03
1
2
5
6
7
11
13
14
17
19
20
22
24
25
26
27
28
30
   

妊娠9ヶ月

32週に入り、昨日、妊婦健診に行ってきました。

子宮頚管は短い(3.2センチ)が、
今までの生活を続けていけば、まあ問題ないでしょう

とのことで、引き続き次の健診までは自宅安静です。

赤ちゃんは34、35週に肺機能が完成するらしく、
34週未満で産まれてくると、自分で呼吸ができない場合が多いんだそうな。
34週以降37週未満だと、小さくはあるけど、
それ以外は問題なく、普通に生きていけるんだそうな。
加えて、出産予定の病院ではNICUもないので、
36週未満の場合は別の病院で出産することになるらしい(もしくは出産後、転院)。

てことで、とりあえず34週に入る2週間後までは安静、っちゅうことで。

赤ちゃんの推定体重は2100g。
ああ、なんか、大きくなってきたぞ・・・。やばいぞ。
私の腹周りは91センチ。でかすぎーーーーーーーーーーー。

私の体調は、といえば、
あの下痢騒ぎが落ち着いてからは、比較的安定しています。
といっても、さすがに9ヶ月なんでね。張りますよー。

でも実母には
「妊婦が動かないなんて、絶対にあかん!赤ちゃん生まれへんで!
 よくそんだけ横になってぐうたらしているな!
 動きなさい!歩きなさい!子供たちともっと遊びなさい!」と言われ・・・。

あのー、切迫早産の意味、わかってます???


てことで、まああと2週間なんで、
毎日非難めいたメールやら
電話やらかかってくることにも耐えてガンバッテマス・・・。

あ、そうそう。
やっぱり、今回も後期の血液検査に引っかかり、
鉄錠を処方されました・・・。

鉄錠を飲むと気持ち悪くなるんです・・・と訴えると
「ま、1日2回は飲んでほしいけど、気持ち悪いようなら1回でもいいよ。
 とにかく、細く長く飲み続けていってくれたらいいから」と。

ああ、よかった・・・。
お言葉通り、1日1回から初めて様子見させていただきますわ・・。


スポンサーサイト

冬の陣→春の乱

我が家の冬の陣は終わっていなかったーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


2月に切迫早産で入院し、無事退院、
自宅安静でなんとか順調に生活できており、
あとは5月の出産や!と思っていたのですが、

災い、再び、来る、

って感じで、先週水曜日は、一家で倒れていました。

原因はよくわからないのですが、

火曜日の夕方、保育所で下痢になったコウメ。
夜中に嘔吐、翌朝も下痢で、病院受診。その後は回復に。

コウメの嘔吐に付き合ったしげおも、火曜夜中に嘔吐、
翌朝も嘔吐と下痢を繰り返して、病院受診。
その後もしばらく嘔吐と下痢を繰り返し、翌日復活。

朝、その報告を受けたワタクシ、朝から下痢。
病院に行くこともできないくらいトイレから離れられず
水も受け付けられず、夜、病院受診。点滴でなんとか生き延びる。
夜中も下痢と戦い、翌日夜に復活。

スミレは幸い何の症状もなかったので、保育所へ。


とまあ、こんな感じで、えらいことになってまして。

ウィルス性の下痢ではなかったので、
3人とも1,2日で回復できたんですが
それにしても、下痢になると、ほんと何もできなくなるので辛いっす。

加えて、ワタクシ、妊婦ですからねえ。
しかもお腹が張りやすくなっている時期で
下痢なのかお腹の張りなのかわからんくらい
1~10分置きに、うおーーーーーーーーーーーーー!!!って叫んでいましたからね。
下痢じゃなかったら、まじ、陣痛だよ・・・ってくらい
苦しんでいましたからね。
ていうか、ほんと陣痛じゃなくてよかったよ・・・。

寒い時期はこういう胃腸炎が流行るので、
気をつけないとーとは思っていたけど。
もう3月だしなーなんて甘く見ていたけど、
ていうか、今回も(実は昨年のノロのときも)、
おうちで作った唐揚げを食べた人だけが、下痢になりましてね。

当分、唐揚げは作られへんわ。さいならー。唐揚げちゃーん。
鶏肉も怖くて食べられへんしーーーーーーーーー。

あ、そうそう、今回、初めて夫婦で試してみたのが
大人用のオムツ。

暖かいねー。心地いいねー。
子供たちがオムツ離れできない理由が、よくわかるよー。

というコウメも、そろそろトイトレしなあかんねんけどね。
保育所ではときどきオマルでおしっこしているらしいけど
おうちでも積極的に促してあげなあかんよなーと思いつつ・・・。


■■■

とまあ、こんな感じで冬の陣を戦った我が家ですが、
冬の陣とともに、2週間ほど前から春の乱も到来してまして。

あ、花粉じゃなくってよ。

春の乱。

ええ、乱。

乱れる。

ま、以前からずーっと乱れてはいたんですが、

スミレの乱です。

発狂しています。毎日。1日平均3回くらい。



原因はーーーーーーーーーー

春。

誰でも精神的に不安定になる時期ですからね。
私も幼い頃から春は、苦手でした。
苦手、というより、精神的に乱れてしまう時期で、自分でどうにもできなくて。


保育所生活2ヶ月目。

慣れてきたからこそ、いろいろストレスを感じたり
嫌なことがわかってきたり、我慢が限界にきたりしているんだろうね。おそらく。
お友達と楽しく遊んでいるみたいだし、
何をして遊んだのか、何が面白かったのか、帰ってきてから話してくれるので
楽しいのは楽しいんだろうけど。

しげおや私と離れて過ごすことを、頭で理解できる年齢になってきた分、
余計に「もっとパパとママと遊びたい」
という思いも強くなってきているみたいで、
保育所に行く時間になっても
「まだ早い、まだ遊びたい」と駄々をこねたり
お風呂に入る時間になっても
「まだ・・・」としつこくごねたり。


コウメの存在。

自由奔放で、いつも明るくて、笑っていて、
でも甘え上手で、すぐに抱っこしてもらえて、
そのくせ、何でもかんでもおもちゃを横取りしようとする妹・コウメ。

お姉ちゃんの行動をよく見ているので、
要領がよく、食べるのも早ければ、身支度も早く、
その分、誉められる回数も多く、
スミレがぼーっとしている間に、たくさんの遊びをこなし、
スミレがやろうと思っていたことを先にやられることもしばしば。

要領よく動けるのは、下の子の特権で
要領が悪いのは上の子ならでは、のことなので、
私たち大人は「そんなもんやなー」って気楽に考えているけど
スミレはそうではないみたい。
すごく焦りを感じているというか、劣等感を抱いているというか。

「なんで、コウメ、食べるの早いの?」
「なんで、コウメ、着替えるの早いの?」

と、素朴な質問を投げかけてきて。

で、いざ、自分の方が早くにできると

すっごく得意満面になって
「今日はスミレの方が早かったよ!」
「スミレ、一等賞だったよ!」と報告。


ま、そんな感じで、いろんなことが重なり合って、
乱れているんだとは思うんですが、ね。

いつも読んでいるブログ虹色教室通信でも、
3,4歳のわがまますぎる要求にどう対応すればいいのか、という記事が載っていたくらい
3,4歳でも、まだまだ発狂する子供がいて、
悩んでいる親もいるってことがわかっただけで
少し気が楽になったりもするんですが。

記事にも書いてあったのですが、子供もいろいろで
要求が多い子、要求を上手く表現できない子もいるみたいで、
スミレはまさにそのタイプかなあ、と。

特に今は、アピールの上手いコウメの相手をするのが精一杯で
加えて、私は切迫で安易に動けない状態で、
さらに、しげおは年度末で仕事が超忙しくて、子供たちの相手もできず
「構ってほしいーーーーーーーーーーーーー」という要求を
受け入れることができないのが現状で
確かに、スミレが爆発するのも、無理はないなあと。

爆発の仕方も、明らかに無理な要求を突きつけてくる傾向が出てきてて。

例えば、晩御飯時に
「今日は、○○の服が着たかった。先生に見せたかった」とごねだし
永遠に同じ言葉を繰り返して泣き叫ぶ、というパターン。

親を困らせたいという発言をして、半ば自虐的になり、
結局、私たちから罵倒を浴びて、
事態は取り返しのつかない状態まで陥いるという行為を
1日に3回も繰り返せば、まあ、すごいですよ。

1日中、誰かが叫んで、泣いて、いろんなモノが飛んでいますからね。

コウメもそんな状態の中にいるからか、
ときどき訳もなく泣いたり、
すごく不安そうな表情で私たちの顔色を伺っていますからね。

ああ、酷い。まじで、酷い春の乱っす。

虐待として通報されても、言い訳できないくらいですけど、
虐待を通報するなら、その前に、親に手を差し伸べてほしいと思うのは
勝手な言い訳なのかねえ。

ご近所さんは、皆、良い人なので
「何かあったら言ってね」とは言ってくれるけど、
家の中が狂っている状態でも(もち、家の中の声が外に響いていても)
外でワイワイ井戸端会議をやっているだけで、
誰一人、インターホンを鳴らしたり、
「大丈夫?子供たちの面倒みるよ」と言う人はおらず。

ああ、やっぱり今の世の中って、良い人よりも
おせっかい焼いてくれるちょっと迷惑な人がいてくれる方が
ありがたいなあーなんて思ったり。

ま、そんな感じで、春の乱、まだまだ続きそうです。

我が家が落ち着くのはいつになるやらーーーーーーーー。
夏休みまでに落ち着いて暮れたらいいんだけどーーーーーーーーーー。
ていうか、その頃には、夏の乱がやってきたりしてーーーーーーーーーーー。


ハートキャッチプリキュアのアイテム完成/ビンボーネタ

2月に始まったハートキャッチプリキュア。

初めは、フレッシュプリキュアのことが忘れられなかったスミレですが
今では「スミレはキュアブロッサムなの!」と
既にハートキャッチプリキュアの熱烈信仰者になりました。

で、もちろん、例のアイテムが欲しくなるわけなんですが、
我が家では、当然のように、手作りで解決。

R0011834.jpg
フラワータクト。

*作り方*

1.空のたまごパックにビーズを入れてテープで閉じる
2.ラップの芯にデコレーションする
 (我が家では、カラーセロファンとシールを貼りました)
3.たまごパックとラップの芯をガムテープで合体

以上!


R0011888.jpg
ココロポット。

*作り方*

1.クリームの空き箱にデコレーションする
  (我が家では、キラキラシールを貼りました)

2.ビー玉を入れる

以上!



R0011892.jpg
ココロパフューム。

*作り方*

1.旅行用の化粧水入れ(100均で売っているようなん)などにデコレーションする
  (我が家では、キラキラシールを貼りました)

2.ビーズを入れる

3.首なり腰に付けられるよう、毛糸で結ぶ

以上!




全て、スミレとともに製作。

あ、フラワータクトはコウメも一緒に作りました(むちゃくちゃやったけど・・)。

ま、しげおには散々けなされたけどさ・・・。

てことで、娘たちのお気に入りのおもちゃになりました。

毎晩、フラワータクトを片手に、悪い子ちゃん役のしげおをやっつけています。


■■■
★ビンボーネタ1★

でまあ、こんな工作をしているからなのか、
部屋に段ボールの箱やトイレットペーパーの芯が転がっているのを見つけると

「段ボール使っていい?おもちゃにするの!」だの

「トイレットペーパーの芯、これ、スミレのよ!スミレが見つけたのよ!
 コウメには貸してあげないよ!!!」だの

まるで高価なおもちゃを見つけたかのような発言をします。

ま、我が家では、段ボールやトイペの芯、プラスチックの容器などは
遊びの中で主役級の活躍をするので、大切に扱っているのが現状なんですが
スミレのセリフだけを聞くと、
なんともまあ、貧乏くさいおうちの子だななあと思ってしまって・・・。


★ビンボーネタ2★

チョコレートがたくさん入っていた空き箱を、くんくん嗅ぎ、
「ねえ、いいにおいがするよー」と言う娘。

先日は、しげおに買ってもらった幼児用のガムの空きケースを持ってきて
「いいにおいがするよー」と大切に保管する娘。

どちらもスミレの話なんですが、
これもまあ、なんちゅうか、ビンボーくさい行為だなあと。

ま、大人の私たちもついついやっちゃうんですけどね。
飽食の時代なのに、肝心のお菓子はもうないのに
匂いを嗅いで幸せな気分になれる娘って・・・、やっぱ、ビンボー?

ちなみに、チョコの空き箱は、1ヶ月前に渡したものなんですが、
未だに甘い匂いがするので、大活躍です。

でも、ええとこの子は、こんなこと、せーへんよね・・・きっと・・・。


卒室式

昨日、幼児教室の卒室式に行ってきました。

入院が決まったときは、退院する目途が全くたたず
卒室式には出席できないと思っていただけに、
出席できて、ほんと嬉しかったです。

名称未設定-1.jpg
保育証書授与。

名前を呼ばれたときには大きな声で返事できたものの、
おじぎもせず、ありがとうございました、とも言えず
・・・だったけど、ま、いいっか(笑)。

3歳クラスのお友達は、みんなわけわからん・・・感じで
とりあえず授与されていただけだったけど、
お兄ちゃん、お姉ちゃんクラス(4,5,6歳児)のお友達は
さっすがー!って思うくらい、ちゃんとお辞儀したり、ありがとう、と言ったり。
練習なんて一切していないのに、これだけできるって、すごいですわ。

スミレと少しでもいいから離れたい・・・との思いから
保育園や幼児教室を検討していたのが昨年の今頃。
「歩かせます」の一言で、この幼児教室に決めたんだけど、
ほんと行ってよかったなあと。

週2回だけでは、お友達なんてできないだろうと思っていたけど、
最終的には、イチコちゃんとミウちゃんというお友達もできて
卒室式のときには、ずーっと3人で手をつないで行動してて、
ああ、ほんと楽しそうだなあ、って。

送迎のときに、ちょこっとしゃべる程度のママ仲間だったけど、
イチコちゃんママ、ミウちゃんママともメルアド交換して
これからもときどき遊ぼうね、の約束もできて、
かあちゃんとしては、大満足ですわ。

以前住んでいたところで知り合ったママ友との関係が心地よすぎたのか、
こっちに引っ越してきてから、ママ友作りには少し苦労してて。
でも幼児教室に通わせているママは
「1人の時間がほしい」という考え方が最初から一致しているから
すごく話しがしやすく、子供たちの雰囲気も似てて(ママから離れん・・・)
親子ともども、安心できた存在でした。

ああ、ほんとよかった。
4月からの幼稚園でも、こういう思いができたらなあ。


ちなみにコウメは赤ちゃん誕生後1ヶ月ほどしたら、
保育所から幼児教室に転園する予定です。

よほどのことがなければ、そのまま来年も、もしかすると再来年も
幼児教室にお世話になろうかなあ、と。
ほんとは来年、スミレと同じ幼稚園に入園できるんだけど、
子供3人を私立の幼稚園に通わすとなると、経済的にすんごい負担になって。

せめてコウメだけでも公立に。
いや、3番目ちゃんも公立に・・・というのが母の希望・・・。
お弁当も毎日だし、1学期はめちゃくちゃ早くに帰宅する公立幼稚園だけど
ま、それもアリかなあ、なんて。
1人目よりかは、余裕持って育児できるようになっているし、
何が何でも離れないと!とも思わないし、
公立に入るまでは、幼児教室に通わせるつもりだし・・・。
なーんてことを考え中。

最近、3人子育て中のママ友と幼稚園話をすることが多いんだけど、
たいてい1人目は私立の幼稚園で、
2人目以降は経済的な理由により公立・・・というパターンになっているみたい。

でもって、習い事もしばらくはナシ。

これも経済的な理由が大きいけど、
3人おったら、3人で遊べばええやん、って感じで。
習い事するよりも、家の手伝いせえや!妹の面倒みてくれや!
姉妹喧嘩で、人間関係を学べや!わからんことあったら姉ちゃんに聞けや!
って思うんですわ。だから習い事は必要ないだろうなあ、と。

とはいえ、いつか、水泳やらピアノやらやらせたいという思いもあるんやけどね。
ま、いつかね。いつか本人がやりたいと言い出せば・・・ね。

ていうか、今回の入院で、2人を急に保育所に通わせることになり
しかも無認可の保育所だから、保育料も馬鹿にならん感じで
ひぃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーですねん。

でも、入院したおかげで(というか、今も自宅安静のおかげで)
しげおが平日、娘たちと遊ぶ時間も増えたし、
何より、晩御飯を家族全員で食べられることが、ほんと嬉しくって。

スミレが産まれて以来、しげおと会話できるのは休日だけだったので
今が一番よくおしゃべりできているなあ、と。
ああ、幸せだなあ、と。
こういう生活が、これからも毎日続けばいいのに、、、と。

晩御飯を家族全員で食べることが当たり前にできる家庭って
今のご時勢、ほとんどないんだろうけど
でも、当たり前にできたら、母親の育児がラクになるのは明らか。

一緒に食べて、子供たちの食事の世話も一緒にして、
世間話して・・・って、ほんとそれだけのことで
家族はみんな幸せになれるんだよなあ、と。


てことで、締まりのない話で、今日はおしまい。
オチがなくて、ごめんねーーーーーー。


ナフキン、タオルのふちどり完成

スミレの入園準備。

必須ではないのですが、
長持ちする&可愛いから、と先輩ママに言われて
ナフキンとタオルをふちどってみました。

R0011828.jpg

バイアステープを一から作り、
ナフキン、タオル計8枚にふちどりを施すのは
地味に大変でした・・・。はあ。

あとは、名付け作業、約半分・・・。

ぎゃんばるぞい。


妊婦健診~30週~

ドッキドキの妊婦健診に行ってきました。

子宮頚管は短くなっておらず、安定しているね、とのことで、
引き続き、薬を飲みつつ、自宅安静生活を続けることになりました。

現在30週。
赤ちゃんは1700gで、急激に大きくなってきているんだそうな。
ていうか、私の体重も恐ろしいくらい増えているんで、
それが原因でしょうか。ええ、そうでしょうな・・・(遠い目)。

健診では、切迫入院友達に会い、お互いの近況報告をしたり
「どれくらい動いている?」とお互いの生活を探りあったり。

妊娠期間中に他の妊婦さんと友達になる機会なんて滅多にないので
妊友ができて、大変嬉しいです。
ええ。ワクワクドキドキの初産婦みたいで。

ま、そんなわけで、引き続き安静生活が続きます。

暖かくなってきたので、遊びに行きたいよー!
公園で遊びたいよー!
お買い物したいよー!
美味しいもん、食べに行きたいよー!

と、欲求が激しくなるばかりですが、
もうしばらくのんびりさせてもらいますわ。

早く来い来い34週・・・(あと1ヶ月ーーーー!!!)。


としごのあそび

遊び、の話。

・朝ご飯を食べた後~保育所に行くまでの時間
・保育所から戻ってきて晩御飯までの時間
・晩御飯後~お風呂までの時間
・土日

保育所生活のおかげで、私が娘たちと遊べる時間は上記だけ。
といっても、やはり動けば動くほど(座っているだけでもね)
お腹が張って苦しいので、実際に遊んでいるのはもっと短いんだけど。

スミレとコウメが同じ遊びをするようになって嬉しい!と思ったのもつかの間、
2人が同じ遊びをすれば、必ずそこには「取り合い合戦」ってのが発生し、
叩き合い、どつき合い、どちらかが泣くまで激しく戦っています。

てことで、スミレとコウメ、別々の遊びを提案してみることに。



まずスミレ。

ひらがなが読めるようになってきたので
カルタ遊びでもしようかな、と札を広げると
「コウメも!」と積極的に参戦。
スミレと決めたルールを無視し、
場をぐちゃぐちゃに乱して解散する羽目に。


一方のコウメ。

めずらしくピンボードに興味を示したので、
ゆっくり見守っていたら、スミレが参戦。
一緒にやり始めたら、コウメが怒り出して、終了。

 

てなわけで、1人が楽しそうに遊んでいたら、
もう1人も必ずくっついてくる、、、というのが現状で
月齢に合った遊びに発展しない・・・のが最近の悩みの種です。

で、結局、いつものままごと遊びに・・・。

ままごと、といっても、
スミレとコウメで役割を決めて遊ぶ、ことはまだできず
2人がそれぞれ、しげおや私相手に、ご飯を作って持ってきたり
「お買い物をしてきたよ」と言って、買ってきたものを見せてくれたり。

2人の好きな遊びではあるけど、
これも最終的には「取り合い合戦」で楽しい時間は終わってしまうので
後味が悪くてねえ・・・。


なんかさ、もっと穏やかに(ま、無理やろうけど)
2人で遊べないなら1人ずつ別々の遊びをしたらいいのにーなんて思うんですが。

月齢的に難しいんやろうかねー。
体調がいいときくらいは、一緒に遊んであげたいし、
可能なら、スミレコウメそれぞれとみっちり遊んであげたいんやけどねー。

年子兄弟姉妹のご家庭では、いつもどんな遊びをしているのかしら。
年子に限らず2歳差の兄弟姉妹のところも、こんなんが普通なのかなあ。

ま、一番安全で喧嘩しないのは、
公園で走り回ったり滑り台や遊具で遊ぶことなんだけどね。
(昨日は暖かったので、1日中外で遊んでました。平和だー。
 その代わり、しげおがぶっ倒れていたけど...爆)


いつまで続くのか

スミレは毎日、ぬいぐるみのミッキーマウスの誕生日会をしています。

かれこれ4日ほど・・・。

「明日はね、ミッキーの誕生日なの。2歳になるの」といって眠りにつくこと4日目。

保育所から戻ってくると
「ハッピーバースデーの歌、歌うよ」
と、半強制的にハッピーバースデー♪を歌わされ、
折り紙やビー玉で作ったケーキに飾りつけをしては喜んでいます。

コウメの誕生日を家族で祝い、
保育所でも祝っていた様子が相当羨ましかったのか・・・。

ま、平和な毎日ですわ。

スミレの誕生日、なにしよー。
普通にケーキ買ってきて、プレゼントあげるだけでええよなー。
ていうか、入院になってへんかったらええんやけどー。
未だに切迫早産におびえる日々ーーーーーーーーーーーー。


スミレ3歳11ヶ月の成長記録

R0011578.jpg
この写真を見て、大爆笑。
あんたのお腹ですよ・・・。

R0011641.jpg
「それって、面白い考え方だね」
「ああ、面白いー」と言っては満々の笑みを浮かべるスミレ。

「面白い」ことが大変価値のあることであり、大変嬉しいことらしいです。
素晴らしいことです。大変素晴らしいです。かあちゃん、感動です。
これからも「面白い」ことの価値をわかる女性になってほしいです。
「面白い」ことをトコトン追求できるステキな人間に成長してほしいです。


てことで、スミレ3歳11ヶ月の成長記録を。

■保育所生活

今まで何度もお世話になった保育所であり、
入所後1ヶ月過ぎたにもかかわらず、
遊び始めるまでに時間がかかるのだとか。

コウメが遊び始めて初めて動き始めたり、
気分が乗らない日は、午後にならないと動かなかったり。

それでも4歳のお友達(みーちゃん)が遊びに誘ってくれると
途端に笑顔になり、一緒に遊び始めたり、
おしゃべりしたり、ごっつー楽しそうにしているのだとか。

幼児教室でも1月に入り、ようやくお友達と遊べるようになり
それはそれでとても楽しい日々を過ごしていたのですが、
保育所でも仲の良い(ちょっと積極的な)女の子がいると
心を許し、一緒に遊んだり、楽しいときを過ごせるみたい。

幼稚園でもそういうお友達ができたら、
楽しい園生活が送れるんだろうね。


てことで、入所当初はコウメとべったりだったスミレも
こんな感じでみーちゃんやまやちゃん(こちらも4歳らしい)と
楽しい保育所生活を送っているようです。
ときどき泣いて帰ってくることもあるけど、
お友達の存在や、自分の気持ちを言葉で表現できるおかげか
コウメほどストレスは溜めていない模様。

なんやかんや言うても、コウメが困っていたり、
コウメが面白いことをしていたら、先生に報告しに行ったり・・・と
お姉ちゃんぷりも発揮していて、頼もしい限り。ああ、成長したね、スミレ・・・。

そんなスミレも4月からは予定通り、幼稚園が始まります。

かあちゃん、昨日は、ゼッケン付けに励みましたよ。
ゼッケンの取り付け方法は、なみ縫いか、まつり縫いかすらもわからず、
とりあえず、なみ縫いでがんばってみたのですが、
はあ、肩がコリコリっすよ。

でもって、その後、ご近所ママに聞いたところ
「アイロン接着が主流だよ」と言われちまって撃沈。
アイロン接着だと取り外せないと思っていたんですが、
もう一度アイロンで熱を加えれば、はがせるんだとさーーーーーーーー。
来年からは、アイロンだーーーーーーーーーーーーー!!!


■好きな遊び

コウメ同様、ひたすら「おままごと」で遊んでいます。


おりがみでおみせやさん
入院中、ネットで購入したこの本。

早速、役に立っており、
スミレとともにアイスクリームやあめちゃんを作って遊んでいます。
(その代わり、ゴミは増えますがーーーーーーー)


■言葉

ひらがなは、90%くらい読めるようになりました。

書く練習はあんまりやっていないかなあ。
書きたがってはいるけど、うまく誘導できなくて。
ま、そのうち、できるようになるだろうなあ、なんて思ったり。

ひらがな関連のおもちゃを段ボールで作りたいなあーと思うも
体調やら、家事やらで、なかなか手作り時間を設けることもできず・・・の状態です。

ま、そのうち。そのうち。


■睡眠

保育所生活が始まり、昼寝をするようになりました。
おかげで、夜の就寝時間も10時~11時に。
ま、幼稚園が始まったらまた昼寝なしになるので、いいんですが。


■バカウケ

先述どおり、面白いことに反応するようになったスミレ。
1人で変な言葉を発しては「ぎゃははー、へんなの」と言い
自分の変顔写真を見ては「なにこれー!!!ぎゃははははー」と大爆笑。

でもって、あり得ないことに、最近では
「うんち」「おしっこ」の言葉に異様に反応するようになりました。

「ちょっと待ってうんちー」「ありがとううんちー」
「こちらであそぶでうんちー」「ごはんをたべるでうんちー」と
会話の全てに「うんち」を付けては大喜び。

「おしっこコウメぇ」「おしっこおしっこミッキー」と
「おしっこ」に関しては形容詞のように用いてはギャハハハー。

女の子なのに。3姉妹の長女になる人が、こんなんでええのかーーーーーーーー!!!

うんち、おしっこ、に反応するのは男の子だけだと思っていたので
かあちゃん、軽くショックですぅーーーーーーーーーーーーー。




そんなわけで、もうすぐ4歳を迎えるスミレ。

大阪の子として、笑いの道に進むのもアリやけど、
もう少し可愛い女の子になってほしいと思う今日この頃・・・。


コウメ2歳の成長記録

「魔の2才児」突入です。

以前からイヤイヤが始まり、最高潮に達した感を何度も繰り返し
イヤイヤの記録を何度も塗り変え、それでもイヤイヤは激しくなるばかり。
今は「手がつけられない」レベルのイヤイヤ期にさしかかりました。
ま、スミレの経験からいうと、あと1年はこの状態が続くと思われます(怖)。

それにしても、スミレもコウメも赤ちゃん誕生時とイヤイヤ期が重なって
なんとまあ面倒くさいというか、よりによってというか・・・。
ま、しゃーないんすけどね。


てことで、2歳の成長記録。


■保育所生活

保育所生活も1ヶ月が過ぎました。

児童館等の広場に行っても、どんだけ魅力的なおもちゃがあっても
じっくり様子を見てから行動を始める娘たち。
それでも二女だからなのか、好奇心旺盛だからなのか
コウメの方が先に、おもちゃで遊び始めるのだとか。

まだお友達と言える仲間はおらず、スミレと同じことをして遊んだり、
同じくらいの月齢の子供とおもちゃの取り合い、場所の取り合いで
叩き合ったり、どつき合ったりしているみたいです。

連絡帳に「叩き合いっこをして泣いていました」と書かれるよりも
「叩き合いっこをして○○くんを泣かしました」と書かれている回数の方が多いです。
家の中でもお姉ちゃん相手にどつき合っていますからねえ、
男の子相手であろうと、コウメは強いわ。たくましいぜ。

入所当初は、常にスミレと一緒に遊んでいたらしいのですが、
今では別々の遊びも楽しめるようになったのだとか。

ちなみにコウメは4月以降も保育所にお世話になる予定です。

4月中旬以降は、私も普通に生活できるようになる(だろう)けど、
再度入院てこともあり得るし、産後、ファミサポさんに頼む費用等考えると
保育所でしばらくお世話になる方が、現実的かなあと思って。

てことで、コウメにはしばらく試練の日々を送ってもらうことに。
ま、保育所での生活は、いろいろストレスはあるだろうけど、
家では経験できないことをたくさんさせてもらえるし、
家族以外のいろんな人と過ごすという経験ができて、それはそれでOKかなと。


■言葉

よくしゃべるようになりました。
というか、ほんまに、常にしゃべっています。
ご飯のときも、めちゃくちゃよく食べるくせに、
めちゃくちゃよくしゃべっています。

確かに嫌なことがあったときは、すぐに手が出るのですが

「おねえちゃん、きちゃだめ」とか
「せまい。どいて」とか

自分の気持ちをちゃんと言葉にできるようになったのは、成長の証かなと。

とりあえず、スミレの言葉を真似ているようで、
言われたら同じ言葉で言い返しています。
会話が噛み合っていなくて、面白いです。


■好きな遊び

保育所でも家でもひたすら「おままごと」をしています。

ビー玉やおはじき、はなはじき、輪ゴム、ストロー等々の材料を
お皿に入れたり、紙コップに入れたり、お鍋に入れたり、袋に入れたり
こぼしては「こぼれたー!!!!」と泣き叫び、
「自分で拾って」と促せば
「ママ、拾ってー」と他力本願っぷりを発揮し・・・の連続です。

毎日こんな感じです。よう飽きないね・・・。


スミレが糊でコラージュ遊びをしていたら、
コウメも「のり、ほしい」と糊遊びに没頭。
「貼る」という作業よりも、
あの糊の感覚(幼稚園で使う、あの白い糊ね)が好きで
ひたすらベトベト手につけては喜んでいます。


絵に関しては、以前からお姉ちゃんと張り合っては
「みみりん、かいた」「しし(しまじろう)かいた」と言っては
謎の殴り描きを見せてくれていたのですが、
昨晩は「ふうせん!」と言って、丸いものを描いていました。
それらしいものを描けたのは、初めてかも。


■睡眠

おかげさまで、よく眠ってくれています。
週末だけコウメと一緒に寝ているのですが、
トントンもせず、ひたすら添い寝(というか、ほったらかし)
で寝かしつけたところ、成功しました。

ああ、ラクだ。ほんとラクだ。

コウメは、断乳の際も、
半ば強引に私の手の届かないところで決行されたので
すんなりおっぱいバイバイができて、本当にラクでしたし、
ほんとうにありがたやーですわ。


■2歳の誕生日プレゼント

以前「何がほしい?」と聞いたところ
「おかし」との返事がもらえたので、
リクエストどおり、お菓子が2歳の誕生日プレゼントです(安上がりぃー!!!)。

R0011802.jpg
晩御飯後、仲良くお菓子タイム。

でもまあ、お菓子だけでは華がないので、
ポシェットも作ってみました。

R0011803.jpg
なんの工夫もない、ただのポシェットです・・・。

でもって、ポシェットを気に入ったのは、
コウメではなくスミレの方でして
「スミレの誕生日には、かばんとプリキュアのハンカチにして」
とリクエストされました。

ついでに
「スミレは、お菓子は要らないよ」と。

てことで、我が家の誕生日プレゼントはズバリ「手作りもの」に決定しましたっ!
安上がりで嬉しい!手間隙は多少かかるけど、それでもいいっ!

ああ、リーズナブルな娘たちで、かあちゃん、幸せだよーーーーーーーーーー!!!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす