FC2ブログ
   
02
1
2
4
7
8
11
12
13
14
18
21
22
23
25
26
28
   

カエルの子はカエル、オタマジャクシの兄弟はオタマジャクシ

カエルの子はカエルであり、
オタマジャクシの兄弟(姉妹)はオタマジャクシだと
再認識する日々でございます。

ええ、スミレとコウメのことでございます。

2年前のブログを読み返してみると
「スミレとコウメは全然違う」と書いていたのですが、
2年経ったいまでは、「スミレもコウメも同じだ」と思うことの方が多くて。


実は、昨日、コウメが通っている幼児教室の
25周年アニバーサリーイベントがありまして。

発表会の類のものが一切ない幼児教室なのですが
(発表会の練習に費やす時間があれば、
 普通の保育をしたほうが子どもの成長に良いという考え方のもと)
今回は、少しだけコウメたちも発表の場を与えられました。

といっても、1,2歳クラスなので、踊るだけ、です。
ていうか、舞台に立てるだけでも拍手喝采というか。
泣きながら舞台に立ち、なぜか、センターに突っ立っているような子もいれば
好き勝手に走り回っている子もいれば、
コウメのように、直立不動で仁王立ちしている子もいるというような感じで
「ジャガイモ体操」の演目は終わりました。

ええ、このジャガイモ体操、どんなものか知りたくて
練習が始まった2週間前から、何度も何度も聞いたのですが、
何度聞いても「コウメは踊っていないから」と言われるだけで
踊りを披露してくれたり、リズムや歌のサビ部分すらも
わからない状態でして。

もちろん、昨日も、全く踊らず、
ひたすら先生の顔を見ているだけで、でも、斜に構えているわけでもなく
電車ごっこのようにみんなで動き回らないといけないときには
もそもそと動いていたので、コウメなりにがんばったのではなかろうか、と
親としては解釈しておるんですが。

というか、動かない、踊らない・・・。

見覚えがある光景。

コウメが初めてではない、この光景。


ああ、そうだったよ。そうだったよ。そうだったよー。
コウメの姉さんも、同じだったよー。
2歳のときに通っていたヤマハでも、踊らなかったあの日々を思い出すよー。
子育て支援センターでも、広場でも、
誘われれば誘われるほど、踊ったりすることを頑なに拒んでいたあの日々をーーーー。

ああああーーーーーーーー。
やっぱり、貴女も、スミレ体質かーーーーーー。
いやいや、コウメは外向型かもしれない、、、と思っていた
2年前のかあちゃんの勘は見事に外れていたあああああ。

昨日の舞台如何の問題じゃなくて、
もう数ヶ月前から、いや1年前から知っていたことだけど。

やっぱり、内向型のとうちゃんかあちゃんからは、
外向型の子どもが産まれるわけがないんだーーー。

てことで、ユリも同じく、内向型決定ー。
発表会で他の子と同じように踊れる日々を
ひたすら待ち望むんだろうなあ。
スミレは4歳後半でようやく踊れるようになったけど
コウメは何歳になるやろうか。
そして、ユリは、一体、一体、何歳になるやろうか。
6歳までには、踊れるようになるやろうかー。

気長に待たな、あかんなあ。ほんまに。
気長に。気長に。気長に。



てことで、25周年アニバーサリーのイベント、楽しかったです。

ま、コウメもがんばったんですが、私もほんの少しだけ頑張りました。

というのも、ママ塾に通っていたママさんたちで、
AKB48の「会いたかった」を踊ることになってまして。

ええ、テレビを見ない私にとっては、AKB48ってなんぞや?状態ですから
ユーチューブ頼りで、一から勉強っすよ。
でも、夜な夜なユーチューブで、
若い女子が踊る姿を見るのって新鮮でした。はい。
(↑AKBのことね)

つーことで、サビの部分だけがんばって踊ってきました。はい。
36歳女子。やればなんとかなるもんだね。あーっははっはは。
会場内(というか、旦那さんたち)の表情は「失笑」そのものでしたけど。



子育てのこと、いろいろ迷っていることも多々あり、
また、自分のこれからの生活のこと、家計のこと
考えたり行動しないといけないことも多々あり、
悩みだすとキリがないし、隣の芝は青く見えて
卑屈になることも多々あるんですが、
辛いときこそ、前に進まないといけないというか
前に進む一歩を踏み出さないといけないなあと。

25年前に幼児教室を開き、
今まで続けてきた代表の先生の軌跡を聞いていると
後悔しない生き方や、前に進むための努力というか
やっぱり人間は常に勉強していかないといけないんだなあ、と思ったり。

自分がこれから25年間続けられることって何かあるのかなあ
それって、趣味のレベルじゃなくて、
社会に奉仕できる何かでありたいなあ、とか。

女性として、主婦業も育児業もしながら、
社会に貢献できる何かひとつの仕事をやり遂げるのって
(しかも、会社などに属せず)
憧れでもあり、目指すところのひとつでもあり。

ま、なんちゅうかあれですな、まだ文章にして表現できないのですが
いろいろいろ考えさせられました。

やりたいこと、たくさんあるし、
やらなければならないこと、お金稼ぎのこと課題ばかりで
考えたり行動しないといけないことばかりだし、
「あーあ、1日24時間しかないのって、少なすぎる!」なんて
受験生みたいなことを考えてしまう日々。

とりあえず、娘たちの相手とご飯を作るだけで1日が終わり
ぐったりしながらぼーっとネットして、後悔して、、、というのが現実で。

なんちゅうか、えーっと、まとまらない終わりかたで申し訳ないのですが
毎日、悶々と生きています、ということで。

って、これが〆かよっ!

すんませんっ!


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす