FC2ブログ
   
02
1
2
4
7
8
11
12
13
14
18
21
22
23
25
26
28
   

コウメ2歳11ヶ月の成長記録

うおー!もうすぐ3歳だー!
3歳の誕生日に何か作ろうと思っていたけど、
そろそろとりかからな、やばいぞー!
もちろん、たいしたもんは作らへんねんけど、
それ以外にも、やらなあかんことが山積みやから
ボチボチ始めなななあ。

てことで、もうすぐ3歳になるコウメの成長記録を。

***

R0014472.jpg
この前のアニバーサリーのときの写真。
↓の子が、コウメです。ね、ちゃんと動いているでしょ(動かされているというか)。

R0014477.jpg
コウメの前にいる男の子が、ずーっと泣いていて、
なのにセンターを陣取っているから、コウメの写真はぜーんぜん撮れず・・・。
ま、写真に撮るほどの動きをしていないので、どうでもいいんですが(爆)。


★トイトレ

全く進まず。

ていうか、おしっこの間隔が短すぎるのか、
ちょい漏れも多々あったり、
おしっこが出そう、、、という感覚もまだ感じられないのか
未だに「出そうだと伝える」→「トイレに行く」→「出る」という
正式な順序を辿ったことがありません。
というか、出そうだと伝えたことがありません。

でも一応、スミレ姉さんと同じく「3歳になったらオムツなし!」と
言い聞かせ、強行突破しようと思っているのですが
3歳の誕生日を越えても無理なような気がします。はい。

「出そう」な感覚がつかめない限り、
前もってトイレに行くという行為はできないですし
おしっこバケツがいっぱいになる、、、という話をしても
「???」という感じだったし、
最近では、ほんと頑なに拒否しまくっていますし、
「3歳になったらオムツなしだよ」と言うと
「6歳になったら、、、にする!」と言い返してきますし
ほんまに、6歳までオムツを履いているような気がします・・・(号泣)。

焦る必要はない、とか、今はそういう時期じゃないとか、
そのうちなんとかなる、とか、言われますが、
やっぱりトイトレって、親の責務というか、
3歳過ぎてもオムツなんて当たり前の世の中になってきているとはいえ
早いに越したことありませんし、
幼児教室の先生曰く、
「脳が育っていないから、今の子はオムツが取れるのが遅い」と言われると
早いほうがいいと思わざるを得ないです。

スミレとコウメは似ている、、、とはいえ、
やっぱり性格も違うし、同じ言葉掛けをしても、反応するしないの違いもありますし
なんとかラクしてトイトレを終わらせようと思っていた
私の気持ちを察してか、やることなすこと失敗に終わっているので
本当に難しいです。

「一人目のトイトレは大変だったけど、二人目はラクだったよ。
 気がついたら、終わっていたよー、やっぱ二人目って超ラクだね!」

なーんてことを、世間一般の意見として、じゃなくて
自分自身、堂々と言えると思っていたけど、
やっぱりやっぱりやっぱり、うちは、無理ーーーーーーーーーーーーー!!!

「一人目も大変だったけど、二人目は、もっと大変だーーーーーー!!!」

というのが結論です。ええ、ああ、来月が怖い・・・。
どうしよー。ダダ漏れで過ごす?


★三輪車

三輪車、未だに乗れません。
これまた、二人目だし、お姉ちゃんが乗っているのを見ていたら
自然と乗れるようになるだろう、、、と思って
漕ぎ方も教えたことがなかったのですが、
全く漕ぐ気配もなく、先日、ちょいスパルタ気味で教えてみたんですね。

右足、左足、、、と、「漕ぐ」という意味がわかっていないようだったので
私がコウメの脚を押さえて、力を入れることを伝えてみました。

すると「押してごらん」と言うと、私がやったように
自分の脚を手で押していました(撃沈)。

オツム弱すぎです。ていうか、私の教え方がアカンすぎる?

てことで、三輪車、諦めました。

自転車も無理でしょう。

もういいです。どーでもいいです!(怒)


★自信をつける

コウメに一番必要なことは、これ、しかないと思うんです。
ずーっと前から気になっていたことではあるし、
自信をつけさせるために、小さい目標を作っては誉めて、、、
ということを、ときどきがんばってはいたのですが、
やはりやはりやはり真ん中っ子は、ほんとに手をかけてあげる時間がない!

コウメのことをじっくり見てあげよう、
小さい目標づくりをしようとした瞬間、ユリが泣き・・・
お手伝いをさせていくうえで、誉める場面を作ってあげようと思っていたら
思いのほか、スミレにお手伝いを奪われ、
「スミレ、こんなももできるんだよ!」と姉の自慢大会が始まり
それでもコウメを誉めたら、「スミレは!」と怒られふてくされ・・・。

ほんまに、ほんまに、ごめん、、、としか言いようがなく。

ほんまにほんまにほんまに、
コウメと1対1で向き合える時間をもっともっと欲しいと思うばかりで。

辛いです。

2歳後半~3歳というのは、
自分の意思を伝えるための言葉の発達が未熟ではあるものの
「こうしたい、ああしたい」という気持ちだけは、たくさん湧いてきてて
意思疎通が困難であるがゆえに、親子ともどもストレスをためてしまう時期です。

また、やりたいことがある程度やれるようになったり、
できることも増えてきたり、
今までできなかったことができる確率も高くなっているからこそ
「この前はできたのに、今日はできなかった・・・」そんな些細なことで
発狂してしまうのも、3歳だからこそ。

周りの人や子供同士が発する言葉や会話を100%で受け止め
100%で悲しみ、喜ぶのも、3歳。

だからこそ。

だからこそ。

だからこそ。一番大変な時期だと思うんです。

魔の2歳児とは言うけど、スミレの育児を振り返ると
2歳も大変だったけど、3歳はもっと大変だった、、、というのが実情でした。

だから、ある程度は覚悟しています。
でも覚悟しているからといって、どうなるわけでもないんですが。

最近、ほんとにほんとに、コウメに対して怒ることが増えて
そのたびに
「ああ、また彼女の自信を失わせた」とか
「ああ、コウメは愛されている感を感じて生きているんだろうか」とか
「自分を肯定的に捉えられる人間になっているんだろうか、
 否定的にしか捉えられないような人間形成をしているんじゃないだろうか」とか
ものごっつー、落ち込んでしまいまして。

かといって、怒りが収まることがなく。

あと1年踏ん張らないといけないんだろうね。うん。

ていうか、あと1年経つ前に、3人目の怪獣が牙を剥き始めるだろうけどさ(号泣)。

ああ、オソロシヤーの3歳児。

そんな3歳児のお祝いは、どうしようかなあ。
スミレの3歳の誕生日は「まったり2人きりで過ごす」だったけど、
インフルエンザ等々が流行っている3月にユリを保育所に託す勇気もなく。
スミレは12時に帰ってきちゃうし、、、
ほんと、申し訳ない気分でいっぱい、、、ごめんね、コウメ・・・。


★即席塗り絵

ま、そんなわけで、ユリが寝ているときには、
なんとか怒らずに二人きりの時間を過ごそうと思い、
まったり絵を描いたり、絵本を読んだりしています。

今日は即席塗り絵をしました。
R0014478.jpg
私が単純な絵を描き、その絵に色を塗っていく、、、それだけのもの。

子どもが何かに熱中し始めたら、わざとその場を離れたり
何も声かけをしないほうがいい、という親子もいるのですが、
うちの娘たちにこのような対応をすると、地雷を踏みます。

子どもが何かに熱中し始めたら、もし、その場にいたら
一緒に熱中ごとに付き合ってあげると、大喜びし、
もっともっと熱中して、がんばります。

スミレの場合は、大いに付き合ってあげ、
いっぱい声かけをしてあげると、喜んでくれました。
ちなみに4歳の今は、話しかけられたときのみ反応するほうがよくなりました。
熱中しているときは、話しかけても無視するくらい
集中して何かに取り組むようになりました。

2歳のコウメは、スミレほどではないにしろ、
一緒に付き合ってあげると喜びます。

今回の塗り絵にしてもそうなのですが、
塗り絵のノートを渡して「やってごらん」では、
まーったくやる気にならないのですが
隣に付き添って、塗り終わったら、次の絵を描き、
「これなに?」の質問に答え、
「こうたいばんこ」と言われたら、ペンやクレヨンを交換する
ということを延々と続けていく、それだけで
30分、いやもっとかな40分くらいは、塗り絵をしていましたから。

スミレに比べると、言葉かけは少なくてもOKで、
ただ寄り添って、コウメの要望をただただ聞いてあげる
それだけで満足してくれます。

昨日も、公園でかくれんぼをしたのですが、
コウメは、何度も何度も同じ場所に隠れていたので
毎回毎回同じように「みーつけた!」と見つけてあげるだけで
大満足で、これまた何度も何度も繰り返して遊んでいました。

「かくれんぼの敏感期?」とも言えるこの行動。
そろそろ終わりにしたいなあと思いつつも、
気長に付き合っていたら、突如、コウメの方から
「もう終わりにする!帰る!」と言いだして
機嫌よく帰ることができました。

こんなふうに、コウメが満足して毎日遊べたらいいんですが
こんなことができるのは、1週間に1回あるかないか。
それ以外は、たいてい、
「早くして!お姉ちゃんのお迎えに間に合わない!」とか
「歩こう!ほら、がんばって歩こう!」とか
「食べなさーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!!」とか
怒り炸裂の状態でかけている言葉ばかり。

もっとコウメに自信をつけてあげられるよう、
日常生活自体を変えていかないといけないのかもなあ、、、と思ったり。

ええ、今、3姉妹の中で、いっちゃん手がかかる子になりました。

2年前は「手がかからないいい子だー」と言っていたのにね。


★工作作品

姉の影響もあり、いろいろ作れるようになりました。

R0014481.jpg
カーテン、、、だそうです。

R0014482.jpg
かわいいわんちゃん、、、だそうです。

R0014486.jpg
あいすくりーむ、、、だそうです。これは、納得。

R0014487.jpg
はっぴーばーすでーのけーき、、、誕生日ケーキ、だそうです。んん?


なんやかんやいうて、折り紙も自分から折るようになりました。
ま、もちろん、ぐちゃぐちゃ、、、ですけど。

あ、そうそう、スミレが切り紙を自分で作っていたら
コウメも、折り紙を三角に折り、切っていました。
出来上がったのは、茶色のおりがみだったので「おいも」でした!
写真撮っていなくてごめりんこ!

そんな感じで、コウメも工作ワールドに入ってきています。

楽しいぞ!



スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす