04
3
4
8
9
10
11
13
16
17
18
22
24
25
26
27
29
30
   

絶食しています

帝王切開になったから、ではなく、
昨日早朝からゲーリーになったので。

といっても、昨日は健診だったので、
なんとかこらえて病院に行き、
なんとか、止まったような気がしたので普通食を食べたら
今日も引き続きゲーリーでして。

先週1週間はヴェンピ&吐き気との戦いだったのに、
今週はゲーリーかよっ!極端すぎるよっ!

てことで、なんか妊娠期間、これだけ身体の調子が悪いのって
初めてのような、毎回のような・・・。

精神的にも

「やっと臨月かよー」
「でもまだ生まれそうにないよー」
「安静生活から一転して動けと言われても、急には動けないよ!!!」
「ていうか、ゲーリーで少しでも動いたらトイレに駆け込むんですけどー」
「いや、万が一、今、陣痛がきたら、絶食中で産む体力ありませーーーーーーーん!」

てな感じで、もうボロボロですわ。

まじ、辛い。

逃げたい。ていうか、早く産みたい。

早く産むためには、歩いたり階段を昇り降りしたり
スクワットしたほうがええんやろうけど
その体力がないのが、まじで辛い・・・。

といっても、朝から絶食したおかげで午後には少し復活。
午前保育で早く帰ってきたスミレとともに散歩にでかけました。

でも陣痛こず。ま、そんな簡単に陣痛きたら、ええわな。
3人目やからって早くなるもんでもないし。
つーか、2月からの安静生活で、体力もなくなっているし
子宮口も硬いままなんだろうし、早く産めと言われても無理なんだよっ。


ああ、逃避したいー(またか)。

出産して落ち着いたら、
IKEA行ってバンバン買い物して、
焼肉をたらふく食べて、
かわいい服を買いに行って(授乳可能な、という条件付になっちまうけど)
たち吉でお皿バンバン買って、
庭仕事も再開して(今もしているけどさ)
夏にはプールに行って、
秋には果物狩りに行って、
万博公園にもしつこく行って、
外食もいっぱいして(最近、ご飯作るのがめっちゃ辛い。倦怠期ってやつ?!)
ラーメンも気兼ねなく食べて、キムチも食べて
いっぱいいっぱい眠って(絶対に眠られへん日々が続くけど。わかっちゃいるけど!)
軽い身体で走り回りたい!!!

あああ、この身体、早く軽くなれーーーーーーーーーー!!!(それが一番の願い)



それにしても。


3人妊娠したからこそ、言わせてもらうんですが、
1年近く赤ちゃんをお腹に抱えての、いろんな制限ありーの生活を続ける母親。
それだけでも大変なことなのに、産まれててきたら産まれてきたで
その後の生活も全て母親が担わないといけないのって、オカシイ、です。

どー考えても、オカシイ、です。

なぜ、父親主体の子育てにならんのか。
父親が母乳さえ出せたら(父乳ってことか)
母親が子育てを担う、という考えには至らないのに。

いや、もちろん、しげお、がんばっているよ。

でもさ、今の生活は
=保育所の送り迎え&
 早くに帰宅し一緒に晩御飯を食べて子供たちのお風呂&寝かしつけを担当する

赤ちゃんとの生活が落ち着くまでの「期間限定」だと思っている(宣言している)のが
どーも納得できなくて。

確かに私が切迫になって、
仕事と育児でしげおの生活が大変になったのはわかるけど、
それだけ今まで「育児」という仕事を母親が一手に担いすぎていた、というのも事実で。

ま、どこのご家庭もそうなんだろうけどさ。
でもさ、オカシイ、よね。うん。オカシイ、よ。


こんだけ赤ちゃんを大事にお腹の中で育てた恩恵は、
いつ受けられるんだろうね。え?まじで。
体重管理やらいろんな摂生生活。
着たい服も着れず、切迫になったらなったで「動くな」と言われ
ゲーリーとヴェンピと吐き気で1日中廃人状態になる妊婦(わたしだけか?)。

ああ、もう我慢ならぬーーーーーーーー。

赤ちゃんやー!早く早く産まれてきてくれーーーーーーーーーーーーー!!!










たのむーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!




スポンサーサイト

弁当/お手紙

スミレの幼稚園、今日から1日保育が始まり(といっても15時には帰ってくるぞ!)
早速、お弁当を持って行きました。

幼児教室のときも作っていたので、特にあーだこーだ悩むこともなく。
そもそもキャラ弁は作るつもりがないし
少食スミレの弁当なんて、ほんと数分でできちゃうし。

ラクチン娘だー。

スミレに「今日からお弁当だよ」と言うと、
「幼児教室と一緒やなあ」と、これまたお気軽な返答。
かあちゃんも全然心配していないけど、貴女もそうなのねー。
でも、おうちに帰る時間が遅くなることは、想像できていないのねー(爆)。




幼稚園生活も2週間目に入り、
先日は、4月生まれの園児のお誕生日会もあり、
ハンカチやら王冠などをもらって帰ってきました。

で、ついに、というか、もう?
スミレはお友達からお手紙をもらってきました!!!

早い!早すぎる!

幼稚園で何をしたのか、何をして遊んだのか、
同じクラスの誰と一緒に遊んだのか、
この2週間何度聞いても全く答えないスミレだったのですが、
「ナオコちゃん」の話だけは、ときどき聞かせてくれていて。

「ナオコちゃん、ハートのゴムをしていたよ。
 ふたつくくりだったの。
 『スミレちゃんも可愛いゴムつけてきてよ』って言われた」

と、ナオコちゃんは積極的にスミレに話しかけてくれているみたいで。

先日の面談の際、担任の先生が
「スミレちゃんの近くに、よくしゃべる女の子がいるので
 その子につられてしゃべってくれるようになるといいんですけどね」
と話していたので、
ナオコちゃんは同じクラスのお友達だと思っていたんですわ。

が、そのナオコちゃんからお手紙をもらったというので、見てみると・・・

「すみれちゃん、こんど、いっしょに、そとであそぼうね。
 またいっしょにあそぼうね。
 すみれちゃんへ  なおこより」

と、ひらがなでお手紙が書かれてて。
しかも、ごっつーかわいい女の子の絵も描かれていてて。


ひゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
年少さんで、こんだけひらがなも書けて、女の子の絵も描ける子がいるだなんてー!!!

ただ前の前のプリキュアの封筒を使っていたので、
お姉ちゃんがいることは確か。それにしてもすごーーーーーーーーい!

と、感動しまくり。


が、その後、しげおとドライブに出かけた際、
近所でナオコちゃんを見かけた、と言うスミレ。

どうも、ナオコちゃんは、
次のバス停で乗ってくる年中か年長の女の子だと判明。

だ、だ、だ、だよね。

幼稚園開始早々、お手紙交換をしようと思う年少さんって、いない、、、よね。
ひらがなもまだ書けない、、、よね。
スミレは、人物を描かせると未だに宇宙人なんだけど、
年少さんで、女の子らしい絵を描ける子なんていない、、、よね。

よかったーーーーーーーーーー。

で、せっかくお手紙をもらったので、
スミレもナオコちゃんにお手紙を書いたら?
いや、お手紙交換なんだから、書かないとあかんねんで、

てことで、お手紙を書くことに。

ただ、ひらがなが全く書けないので、
「おりがみで、がぶちゃん(犬)を作ってあげよう」と提案し、
プリキュアのノートを封筒に仕立て上げ、
スミレとともに作ったがぶちゃんを4匹入れて、スミレに持たせました。

はあーーーーーー。ちかれたー。
ナオコちゃんのお母さんも見るってことを考えると、
なんか、緊張するーーーーーーーーーーーー。


が、が、が、がーーーーーーーーーーーーーー。

翌日、見事に、手紙を渡さずに帰ってきましただーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

その代わり、今度は、プリキュアのテッシュを1枚もらって帰ってきましたーーーーー。

あわわわわーーーーーーーーーーーー。

お手紙を渡す、というところに、壁があったとはーーーーーーーーー。
予想はしていたことだけど、ほんまに壁があったとはーーーーーーーーー。
 
 
 

てことで、今日も持たせていますが、無事、渡すことができるかどうかは不明。

うおおおおおー。がんばれースミレー!


そうそう、女の子って、こういうお手紙交換を機に
ひらがなに興味を持ち、書けるようになる・・・って話を聞いていたので、
ひらがなを書くきっかけになれば・・・と思い、
早速「ひらがなを書く練習してみよっか」と促すと、

「・・・・・・夏服を着るころには、書けるようになっているよ」

と、他人事のような返答が返ってきました。

なんじゃそりゃー!今から書く練習せな、
夏には間に合わへんのじゃーーーーーーーーーーーーーー!!!


ま、でも、そのうち、お手紙交換がクラスでも流行るようになれば、
もうちょっとモチベーションがあがるかもーーーーーーなーんて思っているんですが。

無理か?無理か?年少でひらがなって、無理か?
ならば、おりがみの腕だけでも上げてくれーーーーーーー!!!

ていうか、とりあえず、園ママ友を作りたいので、
ナオコちゃんのおうちを探しに行きたいんすけどーーーーー。
週末は、次のバス停周辺を無意味に散策してみよっと。


ガンバッタ

さきほど、1時間かけて風呂掃除に励みました。

がんばりましただ。

風呂のふただけは、未だに汚いままだけどー。

また、今度やるけどー。

がんばりすぎ?と思いつつ、明日から36週入るので、
いいやーなんて思ったり。ああ、明日から臨月妊婦っす。いえい!


読み聞かされ体験

スミレは4歳になっても空想の世界に入り込むのが大好きです。

空想なのか、現実なのか、理想なのかよくわからないのですが、

「ミッキーの家には、プリキュアのはんかちが100枚ある」
「ミッキーの家には、シプレとコフレのぬいぐるみがある」
「ミッキーの家では、月曜日の次が土曜日」
「ミッキーの家には、たくさんのおもちゃがある」
「ミッキーの家には、おばあちゃんが遊びにくる」
「ミッキーは、わがまま言わない」
「ミッキーのパパとママはやさしくて、おこったことがない」

ことあるごとに、こういう話をしてきます。

たいていの場合

「ミッキーのおうちはいいねえ。おもちゃがたくさんあっていいねえ。
 プリキュアのおもちゃもたくさんあっていいねえ」

と、返答することが多いのですが、
さすがに「ミッキーのパパとママは~~~」
と言ったことには、ブチ切れてしまいまして(大人気ないね・・・)。

「あ、っそ。じゃ、スミレもミッキーのおうちに行ったら?」と言うと
半泣きで「ミッキーのおうちは、遠いの!すぐに夜になるから行けないの!」と。

はいはい。

でもさ、こんだけ毎日狂乱しないよう気を遣って
みっちり遊んであげているのに、ミッキーのパパとママは~と言われると
正直、凹むで、かあちゃんは・・・。

「育児」という仕事は、
どんだけがんばっても決して「ありがとう」と言ってもらえないだけに
(あったりまえだけど、お金ももらえないしさ)
モチベーションを維持するのが、まじ辛いよ・・・。とほーーーーーーー。




てことですが、ま、気を取り直して、
この空想好きなスミレにひとつ仕事をしてもらうことに。

それは、絵本づくりぃーーーーーーーーーーーーー。

まずは、好きな絵を描いてもらいます。

で、その絵を元に絵本を製作し(紙を重ね合わせただけ)、
お話を作ってもらいます。

完成品はこちら。

R0012184.jpg
日曜日、虹が出てきました。

R0012185.jpg
けんけんぱー遊びをしました。(左)
そしたら、また虹が出てきました。(右)

R0012186.jpg
また、けんけんぱー遊びをしました。

R0012187.jpg
また、けんけんぱー遊びをしました。
おしまい。


虹と丸の絵だけで、こんだけおはなしができました。

誉めてあげると、再度、お話開始。

「日曜日、パパと遊んでいたら、虹が出てきました。
 そして、コウメとパパとママが、かまくらを作りました。
  (右の虹がかまくらに変身!)

 スミレはけんけんぱーであそびました。
 また、虹が出てきました。 

 そして、けんけんぱーで遊びました。
 スミレは、ゆきだるまを作りました。
  (けんけんぱーの丸がゆきだるまに変身!)


 そして、たまごが出てきました。
  (けんけんぱーの丸がたまごに変身!)
 ゆきだるまを作りました。 おしまい。」


ま、その後も、何度も話を展開させていました。


おおおおーヒットしましただー。

最初は「絵を描いて」「お話つくって」と言うと
怪訝な顔で、え・・・?と乗り気じゃなかったスミレでしたが
自分で全部完成させた達成感なのか、
意外と面白いものができたからなのか、この絵本を大変気に入ってくれ、
夜の寝かしつけの際にも、
私が読み聞かせしようと持ってきた「かさじぞう」の本をどけて
「今日は、スミレが作った絵本を読むよ」と
ワタクシに読み聞かせしてくださいました。

ありがとうございますだ。

いわゆる「絵」らしい「絵」をあまり描かない今のスミレだからこそ、
話を自由に変えられる面白い絵本ができました。

ミッキーやキャラクターもんの絵ばかりを描くようになったら
こういう楽しい絵本づくりもできないだろうなあと思うと
今、この時期に、いろいろな絵本づくりに挑戦してみたいです。

ぎゃんばるぞい。




話は変わって。

以前、コピーワークの早期教育(?)というお話をしましたが、
そのとき、折り紙で作ったのがこの犬たち。

R0012188.jpg
この犬たちに名前をつけてあげよう、という
ネーミングのお仕事を依頼することに。

その結果・・・左から

「がぶちゃん」
「べろっちゃん」
「ぱっちゃん」
「じゅっと」
「うーんぼとっちゃん」

という名前が付きました。

「うーんぼとっちゃん」って、それって、ウンチやーん!
という突っ込みはさておき。

なかなか高レベルな(?)名前がつきました。

自由な発想力、ステキです。
犬の特徴、色、など無視して、ただ思いついたことを言う
その大胆さに完敗です。


てことで、ネーミングのお仕事もヒットしている遊びのひとつです。

ああ、金がかかんなくて、ええわーーーーーー。




お金がかからない、といえば。

近所のお兄ちゃんから貝殻をもらったのを機に、
貝殻ブームが巻き起こり、
しじみやあさりを食べた日には
「これ、おもちゃにしたい!」と言われちまいました。

てことで、我が家のおままごと遊びに
貝殻、が追加されました。

家の中が、さらにさらにさらにごちゃごちゃになってますーーーー。

そして、今日もあさりの酒蒸しを作るので、
またまたあさりの貝殻が追加されますーーーーーー。

家の中、まっことに、貧乏くさすぎですーーーーーーーーー。


ガッちゃんじゃないー!

昨日、久しぶりの散髪を終えて帰ってきたガッちゃん。

毛玉が大量にあったらしく、ただの散髪ではなく、
丸刈りにされて戻ってきました。


「うわあ、ガッちゃんじゃないみたい!」と私が言うと、
スミレも「ガッちゃんじゃない!ガッちゃんじゃない!」とおおはしゃぎ。

一方のコウメは、丸刈りガッちゃんを見るなり
「ガッちゃんじゃない!こわいー!!!」と号泣。

ガッちゃんじゃない!ガッちゃんじゃない!とあまりにも否定するので、
「じゃあ、これは誰なの?」と聞くと

「ワンワン!」


はい。ごもっともです。はい。
あなたのおっしゃることは、決して間違っていませんがーーー。


しかも、今までなら、
ガッちゃんにペロペロされてもさほど嫌がらなかったのですが
この日は「やめてー!こないでー!」と完全に拒絶。

寝るまで「ガッちゃんじゃない!」とつぶやいていました。


で、今朝。
ハウスに入っているガッちゃんを見ると
「ガッちゃん!こわくないっ!」と。

一晩で、新しいガッちゃんを受け入れてくれたようです。
ただひたすら「こわくない!こわくない!こわくない!」と叫んでいたので
彼女なりにがんばって受け入れようとしているんだなあ、と
その努力にかあちゃん、ちと涙が出ました。

ええ子や。コウメ・・・。


で、肝心のガッちゃん。

散髪前はこんな感じ。

R0012084.jpg
もじゃもじゃー。

R0012086.jpg
どこからどうみても、トイプードル。
(トイらしからぬ大きさになっていますがーーーーーーー)


散髪後。
R0012183.jpg
わかりにくい画像ですんませんー。

R0012179.jpg
脚もガリガリ、身体もガリガリなんですが、
しげおが「散歩で出会うトイプードル犬友に会わせる顔がない・・・」と言うので
冬用の服を着せています。

ガリガリです。トイプードルのあのふさふさチリチリの毛が全くありましぇん。
ていうか、この犬、ほんとトイプードルなのか?って感じです。
しばらくは、これで、我慢してくれー、ガッちゃん・・・。


かざぐるまがほしくって

以前から、娘たちと遊べる「かざぐるま」を探してて。

自分で作ればいいんだろうけど、ま、ちょっと大変かなーなんて。

で、ようやく見つけました。コーナンで。

R0012175.jpg
こどもの日が近いってこともあり、こいのぼり&かざぐるまのおもちゃ!
267円なりーーーーーーーーーー(価格はうろ覚えですが)。

いやあ、ヒットしましたよ、ひっさしぶりに。

かあちゃんも娘たちも。

スミレなんて、顔をまっかにしながら、ふーふー言っては
かざぐるまを動かしていたし。

コウメは「そうじき」のつもりで、
コーナン中の床を、これで掃いていたし。

1人にひとつずつ買い与えたので、
黄色のコウメハウスには、コウメのこいのぼりを。

スミレミッキーの段ボールハウスには
スミレのこいのぼりを飾りつけ。
R0012174.jpg
こんだけ楽しんでくれたら、1人にひとつずつ買い与えた甲斐があったよ。


あ、そうそう、久しぶりにしげおも段ボールハウス(シゲオニアハウス?)を作りました。
スミレのミッキー専用のおうちだそうで、
ベッドに寝かしつけたり、ご飯を作ってあげたり、
かいがいしくお世話をしてくれています。


■てづくりこいのぼり

てことで、まあ、我が家にはこれ以上こいのぼりはいらんやろう!

と思っていたのですが、トイレットペーパーの芯があったので、
こんなん作ってみました。
R0012173.jpg
トイレットペーパーの芯に、千代紙を巻き貼り付けて
目を描き、尾びれを切って完成。

なんか、出来は、いまいちなんで、
また今日、明日中にでも、改良したものを作る予定です。

スミレとともに作れる、かんちんぷーおもちゃ、でした。


■スミレ画伯

ミッキーの段ボールハウスに絵を描いたら?と言うと

青いクレヨンで、だだだだーっと、わけのわからん線を描いて満足していたスミレ。

先日のブログにも描きましたが、
最近、まともな絵を描いている姿を見たことがないんですけど。

こどもちゃれんじの4歳の誕生日プレゼントのカバンも
R0012176.jpg
こんな感じで、殴り描き。

何を描いたの?と聞くと
R0012177.jpg
「虫が飛んでいるのー」だとさ。

ほっほー。虫が飛んでいる様子を描いたのかーーーーーーーーーーーーーー!!!

と、思うと、なるほどー、すごいなあ、
「様子」を描けるようになるとは、発想が豊かで素晴らしいなあと思うのですが、

ほんまに、そんなつもりで描いたのかどうなのか、真相はわからず。

最近、こういう殴り描きばかりで、ほんまにええんか?と思ったり。
(精神的に病んでいるからこうなるの?)

でもまあ、つい先日「ミッキー描いたの」てことで、
耳の大きい人物らしい絵を描いてきました。

あ、こういうのも、描けるのね。女の子だね。さすがミッキー教だね。


コウメ2歳1ヶ月

あーっという間に2歳1ヶ月になってました、我が家のザ・自由人・コウメ。

■保育所生活

4月を機に、認可の保育所に転園したり、幼稚園に入ったり・・・で、
10人以上いた幼児がコウメ含めて2人に。

もう1人は3歳の女の子なので、コウメの面倒をよくみてくれるようで
「一緒にあそぼ」等、いっつも声をかけてくれているみたい。

でもコウメもスミレ同様、人見知り&簡単には心を開かない性格なので
ぶすーっとした表情でぼーっと突っ立っているんだとか。

ああ、姉妹揃って、愛想ないねえ・・・。

でも2人で過ごす保育所生活も慣れてきたようで、
ここ数日は「一緒に遊びました」という報告があって、一安心です。ほっ。


■食事

保育所の先生が一番頭を悩ませているのが、
コウメの食事について。

葉物を食べない。
野菜が苦手。
食べたくないものは、頑なに拒む。
そのくせ、好きなものは一気に完食。

先生も毎回必死で食べさせているものの、
「今日も、私が負けました」と連絡帳に書かれる回数も多くなり、

最終的には

「嫌いなものも食べられるよう、
 ご家庭でもがんばってください」

と言われちまいました。


ま、がんばっているんすよ。おうちでも。

でもスミレも葉物は苦手だったし、
がんばって食べさせようとコウメにつきっきりになっていると
スミレが発狂するし、
時期がくれば食べられるようになるもんだと思うし(スミレがそうだった)
そもそも、ほうれん草はスープに入れれば食べるし
キャベツや白菜はお好み焼きやハンバーグに入れてごまかしているので
栄養の面では問題なしだと思っていたんだけどね。

でもまあ、これを機に、葉っぱのままの状態で食べられるよう
ドレッシングやマヨネーズをつけて食べるところから始めてみました。

コウメは、ドレッシングやマヨネーズ、ケチャップが大好きで
お皿に上記のタレが残ると「飲んでいい?」と聞いてくるほど。
(飲むもんじゃないー!!!!!!!!!!!!!!)

なので、今のところ、
レタス等はドレッシング作戦でなんとか食べられるようになりました。

ただ、ほうれん草はやっぱあかんねー。
胡麻和えなら大丈夫やろーと思っていたけど、あかんかったねー。

てことで、ま、これからも保育所の先生とともに、我が家でも戦います。

ま、最大の難関は、コウメの「頑固さ」ですがね(爆)。

ほんまに、頑固ですわ。あはは。
保育所の先生も絶賛(?)するほどの頑固さですわ。あはは。

もう、笑うしかないですわ。あははははは(乾)。


■着替え

保育所では相変わらず何でも「やってもらう」のが当然だと思っているらしく
トイレのドアすらも自分で開けず、食事も食べさせてもらっており(信じられない!)
着替えも99%やってもらっているのだとか。

でも家では、ほとんど自分でやっております。はい。
食事なんて、私やしげおが手出しすると怒るし
ていうか、食事なんて1歳過ぎから、ほとんど1人で食べていたような気がするし。

着替えもお姉ちゃんのやっていることを見よう見まねでやっていくうちに
ほとんどできるようになりました。

オムツ替えも、ほぼセルフサービス。

ていうか、トイトレせなあかんよな、本気で。そろそろ。

つーことで、保育所でも自分で着替えてほしいものです。
ていうか、普通、保育所の方が誰にも頼らずにがんばるもんちゃうの?????


■おしゃべり

よーしゃべりますわ。ほんまに。
食事中も「これなに?」と口に入れる前に必ず確認するし。
同じ食材でも「これなに?」をしつこく聞いてくるし。
「これなに?」に返答すると「たべていい?」やし。
何度も「いただきます」って言うし。

お姉ちゃんがしゃべりだすと、負けじとしゃべるし。
ていうか、意味のない発言、いっぱいするし。

寝るときは、1時間半ずーっと独りでしゃべっているし。

私に返答を求めるわけでもなく、

「今日は、ママとねんね。おねえちゃん、パパとねんね」
「あした、おこしてね。じゃあね、またね」
「またあそぼうね、いい?ねんねのまえの、だっこよ」
「ミッキー、ごむ、くくる?コウメ、くくらない」
「コウメ、よごれたー。きがえるー」
「いっしょに、みようね。ね。かしてね。こうたいね」

等々のセリフを延々言い続けています。おそろしいです。こわいです。


スミレがおしゃべりになったのは、3歳をずいぶん超えた時期だっただけに
2歳1ヶ月でこんなにもしゃべるなんて、恐ろしい限りです。
ていうか、普通の子は、こういうもんすか?
スミレの言葉が遅かっただけに、正直、ビックリしとるんですが。

てことで、にぎやかです。
ご他聞に漏れず、スミレもコウメと競い合って、ようしゃべっています。

うるさいです。

女子のたくさんいるおうちは、うるさい、です。まじで。

ちなみに、コウメの最近のヒットワードは
「ぱぴぷぺ」です。


ぽぱーぺぽぴぱっぷ
コレを読んであげたら、バカウケすること間違いなしっす。
でも我が家にはありましぇーん。
ていうか、読む側がくたびれる本なんで買うつもりもないしー。

自分でつくっちゃおうっか。そうしよう!

久しぶりに、本作り、したくなってきたー。


■遊び

コウメは、今、いろんな敏感期がきていると思います。たぶん。

気がついたら、パズルを持ち出して遊んでいるし、

ステップアップジグソーSTEP1かわいいどうぶつ
も、できるようになりました。

ま、スミレ同様、できへんときは「いやーーーーーーーーー!!!」って言って
暴れまわっていますが。ま、コウメの場合、切り替えも早く、
すぐに立ち直って、再挑戦しており、日に日に上手くなっていってます。

あとは、やっぱり大好きなのは、ビーズ遊び。
ビーズの開け移しをやりだすと、止まらない止まらない。

でも、大胆にこぼしたりすると、
いやーーーーーーーーーーーーーー!!!で暴れまわり、
余計にビーズがあちらこちらへ散乱・・・。

いやー!!!!!!!!!!!!!って言いたいのは、かあちゃんの方だぜ。ったく。


■コウメと向き合う時間

コウメが保育所に行ってくれているおかげで、
スミレとは幼稚園後に2人きりになる時間がもてており、
いっぱい遊んであげたり、いっぱいおしゃべりすることができています。

赤ちゃんが産まれても、スミレの場合、2度目の妹誕生、てこともあるし
年齢的にも4歳になったので、赤ちゃん返りもあまり気にしなくていいかなあ、と。
ま、多少はあるだろうけど、コウメが生まれたときのような
あの、強烈な、そして、恐ろしい日々は待っていないだろう、と。

が、コウメは・・・。想像がつかないです。

とりあえず、産後1ヶ月は保育所生活を続けてもらう予定なので、
赤ちゃん返りがあったとしても、日中は、その恐怖&対応からは逃れられるかな、と。
でも保育所を卒所すると、どうなることやらー。
ていうか、保育所に行きたくないーって言うのかなあー、とか
そもそも「ママを赤ちゃんに取られて寂しい」という感情が出るものなのか
出ないものなのかもわからないし。

でも赤ちゃんに時間を取られる一方で、
コウメと2人きりの時間もちゃんと持ちたいなあと。
じっくり遊んであげたり、抱っこしてあげたり、
言葉でコミュニケーションを取るだけで、
コウメも安心するだろうし。

ま、コウメは甘え上手なので、抱っこしてほしいときは、
ちゃんと言ってくれるんじゃないかなーとは思っているんだけど。
(スミレは、これが難しかった・・・。
 ま、言葉が遅かったのも一因だとは思うけど、
 自分の気持ちを表現するのが、未だに苦手だしね)

とにかく、コウメと2人きりになる時間を作れるよう、
いろいろ試行錯誤してみますわ。

切迫になったおかげで、
しげおもがんばって子供たちの面倒をみてくれるようになったし
「オトメン、イクメン、僕イケメン」とかしょーもないギャグは言うけど、
ほんまに、しげおが「イクメン」パパでよかったー。


■■■

ま、そんな感じで2歳1ヶ月のコウメ。

ますますパワフルに、頑固に、イヤイヤ期を過ごしています。

赤ちゃんが産まれたら、お姉ちゃんと一緒に、
いっぱい可愛がってくれ(切実な願望)!!!


ちょうがない

「腸が見当たらないね」

ゲーリー騒ぎで内科を受診した際、医師に言われた一言。

ま、普通の人はお腹全体に腸がはりめぐらされているのですが
子宮が大きくなている妊婦の腸は上に持ち上げられているんだって。
だから、子宮底あたりがきゅるきゅる鳴るんや・・・。

ご飯を食べた後なのに、胃が鳴るなあと思っていたら
あれって、胃じゃなくて、腸やったんやー!

ていうか、胃の横に腸がある感じって、
想像しただけで、気持ち悪いンですけどーーーーーーーーーーーーーー。




ま、そんなわけで、えーっと現在35週です。
臨月まであとすこしーです。

この時期、えーっと毎回思うのが、
「出産したらコレがしたいアレがしたい」ということでして(逃避思考)。


普通の服が着たい。
フライパンを買い替えたい。
食器を買いたい。


ええ、なんか、毎回、上記3つの欲望にかられております。


普通の服が着たい。

という欲求に対しては、今、必死でベルメゾンの「暮らす服」を読んで
これがいいだのあれがいいだの、チェックしまくりぃー。
出産と同時にポチれるよう、準備万端っす。


フライパンの買い替えも、毎回出産と同時に行っている行事みたいなもんで
特にこのメーカーのがいい!というより、
毎日フル稼働しているフライパンを新調して、
気分新たに食事作りに励みたい!という思いの方が強いです。

ま、どーせ、コーナンでやっすいフライパン買うんですけど。
それでも大満足なんす。なぜか。


食器に関しては、
やはり家族が1人増えるってことで、
コウメが生まれたときは、食器を数種類4客揃えました。
今度は5客揃えななあーと。

前回同様、たち吉のアウトレットに行こうかー。
いや、行くぞー!と思っているところ。

でも、最近、スミレやコウメが、食べた食器を台所に持っていく、
というお手伝いを積極的にするようになったせい(?)で
いろんな食器がバンバン割れております(笑)。

お手伝いしてくれているんで、ま、怒ることではないんですけど、
この調子だと、5客買っても意味ナシー?なんて思ったり。
ていうか、6,7客買っておくべきー?
そもそも、子供がちっちゃい頃って、100均の食器だけを使うべきー?

でもまあ、食器って、食欲にも影響するし、
盛り付ける側からすると、料理へのモチベーションにも関わることなんで
できれば、好きな食器を集めたいなあって思うんやけどね。

ま、出産したら、とりあえず、たち吉(アウトレット)へ、レッツゴーや!




先週1週間。

スミレは普通に幼稚園に行き、お昼には戻ってくる、という生活が続きました。

せっかく、1人になる時間ができたので、
銀行やら買い物やら、風呂の掃除やら
衣替えやら色々やりたいなーと思っていたのですがダメでした。

原因は


頭痛。




1週間まるまるこの頭痛に悩まされてて。
スミレを送り出した後から、ズキズキ。
洗濯を干したり、朝ごはんの片付け等しているだけで、
ズキズキ→ガンガン→ギンギンになって、
結局1時間くらい布団に入って、悶々・・・。
そうこうしている間にお迎えの時間になって、
慌ててバス停へ・・・・・・・・・・。

急に寒くなったからなのか、
朝飲むようになった鉄錠のせいなのか、
原因は判明しなかったのですが、
ようやく昨日あたりからマシに。

今週金曜日からはスミレの幼稚園もお弁当が始まり1日保育に。
今週こそ、銀行めぐりや、家の掃除、がんばるぞーい!


スミレ4歳の成長記録

火曜日、早速、幼稚園の担任の先生との懇談がありました。

前日に「明日はいかがですか?」との電話で決まった懇談。
火曜日は夏服の申し込みの日でもあったので、
どっちみち幼稚園に行く予定ではあったものの、急だよね。
夏服の申し込みも入園式の日に初めて知らされたものだし。
幼稚園ママは専業主婦でなければ無理なのかーーーーー!!!


■■■

■初めての懇談

「幼稚園に通い始めてどうですか?」との質問から始まりました。

あのーまだ2日目ですけどーと思いつつ、

「今まで幼児教室やら保育所に通っていたし
 仲の良いお友達が皆4月から幼稚園に行くことになったので
 幼稚園に通ったり、親と離れることに対しては
 何の抵抗もないと思いますー」

と言うと、先生も安心したみたい。

ま、ほとんどの子供は
親子分離の不安感や慣れない集団生活で戸惑っているんだろうけど
我が家はちょっと事情が違うからね・・・。

他にもスミレの性格のことや、
なかなかお友達が作れないこと、挨拶も積極的にはできないけど、
親としては、特に問題視していませーん、てな話をして懇談終了。

1年で友達が1人でもできれば御の字だし、
挨拶も元気に積極的にできるようになるにはまだまだ時間がかかりそうだし
年長さんまでにできるようになれば、立派だと思うし
とりあえず、1年間、嫌がらずに幼稚園に行ってくれればそれでいいし。

懇談までの間、園庭で遊ぶことにしたんだけど、
相変わらず「なにしたらいいのかわからへん・・・」と
自分からは遊び始めないのね。

でもその日の午前保育中、滑り台で遊んだらしく、
しばらくすると、その遊具で何度も遊びほうけてました。

幼児教室や保育所のように、先生が付っきりで遊んではくれないけど
ほったらかしにされる分、自分で動くようになれそうだなあ、と。
というか、それくらいほったらかしにされないと、
自分から動かないのかもーとも思ったり。

でもまあ、新しい環境の中で、自分がどう行動すればいいのか
誰に教わるまでもなく、自分で考えて自分で答えを見つけていく力を
つけていってくれればいいなあ。

ま、どの親も子供に望むことは同じだろうけど、
やっぱりキーワードは「自立」やなあと思います。

婚活も就活も親が積極的に介入する時代らしいけど、
娘たちには、早くに自立してもらって、
社会人になると同時に家から出て行くつもりで
自立を促していけたらなあと。


■3人目妊娠

懇談の後、夏服の申し込みに行ったのですが、
そこで、同じくらいお腹のでかい妊婦さんに遭遇。
傍にいたのは、年少さんのお姉ちゃんと1歳の男の子。
うおおおおー、うちと同じやないかー!

てことで、早速声をかけたところ
「来週が予定日でーす」とのこと。

お姉ちゃん&弟連れで、ひーひー言っていたので思わず
「がんばってくださいねー」と言うと
「お互い、がんばりましょうねー」と。

そうだった。
今は保育所に通ってくれているコウメも
保育所を卒業したら、こんな感じで幼稚園の行事に
連れまわさないといけないんだったー!!!

でも、同じ境遇の人がいて、ちょっと励まされました。うん。
がんばらなねー。3人育児!


■4歳の誕生日お祝い

R0012131.jpg
スミレリクエストで、いちごのケーキを買ってきました。

かあちゃん、ひっさしぶりにケーキ食べましただ。
タカラブネのケーキだけど、ごっつー美味しく感じましただ。
庶民の味、ばんざーいです!


R0012134.jpg
プレゼント。

しげおからは、ハートキャッチプリキュアのお弁当箱。
私からは、フレッシュプリキュアのかばんとタオルハンカチ。
あ、手作りです。タオルハンカチは、プリキュアの生地に
2枚一組のタオル(100均)を縫い付けました。
無理矢理作った、という感じです。でも喜んでくれたので、一安心。


ていうか、家の中、プリキュアグッズが増えすぎですけどー。
キャラもん大嫌いー!!!と言っていたのに、
誕生日プレゼントに両親揃ってプリキュアグッズだなんてー!!!

でもスミレはごっつー嬉しそうだし、
めちゃくちゃ大事にしてくれるし、
じーっと眺めているだけで幸せそうだし、
プリキュアサマサマ、という感じも歪めず。

ま、いいよね。こういうキャラもんにはまる時期もあっていいよね。
将来、同世代の友達と
「幼い頃、プリキュアが好きだったんだー」って話で盛り上がれるのもいいことだし。


■言葉あそび

最近のブームは言葉あそび。

相変わらず「うんち」「おしっこ」で盛り上がってますが、
「うんち、ぶりぶりー」「おしっこ、ぶりぶりー」とか
「おはようございますぷー」とか、
擬音語擬態語で遊んでは、ゲラ笑いしています。

近所に1歳年上の男の子が引っ越してきたんだけど、
その子が「りんごのこと、ぼう、って言うんだよ」と言っただけで
大笑い。「○○くんて、おもしろいねー」と
一気にその子との距離が近くなりました。

あと、変顔というか、面白い顔をするのも大流行。
上記の男の子も変顔が上手いので、
自転車で走りながら変顔をしては通り過ぎ・・・を
何度も繰り返すだけで、お互いゲラゲラゲラ。

4,5歳って、こういうしょーもないことで笑える時期、なんやね。

幸せやねー。


擬音語擬態語や変な言葉を作り出すブームに乗じ、
おりがみで作った犬に名前をつけてもらいました。

コピーワークの早期教育っす!(爆)

いいよね。自由な発想。かあちゃんも見習わなければ!

あ、でも、この話は後日。


■絵

こどもちゃれんじの特別付録で送られてきた4歳のお誕生日プレゼント。

布のかばんに絵を描いて、世界にひとつだけのカバンを作るんだけど、
この絵が、まあ、すごくってねー。
上手、とかそういうレベルじゃなくて、ひゃー!って感じの出来上がりでしてねえ。

あ、この話も後日また。写真がないので、説明しづらいのでー。


■遊び

1,2歳児のときのように「○○遊びにはまる」ことがなく、
何がしたいのか、何が遊びのブームなのか、よくわからんようになりました。
ま、それが4歳児ってやつなんだと思うんですが、
とりあえず、今は、ミッキーやプリキュアの話をしたり、
ミッキーのお世話をするだけで幸せそうです。

ま、これから春~夏にかけては、
おうち遊びより外でいっぱい遊んでくれー!って感じなんですが。

R0012098.jpg
公園で思う存分身体を動かしてくれー!!!


■睡眠

そうそう。
昨日1時間半の昼寝をしたにも関わらず、
昨晩はいつもどおりの時間にコテンでした。
よっぽど疲れていたみたいですわ。
今朝も、もうちょっと寝たいーと言いつつ、起きていたし。

1週間に1回だけでもいいので、昼寝してくれると、私も助かるんだけどなあ。


■■■

てことで、スミレ4歳です。

幼稚園では毎日「ちょうちょ」を歌っているそうですー。
ガンバレーーーーーーーーーーーーーーーー。


昼寝

スミレ、自宅でひっさしぶりに昼寝しています。

1週間前までは、保育所で毎日欠かさなかった昼寝ですが、
卒所してからは「昼寝しないー!」と言い続けており、
幼稚園に通うようになっても、テンション高めでがんばっていました。
でも、さっすがに疲れているらしく、
朝もいつもの時間に目覚められず、ずーっとぼーっとしてて。

で、今日。
幼稚園帰宅後、お昼に車で出かけた際、
ぐずぐずからウトウトへ・・・・。

帰宅後も張り切って遊ぼうとしていたのですが、
「ママと同じ布団で寝よう」の一言で布団に入り
30分ほど格闘したのちコテン。

1時間半以上寝ており、何度も起こしているのですが
一向に起きず・・・です。

たまにはこんなんもありやね。
幼稚園、いろいろ気が張って疲れるもんね。

でもかあちゃんは、眠れずーです。
(午前中少し寝た)
晩御飯の準備しなあかんしーで、起きています。

では。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす