FC2ブログ
   
08
4
5
6
8
11
12
14
15
20
25
26
28
31
   

久しぶりにビンボー遊びネタ/デコる

最近は、毎日、なんやかんやでビンボー遊びをしているので
「ビンボー遊び」とカテゴライズするのが、
実状と合っていない気もするんですが。ま、いいっか。


さあ、いっせいにバケツにジャンプヴァイキング社ボードゲームかえるさんジャンプ

子育てしている人なら、一度は見たことのあるおもちゃ、ですよね。
指先を鍛えるおもちゃであり、見た目も楽しくて、大人がハマってしまうことも。

てことで、作りました。
R0013229.jpg
いや、作ったのではなく、拾いました、というのが適切で。

これ、醤油やドレッシングなんかのフタでして。
ぽいっとほったらかしていたら、スミレがみつけて、
「ママ、見てぇー、これ、跳ねるでーおもしろいっ!」と。

ええ、発見者はスミレ。
相変わらず、「ゴミをみたらおもちゃと思え」の精神が鍛えられています。

サイズは上記のかえるさんおもちゃよりも小さいので、
なかなか上手く跳ばせないのですが、結構楽しいよー。




相変わらずシール好きのスミレとコウメ。

100均やコーナンで売っているようなタックシールは、
与えすぎたせいか、すでに飽きられており、
食品のおまけについているプリキュアシールや
こっそり買っておいたサンリオのシールなんかは、
見つけた瞬間になくなる(貼られる)という結末になるので
正直、シールをたくさん買い与えすぎるのはいかがなものか、と思っておりまして。

で、作りました。ええ、作ればいいのですよ、シールも。

R0013231.jpg
いびつで、統一されていない丸じゃないかっ!という突っ込みはさておき。
ヨーヨーキルトを作ったときの、ほんまのほんまのハギレで作りました。
材料は、布と両面テープとクッキングシートのみ。

これは「転勤妻の裁縫箱」にファブリックシールの作り方が載っていたので
参考にさせていただきました。
(ビッキーさん、教えていただきありがとうございました!
 個人的には、マグネットよりもこのシールの方が気に入ってしまいましたっ!!!)


丸だけでなく、ハートやリボンの形なんかも作り、スミレとコウメに与えています。

作っているところも見たいというので、見せながら
「ママって、シールも作れるのよ、すごいでしょ」と自慢し。
そのうち、スミレが真似て自分で作り出すだろうことを期待し。

ほんまにほんまに捨ててもよさそうな大きさの生地で作れてしまうので、経済的。


★★★

4年ぶりに携帯の機種変更をしました。
何を基準に機種を選んだらいいのか、もうさっぱりわからんし
イマドキの流行がなんなのか、なんの機能があるのかさっぱりわからんかったので
「玉木宏がCMしている」というだけで、決めました。

せっかくなら、今流行りのデコでもやってみようか!と思い
100均でデコシールを買って貼ってみたところ
R0013232.jpg
うわわわーーーーーーーーーーーーー、さいあくーーーーーー。

デコシール、ただ単に貼りました感たっぷりで、
全然、センスないーーーーー!
つーか、ずれているしーーーーーーーーー!

義姉には
「え?デコったの?な、なんで?」と失笑されるしーーーーー。


次は、これでデコってやるーーーーーーー!!!

イロイロな素材にデコできる!マルチでかわいい「香りつきデコペン」キラリーナ キュート


たんじょうびぷれぜんと

「ママも誕生日プレゼントがほしい!」とスミレに言ってみたところ、

こんなんをプレゼントしてくれました。

R0013225.jpg
紙コップやんかーーーーーーーーーーー!!!
しかも、お盆前に業務スーパーで購入した「100個198円」の紙コップを
半分以上使っているやんかーーーーーーーーー!!!

R0013226.jpg
いちおう、紙コップだけでなく、
スミレが大事にしていたプリキュアの生地のはぎれなんかも入れてくれているーーー!!!

でもって、よーくよーく紙コップを見てみたら、
飲み口のところを、全て切っているではないかーーーーーーーーーーー!!!

R0013227.jpg
切ったあとのわっか。
これはこれで、何かにおもちゃにして使えそう。うふ。


★★★

おまけ

今日も朝からおうちプール。

午前中は普通に遊んでいたのですが、
午後いちでプールに入ったときには、
こんな状態でした。


スミレは新しい水着を着ています。
コウメもいつもの水着を着ています・・・
ええ、着ていますよ。見えませんか?
え?そんなはずはありません。
着ていますって。ステキな水着を。




・・・



って、やっぱ、裸やんかーーーーーーーーーーーーーーー!!!


ま、最近、ことあるごとにイヤイヤ炸裂でして。
昼寝なし生活が普通になってきているのもあって、
イヤイヤが始まると、わけわからんトランス状態になるようで
何をイヤイヤ言っているのか本人もわからないし
わからないことがさらにイヤイヤにつながるようで
わけのわからんわがままを言い出す始末。

で、今日のわけわからんわがままは
「裸でプールに入るーーーーーー」でした。

昨日は西松屋に買い物に出かけたのですが、
そこでも「靴をはかないーーーーーーーー」わがままを押し通し
駐車場から店内もずーっと裸足で歩いていました。

おかげで、店内にいたほかのお母さんたちからは
「???」な痛い視線をいっぱい浴びました。

そんなにヘンすか?裸足、ヘンすか?
うちの子、冬も夏も、裸足でそこらへん駆け回っていますけど。
裸足教育を絶賛しているわけじゃないんですけど、
イヤイヤに付き合うのもいやで、靴をはかないわがままくらい
許してあげようやーと思っているだけなんすけど。

てなわけで、娘たちからの誕生日プレゼントは、
紙コップとすっぽんぽん、でした。

しあわせ、です。


36

あ、そうそう、

わたし、さんじゅうろくさい、になりました。

結婚してからは、しげおの実家に行っていることが多いので、

だっれも、お祝いしてくれないけど。

最近は、どんな40代を過ごしたいのか、考えるようになりました。

4年後には40歳になります。

スミレが小学1年生になっていて、コウメが年長。
ユリは未就園児(幼児教室に入れるつもりだけど)。

ちょっとは子育てもラクになっている頃かも。

仕事もぼちぼち始めてもいい時期かも。

肌の衰え、太り具合も、いい具合に「中年」になりつつあるだろう時期に
どんな女性になっていたいのか、今からいろいろ考え、
目標を見つけたりしていきたいなあと。

あ、仕事だけじゃなくて、マラソン大会にも出たいね。うん。
もち10キロ未満のヘタレ枠で(爆)。


田舎暮らし

うちのはなちゃん。
現在7歳。人間の歳でいうと60歳くらいのおばあちゃんネコです。

今まで小柄で華奢だったのに、
今年に入ってからは、おなかとお尻がぷくぷく太りだし、
欧米のおばあちゃんって感じに。

外出する術も覚え、たびたび脱走し、
そのくせ、おなかが空いたり、暑かったり、雨が降ってくると
帰りたいといって、戸を叩いたり、網戸をガリガリ。

そんなはなちゃん、
本日から、気ままな田舎暮らしをすることになりました。



というのも、お盆でしげおの実家に帰省していたのですが、
出発時間になっても戻ってこず、
そのまま、私たちだけ大阪に戻り、
はなちゃんはおじいちゃんおばあちゃん&近所の人に託した、というわけでして。

ま、田舎なんで、そこらへん、みんなおおらかというか、
「ま、ええよええよ。しゃーないよな」てな感じで
面倒をみてくれることになりました。
(ま、基本、ほったらかしだけど)

老齢だし、がっちゃんや子供たちと戦うこともなく
のんびり外を散歩したり、雨が降ったら家に帰り・・・という
本来のネコらしい生活を送るのも悪くはないな、と思っています。




はなちゃんと一緒に暮らし始めて約6年。

どちらかというと犬派だった私も、今では猫派に。

なんせ、ガッチャン、でかすぎだし。
散歩に行かないと怒るし、でかいし、まとわりつくし
子供3人もいるのに、面倒みきれん!て感じで
正直、ガッチャンのこと、苦手になってて。

それ比べれば、はなちゃんは、なんでも自分でできるし
勝手にご飯を食べ、勝手に用を足し、
そもそも人間が嫌いだから、基本寄り付かないし。
手間のかからん子で、ほんまにラクー。

次、飼うなら絶対にネコだよな、と思うし。

よそのトイプードルは可愛いんだけどね。
やっぱトイプードルは小さくてなんぼのもんやね、なんて思ったり。
がっちゃん、ごめんね。嫌い嫌いって言って、ごめんね・・・。
(でも、ちゃんと面倒みているよ。お散歩に連れていくのも好きだし)

てなわけで、はなちゃんがいない生活の始まりです。

寂しい・・・。


でかすぎた

新しい携帯に変更して初めて日記をメール更新したら
写真、でかすぎたーーーーーーー。


お目めぱっちり

寝ないユリたん。

そろそろかあちゃん寝たいよう。

かあちゃんの夜なべ仕事、ヨーヨーキルトづくりも一段落したんだけど。。。


スミレ4歳4ヶ月の成長記録

スミレ4歳4ヶ月です。

R0012943.jpg
ユリたんのお世話をするスミレ。

★★★

*工作ブーム

以前から工作の類は好きだったのですが、
私の手伝いなしで、何かを完成させることができるようになりました。

ワクワクさんと同じものを作ろうとしたり、
ワクワクさんのを見て、こうしようと思ったの、とスミレなりに工夫したり。

とにかく、段ボールやラップの芯、ヨーグルトの容器や
ヤクルトの容器を見ては「これ、おもちゃにしていい?」と言って
ままごとの道具なり、工作の材料にして遊んでいます。

「これ、おもちゃにしていい?」というセリフは、
今ではコウメもよく使うようになりました。スミレの影響受けまくりぃですわ。

先日、岡山に住む姉から桃が送られてきたので、
食べたあと、桃を包んでいたアミアミ(正式名称がわからん)や
ピンクの薄い紙を渡したところ、
ミッキーの帽子にしたり、焼きそばにしたり、うどんにしたり・・・と
いろいろ楽しんでいました。

ま、最後は、どっちみちゴミとなるものですけど、
こうやって、ゴミになる前にいっぱい楽しんでくれると、嬉しい限り。

こういうショーもない遊びが、私は大好きだし、
その昔、私も、こういうショーもないゴミ遊びに没頭していて
ゴミで作ったおもちゃなどを、親や姉の誕生日にプレゼントしては
「また、ゴミ作ってー」と、散々けなされながらも
めげずに作っていましたから。

そうそう。割り箸でマジックハンドを作ろうと思い、
大量に割り箸を買ったところ、スミレの目が輝き
ほぼ毎日割り箸をせがむようになりました。
たいていは、プリキュアのタクトを作っているのですが、
楽器を作ったり、花火を再現したり、、、と
割り箸でいろんなモノを作り始めました。

そして、かあちゃん、悟りました。

4歳児に与えるべきものは、プリキュアのおもちゃではなく

・大量の割り箸

・大量の紙コップ

・大量の毛糸

・大量のマスキングテープ

・大量のティッシュ

だということを!!!

でも、今日、マイカルに行ったら、
プリキュアのおもちゃコーナーで20分近く過ごしました・・・。
やっぱ、プリキュアのおもちゃに勝てるものは、ないか・・・。
(もちろん、ひとつも買ってへんけどね・・・)


*絵

R0012999.jpg
描き始めました。

R0013012.jpg
乗ってくると、寝そべって描きます。

R0013013.jpg
この後、完全に寝そべってました。。。

R0013003.jpg
ミッキーやミニー、スミレ、
キュアブロッサム、キュアマリン、ママが車に乗っている普通の絵だったのですが
最後に、海ーーーーーーーーーーー!!と言って、
車の中が突然海に変わってしまいました。

R0013001.jpg
これが、ママ、らしいです。
寝ているママ、らしいです。
スミレの中で、ママは、未だに病気なんだそうです。
こんなに精力的に毎日、娘たちに付き合って奮闘しているのに、
未だに病気だなんて(泣)。
スミレにとっての、快気明けは、どんな状態を想像しているんやろうか?(怯)

R0013008.jpg
ちなみにコレは「めっちゃ難しい迷路」だそうです。
かあちゃんは、てっきり「焼きそば」だと思ったんだけど。

R0013015.jpg
3歳のユリちゃん。
ご丁寧にケーキにロウソク3本つけてくれています。


てことで、絵を描くのも好きです。
たいてい、スミレ、ミッキー、プリキュア、等々
単発の絵しか描かないのですが、最近では
「ミッキーが滑り台をしているところ」やら
「スミレが海で遊んでいるところ」など
状況を描けるようになりました。

これには、ちょっとビックリ。
こどもの絵が進歩していくのを見届けるのって、楽しい。


*真似る

見本を見ながら、真似て作る、ということを自らするようになりました。

R0012993.jpg

R0012992.jpg

ご飯の準備をしていたところ、
静かにレゴで遊び始めていたスミレ。

難しい顔をしながら、でも集中して作っているなあと思っていたら
R0012994.jpg
この写真にある車や木(?)を見ながら作ったのだとか。

以前から、私の作るレゴ作品
(といっても、階段やおうち等かんちんぷーなもの)を見ては
真似たい!と、がんばっていたのですが、
「写真を見ながら作る」というのは、全くもって初めてのこと。

ちょいビックリです。


*大好きな人

スミレには大好きなお友達が2人います。

1人は、ご近所に住んでいるトモキくん。
以前から話題に出てきている年中さんの男の子。

暇さえあれば、家の前で2人でなんか遊んでいます。

もう1人は、幼稚園バスで一緒になる年長さんのナオコちゃん。
七夕の願いにも「なおこちゃんと仲良くなれますように」と書くほど
大好きなお友達です。

先日、淀川の花火大会の日、少し離れた近所で観ていたところ
ナオコちゃんに遭遇し、しばらく一緒に遊ぶことに。
するとスミレの顔がぱあーっと明るくなって、
すんごいキャッキャキャッキャ楽しそうに遊びだしたんですわ。

ナオコちゃん。
優しくておしゃべりで、世話焼き大好きな女の子。
スミレを抱っこしたりおんぶしたりするし
とにかく人懐っこくて、面白いんですわ。

スミレが好きになるのが、よーくわかったわ。


で、案の定、帰る時間になっても
「まだ遊びたい」と言い、
寝るまで、というか、布団に入る段階になっても
ギャン泣き。久しぶりに発狂して泣きやみませんでした。

「ナオコちゃんともっと遊びたかった。
 抱っこしてもらうのが、楽しかった」

と泣きながら言う姿には、かあちゃんもキュンときちゃったよ(単純)。



ま、そんな感じで、年上のお友達に可愛がってもらっているせいか
最近は、ユリだけでなく、コウメにも優しく接するようになりました。

コウメがわがままを言っているときも
「じゃあ、こうしたらいい?」
「おちゃ、もっとほしいの?」
「これでいい?まだほしいの?」
と、怒ることもせず、優しくしていて、
かあちゃん、もう腰を抜かすくらいビックリしましただ。

スミレは同じ月齢の子と比べると
ほんと何かにつけて成長が遅かった(今もなお・・・)ので
「なんで、こんなこともできへんのやろう」と思うことも多かったのですが
最近は、ほったらかしにしていたせいか
(ていうか、ゆっくり1人1人の子供の成長をみてられへん)
急に成長していることもあって、ビックリするばかり。

特に、子供同士の関係というか、
妹に優しくしたり、面倒みたり、一緒に遊んであげたり、、、というのは
親が教えるもんじゃないなあ、、、と改めて実感。

自分が他のお友達にしてもらって嬉しいと思うからこそ
自分も妹たちに同じようにしてあげようと思うようになるんやなあと。

異年齢の子供たちと遊ぶって、ほんと大事。

子供は子供からいろんなことを学んでいくもんやね。


★★★

つーことで、今回は、スミレ誉めまくりぃーです。

とはいっても、毎日、何かしら泣いています。
わがまま言い放題です。
もち発狂します。
「なんでなんで」うるさいです。
コウメとしょーもない喧嘩が絶えません。

そんな4歳4ヶ月。
でもまあ、元気でなにより。


コウメ2歳5ヶ月の成長記録

コウメ2歳5ヶ月になりました。
イヤイヤしまくってまーす。


R0012913.jpg
海で使うためにテントを購入したところ、
なぜか、おうちで使うことに。

R0012924.jpg
それぞれ好きなおもちゃを持ち込んで。

R0012921.jpg
テントの中で寝るスミレとコウメ。
正しい使い方です。
そのまま昼寝してくれへんやろうか・・・。

★★★

*幼児教室

水遊びや、ストロービーズのネックレス作りなど
好きな遊びに関しては、積極的に取り組んでいる模様。
そして、ついに、お茶を飲んで帰ってきました!!!
(昼ごはんは未だ食べずだけど)

また、教室でいつも歌っている手遊び歌
(トントントントンあんぱんまん/トントントントンドラえもん)
を、おうちで披露するようにもなりました。

顔の表情もだいぶ朗らかになってきたようで
お姫様ドレスを着て、
自分から他のお友達の手をつなごうとする場面もあったのだとか。

うれしいーーーーーーーーーーーーー。
ごっつーうれしいーーーーーーーー。
この調子で幼児教室が楽しいと思ってくれるといんだけどーーー。

ただ今週から2週間、夏休み。

夏休み明けも同じテンションを保ってくれ(懇願)。


*コウメ姉さん

今まで2度ほど、ユリの頭に尻餅をつく、という事件を起こしたコウメですが
普段、ユリに接するときは、とーっても優しくて
程よい間合いで体を触ってあげたり、声をかけてくれます。

ああ、この子は、本当に値が優しいんだなあ、って感心させられるくらい。

これからも、無理せず、少しずつ「コウメ姉さん」として
ユリの面倒をみてくれたらいいな。


*おうちプール1日3回

外のプールは苦手だけど、おうちのプールなら1日3回入っています。

朝、昼、そして、夕方ーーーーーーーーーー。
夕方なんぞ、プールに入る時間帯としては間違っていると思うんですが
(育児書には、夕方はダメぴょんって書いてあるはず)
そんなの気にせず、というか、入れてあげないと発狂するので
入れています。というか、勝手に入っています・・・。

プールの中で仰向けで寝そべったり(危ないぞー)
浮き輪に入ってプカプカ浮いたり(実際は浮けるほど水は入っていませんが)
夕方の時間帯は、ただひたすら体を水につけて、おしゃべりしたり
(お風呂感覚です、ええ)
とりあえず、1日の大半は水の中にいる、という生活を続けています。


*女の子

ま、当たり前なんですが、コウメは女の子。
でも、スミレが何かにつけてピンクのものをほしがるため、
コウメには青や緑のものを与えていたんですね。
本人も嫌な顔をせず受け取っていたので、これでいいか、と思っていたら
ある日突然「ピンクがいい」と言い出して。
しかもかなり頑固にその主張を譲らず。

先日、ご近所さんと一緒に花火大会をしたとき、浴衣を着せたのですが
初めての浴衣ということもあり、着づらかったのかぐずりだして。

でも「じゃあ、浴衣止める?」と聞くと「いや」と。
なんやかんやいうても浴衣が気に入ったようで、
はだけてきても、イヤといわず、最後まで着ていました。

普段着に関しても、スカートを選ぶことも増えてきたし
何より「新しい服」を見つけると、大喜びし、自分で着替えだすことも。
  (↑注:実際はスミレのお古です)

ああ、女の子なんだなあ、と改めて思った次第でございます。

コウメにも積極的に赤やピンクの服を着せてあげないとね。


*遊び

色の敏感期かもしれません。
IKEAのお皿&コップを毎朝使っているのですが、
同じ色のお皿やコップを見つけると
「お姉ちゃんのコップ、(コウメのお皿と)同じ!」と
同じ色を見つけては、「同じ!」と叫んでいます。

色の敏感期に適したおもちゃを作ってあげたいなあと思いつつ
毎度のことながら、後回し。ごめんよぅ。


相変わらず、並べる、という作業も好き。
プール遊びや外でのみずあそびの際には、
水を入れたコップをひたすら並べては、「並んだ!」とアピール。

レゴもまだまだブームが続いていて、かなり集中して作っています。

おままごと遊び、お世話遊びも好き。
お世話する相手は、もっぱらしまじろうで、
寝かしつけたり、ご飯を食べさせたり、誕生日パーティを開いてあげたり
トイレでうーんうーんしたりしています。

先日は、しまじろうのおでこに、マスキングテープが貼られていました。
お熱シートのつもり、、、なんだとか。

自分の経験をもとに、お世話やおままごとを展開できるようになりました。


*コウメのしまじろう

しまじろうを見ると「コウメのしまじろう!」と言い、
スミレのしまじろうエデュトイやらキッズワークを片っ端から横取りし
こどもちゃれんじBABYの付録も、ユリ用に出しておいたら
「ユリちゃんのじゃない!コウメの!」と言い、全部かっぱらってしまうほど
「しまじろうは、コウメのもの」と主張しています。

てことで、こどもちゃれんじは2月に退会したけど、
こどもちゃれんじプラス、というオプション教材だけを受講することにしました。

アートブックプラスというもので、
シール貼りやぬりえ、はさみ等を使ったワークっぽいものなんですが、
それはそれは、大事に、何度も何度もページをめくっては
シールを貼りなおしたり、「コウメのしまじろうーーーーー」と言って
喜んでいます。


*スミレ姉さんと遊ぶ

幼稚園が夏休みなので、スミレと遊ぶ時間も増えました。
そこらへんにあるおもちゃを使って
自ら遊びを生み出すことも上手なコウメなんですが、
今はとりあえず、スミレの後をついては、同じ遊びを満喫しています。

そして、喧嘩も。

相変わらず、「イヌも食わぬ」しょーもない喧嘩ばっかり。
でも、喧嘩もするけど、だいぶ2人で楽しんで遊べるようにもなりました。

いきなり2人でギャハギャハ笑ったかと思えば、
次の瞬間には、喧嘩が勃発し、2人の泣き声が聞こえてくる・・・

そんな毎日の連続です。

スミレが「おうちで遊びたい」と言えば、
コウメが「おそとに行きたい」と言い、

スミレが「お買い物に行きたい」と言えば、
コウメが「おうちプールがいい」と言う、

ほんまに厄介な手のかかる娘たちですが、
松本ぷりっつさんの3姉妹と同じく、その様子は
まさにおっぺけぺーな感じで、
客観的に見ている分には、面白くてたまりません。


あ、そうそう、しげおが、
「ブログのタイトルを『うち3姉妹』にしよう!」と言っていたのですが(ぱくりやん!)
ググッてみたら、同じタイトルでブログを書いている人が既にいました(しかも数名)。

てことで、ブログタイトルは、今までどおり「障子の穴」でいきますぅー。


★★★

おまけ

R0012973.jpg
おうちプールだと、イキイキとした表情に。

R0012963.jpg
お姉ちゃんの背中を流す、のが大好き。

R0013054.jpg
万博公園にて。
この水遊び場、穴場ですぅー。


マスクに決定

幼稚園のバザーに出す手作り品について、
たくさんのアドバイスをありがとうございました!
いやあ、ほんと助かりました。

女の子用の髪飾りは、簡単に作れるし
人気があるとのことなので、また来年チャレンジしてみようかな、と。

小学校で使うような靴袋や体操着袋などは、
スミレが年長のときに、作ってみようかな、と。

あと、ビッキーさんが教えてくださったマグネットは
バザーに出すのにはもったいないので(爆)、
娘たちように作ってみようかな、と。

とにかく、いろいろ教えていただきありがとうございました。
ていうか、なんか、アレも作りたい、コレも作りたい!と思うようになり
ワクワクしています。ていうか、現実、ほんま、時間ないんですけど。
 
***

で、いろいろ考えた結果、
「子供用マスク」を作ることにしました。


冬、ええ、今年の冬は、我が家にとって、恐怖の恐怖の冬。
RSウィルスなんぞ、誰かが持ち帰った日にゃ、
速攻、ユリにうつり、そのまま入院へーーーーーー
スミレとコウメの預け先を探すだけでぐったり~
となること、間違いなし。

風邪を引くな、とは言わない。
RSウィルスを持ち込むな、とも言わない。
でも、せめて短期間の風邪程度でおさまるようにしたい!
ユリにだけはうつらないようにしたい!

効果はあまりないかもしれないけど、
ないかもしれないけど、
とりあえず、マスクで防御だーーーーーーーー!!

てことで、洗い換えのことを考えると、
1人につきマスク4つが必要。
ユリはマスクを嫌がるだろうけど、一応2枚準備。
私もなんやかんやいうて授乳中なんで薬を飲めないから長引くとして4枚。
てことで、我が家に必要なマスクは合計14枚!!!
そんなら、バザー用にあと数枚勢いで作っちゃえ!

てことで、マスクを作ることに。
早速、ネットでガーゼ生地を大量に注文しました。

がんばってつくろっと。

***

そんな折、本屋で
COTTON TIME (コットン タイム) 2010年 09月号 [雑誌]を発見し
ウハウハでおうちに帰って読んでいたら、
スミレが「これかわいい!」と付録の生地を見つけ
「これでお弁当袋作ってほしい」と言いだし、
さらに「今すぐに」と注文をつけたことにより
ワタクシ、早速、作ってしまいました。

R0013029.jpg
レースを使うと、なんかこなれた感じがするのは、気のせい?

付録の生地だけでは寸法が足りなかったので、
使わなくなったランチョンマットを付け足し、
付け足した部分をレースで飾ってみました。

かわいいです。

ああ、ほんとは、自分の小物入れを作ろうと思っていたんやけど
早々とスミレに取られてしまったのは誤算ですわ。

これからは、娘たちが寝たあとに、ウハウハ読もうっと。


手強いぞ

手強いなあって思います、コウメ。

おうちプールでも、お風呂でも、
おうち水あそび(たらいとバケツに水をためて遊ぶ)でも
手だけでなく、頭、足、お尻にも水をかけては喜んでいるのですが、

ダメなんです。

海が。

いや、海がダメなのはしゃーないとして、

プールも。


先週土曜日、家族全員で隣町の市民プールに出かけました。

おうちプールも好きだし、浮き輪さえあれば、喜んで水の中に飛び込むだろう

と思っていたのですが、ダメでした。

プールに足を入れることすらもせず、
幼児用プール(水深50センチ)に入っても抱っこ抱っこで
しげおや私から離れず、少しでも体が離れそうになるだけでギャン泣き。

これが1歳のコウメなら、
「ま、そんなもんかー。来年がんばろーね」と思えるのですが、
コウメはもう2歳。

ていうか、去年もしがみつきまくりでギャン泣きだったじゃないかー!

てことで、これはなんとかせねば!てな感じで、
強引に浮き輪に乗せこみ、プールを一周したり、
抱っこしながら、じゃぶじゃぶ顔を水につけたり(沈ませたり…鬼親ですがなにか)。

プール開始から2時間後には、ようやく幼児プールに慣れ、
笑顔が見られるようになったものの、
あくまでも、抱っこした状態という条件付き。

スミレは2歳の頃、プールはOKだったんだけどなあ。
浮き輪があって、親がずっとその浮き輪を持っていれば泣かなかったんだけどね。

てことで、意外と手こずっています。

来週も、特訓がてら、プールに行こうかな、と考え中。




手強い、といえば、プールだけでなく、トイトレも。

未だ一度もおうちトイレでおしっこもウンチもできていません。

おもらしし放題。

スミレは3歳で取れたので、それまでには取れるだろうと
高をくくっていたのですが、ダメですねえ、おそらく。

ひょんなきっかけで、スムーズに行く気もするのですが、
きっかけが未だつかめず、です。

長引きそうです。とほほん。




お泊り。

切迫入院やらで、ちょこちょこ
じいじばあばのおうちに遊びに行っていたスミレとコウメ。
お泊りも何度か経験していたので、大丈夫だろうと、
3日前にスミレとコウメを送り出しました。

大丈夫でした。じいじばあば宅では。

が、帰ってきてからが、いやあ、酷かった。

昼寝するまでは、「ああ、甘えているんだなあ」と思う発言がある程度で
いつもどおり対応していたのですが、
昼寝後、なぜかギャン泣き。

「ママいやーーーーーーーー!!!」と泣き叫びながら
ずっと抱っこ抱っこ抱っこの連続で。

いやあ、30分以上は泣き叫び、かつ、抱っこしていましたよ。

ああ、我慢していたんだなあ、と。
寂しかったんだなあ、と。

とはいえ、私も手一杯の状態なんで、
この夏だけでもあと2回は、
じいじばあば宅に預ってもらう予定なんですが(お泊りもあり)。

寂しいとは思う。
できれば、コウメだけでもおうちでみてあげたい。
どうしても、コウメをじいじばあば宅に預けないといけない訳ではない。

でも。

でも。

預けます。(鬼親かー!)


いやあ、これが「スミレ2歳」なら、違っていただろうと思いますよ。

こんなに泣き叫んで大変な思いをしているのに、預けるだなんて!
あたしって、鬼親だわ!ひどい親だわ!

って思って、自己嫌悪に陥っていたと思いますわ。


でもねえ、もうねえ、3人産みましたからねえ。
長女・スミレも4歳になり、ママ歴も4年ですからねえ。
自分がラクになれるチャンスがあるなら、こぼさずにチャンス掴みます!
って思えるようになりました。

てことで、コウメは大変だろうけど、
お姉ちゃんと一緒にじいじばあば宅に泊まる、という経験は
そのうち、いつか、きっと、いい思い出になるはず。

スミレも、コウメの面倒をよくみていたそうで、
コウメの言葉が伝わらないときには、訳してあげたり
「コウメ、眠いんとちゃうかなあ」とコウメの気持ちを代弁してあげたり
お姉ちゃん力を鍛えるためにも、というか、
スミレのそういう優しさをコウメが味わうためにも、
こういうお泊りってアリなんじゃないかなあ、と。
(かなり、言い訳しています?!)

以前もブログに書きましたが、
なんやかんやいうて、コウメはいろんな意味で自信をなくしていたり
状況の変化が激しいのに対応できていなかったり、
不安定な状態だとは思うんです。

しかもまだ2歳4ヶ月だし。

私としては、ついつい
「下の子なんだから上の子より成長が早くって当たり前」と思ってしまっていて
スミレが2歳の頃できなかったことも、コウメには挑戦させていたり
「あれ?なんで、こんなんもできへんの?」と思ってしまったり。
かなりハードルをあげて見ていたなあ、と。

海があかんのは、スミレも3歳になるまであかんかったし、
コウメがスミレより苦手なものもあって、ええよなあ、と。

とまあ、そう思わないとあかんなあ、と。


でもまあ、コウメ、ほんまええ子ですねん。
返事もちゃんとするし、おねえちゃんにも優しくできるし
何より、おもろいし!(関西人としては、ここがいっちゃん重要)

また2日後には、幼児教室やけど(もち、未だ、お茶もご飯も食べていない)
コウメのペースで慣れていってくれーーーーーーーーーー!!!
かあちゃんも、焦らず、見守るよーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす