FC2ブログ
   
05
1
2
3
5
6
12
13
14
16
19
21
22
23
24
26
28
29
   

あれやこれや

タイプ別性格判断というのをやってみました。

ドンピシャでした。

***

くつろぐときも「何かをして」いないと気がすまない。

一人でいたり、ものを考えている時間があまり長いと、一足飛びに悪い結論を出してしまう。
だから、「何かをしている」ほうが「何もしないでいる」よりいいのである。

ほかのタイプの人にはくつろいでいるとは思えないほどあれこれ活動するが、
このタイプの人にとって、それは楽しい気晴らしになるだけでなく、
「いつもやりたいと思っていた」いろいろなことをやるチャンスなのだ。

まず行動を起こして、すぐに目に見える結果を出したがる。

***
(一部抜粋)


夜なべ仕事ばかりしていると、しげおに

「ぼーっとしてテレビ観たら?だらだらしたら?」って言われるんですけど

ぼーっとしているより、何かしている方が、気が楽というか、
ストレス発散できるし、やりたいことリストを一つずつ消していかないことには
「まだまだやらないといけないことが残っている!」と思って
余計にストレスを感じてしまうので(オカシイね、、、)
ついつい何かしてしまってて。

そんなかんだで、GWはのっけから体調を壊したので、
がんばりすぎるのは、あかんなあと。
てことで、ユリが寝込んでいる間も、夜なべ仕事はせず、
早めに寝て、のんびり過ごしました(といっても、ブログ書いていたけど…爆)。

このまま、のんびり過ごしたいなあーという気持ちもあったのですが、
娘たちの夏服を出して、サイズチェックをしていたら、
服、買い足さないとー!!!(=作らないとー!!!)と思ってしまって。

てことで、昨晩は、娘たちのパッチギャザースカートを作るべく、
布合わせをして、楽しみました。

ええ、楽しみました。

布合わせ、好きです。

というか、布合わせは、超超初心者で、
パッチのギャザースカートなんて、初めて作るんで、
どうなることやら、、、って感じなんですけど。

でも、パッチやし(超簡単なパッチね)、
なーんとなくの雰囲気がOKであれば、
ちょっと異質な柄同士を合わせてもOKちゃうん?なーんて思ってて。

思い切った色と色の組み合わせにも、挑戦してみたいなあなんて思ったり。

普段、スカートを作るときは、私の好みで
紺とか青といった、無難な色の布しか使わないんですけど、
パッチだと、黄色とか赤とか緑とか、大胆に組み合わせられるし
ちょっと楽しみ・・・うふふ・・・なーんて思って
あれやこれや布を広げて、想像を膨らませて・・・。


あーーーーーーーーたのしいーーーーーー。
布合わせだけなら、何時間でもやれるわ、って思いました。はい。

でもまあ、作ってなんぼのもんなんでね。
月曜日以降、がんばって、作ろうとは思っているんですけど。
ま、無理のない範囲で。今年中に作ろうとは思わず、
来年にまわしてもいいかなーとも思うし。
来年になったら、ユリにも、スカート作ってあげなあかんしね。

てな感じで、また、ぼちぼち製作に励みますー。

***

娘たちの話。

土曜日は、公園に遊びに行きました。

暑いし、歩いて行くのを嫌がるようになったので、
今回は車で。ついでに、がっちゃんも一緒に行ってきました。

ローラー滑り台、ワタクシ、ひっさしぶりに滑りました。
コウメが独りで滑られないので、抱っこして滑ったんですけど、
お尻、ごっつー痛かったです。はい。忘れていました。
ローラー滑り台の怖さを。いや、痛さを。

今度は、パンツ10枚履いて挑みます。ほんまに、それくらい痛いです。
尾てい骨、すりむいてしまいました。まじで。


てことで、娘たちは、何度も何度もローラー滑り台を楽しみ、
いつものごとく、木の間をくぐって探検し、
ビービー弾を探しては、取り合い、喧嘩し、
3時前に電池切れを起こして、おやつ休憩を。
おやつに食べたパナップ(娘1人につき1個)で、
エネルギーチャージしたあとは、もうひと遊びし、帰宅しました。

帰宅後は、パナップの空き容器を使って、
アイスクリームを作っては、しげおを私に振舞ってくれる、という
ままごとを、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとしていました。

ああ、なんて、お金のかからない娘たちなんだーーーーーーー!!!

100円程度のアイスクリームで、
ここまで、遊びほうけてくれるとはーーー。

空き容器、バンザイ!




本日、日曜日は、娘たち3人を抱えて、朝からミスドへ。

GW中、わがままし放題の姉2人を連れて遊びに行ったり
家の中&外でも、わがまましまくる2人の面倒を
一切合切引き受けてくれたうえに、
ユリの熱が下がらないことで、イライラしまくっていた私の
フラストレーションを全て受け止めてくれた(もち、逆切れされたけど)お礼に
朝、お寝坊をさせてあげようと思って。

開店一番乗りで行ったので、のんびりドーナツを選べました。

でも、せっかく、のんびりできたのなら、
飲み物を選ばせてあげたり、お店の人との会話も
じっくり聞かせてあげたかったなあ、と後で反省・・・。

なんか、子ども連れだと、どうしても、
いろんなことが、「早く早く」になってしまって。

ミスドやマクドに行っても、昼間だと、お客さんが多すぎて
ゆっくり決められないから、子どもたちを席に座らせて
わたし1人で注文しに行ったり、
こぼされてはいけない!とか、なんか、いろいろ焦っているから
ストローの袋や、ハンバーガーの袋さえも、私が開けてしまってて。

せっかくなら、お店の中や、お店の人が働いている厨房や
商品が並んでいる陳列棚なんかも、
のーんびり観れたら、子どもたちは楽しいだろうし、
帰宅後、再現遊びもできるのに。

ストローの袋なんかも、子どもで充分開けられるものだし、
熱いものを冷ます方法も、自分で考えられるはずなのに、
ぜーんぶ、私がやってしまってて。

あかんなあーーーーーー。
余裕、なさすぎるなあーーーーー。

と、猛烈に反省しました。はい。

もっと、生活している普通のことを、
じっくりのんびり味わったり、観察したり、楽しまなあかんなあ、と。

子育てをしているからこそ。


てことで、ミスド後は、ユリのファーストシューズと
スミレのカトラリーセットを買いました。

ていうか、ファーストシューズ、高いー!!!
スミレとコウメが履いていたファーストシューズは
さすがに、もう、ボロボロで、破れまくりいーで
ユリ用のものを新しく購入したんですが、
たった数ヶ月しか履かないものに4000円とはーーーーーーーー!!!

と、久しぶりに、値段と試用期間の短さに、めまいを起こしました。
これから、毎日履いて、がっつし元取ったるでーーーーーーー!!!


帰宅後は、ミスドとケンタッキーのチラシをラミネート加工。
普通のチラシを棒状に巻き巻きしたものを付けて、
プチお店屋さんごっこを展開しました(しげお主導のもと)。

ラミネート加工やら、チラシを丸めるのやら、
なんやかんや製作だけで、半日を費やしたので、
今日も、ほんまに、お金がかからない遊びをしました。

ああ、姉さんたち、助かるよー。
安上がり姉さんのおかげで、ユリの靴が買えたよ。ありがとうよー!!!(涙)


ユリ、歩きました

もうすぐ1歳になるユリたん。

今朝、とうとう歩き出しました。

最初は、1、2歩進んで、どてっとコケて・・・だと思っていたら
ヨタヨタ数歩も足が動いてて、
でもって「やったー!すごーい!上手上手!」と誉めていたら
その後も果敢に攻めて攻めて攻めまくっていました。

かあちゃん、心の準備が全くもってできておらず、
ビデオはおろか、写真すらも撮れませんでした。明日は、、、必ず、、、。


**

どうでもいい話。

赤ちゃんが歩き始めるときの様子って、
たいてい「よちよち」と表現されるけど
うちの娘たちの歩き始めたころの様子は、
どう考えても「よたよた」としか表現できず。

いや、「よたよた」じゃなくて、「よたっ、よたっ」の方が近いね。


てことで、今日、5月11日は、ユリたんが歩いた記念日です。

これからも、果敢に攻めていこうぜ!


・・・そんなユリたん、熱があろうとも元気だけはいつもどおりで
傍目には、病気で寝込んでいるとは思われていませんでした。

が、ようやく、熱も落ち着き始め、
37度前半を維持するようになりました。

病名は「長かった風邪」とでも言うんでしょうか。

とりあえず、落ち着いてくれて、一安心。

週末は、久しぶりに、どこかに行きたいね(たぶん、遠足&公園だろうけど)。


スミレ5歳1ヶ月の成長記録

今日は朝からどんより雨。

大人でさえも、こんな日は何もする気が起きません。

ましてや5歳のスミレは言わずもがな。


てことで、今日は朝からグズグズ。
朝ごはんすらも食べず、ひたすら、ふにゃー(泣く)と言ってて。
しげおにずっと抱っこしてもらい、
しげおに着替えさせられて、とりあえず幼稚園に行きました。

送り出すまでの朝の1時間。
「幼稚園に行きたくないの?」というセリフを、
何度言おうとしては飲み込んだことか。

行きたくないけど、「行きたくない」とは言えず、
いや、言わずにがんばって耐えているスミレに
私から余計な一言を言ってしまっては、
せっかく我慢しているスミレの気持ちを萎えさせてしまうだろうと思って。

もし「行きたくない」と言ったとしても、
「幼稚園に行って、先生にその旨伝えよう」と、
とりあえず幼稚園に向かう選択しか、用意していないし。

案の定、帰宅したスミレに聞いてみたところ

「行きたくなかった。
 でも、毎日行ったら、シール帳の一番上のところに、
 金ぴかシールを貼れるから」

だって。スミレはスミレなりに、
自分で自分の気持ちをコントロールしているんやなあと。

余計な一言を言わなくて、ほんとによかった・・・。


・・・

昨日のブログに書いた、スミレの担任の先生なんですが、
結局、1学期の間は、お休みすることになったようです。
医師から3ヶ月間は休養と言われたらしく。

てことで、来週予定されていた参観日は延期。
代理の先生は、決まり次第教えてくれるそうなんですが、
えーっと、懇談、いつになるんでしょうか・・・。

幼稚園の先生も大変だと思うよ。
一人で30人のわけわからん子どもたちを相手しなあかんのやから。
一人で着替えもできない子だって、たーくさんいるし
(スミレも、オーバーとレインコートは着替えさせてもらっている模様)
親への連絡、対応も、大変やろうし、
担任になったことへのプレッシャーとか、ストレスとか
半端ないんやろうなあ。

てことで、まあ、先生がこんな感じなんで、
子どもたちも落ち着かない日々を過ごしているんやろうなあと。
雨だけでなく、いろんなことが重なって、
行きたくない気持ちが増大したんやろうなあ。


てことで、そんなスミレの成長記録を。

***

*普通のお箸に挑戦

今、コンビの練習お箸を使っているのですが、
そろそろ普通のお箸に移行してほしいなあ、と思い、
普通のお箸を使わせてみました。

あ、使わせてみたのは、過去数回ありまして
全て数分で撃沈しました。

今回は「もう5歳なんだしー」という理由で、
ちょっとは、がんばってみてよ・・・と少しプレッシャーをかけてみることに。

すると、


できました。



はい。


持ち方は、ぜーんぜん、だめちんですし、
すくい方とか、まあ、ひどいんですが、
豆をなんとかすくえたことが、自信になったらしく
毎日、もがき格闘しながらも、少しずつ上手くなって
お弁当もお箸だけで食べてこれるようになりました。
(あ、もちろん、持ち方は未だにアカンけどね)

お箸が使えるようになったら、
スプーン、お箸、フォークがセットになった
カトラリーセット(?)を買ってもらえる、というのも
いい動機づけになったようで、
買ってもらっていない現時点で、既に

「スミレは、お箸買ってもらえるんだよー。いいでしょ。
 コウメはまだよ。お箸使えないでしょー」

と、自慢しまくっています。


がんばれば、できるんだね。
ていうか、使えるようになる手先が育ってきたというか。ようやく、だけど。


んでも、3点セットのカトラリーセットのお箸って、16.5センチなんだよね。
でかいよね。スミレは、コンビの練習お箸の練習部分(おしり部分)を
外したものを使っているので、12センチほどしかなくて。
いきなり16.5センチって、使いづらくないか?とも思ったり。
でもまあ、ユリが元気になったら、みんなで買いに行こうと思います。


*バッチの練習

名札等のバッチの付け外しの練習をしています。

今まで、すぐに、「できないー」で、練習を放棄していたのですが、
少しはがんばれるようになりました。

誕生日プレゼントとして作った立体布絵本の、バッチで、
必死こいて練習しています。

5月からの合服、6月からの夏服は、
毎日、名札とバスバッチを付け外ししないといけないので、
この期間に、しっかり練習して、付けられるようになってほしいなあ。


*髪の毛をくくる

知らない間に、自分で髪の毛をくくれるようになっていました。

鏡を見ながらくくり、くくったあとも、
しっかり鏡でチェックしている姿を見ると
ああ、女の子だなあと。

わたしなんて、鏡で、チェックしたことがないのに、、、(爆)。


*ひらがなも、少しずつ

ひらがなは、文字列として読める単語が増えてきました。
書く練習も、地味に、ときどき気が向いたときにやっているようで
とりあえず、「す」と「み」は、
なんとか解読できそうなレベルまできました。

「うんこ」を書けるようになったことから推測されるように
「こうめ」に関しては、「こ」と「う」だけ書けます。

なので、「今日からコウメの名前、こうちゃん、にしよう!」と
勝手に妹の名前を変えて、呼んでいました(強引・・)。
もちろん、コウメには大反対されたけどね。


***

ま、そんな感じで、5歳にもなると、
いろんなことができるようになってくるんやなあ、と
感心させられる場面も増えました。

でも、必要以上にがんばっているのも確か。

GW中は、普段私に甘えられない分、しげおに甘えまくり、
わがまま言いまくり、必要以上に執着しまくりでした。

普段、ほんまに、構ってあげられないのは、申し訳ないんやけど
もう5歳なんやし、それほど構ってあげなくてもいいはずやのにーとも思うんです。

が、スミレは、典型的な内向的感情型。
構ってもらったり、好きよ好きよ、と言い続けてもらわないと
自己否定されたような感じを受け、
無気力でどうしようもない態度をとってしまいます。

声の大きさは、コウメの方がスミレの何倍も大きくて
一緒にしゃべり出したら、どうがんばってもスミレも声が消されてしまいます。
同時にしゃべりかけられたら、もうスミレはアウトなので、
あとで、ゆっくり聞いてあげるしかなくて。

でも、今日、ひとつわかったのは、
話を聞く、だけじゃなくて、一緒に思いを共有する(共感ってやつ)
その体験が、スミレには有効だということ。

晩御飯を終えたコウメがトイレに行っていたのですが、
トイレから出てくるとき、水を流す音が聞こえてこなかったんです。

わたし「コウメ、流していないでしょ」

コウメ「聞こえなかった?」

コウメ、トイレに向かって走る。

コウメ「聞こえなかった?」

わたしとスミレ「うん。まだ聞こえない」

コウメ「聞こえなかった?」

わたしとスミレ「うん。まだ!」

ジャーーーーーーー(流す音)

ポコン!(手洗いの水道の音・・・注:プッシュ式の水道なので)

・・・

ポコン!


わたしとスミレ「またや!また、手、洗った!2回も洗った!」


スミレ「ぎゃははははーーーーーーーーーーーーー!!!」


ここ最近、私の前でバカ笑いすることなんて、なかったのですが、
この瞬間は、ほんまに久しぶりにスミレの笑い顔を見ました。


いつも「コウメって面白いよねえ」「うんそうだね」と、
スミレに言われることに対して、
自分の思いを伝えるという会話ばかりしているのですが
こんなふうに、一緒に驚いたり、一緒に突っ込んだりといった体験が
感情型のスミレに与える影響は大きいんだろうなあ、と。

なかなか毎日こんなふうに、一緒に驚いたり、
一緒にバカ笑いができることなんてないんですが
思いを共有することの大切さは、忘れちゃあいけないなあと思った次第です。

ちなみに、このコウメのトイレ事件のあと、
ほんと何ヶ月かぶりに、スミレは私に手紙を書いてくれました。

しかも、すごーく時間をかけて、
すごーく必死に「す」「み」「れ」という文字を書いたものを
渡してくれました。かあちゃん、すごく嬉しかったよ。


***
てことで、えーっと、最近、文字のみのブログで失礼いたします。

また近々、ビンボー遊びの話をする予定なので、
写真はそのときにでも。


では。


コウメ3歳2ヶ月の成長記録

ユリの熱は未だ落ち着かず、上がったり下がったりを繰り返してて
咳も酷いので、肺炎を疑い、本日(月曜日)病院へ。

幸い胸の音は、キレイなので、問題はなさそうだけど、
熱がほんとに下がらないので、様子見だね、、、てことで、
引き続き薬を飲みながら経過を見ていくことになりました。

ただ、今日から通う予定だった、わらべうたの会は、欠席し、
明日の幼稚園の懇談もキャンセルする予定。

余談だけど、スミレの今年の担任の先生、今日もお休み。
4月から数えると既に3回も休んでて。
だ、だ、大丈夫なんやろうか???
5月病?身体弱いの?
子どもたちも進級と新しいクラスで馴染めないときに
そんなに休まれては・・・とは思うけど、
まあ、スミレはあんまり気にしていないので、いいっか、とも思ったり。

先生のことを考えると、懇談の日にちを変えてもらうのは申し訳ないんだけど
(ていうか、既に、前回打診された日がダメで
 明日に変えてもらったという経緯もあり)
体調が落ち着かない0歳児を連れて、しかも雨の日に
あっちゃこっちゃ連れまわすのは、よくないなあと思って。

***

てことで、ユリのお熱の話はさておき、
コウメの成長記録を。


*すみれの「す」

ひらがなを認識するようになりました。

でもって、最初に読めるようになったのが、すみれの「す」でした。

こうめの「こ」でもなく、ままの「ま」でもなく。

ただ、「こ」「う」「め」は、正しく読めないのですが、
「こうめの(ひらがな)」というところまで、理解できているようです。

ちなみに、数字は「1」「2」「3」と、すみれの5歳の「5」だけ読めます。

姉の存在がどれだけコウメの中で大きいのか、よくわかります。



*かりんとう事件


おやつの時間に、コウメに、かりんとうを配ってもらうことにしました。

スミレとコウメと私の3人に分けてもらうよう、お皿を3つと
かりんとうを適当な数を渡しました。

1日目。

「みんなに全部わけてね」と指示しました。

すると

コウメ・・・5つ
スミレ・・・5つ
わたし・・・4つ

というように、分けました。

ひとつ少ないお皿を、私に渡し、コウメとスミレは同じ数だなんて
姉妹愛だなあ、素晴らしいなあ、と思っていました。


2日目。

初日と同じように指示しました。

すると

コウメ・・・6つ
スミレ・・・5つ
わたし・・・3つ

姉妹愛はいずこへーーーーーーーーーーーー!!!
授乳しながら、こっそり見ていたんだけど、
3つしか入っていないお皿と、自分の6つ入っているお皿を何度も確認し
納得した表情で、少ないほうを私のテーブルに置いていたよー。
確信犯だよーーーーーー。
確かに「同じ数だけ入れてね」という指示だしはしなかったけど、
でも、普通、平等に入れるだろうよーーーーーーー。
どう考えても、わたしの3つ、ってのは、少なすぎるだろーーーーーー!!!

コウメの本性みたり、って感じだったよ・・・。


ちなみに、スミレは、いつもできる限り同じ分量にしようと
すんごい悩みながら配ってくれます。
誰か一人が少ない分量になるときは、決まってわたしの分を少なくし
スミレとコウメの分は、同じになるようにしています。

こういう点からしても、スミレは感情型なんだよなあ、と思います。
人の気持ちを大事に。誰を喜ばせたいか、誰に喜んでほしいか。
それを考えて、決して、自分だけが得になるようなことはしません。

おやつのときはもちろん、ままごとのとき、
ひいては、空想の世界であっても。

そう考えると、コウメが感情型であるとは、思えないのです。
まあ、もう少し月齢があがってくれば、感情型の面も出てくるかもしれないけどね。

つーことで、かりんとう事件でした。

コウメにおやつを配ってもらうのも、いろんな発見があって楽しいです。



*迷路ブームがきたーかも?

迷路に興味を持ち始めたので、
今日は、わたしが即席で作った迷路を、ひたすらやってもらいました。
結構、楽しんでいたので、スミレと同様、くもんのめいろワークを
始めようと思います。


*根気がいいような、飽きっぽいような

まめ結びの練習が、ここ数日すごいブームで、
ひたすらがんばっていたのですが、
なぜか、今日に限っては、2つ結んだところで
「いやーーーーーーーーーーーーーーー」となり、
二度とやりませんでした。

なんだろう。なんだろう。何がイヤだったんだろうかー。
できないことの、フラストレーションだったのかー。

明日は気を取り直して、やってくれるんやろうかー。



*チラシを丸める

幼児教室で、チラシを丸める、というお仕事をたくさんやっているみたいです。
なので、以前に比べると、最後までなんとか丸めきることができるようになりました。

といっても、まだまだプカプカの、ふっとーい棒しかできていないんですけどね。

最初に丸め始めるところって、大人でも難しいと感じるので
幼児教室では、ストローをチラシにくっつけて、軸にして巻いているようです。

チラシを丸める、というのは、
根気のいる作業ではあるのですが、
幼児教室では、我慢強くがんばっているようです。


*独り芝居

気がついたら、独り芝居をしていることがあります。
誰に見せるでもなく、ソファの後ろに隠れて。

なので、私も全容は知らないのですが、
台所仕事をしていると、ときどき、けったいな話が聞こえてきて
思わず笑ってしまいます。


*争いは嫌い

しげおやわたしが怒って(怒っているつもりはないときがほとんどだけど)
スミレが泣いてしまったとき、
コウメはとてもぐずります。すごくぐずります。

自分が構ってもらえないからぐずるのかな、と思っていたのですが
そうでもないような気もしてきました(いまいち、断定できないんで)。

内向的感覚型の人が好むものが、
「安定した安らぐ空間、家庭」だ、という話をどこかで読んで以来
コウメは、やっぱり内向的感覚型なんじゃなかろうか?と思うようになって。

コウメもスミレと同じで
特に誰かより秀でていたいとか、競争意識とかあんまりなくて
嬉しそうな表情をするのは、決まって、落ち着いた時間に
落ち着いて、のんびり私と過ごす、そんなときなんです。

子どもなんて、みんなそんなもんかもしれないし
真ん中っ子ゆえの部分もあるとは思うのですが。

でもって、苦手なのが、独りぼっちにされたときとか、
放っておかれたとき、そして、険悪な雰囲気が家の中に漂っているとき。

ソファの後ろで、独りで何かをすることはあっても
(スミレの場合、こういうことは、全くなかった)
それは、穏やかな時間が流れている家の中だからこそできるんだろうなあ、と。
(さんざん、私と遊んだあとは、こんな感じになる)

まあ、そんな感じで、一人ぼっちにさせたり、
必要のないときにスミレを怒ったりするのは、
極力やめていかないとなあ、と思っているところです。はい。

たぶん、その穏やかな雰囲気だけで、充分満足するんやと思うんです。
おそらく、将来も、そんなたいそうな目標なんて掲げないような気がします。
コウメに限って、、そんな!と私は思うのですが、
コウメに限って、きっと、すごく平凡な日常を望む生き方をしそうなんです。
なんとなく、、、ですけどね、勘ですけどね。当たらない勘ですけどね(爆)。


***

ま、そんなわけで、えーっと、コウメ、すくすく育っています。

先日、日本脳炎の予防接種2回目を終えたのですが
帰宅後もずーっと「コウメ、注射で泣かなかったよ!」と言い続けています。
自信がついたのか、はたまた、自慢したがる時期なのか、わからないのですが
本人の中では、すごいビックイベントを乗り切ったようで、
ほんとにほんとに目を輝かせて、注射で泣かなかった発言をしています。

んなら、次は、おたふくの予防接種、、、行くぞ!


釣った魚には餌はやれん

母の日、誕生日、結婚記念日・・・。
結婚6年目にして、
いずれの日にも、何の一言も、何のプレゼントももらえなくなりました。


仕方ない、今日は母の日だけど、誰も何も感謝の気持ちを伝えてくれないから
自分でミスドのドーナツ買って、子どもたちが寝た後に一つ食べようっと

と思って、ひとつ、冷蔵庫に入れておいたら、

子どもたちの寝かしつけが終わったあと、しげおが

「ドーナツ食べようと思って・・・」と冷蔵庫を開けようとしてて。

「え?あれ、わたしのだよ。母の日に自分で買ってきたものだよ。
 なんで、そんな大切なものを、しげおが勝手に食べちゃうの?」と聞くと

「○○さんちのお母さんは、
 母の日に何かしてもらっているやろうか(いや、してもらっていないに違いない)!」

と逆切れされました・・・。




ありえん・・・。



ずーっと前から気づいていたし、本人も認めているけど、
「釣った魚には餌はやれん」オトコやった・・・。

餌はなくてもいいけど、気持ち、が欲しい。
いや、気持ちで、何かするとか(夜ご飯作ってくれるとか)
サプライズで、子どもたちと一緒に一輪の花を買ってくるとか、
そういう「きもち」が欲しいんだけど・・・。

もう何も望まない!と思うのは簡単だけど、
そこまで開き直っていいのか、とも思うし。まだ結婚6年目やし。
20年経ったら、そこまで開き直ってもいいのかな、とも思うけど。

こんなもんかねえ、世の中のフーフって・・・。

さあて、今から、ドーナツタイム。

さっき、私が寝かしつけ中だったら、ぜーったいに何も言わずに
大切な大切なひとつのドーナツを、しげおに食べられていたかと思うと
ほんまに、腹が立つけど、そこはぐっとこらえて、いただきまーす。

あ、ちなみに、ドーナツ。
おやつの時間にしげおにも1つ、ちゃんとあげているんだよ。
決して、何もあげていないわけじゃないんだよ。
そこまであたしゃ鬼嫁じゃないからー。



時間をください

ああ、ほんと、時間がないです。

子どもたちと向き合う時間が。

このGWは、私のゲーリー(G)週間(W)でもあり、
ユリのお熱週間でもありました。

というか、ユリのお熱は、未だ完全には下がらず、
咳も止まらず、この調子だと、月曜日には入院かも・・・な状態です。
といっても、ユリはすこぶる元気で、はしゃぎまわっています。
39.9度まで熱が上がったときには、さすがにぐったりしていましたけど
それ以外は、ほとんど元気で、38度の熱があろうが、
ぎゃっぎゃ言うています。

ミクシィのつぶやき、には、さんざん、つぶやいたのですが、
昨晩は、嘔吐ありーの、寝汗でびちょびちょになりーの、で、
今朝から洗濯機4回まわしました。はい。

病院で処方された薬は、見事に拒否。
0~1歳の頃のコウメを思い出しましたよ。はい。

がんじがらめにして、口を開けさせて、無理矢理飲ませています。はい。
虐待で通報されようが、薬を飲まなければ治るもんも治らない!
治らなければ、入院!そんなら、どんな手段を使おうが
ギャン泣きされようが、精神的に痛手を喰らおうが、
喉に薬を入れる!それが親の務め!

いやあ、私の飲ませ方が悪いのかねえ。
今日は、もう、スプーンを見るだけで拒否。
そこに大好きな豆腐が乗っていようとも。
コップも拒否。そこに大好きなお茶が入っていようとも。

てなわけで、今日は、離乳食も全く食べず。
ま、そもそも、熱で食欲が落ちているし、
寝るたびに、大量の汗をかいてて、とにかく水分を!という状態なんだろうけど。

てなわけで、いつもの食事どきも、かんなりユリに手を焼いてて
まともにスミレやコウメとおしゃべりなんかできへんのですけど、
昨日、今日も、ほんまにもうぐっちゃぐっちゃなご飯タイムで
殺伐としています。はい。ほんまに。
わたし独りで奮闘してて、独りで疲れて、独りで落ち込んでて
それを見ているスミレやコウメが、ぼーっとして食欲が失せるくらい
ほんまに、独りで汗かきかき、ユリと戦っています。本気の戦いです。


日中も、なにかしら、バタバタしています。
朝から、洗濯で、バタバタ。
朝食の後片付け&昼食の準備(ご飯を炊くとか)でバタバタ。
新聞くらい読みたいので、新聞取ってきて、
子どもたちの相手をしながらペラペラ(ほとんど、読めてないけど)。
その間、ゲーリーなユリのオムツ替えを数回。
ほっとしようとした瞬間、コウメが、うんちー、ふいてー、で、拭いて。
そんなこんだしている間に、ユリが熱くなってきて
おんぶで寝かしつけ(薬飲んでいるんで、昼寝に入る時間も早い・・・)。
寝たと思ったら、もう昼ごはんを作らないといけない時間で、
昼ごはんをちゃかちゃか作って・・・。

って、そのあいだ、スミレとコウメは、ほったらかし・・・。
話は聞いてあげるけど、一緒に遊ぶことはおろか、絵本すらも読んであげられず
「あとでーーーーーーーーー」と言うのが精一杯で、
あとで、読んであげられることは、ほとんどなく・・・。

昼ごはんを食べたあとも、前述どおり時間が過ぎていくわけで。

確かに、今は、ユリがお熱で、
薬を食べさせるのとお世話(ゲーリーなんでね)、寝かしつけに
時間がかかっているのも事実。

でも、ユリが元気だったGW前も、同じような状況で
ゆっくり絵本を読んであげられることなんて、ほとんどなくて。
これでも、夜ご飯は、手抜きで、あまり時間をかけていないつもりなんだけど
それでも、バタバタバターーーーーーーとしてて。

4月は幼稚園も幼児教室も短縮保育が多く、ほんとバタバタしていたけど
5月は5月で、幼稚園の懇談や参観日で、これまたバッタバタ・・・。
いつになったら、落ち着いた生活ができるんやろうか・・・。
つーか、誰かが病気になるだけで、それだけで、ほんま、
1日が潰されるからね。いや、1日で治れば問題ない範囲。
普通はなんだかんだで1週間くらいは気を揉む生活が続くし(泣)。


自分では、あれもこれも、と欲張っていないつもりだし、
おでかけや買い物、外食なんかも極力控えているつもりではあるけど
それでも、なんでかなー、すんごいバタバタしていてて
ゆーーーーーーーったりと、スミレやコウメ、ユリと遊べていないなあと。

ちょうどいま、虹色教室通信で、
ユングのタイプ論別の話が展開されていてて、興味深く読みすすめています。

スミレのタイプは前にも書いたとおり、内向的な感情型。 
感情型であるがゆえに、私自身、すごく戸惑ったり、
親として試される部分が多くて、ほんまに辛いんですが、
感情型であることがわかってからは、
スミレとの適切な接し方がわかって、気持ちがラクになりました。

で、問題は、コウメ。

3歳くらいになってくると、どのタイプなのか、
わかり始めるようになるんですが、これが、全然さっぱりわからなくて(泣)。

外交的ではないので、内向的なのは、間違いないとして、
感情型かといえば、スミレほど感情に左右される状況はないような。
遊びや興味の方向性に関することは、姉の影響を受けまくってて
どれだけコウメが自分で判断したことなのか、わからなくて。
ついでに、どんな遊び、どんなことが好きで一生懸命になるのか
どんな作品を創りたがるのか、何を重視しているのか、等々も
一緒にゆっくり遊べていないせいで、まーったくわからず・・・。

そのことが、すごくショックで。
改めて、向き合っていないことがわかって、落ち込んでいます・・・。

私と一緒に遊ぶことが大好きで、
私の提案を素直に聞き入れたりするのを見ると、感情型かなとも思うし、
一方で、多色使いで塗り絵をしたり、
ひとつのことを、何度も何度も繰り返しやろうとしたり
できなくても根気強く最後までやり遂げるところや
同じ色、柄を見つけては、逐一報告するところなんかは、
感覚型?とも思えるし。


ユリが元気になったあかつきには、
しっかりコウメと向き合って、
じっくり話を聞いたり、一緒に遊んであげようと思います。

あ、もちろん、スミレもね。
コウメは、なんやかんやでわがままを言っているけど、
スミレはいーっぱい我慢して、コウメの面倒をみたり
ときには、ユリの面倒をみて、生活を助けてくれているから。


***
備忘録。
 
コウメが熱中してやっていることは、
まめむすび。

お手本見せてあげるよーと、促しても、
一切、私のやり方を見ようとせず、
独自のやり方で(ぜーったいに結び目できへんやろ!ってやり方で)
やっているんですけど、なんやかんやで、結べています(摩訶不思議)。

あとは、迷路かな。
迷路のルール(道を飛ばさない、行き止まりになったら、戻って他の道を探す)を
少しずつ、学んでいっているところです。

そういや、スミレの迷路ブーム、いつのまにか収束してました。あれれ。
難しいワークがまだ残っているんだけど、手をつける気配もなく。
ただ、迷路は大好きなようで、
絵本等におまけのように付いている簡単な迷路も、何度も何度も喜んでやっています。

あ、そうそう、スミレとコウメのジャンプブームは、続いています。
スミレは、遠くまで跳んだり、高いところから跳んだり、
何かを跳び越えたり(今日は、寝ているコウメを跳び越えました・・・)。

コウメは、小さな段差を跳んだり、棒を跳び越えたり、
後ろに跳んだり・・・。これまた少しずつではあるけど、跳ぶバリエーションも増え
少し怖いと思うような高さのところからも、
跳んでみようと思えるようになっています。

あ、あとは、太鼓橋にもだいぶ高いところまで登れるようになりました。
スミレは、うーん、太鼓橋は、苦手かな。


てなかんじで、えーっと、いろいろあって、忘れそうなんで
とりあえず、備忘録ってことで、だらだら書きました。では!


1ねんぶりの

GWに突入した4月29日の早朝から、それは始まりました。

ええ、ゲーリーです。

1年前のブログを読み返してみたら、
ほんと同じ時期にゲーリーになってまして。

春が苦手で・・・という話は何度もしているのですが、
よく考えてみたら、GW前までが私にとっての春なのかもなあと。
4月は、なんやかんやでバタバタしてて、ほんまに慌しかったし
ようやく落ち着いたーと思った矢先にGWで、
しげおの実家に帰省する準備を整えた矢先のできごとで。

てことで、29日は、娘たち3人をしげおに託し、
独りで悶々と家でぐったり倒れていました。
幸い、今までのようなすさまじいゲーリーではなく
トイレの時間(1日5,6回)だけ苦しいもので、
翌日、少し具合がましになったので、しげおの実家に行きました。

が、しげおの実家でもお腹の調子が改善されることはなく
こっちに戻ってきても、まだダメで、
姉さん2人をしげおに託して、ユリとともにぐったりしていました。

あ、そうそう。ユリたんは、帰省中に発熱&ゲーリーになりました。

で、帰省後は、ひたすら、りんごのすりおろしを片栗粉で固めたものを
食べたので、私のお腹は、ようやく、落ち着いてきたかな・・・という感じです。

ユリは未だに38度を越える熱とゲーリーが続いていますが。
ただ、ユリたん、元気もりもりーで、全然ぐったりもしないし
いつにも増してよく動き、よく食べ、よく遊んでいます。
また突発性発疹?って思うくらい。

でも、熱も長引いているし、咳もしているので、
さすがの私でも、連休明けには病院に連れて行くつもりです。はい。


ということで、えーっと、この連休、私は、
ほんまに、ゆーっくりさせていただきました。
しげおの実家に帰省したのは、確かにしんどかったけど
でも、それ以外は、ほんまに、ぐーーーーーーーーったりして
いーーーーーーーーーーーっぱい寝ました。

こんなに休んだのは、ユリを出産した1年前以来。
もう二度とこんなに休めないだろうと、あの時うっすら想像していたことは
現実で、ほんまに、こんなにゆーーーーーーーったり何日も
ぐーーーーーーーーーーったりできる日々は、この1年、ほんとになかったなあ、と。

でも、ほんまに、これだけゆーーーーーーっくりさせてもらえて
ありがたいです。ほんま、ありがとう、しげお。

ただユリたんの調子がまだまだあかんので、
明日も、ゆっくりさせてもらうね・・・。

この数日間のゆったり生活のおかげで、
春の鬱々と、5月病が一気に解消されるかも。

でもって、ようやく気づいたのは、
ストレスや日々の疲れは、私の場合、お腹に出てくるということ。
あと、春真盛り、だけでなく、GW前後が、体調を崩しやすい時期だということ。

来年からは、そのことを踏まえて、
自分の身体や予定をコントロールしていかなきゃね。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす