FC2ブログ
   
04
3
4
8
9
10
11
13
16
17
18
22
24
25
26
27
29
30
   

34週妊婦健診

この1週間、スミレと一緒に過ごす時間が増え、
また、幼稚園の準備等でバタバタしていたせいか、
頻繁にお腹が張るようになっていたし、
おりものの量も増えていたので、ヤバイなあと思ってて。

で、昨日、病院に行き、妊婦健診を受診。











セーフでした。



 

 
 


34週で再入院なんてことになったら、
もう二度と家には戻ってこれないなあと思っていたので、
入院にならなくて、良かったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(泣)。


でも、切迫友達が
「34週になったので、ガンガンに動いていいよ。張っていても動いていいよ」
と言われていたのに対し

私は
「ま、今までのような生活をこれからも送ってください。無理しないでね」

と言われて凹んでいます・・・。

散歩も「わざわざすることでもない」んだそうで、
どうしてもってことであれば、張っていなければ散歩に出かけてもいいけど・・・

と、なんともまあ消極的な安静解除宣言でして・・・。

とにかく今はまだ産まれていい時期じゃないので
「張ったら休息」は心がけるように言われちまいました。

ああ、ひそかにIKEAでストレス発散おかいものしたり
化粧水を買いに梅田に行こうと思っていたのにぃー(泣)。

とりあえず、最寄駅周辺で完結する
銀行めぐりやら、いろんな手続き等は
この1,2週間で終える予定やけどー。がんばろー。

張り止めの薬も「張ったときのみ」でいいんだそう。
でも、例の鉄錠は
「1,2日に1回だけでもいいから、がんばって飲み続けて」
と言われちまいました。

ああ、鉄錠のせいで、夜中眠れなかったり、
1日中オエオエしているんですけどー(嘔吐はしていないけどさ)。

妊娠9ヶ月。

ブログを読み返してみると、
スミレのときもコウメのときも、やっぱり苦難の月だったみたい。

お腹が大きくなってきて、いろんなところが痛み出し
胃も圧迫されて気持ち悪くなるし、
トイレも近くなるし、便秘と下痢を繰り返すし、
普通の服への憧れも強くなるし、、、で
「はよ産みたいー」の一心で過ごす日々。

今回もご他聞に漏れず、同じ気持ちです。

はよ産みたいー、です。


それにしても、体重の増加って、ほんと辛いです。

スミレのときは+6キロ。コウメのときは+9キロ。
現在は+7キロで経過している体重ですが、
「私は10~15キロ超過したよー」と
明るく笑って話をするお母さんには、正直、ビックリ。

10キロ超えた身体で普通の生活するのって、大変じゃないの?
しんどくないの?布団のあげおろしできるの?
歩けるの?動悸が激しくなったりせーへんの?

私は+7キロの時点で、もう限界ーって思っているんですけど。
こんな重い身体を支えられるほど、私の身体強くないですからー。

ていうか、私の場合、体重が増えれば増えるほど、
赤ちゃんの体重がめっちゃ増えるので(栄養は全て赤子へー)
出産が辛くなるばかりで、なんもええことないんすけどー。

てことで、ああ、どう考えても早く産みたいー。産みたいー。産みたいー。


とか言ってたら、きっと予定日越えそうだな・・・。とほ。


卒所→入園→4歳→通園

スミレは、先週水曜日に保育所を卒所し、
翌木曜日はスペシャルデーと題し、私と1日中遊び、
金曜日は幼稚園の入園式に行き、
土曜日は4歳の誕生日。
そして、本日月曜日から幼稚園に通園しています。


あわわわわー。慌しい日々だったーーーーーーーー。



結局、2ヶ月ほど通った保育所。
機嫌がいいときは、お友達が誘ってくれさえすれば、
一緒に遊ぶことができたみたいなんですが、
2ヶ月経っても、誘われなければ、ただぼーっと突っ立っていたみたい。

「これやりたい、あれやりたい」
と自分からは言わないし、
お友達の輪の中に自分から入っていかないので
「幼稚園大丈夫かな?」と、先生は心配していたけど、
こればっかりは、スミレの性格なんでどうしようもないんだよなあー。

幼児教室でも入室から9ヵ月後にようやくお友達ができたし、
幼稚園でも1年後に仲の良いお友達ができていれば
御の字だね、と私は思っているんだけど。

でもまあ、「保育所に行きたくない」とは一度も言わなかったし
保育所のできごとをちゃんとおうちでも話してくれたので
スミレはスミレでそこそこ楽しんでいたのではなかろうか、と(楽天的解釈か?)。




で、木曜日。

制服の着替えや、初めての革靴での徒歩や、
幼稚園準備のために1日を費やしました。

「今日は1日ママと一緒に遊べるけど、
 ママがしんどくなったら、横になってゴロンするよ」

と言うと

「お布団でゴロンじゃなくて、
 ソファでゴロンしてね。それだったらいいよ」

と嬉しいお返事。


が、実際、「しんどーい。ママゴロンするー」と言うと

「いつになったら、元気になるの?え?まだなの?
 パパはいつになったら帰ってくるの?遅いよ」

とグズグズ開始・・・。

ああああー。
子供の面倒みながら自宅安静なんて、我が家では無理だー(泣)。
1歳児ならまだしも4歳児相手でも無理だー(号泣)。


てことで、ヘトヘトになりながら、ごまかしながら、
もちろん、そのことで発狂も数回して、1日を終えました。ああしんど。




金曜日。入園式。

予報では「晴れ、暖かい日」だったのに、
当日は「曇り、風びゅーびゅー」の寒い日でした・・・。
でも雨じゃないだけマシか・・・。

R0011935.jpg

前日まで「仕事が忙しくて行かれへん」と言っていたしげおでしたが
無事、前日夜に仕事を仕上げてくれて、一緒に参加してきました。助かったー。
あ、コウメは保育所ねー。


スミレのクラスは担任1人の幼児16人クラスでした。

「年少クラスには補助教員が1人付くもの」と思っていたので、
担任1人と聞いて、しかも若い先生で、大丈夫かー?
ていうか、教員不足なん???と不安感でいっぱい。

ま、その後、先輩ママに尋ねたら
毎年、担任1人の少人数クラスがあるんだそうな。
こぢんまりしてて、すぐにみんな仲良くなれるから評判いいよ、とのこと。

ああああーーーーーーーーよかった・・・・・・・・。


それにしても、やっぱ4月生まれっていいね。
成長がのんびりだったスミレでさえも、
先生が「これやりましょう。あれやりましょう」と
言った指示をちゃんと守れるし、落ち着いているし。

自席で先生の話を聞くときも
「ママと一緒がいいー!」と泣く子供をよそに
口をぽかんと開けて、ひたすら鼻をほじくっていたし。
(ていうか、マイペースすぎーーーーーーーーーーー)

名称未設定-1.jpg
ほじりすぎです・・・。


昨年1年間、幼児教室+保育所で充分経験しているので
親と分離されることや、集団生活に入っていくことに関しては
本人も全くハードルがないし、親も心配していないので
なんか、気楽ーーーーーーー。

しげおも、
「一番心配なのは、ママにママ友ができるかどうかや」って言っていたくらいやし。

ま、スミレも
「ママ、お友達できるかな?大丈夫かな?」くらいの気持ちで
幼稚園生活を送ってもらえると、ありがたいんやけど(笑)。

とはいうても、幼児教室も保育所も、
幼児の人数のわりには先生の人数が多かったので
手厚く保育してもらって、いっぱい手をかけてもらっていたのも現実。
幼稚園ではそういうわけには、いかない分、
スミレも多少ストレスは感じるだろうけど、ま、しゃーないよね。

かといって、バス停で泣いたり、幼稚園で泣いたり、ってことは
スミレの場合、絶対になさそうだし。
なんてったって、我慢の女王やからね。

我慢我慢我慢して、おうちで、ストレスはっさーん、やからね。ああ、こわっ。


でもって、入園式の服装。

三人目妊娠がわかり、入園を決めたときから、一番ひっかかっていたのが
入園式の“私の”服装。

妊娠9ヶ月の身体で、どんな服が着れるんやろうかー。
どこで、どんな服を買ったらええねーん。

と、妊婦中はひたすら悩んでいました。

でもまあ、3月になって入園入学の服が売り出される頃に
お店に行き、店員さんと相談しながら決めたらええわー。

なーんて思っていたら、入院、、、やし。

入院中は「入園式に出席できるんやろうか?」という心配から始まり

「出席できたとしても、服を買いにいける状態ではなそうだし、
 どうしたらええねーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!」

てことで、ひたすら通販雑誌を見ながら、悶々としてました。


で、結局、どんな服装で出席したか、というと。

名称未設定-2.jpg

・黒の半袖マタニティワンピ(ベルメゾンで購入)
・ベージュの普通サイズのジャケット(同上)
・コサージュ(1000円)
・シュシュ(500円)でまとめ髪
・パールのネックレス

でした。

かかった費用はざっと1万円。やっすー。

黒のワンピなんて無難すぎるーと思いつつ、
正直、腹回り90をとっくに越えた妊婦に、普通の服が着こなせるわけもなく。
とりあえず、ジャケットやコサージュ等でごまかしちゃえーてな感じで
ほんまに、ごまかしました。

ただ、白髪ボウボウだけは許せなかったので、
「自宅安静」にも関わらず、カット&カラーリングには行きましたけど(爆)。


それにしても、今年の特徴なのか、地域性なのか、
入園式ってそもそもそんなものなのか、
先生&お母さんたちの服装は圧倒的に「ベージュ」一色。

無難に黒のスーツっていう人はほとんど居なかったし、
ピンクや青、黄等のカラースーツの人は少数派、
和装の人もちらほら程度で、全体に落ち着いた感じでした。

お母さんたちの雰囲気も、派手ではなく、地味でもなく、
そこそこ、、、な感じで、なんというか、落ち着くというか
年齢層も同じくらいかな、、、てな感じで、一安心。

ママ友づくり、がんばろー。



4月10日、スミレの4歳の誕生日でした。

「スミレが生まれたときも、少し肌寒い日だったよー」等々
お話してあげられる年齢になり、なんだかうれし。
あの難産から4年かあー。
痛みは忘れたけど、分娩室の様子は忘れない初めての出産。
なつかしー。

4歳の成長記録等は、また後日。




でもって、本日から
スミレは幼稚園バスに乗り、通園が始まりました。

朝から着替えの手伝い等々で、バタバタバタ。
持っていかなあかんはずだった絵本袋も手渡すのを忘れてしまったけど
まあ、なんとか送り出せたー。

ていうか、2時間後には帰ってくるけどー。

それまで、かあちゃんは、寝転んでおきますー。バタッ・・・。


言語発達障害

「三番目ちゃんは、ほんわかした優しい感じの子を産んでくれ」

昨日、しげおからそう言われた彩猫です。ども。

ていうか、もう赤ちゃんはお腹の中で成長しているんで、
今更、そんなこと言われてもー。

ていうか、未だにお腹の中でぐるんぐるん回ってて、
1日に何度も強烈な蹴りを繰り返している赤ちゃんですが。

長女のヒステリックな発狂泣きを1日に4度も聞かされ、
加えて、二女の大音量のイヤイヤ泣きを聞かされるという環境の中で
どうして「ほんわかした優しい子供」が産まれてくると思うんだろうね。

胎教という名のもとに、
クラッシック音楽ばかり聞いている赤ちゃんとは大違いの環境でっせ。

もともと「三姉妹のお父さん」が理想だったしげおですが、
今では、スミレの度重なる発狂には辟易しているし
「うんち、おしっこ」ネタが尽きないスミレと
生まれた瞬間から大音量で泣き叫んでいたコウメに
正直「これが女の子?いや、違う!」という思いもあるようで
今度こそは「優しくて大人しい女の子を!」と願っているみたい。

いや、それにしても「うちの3姉妹」んとこの3姉妹ちゃんと
我が家の2姉妹ちゃんは、似てるわー。

のんびりおっとり、マイペースでメルヘンな長女。
(スミレはそれに「神経質」という要素も加わっちゃうけど)

ザ・自由人の二女。
(コウメは、三女・チーちゃんの要素もありますが)

てことで、我が家の三女もおそらく「うちの3姉妹」のチーちゃんと同様
すんごい独自の世界観を持つ、オチ満載の女の子になると
ワタクシは踏んでおるんですが。

ていうか、優しくてほんわかしているより、オチ満載の方が、たのしいやーん。

■■■

で、本題。

スミレはいろんな発達段階において、ちょっとのんびり屋さんでした。
といっても、保健指導で「要観察」になることは稀で、
たいていは「ま、大丈夫かなー」て感じで問題児扱いはされてこなかったんですね。

言葉に関しても、遅いなあとは思っていたけど、
こんなもんだと思っていたし。

ただ、ママ、パパ、イヤ、を言えるようになっても
「うん」という肯定の返事がしばらく言えませんでした。

また普通に話せるようになってからも
「○○してほしい」という要求系の文章も言えませんでした。
これは3歳半の時点で言えた回数は約2%。
4歳目前の今、ようやく70%くらいは言えるようになったかな、という感じ。

じゃあ、何かを要求したいときは、どう言うかというと・・・。

例)
食事時。コウメにはフォークとスプーンを用意し、
スミレにはお箸とスプーンを用意したときのこと。

スミレ「なんで、スミレにはフォークがないの?」

彩猫「スミレにはお箸があるよ」

スミレ「なんで、スミレにはフォークがないの?」

彩猫「スミレは、何がほしいの?」

スミレ「なんで、スミレにはフォークがないの?」

スミレ「なんで、スミレにはフォークがないの?」

・・・・・

10分くらいこのセリフだけを言い続ける・・・。


結局「スミレは、フォークがほしい」という文章が言えず、
泣き叫んで、発狂して、へとへとになって終わる、というのがオチ。

最初の段階で「スミレはフォークがほしいの?」と聞くと
「うん」と言えるのですが、さすがに4歳目前にして
ここまで会話をフォローする必要があるのか?
自分で何がほしいかを説明できないのは、今後社会生活を送る上で
かなり問題になってくるのではなかろうか?

と思い、3歳半頃からは、
できる限りスミレに要求系の文章の作り方を教えていたのですが、
それでも何かを要求したい場面の70%しか、
「○○してほしい」と言えないのが現状。

加えて心配なのが、聞き取りのチカラ。

「こどもちゃれんじほっぷ」から電子教材というか、
ボタンを押すと、しまじろうがゲームの説明をする、という類の教材が増えてきまして。

ただしまじろうのしゃべる速度や、いかにも一方的なしゃべりに違和感を感じるのか
スミレは、しまじろうの説明を全く理解できずにいます。

おかげで、私がつきっきりでしまじろうの言葉を解説しないと
その教材を使えないわけで、正直、困っている、というのが現状でして。

絵本に関しても、絵が少なめの昔話を聞かせているせいか
内容は全く頭に入っていないみたいで
「今日のお話は短かった」「長かった」という感想しか言えず
「誰が出てきたのかな?」という問いには、
「わからない」としか答えれないんです。

同じ月齢の子供の会話や聞き取り力がどの程度のものなのか
全くわからないので、なんとも言えないのですが、
4歳でコレって、どうよ?と不安に思うこともしばしば。

ただ、要求系の文章は半年前に比べるとだいぶ言えるようになってきたし
問題があれば、幼児教室なり保育所なり幼稚園の先生から
お話があるだろうし、このまま見守っていてもいいのかなーと思っているところ。

もし発達障害の検査を受けることになったとしても、
おそらく「重度の障害」とは認定されないレベルだろうなあと。

そもそも
「~させられる」「なにか結果を求められる」ことに強い拒絶感を抱くスミレには、
発達検査自体がすごいストレスになるだろうと思ってて。


ただ「聞き取り力」や「何かを説明する力」は、
日常生活でも養えるんではなかろうか、遊びの中で訓練できないか、と思い
学研の「スリーヒントゲーム」を購入してみました。

学研教室の教具サイト
このサイトのいっちゃん下に載ってます・・・。

このスリーヒントゲーム。
市販されていないのですが、かなり評判がよかったので
私は、ヤフオクで落札しました。

遊び方はカルタと同じ。

ただ
「おさるです」
「ぶらんこにのっています」
「きいろいぼうしをかぶっています」

と三つのヒントをもとに、カードを取る、というのが普通のカルタと違うところ。

三つの情報を確実に聞き取らないと正解できないので
難しいといえば、難しいです。

何度もこの三つのヒントを繰り返して言わない限り、
スミレもよく間違えますし、
ああ、やっぱり聞き取り力が少し悪いのかなあ、なんてこともわかってしまいます。

ですが、ヒントを2つだけにしたり、
「ぶらんこしている子だけを集めよう!」という別の遊びも可能ですし
何よりコウメも参加できる(その場合は、ヒント1つだけに絞る)ので
普通のカルタ遊びよりは、平和に(姉妹が、ね)遊ぶことができて
個人的には、大変お気に入りのおもちゃのひとつとなっています。

ゆくゆくは、スミレがヒントを出す側になってくれれば、
聞き取り力も、説明する力も、これで養えるかなあーなんて思ったり。




てことで、相変わらずまとまりのない内容ですんません、、、なんですが
まあ、スミレの言語の発達に心配は尽きない日々ですが、
訓練できることは、家でぼちぼち試していってみようかなーと。

というか、相変わらず、スミレに関する悩みばかりですなあ。
ま、コウメも保育所でいろいろあるみたいなんですが、
これはこれで、また別の機会にお話しますーーーーーー。
(ていうか、親としてはあまり悩んでいないことなんでー)


ちょっとしかあそんでないー

スミレの発狂するときのパターンのひとつ。

「ちょっとしかあそんでないー」

だから、ご飯を食べる時間だよ、と言うだけで発狂。

お風呂に入るよ、と言うだけで発狂。

保育所に行くよ、と言うだけで発狂。

寝る時間だよ、と言うだけで発狂。

あ、1日4回も発狂してた・・・。




えーっと、ブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、
遊んでいないわけじゃないんですよ、スミレ。

パパとママと遊びたいと言うので、しっかりみっちり遊んであげているんですよ。
もうすぐ4歳になろうというのに、0歳児の後追い期の赤ちゃん以上に
べったりぐったりどっぷり遊んでいるんですよ。

それでも。

「ちょっとしかあそんでいないー」

で、発狂ですから。
病気ちゃうかな、
いや、病気だと断定してくれたほうがありがたいくらいですわ。


てことで、「ちょっとしかあそんでいないー」スミレを
ますます甘やかすために、いろいろおもちゃを作っています。

■的当て
R0011915.jpg
ナーシングカバーのワイヤーとして利用するために買った便座カバー(もち100均)。
肝心のカバー部分の利用方法が見つからなかったので、
的当てを作ってみました。
ボールはピンポン玉(100均)に、面ファスナーを付けて。



しげおには「できばえは100点満点でいうと10点だね」と言われましたが、なにか。



そもそも、コウメが「ボール投げ」というものに全く興味を示さず
ボールを投げることができなかったので、
なんとか「投げる」という行為を促してあげたくて作りました。

が、やはりコウメはこのおもちゃには食いつかず。

でも後日、粘土の塊をいろんなところに投げては喜んでいる姿を発見。

「あ、重さが大事だったんだー」


てことで、あまり活用されていない的当てですが、
ま、そのうち遊んでくれることを祈って。


■子供用スリング

赤ちゃんのためのスリングを作るため、生地のサンプルを取り寄せ
しげおと「どれがいいかなー」と相談していたところ、
「スミレのスリングは、これがいい」と言われたので
スミレ用にもスリングを作ってみました。

R0011916.jpg
いっちょまえに「しじら織り」で作りました。
リングなしの、超かんちんぷー、スリング。

ミッキーを抱っこして、寝かしつけしてくれております。
がんばれ。ママスミレ!


■モビール

工作第一弾。

万博に花見に行ったときに拾ってきた枝を使って
モビールを作ってみました。

R0011913.jpg

羊毛フェルトが大量に余っていたので、
スミレに球作りを任命。


ハマナカ フェルトボールメーカー ふって・ふって

これを使って球つくり。

ただし、これだけだと割れ目が生じるので、
最後は私がニードルでチクチク形を整えなければなりましぇん。

ていうか、ニードルの扱い方が未だになれず、
指、刺しまくりぃー、流血しまくりぃー、です。
手芸なんて、大嫌いっす(号泣)。

でもスミレはこのモビールづくり、いや、球作りを気に入ったようで
「また赤ちゃんのおもちゃ(モビール)作りたいー」と。

今週末、またチクチクやりますか。


ちなみに、この手の枝って、工作に最適でして、
こうやってモビールを作ったり、
モビールもどきの暖簾なんかも、こういう枝があれば作れるし
もっとたくさん枝があれば、楽器作りなんかもできるなあと思っているところです。


■季節の花コラージュ

公園で拾ってきた花を集めてコラージュしました。

R0011924.jpg
桜、タンポポ、などなど。スミレ作。

R0011925.jpg
コウメが拾ってきたものを、かあちゃんがコラージュ。

ちなみに昨年も同じ時期に同じことをしており、
R0011926.jpg
未だに玄関に飾ったままです。


■■■

てことで、相変わらずビンボー遊びしています。

こんだけ遊んであげても発狂されるんやったら、
もう一切遊んであげへんわ!って思うんですが。

早く幼稚園始まってくれー。
でもって「おうちより幼稚園の方が楽しい」と言ってくれー(無理だろうけどさー)。


赤ちゃんグッズ製作

入院前は、スミレやコウメのワンピやスカート等を作るつもりで
生地を購入したり、型紙をとったりしていたのですが、
服を作るとなると、かなり気合を入れないといけないし、
作っている途中で入院・・・てこともありうるので、今は断念しちょります。
(ていうか、赤ちゃん産まれたら、余計に作る時間ないねんけどー)


てことで、今は赤ちゃんグッズを作ることに。

かんちんぷー、で、直線縫いーーーーー、製作時間1時間程度のもの

を、かれこれ数週間前からちょこちょこ作っています。


■ナーシングカバー

いわゆる授乳ケープ。

コウメのときは、友人からナーシングカバーを借りていたのですが、
断乳とともに、返却してしまってて。

ネットで検索してみると、かんちんぷーで作れることがわかったので、
今回はハンドメイドすることに。

R0011923.jpg
アイロンをあてておらず、くしゃくしゃですが、お許しをー。

ソレイアードという生地を使ったので、
若干お金はかかってますが(といっても1300円程度)
安くで気に入った生地を見つけられれば、1000円で完成可能です。

巷で売っているナーシングカバーにも色々ありますが、ポイントはワイヤー。
ワイヤーなしのストールタイプのものは、授乳しにくいですし、
赤ちゃんの様子を見ることができないので、あまりおススメできません。

てことで、今回作ったものも、もちろんワイヤー入り。
ワイヤーは、便座カバーの芯を利用しました。
(「ナーシングカバー 作り方」で検索すると、
  便座カバーの芯を利用している人が多数おられます)

一人目のときは、必死で授乳室を探し、時には並び、
汗をかきかき授乳していたのですが、
二人目以降は、オープンマイハート!ならぬ、
オープンマイおっぱい!てな気持ちで、
公園で、百貨店のベンチで、レストランで、電車の中で、人ごみの中で、USJで
堂々とあげてましたからね。
三人目も同様、そこらじゅうで授乳しまくりたいと思います。


■スリング

コウメのときは、しじら織りの生地を使っていたのですが、
今回は、楊柳(クレープ)という生地を使ってみました。

北極しろくま堂のスリングも、楊柳で作られたものが売られていましたし
しじら織り同様、伸縮性のある丈夫な生地なので問題なかろうか、と。

色、柄も、少し個性的に。

R0011917.jpg
いっぱい抱っこしてあげよー。


■プレイマット

新生児から使えるようなアーチ&おもちゃがついたプレイマットを作りたかったのですが

音楽とライトアップで赤ちゃん発達♪フィッシャープライス プレシャスプラネット デラックスジム ベビージム プレイマット 20分のメロディ収録 7つのおもちゃ ねんね・ねがえり・おすわりの3WAY Fisher-Price 05P26mar10

こーゆーやつ。

アーチ部分をどうやって作ったらいいのかアイデアも浮かばず
そもそもアーチをつけたら、収納が大変やん!ってことで、
フツーのプレイマットを製作。

R0011918.jpg
表地:綿麻混合キルティング
裏地:昔、クッションカバー用にと思って買った激安の分厚い生地

表地、裏地の間に厚手のキルト芯を入れて縫い合わせました。

大量にあるハギレを利用したかったので、
風船や、うずまきとして縫い合わせました。

R0011920.jpg

R0011922.jpg
スミレの幼稚園用ナフキンのふちどりで作ったバイアステープを使って。

R0011921.jpg
赤、青、黄、の三原色は、赤ちゃんも大好き。

R0011919.jpg
甥のおさがりのトレーナーからファミちゃんだけを拝借。
(ヨダレ等のシミがあって、とても着せられるものじゃなかったしー)

ゆくゆくは、ニギニギやラトル等赤ちゃんおもちゃを紐にくくって
このプレイマットに縫い付ける予定です。


■モビール


【送料無料】(一部地域を除く) 童具館 ケルンボール


左バーのほしいものリストにも掲載しているこのモビールが欲しかったのですが
かんなり高価なものなので、作ってみました。


R0011914.jpg

羊毛フェルトで球を作り、
100均の(ナチュラルキッチンのね)ナベ敷きにくくりつけて完成。

あまり見栄えはよろしゅうないんですが、
赤ちゃんが喜んでくれたらそれでヨシですわ。


■■■

てことで、いろいろ作っています。ていうか、作り終わりました。

かんちんぷーで作れるものは、これくらいかなーと。

遊びにも行けないし、ひたすら自宅でゴロリンしてて
ストレスたまりまくりぃーなのですが、
こうやって何かを製作していると、気分が紛れます。

あ、そうそう、赤ちゃんの名前もほぼ決まりそうです。
(でもまだ決まっていない、てのがミソ)

あとは、安産を祈るばかりー。

もうすぐ34週ですーーーーーーーーー。


むにゃー

昨日は、朝から頻繁にお腹の張りを感じてダウン。
晩御飯後に飲んだ鉄錠の影響か、夜中には腹痛と吐き気でほとんど眠れず。
なんなんだー。ゲーリーじゃないけど、ごっつーしんどいぞー。

てことで、相変わらずおうち生活続けています。

土曜日は、しげお+スミレ+コウメのいつもの3人で万博にお花見に。
(もう誰にも「お母さんは?」と突っ込まれなくなったらしい)

日曜日には、これまたいつもの3人で近所の公園に行き
桜の花びらを拾い集めてきたので、作品づくり。
また今度写真アップしますー。

調子がよければ、買い物に出かけようと思っていたんですが、
(ていうか、味噌が切れたよ。味噌が!)
今日は大人しく寝転んでおきます。

ていうか、未だに腹痛がーーーーーーーーーーーーー。


むかしばなし

平日はスミレと2人で寝るので、
「おやすみまえの、よみきかせ」なるものをやっています。

コウメがいると、どうしても喧嘩になるし、
絵本の内容もコウメに合わせたものじゃないと間が持たないので
スミレと2人きりになったときにどうしてもやってみたかったのね。

で、今は、日本の昔話やらイソップ、グリム童話を1日1話読むように。


CDできくよみきかせおはなし絵本(1)


グリムおはなし絵本

いざ、自分の子供に読み聞かせてみると、
こういう昔話って、善と悪がはっきりしていてて、わかりやすい反面
ちょっと残酷すぎる内容が多くて、ドキドキ。
読み終えたあと、「こわいお話だったねー」としか言えず、
なんともまあ、心地悪い状態で布団に入るんですが(爆)。

でもまあ、こういう昔話も読み聞かせることで、
子供の世界が広がるんではなかろうか、と。

イマドキの絵本は、平和な内容ばかりで、
悪人かな?という登場人物も、最後は改心して善人になっているし
わかりにくいといえば、わかりにくいのかもーなんて思ったり。

ま、そんなわけで「おやすみまえのよみきかせ」続行中です。
将来は3人、それぞれに「おやすみまえの・・・」をやりたいなあと思ったり。
ていうか、そんな余裕ないやろうなあーーーーーーーーーーー。


***

余談

R0011900.jpg
ビーズをお皿に入れたり出したり・・・の開け移しがブームのスミレとコウメ。
あまりにもビーズが散らかるので、しげおの提案で箱に入って作業することに。

それでも、ビーズは床に散らかりーーーーーーーーーーーーーーーー。

こういう開け移しの作業って、楽しいと思うし、
思う存分やらせてあげたいけど、掃除する身にもなってくれーーーーーー(怒)。


ミッキー教

ほんとは昨日保育所を卒業する予定だったスミレですが、
あと1週間だけ引き続き通所することになりました。

ワタクシ、自宅安静、、、ですからね。
もう二度と切迫で入院したくないですし、
なってしまったら、幼稚園に通うのも難しくなりますし。

てことで、あと1週間だけは、人生最後(おそらく)の
のんびり期間を過ごしたいと思います。

■■■

最近のスミレの遊び相手は、コウメ、ではなく、ぬいぐるみのミッキー。

コウメには「かしてかして」と言われても貸してあげないのに
ミッキーには笑顔で「これ、ミッキーのだよー」とプレゼント。

先日、スミレ以外の家族全員が下痢で苦しんでいたときも
私たちには一言も優しい言葉をかけてくれなかったのに
ミッキーには、かいがいしくお世話をして。

生まれてくる赤ちゃんの沐浴を手伝ってもらおうと、
段ボール製のお風呂で沐浴方法を解説したところ、
早速ミッキーをタオルで巻いて沐浴を実践。

完全に信者です。
というか、我が子のように優しくお世話しています。

スミレによると、
ミッキーはまだ2歳でオムツもしているのですが
ミッキーのおうちは、福井のおばあちゃんのおうちの近くらしく、
おうちには、プリキュアのパジャマやシールもあって、
いろんなおもちゃがあって、ケーキもあるんだとか。

パラダイスやね。

てなわけで、日々、ミッキーとの空想(妄想?想像?)で盛り上がっています。

想像力、もっともっと膨らませて、ステキなパラダイスを作ってくださいな。
かあちゃんは、そういう妄想チックなん大好きですから。


ていうか、以前信仰していたファミちゃんは、いずこへーーーーーーーーーーーーーーーー。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす