FC2ブログ
   
05
1
2
3
5
6
12
13
14
16
19
21
22
23
24
26
28
29
   

1人じゃなくて3人

3人の育児も、1年が経ちました。

こどもが0人→1人になったときの大変さを100とすると

1人→2人=500
2人→3人=60


我が家の場合は、こんな感じでした。

長女が生まれたときは、自分の時間を作ることに、
いや、自分の時間が、1日の中でとても限られたものであることに
気づき、その事実を受け入れるまでが、ひとつの山でした。

ようやく受け入れたと思ったら、二女が生まれ、
我が家では、このときが一番、大変なときでした。
引越しありーの、赤ちゃん返りありーの、イヤイヤ期真っ最中だの
寝ない子女王だの、入院だの(×2+1...)、
ありとあらゆることが「負」のエネルギーになり、
ほんまにほんまに大変な時期でした。

三女が生まれる前に、私自身の入院があり(↑上記の+1の部分ね)
これをきっかけに、
しげおが仕事する時間も変わり(家で仕事する時間を増やしてくれた)
夫婦だけでなく、しげおとこどもたちがおしゃべりする時間も増え
1日の中で、こどもたちもストレスを吐き出すことが自然とできるようになりました。

そんなことがあっての三女誕生だったので、
大変っちゃあ大変なんですが、長女や二女を育てていたときのような
孤独感というか、密室育児感は、だいぶ軽減されました。


ただ、3人乳幼児がいるというのは、物理的に大変です。
1人で3人の相手をするだなんて、
こどもを産む前までは、そんなことができるのは保母さんだけ、だと思っていましたから。

しかも、大人が2人いても、どちらかがこども2人をみないといけないので
休む暇、なしです。はい。週末、しげおもわたしもフル稼働です。
実家に帰っても然り。
じいじばあばもそれなりの歳なので、1人の相手ができれば良い方で、
ほとんど相手ができないので、結局、しげおとわたしがフル稼働せざるを得ません。
なので、実家に帰っても、まーーーーーーーーーーったく休まりません。


あとは、幼稚園&幼児教室の送り迎えで、他の子たちを振り回すのも大変です。
ま、同じ幼稚園に通わせていたら、そういう悩みもないんでしょうから
自分が蒔いたは、自分でなんとかしろ!って感じなんですけど(沈)。


「早く早く」と急き立てないように
朝ごはんには30分、夜ご飯には1時間半の余裕をもった
スケジュールをしいています。

それでも。それでも。それでも。
夜ご飯を食べ終えるのに1時間半を越えることもあるのです。
「早く」を言わざるを得ないことがあるのです。
おそらく、こどもが1人、ならば、こうはなりません。

1時間半の間、私がユリと格闘しているのを、上の2人がぼーっと見ていたり
途中でスミレがコウメにちょっかいを出して
2人でじゃれあい→喧嘩に発展し・・・
喧嘩が収まったころには、ユリが凶暴乳児に変身してて
慌てて授乳&寝かしつけを試みるために、和室に行き
和室に行った私たちを、ぼーっと眺め・・・

と、そんなことをしているので、結局1時間半を越えてしまうのです。
3人だからこそ、時間がかかるのです。

お風呂も然り。

とにかく時間がかかるのです。

急き立てるのは、なるべくやめよう、と思っていても
のらりくらりやられると、寝る時間も遅くなるし
それでなくても限界ギリギリーーーーーーーなコウメと
時間がたてばさらに凶暴化するユリを抱えて
夕方→夜の時間を過ごすので、
イヤでも「はよせんかーーーーーーーー!!!」となるのです。

はよせんかー!というセリフで、気持ちよくなる人は
だーれ1人いないことくらいわかっていても。
はよせんかー!というセリフが、全く効力がないセリフだとわかっていても。


なので、余裕をもったスケジューリングだけでなく、
できる限り予定を入れない生活をするとか、
ダラダラしているときに、ピアノを弾いて動くきっかけを作ってあげるとか
何も言わず、こどもたちに任せてみるとか、
逆に、集中してこどもたちに構ってあげるとか、
いろんな工夫を、あれやこれや試していく必要があるのです。


でもって、冒頭少し話題にした「自分の時間」ですが、
こどもが2人になれば、自分の時間がさらに減り
こどもが3人になれば、自分の時間という概念に疑問を持つようになります。
ましてや、仕事を両立させている人は言わずもがな。


ということで、えーっと、何が言いたかったかというと
3人の子供を育てるのは、大変は大変なんですが、
2人の子供を育てていたときとは違って、
生活や子育ての視点を変え、考え方を変えていくことで
なんとか成り立っていくもんやなあと。

私は、本を読む時間を作りたいので、
今は、夜更かしをしてでも、時間をとっているのですが、
これからは「読書の時間」をこどもたちと一緒に設けて
こどもたちも静かに絵本を読み(今は、見る、という方が正しい)
こどもも自分も幸せになる時間を、作っていけたらなあと思っているところです。

もちろん、ハンドメイドの時間も然り。
一緒に作る、手伝ってもらう、ということが日常になれば
夜なべ仕事をしなくても、子供が遊んでいるそばで
ミシンをカタコト動かせるようになるのではなかろうか、と。

これまた、随分遠い未来の目標ではあるんですが。


ということで、いろいろ考え方、視点を変えて、
自分もこどもも幸せになれるような3人子育てをしていきたいと思います。

ということで、決意表明でしたー。おしまい。(そういうオチだったのか!)


スポンサーサイト



ユリ1歳

ユリ、1歳になりました。

いやあ、あの促進剤つきの陣痛&入院から、もう1年っすよ。
はやいっすよ。めちゃくちゃはやいっすよ。
でもって、未だに95%おっぱいっすよ。
とどのつまり、離乳食が全然進んでいないってことっすよ。
上の2人は1歳で、きっぱり断乳したけど、
断乳できる状態じゃないっすよ。
でも断乳しない限り、食べ物を食べないような気がするんすよ。
おっぱいを見て、笑うんすよ。触って、笑うんすよ。ケタケタケタって。

てなわけで、えーっと、成長記録をーーーーーーー。


***

*独りで歩く

歩いています。はい。家の中では、ちょこちょこ。
歩いてダメなら、ハイハイじゃーーーー!!!
てな感じで、使い分けていますけどね。

外では、人見知りもあってか、靴の感触が慣れないのか
あまり歩いてくれません。


*おっぱい

昼寝1回の、つねに寝不足状態のユリたんですから、
食事時は決まって、眠いモードです。
なので、寝かしつけしようと思って、ついついおっぱいをあげてて。
でもおっぱいを飲んだら、しゃきーんと目が開いて遊んでいます。

てことを繰り返していたら、いつの間にか、食べなくなりました。
食べなくなったというか、食べるチャンスを逃しているというか。

なんやかんやでお姉ちゃんたちの送り迎えや、
遊びの時間の都合で、ユリが食べたい時間に食べられないのも原因だとは思うのですが。

でも、なんとかせなやばい・・・月齢でもあるし、
正直、3回の食事時が、
私にとってすんごいストレスでもあるので(食べてくれないから)
なんとか食べさせたいんやけどね。

あ、もうひとつ、ストレスの原因は、
ユリが動き回ったり、お皿を掴んで振り回そうとしたり
お皿の中に入っているものを、ぐちゃぐちゃ触ろうとするから。

一応、イスに座らせているものの、
気がついたら、イスの上で立っているし
身を乗り出して、お皿を取ろうとしているし。

「自分で食べたい」
「食べるものは、触ってみてからでないと!」

おそらく、そんなふうに思っているとは思うんだけど、
かあちゃん、その要求にちゃんと応えられるほど、余裕ありませんし(泣)。

そんなかんだで、暴れ狂うユリを阻止するのに、
必死になればなるほど疲れ果てて、
1回の食事どきに、おそらく1キロは痩せているんじゃなかろうか?
と思うくらいのエネルギーを消費しています。
ま、実際は、1キロなんて痩せるわけがなく、
イライラで食べまくって1キロ太ってしまっているわけですが(爆)。

ちなみに歯は、下の歯2本しか生えていません。
ようやく上の歯の歯茎がしっかりしてきたかなーという感じで
上の歯の白い部分は、いまだ見えず。

なので、固い食べ物は食べられません。

嫌いな食べ物が入っていれば、
お握りやヨーグルトと混ぜても、全て吐き出します。
簡単に騙されないね・・・。

好きな食べものは、
ふりかけ入りのおにぎり、うどん、豆腐、ヨーグルト、バナナ、納豆。

あとは、食べません。ひゃーーーーーー!!!偏食女王!!!

てことで、一番の課題は、離乳食です。

いっそのこと、思い切って断乳して、食べないと生きていけない状況を作るか。
でも、おっぱい生活、もうちょっと続けたいしー、なんて
かあちゃんのわがままも言ってみたい気もしたり。

とりあえず、ほんまに、1年が経つのが早かったので、
もう少し赤ちゃんとして、ユリを見ていたいなあという思いが強いです。
かあちゃん、わがままでごめんね。


*指差し

指差しをするようになりました。「あ、あ」という声は発せず
ただ無言で指差し。

お姉ちゃんたちに
絵本の絵を指差して読み聞かせているので
絵本の絵も、適当に指差して満足しています。


*好きな遊び

・絵本をめくること

・カラーペンをちらかすこと

 箱から全部床に出して満足していたのですが、
 最近は、再度、箱に入れようとするようになりました。

・おとす

 お手玉を床に落とす、スプーンを落とす・・・という行為を何度も繰り返します

・面テープ(マジックテープのことね)をはがす

 ビリビリという音がいいのか、
 スミレの幼稚園のカバンのポケットについている面テープをはがしては
 中に入っている連絡帳などを食べています(泣)。


・キーボードを叩く

 本人は、ピアノを弾いているつもりでしょうが、
 ノリノリで、ガンガンに鍵盤を叩いています。
 音楽のセンスがあるとかないとか、そういう以前の話で、
 とにかく、叩けば音が出る「高価なおもちゃ」として、遊んでいるようです。



*大人の言葉の理解度

ちょうだい、ダメよ、という言葉は理解できている模様。
食事時は、自分で食べたがるので
フォークに食材を刺して渡しており、
食べ終わったところで「ちょうだい」と言うと
ちゃんと手渡してくれます。


*わらべうた

未就園児向けのわらべうたにも行っていて、
親子でのんびり遊んでいます。

おじょうずおじょうず(手を叩く)
ねんねつぼねんねつぼ(片手をパーにして、もう片手の指でツボ押し?)
かいぐりかいぐりかいぐりこ(ぐるぐる手をまわす)
おつむてんてん(頭を叩いて)
あわわわわ(手をくちに当てて)

この歌が好きで、家でもよく歌っていたら、
「おじょうず~」と歌いだした途端、あわわわ、を自分でやるようになって。
今日は、おつむてんてん、で、ちゃんと頭を叩いていました。

ちゃーんと聞いているんだなあ、と。
そして、まねっこができるようになってきたんだなあ、と。

まねっこといえば、コウメが、よく首を横に振っているので、
それをまねっこしては、キャハキャハ笑っています。

手を叩くのも真似ることができるようになりました。

***

ま、そんな感じで、1歳を迎えました。

よく動き、歩くようになったものの、
実は、ソファも独りでのぼれないし、
階段ものぼれません。

コウメはハイハイができた途端、
後追いがてら階段をのぼっては落ちて・・・を繰り返していたのですが
ユリは、後追いで階段の下までくるものの
全くのぼろうとしません。
先日、ようやく、片足を一段目に乗せていたのですが
私が降りてくるのを見ると、即、下に下ろしてしまって
一段すらものぼっていません。

まあ、のぼったらのぼったで、また、落ちて・・・というのを繰り返すので
大変っちゃあ大変なんですけどね。


**
誕生日プレゼント贈呈
R0015446.jpg
なにかなー?

R0015451.jpg
スミレからは、うさぎのお人形さん。ねこじゃなくってよ。
幼稚園から帰ってきて、そそくさと作りました。

R0015452.jpg
一応、足もつけています。表現できる範囲が増えてきました。


ちなみに、私からは、クマのぬいぐるみをあげました。
微妙な反応でした。


ついでに、お赤飯も炊き、お祝いのケーキは
イチゴジャム入りホットケーキに生クリームをたっぷりつけてあげたのですが
どちらも一口しか食べてくれませんでした(撃沈)。

姉さんたちは、「ホットケーキ美味しいのにねえ」と言いながら、
たーっぷり作ったホットケーキと生クリームを、ペロリと食べ、
ついでに、このお皿、もう洗わなくていいよね?っていうくらい
お皿についた生クリームをペロペロ舐めまくっていました。

姉さんたちが、ホットケーキを食している間、
ユリは、まったりおっぱいタイム。

**

笑えないくらい辛いときも、しんどすぎて声すらも出せないときも
ユリがいるだけで、なんとかやっていけています。
3人の育児は、生半可なく大変ですが、
3人いるからこそ、お互い助けられている部分も多いです。

ということで、生まれてきてくれて、ありがとうね、ユリたん。
これからも、元気いっぱい、姉さんたちと戯れ、
姉さんたちと喧嘩し、姉さんたちを困らせてあげてね!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす