09
1
2
4
5
6
7
11
13
15
16
18
20
22
23
25
28
29
30
   

コウメ2歳6ヶ月

いやあ、もう2歳半ですよ。早いっすよ。
でも、よくしゃべったり、いっぱい遊ぶ分、
私が、3歳だっけなあーなんて勘違いすることも。

ちなみに
スミレの2歳6ヶ月時点の話はこちら

★★★

・言い間違い

テレビのことをテレと言ったり、
結構、頻繁に、いろんな言い間違いをします。
おもちゃを取られると「おもちゃ、くれたー」って言うし、
おねえちゃんに何かしてもらうと「してあげたー」って言うし、
ごちゃごちゃで、何を言おうとしているのか、
翻訳するのに一苦労します。

あと、色の違いも認識できるようになってはいるのですが、
未だに赤を見ると「あお」と言い、
黄色を見ると「ピンク」と言います。

ゆっくり落ち着いて会話していくと、
黄色は「きいろ」、赤は「あか」とちゃんと言えるんですが。

最近は、信号にも興味を示すようになったので、
赤はストップだよ。青は出発だよ、と説明すると
「赤、しゅっぱーーーーーーーっつ!」と号令かけていました。死ぬぞ!

てなわけで、いっぱいしゃべる分、いっぱい言い間違っては
スミレに、こっぴどく突っ込まれ、訂正させられていますが
少しずつ、ちゃんとした日本語をしゃべれるようになってきています。


・「おねえちゃんみたいに」

最近は、これが口癖で、「おねえちゃんみたいに、靴を脱ぎたい」
「おねえちゃんみたいに、タオルを巻きたい」と
おねえちゃんのすることなすことを真似ようとして、がんばっています。

良い所だけ、真似てくれ。


・相変わらずイヤイヤ

ま、2歳6ヶ月なんでね、イヤイヤは続行中です。
最近は全く昼寝をしなくなったので、
昼過ぎから夜にかけて強烈なイヤイヤを長時間行い、
ぐたぐたになっていますが、それでもおんぶっても寝ません。

でもなんかなあ、イヤイヤは激しいけど、笑っていられるというか、
「またイヤイヤ始まったわあ」って、あまり真剣に捉えずに
ほったらかしにしていることも多くって。

スミレのときは、何があかんかったんやろう?
私の対応がまずいんか?どうやったらイヤイヤがなくなるんやろう?
こんなイヤイヤ、他の子供はないだろうにーーーーーー!!!

てな感じで、自分を責めまくっていて、すごく辛かったんですよね。

でも、イヤイヤは誰でも通る道だし、激しい子はとことん激しいし
真剣に悩んだところで、何も解決しないし、
対応がまずかろうがよかろうが、イヤイヤはなくならないし
とりあえず、イヤイヤ台風が通り過ぎるまで、がんばるしかない。

そう思うと、だいぶ気が楽になってて。

それに、コウメとはあまり一緒にいられる時間も少ないし
スミレに手を焼くことも未だに多いので、
イヤイヤしているときくらい、相手してあげないとなあ、って思って。

そんなかんだで、コウメのイヤイヤしている姿を見ると
憎いというより、かわいいーーーーーーって思ってしまいます。
ごっつー必死だし、もう、わけわからーん錯乱状態になっているのも
よーくわかるし、涙、鼻水、よだれ、ありとあらゆる液が出ている姿は
客観的に見ても、笑えますし(酷い親や・・・)。

つーことで、イヤイヤ、これからも益々加速しますーーーーーーーー!!!




「食べました」

ええ、食べたんです。

幼児教室で。

お昼ごはんを!!!



実は先々週の木曜日、
「今日こそ、食べてきてね。
 食べなかったら、おうちにはご飯ないから。おやつもなしだから。
 食べなかったら、お昼寝しないといけないから」
と言って、幼児教室に送り出したんですよ。

が、やはり、食べずに帰ってきたんですわ。

こりゃあ、1回、ギャフンと言う経験をしなあかんかも!

と思い、約束どおり、ご飯も食べさせず、おやつもあげなかったんですわ。

そしたら、まあ、暴れまわるは泣きじゃくるわ、すんごい騒ぎで。
連日昼寝していなかったので、眠いのも重なったので、
結局、おんぶで寝かしつけ、昼寝を強引にさせて1時間を稼ぎ、
夜ご飯まで何も食べずに過ごしたんですけどね。

これだけやれば、さすがに翌日は食べて帰ってくるやろう!
と思っていたら、これまたダメでして。

ずーっと悩みまくっていたし、
何かアクションを起こさないと次に進めないと、先生に相談したところ
「じゃあ、今、一緒に食べましょうか」

てことで、みんなが帰宅したあと、居残りで、食べることに。
幸いスミレも午前保育で帰ってきていたので、一緒に食べさせていただきました。

スミレがパクパク食べ始めてもコウメは一切食べようとせず
先生の顔色をそーっと見ながら、じーっとしていたのですが
スミレの強引な誘いにより、一口食べ、二口食べ・・・
結局、お代わりまでいただいてしまいました。

食べられたーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


が、翌週の木曜日は、朝からぐずりまくりで、
「ようちえん(幼児教室のこと)、いきたくなー」と
朝ごはんもほとんど食べず、泣きじゃくり、服を着替えるのも
車に乗るもの、何をするのも全て拒否。

これだけイヤイヤ言うのは初めてだし
今まで我慢していたことを思うと、
ようやく自分の気持ちを外に表現できたのは、とてもイイコトや!

ここが、乗り切りどころや!


てことで、暴れまくるコウメを拉致し、車に乗せ
パジャマのまま教室に入り、
泣きじゃくるコウメを押し倒して、着替えさせて
なかば、先生に押し付けるように預けてきました。



結果。


「コウメちゃん、食べましたよ」



と。



やったーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!



翌日も同じように食べたんだそう。

コウメ、ひとつの山を登り終えたねーーーーーーー。



やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


ま、未だに、全くしゃべらないそうなんですが、
こちらの山も、がんばって乗り越えてほしいなあ、と。
ま、来年も引き続き幼児教室に通う予定なんで、
あと1年半かけて、がんばろーなーーーーーーーー(遠い未来だー)。


名称未設定-1.jpg
夏祭りでカキ氷を食べるコウメ。

普段は、こんなにガツガツ食べているのに、、、ね。
それにしても、よく我慢し続けたね・・・。
来週からはお弁当が始まるけど、かあちゃんの弁当も食べてくれよ。




・敵は「ノゾミチャン」

近所に住む1歳8ヶ月のノゾミチャン。
人見知りを全くせず、お母さんがいなくても、
平気で誰かに付いていってしまう女の子。

最近、よく遊ぶようになり、
おうちにも(勝手に入り込んでくることもしばしば。。爆)来て、遊ぶことも。

が、やはり1歳8ヶ月。
まだちゃんとしゃべれないし、
人のおもちゃが気になる年頃。

コウメが持っているおもちゃを強引に奪ったりはしないものの
持っていなければ、そーっと持っていっちゃうので、
コウメはそのたびに、
「ノゾミチャンがくれたー!」(日本語間違っています)と
叫んでは、泣きじゃくり・・・を繰り返しています。

窓から外を見ては
「ノゾミチャンがいる!」と大喜びするくせに
一緒に遊び始めると、何もしていないの
「ノゾミチャンがーーーーーーーー!!!」と泣き、
ガンを飛ばしまくって、こわい形相に。

ああ、どこかで見た情景だーーーーーーーーーーー。

ああ、あれは、2年前の情景だーーーーー。

スミレも、スミレも、同じだったーーーーーー。

公園に行き、年下の子におもちゃを取られたときのあの顔。
だからか、公園が大嫌いになったあの頃。
おうちに帰れば帰ったで、
妹のコウメにおもちゃを取られて泣きじゃくっていたあの日々・・・。

ああ、そんな、状況が、またもや我が家で繰り広げられるとはー。



てことで、コウメは、只今「モノを取られる」という経験をしています。
それも姉ではなく、自分より小さい子に取られ
「返して」と言っても、なかなか返してくれないこどもを相手に
戦っています。いろんな意味で戦っています。

がんばれ。がんばれ。がんばれ。

避けては通れない道なんだよ。

そのうち、ユリが参戦して、おもちゃ戦争が勃発するんだよ。
それまでに、おもちゃの取り合いという遊びを、しっかり学ぶんだよ。

あと2年すれば、一緒に遊べるようになるから。
ユリがちゃんとしゃべれるようになって、
コウメの言うことを聞けるようになったら、
楽しく遊べるから。

なーんて、心の中で唱えながら、見守っています。

あと2年・・・。ながい・・・。やっぱ、ながいよね・・・。


R0013299.jpg
クリップのおもちゃで遊ぶコウメ。

お姉ちゃんが幼稚園に行っている時間だけが、
ゆったりコウメと向き合える時間。
ただ、ユリがぐずると、その時間も減り・・。

意識的にコウメと遊ぶ時間を増やしていかないとなあと思う今日この頃。

コウメが好きな遊びを、一緒にできたら、楽しいだろうなあ。


こどもの状況に合った絵本を選ぶ/てづくり絵本

スミレとコウメのお気に入りの絵本をご紹介(ひっさしぶりぃー)。




うんこ!
ストーリー性のない、同じセリフを繰り返すだけの絵本ですが、
いやあ、受けましたね。ばりばり受けましたよ。

なんせ、スミレは只今、シモネタブームでして、
ユリの顔の前で「おしっこじょー」「うんちぶりぶりー」と言っては
おしっこやうんちをする真似をしますし。

コウメは、簡単なセリフ「くっそー」「くっさー」を覚え
私が読むと後に続いて上記のセリフを言っては、大笑い。

たかが、うんこ、されど、うんこ。
でも、最後はちゃんと学ぶべきこと
(うんちは肥料になって、美味しい野菜を作るんだってこと)が
書かれているので、小学生になっても読み続けてくれたらなあ、と。




わたしのワンピース

スミレが服やオシャレに興味を持つようになってきたので、
ようやくこの本を買うことにしました。

いいですねえ。やっぱり。
長年読まれている絵本って、いいです。
語らないページもあったり、、、で
リズムがよくって、読んでいて心地良いです。

ちなみにスミレは、星柄。
コウメは虹柄のワンピースが気に入ったみたい。




ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ

ページ数も多いので、正直、スミレとコウメ2人同時に読ませるのは
難しいかなあと思っていたのですが、大丈夫でした。
場面展開がわかりやすいですし、文章も短く、テンポがいいので
コウメも飽きずに最後まで読みきることができました。

それに、林明子さんが描いた絵本なので、
ほのぼのとしていて、ゆったりした雰囲気で読めるのもいいです。

「うんち!」のような繰り返しのオモシロ絵本もいいけど、
やっぱり、このようなストーリー性のある絵本を読み聞かせてあげるほうが
好きだなあと思ったり。





ヨセフのだいじなコート

図書館でたまたま見つけたこの本。

ヨセフの大事なコートが、マフラーになったりボタンになったり
服をリサイクルしていく様子が描かれているしかけ絵本です。

オシャレに興味を持つようになってきたし、
私がミシンでワンピースを作ったり、余った生地でシュシュを作ったり
ヨーヨーキルトを作ったり、そのまた余りでシールを作っているのを
見ていたので、興味を持つかなあと思って。

が。

あかんかったねー。

個人的には、すごーくいい絵本だし、シャレの利いた
うまい絵本だなあと思っていたのですが。

やっぱ主人公がおっさん(ヨセフさん、ね)だったからかなあ。

コートの柄が可愛くない柄(だって、おっさんのコートだもん)だったからかなあ。

とりあえず撃沈でした。どぼーん。



ま、そんなわけで、
雨の日が続いたなら、雨に関する絵本を読む。
じゃんけんに興味を持つようになったら、じゃんけんが出てくる絵本を読む。
パンが好きになったら、パンが登場する絵本を読む。

そんなふうに、こどもの状況に応じて、
読む絵本を選ぶことができたら、いいよね、てことで
図書館に通うことになりました。

今度はどんな絵本を借りてこようかなー。


★★★

という既存の絵本の話はこれくらいにして。

スミレが幼稚園に行っている間、
久しぶりにコウメとまったり時間を過ごすことができたので
お絵かきをすることに。

その結果、ノリに乗ってたくさん描いたので、
即席、絵本(というか、紙芝居?)を創ることに。

例のアレですよ、アレ。


R0013312.jpg
一番上から
「雨が降ってきました」
「雨が降ってきたので、スミレとコウメは、
 おそとにでてびしゃびしゃ遊びをすることにしました」
「雨がざーざー降ってきたので、もっともっとびしゃびしゃびちょびちょ遊びました」

R0013313.jpg
「もっともっと雨が降ってきたので、あまやどりをすることにしました」
「スミレとコウメは、あまやどりをしました。すると雨が止んできました」
「雨が止んだので、おうちに帰って、ご飯を食べました」

R0013314.jpg
「ご飯を食べたあと、スミレが、なにしてあそぶ?と聞いたので
 コウメは、ちらかしごっこをする!と言いました」
「そして、ちらかしごっこをしました」
「楽しくなってきたので、もっともっと散らかしました。おしまい」


とまあ、とりとめのない話に。

でも、あまやどりごっこ、と、ちらかしごっこ(要は、散らかすだけの遊び?)が
好きなコウメにピッタリかなあと思ったのですが、
(ていうか、こんなぐちょぐちょの絵で、大人しい話はつくれん!)

これを聞いたスミレが、「スミレもつくる!」と言いだし
鉛筆を持って描き描き。
(写真に撮って保存したいし、クレパスにしてほしいなあ、と言うと
 「スミレは鉛筆がすきなの!」と言われちまいました・・・とほ)

で、完成したのがコレ。
順番がぐちゃぐちゃになったのですが、
ものの数分でいろんな絵を描きました(あんたは、荒井良二かっ!)。

R0013315.jpg
「スミレとコウメは、福井のおばあちゃんちに行きました。海に行きました」
「ドライヤーで髪を乾かしました」

R0013316.jpg
「怪獣が出てきました」
「スミレとコウメは飛行機に乗りました」

R0013317.jpg
「雨が降ってきました」
「お山がありました」
「スミレとコウメはおうちから外を見ました」

R0013318.jpg
「スミレは海で泳ぎました」
「????」

R0013319.jpg
「スミレとコウメは一緒に海で泳ぎました」
「これは、パパのめがねです」

とまあ、こんな感じで、大作が出来上がりました。
今までなら、同じような絵を描いたり
コウメの真似をして、ただひたすらぐちゃぐちゃ殴り描きをしていたのですが
ちゃんと考えて、おそらくスミレの描いた順番にすると
そこそこストーリーのある話になったのではなかろうか、、、と。

それにしても、ほんと、数分で
がーーーーーーーーーーーーーーっと漫画家のように
いや、荒井良二のように、無心に、
何かにとりつかれたかのように、描く姿はかっこよかったです。

★★★

おまけ

ヨーヨーキルトで作っているカーテンの途中経過です。
おそらく、できあがるのは、まだまだ先~~~~~~~~になりそーなんで。

R0013310.jpg
こんな感じでポップな生地を使って、ヨーヨーキルトをつなぎ合わせています。

R0013311.jpg
見ての通り、窓の一番下にたどり着くには、
まだまだ道のりが険しいわけで・・・。はあ・・・。




シュシュ/バザー用マスク

現実トーヒして作ったシュシュ。

R0013308.jpg
花柄

R0013309.jpg
紫色の綿麻素材を使って。

レース&リバーシブルで作ってみました。


***

幼稚園のバザー用に子供用マスクを10枚作りました。

R0013290.jpg
イチゴ柄やホヌ柄、ケーキ柄など。

で、肝心の娘たち用には、未だに作っておらず。

まだ風邪ひかんとってなー。


永遠にビフォー

我が家のリビング(兼こども部屋)は、永遠にビフォー状態。

どんだけ片付けても、3分後には、ビフォーに戻り、
洗濯物を取りに行っている間に、ビフォー以上に散乱し
気がついたら、リビングには足の踏み場もなくなっており
その結果、新たなおもちゃ(というか、ガラクタ)は、
ユリ部屋(和室)にごっそり移動。
「ここが、スミレとコウメのおうちなのー」と言い切られ。
(ていうか、先日、あなたたちのおうちは、リビングに作ったじゃないの!)

だれか、アフター、してくれませんかー。
ビフォーに戻す娘たちの後を追って、
ひたすらアフターしてくれる(要は、ひたすら片付けてくれる)人を募集していますー。


***

逃避しています。現実逃避です。

実は、数週間前から、ヨーヨーキルトなるものを作っていまして。

直径3.5cmほどのヨーヨーを9つ組み合わせた可愛いコースターです!コースター・ヨーヨーキルト(RED) 【メール便対応可能(160円)】

ヨーヨーキルトを簡単に作れるキットを使って、
こういうのをたーくさん作っていまして。

で、このヨーヨーキルトをつなぎ合わせて、カーテンを作るつもり。


が、作り始めてから、窓の寸法を測ってみると、
必要なヨーヨーキルトの数は、ざっと100個以上。
いや、200個近くないと仕上がらないことに気づきまして。

ええ、作り始める前に、数えとけや!って感じですわな。


ま、でも作り始めたし、がんばるつもりなんですが。

ユリが寝たあと、チクチクやっているわけなんですが。

ようやく100個できたんですが。

できたのはいいんですが。

それを、ひとつずつつなぎ合わせるという作業が、
意外と意外と意外と意外と意外とーーーーーーーーーーーーー大変でして。

ええ、今日は、現実トーヒしようと思い、
ブログに逃げています。はい。

ついでに、これから、シュシュを作ろうと思っています。
現実トーヒです。ええ。ヨーヨーキルト見るのもいや二なっています。

カーテンが完成したら、ヨーヨーキルト作り、バーンアウトします。確実に。

つーことで、さようなら。


ボケを連発

ボケを連発するコント、ありますよね。

「ちょっと、やかんもってきてー」という相方に

急須を持ってきて「ちっちゃいやかんやなー」と突っ込まれ

ぞうのじょうろを持ってきて「これでお湯がわかせるかいっ!」と突っ込まれ

おかんを連れてきて「オレのおかんじゃー!」と突っ込まれ・・・

てな感じでボケまくり、突っ込まれまくりぃーのアレですよ、アレ。

こんなコントをですね、スミレがするようになりまして。



カバンを頭に乗せて
スミレ「帽子だよー」
かあちゃん「かわいい帽子ね」

小さいバケツを頭に乗せて
スミレ「帽子だよー」
かあちゃん「まあ、ちっちゃな帽子」

紙コップを頭に乗せて
スミレ「帽子だよー」
かあちゃん「あらまあ、さらにちっちゃくなったね」

ビーチボールを頭に乗せて
スミレ「帽子だよー」
かあちゃん「それはさすがに帽子には見えへんで!!!」

麦わら帽子を頭に乗せて
スミレ「帽子だよー」
かあちゃん「・・・ほんまに帽子や!」

最後のオチまで、完璧。


だんだん帽子らしくないものを持ってくるところや
最後に、本物の帽子を、しらーっと持ってくるところが
本物の漫才師以上にうまくって、まじで笑わせていただきました。

ええ、誰も教えていませんよ。
ええ、お笑い番組なんて、一度も見たことありませんよ。
なのに、こんな高度なボケができるだなんて!!!


やっぱ、スミレは吉本、決定やな。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす