05
1
2
3
5
6
12
13
14
16
19
21
22
23
24
26
28
29
   

参観と子供の成長

スミレの幼稚園の参観日でした。

先生が交代し、通常よりも2週間遅れての参観日。

新しい先生はテキパキとしていて、そこそこ経験もあるような感じだったのですが
クラスの雰囲気は、にぎやか過ぎるというか、
やんちゃな子が多すぎるというか、収拾がついていないというか・・・。

全園児が集まって、朝のごあいさつをするときも、
すみれぐみだけ、列乱れまくりぃーの、しゃべりまくりぃーの状態。

とりあえず、昨年、16人とこぢんまりしていたクラスとは違って
なんか人数も多いわ(28人)、うるさいわ、で、疲れました。はい。

でもって、スミレは、1年前にタイムスリップしたかのように
口に指を入れたまま動かず、先生に何を聞かれても答えず、
「みんなで動物になりましょう!」という遊びのときも、
ほとんど動かず(一応、輪の中には入っていたけど)でした。

年少クラスのときの3学期の授業参観では、
もうちょっとリラックスしていたし、そこそこちゃんと遊べていたのに
なんで、逆戻りしているの?って不安を煽るような気持ち加わって
さらに私の疲れもどどどどーっと。

今回は、しげおが一緒にきてくれたのですが、
それでも、しげおが、コウメの気を紛らわすタイミングと
ユリが強烈にぐずるタイミングが重なり、
父母揃って教室の外に出た途端、
「子供たちが親御さんと一緒に歌を歌う時間なので」と呼び戻され。
しかも「お母さんに向けた歌なのでお母さんが、、、」と言われ
やむなく、お父さんたちが大勢いるなか、
オープン授乳しながら付き合いました・・・。

他のお母さんたちとの交流なんて、できへん・・・。むり・・・。
ついでに、こんな状態なので、親睦会も欠席することにしました。
無理して子供たちを連れて行く気力体力精神力はないし、
コウメ&ユリをお金を払って預けてまで行く必要があるのか?と思ったので。


てことで、なんだかなー、
親子ともに、このクラスになじめなさそうだなあと
くらーい気持ちになって家に帰ってきました。

そうそう。
お並びの時間になっても、スミレが1人で並ばず、ぼーっと立っていたとき
先生が「スミレちゃん、どうしたの?」って話しかけてくれたのね。
でも、スミレはずーっとしゃべらなくって。なーんにも答えなくって。
それからも、ずーっと立っていたのね。

どうしたのかなー?と思って、
帰宅後、さりげなく聞いたら「なんでもないのっ!」と笑って応えていました。

なんか、いろいろな気持ちが渦巻いているんやろうなあと思って
それ以上、詰問しなかったんだけど、
やっぱり、まだまだ今の先生には心を開けていないことが、よくわかりました。

今度の懇談では、そこんとこ、
また一から説明しないといけないんやろうなあ。
理解してくれる先生やったらええんやけど。
じっくり待って、見守ってくれる先生やったらえんやけど。


ま、そんな感じで、幼稚園生活に不安材料たーっぷり抱えたスミレですが、
虹色教室通信で紹介されていた
「自分と向き合った人の右手がどちらか」を問うクイズを出してみました。
すると、じーっくり考えたのち、
うーーーーーーーーーーん、こっち!と、正解を当ててしまいました。
しかも、なんでかっていうと・・・
こうやって、くるっと回ったら・・・と、
自分が、向き合った人のところに回っていってみて「ほうらね」と説明してて。


スミレは、じーっくり考えて答えを導きだすんやなあってことに、改めて気づきました。
でもって、ちゃーんと、自分自身がまわってみるとか、
身体を使って考えられていることに、ちょっと感動。

消しゴムつき鉛筆の件といい、右手クイズといい、
スミレはスミレなりに、ちゃんと成長しているんやなあと。

確かに幼稚園生活は、昨年ほどは楽しめていないのかもしれないけど
実際、幼稚園に行きたがらない日も多いけど、
そういう気持ちではあるけど、
なんやかんや自分で気持ちを整理して(いるのかどうかはわからないけどね)
今のところ、休まずに登園できているのは、いいことなんやろうなと。

お並びのときに座りたくなかった理由は、皆目親にはわからないけど、
スミレはスミレなりに、ちゃんとその気持ちに処理しているのかもなあと。

それはそれで、いい成長として捉えてあげるべきなのかなあと。

最近は、またまた、ひっつきもっつき状態で、
ユリやコウメを寝かしつけるのに、別の部屋に行くだけで
情緒不安定になってしまってて、正直、オイオイ・・・と思っていたのですが
幼稚園生活の不安材料が見えてきたので、
今日は、下園後は、なるべく一緒に遊んであげたり
お手伝いを積極的に増やしてみました。
かあちゃん、ほんまにぐったりで今にもぶっ倒れそうだったけどね。。。泣

毎日こんなふうに付き合ってあげられるわけじゃないけど、
ちゃんと家でケアしてあげてあかん時期&年齢&性格やから、
ちょっとがんばらなあと思っているところです。

それにしても。はあ。何度も言うけど、ちかれた・・・。


スポンサーサイト

消しゴムつき鉛筆

一昨日のこと。

私が使っていた鉛筆を、スミレが貸してほしいというので、渡しました。

しばらくすると、

「ママ、ここについている白いのなに?」と聞いてきて。

「あ、これ、消しゴムよ」と教えてあげると





























えええええ!けしごむ!間違えた文字を消せるんや!

すっごーい!!!けしごむがくっついているんや!

すっごーーーーーーーい!!!





と、目を輝かせて感動し、しげおにも
「ねえ、パパ、すごいよ!このえんぴつ!消しゴムがついているのよ!!!」
と、張り裂けそうな声で、この驚きというか感動を伝えていました。







かあちゃん、あなたの素直に感動できるその態度に、感動したよ(号泣)。

消しゴムつき鉛筆を発明した人に、この姿を見せてあげたいね。


***

昨日は、弁天町で開催されていたマルシェドママンに行ってきましたー。

大阪ではロハスフェスタの次に大きなイベントかな?って思うんですけど、
ハンドメイドやお菓子、お花関連のお店が並んでいて、
ヨダレたらしまくりぃーで楽しみました。

ロハスフェスタだと、会場が広すぎて、あれやこれや見れないし
こどもたちと一緒だと、ぐずぐずになって、なかなかゆっくり見れないのですが
今回は、イケアの遊びコーナーで、しげおと娘3人を託し、
プリザーブドフラワーのアレンジ体験レッスンを受けてきました。
楽しかったー。

でもって、あとは、ハンドメイド作品をちょこちょこ見ては、
「自分のハンドメイド品を、このレベルまで持っていくには、
 あと何年かかるんやろうか・・・?」と考えてみたり。

やっぱり売れているブースのものは、
オリジナル感がたっぷりあって、一味違うというか、
布一つとってみても、珍しかったり、
他の人のとは違うセンスのものだなあ、と。

作品として買ってもらえるようなものを作るには、
まだまだ道のりは険しいですわ・・・。
しげおも、ロハスフェスタやマルシェドママンでいろんな作品を見て
「目が肥えすぎた」と、つぶやいていたし・・・。

でもまあ、ボチボチ、作りつづけていこうと思います。はい。
いつか、それでお金をいただけるようなものを作れる日を夢見て。
(つーか、努力が相当、必要だね..号泣)



1人じゃなくて3人

3人の育児も、1年が経ちました。

こどもが0人→1人になったときの大変さを100とすると

1人→2人=500
2人→3人=60


我が家の場合は、こんな感じでした。

長女が生まれたときは、自分の時間を作ることに、
いや、自分の時間が、1日の中でとても限られたものであることに
気づき、その事実を受け入れるまでが、ひとつの山でした。

ようやく受け入れたと思ったら、二女が生まれ、
我が家では、このときが一番、大変なときでした。
引越しありーの、赤ちゃん返りありーの、イヤイヤ期真っ最中だの
寝ない子女王だの、入院だの(×2+1...)、
ありとあらゆることが「負」のエネルギーになり、
ほんまにほんまに大変な時期でした。

三女が生まれる前に、私自身の入院があり(↑上記の+1の部分ね)
これをきっかけに、
しげおが仕事する時間も変わり(家で仕事する時間を増やしてくれた)
夫婦だけでなく、しげおとこどもたちがおしゃべりする時間も増え
1日の中で、こどもたちもストレスを吐き出すことが自然とできるようになりました。

そんなことがあっての三女誕生だったので、
大変っちゃあ大変なんですが、長女や二女を育てていたときのような
孤独感というか、密室育児感は、だいぶ軽減されました。


ただ、3人乳幼児がいるというのは、物理的に大変です。
1人で3人の相手をするだなんて、
こどもを産む前までは、そんなことができるのは保母さんだけ、だと思っていましたから。

しかも、大人が2人いても、どちらかがこども2人をみないといけないので
休む暇、なしです。はい。週末、しげおもわたしもフル稼働です。
実家に帰っても然り。
じいじばあばもそれなりの歳なので、1人の相手ができれば良い方で、
ほとんど相手ができないので、結局、しげおとわたしがフル稼働せざるを得ません。
なので、実家に帰っても、まーーーーーーーーーーったく休まりません。


あとは、幼稚園&幼児教室の送り迎えで、他の子たちを振り回すのも大変です。
ま、同じ幼稚園に通わせていたら、そういう悩みもないんでしょうから
自分が蒔いたは、自分でなんとかしろ!って感じなんですけど(沈)。


「早く早く」と急き立てないように
朝ごはんには30分、夜ご飯には1時間半の余裕をもった
スケジュールをしいています。

それでも。それでも。それでも。
夜ご飯を食べ終えるのに1時間半を越えることもあるのです。
「早く」を言わざるを得ないことがあるのです。
おそらく、こどもが1人、ならば、こうはなりません。

1時間半の間、私がユリと格闘しているのを、上の2人がぼーっと見ていたり
途中でスミレがコウメにちょっかいを出して
2人でじゃれあい→喧嘩に発展し・・・
喧嘩が収まったころには、ユリが凶暴乳児に変身してて
慌てて授乳&寝かしつけを試みるために、和室に行き
和室に行った私たちを、ぼーっと眺め・・・

と、そんなことをしているので、結局1時間半を越えてしまうのです。
3人だからこそ、時間がかかるのです。

お風呂も然り。

とにかく時間がかかるのです。

急き立てるのは、なるべくやめよう、と思っていても
のらりくらりやられると、寝る時間も遅くなるし
それでなくても限界ギリギリーーーーーーーなコウメと
時間がたてばさらに凶暴化するユリを抱えて
夕方→夜の時間を過ごすので、
イヤでも「はよせんかーーーーーーーー!!!」となるのです。

はよせんかー!というセリフで、気持ちよくなる人は
だーれ1人いないことくらいわかっていても。
はよせんかー!というセリフが、全く効力がないセリフだとわかっていても。


なので、余裕をもったスケジューリングだけでなく、
できる限り予定を入れない生活をするとか、
ダラダラしているときに、ピアノを弾いて動くきっかけを作ってあげるとか
何も言わず、こどもたちに任せてみるとか、
逆に、集中してこどもたちに構ってあげるとか、
いろんな工夫を、あれやこれや試していく必要があるのです。


でもって、冒頭少し話題にした「自分の時間」ですが、
こどもが2人になれば、自分の時間がさらに減り
こどもが3人になれば、自分の時間という概念に疑問を持つようになります。
ましてや、仕事を両立させている人は言わずもがな。


ということで、えーっと、何が言いたかったかというと
3人の子供を育てるのは、大変は大変なんですが、
2人の子供を育てていたときとは違って、
生活や子育ての視点を変え、考え方を変えていくことで
なんとか成り立っていくもんやなあと。

私は、本を読む時間を作りたいので、
今は、夜更かしをしてでも、時間をとっているのですが、
これからは「読書の時間」をこどもたちと一緒に設けて
こどもたちも静かに絵本を読み(今は、見る、という方が正しい)
こどもも自分も幸せになる時間を、作っていけたらなあと思っているところです。

もちろん、ハンドメイドの時間も然り。
一緒に作る、手伝ってもらう、ということが日常になれば
夜なべ仕事をしなくても、子供が遊んでいるそばで
ミシンをカタコト動かせるようになるのではなかろうか、と。

これまた、随分遠い未来の目標ではあるんですが。


ということで、いろいろ考え方、視点を変えて、
自分もこどもも幸せになれるような3人子育てをしていきたいと思います。

ということで、決意表明でしたー。おしまい。(そういうオチだったのか!)


ユリ1歳

ユリ、1歳になりました。

いやあ、あの促進剤つきの陣痛&入院から、もう1年っすよ。
はやいっすよ。めちゃくちゃはやいっすよ。
でもって、未だに95%おっぱいっすよ。
とどのつまり、離乳食が全然進んでいないってことっすよ。
上の2人は1歳で、きっぱり断乳したけど、
断乳できる状態じゃないっすよ。
でも断乳しない限り、食べ物を食べないような気がするんすよ。
おっぱいを見て、笑うんすよ。触って、笑うんすよ。ケタケタケタって。

てなわけで、えーっと、成長記録をーーーーーーー。


***

*独りで歩く

歩いています。はい。家の中では、ちょこちょこ。
歩いてダメなら、ハイハイじゃーーーー!!!
てな感じで、使い分けていますけどね。

外では、人見知りもあってか、靴の感触が慣れないのか
あまり歩いてくれません。


*おっぱい

昼寝1回の、つねに寝不足状態のユリたんですから、
食事時は決まって、眠いモードです。
なので、寝かしつけしようと思って、ついついおっぱいをあげてて。
でもおっぱいを飲んだら、しゃきーんと目が開いて遊んでいます。

てことを繰り返していたら、いつの間にか、食べなくなりました。
食べなくなったというか、食べるチャンスを逃しているというか。

なんやかんやでお姉ちゃんたちの送り迎えや、
遊びの時間の都合で、ユリが食べたい時間に食べられないのも原因だとは思うのですが。

でも、なんとかせなやばい・・・月齢でもあるし、
正直、3回の食事時が、
私にとってすんごいストレスでもあるので(食べてくれないから)
なんとか食べさせたいんやけどね。

あ、もうひとつ、ストレスの原因は、
ユリが動き回ったり、お皿を掴んで振り回そうとしたり
お皿の中に入っているものを、ぐちゃぐちゃ触ろうとするから。

一応、イスに座らせているものの、
気がついたら、イスの上で立っているし
身を乗り出して、お皿を取ろうとしているし。

「自分で食べたい」
「食べるものは、触ってみてからでないと!」

おそらく、そんなふうに思っているとは思うんだけど、
かあちゃん、その要求にちゃんと応えられるほど、余裕ありませんし(泣)。

そんなかんだで、暴れ狂うユリを阻止するのに、
必死になればなるほど疲れ果てて、
1回の食事どきに、おそらく1キロは痩せているんじゃなかろうか?
と思うくらいのエネルギーを消費しています。
ま、実際は、1キロなんて痩せるわけがなく、
イライラで食べまくって1キロ太ってしまっているわけですが(爆)。

ちなみに歯は、下の歯2本しか生えていません。
ようやく上の歯の歯茎がしっかりしてきたかなーという感じで
上の歯の白い部分は、いまだ見えず。

なので、固い食べ物は食べられません。

嫌いな食べ物が入っていれば、
お握りやヨーグルトと混ぜても、全て吐き出します。
簡単に騙されないね・・・。

好きな食べものは、
ふりかけ入りのおにぎり、うどん、豆腐、ヨーグルト、バナナ、納豆。

あとは、食べません。ひゃーーーーーー!!!偏食女王!!!

てことで、一番の課題は、離乳食です。

いっそのこと、思い切って断乳して、食べないと生きていけない状況を作るか。
でも、おっぱい生活、もうちょっと続けたいしー、なんて
かあちゃんのわがままも言ってみたい気もしたり。

とりあえず、ほんまに、1年が経つのが早かったので、
もう少し赤ちゃんとして、ユリを見ていたいなあという思いが強いです。
かあちゃん、わがままでごめんね。


*指差し

指差しをするようになりました。「あ、あ」という声は発せず
ただ無言で指差し。

お姉ちゃんたちに
絵本の絵を指差して読み聞かせているので
絵本の絵も、適当に指差して満足しています。


*好きな遊び

・絵本をめくること

・カラーペンをちらかすこと

 箱から全部床に出して満足していたのですが、
 最近は、再度、箱に入れようとするようになりました。

・おとす

 お手玉を床に落とす、スプーンを落とす・・・という行為を何度も繰り返します

・面テープ(マジックテープのことね)をはがす

 ビリビリという音がいいのか、
 スミレの幼稚園のカバンのポケットについている面テープをはがしては
 中に入っている連絡帳などを食べています(泣)。


・キーボードを叩く

 本人は、ピアノを弾いているつもりでしょうが、
 ノリノリで、ガンガンに鍵盤を叩いています。
 音楽のセンスがあるとかないとか、そういう以前の話で、
 とにかく、叩けば音が出る「高価なおもちゃ」として、遊んでいるようです。



*大人の言葉の理解度

ちょうだい、ダメよ、という言葉は理解できている模様。
食事時は、自分で食べたがるので
フォークに食材を刺して渡しており、
食べ終わったところで「ちょうだい」と言うと
ちゃんと手渡してくれます。


*わらべうた

未就園児向けのわらべうたにも行っていて、
親子でのんびり遊んでいます。

おじょうずおじょうず(手を叩く)
ねんねつぼねんねつぼ(片手をパーにして、もう片手の指でツボ押し?)
かいぐりかいぐりかいぐりこ(ぐるぐる手をまわす)
おつむてんてん(頭を叩いて)
あわわわわ(手をくちに当てて)

この歌が好きで、家でもよく歌っていたら、
「おじょうず~」と歌いだした途端、あわわわ、を自分でやるようになって。
今日は、おつむてんてん、で、ちゃんと頭を叩いていました。

ちゃーんと聞いているんだなあ、と。
そして、まねっこができるようになってきたんだなあ、と。

まねっこといえば、コウメが、よく首を横に振っているので、
それをまねっこしては、キャハキャハ笑っています。

手を叩くのも真似ることができるようになりました。

***

ま、そんな感じで、1歳を迎えました。

よく動き、歩くようになったものの、
実は、ソファも独りでのぼれないし、
階段ものぼれません。

コウメはハイハイができた途端、
後追いがてら階段をのぼっては落ちて・・・を繰り返していたのですが
ユリは、後追いで階段の下までくるものの
全くのぼろうとしません。
先日、ようやく、片足を一段目に乗せていたのですが
私が降りてくるのを見ると、即、下に下ろしてしまって
一段すらものぼっていません。

まあ、のぼったらのぼったで、また、落ちて・・・というのを繰り返すので
大変っちゃあ大変なんですけどね。


**
誕生日プレゼント贈呈
R0015446.jpg
なにかなー?

R0015451.jpg
スミレからは、うさぎのお人形さん。ねこじゃなくってよ。
幼稚園から帰ってきて、そそくさと作りました。

R0015452.jpg
一応、足もつけています。表現できる範囲が増えてきました。


ちなみに、私からは、クマのぬいぐるみをあげました。
微妙な反応でした。


ついでに、お赤飯も炊き、お祝いのケーキは
イチゴジャム入りホットケーキに生クリームをたっぷりつけてあげたのですが
どちらも一口しか食べてくれませんでした(撃沈)。

姉さんたちは、「ホットケーキ美味しいのにねえ」と言いながら、
たーっぷり作ったホットケーキと生クリームを、ペロリと食べ、
ついでに、このお皿、もう洗わなくていいよね?っていうくらい
お皿についた生クリームをペロペロ舐めまくっていました。

姉さんたちが、ホットケーキを食している間、
ユリは、まったりおっぱいタイム。

**

笑えないくらい辛いときも、しんどすぎて声すらも出せないときも
ユリがいるだけで、なんとかやっていけています。
3人の育児は、生半可なく大変ですが、
3人いるからこそ、お互い助けられている部分も多いです。

ということで、生まれてきてくれて、ありがとうね、ユリたん。
これからも、元気いっぱい、姉さんたちと戯れ、
姉さんたちと喧嘩し、姉さんたちを困らせてあげてね!


ねないこ、だーれだ、うちのこだ

寝ないね。うん。紛れもなく、うちの子だね。うん。

ええ、ユリたんですよ。ユリたん。

0歳にして、お昼寝1回っすよ。しかも、1時間とか長くて2時間。
明らかに睡眠不足でしょ、って思うんですが、
本人は至って元気で、動き回っています。

おんぶで寝かしつけようと、
おんぶひもをユリの身体にまわした途端、
反り返って、反抗し、おんぶしている間、ずーっと
反り返り、暴れまくり、ギャン泣きしています。

寝かしつけるつもりがなく、ただ揚げ物をするから、
水遣りをするから、という理由でおんぶしたときでさえも
上記のような有様なんで、もう、かあちゃ、ヘトヘトっす。
肩が痛いだの、肩こりだの、腕が痛いだの、腱鞘炎だの言ってられん!
そないなくらい、かあちゃんの身体、ボロボロっす。


ついでに、コウメも相変わらず、昼寝しないーし。
でも、身体は限界超えてて、夕方5時半の食事時には
フラフラで、声をかけなかったら、半目で寝てしまいそうな勢い。
なのに、それでも、寝てしまいそうで寝ないので
グズグズMAX!!!これでもかっ!っていうくらいのグズグズグタグタ。
大好きなご飯だけ食べて、あとは、食べさせてもらわな、食事が終わりまへん。

そんな感じなので、ほんまに、身体は疲れていてて
昼2時半以降に車に乗れば、20分で沈没。
夕方4時以降であれば、3分で沈没します。

ついでに、ユリと昼寝の寝かしつけのタイミングが重なったときは、
一緒に、お布団に入ってゴロゴロしています。
手足を触ったらまだ冷たくて、本人も「寝ない!」と叫んでいるので
寝落ちするのに、時間がかかるだろうなあと思っていたら
ユリよりも先に、寝ているし。はやっ!

ま、そんなわけで、寝ない子たちを育てて、はや5年。
まさかまさかまさかの3人とも寝ない子だったことに、
遅まきながら、気づき、落胆しています。

ついでに、昨日は、久しぶりに2回寝たので、
夜泣きもしないだろう!と喜んでいたら、
バッチリ夜泣きしていました。号泣でした。反り返りました。
スミレの体操服のゼッケンを縫っていたのですが、
2時間かかっても、前後2枚縫い付けることすらもできず
最後は諦めて、一晩中腕枕をし、翌朝仕上げました。

ちかれたーーーーーーーーーー!!!

***
最近のお話。

お手伝いも、ボチボチ続いています。

暖かくなってきたので、夕方は、家の前の道路で、
なんやかんや遊んでいるのですが、
機会があれば、なるべくお手伝いをしてもらっています。

今日は、きんぴらごぼうを、餃子の皮に巻いて、焼くお料理を作ってもらいました。

R0015426.jpg

R0015427.jpg
コウメは、ようやく、指示通りに作れるようになりました。

今までは説明しても、その通りにすることすらできなかったので、
好き勝手にやらせていたのですが、
今回は、手順を丁寧に教えました。

手順
1:餃子の皮の上半分に水をつける(「虹を描こう」と説明)。
2:とろけるチーズを真ん中にのせる。
3:きんぴらごぼうを、お箸で真ん中にのせる。
4:(チラシで棒を作るように)具がはみ出さないように巻く。
5:ホットプレートの上にのせる

本人も理解できる内容だったようで、4までは、独りで全部仕上げました。

ガス台は、近づくのすらも「あついー!!!」といって嫌がっていたのですが
ホットプレートは、温度を下げた状態にしていたので、
スミレはOKでした(コウメは、OUT!)。

本物の餃子作りは、最近、ぜーんぜんやっていないんですが、
きんぴらごぼうの餃子作りは、手がそれほど汚れないし
ぐちゃぐちゃしないので、私のストレスも抑えられるし(笑)。
ま、ぐちゃぐちゃにされることに対しては、それほど怒ることでもなく
ワタクシ、かなーり寛容なんですが、それでも、やっぱり
後始末のことを考えると、イライラしちゃうしね。

「娘たちが作ってくれた、きんぴらごぼうの餃子、めっちゃ美味しい!!!」

この一言で、2人とも大喜びしてくれますし。
何度も「娘たちが作ってくれた餃子、美味しいでしょ!」と
半ば強引に、美味しい、を言わされたけど(爆)


***
成長している、意外と。

スミレは、5歳になっても、いまだ、身長96センチのオチビちゃん。

服は100でも余裕で着れるし、
なんなら90サイズの服も未だに着せているくらい(かあちゃん、ネグレスト?)。
とはいっても、90や100だと、着るのが窮屈なので
夏服は、先日、西松屋で新調し、ほとんどの服は110に揃えました。

これで、一安心。

と喜んでいたら、幼稚園の夏服の存在を思いだしまして。
確認したら、100と110の2種類あったことに気がつき。
なんか、やばそう・・・と思って、100の制服を
スミレの身体に合わせてみたら・・・。



みじかすぎーーーーーーーーー!!

急いで、今春卒園したお友達に連絡し、譲ってもらうことに。
ただし、サイズは120。
丈はOKなんだけど、さすがに、でかいーーーーーー。

とはいえ、なんやかんやいうても、スミレも1年で大きくなったんやなあと。

最近では、ユリを抱っこすることもできるし(後ろから抱えるような感じ)。
頼もしいなあと思ったり。


・・・

てことで、えーっと、ユリの暴れん坊夜泣きタイムが始まったので、
今日はこのへんで。ばいちゃ!(ふるっ)


絵本、読んでいます

特に何がブームってわけじゃないんですが、
いろんな絵本を図書館で借りて、読んでいます。
ダラダラ書きます。備忘録です。


【送料無料】おさるのジョージどうぶつえんへいく

おさるのジョージは、好きです。

なんてったって、私や私の姉たちも幼い頃、読んでいた

【送料無料】ひとまねこざるびょういんへいく

この絵本も、我が家にありますし。年季入ってて、ボロボロですけど(笑)。

ただーし、文章量が半端ないので、読まされる大人は、
喉カラカラ&眠気との戦いで、やたら体力消耗しますけど(沈)。




おもしろかったです。
「きょだいな」の意味を教えなくても、どういうことか理解できたようです。


【送料無料】おかえし

図書館で借りてきたのですが、なかなか時間がなくて
読み聞かせてあげられなかったのですが、
スミレは勝手に読んで(もちろん、文章は読めないので、絵だけで推測し)
それなりに物語を楽しんでいました。
ま、解釈は間違っていたのですが、
きつねさんとたぬきさんの家がページをめくるごとに
変わっていく様子を眺めるだけでも楽しかったようです。


【送料無料】ころちゃんはだんごむし

ご近所ママ友に教えてもらった1冊。
近所のお友達が、だんごむしが大好きで、
我が家の庭で、だんごむしを必死で捕まえている姿を見て
「だんごむし」という存在を、「こわい」という感情だけでなく
すこし肯定的に見ることができるようになりました。
絵本を読んでさらに、だんごむしに対する嫌な気持ちを
払拭できたように思います。といっても、触れないけどね。


【送料無料】ありこちゃんのおてつだい

我が家の庭には、だんごむしだけでなく、ありも大量にわいているので
ついでにこれも借りてみました。
小さな虫の物語は、デンジャラスな場面もあり、とても新鮮だったようで
「虫嫌い」のスミレもコウメも、すごく真剣に読んでいます。

【送料無料】パオちゃんのボールどこかな

パオちゃんシリーズも好き。


【送料無料】ぼくのかえりみち

こういう道シリーズは好きですね。意外だと、思うんですが。



この本も好きだったし。

「ぼくのかえりみち」に影響されたのか、
コウメは、横断歩道では、白い線だけを踏んで(飛び越えて)行くようになりました。
ちょっとめんどくさい・・・(笑)。


【送料無料】おとなりさん

「まちます、まちます、まちます」というフレーズが
スミレもコウメも、たいそう気に入ったらしく
私が読み聞かせてあげているのに、勝手に読み進めてしまいます。

登場人物が少ないことや、おとなりさん、という馴染みのある言葉、
そして、あまりにも単純な話の内容に、引き込まれています。
久々のヒットです。クリーンヒットです。ほい。

ユリは、ミキハウスのくうぴいシリーズの本や
ばばばあちゃんシリーズの中でも「のいちごつみ」が好きで
よく独りでめくっています。

私は・・・、読み聞かせるのばかりだと疲れるので、

【送料無料】うちの3姉妹「ぷりっつ家は今日ものほほん」
コレを読んで、リフレッシュしちょります。ほい。また買っちまっただ・・・。


ようやく金曜日が終わる

はあ、長かった1週間でした。

月曜日は、幼稚園帰宅後、すぐに車に乗って、わらべうたの会へ。

火曜日は、なんにもなく(本当は、参観日だったけど、先生交代で延期)。

水曜日は、スミレが延長保育で、幼稚園まで直接お迎え。

木曜日は、スミレの幼稚園がお休みで、コウメを幼児教室に送り届けたのち
車屋さんへ(ドアが開かなくなったので、修理してもらいに)。

金曜日もスミレの幼稚園がお休みなので、コウメを送ったのち
わらべうたの会へ。


なーんて、書いたら、なーんだ、たいしたことないじゃーんって感じ。

でも辛かったよー。しんどい1週間だったよー。
これで、火曜日に参観日が実行されていたら、間違いなく
倒れていたーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

つーか、2週間後に参観日が開催されるらしい。
みんな元気だといいね(爆)。
スミレは、普通の日より、参観日がとーっても大好きなんだって。
とーーーーーーっても楽しみにしています(すげープレッシャー)。

ついでに、来月半ばには、すみれぐみの親睦会もあって。

って話をしげおにしたら
「たぶん、行かれへんと思うで。誰かが○△■×※・・・」って。

行く気なくしたーーーーーーーーー!!!
欠席届けだしてやるーーーーーーー!!!

ていうか、さすがにさすがに、
コウメとユリを連れて親睦会(要はランチ会)に行く気になれなくって。
となると、コウメとユリの預け先を考えないといけないわけで。
いつも行っている広場は、一時預りもやってくれるので
来週になったら、相談しに行こうと思っているんですけど、
それにしても、お金と、預け先に送り迎えするだけの体力があるのか、
と言われれば、疑問で・・・。

ああ、行く気、まじでなくなってきた・・・。

もう、めんどくさい。ああ、なにもかも、めんどくさいーーーー!!!

親睦会なんて、無理して行くもんじゃないよね。
でも、幼稚園のママ友ゼロってのも、何かと不便だし(そういう理由です)。

余計なところで怒っては、自己嫌悪に陥り・・を繰り返した1週間でした。はあ。


***
おまけ
R0015402.jpg
昨晩、やっつけで作ってみました。
庭に植えているローズマリー、いまいち生育が悪く、
ちょっとしか収穫できませんでした。
リボンは、使わなくなったランチョンマット(100均の)を切って作りました。
土台は、100均で買った籐を4分の1だけ使って丸くしました。

ほとんどお金がかかっていないビンボーリースのできあがり。

とりあえず、しばらくは、これでいこうか、と。


夏用のリースを作りたい

玄関に飾る、夏用のリースが作りたい!と思って
いろいろ検索していたら、こんなステキなリースを発見。

【ナチュラルドライフラワーリース】一つひとつ手作りでお届けします。大海原に憧れて♪Croisire☆青と白のシェルリース

かわいいーーーー。つくりたいー!!!


ドライフラワーキット◆プリザーブドフラワーキット◆Coppe Craftの教室と同じ【手づくりキット】【定期】手作り てづくり キット リース アレンジ【定期レッスン】毎月変わるアトリエ★キット3ヶ月おまとめ


こんなんもあるーーーーーーーー!!!
やってみたいーーーーーーーー!!!

でも、高いー!!!(号泣)


自分の習い事なんて、自由に行ける環境じゃないから
こういうキットって、超魅力的やけど。

てことで、ヨダレたらしまくりぃーで、このお店のリースを眺めています。

とりあえず、今、庭にある葉っぱをドライフラワー(ドライリーフ?)にして
春夏らしいリースを作ろうっと。

ついでに、秋になったら(忘れていなかったら)
リース作りに合うヘリクサムとか、ストロベリーキャンドルなどの
草花を種から育ててみようかなーと。

できるだけ、リーズナブルに、でも楽しく
季節感のあるリースを作っていこうと思います。
できあがったら、アップします。

ていうか、まだ、ドライフラワーにすらも、できてへんから
完成、いつになることやらーーーーーーーーーー。


***

ビンボー遊びの続き。

先ほどのブログで話題にしていたシール状の切り紙折り紙は、
これです。

おりがみ糊付きで、様々な形が簡単に作れます。切り絵シール 1冊(30枚)


***

最近の、スミレ&コウメの絵を紹介します。

*コウメ作品
R0015297.jpg
うさぎを描くようになりました。
しっかり、耳がついています。上手!

R0015298.jpg

R0015299.jpg
なんか、絵らしくなってきたー。

R0015377.jpg
ふうせん、たーーーーーーっくさんっ!
(スミレに鮮やかな色のペンを取られてしまったので、
 地味な色合いの作品になってしまったけど。。。笑)


*スミレ作

R0015376.jpg
しげおとの共作。色の塗り方等を見れば、なんとなくどちらが描いたのかわかるけど
パッと見だと、よくわかりません・・・。

R0015011.jpg
スミレの描く人物や動物は、みんな口元があがってて、かわいいです。
いわゆる「アヒル口」ってやつ?

R0015010.jpg
左の絵は、家族5人でご飯を食べているところ。
右の絵は、おそらく、寝ているんだと思うんですわ。
(説明してもらったけど、かあちゃん、忘れちまったよ)
右下が、スミレ&コウメ&パパ、かな?と思います。たぶん。きっと。おそらく。


R0015012.jpg
ギザギザはさみを使って遊んでいたときに、
こんなものも作りました。

左上がしげお。右上がスミレ。
左下がわたし(たぶん)。右下がコウメ。

「ユリは?」と聞くと
ユリが産まれていないときのことなの・・・。

ちなみに、しげおだけが、髪の毛をくくっていません。
くくっていない=男の子、なので、左上はしげお、なのです。

R0015013.jpg
ぎざぎざはさみで、はぶらしを作っていました。


***

*ドーナツ屋、ハンバーガー屋

R0015371.jpg

R0015370.jpg

日曜日に、しげおと一緒に作ったものです。

R0015384.jpg
チラシをラミネート加工し、チラシで作った棒にガムテープでとめればできあがり。

スミレもチラシの棒を作るのが上手くなりました。
コウメも、もちろん、棒作りに励み、ガムテープでとめる、
という作業をがんばっていました。

我が家での工作あそびは、「工作すっぺ!がんばっぺ!」と、
気合を入れてやるものではなくなりました。
どっちかっていうと、
やることないから、なんか、つくろっかーーーーー。
あーチラシあったわー。なんか、作れるねー。
あー、トイレットペーパーの芯、見つけたわ、ほな、穴でもあけとこかー。
そんな感じです。ゆるいです。


*即席迷路

R0015364.jpg
コウメと一緒に遊んだときに作った「かあちゃん特製、即席迷路」です。
まだまだ迷路初心者なんで、行き止まりをほとんど設けず、
どちらかというと「運筆」系で、
迷路をしていたら、数字が書けていた!
そんなノリのものばかりです。


*再現あそび

幼稚園の「すみれぐみ」を作って、とお願いしました。

R0015254.jpg

R0015257.jpg
段ボール箱の大きさのわりに、机がでかすぎて、
しかも1つしかなくて再現しきれませんでした。

毎日のように

「ももぐみさん(年少さんクラス)には、ドアはなかってんけど
 すみれぐみさんには、あるねんで。遊びに行ってもいいねんで!」

というくらい、
“「すみれぐみ」と「れんげぐみ」が、ドアひとつでつながっていること”が
衝撃的であったにもかかわらず、肝心のドアを作っていないのが、
ちょっと残念ではあったけど・・・。

気を取り直して、次は、バスを再現。

R0015255.jpg
小さいバスなので、再現しやすかったみたい。
どこに先生が乗っているのか、誰が誰の隣に座っているのか、よくわかりました。


***

ま、そんな感じで、毎日ビンボー遊びに精を出しています。

あー、それにしても、夏のリース、可愛いの作りたいなあ。

GW,しげおの実家の近くの海で貝殻拾いをしたので
その貝殻を使って、夏らしいの、作れるといいんだけど。

ちょいがんばってみよーーーっ!


てるてるぼうず*トイレットペーパーの芯を作ろう

毎日、パワフルに活動していないにも関わらず
布団に入るだけで、ばたんきゅー、してしまいます。とほー。
娘たちのスカート製作、まーーーーーーーったく進みません・・・。

今日は、久しぶりに、ソックに行って、いろいろ買い物しよう!
なーんて思っていたのですが、こんなかんだで、行く気力すらもなく。

てことで、久しぶりにビンボー遊びネタをー。

***

*てるてるぼうず

雨が続いた日に、てるてるぼうずを作りました。

「てるてるぼうずてるぼうず あしたてんきにしておくれ」

と、何度も願い、願い、願いました。

週末には、願いが叶い、晴れました。



この本にも書いてあったのですが、
こうやって、繰り返し繰り返し一生懸命お願いをすると、
てるてるぼうずが願いを聞き届けてくれるんだな、と
ありがたい気持ちを持つようになる、そのことが大切なんだって。

「心をこめて念ずる」
「真剣に追え外する」
「大きく感謝する」

この3つの体験の繰り返しが、子どもの心を育ててくれるんだって。
R0015378.jpg
「願いを叶えてもらったあとは、燃やさないといけないんだよ」と言うと
コウメに「いやだーーーーーーーーー!!!」と大反対されたので、
今でも、窓際に、ぶらさがっています・・・。




*大きさ比べ

コンビのコップがさね。

このおもちゃ、大変重宝しています。
重ねて積むのはもちろん、入れ子にして遊んだり、
同じ色を集めるのも楽しいし、
ままごとのお皿としても大活躍しています。

大きさ順に並べるのも楽しいです。

今回は、お皿に乗せる蓋を紙で作り、
どの蓋が、どのお皿にピッタリくるのか、を当ててもらうことにしました。


R0015393.jpg

R0015392.jpg
蓋の方が小さいと、するするーっとお皿の中に落ちていきます。
その、するするーーーーーーーーっていうのが、面白かったようで
間違ってしまっても「ああああああーーーーーーーー!!!」と喜んでいました。
間違ったら、他のものを試す、、、という経験って大事だからね。
間違うことに恐怖を抱かせてはいけないし。


もちろん、蓋の紙だけを使って、大きさ比べをしても楽しいです。

型をきれいにとったり、はさみが上手であれば、
蓋を作るのも、子供たちに任せてもいいかも。
うちは、まだまだ無理やから、私が作ったけど。




*トイレットペーパーの芯を作ろう


トイレットペーパーの芯は、娘たちが大好きなおもちゃ(?)のひとつです。

先日、トイレットペーパーの芯とスミレが格闘していました。

何をしているんやー?と思ってみていたら、
トイレットペーパーの筋(?)に沿って、切っていました。

R0015372.jpg

切ったものを広げると、平行四辺形ができあがります。

「いつもの長方形とはちょっと違うねー」と言いながら

「じゃあ、トイレットペーパーの芯、スミレが作ってみてくれない?」と促してみました。

「うん!」と言って作り始めると・・・
いつもと変わらない長方形の紙を、丸めて大満足げ。

げげげ。5歳児の頭の中って、そんなもんかー!と思いつつ、

この平行四辺形の紙を、他の紙に写して、型を取り、切ってみせました。

で、切った平行四辺形の紙を渡して、
「じゃあ、よろしく」と、もう一度促してみることに。

が、これまた、撃沈。

「じゃあ、ママは、スミレが切ったこのトイレットペーパー(白いの)を
 もう一度、作るね」

と言って、元通りにするところを見せると、
ようやく理解できたのか、スミレも同じように
筒状のものを完成させることができました。

R0015374.jpg

R0015373.jpg

こういうときって、ついつい、
あーだこーだ、説明して、「教える」ことに一生懸命になってしまうけど
こういうときこそ、子どもに「気づかせる」働きかけをしたいなあと。
なかなか難しいですけど・・・。

それにしても、ここまでたどり着くの、長かった・・・・・・(汗)。




*切り紙遊び


はじめてのきりえあそび(007039)
幼稚園の進級のお祝いに、こんな折り紙をもらってきました。

折り紙を半分に折り、書いてある図案どおりに切ると、
かーーーーーーーんたんに、切り絵ができあがります。
これなら、私が、必死こいて図案を写す必要なし!
しかも、折り紙だから、二つに折っても薄くて切りやすい!

近所のスーパーに行っても、売っていなかったので、
代わりに、裏がシール状になっている、小さめの折り紙を買ってきました。
(これも、図案が印刷されている!超便利ー!!!)

で、できたのがこれ。

R0015375.jpg
ピンクのチューリップはコウメ作。
あとは、スミレ作。


小さい折り紙で、かつ、図案も少し難しいのが多くて
コウメが挑戦できるのは、ほんの少ししかなかったけど。
娘たちは、シール状になっていることが嬉しくて、大興奮でしたー。



*編む

R0015387.jpg
組み編みっていうのかしら?こういうの。昔やったよね。

編む、という作業も、そろそろやったほうがいいかなーと思い、
スミレとともに、作りました。

以前は、まーったくできず、上下交互に、ということが
なかなか理解できなかったのですが、
何度も繰り返して一緒に取り組むうちに、
こんな感じで、独りでできるようになりました。

これは、少し大きめのコースター程度のものですが、
もう少し、根気よく編めるようになったら、
かばんも作れるかなあーなーんて思っているところです。


*長さを体感する

リビングにテープを貼りました。

R0015394.jpg
さて、何のテープでしょうか。

R0015395.jpg

R0015396.jpg

長さを体感するための、テープ、でしたー。

ジャンプブームの娘たちに
「何センチ跳べるかな?」と言い、
こんな感じで20cmごとにテープを貼り、どこまで跳べたのか教えてもらうことに。

ジャンプだけでなく、足を伸ばして、何センチのところまで届くのか測ったり
寝転んで、身長が何センチなのか測ったりしました。

毎日ときどき、ここに来ては、ジャンプしたり、寝転んだりしています。


*パターンブロックであそぼ

コウメと、パターンブロックで遊びました。

R0015358.jpg
右側のは、「おふね」だそうです。

コウメは、こういう想像遊びに抵抗がないようで、
自由に、あれやこれや楽しみながら作っていました。

R0015361.jpg
「いぬ」だってさ。

R0015359.jpg
私が作った「うさぎ」(左)を、自分も作りたくなって
真似て作ったのが、右側のもの。


スミレは、自由に作ることに抵抗があったのか、
私の作るものを見て、同じように作りたくて、でも作れなくて、
もがき、ヒステリーを起こしていたのですが、
コウメは、私が何も作らなくても、自分から取り組んでいたし、
私が何を作ろうとも、自分は自分で、いろいろ考えて作っていました。

ま、2人目、ということもあって、
わたしもあまり「自由に作らせなければ!」と思わず、
力が抜けた状態で、一緒に遊んでいたから、かもしれないんですけど
スミレとコウメも、なんやかんやいうて志向の違いがあるんやなあと
思った次第です。


***

てことで、えーっと、パターンブロックは、高価なおもちゃで
「ビンボー遊びやないやんかー!!!」って突っ込まれそうなんですが
これは、スミレたちのいとこから譲ってもらったものなんで、許してちょんまげ。

ていうか、いとこ(現在中3)は、このパターンブロックが大好きで
中学生になっても、なかなか手放してくれませんでした。
小学生でも楽しめる息の長い玩具です。



2杯*1回

朝に飲むコーヒーの量が、1杯→2杯になり、
ユリの昼寝の回数が、2回→1回になりました。


体力、もたん・・・。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす