FC2ブログ
   
10
1
3
7
9
13
17
18
19
20
23
24
26
27
28
29
31
   

パヒュームほしい

最近のスミレの成長日記。

コウメの成長日記にも登場したリモーザというオモチャで作った
スミレの作品はこちら。
R0013567.jpg
色を認識しながら、
同じ色を並べたり、次の列には違う色を並べてみたりできるようになりました。

写真には写さなかったのですが、
一列ごとに「青チームさーん」「赤チームさーん」と言いながら
系列を意識して並べた作品も作れるようになりました。

ぷちぷちを始めた当初は、
同じ色を並べたらきれいになるのに、
なんでこうもランダムにしか並べられないんだろう?
と思っていたのですが、時期がくれば、
ちゃんと色や系列を意識できるようになるんやなあ、、、と。

ゆっくりじっくり、見守っていってあげなあかんなあ・・・と。


★★★

今日は、しげおとコウメが梅田に行き、
私とスミレとユリは、近くのトイザらスや手芸屋さんに行くことに。

幼稚園で使う座布団をいちから作らねばならず
(市販のものだと、幼稚園のイスのサイズに合わないので)
せっかくなので、生地選びをスミレに託そうと思い
手芸屋さんに連れて行くことにしました。

スミレの選んだものは、
ラメラメラメーーーーーーーーーのキラキラ光る生地。

「座布団」なので、ラメ入りはあかんやろ、制服につくやろ!
つーことで、第二候補の生地(バンビ柄)を購入。

が、買い物後、ディズニーやサンリオのキャラクターの
生地売り場を通り過ぎようとしたところ

「あ!マリーちゃんや!シュガーバニーズや!
 スミレの好きなのって、どれもめっちゃかわいいやろ!!!」と。

目を輝かせて生地を触っていまして。



 
 
 
ああ、やっぱり、こういう幼稚園グッズって、
子供の好きなキャラもんにしたほうがよかったんかな・・・


と、ちと後悔・・・。


キャラもんやったら、他の子とかぶるんちゃうやろうかー
普通の生地の方が、飽きへんやろうーーーーーーーー

と思い、あえて普通の生地にしたんやけど、、、なあ。

つーか、座布団は、やっぱ、個性を強調するためにも
ダンガリーの生地にアップリケとか施したほうがよかったんやろうか。。。


ま、来年、がんばろ。

つーか、今年使う分も、もう、今日明日には
仕上げるつもりでいたんやけど。
ブログ書いちゃっているしー。
今夜は裁断だけでもやっとかななあーーーーー。

つーことで、手芸屋をあとにし、昼ごはんを食べて、トイザらスへ。


我が家は、トイザらスやオモチャ売り場に行っても、
おもちゃを買って帰ることは滅多にありません。

子供たちも「コレ買って」と欲しがることはありません。

たまーにお絵かき帳やら、買うと決めていたレゴなんかを
買って帰ることはあるんですが、
基本的には、買いません。買うつもりすらありません。

ただ、子供たちが思う存分、見て、触って、遊んで帰られるよう
たっぷり時間だけはとっています。


てことで、今日も、何も買うつもりはない状態でトイザらスに行き
思う存分、レゴコーナーで遊び、
思う存分、プリキュアグッズを探しては「プリキュアや!」と叫んで
その商品を触りまくり、ミッキーやシュガーバニーズの商品を見つけては
「かわいいーーーーーーーー!!!ママ、これ、かわいいーーーーー!!!」
と叫び続け、触りまくって、店内を1周しました。

ああ、今日も、無事、コレで満足して帰れるわ、

と思って、帰ってきたのですが、


なぜか。


夜になって。


しげおとコウメが帰ってきてから。



泣きました。



ママと一緒にお出かけしたの、楽しくなかった、、、と。



確かに、しげおと梅田に行くと、必ずジュースを買ってもらえるし
あわよくば、プリキュアのお菓子や、かわいいシールを買ってもらえることも。


一方の私は、なーんにも買わずで帰宅・・・。


でも、お昼には、スミレの大好きなチョコパンを買って食べたし
オヤツのゼリーもわざわざ買って帰ったのに・・・。

話をしていくと、どうもトイザらスで何かが欲しかったみたいなので、
何が欲しかったの?と聞くと、プリキュアのパフューム・・・と。



これ?

プリキュアコーナーは、さらーっと見ただけだったので
スミレが何を注目していたのか、このパヒュームが欲しかったのか
定かではないんですが。

「そうかあ。パヒュームが欲しかったのかあ・・・。
 でも、パヒュームなら、ママが作ってあげる!」
(つーか、前、作ったよ、、、ね)
 
と言ったら、



「いや!作ってもらうの、いや!!!!!」



と。


ああ、そういう年齢になったか。
手作りもんじゃなくて、買ってもらうことに意義があると
思うようになったか・・・(ややこしいなあ・・・)。
しゃーないなあ・・・と思い、

「欲しいなら、今度、ママともう一回見に行こう。
 でも、欲しいからといって、何でも買ってあげられるわけじゃないよ。
 買う必要がないと思ったら買わないよ」

という話をしました。


ああ、とりあえず、これで、
私の気持ち(というか、我が家のスタンス)は、伝えたぞ!
あとは、クリスマスまで引っ張るか、忘れてくれるのを待つばかり(ひどい親だね)。

と思い、その話題から離れて家事をしていたら、

急に、スミレが
「じゃあ、安かったら買ってね。高かったら作ってくれたらいいから・・・」


と。




おおおおおおおお。スミレよー。
貴女は、どうしてそうも健気なのーーーーーーーーー(号泣)

かあちゃん、感動しちゃったよーーーーーーーーーーー。

パヒュームくらい、買ってあげちゃうよーーーーーー。

なーんて、思っちゃったよーーーーーーーーーーー。


★★★

そうそう、トイザらスから帰宅後、
コウメがいないなら、ジャングルジムのある公園に行こう!
と思い(コウメはまだジャングルジムでは充分に遊べないので)
オヤツを食べた後すぐに公園へ。

ジャングルジムでほどほどに遊んだあとは、
いつも行く公園へ。
その公園で滑り台で遊んでいたところ、
「もうひとつの公園に行きたい」と言いだし、
近所にあるもうひとつの公園に行くことに。

どうもブランコに乗りたかったらしく
ブランコに乗って、ぶーらぶら。

4歳になったし、立ちこぎできるかも?と思い、立たせてみたところ
「こわいー!!!」と、立つ前に言われ、撃沈。
そのままスミレの好きなようにさせることに。

のーんびりこいで(30センチくらいしか動かない程度・・・)
それでも、コケては降り、また乗っては、のーんびりこいで
周りで小学生男子が、ギャンギャン騒ぎながら
ブランコで遊んでいても、ちらちら横目で
彼らの様子を見ながらも、自分はひたすらのーんびりこいで

こいで

こいで

こいで

こいで


・・・1時間近くこいでいました。




公園に遊びに来る子って、
たいていいろんな遊具を次から次へと使って、走り回りますよね。

スミレは0歳の頃から、そういう遊び方をしなくて。

他の子があまりにも活発に多動気味に動くので
スミレって、オカシイ?ヘン?と思い、
ひたすら、他の子と同じようにしようと
「滑り台行ったら?」「砂場行く?」「次は○○する?」と
私の方から、次から次へと遊びを誘導させていたんです。

でも、スミレは、違うんやー。

今日、初めて、実感しました。

同じ遊びをダラダラしていても、楽しいんです、彼女は。

全く嫌な顔をせずに、逆に、すごくリラックスした状態で
ただひたすらブランコに乗っていましたから。

途中から、私もユリとともにブランコに乗り、
ゆらゆら揺れながら、「パパ帰ってくるの遅いね」という話をしたり
「スミレとコウメとユリが大人になったら、みんなママになっちゃうよ」
という奇想天外な話をしたり
(大人になったからといって、ママになるわけじゃない、という説明はしたけど
 イマイチわかってへんぽかった、、、が)
ぼーっとしながら、ブランコに乗るのって、
決して悪いことじゃないなあ、と。
いや、むしろ、スミレと同じように、楽しいなあ、、、と。

こういう遊び方でも、ええんよなあ、と。

コウメと一緒だと、どうしても、激しい遊びに展開したり
コウメができない遊具だと判明したら、それだけで、
「イヤイヤーーーーーーーーーーー!!!キー!!!」と
コウメのぐずりが始まってしまって、全然楽しめなくなってしまうし。

結局、計2時間の公園遊びだったけど、
スミレとこんなふうに、ダラダラ公園で過ごすのもアリだなあと。


てことで、今日も、たーっぷり遊んだ結果、
料理を作る時間もなく、超かんちんぷーな夜ご飯になりましたが
(いうても3品は作ったで)
まあ、ええっか、ってことで。

さあてと、座布団の生地の裁断裁断・・・


てか、もう11時半やんか!むり!ねよ!


スポンサーサイト



ドキンちゃん/ダッシュ

最近のコウメの成長日記。

R0013623.jpg
アンパンマンに毛が生えた?!

これは、手遊び歌「とんとんとんとんひげじいさん」の
アンパンマン替え歌バージョンに出てくる

「とんとんとんとん ドキンちゃん」

をあらわしたものです。

アンパンマンは私が描き、頭の上にある、ちょろっとした線と
下にある線をコウメが描きました。

身体で表現すると
R0013624.jpg
こういうこと。

頭の線は、人差し指で表現したドキンちゃんの頭の角(?あれ、角だっけ?)

下の線は、おそらく、自分の体から出ている腕、、、だと思うんですわ。

面白いでしょ。大人じゃ、描けない絵でしょ。
第一、アンパンマンの顔なのに「とんとんとんとんドキンちゃんだよ」
と平然とした顔で言うんですもん。すごいわー。

でも、コウメが表現したいことが、
ちゃんと線で表現できていて、素晴らしいっす。

2歳児ならではの絵だなあと。いいよ。いいよ。
かあちゃん、こういうの、すっごく好きよ。

★★★

昨日、コウメの幼児教室のお迎えにいったところ、
みんなで手遊び歌や歌などを歌っているところでした。

コウメにばれないように、こーっそり覗いてみたのですが、
最前列に陣取っていたものの、コウメもやはり・・・






 
 
 
 
全く踊っていなーい!!!






 
全く、微動だにしていなーーい!!!




 
 
やっぱりやっぱりやっぱり


スミレとコウメって、姉妹ねーーーーーーーーーーーーーーーーーー(当たり前だ)。



踊らないのって、それって、それって、



遺伝ですかーーーーーーーーーーーーーーーーーー?



 
 
 
 
つーことで、まあ、ショックを受けたというより
コウメよ、おまえもかーってな感じで、笑ってしまったのですが。

でもまあ、先生の方をしっかり見ていたので、
踊りを学ぼうという気持ちはちゃんとあるんだとは思うんですが(フォローしまくりぃ)。
 
で、昨日も、コウメはお当番さんだったらしく、
最後、みんなの前に出てきて、ご挨拶をすることに。

が、みんなの前に出てきた瞬間、私と目がぱっちーんと合ってしまったんですわ。

そしたら、もう、周りが全く見えない状態で、
ダッシュで私のところに走ってきて。

先生に、
「最後の挨拶が終わってからだよー。
 ママもちゃんと見ているから、お当番さんのご挨拶してねー」
と言われて、強制連行されて行ったのですが、
目線は、先生やお友達ではなく、私の方をガン見。

で、最後の挨拶を終えた瞬間、一目散に私のところに飛んできてくれました。
しかも、めちゃくちゃいい笑顔で。


いやあ、子供って、そんなもんかもしれないんですが、
スミレは、全くこういう態度を示さなかったんですわ。

幼児教室に迎えに行っても、
他の子が一目散にお母さんのところに行くのに、
スミレは、ちょっとはにかんで、のっそりのっそり先生に連れられて
ようやく私のところに来る、、、といった感じで。

嬉しい気持ちを必死で抑えているのは、表情ではわかるのですが
決して、笑ったりニコニコではなくって。

コウメも、そんなもんだろ、、、と思っていたら、
まあ、コレに関しては、正反対でして。
毎回、私の姿を見るや否や、猛ダッシュ。
先生が何を言おうとも聞かずで、
でも満面の笑みで私の胸に飛び込んできてくれる
このストレートな愛情表現は、正直、


 
 
 
 
 
 
 
嬉しい!

 
 
 
 
 
めっちゃ、嬉しい!!! 
   




です。とおっても。



はにかみスミレも、それはそれで彼女なりの愛情表現だとは思うんだけど、
やっぱ、愛情ってもんは、ストレートに言われると、
ごっつー心に響くなあ、と。

★★★

コウメ、ぷちぷち、やり遂げる。

R0013566.jpg
ふたつとも、コウメが作りました。



リモーザというおもちゃで、
ぷちぷち、小さなパーツを型にはめていくのですが、
1ヶ月ほど前までは、「できない!」といって投げ出すことが多く
完成することなんてなかったのですが、
今回、とうとう、やりました。
がんばったぞ、コウメ。

やることなすこと大胆なコウメだけど、
こうやって手先が器用になっていってくれると
かあちゃん、大変嬉しいです。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす