FC2ブログ
   
10
1
3
7
9
13
17
18
19
20
23
24
26
27
28
29
31
   

ウヒアハウヒアハ

図書館に通い始めたおかげで、
絵本を読む回数がめちゃくちゃ増えました。

先週の土曜日は20冊も借りたし(図鑑等含む)。

つーことで、最近、スミレとコウメが好きな絵本はこちら。


11ぴきのねこふくろのなか

ネコが登場する絵本は、片っ端から借りたり買ったりしていたのですが、
「11ぴきのねこ」シリーズは、すっかり忘れていました。

一度読んでみよう、、、てことで、この本を読んだのですが、
ねこ、ではなく、ばけもののウヒアハにすっかりハマってしまいまして。

てことで、11ぴきのねこのカルタまで買ってしまいました・・・。

ちなみにウヒアハって、こんなばけもの。
R0013556.jpg
ポシェット持って、しっぽにリボンを4つつけた
かわいいばけものです。

今日、久しぶりに積み木でスミレが遊んでいたので、
ウヒアハに捕まったねこたちが入る檻を作ってみたのですが、
檻というより、

11ぴきのねことへんなねこに出てくる
宇宙船に似ていたので、どんどん高くして、
いろんなぬいぐるみを入れることに。

R0013543.jpg
宇宙船の屋根は、絵本どおり、フタ、をかぶせ。

中には、
R0013545.jpg
しまじろうや、はなちゃん、コフレが入っています。

最後に、へんなねこと11匹のねこがが花火をあげるシーンがあるのですが
それも再現。ちなみに、最近のスミレは
「いちれつにならんで」というフレーズ&絵に異様に反応し、
この花火のシーンも一列に並んでいるだけで、バカウケしていました。
R0013553.jpg
花火はビー玉で表現。
並んでいるのは7匹分。
並べ終わった後に、あれ?って気づいて、絵本を開いて
人数を確認していました。

11匹のねこシリーズを借りたいなあと思ったのは、
虹色教室通信で、こういう何匹も登場人物が出てくる絵本は
数に親しむきっかけになる、、、というようなことが書かれていたから。

確かに、一列に並んだときには、数を数えさせることもできるし
再現しながら、あと何個積み木が足りないのか、確認させることもできるし。
思った以上に、教材としても使えるなあ、、、と。

ま、それ以上に、ストーリーがおもしろいから、
スミレもコウメもはまるんですけどね。




土曜日は、大雨だったので、家の中でまったり遊び。
図書館で借りてきた本を、次から次へと読むようせがまれて
しげおも私もへっとへとだったので、
絵本の再現遊びをすることに。


14ひきのせんたく

洗濯するものをカゴに入れて、川に行き、
洗濯板で洗い、絞り(もちろん、まねっこ・・・)
縄を張って、洗濯ものを干す・・・。
絵本にそって、まねっこまねっこ。

R0013451.jpg
和室やリビングに縄を張り巡らし、

R0013452.jpg
ひたすらクリップで洗濯物(もち、乾いているやつよ)を干していきました。

子供って、こんなふうに洗濯物を干す作業って、好きよね。
うちの娘たちもご他聞に漏れず、大好きです。

ま、そんなわけで、再現遊びを満喫しました。

家族でお出かけ、といっても、なかなか遠出もできないし
博物館や子供が好きそうなスポットにも行けず、
実体験をおうちで再現する遊び、、、というのはできないのですが
こうやって、絵本を再現するのも、面白いなあ、、、と。

これまた、虹色教室通信でヒントを得た遊びのひとつ。


なぜか、おばけブームの娘たち。


こんたのおつかい

こんた、バスでおつかい
おばけシーンを楽しむようになりました。

といっても、コウメは、ひぃ!って感じでビビっていますが(笑)。



ま、そんな感じで絵本を楽しんでいます。

それにしても、絵本って、読むの、結構体力いるよね・・・。
喉、渇くよね・・・。疲れるよね・・・。とほー。


運動会/お姉さんになったね/お当番さん

今日はスミレの幼稚園の運動会でした。

R0013471.jpg
快晴なり!

スミレの出番は、お遊戯とかけっこと、アンパンマン体操(親子)。

まずは、お遊戯。

スミレは、先生の踊りを見ながら、
一テンポ遅れては、のっそりまねっこ、、、
イキイキ踊るお友達を尻目に、もそもそ元気なく踊っていました(爆)。

いやあ、2年前、ヤマハに通い始めたころのあのノリの悪さを思えば
もう拍手喝采の出来ですよ。
第一、踊っているんですから(他人が見たら、踊っているようには見えんが)。


かけっこ。

いちについて、よーい、どん!

で、走り始めるはずが、どん!と言われても、
全く走る素振りを見せず、他の子が走り出してから、
よいしょっと、走り出しました。

R0013516.jpg
薄いピンクの帽子&赤い靴がスミレ。

既に早く走り出した子は、ゴールしちゃってて写真に写っていないのですが、
この後、いつものスミレ走りで結局2位でゴールしました。
5人中2位だなんて。すっごーい!!!
かあちゃん、超カンドーしたよー!!!

いやあ、なんせ、スミレですからね。
踊らないだろう、走るのもドンケツだろう、、、と
しげおも私も予想していたんでね。意外な展開にビックリですわ。


名称未設定-1.jpg
ユリとかあちゃん(花粉症が酷くて、マスク必携!)。
つーか、ユリたん、金正恩に似ているね・・・。

コウメは、ときどきぐずりながらも、なんとかごまかしました。
午前中で競技が終わってくれて、よかったー。

問題は、来年だね・・・。
ぐずりんぼうのコウメとユリを、どう操りながら
スミレの写真を撮るか・・・。

やっぱ、コウメは、
スミレと同じ幼稚園に来年から入園させるべきだったかーーーーーーーー(ちと後悔)。

てなかんじで、初めての運動会は、無事終わりました。
立派な金メダルなんかももらって、帰宅後もおおはしゃぎだったし。


★★★

おうちに帰ってからも、興奮冷めやらぬようで、
ひたすら家の前でかけっこ遊びをしました。

お隣にコウメと同じくらいの月齢の女の子がいるのですが、
その子も一緒にかけっこをしていたら、
スミレがそーっと手をつないであげたんですね。
こっちだよーって。ここが、ゴールだよー、って。


うわわわわーーーーーーーーーおねえさんだーーーーーーーーー!!!
おねえさんぽい行動しているーーーーーーーーーーーー!!!


家の中では、コウメ相手に、たいがいお姉さんっぷりを発揮しているのですが
よその子に、こんなお姉さんっぷりを発揮するのは、初めて。

ぎゃー!すごーい!!!

なんせ、スミレは1歳11ヶ月でお姉さんになったので、
あまり「お姉さんだから、こうしろああしろ」てことは
ほとんど言わないようにしていたんですわ。

それに、スミレが使っているおもちゃを何も言わずに取っていっちゃうような
自分より小さい子が苦手だったので、
「小さい子には優しくしようね」というようなことは、一切言ったことがなくて。


だから、公園でも広場でもお友達の妹やおろか、コウメにさえも
優しくしてあげたり、おもちゃを貸してあげたり、、、なんてことは
今まで一切なかったのね。

だから、そっと手をつないで、ゴールまで連れていってあげたことが
すっごーくビックリして・・・。

でもスミレ自身は
「自分より小さい子だから優しくしないといけない」というのではなく

「なんか、困っている子がいるから、しかも自分より小さくて
 自分で上手くそのことが言えないみたいだから、助けてあげる」

そんな感じで、手助けしているのかなあ、と。

誰に教えてもらったわけでもないけど
(幼稚園で言われているのかもしれないが、、、爆)
ちゃんと自分の頭で考えて、行動できるようになったのかなあ、
そうだとしたら、それって、すっごい成長やん!


ま、こんなの、4歳だったら当たり前のことかもしれないけど、
公園や近所で遊ぶときに、同じくらいの月齢の子がいないからか、
                  (というか、交わらない)
最近は、他の子と比較しなくなってて。
成長過程を見るときに、他の子が基準になるんじゃなくて
前よりどうか、という時間軸で見れるようになったから
スミレの成長を大変嬉しく思えるのかなあ、って。

確かにスミレも最近いろんな面で成長しているけど、
その成長を自分自身が素直に
「すっごーい!」と言って喜べるようになったのは、幸せですわ。
かあちゃん、なんか、ちょっと吹っ切れたなあ。

★★★

一方のコウメ。

最近、食に関するイヤイヤが再発したというか、
せっかくキャベツを食べられるようになったのに、
魚があかんようになったり、
「好きな食べ物は、お肉!」と言って笑いをとっているわりには
肉料理を全然食べなくて、毎食、ガミガミ言われっぱなし。

ま、そんなコウメですが、
先日、幼児教室でお当番さんになったのだとか。

しかも、自分から立候補したのだとか。



ひょえーーーーーーーーーーーーーー!!!

りっこうほーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

みずからーーーーーーーーーーーーーーー!!!




ビックリしましたよ。
ええ。

1ヶ月半前まで、ハンストしていたあのコウメが、、、ですよ。

最近では、表情もだいぶ柔らかくなって、
ニコニコすることも増えていますよ・・・という報告を聞いていたけど
まさか、まさか、お当番さんに立候補するとはーーー!!!

てことで、帰宅後は、お当番さんの話題で持ちきり。

かあちゃん「お当番さんは何するの?」

コウメ「前に出て、ありがとうございました、言うの」

(正しくは「お当番さんありがとうございました」と皆から言われ
 その後、「いえいえどういたしまして」と言うのがお当番さん)

かあちゃん「台拭きや、おそうじはしたの?」

コウメ「していない!」

(お当番さんは、台拭きなどのお仕事もあるはずなのに、、、って拒否したのか!)


スミレ「スミレもお当番さんしたことあるよ。お昼ご飯のパンを切ったりしたよ」

コウメ「していない・・・(泣)」

(パン給食の日じゃなかったんだよね・・・)


とはいえ、お当番さん、が楽しかったようで、
「お当番さん、絵本片付けてください!」と言うと
照れながらも笑って、片付けてくれました。


スミレはお当番さんに立候補することなんて1回もなかったので
コウメの行動にはビックリ。

意外と積極的なんだなあって。
スミレとコウメは、同じように育てているし、
最近、やっぱりスミレとコウメは似ているなあと思っていたけど
でもやっぱりやっぱり2人はそれぞれなんだなあと。

コウメのいいところ、もっともっといっぱい見れるようになるといいなあ。

★★★

つーことで、スミレとコウメ、ちゃーんと成長しています。

そろそろ1ヶ月に1度の成長記録ブログを書かなくてはーと思いつつ
なんだかんだで今月は飛ばしちゃおうかなあとも思ったり。

ビンボー遊びネタを、いっぱい書きたいので、
それで代弁しちゃいたいなあとも思ったり。

つーか、明日はしげおが仕事だし、火曜日は運動会の代休で
2日連続、スミレ&コウメ&ユリと、ベッタリ過ごさねばなりましぇん。

ぐおおおおー。辛いよぅ。


ユリ4ヶ月健診

健診に行ったのは、先週の金曜日のことだけどーーーーーーーーー。

忘れないうちに記さなければーと思っていたら、
見事に1週間忘れてたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

てことで、4ヶ月健診。

体重7150g
身長64.5cm

**ちなみに姉2人の4ヶ月時の体重と身長は**

スミレ
体重6095g
身長60.5cm

コウメ
体重7510g
身長64.6cm
(注:健診日を間違えたので、5ヶ月時点での計測)

***

ユリは、首もすわったし、股関節脱臼の疑いもないし、
私も、なーんにも心配することないし、
看護師さんに聞かれたことといえば「お姉ちゃんたち、元気?」だし。
先生は「身体つきもしっかりしているわー、おお優秀優秀!」と
思いっきり誉めてくれたし。
ユリも終始ニッコニコだったし。

ま、健診のついでにーと思って接種したBCGは、号泣してたけどね。

次は三種混合。ポリオは5月に接種する予定(備忘録です・・・)。

ユリたーん、これからも健やかに成長してくれーーーーーーー!!!


女の子のイジワルって・・・

裸足で遊ぶの追記。

スミレは「裸足で高いところからジャンプすると、痛い」という経験もしました。

靴を履いていたら痛くなかったのに・・・と、
靴の偉大さも実感できたのは良かったことだなあ、、と。

裸足ネタ、おしまい。

***

で、表題の「女子のイジワルって・・・」ですが、

女子のイジワルって






 
 
姑息  






だと思いません?


今日、コウメとユリと公園に行ったときのこと。

コウメが滑り台で遊ぼうとしていたら、
公園でよく会うお友達(女子・3歳)が、あとから追いかけてきて
すごいプレッシャーをかけてきたり(はよいけ!みたいな)
コウメが滑り台を逆走しようとしていたら、
別のところで遊んでいたにもかかわらず、
滑り台のところに行き滑り降りてきたのね。
(あのコウメですら、力づくで押されて滑り降ろされたし)

この女の子には以前からずーっとイジワルされてて。

水道で水を汲もうとして順番を待っていると
いつまで経っても変わってくれなかったり、
ビビリのコウメが、初めての遊具で怖がっていたら
じわじわ押してプレッシャーかけてきたり。

お母さんとみっちり一緒に遊んでいるときは、こんなことせーへんくて。
お母さんが他のお母さんとおしゃべりしていて、
注意が自分に向いていないときに、ここぞとばかり攻撃してくるのね。
しかも、いかにもイジワルしています!な行動ではなくて
(突き飛ばすとかじゃなくて)
じわじわ押してくるとか、わざと邪魔をするとか、
こっそり横入りしてニヒヒと笑うとか、
見ている大人がムカー!ってくるようなことばかりやるの。

一方でお母さんと一緒に遊んでいるときは、
お母さんの言われるがままにお利口にしてて。
ベビーカーに乗せたユリに興味を示して歩み寄っただけで
お母さんから
「触っちゃだめよ!汚い手で触らないで!んもう!近寄りすぎ!」
と言われるくらい、かなり色々注意されているんだけど、
怒るわけでもなく、その通り言いつけを守っているから、
イジワルするときのギャップがすごくって、私も毎回ドン引き。

大人や先生の前では、優等生でええ子やけど、
陰では、こっそりイジワルしちゃうタイプの女子になりそーで
こわいなあ、、、と。
コウメ、その女の子と同じ小学校の同じ学年になるし(沈)。

ていうか、女の子の母親になった時点で、
学校に入ってからの人間関係で悩まされ続ける、、、という運命を背負ったのだから
こうやって悩むのもしゃーないといえばしゃーないんやけど・・・。
ああ、メンドクサイなあ、女子の人間関係って・・・。
私もいじめられていた側やから、嫌な記憶も蘇ったり・・・。はあ。

てなわけで、今日は、ものごっつー気分悪く帰り、
その後、2時間かけてコウメを寝かしつけしたにも関わらず
全く寝ずに、夕方、例の強烈ぐずりんで、ブチ切れ。

はあ。ちかれたー。

コウメと公園に行くなら、お友達がいない早朝にしよっと。
それか、夕方スミレと一緒にまったり遊ぶのもいいかな。
2人きりで遊んでいたら、他の子たちも寄り付かへんし(笑)。


てことで、ちょいグチグチ話でした。ちゃんちゃん。

あ、でも、今度イジワルされたら、本気で怒ったろ。
(ご近所さんやから、なかなか勇気のいる行動やけどね、、、)


ズル休み記念日

今日、スミレは幼稚園に入って初めての「ズル休み」。

朝ご飯も食べず、ずっとぐずっていたので理由を聞くと
「幼稚園に行きたくない」と言い、
なんで?と問いただすと「おうちでママといっぱいあそびたい」のだと。

バスの時間までソコソコ格闘したものの、
全く折れる気配もなく、なんとか説得して幼稚園まで車で行き
「先生に自分の気持ちを言う」ことを約束して、先生とご対面。

めっちゃちっちゃい声で「幼稚園に行きたくない」とは言えたけど
「おうちであそびたいから」と理由までは言えず、
その後、先生もソコソコ説得したものの、やはり行きたくなかったらしく
半べそかきながら「イヤ」と言い(これまた聞こえないくらいの声で)
家に帰ってきました。

スミレが幼稚園に行っているときだけは、コウメと一緒に遊べるし
昨日、昼寝がうまくいったので、今日も外遊びをさせて昼寝させよう!
と思っていた矢先の出来事だったので、
家に帰ってから、むしょうに腹が立ってきて。

「幼稚園に行かない子は、デザートなしやで」と言ってみたり
「おねえちゃんが幼稚園に行かないから、コウメが昼寝しない」と言ってみたり
嫌味のひとつやふたつ言わないと気が済まねえ!って感じで、ぐちぐち。



そんな私も、スミレを幼稚園に入れるまでは、

「娘が行きたくないと言うのなら、ズル休みの1回や2回、
 いやもっと休んでもいいや。
 行きたくないと言えるだけいいことやし、許してあげよう」

と思っていたんですけどね。

あかんねえ、実際、ズル休みされると、腹が立ちますなあ。
あたしゃ、懐のちっちぇー人間だなあーと、思いましたよ。

ま、幼稚園にしろ学校にしろ、習い事にしろ、
これから先、何回、いや何十回も、
「ズル休みしたい」と3人の娘たちに言われるのか、、、と思うと
気が遠くなりますけどね。

おおらかに「ええよ!1回くらい!」と言ってあげたいけど
そう言えるようになるには、まだまだですわ。
かあちゃん、未熟ですぅ。

ま、特に幼稚園に問題があるわけでもなく、
友達と喧嘩したわけでもないし、
ここ数日は構ってあげなさすぎ、、、というわけでもなく。

逆に、昨日は、3時半からずーっと公園で遊んで
相当楽しかったみたいだったので、今日も遊びたいと思ったのかなあ、、、と。

幼稚園でも最近は運動会の練習がメインで
お絵描きとか少なくなってきているのも、一因ではあるだろうけど。

とはいえ、今月は運動会の代休やら、教職員の研修でお休みがあったり
午前保育がところどころであったり、、、で
正直「めんどくせぇー月間」やなあと思っていたので
1日保育の日くらい、ゆっくりさせてほしかったんだけどね。

明日は、行ってくれるかなあーーーーーーーーー。


裸足で遊ぶ

久しぶりにビンボー遊びをご紹介。

★裸足で遊ぶ

真冬でも裸足、夏はもちろん裸足、アスファルトの上でも裸足、
でも真夏のアスファルトも経験したおかげか
涼しくなった今、地面を「冷たい」と言えるようになりました。
(温感が身についた!)

今日も、公園で散々遊んで、そろそろ帰りたいなあーと思っていた矢先
「はだしになってもいい?」と言われ、
その後、1時間以上も裸足遊びを満喫。

こんな感じで(↓)

とりあえず裸足でジャングルジムにのぼる(スミレ)。
とりあえず裸足でそこらへんを歩く(コウメ)。

ジャングルジムで遊ぶ(スミレとコウメ)。←裸足になる前に充分遊んだはずなのに。

ジャングルジムの下で砂遊びが始まる(スミレとコウメ)。←砂場に行けよ!

コウメが砂でカレーライスを作り始める。
「おやさいいれてー」と歌いながら、かつ、踊りながら
ジャングルジムの下にある砂をほかの場所に移動させる。

スミレが、ジャングルジムの下の砂を掘る。
手で掘ったのち、爪で掘り「つめ、まっくろや!!!」と喜ぶ。

いきなり、スミレ、カエルになってジャンプする。
コウメもカエルになってジャンプする。

スミレ、足で線を描けることに気づく。
めちゃくちゃ喜ぶ。
いっぱいいっぱい描く。

「何を描いているんでしょーか?」とクイズを出される。

「なにかなあ?教えて」と聞くと「まだおしえなーい」と言われる。

「ここに立つんでしょうか?それとも、ここでしょうか?
 正解はー○×△□※・・・」と、肝心の正解がわからないくらい
ロレツが回らず、わけのわからん説明をされる。

でも、結局、描いたのは、タコの絵。(ああ、写真がなくてごめんなさい)

ただ単に線を描いていたのかと思いきや、
いつの間にひらめいたのか、顔を描き、目を描き、
最後はご丁寧に眉毛まで描いて完成させていました。

ああ、本当に、写真がなくてごめんなさい。

***

と、随分、長い話をダラダラ書いたのですが、
えーっと、言いたかったのは、

1.裸足になるとテンションがあがる

2.足で絵を描くのは難しい

ということでして。

スミレが足で絵を描いているのを見て、
コウメも真似て描こうとしていたのですが、
2歳児には、まだ難しいんですよね。

片一方の足を軸に、線を引いていくのって、
バランス感覚もいるし、軸足を少しずつずらしていかないといけないし。

もちろん、靴で描けばいい話なんですが、
裸足が好きな子は、テンションが上がった裸足状態の方が
いろいろ発想したり、面白いことを思いつくなあと思った次第で。

あ、でも、足で線を引くの、いっぺんやってみてください。
簡単そうで、でも、難しいかも、、、です(2歳児は)。


つーことで、今日は、公園&裸足を堪能。

元々「どんぐり拾いに行こう」と言って公園に行ったのですが、
どんぐり拾いは30分そこそこで終わり、
その後2時間以上(うち1時間以上は裸足タイム)
ジャングルジムで遊びほうけました。

帰りはもちろん裸足で帰宅。
アスファルトの上を歌いながら、踊りながら歩く姿に
通り過ぎる人は、大爆笑(特におじさんにウケた)。

帰宅後も超ごっきげんで遊んでくれて、かあちゃん大助かりです。

裸足、ばんざい。


汚部屋へようこそ/キャベツ食べた/親知らず抜いた

どもー。

夏の疲れがどっと出ているせいか、ごっつー疲れ果てて
でも「あれやりたいこれやりたい」願望ばかり募って
消化不良な毎日を過ごしていました。


加えて、ここ数日は、秋の花粉にやられてまして。
マスクなしでは生きていかれないーーーーーーーです。
目も鼻もぐちゃぐちゃです。病人状態です。ぐしゅん。



てことで、久しぶりのブログ。

***

水曜日、スミレが幼稚園から帰ってくると
「なおこちゃんからもらったの」と手紙を見せてくれました。
(↑年長さんのお友達)

そこには

「プール 4じはん  おかあさん いえ あそぼうね」

と書かれていまして。

肝心の助詞や接続詞等は、判読できなかったので、
なんのことやらー?と思い、そのままほったらかしにしていたのね。

そしたら、4時半になおこちゃんのお母さんから 
「なおこが一緒に遊びたいっていうんだけど、スミレちゃん、遊びにこない?」
とTELあり。

その後、お母さんと話したところ、例の手紙は

「プール、4じはんにおわって、
 きょうはおかあさんがいえにいるから
 なおこのいえでいっしょにあそぼうね」

という手紙だったことが判明。

ま、そういうても、スミレ一人でなおこちゃんのおうちには行かれへんし
(スミレもブンブン首を横に振っていたし・・・)
結局、なおこちゃんに着てもらい、我が家で遊んでもらうことに。

外でチョークでボールを真っ白にしたかと思ったら、
おうちに戻ってきて、スミレ&コウメのおうちで、
いろんなアイスを作ったり、また外に行って遊んだり・・・。
スミレもコウメもなおこちゃんの後をついていっては、
ギャハギャハ笑い転げていました。

スミレはいうても外ではシャイガールだし
年長のなおこちゃんに遊びを引っ張ってもらうだけかと思っていたら

「なおこちゃん、こっちであそぼ!ゆりちゃんのお部屋であそぼ!」

「なおこちゃん、ちょっとまってー、これ、持って行くからー!!!」

と、意外や意外、積極的になおこちゃんと遊んでいてビックリ。

先日、延長保育のときに、たまたま担任の先生と話す時間があって
園での様子を確認したところ

「スミレちゃんって、ほんとはすっごい活発な子なんですね。
 最近では、自分から外に行く!って言うし、
 『○○する人!』と聞くと「はいはい!」って積極的に手をあげるし
 待て待てーって追いかけたら、ぎゃーーーーー!!!って叫びながら
 走っていくんですよー」

と言われて。

へえええええーーーーーーーーーーーーーー!!!
いつものスミレ節で活動しているんやーーーーーーーー!!!


そういや、最近、バスの送迎の際も、
めちゃくちゃちっちゃい声ながらも、
ちゃんと「おはようございます」「さようなら」が言えていると
バスの先生にも言われたしーーーーーーーーーーー。

なんか、なんか、がんばっているやーん。
ちゃんと園生活に順応しているやーん。

2学期でここまで順応できるだなんて、全く期待していなかったから
驚き桃の木山椒の木だよー。

ただーし、隣の組の先生が話しかけてくると、急に黙り込み
何を言われても白を切るのだそう。オイオイ・・・。


いつも遊んでいる、心を許せる相手には、
積極的に関われるようになった、それだけでも充分な成長だなあ、と。

ちなみにコウメもなおこちゃんのことが好きで
(お姉ちゃんが心を許している相手には、コウメも簡単に心を許す)
積極的に関わって「なおこちゃん、なおこちゃん」と慕って遊んでいました。

***

木曜日は、あやなちゃんのママ&なっちゃんが遊びにきてくれました。

実は、近所の子供たちは、よく遊びにくる我が家なんですが、
大人が家に入ってくるのは、とても珍しいことでして。
なおこちゃんのお母さんも迎えに来てくれたときに
玄関先でおしゃべりしただけで、家にはあがってもらわなかったし。

この「汚部屋」に、よくお友達を通せるなあ、、、と思いつつ
もう、慣れたし。これ以上キレイにする気力もないし、、、。

てことで、肝心のあやなちゃん&スミレ&コウメは不在だったものの
大人の話をいっぱいできて、
「ああ、久しぶりに大人としゃべったー」と思えた1日でした。

スミレもようやくお友達と一緒に遊べるようになってきたので
今度は、あやなちゃんと一緒に遊べたらいいなあ、と。
コウメやなっちゃんがどう参戦するのかが見所だけど(爆)。

***

コウメ武勇伝その2.

またぶどうの皮を食べました。

丁寧に皮を剥かされたあと、実を食べ、
その後、じっくり時間をかけて、剥いたあとの皮を食べていました。

皮を剥いた時間をかあちゃんに返してくれー!!!


キャベツを食べました。

保育所で散々野菜を食べさせられた経験からか、
お好み焼きや餃子に隠したキャベツやほうれん草さえも見つけ
「やさいいやー!!!」と頑なに食べることを拒否していたコウメ。

ですが、先日、キャベツを切っているときに台所に来て
私の料理風景を観察し始めたので、ナマのキャベツを食べさせてみたところ
ふつーに食べていまして。これなら、ちょいゆでしたキャベツも食べられるかも!
と思い、夜ご飯に出してみたら、むしゃむしゃ食べまして。
どんだけ食べるねん!っていうくらい、お代わりもしました。

保育所の先生に見せてあげたい食事風景だったよーーーーーー。

てことで、ひとつ、克服、した、かもーーーーーーーーーーー。

これから、惜しみなくキャベツ料理を作れるーーーーーーーーー。


***

ワタクシ、今朝、親知らずを抜きました。

1週間ほど前から、奥歯がギシギシするなあ、なんかえぐれている感じだなあ
と思っており、ようやく重い腰をあげて歯医者に行ったところ

「親知らずが、ひどい虫歯です。抜かないと隣の歯にも影響が出ます」

と言われ、即、抜くことに。

「親知らずを抜くと、痛い」

と言われていたのですが、麻酔が切れた1時間後に少し痛みを感じたくらいで
現在のところ、痛み止めを飲まなくても大丈夫なくらい
フツーに過ごしています。

抜いたのは上の歯1本のみ。

めっちゃ痛いのは、下の歯を抜いたあとだっけ?

ま、親知らずだけでなく、他の歯もやばそうなんで、
しばらく歯科通いが続く予定です。うーーーーーーーーーーー(泣)。


***

スミレは「わがままいいたいのー」
コウメは「なきたいのー」

構ってもらいたいとき、甘えたいときに言う姉さんたちのセリフ。

確かにコウメと遊ぶ時間って少ないなあと思うんですわ。

近所にコウメとほぼ同じ月齢の一人っ子ちゃんがいるんだけど
いっつもお母さんやお父さんとたっぷり遊んでいるのを見ていたり
あやなちゃんの妹のなっちゃんが「ママママー」と言って
ママに抱っこされたり、べったりしているのを見ていると

「ああ、そうだ。コウメも本当はもっとベッタリ遊んであげなあかん時期だったんや」

と思い出します。反省反省。かあちゃん、もっと遊んであげな、と。

でも、ついついスミレと遊んでいるからー、とか
せっかく機嫌よくしているんやったら、今のうちに家事しよー、とか
今のうちに、メールうっとこー、とか思ってしまって
結局「えほんよんで」と言っていたのに、読まずに1日を終えてしまうこともあって。

コウメも
「機嫌がよかったら構ってもらえへんけど、泣いたら構ってもらえる」
てことがわかっているので、
ウソ泣きまるわかりの声で「えーんえーん、あーんあーん」と泣いては
私のところにやってきて、涙ひとつ出ないことを指摘しても動じず
抱っこやおんぶしてもらえるまで、「えーんえーん」言っています。

ま、おんぶしても、ずっと「えーんえーん」言っているんやけどね。
「なんで、泣くの?」って聞いたら「いま、なきたいのー」だと。

ま、どんな方法であれ、甘えたい、と言う思いを口に出せているのは
ええことやなあ、と。
スミレが2歳のときは、そういう思いを全く口に出してくれなかったので
本当に苦労したけど、コウメは、ちゃんと言ってくれるので安心。

ていうか、そうやって安心しているから、またほったらかしにしちゃうんやけど。

でも、やっぱ甘えてくれると嬉しいね。うん。
真ん中っこのコウメは大事に大事に育てていかなあかんなあと反省させられるし。


つーことで、えーっと近況報告でした。

最近またスミレやコウメの遊びに目覚めた(かあちゃんが)ので
ビンボー遊びも後日紹介したいと思いますー。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす