FC2ブログ
   
12
7
8
10
11
13
16
19
20
24
25
27
29
31
   

歩いて歩いて歩いてー

前回の遠足の話ですが、
幼稚園で行く遠足は、バスを使いますが、
我が家の遠足は、徒歩です(当たり前じゃ)。

スミレは、ここ最近は、「歩きたくない」とか
「もういやや」とか「抱っこ」とか言わなくなりましたし
万が一ベビーカーに乗せても寝なくなりました。

ようやく「体力がついたな」って思えるようになりました。


コウメは、まだ2歳ですし、スミレと同じ距離を歩くのは
厳しいかな、、、と思いつつ、スパルタしげおの指導の下
ガシガシ歩かされ、歩きたくないだのぐずったりしたら
ギャン泣きしようが放っていかれるので、
仕方なくギャン泣きしながら歩いているようです。

おかげで片道30分の距離は普通に歩けますし
往復1時間は平気です。
しげおは先日、片道1時間の往復2時間を歩かせたらしいです。
(私は、ユリとお留守番だったので詳しくは知らないが)

遠足、と名がつくので、
歩いたあとは、もちろん公園でめいっぱい遊びますし、
大好きなおにぎりも頬張れますし、
それはそれで楽しんでいるみたいでなにより。

なんせ、スミレが2歳の頃は、こんな距離、歩かれへんかったし
しげおも私も抱っこ覚悟で連れ出していたし、
そもそも、歩かれへんことを前提に、車や自転車を使って移動していたし。

それに比べたら、コウメは、ほんまによう歩くから、えらいなあ、と。

てことで、歩いて歩いて歩いて、体力つけさせまっす。

将来は、私と一緒にマラソン大会に出場しようぜ!娘たち!!!




・切り紙あそび

そういえば、スミレって、毎日はさみを使っているわりに
キレイな線を切れていないなあ、
というか、線に沿って切る練習って、最近全然していなかったなあ、、、
と思い、切り紙あそびをすることに。

R0014036.jpg
線に沿ってキレイに切る、、、というのは、
まだまだダメダメちゃんだけど、
切り紙にすると、そこそこの絵柄が完成するようになりました。

なにより、できないー!!!といって泣くことなく
とりあえず、挑戦していたので、いいっかな、と。
それだけでも、昔のスミレのことを思えば、すんごい成長ですし。

ついでに、クリスマスツリーの飾りも切り紙で製作。
R0014035.jpg

R0014034.jpg
裏から見ると、ズレまくっているのが、よーくわかる・・・(泣)。

ま、普段、工作やらなんやかんやで、
はさみを使うこと自体は楽しんでやっているので、
ときどき、こんなふうに、線の上を切る練習をさせていけたらなあと。

ちなみに、参考にしている切り紙の本は、こちら。

「切り紙ブック」



とてもキレイです、ステキです、かわいいです。
見ているだけで、ウットリします。
でも、カッターナイフを使わないと完成しない絵柄がほとんどで、
幼児向けではありません。

スミレも、この本が大好きで、「コレ作りたい」と言ってくるので
全てはさみで切れるよう、絵柄をアレンジしながら下絵を描いています。

「すてきな切り紙」


こちらの本は、はさみで切って完成するものがほとんどですが、
穴あけパンチやカッターナイフを使う絵柄も少しあります。

ただし、紙を何回も折って、連続した絵柄を作ったり
四つ折りやら、六つ折りやら、ジャバラ折りなど、
紙が幾重にも重なった状態ではさみを入れないといけないので
これまた幼児には少し難しいような気もします。

あえて、ジャバラ折りなどせず、二つ折り程度の厚さで作れるよう
絵柄をアレンジする必要があります。

ちょいと面倒ですが、それさえクリアすれば、
かわいい切り紙ができあがる、、、はず。




・クリスマスリースづくり

毎年恒例の「クリスマスリースを娘たちと作ろう!」で作ったリースはこちら。

R0013976.jpg
上からスミレ作、ママ作、コウメ作(ほとんど私が作ったが)の
3つのわっかをつないだリースなりーーーーーー。

以前のブログにも書いたのですが、
このリースを作るときに、スミレが発狂しちまってね。。。

できないー!って、でも自分でやりたいー!ってことで、
まあ、えらい大変でしたわ。

作り方はいたって簡単で、
わっかにリボンを巻きつけていく、それだけなんですが、
そもそも、リボンが動かないよう、
端っこをわっかにくっつけておかないといけないのですが
そのやり方がわからず、イイイイ!!!!!!!!!!!!!!!!!(大泣き)
となったようで。

わからないなら、わからないで、「教えて」と言えばいいのに、、、ねえ。
と思ってしまうのは、大人だから、、、かな。
「わからない」ことすらも、わからなくて、
どうしていいか、どう言えば、ママが助けてくれるか、もわからなくて
いらだっていたんだろうけど、ね。

という話はさておき。

リボンや紐、毛糸などを、何かに巻きつける、という
「糸巻き」の練習にもなるかなーと思ったので、
後日、毛糸を糸巻きに巻く練習もしてみました。

コウメは、手の動きがイマイチわからないのか苦戦していましたが
スミレはバッチリでした。
糸巻きも手首を使うので、スミレ、コウメともに
これからも糸巻きの練習をさせようかな、と。
2人とも楽しそうだったし。

ちなみにこのリース。
今日の突風で吹き飛ばされてしまいました(沈)。
ま、かろうじて、庭で見つけましたが。
明日の朝、もう一度、飾りなおそうっと、、、。




・ユリたん、腹ばい特訓中

久しぶりに広場に行ったついでに、
ユリの発達のことについて相談してきました。

気になっていたのは、寝返りが打てない(戻れない)ことと
ズリバイをする気配がみられないこと、
そして、うつ伏せよりもおすわりを好んでいること。

結論から言うと、
「おすわりよりも、腹ばいにさせたほうがいい」
とのこと。

やっぱり・・・。

立つ、歩く、という行為よりも、
腹ばいにして、ハイハイをいっぱいさせるほうが
その後の発育にとっては、いいのだとか。

だよね、、、わかっちゃいたけど、、、

てことで、機嫌がいいときを見計らって、
積極的にうつ伏せの状態で遊ばせるようにしています。

R0014031.jpg
フローリングの上をお腹を軸にぐるぐる回って、、、
で、最終的には、机の下やソファの下にもぐりこんで
抜けられず、泣く、、、というオチが待ち構えているわけで。

正直、おすわりで遊んでくれるほうが親としては楽チンなんですけどね。
でも、ハイハイは大事だし、はよハイハイしてほしいんで
がんばりますわ。つーか、がんばるのは、ユリたんだけど。




・お店屋さんごっこ

R0013987.jpg
ポケモンセンターを作ったのだとか。

つーか、ポケモンセンターという単語、どこで覚えてきたんや!!!(幼稚園かっ!)

ちなみに、スミレが作ったポケモンセンターで売っているものは
ヘアゴム、ドーナッツ、ネックレス、国旗です。
ポケモンのポの字も出てきてへんやんか!!!という突っ込みはさておき。

R0013988.jpg
じょびさんの息子くんが、レゴで国旗を作っているのをブログで知り
感化されて、国旗をスミレに描かせてみました。
(私が描いたものも数点写っているが、、、)

参考にした本はこちら。

「国旗のえほん」



スミレは、見本を見ながら、その通りに描く
ということができるようになってきたので、
色も系列も間違えずに描けています。

国旗って、彩りが鮮やかだし、
2,3色で描けるものが多いので、
4歳児でも楽しんで描くことができました。




そうそうお店屋さんごっこですが、
もちろんのこと、私がお客で、スミレが店員さん役。

「おススメはどれですか?」と聞いて、応えさせたり
買ったものを袋に詰めさせたりしていると、
そこそこちゃんとできるし、
何より楽しんでやっているので、
本物のお店屋さんの店番もさせてみたいなあ、なんて思ったり。

ショップを経営していたら、そういうことも可能だし
実際、ロハスフェスタでも、親のお店のお手伝いで
店番をしている子供たちもたくさんいたし(小学生以上やけどね)。

スミレやコウメがもう少し大きくなったら
フリマに参加するのもありかなーなんて思ったり。

お客さんと会話すること、値段交渉することなど、
実体験するのとしないのとでは、大違いだしね。
なにより、店番している姿を想像するだけで、かわいい!!!って思ってしまうし。
(3姉妹が店番したら、超人気店だよ!!!!!ウホウホ)

キッザニアなんかで、大人が用意した制服を着せられて
ヘンなお客がこない良質な場所で
何かを販売するより、リアルでいいしね。

といっても、キッザニアを否定しているわけではなくってよ。
ま、我が家はまだデビューしていないから全貌は知らないんだけどよ。


★★★

つーことで、遊びネタ、まだまだ続くよー。

つーか、夏以降、あれこれ遊びネタをためこんでいたものの
いざ、書くとなると、忘れていることが山ほどあるーーーーー。
悲しいかな、人間の記憶ーーーーーーーーーーー。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす