12
7
8
10
11
13
16
19
20
24
25
27
29
31
   

ユリ生後7ヶ月の成長記録

ユリたんも、もう7ヶ月。大きくなったよー。

★★★

・体重

約9キロ。

重いですわー。抱っこもおんぶもしんどーなりました。


・うつぶせ嫌い

ああ、やっちまった・・・。
という感じです。

おすわりさせているほうが、ラク、、、と思って、
うつ伏せさせていなかったら、ほんまに、うつ伏せが嫌いな子になりました。

それでも、がんばって機嫌のいいときを見計らって
うつ伏せをさせていたんですが
気がついたら、うつ伏せから起き上がって座っていました。

もちろん、うつ伏せをしない限り、ハイハイなんてしないので
7ヶ月の今も、ハイハイはおろか、ズリバイもしません。

スミレはズリバイもハイハイも遅かったのですが
寝返りだけは素晴らしく(?!)、どこへいっても
ごろんごろんしては、目的の地に到達していました。

ユリは、おすわりとうつ伏せを繰り返しながら、
地道にそこらへんを動いています。

ハイハイへの道は、とおーーーーーーーーっても遠い・・・。


・歯

歯が生えました。1本しっかりと。
2本目もうっすら見えています。

満腹状態でおっぱいをあげようとすると噛まれます。

めーーーーーーーーーーーーーーっちゃ痛いです(号泣)。



・好きなもの


ペン
クレヨン


お絵かきでもするんですか?

という感じですが、

もっぱら、食べています。
むしゃむしゃ食べています。

歯が生え始めてきたので、痒いんでしょうな。
とりあえず、ストローや赤ちゃんおもちゃを渡して
ごまかしている、、、という感じです。



・離乳食

離乳食をあげ始めて1ヶ月が経ちました。

ようやく、ようやく、ようやく10分粥を食べてくれるようになりました。

ユリ専用のおかずを作る気にもなれず、
普段の食事に入っている根菜を取り出してつぶして与えています。

なので味がついています。しっかり・・・。
なので、よく食べます。がっつり・・・。
昆布だしだけでゆでた野菜や豆腐なんぞは、食べてくれません。

昨日、お弁当を持って遠足に出かけたのですが
昼ごはんの際、とーっても食べたそうにしていたので
(というか、スミレとコウメの弁当箱に向かってまっしぐら)
おにぎりと、さつまいものお焼きを食べさせてみたところ、食べました。


つーか、7ヶ月で普通食与えてどうするよーーーーー!!!

つーか、食べちゃったよーーーーーーーーー!!!

つーことで、知らない間に、きまぐれに、2回食となっています。



・姉さんたちのおもちゃ

完全に姉さんたちのおもちゃとなっています、ユリたん。

テレビを見ていても、ユリたんがキャハっと笑えば
もうテレビなんてそっちのけで、ユリたんと遊び始めます。

もたれかかったり、上に乗ったり、4の字がためをしたり、やりたい放題です。


・3人っていい

スミレとコウメが喧嘩すると、どちらか一方がユリに癒しを求めてきます。
ユリと遊ぶことで、すっきりして、また一緒に遊び始めます。

うまくバランスが取れている、そんな気がします。


★★★

ま、そんなかんだで、ああ、もう7ヶ月ーーーーーって感じです。

私がいないだけで、泣くし、叫びまくっていますけど、動きません。

動けるようになると大変ではあるけど、それでもやっぱり。

ハイハイしてくれーーーーーーーーーーーという想いでいっぱいです。

★★★

スミレとコウメの成長記録も少し。

実は、あることが逆転してしまいました。

身長はスミレの方が若干高いのですが、
足のサイズはほぼ一緒(15センチの靴)。

散歩や公園で会うお母さんやおばあちゃん世代の人には
必ず「ふたご?」と聞かれます。
もちろん、2人がしゃべって遊んでいる様子をしばらく見ていれば
「あ、やっぱ、お姉ちゃんは大きいねえ」と
約2歳離れていることが、なんとなく理解してもらえます。

昨夜、ユリの体重を量ろうと、体重計を出し
みんなで計測することに。

ユリ・・・9キロ
ママ・・・★★キロ

スミレ・・・13.8キロ
コウメ・・・14キロ


ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

コウメの体重がスミレを越えてしまったーーーーーーーーーーーーーーー!!!



確かに確かに、春先から「コウメって重いね」としげおと話していたけど。
でも、その頃は、まだコウメは12キロ程度しかなく
「重いのは、コウメが骨太だから」という結論で納得していたんだけど。

でも、本当に重くなっているーーーーーーーーーーーーー!!!


つーことで、えー、コウメ、大きくなりました。
つーか、重いですーーーーーーーーーーーーーー。


★★★

ま、そんなかんだで、家に居ても、いたずらが怖くて
目を離せない状態が続くので、昨日も遠足に行きました。

とりあえず、遠足に行けば、喧嘩もするけど
すぐに喧嘩したことを忘れたり、気が紛れたり、、、で
機嫌よく遊んでいます。

ま、風が吹くたびにごっつー寒くて辛かったですけどね。
でも良い天気だったので、公園でいーっぱい遊んで帰りました。

おかげで家に着くころには、体も暖かくなっていましたし、
床暖房をつけずに過ごすことができて、省エネ省エネ。

遠足って、まさに、ビンボー遊びの究極のカタチかもしれません。


スポンサーサイト

子育てで悩む

いつも悩んでばっかりやーん、っていうツッコミはさておき、
ワタクシ、久しぶりに、自分の育児の方針(といえるほどじゃないけど)が
これでよかったのか?すごく自信をなくしています。


というのも、最近のスミレとコウメのいたずらが酷くて。

昨日は、私がユリを寝かしつけている間に
リビングの床にクレヨンで落書きをしていました。
少し、だったり、絵を描いていた、のならまだしも
約1.5畳分の面積が真っ黒けになっているのには、
私も何も返す言葉もなく、ただただ呆気にとられるだけ。

しかも、床だけでなく、レゴや、レゴの箱、そのほかのおもちゃにも
こどもたちのキッチンも、段ボールで作ったマクドナルドのお店も
ぜーんぶクレヨンで塗られていて、拭いても取れず、
マクドナルドほか、結局、使えなくなってしまったおもちゃもたくさんありました。

もちろん、床やレゴやおもちゃは、拭いてキレイにし、
きちんと元のところに片付けさせるところまで
本人たちにやらせました。

最近、寒かったので、外で遊ばせていなかったし
私は私でユリにつきっきりだったし、
休みの日もしげおと上手く遊べず、ストレスがたまっていたから仕方ないな・・・

と思い、
「床やおもちゃには描いたらあかん。描きたいなら紙に描きなさい」
とだけ言い、叱り飛ばすようなことはしませんでした。

今日は朝から暖かかったので、公園に行き遊び、公園でパンを食べ
また公園で遊び・・・と、それなりに体を動かさせて
気持ちを発散させてあげるようにしました。

幸い、帰宅後、コウメはお昼寝をし、
気持ちも新たにおうちで遊んでくれるかな、、、と思って
晩御飯の準備をするため台所で料理を作っていたところ

リビングから「ビリビリ」という音が。

見ると、図書館で借りた本を、手で破りまくっている!!!












 「こらあああああああーーーーー!」 








以下、どんなに怒ったか、どんだけ怒鳴り倒したかわからないくらい
ワタクシ、怒りまくりました。


スミレとコウメの頬は2度3度ぶんなぐりました。

外に放り出したい気分だったのですが、悲しいかな、
風が吹きまくり、雨が降ってきたので、さすがに断念しましたが。



図書館の本を破るなんて、ありえない。
誤って破ってしまった、、、というわけではなく
完全に確信犯。


私、今まで、けっこうゆるゆるの育児をしていて
滅多なことでは怒らないようにしていたのですが、
本当にこれでよかったのか?って思ってしまって。

紙にお絵かきをするとき、誤って床や机の上に描いてしまったら
「拭いたらいいから。今度から注意してね」と言うだけで
決して怒ったりなんぞはしなかったし、

お絵かき帳をビリビリやぶったり、描いてはやぶったり、、、を繰り返しているときも
紙コップに落書きをしたり、破ったりを繰り返しているときも
「こどもなんてそんなもの」と思って、全く気にしなかったし

霧吹きブームで、家中水浸しにしたときも
「水浸しにしたらなら、最後はちゃんと拭きなさい」と言ったくらいで
目くじら立てて怒るようなことなんてしなかったし、

クレヨンやチョークで、自分の手や足、体に描きまくっていたときも
「ああ、おもしろいね。最後は洗おうね」と言っただけ

絵具を使うときは、もちろん外で思いっきりさせるので
体も顔も髪も服も汚してOKと言っていていて、
本当に、全身どんだけー?な姿になっているし
それでも怒るどころか、笑ってみているだけでした。

「おもちゃは大事に使おう」
「図書館で借りた本は、みんなの本だから、大事に使う」

そんな当たり前のことは、当たり前のように
普段の会話のなかで話しているつもりだったけど

これだけ酷いいたずらをされると、本当にわかっていたのか?

と思って。


クレヨンやチョークで自分の体を塗ってはいけない、とか
絵具は体に塗ってはいけない、とか
絵を描くときは、紙から絶対にはみ出さないように、とか
のりは少ししかつけたら絶対にあかん、とか
○○するときは、○○しなさい、

というようなことを、言わないといけなかったのか?
厳しくしないと、こどもは善悪がわからないのか?
自由に遊ぶことを制限しまくる育児をしないといけないのか?

って思ってしまって。


確かに我が家の場合、
おうちの中にあるおもちゃは、段ボールや消耗品
100均で買ったおもちゃで
紙コップにしろ、紙にしろ、テープにしろ、
なくなったら、すぐに補充しているのが現状。

物を大切に、おもちゃを大切に、、、ということを
伝えにくい環境だったのもひとつの要因でしょう。

もう金輪際、段ボールや消耗品では遊ばないようにさせる、とか
本当に高価なおもちゃだけを使わせて、
使い方もがんじがらめにさせる、とか
極端なやり方を施すしかないんだろうか。

自由な遊びを大切にしてきた我が家の育児だったのに
限度を越えたり、やってはいけないところまで
というか、善悪の判断がつかない状態になってしまったのは
自由すぎた育児の方針が間違っていたのではないだろうか。

そう思っているところです。


ま、一度や二度、いたずらが過ぎることもあるでしょうし、
二度と同じようなことをしない、そうさせることが
親としての義務ではあるとは思うのですが。

自由遊びを大切に、、、と思っているなら、
これくらいのことで、めげていてはいけない、、、とは思うのですが。

とりあえず、家の中をぐちゃぐちゃにするのは、ある程度目をつぶるとしても
図書館の本は、、、。

すぐに図書館に行って、本人たちに謝らせようと思ったのに、
図書館は今日から休みやし。年越しって、、、親としては辛い。
年明けに図書館に行って、謝る、、、という行為は
新年早々気が重い・・・。とほ・・・。

今後、人から物を借りたりするときは、
ほんまにほんまにしつこいくらい「大切にする」ことを言い聞かせて
ガンガンに縛り付けた使い方をさせるしかない、、、かな。当分は、、、ね。


にしても、床に落書き、本を破るという行為、
全てコウメが独りでやったことなのですが
それを隣で見て笑い転げていたスミレも
相当問題があると思うんですが、、、。

本人は「注意した」と言っているけど、
かあちゃんの耳には一切聞こえてこなかったし
あかんことをしているときに、一緒に便乗するのは
いたずらをする以上に悪いことや、、、ということを
今回の件で、しっかり伝えたんやけど、
今後の行動を見守っていくしか、ない、、、か。

普段は、コウメがちょっとあかんことしただけで
チクリにくるスミレやのに、
事の善悪を教えていくことって
すごく難しいなあ、、、と感じています。


はあ。それにしても、疲れた。

本当に疲れた。


とりあえず、今は
「ビリビリしたいなら新聞紙をビリビリしなさい!」てことで
新聞紙を山ほど与え、ビリビリさせています。

落書きの件に関しては、
「休日に、床一面に紙を敷いて、いっぱい描こう!」という約束をしました。

とにかく、身体いっぱい使って遊ばせること。
いたずらに発展しないよう、親が工夫すること。

とりあえずとりあえず、その対処法でやっていくしかないかな。

それにしても、冬休み。
あと2週間あるんすけど。

この調子やと、もう1,2回、酷いいたずらが待ち構えていそうですが。


サンタの存在を疑わない4歳児

我が家にも無事、サンタがきました。

R0014233.jpg
朝起きて、リビングに来た娘たち。
スミレは真っ先にクリスマスツリーのところに行き、
プレゼントを見つけ、無言で、3人分のプレゼントの包装を開けていました。

ちなみにコウメは寝起きがごっつー悪くて
号泣しまくりぃーで超不機嫌・・・。

 
昨年は、サンタがくるかどうか、
サンタの存在がイマイチよくわからなくて
でも、とりあえずお願いしたもの(帽子)が
本当に届いて、すんごく嬉しがったスミレ。

ですが、今年は「サンタさん、窓からくるんだよ」と
来ることを前提としていましたし、
プレゼントを見ても
「あ、そうそう、スミレがほしかったの、これ。合ってるわ」と
もらって当然、、、という反応で、
「嬉しい!」とか「やった!」という言葉が全くなかったので、
かあちゃん、ちょっぴり悲しかったです・・・。

スミレが欲しかったのは
「プリキュアの折り紙とシナモンのシール」。
ですが、母サンタが気を利かせて
プリキュアのパズル(食玩)も追加したところ
「サンタさん、間違えたんちゃう?」だとさ。

なんかさー、欲しいものを手紙に書いたら、
それがその通りもらえるものだ、と思っていないか?
来年は、わざと間違えてやるぞ!

つーか、親として与えたくない物をせがまれることになったら
断固、違うものを靴下に入れるぞ!!!


・・・


でも、ま、いいっか。
サンタの存在を信じて疑わないその純真さを
いつまでも持ち続けていてほしいし、、、ね。


ちなみに、コウメには、
「アンパンマンの折り紙と動物シールとアンパンマンのタンバリン(食玩)」が届きました。

当初、サンタの存在を信じなかったため、
「サンタさんに欲しいものはない?」と聞いても
「なにもいらない」と答えていたコウメ。

ただ、クリスマスが近づくにつれ、
幼児教室や絵本等で、サンタはステキなプレゼントを持ってきてくれる人、、、
ということをなんとなく認識したようで、
「アンパンマンのノートがほしい」だの
「アンパンマンの紙がほしい」だの
スミレが聞くたびに、一転二転するので、
かあちゃんヒヤヒヤしまくりでしたけどね。

しかも、クリスマスイブの日にスミレが
「コウメは、プリキュアのノートがほしいんだよね」とか言うし。
コウメ、うんって言うなーーーーーーーーーーー!!!
って心で叫んでしまったよ。ったく。

てことで、不機嫌だったコウメも、プレゼントを見て
少しずつ復活し、その日行った幼児教室でも
「アンパンマンの紙をもらった」と報告していたようです。

(↑)
今まで幼児教室では全くしゃべらなかったのですが、
今日、初めて、しゃべってしまったようです。
(あ、しゃべっちゃった!って顔していたらしい...笑)
コレを機に、先生たちに心を開いて、
どんどん自分を出していってくれると嬉しいんだけど、、、ね。


ちなみに25日は、幼児教室で
「クリスマスメニューを作ろう!こどもクッキング」が開催され
娘たちも参加してきました。

クリスマスメニューを、、、というものの、
年少・年中さんグループは、
アメリカンドックやチョコマシュマロなどの
簡単なお菓子類を作っただけで、
最後に、屋台を開き、お店屋さんになって楽しんでいました。

(年長さん、1年生グループは、簡単なオムライスなどを作ったらしい)


***

話は変わって、前日のクリスマスイブのこと。

サンタさんからのプレゼントに負けたらあかん!と思い
(どうして対抗意識を燃やすのか?!)
しげおと私からのプレゼントをイブの日にあげました。

R0014181.jpg
絵本「11ぴきのねことあほうどり」
エコバック(スミレとコウメ)
離乳食用のスプーンとフォーク(ユリ)

ですが、11ぴきのねことあほうどりの絵本は、
もう散々図書館で借りまくって読みまくったせいか、
まーったく嬉しそうにしてくれず・・・。

エコバックに関しては、カバン大好きのスミレは早速
自分のお気に入りのおもちゃを入れてルンルンで
公園にも「これ、持って行く!」と言って、
ルンルンで出かけて行きました。

R0014213.jpg
肝心のお買い物のときに、ちゃんと持っていってくれるのか、
ちょっと不安・・・。

一方のコウメは、エコバック、と言われてもピンとこず、
しかもスミレほどカバンに執着がないためか、
そこらへんに、ポイ、っとしていました(撃沈)。

悲しい。悲しい。悲しすぎるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


でも、気を取り直して、クリスマスイブらしく
朝からサンタの格好をさせて、写真を撮りまくりましたーーーーー。
R0014202.jpg
コスプレが大好きな娘たち。
大喜びで帽子をかぶり、マントを着て遊んでました。

ちなみに、この日は、
「めっちゃオシャレする」と言って、
ワンピースにスカッツ(スカートとズボンがくっついたやつ)を履いて
「ね、めーっちゃ、オシャレでしょ!」と自慢しまくりでした。

R0014211.jpg
めーっちゃオシャレかどうかは別にして
この日は、めーっちゃ寒かったので、このスタイルは大正解。

つーか、めーっちゃ寒すぎて、さすがの娘たちも
「さむいからかえりたい」と言って、すぐに公園を退散しました。

こんなめーっちゃ寒い日は、とりあえずケーキでも作って・・・。

てことで、今年は、コウメが無印で選んだ
「シャルロットケーキ」を作ることに。

初めて作るものなので、ほんまにできあがるんか心配で
娘たちには「イチゴを切って飾りつけをする」という作業しか頼めず
私語一切禁止の、超緊張モードで作りました。

おかげさまで、というか、さすが無印!ですな。
ケーキ作り大嫌いの超ぶきっちょなかあちゃんでも、無事完成。
R0014214.jpg
ただ、このチーズケーキ部分というか、ムース部分が
スミレの口には合わなかったらしく、ほとんど残していましたけど。
コウメはもち完食やけどね(笑)。

来年は、無難にガトーショコラとか、チョコ系のクリスマスケーキにするぞ!

あ、でも、無印のこのケーキセットは大好きです。
私でも作れるし、なにより、サイズが小ぶりなので
1日で食べきれる量なのがおススメです。


つーことで、クリスマス。

とりあえず、みんな、風邪を引かず、無事だったのが、幸いなりー。

そして、25日には、しげおもインフルエンザの予防接種を終え
ユリを除く家族全員予防接種完了。
ユリもこの日は三種混合3回目を終えました。

あとは、無事に年を越せるかどうか。

さあて、その前に、年賀状を・・・。おそっ。


公園はしご

今日は、しげおが仕事なので、娘3人を連れて遠足へ。

ただ、昨日のこともあり、コウメを長距離歩かせることが不安だったため
「万博公園に行きたい」と言う娘たちの要求を断り
歩いて20分ほどで行ける公園にすることに。

1つめの公園では砂遊びをしました。

その後、スーパーに行き、お昼ご飯を買って食べ、2つ目の公園へ。
初めて行く公園だったのですが、タイヤのブランコがツボにはまり
なんやかんやいうて、そこそこ遊びほうけました。

ここで遊んだら、帰路に着こう、、、と思っていたのですが、
2つめの公園の近くに、なんやら怪しげなトンネルがあり、
そこを抜けると、なんやら公園らしきものが見えてきたので
ドキドキしながら行ってみることに。

すると、そこは、念願の、

 
 
 
  
万博公園なりぃ~~~~~~~~~~~~~。















うわわわわーーーーーーーーーーーーーー
万博公園に着いてしまったーーーーーーーーーーーーーー!!!


 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
今日は万博公園には行かない、、、と言っていたのに
知らない間に着いていて、スミレは大はしゃぎ。

ま、万博公園といっても、
南口近くにある、ちびっこ広場なんですが、
4歳と2歳の娘たちにピッタリの遊具がたくさんあって
これまた無我夢中で遊びほうけていました。

 
たーっぷり遊んだあとは、ひたすら歩いて帰るのみ。
帰りは急な上り坂があるのですが、
今日の遠足は思いのほか楽しかったようで、
しかも念願の万博公園に行けたことでスミレもコウメも大満足で
抱っこをせがむことなく、ぐずることなく歩いて帰ってこれました。
(ま、あめちゃんは一個与えたけどよ・・・)

私も新たな公園を開拓でき、
また万博公園への近道を見つけられて大満足。

もちろん、歩いて歩いて歩きまくったので、
コウメは帰宅後、お昼寝ドボン。


こういう日は、雷さんもお休み。
コウメにも優しく接することができて、よかったよかったの1日でした。


明日はクリスマスイブ。

日中も寒くなるようだし、遠足はお休みして
おうちでまったりクリスマスケーキ作りをしようと思います。


厳しすぎる?

今日はこのへんでー。

と書いた後、アップしたら、文字数オーバーだったので、
本日の日記は2つに分けて書くことに。

★★★

今日は、コウメの幼児教室でクリスマス会がありました。

参加するのはコウメのみ。
しかも45分間という短時間で終了するので、
家に帰るわけにも行かず、
結局、スミレとユリも連れて歩いてコウメを送り届けたのち
近くの公園で少し遊び、コウメを迎えに行ってきました。

コウメは最近、歩くのを嫌がるようになってきました。
休日だけでなく、平日も幼児教室の往復、広場までの往復、
スーパーまでの往復等々、毎日ガッチリ歩かせているからか
はたまた、ただ単に寒いのが嫌なのか、
はたまた、昼寝しない日が増えて、正直、眠い&しんどいのか。

理由はよくわからないのですが、ぐずるようになりました。

で、今日も、幼児教室の帰りにスーパーに寄り、買い物をして
お昼ごはんを食べて、、、と思っていたら
クリスマス会終了後「おうちに帰りたい」と言いだして。

しんどいの?と聞くと、うん、と言うので、
やむを得ずベビーカーに乗せてスーパーへ。

お昼ごはんを食べたらリセットできるだろう、と思ったのですが
全くリセットできず、買い物を始めた途端、ギャン泣き。
何度も説得したのですが、なんやかんや混雑したスーパーだったので
これまたやむを得ずベビーカーに乗せることに。

でも、これが日常化したらあかん!!!と思い、

「スーパーから家までは歩くんやで。
 絶対にベビーカーには乗ったらあかん!
 しんどいんやったら、家に着いたら、お昼寝すること!!!」

と、スーパーの中で恥ずかしげもなく雷を落としてしまいました。


ま、そんなかんだで、
帰宅時は、なんとか、あめちゃん2玉で家まで歩くことができたのですが
家に帰ってもなかなか寝ず、ユリが目覚めたのをきっかけに
私が別の部屋でスミレと遊んでいたら、
「いっぱい寝たから起きる」と言ってきたんですわ。

はあああああ????

いっぱい寝ただとーーーーーーーー???

全く寝ていないくせにーーーーーーーー!!!

横になっていただけなのにーーーーー!!!

で、本日二度目の落雷。

「寝なさいーーーーーーーーーーー!!!
 今日、ベビーカーに乗った人は誰やーーーーーーー!!!
 今日、お昼寝しなかったら、明日の遠足はなしやーーーー!!!
 ひとりでお留守番していなさーい!!!
 これからは、絶対にベビーカーにも乗ったらアカンし
 歩くときも、手はつなげません!!!
 あめちゃんも、おやつもなしです!!!
 お昼寝しないってことは、それくらい大変なことなんです!!!」



・・・


ま、その後、1時間、ほったらかしにしていても
一向に眠らなかったので、もう一度、上記のセリフを繰り返し
プラス
「ママは、お昼寝しない子とは、遊べません」
「お昼寝しないのなら、ぐずったらだめです」
「ぐずったら、すぐにお昼寝させます」

と言い放ち、強引に「うん」と言わせてようやく解放させました。






はあ。




ま、別にね。何度も言うけど、昼寝しなくてもいいのよ。
でも、昼寝しないなら、歩きなさい、と思うのよ。
しんどいなら、昼寝しなさい、と思うのよ。
しんどくてぐずって大変なのは、私だけじゃなくてコウメも、、、でしょ。
ま、しんどいから、ぐずってしまう、、、という因果関係は
本人には全くわからないんでしょうけど。

でもそれにしても、ここまで歩け歩けと2歳児に言いつけていいんだろうか?

と最近思うようになって。

スミレなんて、2歳のときなんか、まーったく歩かなかったのに。
抱っこ抱っこで、ほんまに抱っこしてたし、
ベビーカーにも乗せていたし。

甘やかせてあげるのも必要、、、と言われると
コウメの場合、ほんまに甘やかせてあげられていないし、
「○○やって」と言われても、「自分でできるでしょ」と突き放してしまうし
「歩きたくない」と言われても「歩かないと放っていくよ」と言うし
「抱っこ!」と言われても、「もう少しだからがんばれ」と言うし
ほんまにほんまに、甘やかせていないなあと。

これだけ厳しくしていても、ごく普通に育っているように見えるので
しげおも私もあんまり深く考えずに、スパルタ方式で頑張らせているんやけど
ほんまにほんまにこれでいいんかなあ?と。

でも、ここで一旦、綱を緩めてしまうと、
「ベビーカーに乗るのが当たり前」に逆戻りしてしまいそうで
それが怖くて。せっかく、がんばって歩かせてきたのに、
3歳目前にして、ベビーカーに乗られたら困るし、
コウメがベビーカーだと、
ユリは抱っこ必須やし(現在服を着て9キロ越え) 
それは、きっついなあ・・・と。

でもコウメの要望にも耳を傾けてあげたいし、
甘えられずにがんばりすぎると、3歳を越えてから、
どーんと、何かのはずに爆発しそうだし、
幼児期だけでなく、大人になる過程で、
親子関係だけでなく、精神的な障害をもたらすような気もするし
長い目で見ると、大人になったときに、
引きこもりや反抗期といった形で出てくるような気もするし・・・。

でもそれは、考えすぎ、、、という気もするし・・・。


ま、そんなわけで、悩んでいます。コウメの子育てについて。

2人目とはいえ、やっぱり、悩むね。
スミレもなんやかんやいうて、2歳後半~3歳のときの育児は
ほんまに辛かったし。3歳になったらラクになる、という言葉は
我が家には通用しなくって、ほんとに辛かったし。

もっと甘やかせてあげたい。
もっと優しくしてあげたい。

歩かせるのは歩かせるとして、
それ以外の場面で、もっと優しくしてあげられたらなあ。

それが今一番の私の課題でもあります。


カルタで物語づくり

遊びネタです。

★★★

・カルタで物語づくり

コウメは物語を作るのが好きになってきました。

スミレが2,3歳のころは、
スミレのわけわからん絵に私が物語りを作って
即席絵本を作ったところ、大変ウケて、
自分で物語を作るようになり、今でもときどき、
わけのわからん絵を描いては、お話を聞かせてくれています。

なので、コウメにも同じように、
コウメが描いたわけわからん絵に物語を作って絵本にしたところ


全くウケず。

なんなら、シカト?

ってくらい、全く興味を示してくれませんでした。


が、カルタで物語を作ってみたところ(虹色教室通信で紹介されていたので)
意外や意外、気に入ったようで、11ぴきのねこのカルタで
物語を作るようになりました。

絵本に出てくるワンシーンが描かれているので、
基本的には、絵本のセリフどおり読んだりするのですが
図書館で借りただけなのに、ここまでしっかり記憶しているのか?!
と思うくらい、絵本のセリフを忠実に再現していてビックリです。

でも、接続語や話の進め方などは、オリジナルで作ってて
聞いていると、かなり面白いです。




・ガラポンを作る

スーパーで抽選会のチケットが2枚もらえたので
スミレとコウメ1回ずつガラポンに挑戦することに。

結果は、ご好意によるあめちゃん1つずつだったのですが、
初めてガラポンに挑戦したことと、
ガラポンというものを初めて目にしたことが大変印象的だったらしく
あめちゃんをもらった後も、ずーっとガラポンを見つめていました。

おおお!!!
こりゃあ、帰ったら、ガラポンを作ってみるっきゃないな!!!
これで、工作熱が沸騰してくれたら、嬉しい!!!

なーんて思って、帰宅後、作ってみたのですが。



 
 
 
 
 
 
 
難しい。

 
 
  
 
  
 
 
 
 
 
ごっつー難しい・・・。




もちろん、ガラポンを手作りしている人もいるようで
ググッてみたら、作り方もご丁寧に書いてくださっているのですが
私は、簡単に、四角い箱で作ろうとしたので、
だめだめちゃんでした。

が、かろうじて、穴を開ける、、、という作業だけは、
スミレも参戦してくれて、目打ちを使ったり、割り箸を使ったり
はさみをつかって、穴を大きくすることに一生懸命になっていました。

ちなみに、目打ちを使ったり割り箸を使ったり、、、というのは
先日、段ボールでWMリリアンを作った際に、
一緒に試行錯誤しながら穴を開ける作業に没頭したため、
スミレも「これなら、わたし、できる!」と思ったらしく
知恵を振り絞って、穴を大きくするために、がんばっていました。

大人がおもちゃを作るときって、ついつい、効率よく作ってしまいがちですが
穴を開けたり大きくするために、
目打ちを使い、ドライバーを使い、鉛筆を使い、はさみを使い・・・
いろんなモノを使って、あーだこーだ試行錯誤する、、、
というところも、子どもに見せてあげた方がいいなあ、と。

親が試行錯誤しながら、問題解決をする、、、
そんな姿って、なっかなか見せられる機会ってないんですが
工作やおもちゃ作りなら、意図して見せることができます。

だからこそ、工作って好きだし、
娘たちと工作遊びをいっぱいしたい!!!

と思うんですが。


が。


が。


その後、穴からビー玉を出すために箱の中を細工していく段階で
スミレが飽きてしまいました。

つーか、その細工が、大変で・・・。
必死にならざるを得なくって・・・。

つーか、久しぶりの工作が、こんな難題もりだくさんのガラポンって!!!

作るもの間違えたよーーーーーーーーーーーー(泣)。

今日のわくわくさんの作品の方が、断然、ラクだよーーーーーーーー。
つーか、わくわくさんを見た段階で、
すでに私、疲れきってて(コウメに3度落雷し、エネルギー消費しまくり・・・)
「同じものを作ってみようよ!!!」なーんて、言えなかったし。

とほー。

明日こそは、明日こそはーーーーーーーーーー!!!



★★★

でも、でも、でもーーーーーーーー。

言い訳するけど、今日もちゃーんと娘たちにお手伝いさせましたー。

酢豚を作るために、にんじんの皮むき&切る作業をスミレに。
コウメにはたまねぎの皮むきを。

卵スープを作るために、たまごを割ってかき混ぜる作業を2人に。
コウメは、1つの卵をお皿の中に割り入れることができず
結局 2個割ってもらいましたがーーーーーーーー。


★★★

そうそう。昨日、久しぶりにスミレを連れて広場に行きました。
お手伝いを積極的にやらせていることや、
おにぎりを作ったり、クロスでお弁当を包んだりといったことも
スミレにさせている旨、伝え、
実際にお昼ごはん後テーブル拭きなどもしてもらったところ
スタッフの方に大変誉めていただきました。

「スミレちゃんが当たり前にやっていることは、
 コウメちゃんもちゃんと見ているし、
 自分もやろう!という気になっているのがいいよね」

と言われて、大変嬉しかったです。

スミレが2,3歳のとき、
切羽詰って苦しくてどうしようもなかったときに
相談に乗ってくれたスタッフだから、
余計に私たち親子のこともわかってくれているし
だからこそ、スミレの成長っぷりに、本当に感動してくれて。

がんばっていることを、認めてもらえるって、ほんと嬉しい。


★★★

さてさて、その広場でのこと。

年中さんの男の子もいたので、みんなで粘土遊びをすることに。

家では小麦粉粘土を使っていたのですが、
色はとこどん混ぜるわ、ほったらかしにしてカピカピになって
使えなくなることが多々あり、というか、もう使えなくなったので
現在は粘土の在庫がゼロでして。

だから、久しぶりの粘土遊びに、私も大興奮。

広場の粘土は、昔ながらの油ねんど。

しかも色が灰色ではなく白いちょっと高級な粘土で
乾くことをそれほど気にせず、めいいっぱい遊ばせていただきました。

で、スタッフの方とともに、
サンタを作ったり雪だるまを作ったりしていたのですが
年中の男の子が、大人が作ったものをことごとく壊していってて。
わざと壊すのが面白くて、ぎゃはぎゃは言いながら破壊しまくり。

その様子を見たスミレが、大興奮して、真似して破壊行動に出て
それを見たコウメも同じように破壊しまくりーーーーーーー。

これが虹色教室通信で言われていた破壊活動?なのかどうなのかわからないのですが
とりあえず、破壊しまくった後は、一転して
それぞれの制作活動に没頭したり、
今まで距離があった年中の男の子とも仲良く遊ぶことができました。

そういや、粘土遊びの前もおままごとで遊んでいた際
わざと「うんちごはんどうぞ!」と言って、スタッフの方を困らせていたような。

こういう活動って、子どもならでは、、、と思っていたけど
普段、おりこうさんにしているからこそ、
こういう場面で爆発するのかなあ、とも思ったり。

それにしても、思う存分、破壊活動しているとき&そのあとの
子どもたちのイキイキした表情って、ほんとステキ。
キラキラ輝いているというか、ほんと満面の笑みで
すっごくエネルギッシュで、いいなあ、と。

家でも、思う存分、いたずらさせてあげているんだけど、
こうやって姉妹以外の子どもとも一緒に
いたずらしたり、破壊活動するのって、一味も二味も違うんだろうね。


★★★

てことで、あー、今日はいっぱい書いたー。
もっと書きたいこともあるけど、
明日も遠足に行くことになっているので(しげおは仕事)
今日はこのへんでー。


タダで遊ぼう

冬休みに入り、さて、何をしようか・・・

とりあえず、我が家は、公園や広場に行っています。
R0014072.jpg
それだけで、娘たちは大満足です。
公園や広場で思う存分遊んだあとは、
帰宅後も、娘たちだけで遊んでくれるので
大助かりで、ついついほたらかしにしています。

工作や新しい遊び、ビー玉ころがしなど、
私がやらせたい遊びに誘うにしても、
タイミングを見計らっているうちに、時間が過ぎ、、、

で、結局、私からの働きかけはゼロのまま、1日が終わる、、、

というのが、ここ最近の傾向でして。

ラクっちゃあラクだし、これでいいやろ、とも思うんですが、
工作遊びも、もうちょっと楽しみたいなあとか、
眼球を動かす遊びをしないとなあ、、、とか、
私の想いだけは、ますますヒートアップしている、、、そんな感じです。

まあ、もっと寒くなれば、公園に行かずに
家でゴロゴロ、、、な日も多くなるでしょうし、
そうなったら、かあちゃん、知恵絞って、
いろんな遊びを提案していかなあかんし、
今は、娘たちの自由な遊びを、見守ろうっと。

***

・すなあそび

公園では、もっぱら砂遊びがブームです。
寒いんだから、もっと身体を動かす遊びをしたらどうよ、、、と思うんですが。
R0014088.jpg
ユリも、もちろん、お砂大好き。
むしゃむしゃ食べては、苦い顔をしています。

R0014105.jpg
コウメがユリのお世話をしているように見えますが、
「ユリたん、これ、食べちゃだめ!」と言っているだけです。
ま、でも、コウメもお世話好きですわ。
だめだめ言うているけど、なんやかんや、気にかけてくれているし。


・手に靴下を履く

R0014147.jpg
見えにくいんですが、手に靴下をはめています。
「手袋」ではありません。「靴下」です。
この日も砂場で裸足になったスミレとコウメ。
履いていた靴下を手に履きなおし(?)
その手で砂をすくって遊んでいました。

なんてアホな遊びを・・・と思うんですが、
それだけでいいんです。
発案者はコウメなんですが、これを面白い!と思って
真似るスミレも、素晴らしいと思います。
いいセンスしています。

R0014156.jpg
スミレとコウメで遊ばせておくと、
もちろん喧嘩が絶えないのですが、
仲良くしているときは、ほんと絵になるくらいほのぼのとしていて
ついついシャッターを切ってしまいます。

それにしても、コウメねえさん、
砂場で遊ぶたびに、裸足になっているけど、寒くないかい?


***

・リリアン

R0014161.jpg
ママ塾で教えてもらったリリアン。

ほんとは

ウールマニュファクチャーフィルゲス社 WMリリアン・パステルカラー
こういう少々高価なおもちゃがあるんですが、
幼児教室の先生がこのリリアンを見て
「これなら、段ボールで作れる!」と思い、
私たちにも教えてくださった、、、という代物です。

編み物がからっきし苦手な私ですが、このリリアンなら簡単に編めました。

もちろん、3,4歳児~使えるおもちゃなので
丁寧に教えたら、スミレも編むことができ、
先日、ナオコちゃんの誕生日にカチューシャを編んでプレゼントしました。

ま、もちろん、1,2回しか練習していなかったので、
編み目は飛ぶわ、「できへーん!!!」と言われて何目か手伝いましたけど(爆)。

でもまあ、ほんと簡単に編めるので、
この冬、じっくり取り組んでくれるといいのになあ、、と思っているところです。


余談ですが、ワタクシ、先日、ばっさり髪の毛を切りました。

ずっと伸ばしていたので、そこそこの長さだったのですが、
冬だし、髪の毛をおろしても邪魔にならないよう切ることに。

「くくれるくらいの長さで、でもバッサリスッキリさせてください」と
アシスタントの子に伝えたところ
「じゃあ、3センチくらい切ればいいですか?
 3センチでなければ、何センチ切りたいのですか?」と
間の抜けた質問を投げ返されたので、イライラして
「じゃあ、ボブでいいです!」と、言ってしまい
ものの見事にバッサリ切られてしまいました(撃沈)。

つーことで、思いのほか切ってしまい、頭が寂しくなったので
カチュームを買って、つけていたんです。

そしたら、スミレが目ざとく発見し、
「これ欲しい」と。
「スミレがカチューシャ作ってあげるから、これちょうだい」と。


てことで、スミレが私のためにカチューシャを作ってくれるそうです。

さてはて、何年後になるやら(爆)。がんばれよースミレ!


***

・買い物をする

娘たちと遊ぶ時間をたっぷり取りたい。
余計なものを買いたくない。

そんな思いで、ユリ出産後も買い物はほとんど
個人宅配の生協に頼んでいました。

が、買い物も大事なおうちの仕事だし、
欲しいものは何でも玄関に届く・・・というスタイルは、あかんやろ。

と思い、少しずつですが、
娘たちと一緒に買い物をする機会を設けることにしています。

当たり前っちゃあ当たり前のことだけど、

陳列棚から商品を取ってもらったり、
「こっちの方が安いから、こっちにしよう」とつぶやいてみたり
卵をカゴに入れるときには、そーっと入れることを教えたり
そんな些細なことを大切にしながら
買い物をしています。

牛乳は重い、とか、しょうゆは重い、とか
パン粉は軽い、とか、レタスとキャベツはどこが違うか、とか

そんなことも実体験としてわかっていないと
将来、算数を勉強するときに困るんじゃないだろーか、と思って。

てことで、買い物がもっと楽しくなるよう、
かあちゃんからのクリスマスのプレゼントは、
エコバックにしました。もち、手作り。
喜んでくれるといいんだけどなあ。


***

・柄あわせ遊び

R0014079.jpg
同じ色のものを集めたり、
同じ柄があると「同じ!」と言うようになったコウメのために
マグネットシートに千代紙を貼りつけたおもちゃを作りました。

R0014080.jpg
同じ柄を並べていこう!

コウメのために作ったものの、最初に興味を示したのはスミレでした。
もちろん、壮烈な喧嘩が繰り広げられたので
「2人で仲良く遊んで!!!」と言い放ち、
その結果、2人で協力して並び終えました。

が、2人で遊んだせいか、その後、2人とも全く興味を示してくれず
放置されたままです・・・。とほほーそんなもんかい?
2人で仲良く、、は、NGワードだったかい?

ちなみに
このおもちゃを作っている間、スミレとコウメは、
余った千代紙をひたすら切って遊んでいました。

おもちゃ作りも、こんなふうに娘たちと一緒に遊びながらできると
楽しいなあー。夜な夜なかあちゃんだけがんばるのは、
もう、やめにしようかなー。

***

ま、そんな感じで、ビンボー遊び、満喫しています。

とりあえず、冬休みも公園めぐりと遠足を満喫できればいいかな。

風邪を引かないよう、ぎゃんばろ。


お手伝いを学ぶ

幼児教室で年少~小学生向けの
「大掃除のお手伝い」講座があったので参加してきました。

はたきを作ったり、ぞうきんがけをしたり、
空き缶をつぶしたり、ゴミの分別をしたり、
新聞紙や本をたばねたり、スーパーの袋を畳んだり
窓拭きをしたり、ぞうきんを絞ったり・・・

上記のことは、うちでは
ついつい「大人がやるから、やらなくていい」と言ってしまったり
子どもたちが寝たあと、幼稚園に行っている間に
さささーとやってしまっているけど、
子どもたちにやらせたり、できなくても、
大人がやっているところを見せるだけでも、
充分勉強になっているんだなあ、と。

これからは、意識的に「見せて」
やりたいといえば、やらせてあげる環境を作っていこうっと。

スミレは、はたきを作るのが遅くて、新聞紙を束ねたり、、、というのは
できなかったらしいのですが、
帰宅後、スーパーの袋を畳むのをお願いしたところ
がんばってやっていました。

が、まあ、いつものとおり、
「できないーーーーー!!!」で発狂してましたけどね。

「ママがお手本を見せるから見てて」と言うと「いやだー」と言うし
「じゃあ、ママがココの部分手伝ってあげるから」と言うと
「いやーースミレがーーーーーーーー!!!」と突っぱねるし
そのくせ、少しでも上手くいかないだけで
「できないーーーーーーー」と叫んでいて、
ほんま、手のつけようがないというか、うるさいというか、、、。

ま、でも、ほんまに、自分だけでやりたかったみたいで
しかも、教えてもらったとおりにやらないといけないと思って
余計に、上手くいかなくて、イライラしていたみたいなんですが、
なんやかんやいうて、独りでがんばって泣きながらも
仕上げていました。

幼児教室ではできたのに。
自分でできるのに。
でも、できなくて。
ママはさっさとできちゃうし。
どうやったら上手くなるのかわからないけど
ママに教えてもらうのは、なんだか嫌だし。
でもママには見ててもらいたいし。
努力しているところは見てもらいたくないけど。
失敗するところも見てもらいたくないけど。
でもママがコウメやユリと遊んでいるのは嫌だし。
ほんとは、もっと上手くなりたいのに。
上手にできるはずなのに。


スミレの気持ち。かあちゃんが察するには、こんな感じかな。

とりあえず、できないーと発狂するのだけは、やめてくれーと思うんだが。

ま、でもこんなふうに発狂することでしか、
自分の中にある葛藤を表現できないのは、4歳だからかなあとも思ったり。

とにかく、かあちゃんとしては、ゆっくりじっくり付き合っていかな
あかんのやろうね。

ま、そんなわけで、土曜日にもかかわらず
私はのんびりできたので、

【送料無料】うちの3姉妹(14)
【送料無料】のだめカンタービレ(#25(アンコールオペラ編))

上記2点を読み、気持ちをリセット。

昨日書いたイライラは、
本をただせば、ご近所さんの人間関係も
子どもを介しての付き合いであること
今の自分の世界が、全て、自分の子どもを通してのみであること
だから、自分の子どもの欠点が、すごく嫌なものとして思えること
それらが重なっているから、、なんだろうなあと。

もうちょっと自分の子どもと関係のない世界で
自分の身を置く時間が欲しいなあと。
そうすれば、自分や自分の子どもをもっと肯定的に捉えられるのに、、、ね。

ユリが1歳になったら、少しずつ、
違う世界に身を置く機会を増やしていこうかな。


***

話は元に戻ってお手伝いのこと。

お手伝いや片付け等の本は、一度、じっくり読みたいなあと思い
辰巳渚の「子どもを伸ばす」シリーズ本を借りて読みました。

一番良かったのは、

子どもを伸ばすお手伝い

我が家でも、このお手伝いは今でもやれそう、
年中、年長さんになったら、やらせたい・・・
そう思えるものがたくさん載っており、大変勉強になりました。


子どもを伸ばすお片づけ
こちらも、なるほど、ふむ、という感じ。


子どもを伸ばす毎日のルール

これは・・・う、、、、む。


元々、ワタクシ、辰巳渚さんは、あまり好きではなくて。
なんちゅうか、すごく優等生的なことばかり言って、
なんちゅうか、これができないのは、怠けているから、、と言われているような気がして
どうもこの人の書籍や特集などの記事は読みたくなかったんですよね。

ええ、ワタクシ、優等生が、大嫌いですし。
怠け者ですし。怠けて何が悪い!と思っていますし。
できないことは、努力してもできないと思いますし。

なんで、最後の「子どもを伸ばす毎日のルール」だけは、
優等生発言が多々出てきて、うんざりでした。
が、「お手伝い」「片付け」の本は、まあまあ学べるものもありますので
一度、ご一読を。

ご一読を、と言っておきながら、やっぱりなんだか、、、な気持ちがあるので
図書館でしか読みませんが。あはは。買わないなー。やっぱり。


ま、そんなわけで、スミレもコウメも来週から冬休み突入なので、
いっぱいいっぱいお手伝いをさせようと思います。


いらいら

イライラ、と書くと、それだけでイライラしてしまうので、
タイトルは「いらいら」。
ひらがなって、なんとなくやわらかい印象になるね。


ええ、最近、すっごく、イライラしています(あ、カタカナや)。

昨日も今日もコウメに八つ当たりしまくってて、
そのたびに、反省反省猛烈に反省。

原因は自分でもわかり始めてきました。


ご近所さんに苦手な人がいることや

娘たちにお手伝いをさせるために、家の中を整えないといけないこと

折り紙ができない、はさみが上手くつかえない、
ジャンプもできない、目でモノを追うこともできない
・・・と、コウメのできないところばかりが目に付いて
なんとかしないと!という思いが募って、コウメを追い込んでいること

ユリがなかなか腹ばいになってくれないこと

スミレの性格のこと(大胆にひっくるめた!)

しげおがずっと咳き込んでいたり風邪を引いていて
全く会話ができなかったこと

それらが原因で、かつ、そんな状態でも
誰にも頼ることができず、頑張りすぎていたのが
辛くなってきた、、、という状態が続いているのが
イライラの元だなあ、と。

ま、だからといって、上記のことが解決するわけでもなく
イライラを解消するために、何らかの行動を取らないといけないわけで。

で、今日は、食べました。はい。食べてストレス発散。



 
 
 
 
 
 
あっかーーーーーーーーーーーーーん!!!



 
 
 
 

あっかーーーーーーーーーーーーーーーんやんっ!!!




 
 
 
いっちゃん、あっかーーーーーーーーーーんやり方を選択してしまったー。



これなら、何か買ったほうがよかったかもーーーーーーーー。

 
 
 
 
 
てなわけで、まだイライラは解消されていないのですが、
こういう状態ともボチボチ付き合っていかななあ、と。

 
 
 
にんにん。忍忍。ニンニン。


スミレ4歳8ヶ月の成長記録

来週から、これまた悪魔の冬休み突入です。
寒い上に、スーパーに行けば年末の大混雑でうんざり、、、
一体、私たち親子はどこで冬休みを過ごせばいいのでしょうかーーーーーーーー。
(寒くても遠足に行く、という結論になりそーーーーーーーー)

★★★

・いいよ!

今までほんとに公園が大嫌いで、
公園にいる子どもたちが大嫌いで
私にひっついてばかりだったスミレですが
ようやく「自分は自分」と、他の子に惑わされることなく
公園で自分のペースで過ごせるようになりました。

そして、ついに、先日、
知らない子が、砂場のオモチャを「貸して」と言ったときに
「いいよ!」と言えました!

うおおおおおおおおおおおおおおお!!!
かんどうーーーーーーーーーー!!!!!

「どうぞできないこは良い子だ!」と、以前のブログで書いたことがありますが
スミレは、お友達にオモチャを貸してあげるなんてこと
全くできなかったのに。
しかも、知らない子相手に「いいよ!!!」なんて、言えるだなんて!
しかもいいよ、のあとに「!!!」がつくくらい上機嫌だった!

コウメもスミレと同じ道を辿っていて、
子どもが大嫌いで、「貸して」と言われようが、言われまいが
「だめ!!!!!!!!!!!!」と、断固拒否しています。
あと2年ですよ、2年。きっとコウメも2年経てば
「いいよ!!!」に変わるはず!

強引に「貸してあげたら」と言って貸してあげたり
「ケチね」なんて嫌味を言わずに見守ってよかったよ(大泣)。


・なおこちゃん崇拝

幼稚園のお友達(年長さん)のなおこちゃんは、
最近、週1ペースで遊びにきてくれています。

なおこちゃんが「注射でナオコは泣かないよ」と言えば
めちゃくちゃ嫌がっていた注射にも行き、
「うえん」と1度泣いただけで我慢でき、
なおこちゃんが砂場でダイヤモンドを拾ったのを見た日には
帰宅後「なおこちゃんって、すごいねん」となおこちゃん自慢に明け暮れ
なおこちゃんに宛てる手紙は、一番可愛いの、を選択するくらい
だいだいだいだい好きです。

今日も遊びにきてくれていたのですが、
なおこちゃんと2人でタグを組んでは、コウメをのけ者にして
「だよねえ」「うふふ」と、怪しげな会話を繰り広げては笑い転げていたのに
なおこちゃんが帰った瞬間、超不機嫌になり、ふてくされてしまうという始末。

クラスのお友達ともお手紙交換できるようになり
そろそろ、クラスのお友達もおうちに招待しようかなあ、、、と思っていたけど
スミレの心の中では、99%をなおこちゃんが占めているため
「遊ぶなら、なおこちゃん」なんだとか。

いいお友達ができて、ほんと、よかったよ。


・お手伝い

包丁で野菜を切るのも上手くなりました。

今までなら心配で、ひと時もその場を離れることができなかったのですが
にんじん、じゃがいも、きゅうりくらいなら
少し目を離して別のことをしていても、安心していられるようになりました。

皮むき器で皮を剥くのも、ある程度任せられるし
コロッケを作った際も、形を作るのを任せたら
そこそこ上手にできていてビックリでした。

今までスミレとコウメに料理のお手伝いを頼むときには
気力と精神力と時間が100倍(大げさですんません)必要でしたが
今回、カレーとコロッケを作ってもらうにあたっては
独りで作るより2倍程度大変、、、と思うくらいで済みました。

なにより、根菜類の皮むき&切る作業をお願いできたのは
大変ありがたかったです。
なんせ、私、根菜アレルギーというか、
根菜類を触っているだけで手が荒れてしまうので
この作業を誰かにバトンタッチできたのは、
体にとってもありがたい限りでして。

お米を研ぐ作業も、だいぶ様になってきましたし、
ご飯をよそったり、汁物をよそったり、というのも
頼めるようになってきたので、
これからも、いっぱいいっぱいお手伝いを頼めそうです。うっしっし。


★★★

ま、そんなかんだで、えーっと、あんまり観察できていない1ヶ月でした。
スミレもあまり構ってあげられなくてゴメンねーです。

でもスミレとコウメと一緒に遊んでくれるおかげで
夕方にテレビを付ける回数もめっぽう減りました。

テレビは基本、朝ご飯を食べる前にちょこっとだけ、、、となり
このまま上手くいけば、テレビを完全撤去してもいいかも!?なーんて思ったり。

ちなみにプリキュアは最近好きじゃないらしく、
あんまり真剣には見ていません。
大好きだったキュアブロッサムは「あんまり好きじゃない」らしく
今はキュアマリン派です。
ストーリーも未だによくわかっていないみたいで
ぼーんやり見て、ユリたんが近くにいたら、ユリたんと遊ぶほうが楽しいみたい。

とはいえ、なんだかんだいっても、欲しいものは
「プリキュアの○○」だそうで、これはサンタさんにお願いすることに。

4歳とは言えども、やはり同じ月齢の女子を見ると
スミレって幼いなあ、、、と。
ま、それはそれでええんやけどね。

つーことで、あー今日もまた何も作れずに1日が終わったー。

作りたいものは、エコバック(子供用)、がまぐち財布(子供用)、
スミレ、コウメ用のおもちゃ(ビンボーおもちゃ)
ユリ用のおもちゃ(ビンボーおもちゃ)等々。

うおおおおーーーーーー。時間がねえーーーーー。
  


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす