FC2ブログ
   
08
4
5
6
8
11
12
14
15
20
25
26
28
31
   

スミレ4歳4ヶ月の成長記録

スミレ4歳4ヶ月です。

R0012943.jpg
ユリたんのお世話をするスミレ。

★★★

*工作ブーム

以前から工作の類は好きだったのですが、
私の手伝いなしで、何かを完成させることができるようになりました。

ワクワクさんと同じものを作ろうとしたり、
ワクワクさんのを見て、こうしようと思ったの、とスミレなりに工夫したり。

とにかく、段ボールやラップの芯、ヨーグルトの容器や
ヤクルトの容器を見ては「これ、おもちゃにしていい?」と言って
ままごとの道具なり、工作の材料にして遊んでいます。

「これ、おもちゃにしていい?」というセリフは、
今ではコウメもよく使うようになりました。スミレの影響受けまくりぃですわ。

先日、岡山に住む姉から桃が送られてきたので、
食べたあと、桃を包んでいたアミアミ(正式名称がわからん)や
ピンクの薄い紙を渡したところ、
ミッキーの帽子にしたり、焼きそばにしたり、うどんにしたり・・・と
いろいろ楽しんでいました。

ま、最後は、どっちみちゴミとなるものですけど、
こうやって、ゴミになる前にいっぱい楽しんでくれると、嬉しい限り。

こういうショーもない遊びが、私は大好きだし、
その昔、私も、こういうショーもないゴミ遊びに没頭していて
ゴミで作ったおもちゃなどを、親や姉の誕生日にプレゼントしては
「また、ゴミ作ってー」と、散々けなされながらも
めげずに作っていましたから。

そうそう。割り箸でマジックハンドを作ろうと思い、
大量に割り箸を買ったところ、スミレの目が輝き
ほぼ毎日割り箸をせがむようになりました。
たいていは、プリキュアのタクトを作っているのですが、
楽器を作ったり、花火を再現したり、、、と
割り箸でいろんなモノを作り始めました。

そして、かあちゃん、悟りました。

4歳児に与えるべきものは、プリキュアのおもちゃではなく

・大量の割り箸

・大量の紙コップ

・大量の毛糸

・大量のマスキングテープ

・大量のティッシュ

だということを!!!

でも、今日、マイカルに行ったら、
プリキュアのおもちゃコーナーで20分近く過ごしました・・・。
やっぱ、プリキュアのおもちゃに勝てるものは、ないか・・・。
(もちろん、ひとつも買ってへんけどね・・・)


*絵

R0012999.jpg
描き始めました。

R0013012.jpg
乗ってくると、寝そべって描きます。

R0013013.jpg
この後、完全に寝そべってました。。。

R0013003.jpg
ミッキーやミニー、スミレ、
キュアブロッサム、キュアマリン、ママが車に乗っている普通の絵だったのですが
最後に、海ーーーーーーーーーーー!!と言って、
車の中が突然海に変わってしまいました。

R0013001.jpg
これが、ママ、らしいです。
寝ているママ、らしいです。
スミレの中で、ママは、未だに病気なんだそうです。
こんなに精力的に毎日、娘たちに付き合って奮闘しているのに、
未だに病気だなんて(泣)。
スミレにとっての、快気明けは、どんな状態を想像しているんやろうか?(怯)

R0013008.jpg
ちなみにコレは「めっちゃ難しい迷路」だそうです。
かあちゃんは、てっきり「焼きそば」だと思ったんだけど。

R0013015.jpg
3歳のユリちゃん。
ご丁寧にケーキにロウソク3本つけてくれています。


てことで、絵を描くのも好きです。
たいてい、スミレ、ミッキー、プリキュア、等々
単発の絵しか描かないのですが、最近では
「ミッキーが滑り台をしているところ」やら
「スミレが海で遊んでいるところ」など
状況を描けるようになりました。

これには、ちょっとビックリ。
こどもの絵が進歩していくのを見届けるのって、楽しい。


*真似る

見本を見ながら、真似て作る、ということを自らするようになりました。

R0012993.jpg

R0012992.jpg

ご飯の準備をしていたところ、
静かにレゴで遊び始めていたスミレ。

難しい顔をしながら、でも集中して作っているなあと思っていたら
R0012994.jpg
この写真にある車や木(?)を見ながら作ったのだとか。

以前から、私の作るレゴ作品
(といっても、階段やおうち等かんちんぷーなもの)を見ては
真似たい!と、がんばっていたのですが、
「写真を見ながら作る」というのは、全くもって初めてのこと。

ちょいビックリです。


*大好きな人

スミレには大好きなお友達が2人います。

1人は、ご近所に住んでいるトモキくん。
以前から話題に出てきている年中さんの男の子。

暇さえあれば、家の前で2人でなんか遊んでいます。

もう1人は、幼稚園バスで一緒になる年長さんのナオコちゃん。
七夕の願いにも「なおこちゃんと仲良くなれますように」と書くほど
大好きなお友達です。

先日、淀川の花火大会の日、少し離れた近所で観ていたところ
ナオコちゃんに遭遇し、しばらく一緒に遊ぶことに。
するとスミレの顔がぱあーっと明るくなって、
すんごいキャッキャキャッキャ楽しそうに遊びだしたんですわ。

ナオコちゃん。
優しくておしゃべりで、世話焼き大好きな女の子。
スミレを抱っこしたりおんぶしたりするし
とにかく人懐っこくて、面白いんですわ。

スミレが好きになるのが、よーくわかったわ。


で、案の定、帰る時間になっても
「まだ遊びたい」と言い、
寝るまで、というか、布団に入る段階になっても
ギャン泣き。久しぶりに発狂して泣きやみませんでした。

「ナオコちゃんともっと遊びたかった。
 抱っこしてもらうのが、楽しかった」

と泣きながら言う姿には、かあちゃんもキュンときちゃったよ(単純)。



ま、そんな感じで、年上のお友達に可愛がってもらっているせいか
最近は、ユリだけでなく、コウメにも優しく接するようになりました。

コウメがわがままを言っているときも
「じゃあ、こうしたらいい?」
「おちゃ、もっとほしいの?」
「これでいい?まだほしいの?」
と、怒ることもせず、優しくしていて、
かあちゃん、もう腰を抜かすくらいビックリしましただ。

スミレは同じ月齢の子と比べると
ほんと何かにつけて成長が遅かった(今もなお・・・)ので
「なんで、こんなこともできへんのやろう」と思うことも多かったのですが
最近は、ほったらかしにしていたせいか
(ていうか、ゆっくり1人1人の子供の成長をみてられへん)
急に成長していることもあって、ビックリするばかり。

特に、子供同士の関係というか、
妹に優しくしたり、面倒みたり、一緒に遊んであげたり、、、というのは
親が教えるもんじゃないなあ、、、と改めて実感。

自分が他のお友達にしてもらって嬉しいと思うからこそ
自分も妹たちに同じようにしてあげようと思うようになるんやなあと。

異年齢の子供たちと遊ぶって、ほんと大事。

子供は子供からいろんなことを学んでいくもんやね。


★★★

つーことで、今回は、スミレ誉めまくりぃーです。

とはいっても、毎日、何かしら泣いています。
わがまま言い放題です。
もち発狂します。
「なんでなんで」うるさいです。
コウメとしょーもない喧嘩が絶えません。

そんな4歳4ヶ月。
でもまあ、元気でなにより。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす