02
1
2
4
7
8
11
12
13
14
18
21
22
23
25
26
28
   

ユリ生後9ヶ月の生長記録

気がつけばもう9ヶ月。

***

・ハイハイ&つかまり立ち

変形ハイハイだけでなく、
普通のハイハイもできるようになりました。
縦横無尽に動き回っています。

つかまり立ちも上手になりました。

ほんの少しだけ、つたい歩きもしています。

気がついたら、手を離して、立っていました(立ってしまった!という感じ)。

でも、本当の「立つ」の動作には、まだまだ時間がかかりそーです。


・人見知り&後追い

人見知りが始まりました。
おばあちゃん(私の実母)を見て号泣。
歯医者でも、いままでOKだった助手さんにも号泣。

私が抱っこしていれば問題ないのですが、
それでも、自分の家族以外の人のことを
じーーーーーーーーーーーーーーっと不審の目で見るようになりました。

その代わりといってはなんなんですが、
私に抱っこされたり、私を見つけるだけで、
満面の笑みで応えてくれます。最高です。かあちゃん、幸せです!


ま、そんなわけで、後追いも始まりました。

ハイハイの速度はそこそこ速いので、すぐに追いついてくれるのですが、
私も、スミレやコウメの相手をしたり、家事をしたり
コウメのトイトレに付き合っていると、
家の中をあっちゃこっちゃ行き来してしまうので、
私を見失ってはギャン泣きしている、、、という感じです。


ええ。大変な時期になってきました。


後追いしていないときは、たいてい、姉さんたちのおもちゃを物色中で
よからぬものを食べていたり、
姉さんたちに「だめ!止めて!ユリこないで!」と怒られています。


・3回食

9ヶ月になったら、3回食ですってよー。
離乳食の本に書いてありましたわよー。

3回ってことは、朝ごはんを作らないといけないってことですわよー。

朝のごっつー忙しい時間帯に、ユリの離乳食を作るなんてーーーーーーーーー。

ムリーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!(言い切った!!!)





ていうか、最近、外出しているのを理由に
昼の離乳食をすっとばしたりしていたら、
便が水様性に戻っていたーーーーーーーーーーー。



てことで、ええ、いつかは、3回にしなあかんのですからね。
いつかは、しますよ。ええ、いつかは・・・。
3回に慣れてしまえば、大変じゃないと思いますよ。ええ。

いつか、ええ、気合を入れて、3回食に挑んでみます。がむばります。


・遊び

何をして遊んでいるのか、さっぱりわかりません。
でもそろそろ、手先を使った遊びなどが好きになる時期だと思います。確か。
そろそろ何か、仕掛けていきたいところです。

何がいいかなー。
R0014517.jpg
ペンを散乱させて楽しんでいるユリ。


・いないいないばあ

いないいないばあ、をすると、喜ぶ時期になりました。

でも、おもちゃを、いないいない・・・と言って
ポケットに隠したら、???な顔をされました。
よくよくよく見せているのに、どこに消えたのか、わからないみたい。

今日は、おもちゃを手のひらに隠してみました。

そしたら、ちゃんと手のひらを持って、開けてみようとしていました。

おおおお!!かあちゃん、ちょいと感動っす!
ちゃんと、どこに隠れているのか、わかっている!!!


こういうほんの些細なことに気付いて、
そのことを喜べるようになりました(私が)。

スミレの育児では、こんなふうに観察すらもできなかったから
今はほんと、ゆったりとユリを見ることができてよかったなあと思っているところです。


・絵本

そういえば、、、ユリに絵本を読んであげていなかった、、、てことで
読み聞かせをすることに。

こどもちゃれんじBABYの付録(スミレ時代の)の絵本「ママママママ」は
ちょうど後追いの時期の赤ちゃんにピッタリで、
スミレもコウメも好きな絵本のひとつでした。

てことで、ユリにも読み聞かせてあげたら、
目を輝かせて、じーっと聞いてくれました。

ああ!すばらしや!

ちなみに、スミレは、スミレが作った内容で
「ママママママ」をユリに読み聞かせてくれています。

これが、結構、面白いので、今度、ご紹介します。

ああ、それにしても、絵本の画像がなくてごめんなさい、、です。


・写真、ない!

ああ、悲しいかな、3番目。

ユリを撮った写真が、ほっとんどありません。

いや、撮るには撮っているんですよ。

でも、私に余裕があるときにしか、カメラを向けられないので、
気がついたら、砂場に座って砂を食べている写真ばかりでした。

やばいです。

もっと、他の写真を撮らねば!
砂を食べている写真だけじゃなくて、他の何かを食べている、、、
イヤ、食べている写真じゃなくて、えーっと、ハイハイしているのとか
つかまり立ちしているのとか、
おもちゃで遊んでいるのとか、

えーーーーーーーーーーーーっと、えーっと、もっといろいろなユリたんを!!!

1歳まであと3ヶ月。

写真集を作れるよう、がんばって、写真を撮りたいと思います。



スポンサーサイト

参観日オチ付き*イチゴ狩り*花粉、キタ

R0014636.jpg
梅。

R0014639.jpg
梅。

R0014640.jpg
梅。

コウメの花だよー。

最近、こういう風景写真というか、草花といった自然のものを撮っていなかったので
どういう構図がいいのか、さっぱーりわからへんようになってしもうた・・・。
やばい・・・。



***



金曜日はスミレの幼稚園の参観日でした。
年少クラス最後の参観日。

スミレも楽しみにしていて
「金曜日は参観日でしょ。ママ来るんでしょ」と言っていたので
葛根湯を飲み熱を下げ、木曜日には、身体の調子も回復!

と思っていたら・・・

金曜日の朝、熱ぶり返し!
吐き気ムンムン、目の前真っ白けになるほどフラフラで(貧血?)
お弁当をつめたあとは、ぶっ倒れてしまいました。

とりあえず、スミレを送り出すまでは、布団の中で過ごし
少し気分がよくなったところで、次はコウメを幼児教室に。

あとは、気合で、ユリを連れて幼稚園に行きました。

とはいうものの、ずっとおんぶしていたので、
さすがにめまいがして、参観中は、イスに座っていましたけどね(爆)。


スミレはときどき私の方を見ては、はにかみ、、、という感じで
さすがにもう鼻くそはほじっていなかったけど(爆)
後ろを振り向けるほど、心にも余裕ができてきたみたい。

参観では、子どもたちと遊ぶ時間も設けられ、
その中で、
「お母さんの好きなところ」と
「お母さんが子どもの好きなところ」を発表することに。

「お母さんの好きなところは、寝る前にチューしてくれるところです」とか
「お歌を教えてくれるところです」とか
「きれいなところです」とか、微笑ましい回答が続く中、
トリを飾ったスミレの答えは


 
 
 
 
 
 
 

 「怒っているところです」 



 
 
 
 
 
 
 
ぎゃっふーーーーん!!!


でも、ちゃんとオチがついてよかったよー(いいのか?え?それでいいのか?)。



***


本日は、念願の「イチゴ狩り」。

我が家は、普段から旅行も美味しいモノを食べるといったことも全くしないので
(そういうことに、あまり興味がない)
贅沢行動といえば「イチゴ狩り」くらいしかなくて。

イチゴ狩りが贅沢、、、なんて、独身時代は考えられなかったけど
たった30分イチゴを食べるだけで、
家族5人で4900円もかかっているんですよっ!
贅沢以外の言葉で表現できないっすよ!
しかも、ユリは食べてへんし(もち、0歳児はゼロ円やけど)。

てことで、食べてきました。
スミレ曰く「50個くらい食べた」らしいんですけど、
50個も食べていないとは思うけど、でもよく食べました。
R0014588.jpg

八尾のグランベリーというところに行ってきたのですが、
2年前に訪れたときに比べると、甘さは半減・・・水っぽかった・・・です。
来年は別のところにしようかなー。

でもまあ、スミレもコウメも大興奮で食べて食べて
大満足でイチゴ狩りを終えることができました。

ええ、プライスレスですよ。
ええ、4900円云々じゃなくってよ。
プライスレスですよ!


***

その後、スーパーに買出しに行ったのち、
久宝寺緑地で昼ごはん&遊びまくりました。
R0014628.jpg
5人家族なんやし、もう少し大きめの敷物がほしいと思う今日この頃・・・。


暖かい天候だったせいか、たくさんの家族連れでにぎわっていました。
子どもたちが身体をいっぱい使って遊べる遊具がたくさんあって
スミレもコウメもおおはしゃぎで、めいっぱい楽しみました。

最近、引きこもってばかりで、ほんと久しぶりに外で遊んだので
もち、帰路の車の中では、皆、爆睡。
運転手は、もち、ワタクシ。しげおは後ろで娘たちと爆睡です。
最近、この構図が当たり前すぎて、おかしいと思わなくなりましたが
やっぱり、ヘン・・・つーか、なんで、私がいつも運転しているんやっ!!!


***

ま、そんなわけで、楽しい週末を終えました。

実は、金曜日、参観日が終わったあと、スタバでご飯を食べようとしたら
再度めまいに襲われ、パン1つ食べるだけでぐったりしてしまうくらい
ときどき、ふっと倒れそうになって、心臓もバクバクします。

毎年毎年ブログでも書いているのですが、
春はほんとに苦手です。

精神的なことと花粉が要因だとは思うのですが、
身体の調子が、ふとしたことで乱れて、回復するのに時間がかかり
回復したかと思えば、また次の波が来て調子を崩し、、、を
繰り返してしまいます。

葛根湯で出てしまった湿疹(じんましんじゃなくて、湿疹だった)も
未だに引かず、首と顔にまで出てしまって、落ち込んだり
ほんと、些細なことで、すごーく疲れてしまってしまします。


ま、そんなこんだで、ここしばらくは、
こんな感じのくっらーいブログが続くかと思いますが、
あまり気にせず、流して読んでいただければ幸いです。

私は、書くことによって、気持ちをコントロールしているので
書くことができたら、だいぶ、ラクになっています。


てことで、えーっと、えーっと、えーっと、

花粉、キマシタ。

公園で遊んでいたら、くしゃみ連発したんで。

でも、まだマシ、、、かな。

キター!!!(号泣)ってほどではありませんし。

近畿地方にお住まいの方、まだ、、、ですよね。
本格的な花粉到来は、まだ、、、です、、、よね?????

花粉ママ友とは、会うたびに「キタ?」って確認し合っていますが
未だ「キターーーーーーーーーーー!!!」な反応はないし。
今週あたり、やばそう?かも?


葛根湯でじんましん

備忘録。

葛根湯を飲むとじんましんが出る。かあちゃん。


***


てことで、昨日、また風邪をぶり返し、熱が出たので
葛根湯を飲んで寝たら、じんましんが出ました。

以前も葛根湯でじんましんが出たので、ああ、やっぱりか、と。

とはいえ、明日はスミレの幼稚園の参観日なので
なんとしてでも治しておきたかったし。
じんましんは痒いけど、アトピーほどじゃないし、我慢します・・・。


***

月曜日はママ塾がありました。

実は、事前に
「おうちでどんな遊びをしているのか、紹介してください」
と言われていまして。

しかも「10~15分くらいで。参加者30人くらいです」
そんな中の発表って・・・。冷や汗たらたら。

そりゃあ、仕事しているときは、こういうのは慣れっこだったし
とはいえ、ガチガチにシナリオを書いていかないとあかんくて
(要は、アドリブがきかない・・・)
事前に何度も練習して臨んでいたんですが。


とりあえず、ママ塾の内容に合うようなおもちゃを用意し、
紹介する順番と抑えておくべき点を書いたカンペを忍ばせて挑みました。

が、蓋を開けてみれば、参加者は10名ほど(すっくなー)。
ざっくばらんな雰囲気で、ざっくばらんに話して終わりました。

んでも、すっげー緊張したし、うまいこと説明できへんかったー(汗)。
でも、いい経験になったーーーーー。
ママ相手に話をするのって、緊張するー。反応が見えへんくてこわいー(爆)。

もっと自分に自信を持ちたいーーーーーーーーーー。

ちなみに、先生からは
「お皿の洗い方(2歳くらいの子)」「縫い刺し」を教えていただきました。

スミレは、縫い刺しに少し興味を持ち始めました(備忘録)。

***

火曜日。

今週唯一のおうちデーだったので、
コウメと、おうちで切り貼りして、まーったり遊んだのち、公園へ。

暖かったせいか、幼稚園帰りの子どもたちが2時過ぎから集まり始め
まったり遊んでいたコウメの近くにも寄ってきて
一緒に砂遊びをすることに。

普段なら「このおもちゃ貸して」と言われても「いや」と断るコウメですが
この日は、なぜか、一人の女の子に「貸してあげてもいい」と言ってて。
(んま、本人が直接言ったのではなく、私が代弁したわけですが)

へええーーーーーーーーー。いいんだーーーーーーーーーー。
いいって思えるような気分だったんだーーーー。
何がよかったんだろうーーーー。
女の子だったからーーーーーーーー???

そして、暖かいこの日は(も)、やっぱり、コウメは裸足。
そのままスミレのお迎えに行ったんですが、
そこでもやっぱり、裸足ーーーーーーーーーーーーーー。
途中、下校途中の小学生の女の子に
「靴、履かせてあげたら?」と言われちまったよー。

言い訳じゃないけど、これ、虐待じゃないのよー。
本人の意思なのよーーーーーー!!!

R0014550.jpg
久しぶりに公園で滑り台を。
裸足で何が悪いっ!(開き直り)

***

水曜日、幼児教室でコウメの誕生日会がありました。

1、2、3月生まれの子供たちを集めて、
歌を歌ったり、劇を見たり。

子どもたちは、みんな前に出てきて、
名前と何歳になったのかを言うのですが、
コウメは、全く口を開かず・・・。

ぎゃふん。

スミレはなんやかんや言っても、同じ時期、
一応、名前と年齢を言えていました。
めーっちゃ小さい声だったけど、ちゃんと答えていたのに。

ぎゃふん。

だんまり、ぎゃふん。

結構頑固、ぎゃふん。

ま、でも、いいっか。ね、いいよね。

これもいい思い出・・・に、なるだろう、、、きっと!!!


子育てって、目先のことばかりにとらわれていると
すごく辛くなります。

幼児教室でしゃべらない踊らない、、、等々
気になることは多々あり、すぐにでも解決したいと思うのですが
解決したからって、その子の育ちには、たいした影響はなく。
解決しなくても、もちろん影響はなく。


それよりも、もっと長いスパンで子どもを見ていかないといけないなあと思ってて。
一人で着替えるとか、手先を使った遊びをするとか、
工作、料理等で、いろんな道具を使うとか、
使えるようになることで、自分に自信をつけさせたり
自分で物事を考えられるようにさせるとか。

目下、トイトレを再開して、目先のことばかり気になってばかりいるんですが
トイトレでどうなってほしいのか、というと、
もちろんオムツをつけない生活を送ってほしいのと、
あとは、やっぱり、自信かな、と。

遊びに集中したいときは、我慢するとか、その前にトイレに行っておくとか
そういうことを自分で決めて生活できるって、ステキなことだし
誰かに生活をゆだねるんじゃなくて、
自分が主体になって生活しているっていう感覚を身につけてほしいなあと。


とはいえ、やっぱり、トイレに誘う時間がないー!!
だいたい1時間半くらいは持つようになったんだけど、
2時間は無理みたいーーーーーーー。早いーーーーーーー。


***

昨日はしげおの誕生日でした。

熱が出てフラフラだったけど、
とりあえず無印のキットを使ってガトーショコラ完成。

服とともにプレゼントしました。

スミレは、お人形さん作る!と言って、
トイレットペーパーの芯と紙とティッシュペーパーの空き箱を使って
うさぎのお人形さんを作って渡していました。

お誕生日に手作りのプレゼントを渡すって、いいね。
そういうことができる年齢になったんだね。4歳、ばんざい!

***

ユリたん。

最近、睡眠が安定せず、昼寝1日1回1時間で終わることもあり。
なのに、夜も1時間おきに起きてはギャンギャン泣いてて。

スミレやコウメの0歳の頃を思い返してみると
「そういう時期」なのかもなあ、と思ったり。

とりあえず、かあちゃん、寝させてくれ・・・。

R0014569.jpg
カメラに興味を持ち始めたユリたん。
カメラを渡すと、食べました(沈)。


目打ち&包丁デビュー

スミレには、目打ちで穴を開ける方法を
何度も「見せて」、そして「教えて」、ようやく手渡し
一人で穴を開けられるようになり、ほっとしていたのですが、
それを見ていたコウメが、自分もやりたいと言い出して。
(当然の流れ、、、だ、、、ね、、、)

で、どれくらいできるものなのか、試しにやらせてみたら
ちゃんと、ぶすーっと穴を開けられました。
ただ、扱いが荒っぽいので、監視しとかなダメなんですが。

で、今日、私とユリがお風呂に入っている間、
スミレが目打ちで穴を開けていたらしいのですが、
もちろん、「コウメも!」となったようで。
しげおが「コウメはまだあかん」と言ったら、ギャン泣き。

そりゃそーだ、ママの前ではやらせてもらったのにー、ねえ。

てことで、お風呂からあがってすぐに、目打ちを与えて
思う存分、紙コップの底に穴を開けさせたら、
晴れ晴れしい表情になり、超ごっきげんに。


***

最近、お手伝いを拒み続ける長女・スミレ。

今までなら「お手伝いする人!」と言うだけで
走って台所に来て、もっともっとお手伝いしたい!と言っていたのに。

てことで、本来ならスミレに頼むはずのお手伝いを
コウメに託すようになりました。

今日は、にんじん、じゃがいも、きゅうりの皮むき。
それで終わりにしようと思っていたら、もっとやりたいというので
「きゅうりを包丁で切る」ということもやらせてみることに。

これまた、どのくらいできるのか試しに見てみよう、、、てことで
やらせたら、包丁を振りかぶっていました。

ぎゃー!!!

本来、初めて包丁を持たせるときは、
大人は、包丁を持っている手の方を添えてあげるものなんですが、
振りかぶってしまったが故、間に合わず、
きゅうりを支えている手の方を添えることに。

いやあ、ワタクシの手、何度切り刻まれようとしたことか。

「指を切らないように猫の手にする」というよりも、
指どころか、手の甲をバッサリ切らないようにするには、
どう説明すればいいのやら・・・。

ていうか、そもそも、包丁を振りかぶってはいけませーん。


てことで、こちらも根気よく、付き合って、
とにかく、私が包丁で何かを切っている姿を
「見せて」「見せて」「見せて」いかねばなあと。


ともあれ、2歳11ヶ月で包丁デビュー。
早いのか遅いのかはわからないけど、
要は、包丁やその他の道具を使って、何か料理を作れるようにならないと
包丁デビューの意味もないからね。がんばってくれよ。コウメ。



ハハハハハ

スミレの歯の話。続編。

今朝、歯医者に行ってきました。

「ものすごい力で抜かれていますね・・・」

と、先生にも驚かれてしまいました。

詳しく話を聞くと、

「前歯の場合(上の歯ね)、早くて7歳くらいに永久歯が出てくると思うの。
 でも、スミレちゃんの永久歯を見てみると(レントゲンで撮った)
 もっと遅いと思うわ・・・」

しばらく、というか、向こう4年くらいは、歯なし状態・・・か・・・。

家に帰り、帽子(キャップ)をかぶってふざけている様子を見ると

上島竜平にしか見えないんだが・・・。

かあちゃん、笑っちゃあいけないよね。

でも、まだお年頃でないおかげで、
スミレは、歯抜け状態にも全く動じず、平気へっちゃらで過ごしています。
あと2年くらい後やったら、幼稚園に行きたくないーって言って
引きこもることになっただろうなあと思ったり。


永久歯じゃなく乳歯でよかったと思うし、
個人的には、本人が何にも思っていないなら
見た目のことで、親がどうのこうの必要以上に感じたり
言ったりしない方がいいんじゃないか、と。

いや、問題はですな。

強打したせいで、神経が7,8割の確率でやられているそうで
もし、やられているなら、歯が変色していくんだとーー。

そっちの方が、いやだでーーーー。
しかも永久歯がそんなんなったら、困るでー。


てことで、しばらく、というか、数年間は、
歯医者に通うことになります(撃沈)。


ていうか、相変わらず、しげおは落ち込み中。

そりゃそうだで。
子供たちに対して、いつも荒っぽく対応しているから
こんなことになるんだで。

しかも、女の子なのにーーーーーーー。
制服可愛い幼稚園に通わせているのにー(そこか?!)。
これから幼稚園時の写真、いや、小学校の入学写真も
全て歯抜け写真だでーーーーーーー。

それはそれで、のちに笑い話になりそうだけど。
今は笑えないよーーーーーーーーーー。


前歯が抜けた

スミレの歯の話。

実は、先ほど、お風呂に入るとき、
服に前歯が引っかかって、抜けてしまいました。

打ったときの衝撃で、少しぐらついていたのも要因のひとつなのですが
自分で服を脱がず、しげおが、がっ!と脱がせてしまったらしく
運悪く引っかかってしまったようで・・・。

幸い血は止まったので、明日、受診するつもりなんですが・・・。


それにしても、三輪車でこけたときも、今日の服の件も
私が居ないところで、しげおだけが関与していた
というか、今日は、明らかに加害者だったせいか、
しげおが動揺しまくりで。

今まで、スミレ、コウメ、ユリが
下痢、嘔吐、高熱にうなされようとも、
コウメにじんましんが出ようとも、
階段からこけて、痛がっていても
鼻血が出て止まらなくても

「はあ~?」

てな感じで、全然真剣に受け止めず、
私が「病院に行った方がいいかな?」と聞くと

「別にぃ~。でも、そんなに心配なら行けばあ~?」

と、それでも親か!と思うくらい他人事で済ましていたんですわ。

なのに、今回に限っては、おろおろしまくりで。
スミレが号泣するもんだから、抱っこしまくりで
それ以外のことを何もしようとせず。
(ていうか、はよ、コウメをお風呂に入れてあげて!)



しかも、スミレがあまりにも痛がっていたから、痛み止めの話を始めたところ・・・



私「痛み止めの薬があればいいんだけどなあ。でも家にないしなあ」

しげお「スギ薬局に行ってきたら?」

私「行ってきたら?誰が?私が?」

心の叫び:すっげー他人事!誰のせいでこんなことになってん!はあ?

しげお「夜10時まで開いているよ。僕はスミレちゃんを抱っこしないといけないから」

私「はあ?私が行くの?」
  
心の叫び:相変わらず風邪は治っていないうえに、
     今朝、あまりにも調子が悪すぎて、寝込んでいたこと、知ってるやろ?!
     そのうえ、お風呂、出た直後やで。
     こんな寒いときに、チャリで買いに行かせるか?はあ?


しげお「・・・僕が行ってく、、、る、、、」

心の叫び:あったり前じゃーーーーーーーーーーーーー!!!



しげおが薬局に行っている間、スミレは「痛い」なんて言葉は全く発さず
ユリと一緒に遊んだり、積極的にお片づけをしたり、
挙句の果てには、歯が抜けた自分の顔を鏡で見て大爆笑。

しげおが帰ってくると、「痛いーーーーーー」と言って泣き崩れ
それを見たしげおが「ごめんーすみれちゃん、ごめん、パパが悪いー」と言って
また抱っこ・・・。

あほや・・・。


その後も、痛くて眠れない、、、と言って1階に降りてきたスミレ。
ちょうどユリも全然眠れない時間帯で、相手をしてもらったところ
堂々と絵本を読みきかせていました。


ていうか、しゃべれるやん。

ていうか、しゃべれるくらいなら、痛くないやろ・・・。

ここぞとばかりに、甘えているの、ミエミエやで・・・。

でまた、コウメを寝かし終えたしげおが1階に来て
「スミレちゃん・・・大丈夫?大丈夫?痛くない?」と
過剰なまでの心配のしよう・・・。

あほや・・・。ほんまに、あほかもしれん、しげお・・・。



でもまあ、はっじめて、子どものことを心配してくれたのは、ありがたい、、、かな。

これからも、他人事じゃなくて、親として、
当事者として、子どもの健康を心配してくれ。頼むで!


残念なお知らせ

今日、スミレが幼稚園からお手紙をもらってきました。

見ると、4月からのバスの運行表でした。

バスコースも変更され、スミレは、りす号からひよこ号になっていました。

そして、時間は・・・今までよりも1時間早い・・・。

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!












あったりまえのことだけど、
4月からは、今までよりも1時間早く起きないといけないわけで。
でもコウメの幼児教室は今までどおりの時間なわけで。
1時間早く送り出すので、当たり前のことですが
1時間早く帰ってくるわけで。


夜ご飯5時半は絶対に守らないといけない時間になり
夜7時にはお風呂に入り、8時に就寝は必至。























ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


haisha

結局、歯医者に行ってきました。

スミレに聞いたら「まだ痛い」って言うし、
今日は水曜日なんで、午前保育ですぐに戻ってくるなら
いっそのこと、休んで歯医者に行っちゃえ!てな感じで。

レントゲンを撮った結果、永久歯ができているところに
思いっきり打ったようで、
「今はいいけど永久歯に影響がありそうね」と言われてしまいました。

確かに、画像を見てみると、
永久歯の前歯二本が「ハの字」になっていました。
ああ、永久歯よ、そんな形で出てこないでくれたまえー。
なんとか、治らんかー?

とはいえ、まあ、治療をするほどでもないので
消毒液をもらって、帰ってきました。


ただ、歯医者さんには
「すぐにきてもらわないと、経過がわからない」と言われ
プチ落ち込んでおります。はい。

子どもに何かあったとき、病院に行く行かないは
親としてとても大切な判断を求められます。

 

病院に行くのをためらって様子を見ていたから、
大変なことになってしまった・・・。

これは危険レベル。救急に行かなくては!と思って行ったら、
なーんにも心配する必要がない症状だった・・・。



私は今まで子どもたちの病気に関して、
適切な時期に病院を訪れることができた!と思ったことは
1、2回しかありません。

あとは、上記のような思いをして、
「ああ、私って、ダメ親だ。間違った判断をしてしまった・・・」
と、後悔して、ほんとにほんとに落ち込みます。
めちゃくちゃ落ち込みます。

基本的に病院には行きたくない、家で様子を見て、
家でできる限りの手当てをしたいと思っているのですが
それが、親の傲慢というか、子どもがかわいそうという視点で見られると
一気に劣勢に立たされるというか、
非情な親だと思われるんじゃないか、と思って
すごくすごく自分を責めてしまうんですが。

だったら、すぐに病院に行けばいいじゃーん、とも思うんですが
やっぱり病院は、、、ほんとに原因がわからないときや
抗生剤を飲まないと治りそうにないと判断したとき、
点滴を受けないと生命にかかわると思ったとき、
そして、ゲーリーが続くとき
だけだと思っていて。

今回も、本人が痛がらないなら大丈夫ではないか。
そもそも、歯を強打したからといって、
何の治療も施されないだろうと思っていたんですが、
やっぱり、すぐに行かないといけなかったんだなあと、反省しました。はい。

ま、結果、予想通り、治療する必要はないんだけどね。
でも一応行くべきなんだろうね、親としては、連れて行くべきなんだろうね。

親になってもうすぐ5年になりますが、
それでもやっぱり、子どもの具合が悪いときに、
適切な判断ができないってのは、ほんとに落ち込みます。

ということで、落ち込み日記でした。

ま、それ以外にも、いろいろ落ち込んでいるというか、
無気力になっているというか。
やっぱり、春は苦手だなあ、と。

仕事再開するぞ!と思いつつも、
こんな感じで、子どもに何かあったときや、
自分の体調が優れないと、
ほんとに仕事、責任持ってやり遂げられるの?とも思うし

一方で、ぐったらぐったら言い訳ばかり言ってて
何もしないのって、何様?とも思ったり、

なんか頭の中だけで、いろいろ考えすぎてて
空回りしているというか。


ということで、最近、無気力な日々を過ごしています。

そんな無気力かあちゃんにあきれたのか、
スミレとコウメが二人きりで遊ぶことも増えました。

今日は、二人きりで楽しく遊んでいたので、
私は、少し離れたテーブルで縫いごとをしてみました。
というか、縫いごと(手縫いやけどね)ができました!

感動ですっ!

いやあ、よその御宅だと、こういうのって普通かもしれませんが
ひっつきもっつきのスミレとコウメが
私が別のところで、家事以外のことをしていてても
「ママ遊ぼう」「ママ何しているの?」「ママ!」「ママ!」と
叫ばれなかったんですから!

すごい進歩っすよ!



とはいえ、数分後、スミレとの遊びに飽きたコウメが私のところにやってきて
それを見たスミレが、「なんで、コウメだけー!!!」と怒ってやってきて
ものの見事に、縫いごとを邪魔しまくっていました。


ああああああああああああああああああああああああああああ。


とはいえ、数分でさえも、縫いごとに集中させてくれて、ありがとうです。

明日は、10分越えたいと思います。できるか?!


お姉ちゃんのこと、めっちゃ好きです

先週、スミレとコウメは一緒に幼児教室での時間を過ごしました。

お迎えのとき、
先生に「コウメちゃんは、お姉ちゃんのことがめっちゃ好きですよね」
と言われました。

いっつも一緒にいるし、いっつも一緒に遊んでいるし
でも、いっつも喧嘩が絶えなくて、
好きかどうかという観点で、二人を見たことがなかったのですが、
お迎えのときのコウメの表情が、久しぶりに見る笑顔だったので
聞くまでもなく、ああ、楽しかったんだなあ、と。

加えて、この3連休、ずっと一緒にいたせいか、
月曜日、スミレを幼稚園に送り出した直後から
「おねえちゃん、なんじにかえってくる?」と聞いてきて。

「3時だよ。ほら、3時のポーズは、これ」と言って、両腕を使って3時を教えたら

10時45分に「ママ、3時だよ。お姉ちゃん帰ってくるよ」と言われ
(3時の形には似ていないと思うが・・・)

12時15分にも「ママ、3時だよ。お姉ちゃんは?お姉ちゃんは?」と
(これは、3時の形と同じなので、正解!じゃなくて・・・)
しつこく聞かれ、まだまだまだ????????
お迎えは?帰ってこないの?え?なんで?を繰り返され・・・。

が、愛するスミレ姉さんが帰宅し、少し一緒に遊んだのち、
これまたいつものショーもないことで、壮烈な喧嘩を繰り広げていました。

あんだけ待ち望んでいたおねえちゃんとの遊びの時間やのに・・・(沈)。



3連休、ほんと、まじ、疲れました。

3連休といっても、しげおは金曜日も仕事で不在。
家の中で雪遊びをし、近所のかっちも遊びにきてくれて
そこそこ楽しんだものの、かっちが帰ったあとは、
ネタ切れで、マイカルに行くことに。

バレンタインのチョコのキットを無印で買って
本屋で
【送料無料】バムとケロのもりのこやを読んだり
適当にフラフラして帰ってきました。

土日も寒くて公園にも行けず、
とりあえず、西武百貨店なんかを訪れたりして
子どもたちのストレス発散の場所を探してようやく終わった、という感じ。

なのに、日曜日の夕方、スミレが三輪車からこけて
前歯を強打し、歯茎が腫れてしまって。

スミレは痛がっていないので、病院には行かなかったのですが
幼稚園の先生からは「行った方がいい」と言われ
しげおからも「痛そうやで。明日には行った方がいい」と言われ。

ていうか、3連休の前日あたりから風邪を引き、
今日、ようやく熱が下がって、
でもまだ喉鼻が痛くて、もうちょっと休ませてほしい、、、と思っている私に、
3人抱えて歯医者に行けだと?!
幼稚園休んで?
ていうか、そうでなくても、明後日は、自分の歯を診てもらいにいかなあかんのに。

来週は、ママ塾、コウメのお誕生日会(幼児教室)、スミレの参観等々
ユリ&コウメを連れて、あっちゃこっちゃ行かないといけなくて
もう、そのことを考えるだけでめまいがして、、、という状態で
せめて、今週だけでも、風邪を治して、ゆっくりさせてくれー
(もち、ゆっくりはできへんけどさ)
って思っていたのに・・・。

あーあ、どうしよー。


スミレ4歳10ヶ月の成長記録

インフルエンザが流行ってて、
スミレの幼稚園でも年長さんの一クラスが学級閉鎖になりました。

やばいなあ、、、
スミレのクラスも学級閉鎖で休みになるかもなあ・・・
と思っていたら、

昨日、帰宅時にバスの先生から
「明日は休園です」と言われてしまいました。

園からもらったお手紙をみると

「風邪、インフルエンザにかかった先生たちが多く、
 保育ができない状態になりました。大変申し訳ございません」


って、先生の方が倒れちまったのかーーーーーーーーー!!!


スミレのクラスの先生は幸いお元気なようですし、
クラスのお友達もみんな元気なので、問題ないのですが、
木曜日はコウメの幼児教室の日。
ダメモトで幼児教室の先生にスミレの話をしたら
「預りますよ」とのこと。(もち、保育料は要るよ)

よかった・・・。とりあえず、よかった・・・。

てことで、今日は、スミレとコウメ、二人で幼児教室に行ってきました。

エンジンがかかったのは、昼食後だったらしいのですが
二人だけでキャッキャ言って楽しんでいたようです。

ああ、よかったー。

てなわけで、もうすぐ5歳になるスミレ姉さんの話を。

***

★切り紙ブーム

先日、8つ折りの切り紙に挑戦させたら、
折り紙といえども厚くて切るのが大変で、
発狂しまくりぃーの一悶着ありーの、だったのですが、
実は気に入ったようで、一人で4つ折りの切り紙を作っていました。

イヤイヤ言いながらも、私がやっているのをちゃんと見ているんだなあと。
ひとつひとつの過程を丁寧にやっていれば
口で言わなくても、ちゃんと伝わっていくもんやなあと。


★折り折りブーム

チラシで作るゴミ箱を、以前から一緒に折っていたのですが
少し難しい過程があって、
そこだけは「ママできないーやってー」と言われていたので、
私がやってあげていたんです。

が、先日、一人でゴミ箱を仕上げることができました!

一人で黙々と練習していたのかあ、と思うと、
ちょっと感動っす。たかがゴミ箱。されどゴミ箱!


★泣く

未だに泣いているんだそうです。

幼稚園で何か困ったことがあったときに。

ナフキンを忘れたときも、
お友達が誤ってスミレの紙に絵を描いてしまったときも
先生に言う前に、泣いてしまったらしいんです。

「言葉で伝えてね」というような話を
先生も私もずっとずっとしていたのですが、
まだあかんみたいです。

もうちょっと時間かかるかなあ。
年中さんになって、また先生が変わったり
クラスの人数が増えたら、もっと伝えにくくなるだろうにね。

でもまあ、親は、気長に見守っていかなね。

気長に気長に。

スミレの育児は、
気長に気長に見守ることがとても大事だということを
痛感しまくっています。

同い年の子と比べず(というか、比べる機会がなくなった)
スミレの、のーーーーーーーーーーーーーんびりしたペースに、
イライラせずに対応する、、、

そんなことが、私も、ようやく少しずつできるようになってきました。
といっても、まあ4割くらいはできてへんけどね(爆)。

スミレにはスミレのペースがある。
それは、とーってものんびりで、
他の子が興味を示すようなことには、全く示さなくて
興味を示しても飽きっぽくて、イヤイヤ言うし
1度できないだけで、世界が滅びる!というくらい落胆する。
そんなスミレのペースを、少しずつ認めてあげられるようになったというか。

というのも、上記に書いた切り紙や折り紙などのように
何度か教えたら、自分でできるようになる確率が高くなってきたから、
というのが要因だとは思うんだけど。

何度言っても、できなかった3,4歳前半の頃のことを思うと
それはそれはもう「躍進」そのもので。

ま、そんな感じで、スミレの子育てに関しては、
少し前が見えてきたかなあという感じです。

ま、今の私の課題は、コウメ、なんでね。

コウメにも、こんなふうに、気長に見守るということを
実践できる日がくるといいんだけどなあ。
いつになるやろうなあ。あー。


ま、とはいえ、今日も雷落としまくりいーの連続だったせいか、
ぼーっとしているだけで「ママ、怒っている!」と言われてしまうほど
普通の顔自体が怒り顔になっているよーです。

ああ、こわ。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす