FC2ブログ
   
02
1
2
4
7
8
11
12
13
14
18
21
22
23
25
26
28
   

ハハハハハ

スミレの歯の話。続編。

今朝、歯医者に行ってきました。

「ものすごい力で抜かれていますね・・・」

と、先生にも驚かれてしまいました。

詳しく話を聞くと、

「前歯の場合(上の歯ね)、早くて7歳くらいに永久歯が出てくると思うの。
 でも、スミレちゃんの永久歯を見てみると(レントゲンで撮った)
 もっと遅いと思うわ・・・」

しばらく、というか、向こう4年くらいは、歯なし状態・・・か・・・。

家に帰り、帽子(キャップ)をかぶってふざけている様子を見ると

上島竜平にしか見えないんだが・・・。

かあちゃん、笑っちゃあいけないよね。

でも、まだお年頃でないおかげで、
スミレは、歯抜け状態にも全く動じず、平気へっちゃらで過ごしています。
あと2年くらい後やったら、幼稚園に行きたくないーって言って
引きこもることになっただろうなあと思ったり。


永久歯じゃなく乳歯でよかったと思うし、
個人的には、本人が何にも思っていないなら
見た目のことで、親がどうのこうの必要以上に感じたり
言ったりしない方がいいんじゃないか、と。

いや、問題はですな。

強打したせいで、神経が7,8割の確率でやられているそうで
もし、やられているなら、歯が変色していくんだとーー。

そっちの方が、いやだでーーーー。
しかも永久歯がそんなんなったら、困るでー。


てことで、しばらく、というか、数年間は、
歯医者に通うことになります(撃沈)。


ていうか、相変わらず、しげおは落ち込み中。

そりゃそうだで。
子供たちに対して、いつも荒っぽく対応しているから
こんなことになるんだで。

しかも、女の子なのにーーーーーーー。
制服可愛い幼稚園に通わせているのにー(そこか?!)。
これから幼稚園時の写真、いや、小学校の入学写真も
全て歯抜け写真だでーーーーーーー。

それはそれで、のちに笑い話になりそうだけど。
今は笑えないよーーーーーーーーーー。


スポンサーサイト



前歯が抜けた

スミレの歯の話。

実は、先ほど、お風呂に入るとき、
服に前歯が引っかかって、抜けてしまいました。

打ったときの衝撃で、少しぐらついていたのも要因のひとつなのですが
自分で服を脱がず、しげおが、がっ!と脱がせてしまったらしく
運悪く引っかかってしまったようで・・・。

幸い血は止まったので、明日、受診するつもりなんですが・・・。


それにしても、三輪車でこけたときも、今日の服の件も
私が居ないところで、しげおだけが関与していた
というか、今日は、明らかに加害者だったせいか、
しげおが動揺しまくりで。

今まで、スミレ、コウメ、ユリが
下痢、嘔吐、高熱にうなされようとも、
コウメにじんましんが出ようとも、
階段からこけて、痛がっていても
鼻血が出て止まらなくても

「はあ~?」

てな感じで、全然真剣に受け止めず、
私が「病院に行った方がいいかな?」と聞くと

「別にぃ~。でも、そんなに心配なら行けばあ~?」

と、それでも親か!と思うくらい他人事で済ましていたんですわ。

なのに、今回に限っては、おろおろしまくりで。
スミレが号泣するもんだから、抱っこしまくりで
それ以外のことを何もしようとせず。
(ていうか、はよ、コウメをお風呂に入れてあげて!)



しかも、スミレがあまりにも痛がっていたから、痛み止めの話を始めたところ・・・



私「痛み止めの薬があればいいんだけどなあ。でも家にないしなあ」

しげお「スギ薬局に行ってきたら?」

私「行ってきたら?誰が?私が?」

心の叫び:すっげー他人事!誰のせいでこんなことになってん!はあ?

しげお「夜10時まで開いているよ。僕はスミレちゃんを抱っこしないといけないから」

私「はあ?私が行くの?」
  
心の叫び:相変わらず風邪は治っていないうえに、
     今朝、あまりにも調子が悪すぎて、寝込んでいたこと、知ってるやろ?!
     そのうえ、お風呂、出た直後やで。
     こんな寒いときに、チャリで買いに行かせるか?はあ?


しげお「・・・僕が行ってく、、、る、、、」

心の叫び:あったり前じゃーーーーーーーーーーーーー!!!



しげおが薬局に行っている間、スミレは「痛い」なんて言葉は全く発さず
ユリと一緒に遊んだり、積極的にお片づけをしたり、
挙句の果てには、歯が抜けた自分の顔を鏡で見て大爆笑。

しげおが帰ってくると、「痛いーーーーーー」と言って泣き崩れ
それを見たしげおが「ごめんーすみれちゃん、ごめん、パパが悪いー」と言って
また抱っこ・・・。

あほや・・・。


その後も、痛くて眠れない、、、と言って1階に降りてきたスミレ。
ちょうどユリも全然眠れない時間帯で、相手をしてもらったところ
堂々と絵本を読みきかせていました。


ていうか、しゃべれるやん。

ていうか、しゃべれるくらいなら、痛くないやろ・・・。

ここぞとばかりに、甘えているの、ミエミエやで・・・。

でまた、コウメを寝かし終えたしげおが1階に来て
「スミレちゃん・・・大丈夫?大丈夫?痛くない?」と
過剰なまでの心配のしよう・・・。

あほや・・・。ほんまに、あほかもしれん、しげお・・・。



でもまあ、はっじめて、子どものことを心配してくれたのは、ありがたい、、、かな。

これからも、他人事じゃなくて、親として、
当事者として、子どもの健康を心配してくれ。頼むで!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす