FC2ブログ
   
11
1
2
3
7
8
9
10
13
14
16
17
20
21
23
24
26
27
28
30
   

工作イベント/11ぴきのねこ/かごめかごめ

虹色教室の工作イベントに行ってきましたー。

ユリはしげおに託し、スミレとコウメと一緒に
いろんなモノを作ってきました。

最初に、からくりのある工作の作り方を教えていただいたのですが
「へえ。なるほどー!」と私が感動しただけで、
娘たちは、あんまり興味を示さず、
結局、作ったものは、いつもと同じようなもの・・・。

R0013796.jpg
ロールケーキを入れたカゴを、王将の餃子の箱につめこみました。
ストローも入っていたのですが、
これは、ロールケーキを刺して食べる用なんだとか。

出来上がったものは、先生やお友達に見せるのですが
スミレは断固拒否(ま、いつものことなんですが)。
でも大事に大事に持って帰りました。はい。

コウメは、、というと、まだまだ工作遊びを一人ではできないので
つきっきりで、作ってほしいものを作ってあげ
飾りつけや絵を描いたりするのだけガンバッテもらいました。

あ、口をくりぬいたアンパンマンに、ロールケーキを食べさせるという遊びは
真剣にやっていましたけど。
(作ったのは、ほっとんどかあちゃんだけどよ。写真撮り忘れたし...爆)

コウメを参加させるかどうか悩んだのですが、行ってよかったかなあ、、、と。
主体的にはできなかったものの
「楽しかったね!」って言っていたし。
何より、こうやって2時間ぶっつづけで工作に熱中することなんて
普段はできへんし(2時間、ユリが寝ることなんてないしー)。

ま、そんなコウメも、最近、ちょっと工作の発想ができるようになりまして。

ぬいぐるみのはなちゃんと遊んでいたとき、
シャワーがほしいって言い出したのね。

「どうやったら作れるかな?」と聞くと、

箱の上に長細い紙を立てて「ここ、テープでとめて」って。

普段、スミレや私がシャワーを作っているのを
ちゃーんと見ていたんだなあ、、、って。
一緒に作ってあげる機会はすごく少ないけど、
お姉ちゃんと一緒に工作する場にいる。。。それだけでも
いい刺激になっているんだなあ、と。

あと半年もすれば3歳。
空想の世界に入っていく3歳に、どんだけコウメワールドで
工作遊びができるか、楽しみです。ぐふふ。




それにしても。

レベル、高いです。
参加されていた方が作っていたものは、
ちゃーんとしかけがあって、ほっほーと思うものばかり。

虹色教室通信でも
「生徒さんがこんなしかけのある装置を作りました!」
という報告がときどき掲載されているのですが、
「おおおー、そんな月齢でよく考えられたな!」って思うものばかり。

うちも娘たちは、そういうしかけやカラクリのようなものには
ほとんど興味を示さないし、今日教えていただいた
「紐を引っ張ると、ラーメンが上から出てくる」カラクリを
家で作ってみたのですが、「ふーん」という感じだったし。

でもとりあえず、見せることが大事かなあと。
虹色教室に通っている生徒さんは、
毎回、新しいしかけやカラクリを見ているからこそ、
自分でも発想できるんだろうし。

先生が
「幼児期は、記憶力と観察力を鍛える時期です」
というようなことをおっしゃっていたんですが、
まさに、そうだなあ、と。

ブランコひとつ作るにも、

「どんなふうにしたら、前後に動くのか」
「どんなつくりになっているのか」

ブランコをちゃーんと観察しないとわかりませんもん。

つーことで、わからないなりに、かあちゃん、作りました。
R0013783.jpg
後ピンで失礼!

R0013793.jpg

この後、どうやったら揺れるか、彼女なりに考えていました。

とりあえず、クリップの部分をゆらしてみたり、
うちわであおいでみたり(これは、さすがに揺れへんかったね)。

私自身も、普段からいろんなものを観察して、
どうやったら工作で作れるか、自分なりに考えていかななーと。
あと、カラクリのあるものも、ちゃんと観察しとかな、ね。

滑り台やピタゴラスイッチのようなものも、
表面だけでなく、裏面を使って、
後ろから入れる(見えないところから入れる)等の工夫をするだけで
今までと違ったものが作れそうだし。


てなわけで、私の工作熱も再熱っす。
あ、もちろん、スミレの工作熱も、帰宅後、爆発し、
ガンガンにいろんなモノを作っていました。

いい刺激、受けたなあー。


★★★

「11ぴきのねこ」シリーズ、はまりまくりです。

いいです。11ぴきのねこ。


11ぴきのねことあほうどり

この本では、あほうどりを、「1わ、2わ、3ば・・・」と数えているんです。
ちゃーんと、助数詞を学べるんすよ。
(3わ、じゃなくて、3ば、ですよ。知らなかった・・・)

しかも、登場するあほうどりは、3までしか数えられないので、
「ころっけ3つが2つ」と言ったり、
あほうどりの数を「3ばと3ばと3ばと2わ」と言ったりしているんです。

おおおーーーーーーーーー!!!算数!!!足し算だよ、足し算!掛け算も!

11ぴき、という設定もグーで、
スミレも10以上の数を、普通に数えられるようになったし。

ああ、すばらしやーすばらしやー。

つーことで、この本の再現工作を作ってみました(かあちゃん作)。

R0013773.jpg
あほうどりが、1わ、2わ・・・

R0013774.jpg
3ば、4わ、5わ、6わ、7わ、8わ、9わ、10わ・・・

R0013776.jpg
11わ!!!

紙皿を2枚重ねて作りました。
これも今日の工作イベントで教えていただいたもの。

11ぴきのねこが大好きなスミレには、ヒットしました。やっりぃー。
(ま、よく見ると、うさぎやらブタも描いていますが、無視してね)

つーことで、これからも、実体験や絵本の再現遊び、がんばりまーす。

★★★

そうそう。最近、かごめかごめ遊びを始めました。

「かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に
  鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ?」

前や横にいる人だけを見て、後ろにいる人を当てる、、、という遊びって
面白いだろうなーと思って、始めたのですが、
ま、遊び自体も楽しんでいるのですが、
意外や意外、このフレーズが気に入ったようで、
よく口ずさんでいます。

あと、幼稚園で教えてもらった、なべなべそこぬけ、も大好きで

「なべなべそこぬけ そこがぬけたらかえりましょ」

を、買いもののときも、散歩のときも、ひたすら歌い続けています。

もちろん、コウメも完璧に歌えるようになりました。


わらべ歌って、
イマドキの子供には古臭く思えるのかな?って思っていたのですが、
フレーズや抑揚が心地いいでしょうね。娘たちは、とっても好きです。

じゅげむも、知らない間に口ずさんでいるし(2フレーズくらいやけどね)。
スミレとともに、かあちゃんも覚えようっと。


★★★

先日のママ塾、今日の工作イベントで、
私も、かなりいい刺激を受けました。

日常の生活や遊びを通して、子供の成長を促していくのって素敵だなあと。

でも、そのためには、少しだけ、かあちゃん、がんばらなね。
よーくよーく子供を観察し(口を出さないで!)、
必要なときに手助けをしていく、その姿勢を忘れたらあかんよなあ、と。

ハンドメイドも少し落ち着いたら、
遊びネタ(ネタだけは、たくさんある・・・)を
ブログに書いていこうっと。

つーか、ヨーヨーキルトのカーテン、未だに完成しないんすけど
このままでいいのか?え?いいのかーーーーーーーーーーーーーーー?!


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす