&幼児教室)に娘たちを通わせるようになって、
すごく違和感を覚えたことがあります。
それは、園児に敬語を使うということ。

正確に言うと、保護者に対して
「○○ちゃんは、いつもお砂場であそんでいらっしゃいます」
というように、保護者に対して敬意を払うための敬語が使われます。

これって、普通なのかなあ?
昔から、こうだったのかなあ?

「○○ちゃんは、いつもお砂場であそんでいます」

これで、全然問題ないと思うんだけどー。
こっちのほうが、すっきりするんだけどー。


***

安全ピンの跡を気にする人って、ほんと気にしますよね。

私は学生時代から、気にする人の感覚が全く理解できなくて
でも、なんでそこまで気にするのか、聞くこともできず
あらふぉになりました。

もう、充分大人になったし、怖いもの知らずなので、聞きます。



なぜ、跡が気になるのですか?



ン十万する一張羅のスーツに、安全ピンを通すのには、
確かに勇気が要ります。わたしも、ピンを通すか否か熟考します。

でも、たいていの場合、安全ピンについているのは名札であり、
通す先は制服であり、長くて3年着るだけの服です。

跡がついたところで、その先の生活には、なんの影響もない服です。

今は、跡が気になる人用のワッペンなんかも登場(幼児用)。
制服にわざわざワッペンを付けて
(しかも、付けるのに、縫い付ける必要あり...矛盾してない???)
ワッペンについたわっかのところに、ピンを通すような仕組みになっています。

そこまでして、そこまでして、そこまでして、
跡を残したくないのかーーーーーーーー!!!

どなたか、反論できる方、その御心を教えてくださいましーーーーーーー。


夏用リース*シュシュ*おかたづけ

夏用のリースを作りました。

R0015503.jpg
白い花以外は、庭にある草花をドライにして使いました。


ドライフラワー&リース作り、面白いです。
思いのほか、楽しんでいます。

今は、どんな草花がドライに向くのか、
ドライにしたときの雰囲気が好きなものは何か、
リースにしやすいものか・・・
そんなことを調べるため、庭にある草花を片っ端からドライにして
実験しているところです。

キンポウジュやユーカリの葉は、
よくドライにされリースに使われているのですが
それ以外でも、メキシカンセージの葉も、
かなりいい感じにドライになりましたし、
いろいろ試してみると、面白い発見がありそうです。

でもって、庭で育てる草花は、ドライにできるか、リースにできるか?
という観点で、これから買い足していこうと思います。
とりあえず、メキシカンセージは大量に買おうっと。
もち、近所のおうちのお庭から
お裾分けしてもらうことも視野に入れているけどー。

ちなみに、今、我が家で一番キレイに咲いている花は
アジサイですー。青色のアジサイを今春購入したのですが、
見事に咲きましたーーーーーー。アジサイを購入したのは、
アジサイをドライにして、リースを作るため!
まだまだ咲ききっていないので、しばらくは観賞して楽しみたいのですが
観賞が終わったら、ドライにしますーーー。
アジサイリースを作るの、今から楽しみでーーーーーーす。

つーことで、また新しいリースが出来上がったら、ご報告します。


***

幼稚園の制服を譲ってもらったお友達にプレゼントするシュシュを作りました。

R0015523.jpg

R0015524.jpg

パッチギャザースカートのはぎれを使って。

ちなみに、作ろう、作ろうと思っていたパッチギャザースカートですが
裁断を終えた時点で、やる気をうせてしまい、
いまだ、何も縫い合わせていません(撃沈)。

でも、上記のように黄と赤の華やかな雰囲気の生地を使うので
この夏、たくさん履けたらいいなあーーーーーーとは思っているんですが・・・。


ついでに、お母さん用にも。
R0015522.jpg
地味すぎたかなー。

でも、派手すぎるんよりかは、ええかなあと。
なんせ、アラフォーやし(そのお母さんね、わたしもアラふぉやけど)。


***

でもって、えーっと、最近は、ほとんどミシンを出していません。

でも、夜な夜な活動しています。

ええ、夜な夜な、整理整頓、しているのです。

でも、整理整頓しては、数日で乱れ・・・というのが現状ですが。

とりあえず、ハンドメイド関連に関しては、
布以外の資材(レースやゴム等)を、グルーピングして収納しました。

子供たちと遊ぶ工作や遊びの資材は、
ベルメゾンでカラーボックス用の引き出しを購入して
なんとかカラーボックス1個だけに納められました。
(それでも多いって?文房具、折り紙、ノートも含めるとこうなっちゃったー)


本も、テーマごとに収納したり、
台所の食材引き出しも、少し整理整頓。
(すぐに、ユリ怪獣にぐちゃぐちゃにされたけど)

私の片付けの傾向(癖?)は、
地道にコツコツと、、、では、決してなく、
思い立ったら、がががーーーーーーーーっと!タイプです。

なので、がががーーーーーーっとやったあとは、ほったらかし。

今までも、そんな感じでやっていたので、自己満足で終わって、
すぐにリバウンドしてしまって、意味ねえ!!!って思っていたのですが、
今回は、全ての収納において、テーマ別に分けたことで、
そう簡単にリバウンドしないようにしています。

例えば、本だと、今回整理してみて気づいたのが、
「育児本」と「ハンドメイド本」が多すぎる、ということ。

なので、育児本、ハンドメイド本は、しばらくは買い足さないようにし、
もし、買い足すときは、今持っているものを売りに出すようにするなどし、
テーマごとのスペースをカッチリ決めて動かないようにしています。

捨てきれない雑誌は、今まで切り抜きをして、
さらにファイルに入れていたのですが、
ファイルに入れたら、滅多に読まないこともわかりました。

なので、切り抜いたものは、いつでも読めるようところにおいて、
何度も何度も繰り返して読み、もうええわ、って思えたら捨てることにしました。

どうしても!という場合は、こうやって、ブログに文字として記録するか、
子育てノート(ママ塾関連のことを書いている)に、書き記しています。

工作資材のカラーボックスも、整理したことで、
何を多く買いすぎているのか、わかりましたし、
(我が家の場合、やたらめったら両面テープとノートが多かった・・・)
今まで「もったいない」と思って、滅多に出さなかったけど、
折り紙や紙皿なんかも、ケチケチせんと、使わせてあげないとなあと。

工作資材に関しても、引き出しに入らないものは買わないようにし、
その分、もっともっと工作の時間を増やしたり、
いろいろな資材を使ったり、文房具(コンパスなど)も
積極的に使わせていこうと思います。


あとは、たくさんの布や、リメイク用の服、はぎれを
いかにキレイに、でもって、使いやすく収納するのか、
というのを、これから考えて、自分で布用の棚を作ろうと思っています。
ぎゃんばるぞー。取り掛かるの、いつになるかわからへんけどー。


子供たちのオモチャの収納も、ちょこちょこ変えていきたいけど。
まだそこまで余裕ありませーん。
つーか、今の収納方法が、だいぶ落ち着いてきたような気がするので
今更変えたくないしー。でも、ごちゃごちゃしているーーー!!!(怒)


探求の時期

娘たちの遊びの話。

★三女・ユリ

コウメに作ってあげた(↓3歳の誕生日にプレゼントしたやつ)
スナップボタンを外したりつけたりするおもちゃを見ては、
興奮して、外しまくるユリの様子に、
かあちゃ、一念発起し、同じようなおもちゃを作ったのですが、
ほとんど見向きもしてくれませんでした(撃沈)。

で、結局、ユリようのスナップボタンはどこかへ行き、
今でも、コウメのおもちゃを漁っては、コウメに怒られてどつかれて泣いています。


ええ、家の中に、たーくさんの魅力的なおもちゃ(紙コップとか、ね)が
並んでおり、おねえちゃんたちがそれらを使って、
楽しそうに遊んでいる姿を見ているユリには、
新しいおもちゃ(手作りであっても)は、必要ないんだなあ、、と。

それに、スミレやコウメが小さかったときに比べて、
家の中、外には、いろんなものが転がってまして。

今日も、外で、貝殻を使って遊びました。

1.植木鉢の中に、貝殻を落とす。

R0015479.jpg
2.拾って・・・


R0015483.jpg
3.机の上にあるレンガに乗せる

4.もう一度、植木鉢の中に落とす。


これを、ずーっと繰り返していました。
楽しそうでした。


昨日は、

「デュプロを箱から出して、歩いて少し離れたところにある机の上に置く」

という作業をずーっと繰り返していました。


箱のようなものをみれば、とりあえず、入れてみる、出してみる。
円形のものがあれば、とりあえず、ころがしてみる、まわしてみる。
でこぼこしたものがあれば、とりあえず、触ってみる、食べてみる。

そのような探求遊びが、盛んになってきました。

開いている引き出しがあれば、目ざとく反応し、
高速ハイハイ&歩きで、引き出しのところに行き、
とりあえず、中のものを出しています。
最近は、出したあとに、しまう、という行動も見られるようになりました。

おもしろいです。
1歳児。おもしろいです。

観察している私もがワクワクしてしまいます。


★二女・コウメ

幼児教室で作った作品。
R0015460.jpg
切り紙も上手くなってきました。

R0015461.jpg
色の濃い順に並べているようです。


また、こちらが何も誘導しなくても、勝手に工作をするようになりました。

R0015458.jpg
トイレですってよ。

R0015459.jpg
蓋も再現していますわよ。


ていうか、なんでなんでしょうね、なんで、トイレなんすかね。

スミレもそうなんですが、
工作で「トイレ」を作る回数(確率?)が、めっぽう高くって。

コウメは、ほんとここ最近、トイレブームで、
この後も、積木でトイレを作っていました。


★長女・スミレ

R0015457.jpg
スミレが積木で家を作っていたのですが、
コウメが「トイレがない!」と言いだし、トイレだけは、コウメが作ったようです。


R0015456.jpg
食卓(イスもちゃんと5脚あるよ)。

R0015455.jpg
階段も作ったよー。

R0015454.jpg
全体像はこんな感じ。

我が家の積木は192個あるんですが、
こんな作品を1人で作っていると、どう考えても、足りない・・・。

この日は、コウメの機嫌がよかったのか、
スミレ1人で積木遊びをしていたので、こんな大作が完成したのですが、
普段なら、「コウメもーーーーーーー!!!」となり、
半分くらいの小さな作品しか作れません。

デュプロのときも然り。

買い足したい・・と、1年前からずーっと思っているのですが
なかなか勇気がなく(というか、お金がなく・・・)。

でも3人で遊ぶようになったら、明らかに足りない・・・よね。

デュプロを買い足すべきか、積木にするか・・・。




プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす