01
1
2
6
7
8
9
12
14
15
16
18
20
21
24
25
26
28
29
30
   

7ヶ月でパンパンでっせー

ここ数日、お腹が張りまくりぃ~でございます。

張るといっても、痛みが伴わないものなので、心配する必要はないんだけど、
赤ちゃんが動くたびに、胃がぐおおおおーと押し上げられて、おえおえおえー。
てなわけで、風船が破裂するー!そんな感じのお腹をかかえては
ハンドメイドに精を出す気にもなれず、
昨晩は映画・ハッピーフライトを観て、ごろごろしてました。

それにしても、創作意欲はあるのに、
作りたい服の型紙と生地だけが増えていくばかりで、ほんま、とほほですわ。

ていうか、先日7ヶ月に突入したばかりなんすけど。
パンパン具合なんて臨月並みなんすけど。
スミレやコウメがお腹にいたときって、こんなに苦しんだ覚えがないんすけど。
忘れただけかい?

ああ、苦しいですー。ほんま、おえおえーですー。

■■■

今日は久しぶりに朝食を外で食べました。

家族4人で「フレッシュプリキュア」の最終回を観た後、
しげおを除く3人で、マイカルへ。
「ハッピーセットがいい」と言うので、スミレとコウメはマクドで。
わたしはスタバ。カフェモカ&チョコレートチャンクスコーンの
超甘甘セットを堪能しちまいました。ああ、美味しかったー。

スコーンは、ホイップをトッピングしたほうが断然美味しいんやけど、
今回は持ち帰り(フードコートで食す)だったので、断念。
あああ、今度は、独りでゆっくり楽しみたいーーー。
つーか、久しぶりのスタバ、最高やー。毎日行きたいー!!!


実は、マイカルに行くと必ず立ち寄るところがありまして。
スミレは「アンパンマンのおもちゃがあるところ」と命名しているのですが、
要は「ゲームコーナー」ですわ。

ただ、わたしもしげおも基本的にケチで、
幼少時代、そういうところで遊んだ経験がないものだから、
未だかつて、ゲームコーナーでお金を投入したことは一度もありません。

平日は、お母さんが子供を連れてくる場合が多いから
お金を入れずに遊ぶ光景はごくごく普通なのですが、
今日は日曜日。しかも雨の日の日曜日。
どこにも行くことがない人たちは、自然とマイカルへーーーー。

てことで、ゲームコーナーも混みこみ。
しかも、じいじばあばやお父さんたちが、お金を入れる入れる・・・。
動く動くマシンたちぃ~~~~~~~~~~~~~~~~~。

幸い、うちの娘たちは、未だに「お金を入れると動く」ものだと思っていないし
今日のように動きまくる周りのマシンを見ても平然としていたんですが
いつか真実を知る日がくるのかと思うと、怖くてねえ。

てなわけで、今日も無事、タダでゲームコーナーを立ち去ることに成功。

でも、もう簡単には近寄りたくないよ・・・。


ま、そんな話はさておき。
マイカルに行ってビックリしたことがひとつ。

何が驚いたって、
プリキュアのキャラもんの服やグッズ、ソーセージのパッケージが全て
「新しいプリキュア」に差し替えられていたことーーーーーーーーーー!!!

早いー!早すぎるー!

今日、最終回が放送されたばっかりやで。
もうちょっとさ、今のプリキュアの良さを語り合いたかったのに。
新しいプリキュアの放送は来週からなんやから、
グッズ等差し替えるのは、来週でええやんかーーーーーーーーー!!!


なんかさ、働く人としては、
東映アニメーションや朝日放送の考え方、戦略は理解できるけどね。
あ、そうそう、サンリオもジュエルペットのように
やたらめったらキャラクターの数を増やすのも、どうかと思うんだけど。

とにかく。

東映もサンリオも、幼児の親世代の人が中心になって作っているんだったら
毎年毎年リニューアルされたり、キャラが多すぎるのって、
教育上どうなの?って思うはずなのに
やっぱ教育的なことよりも、あれよね。利益優先なんだよね。悲しいよね。

ああ、嘆いても仕方ないけど、それが現実なんだよな。
B社でも「自分の子供には自社のものを使わせていない」人っていたしね。
今後、教育に携わることになったら、
自分の子供に・・目線を忘れない働き人になりたいね。理想論かもしれないけど。

■■■

そうそう。先週、今週と、庭仕事をがんばりました。

ていうか、秋以降、つわりを理由にほったらかしにしていたら、
草はボウボウやわ、ゴミたまりまくりやわ、花は全く咲いていないやわで
散々な状態でして。ええ、わかってますよ、今、1月ですよ。
春、夏の花を植えるには早すぎますよ。

でも春になったら、ワタクシ、妊娠後期ですしね。
ていうか、今でもオエオエーな状態なんですから、
あと2ヵ月後には、庭仕事なんてできるわけもなく、ぶっ倒れているのがオチっすよ。

てことで、早すぎるーとは思いつつ、
伸びきった枝葉をチョキンチョキン。
気に入らない草木は、思い切って引っこ抜き
「今年はハーブを育てるぞ!」と思い立ち、
ローズマリー、タイム、オレガノを植えました。

ていうか、やっぱまだ寒いよね。
ハーブたち、越冬できるんやろうか・・・。


■■■

とはいえ、今冬はあまり寒くないので、
夜もオイルヒーターなしで、湯たんぽと加湿器だけで乗り切っています。
おかげで、電気代は昨年より格段に安く済んでいます。いえーい!

でも、今年はインフルエンザの予防接種代がね、相当かかったけどね(号泣)。
ようやく、わたしも娘たちも新型&季節性のワクチン、
接種できました。やっとだね・・・。


■■■

今日は、スミレとコウメとともにちらし寿司作りに挑戦。
相変わらず包丁さばきがごっつー怖いスミレですが、
きゅうりとチーズを切ってもらいました。
コウメは、ボンメルシィリトルの付録でもらった
簡単な包丁(つーかプラスチックナイフ?)でカニカマをざくざく。

相変わらず役割分担が難しいけど、
ぼちぼちいろんな料理に挑戦していこうと思います。

てなわけで、えーっと、近況報告でした。ちゃんちゃん。


スポンサーサイト

眠りのメカニズム

子供たちの眠りには人一倍悩まされている母でございます。こんにちは。

ここ1ヶ月は、コウメの昼寝の寝かしつけの際、スミレも一緒にお布団に入って
寝たふりをして待っていてもらうようにしているのですが
先に寝るのは決まって、スミレ。
ものの15分で、ぐーすかイビキをかいています。
一方のコウメは1時間経っても、しゃべり続けています。

ていうか、スミレ、3歳9ヶ月にして、昼寝再開っすか!(怒)

ま、そんなスミレも0歳から3歳半までは、なかなか寝つけないタイプの子供でした。


スミレもコウメも、ベビーマッサージやトントン、
おんぶに抱っこ、いろいろ試したものの
なかなか寝れないのは、身体と脳が興奮状態にあるから。

精神状態が興奮→普通の状態にまで落ち着けさえすれば、
普通→眠りたいモードへと導くのは超簡単。
それこそ、ベビーマッサージなりトントンでコテン・・・。

0歳の頃から、興奮→普通の状態にするのが上手い子供もいれば
スミレのように3歳半になるまで、なかなかできない子供もいて、
こればっかりは、ベビーマッサージ等で解決できないなあと。

もちろん、昼間の運動量が眠りに影響することもあるけど、
スミレよりコウメの方が運動量が多いはずなのに、
なかなか寝つけない事実を見れば明らかなように、
どんだけ運動量が激しくても、興奮状態を脱することができない限り、
眠ることは不可能なんです。

んで、何が言いたかったか、というと
「興奮状態から普通の状態に持っていくにはどうしたらいいのか、誰か教えてくれ!」

ていうか、
「そこんとこ、もっと研究してくれ!」

と思ったまでです。はい。

てことで、一昨日、昨日、ともに、スミレも昼寝をしたせいで、
夜は8時から11時までスミレとコウメの寝かしつけに時間を割かれてしまいました。
もち、わたしも何度も沈没しかけるのですが、そのたびに
「ママ、トントンして・・・」とスミレに起こされ、
全くもって寝た気分になれず、で、とほほな日々を過ごしています。

ああ、なんか最近、疲労日記ばっかだね・・・。ごめんね・・・。
楽しい話題が見つかったら、ご報告しますね・・・。


娘たちの遊び~その7~

関西生まれの関西育ちのわたしですが、
実家にはたこ焼き器なるものは一切存在せず、
もちろん、家でもたこ焼きを食べたことはありませんでした。
(もっぱら、お店で買う派)

が、しかし・・・

我が家にもたこ焼き器を投入することになりました(拍手!!!)

というのも、スギ薬局のポイントが貯まったので、
たこ焼き器と交換したまででして。あはは。買ったわけじゃあーありません。

で、早速、昼ごはんに、初たこ焼きに挑戦。

スミレには白菜とニラを刻んでもらい、
たまごを割って、かき混ぜる作業を託してみました。

左手がパーになって、何度か指を切る寸前までなったものの、
なんやかんやいうてちゃんと白菜もニラも切ってましたし。
たまごを割る作業に関しては、初めてだったのですが、
これまた意外と上手に割っていたし。
かき混ぜる作業は、もう安心して任せられるようになりました。

スミレが包丁が使えるようになると、
その分、コウメに託せる仕事も増えるので嬉しい限り。

今回は、コウメはしげおと仲良く遊んでくれていたので出番はなかったけど、
かき混ぜる等の仕事からお願いしていこうっと。

てことで、無事、たこ焼きも出来上がり、娘たちも見事に完食。

これからは、昼ごはんのネタに困ったら、たこ焼きに決定や!


■■■

つーことで、遊びネタ。

●積み木

クリスマスプレゼントとして購入したものの、
ブロック遊びやら、電気遊びやらで、遊ぶネタが尽きなかったので
しばらく開封していなかったのですが、先日とうとう開けてみました。

R0011628.jpg
192個のレンガ積み木。
こんなふうに積めるし、ドミノとしても使えるし、遊びの幅が広がるかなあと。

ただ、問題が。
積むと必ずコウメが壊しにかかるので、なかなか思うような遊びに展開しないのです。

でまあ、結局、ブロック遊びに流れていくわけで・・・。

ああああああー。192個の積み木やあー。
しばらく、おもちゃ箱のなかで眠ってておくれー(号泣)。


●手作り時計

相変わらず、ことあるごとに「いまなんじ?」と問うスミレ。

以前、とけい絵本を買ったのですが、
長針しか動かすことができないので「長針を回す」という作業に没頭して
「時計をよむ」ことを忘れてしまうことも多々ありました。

てこで、短針、長針ともに動かすことができる手作り時計を作ることに。

R0011623.jpg
短針だけを動かして、「これは、3時、これは、4時・・・」というように説明できるし、
1~12の数次の横に、5、10、15・・・と分の数字も書き加えて
「青い針(長針)がここにきたら、15分だよ・・・」という説明もできるように。
てことで、親が教える分には、とてもやりやすくなりました。

ま、いうても、まだスミレは理解できてませんけどね。

参考にしたのは、こちらの本。
パパママつくって!遊べる学べる段ボールおもちゃ

●手作りドラム

これも上記の本を参考にして作りました。

R0011700.jpg
ペットボトルにいろいろなものを入れて叩いたり、
カンカンの蓋を叩いたり、段ボール自体を叩いたり・・・。
2人でガンガン叩いているので、相当ウルサイですけど。


●段ボール迷路

これも上記の本を参考にして作りました。

R0011710.jpg
段ボールの箱を傾けたりして、ピンポン玉を転がして、ゴールの穴に入れる、というもの。

本来は2人で助け合って段ボールを動かすのですが、
スミレは独りでやりたかったらしく、必死で格闘していました。
難しいものに仕上がったのですが、
意外と(?)あきらめることなく、最後までやり遂げていたし、
何度も挑戦しては、格闘していました。

ただ、その後は、段ボールを立てて、
「ここが、シャワーね・・・。ここにミッキーちゃん座って・・・」と
ドールハウスのように使い始めたため、迷路の壁を壊されてしまう羽目に。

てことで、急遽、こんなん(↓)も作りました。

●何階建て?ドールハウスもどき、段ボールハウス

R0011712.jpg
ああ、ここまできたら、もうかあちゃんの自己満足の世界ですよ。あはは。
楽しいねえ。楽しいねえ。作っているだけで、楽しいですわ。

ちなみに左上にあるのは、トイレットペーパーの芯を利用して作ったシャワー。
右上にあるのは、サンタさんが入ってくる煙突です。


●ボール入れ

R0011716.jpg
ここからボールを入れると

R0011718.jpg
こっちから、ボールが出てくる・・・。

・・・わかりにくい説明ですみません。
これも、例の段ボールおもちゃの本を参考にしました。

段ボールの中には坂道をつけて、スムーズに出てくるようにしています。

コウメが気に入ってくれるかなあと思っていたのですが、
結局スミレが、ぬいぐるみを穴に入れてバギーにして遊んでいました・・・。

・・・。ま、手作りおもちゃなんて、そんなもんですけどね(沈)。



これらの段ボールおもちゃ、そのほかの手作りおもちゃもそうなんですが、
たいていは、スミレと一緒に作っています。

一緒に、というと、少し語弊があり、
実際は、「ここは、どうしようか?」
とか「ココには何を入れようか」「じゃあ、入れてみて」等々
意見を求めたり、ほんの少しだけ作業を手伝ってもらう以外は、
ほとんど「見ている」だけです。

ただ、「今は見ているだけやけど、スミレが大きくなったら、自分で作ってね」と
言い聞かせるようにしています。

要は、わたしが楽しんで作っている様子、
「あーじゃない、こーじゃない、ああ、これはどうしよう。
 これとこれをくっつけるには、どうしたらいいんだろう」等々
悩んだりしているところを、見せることができたらなあ、って思ってて。

ほんとは、スミレが寝たあとに、こっそり作った方が早くできるし
邪魔されないし、ゆっくり考えて作れるんですけどね。

手作りの服に関しても、ほんとは2人が遊んでいる傍で作れたら最高なんですが、
こればっかりは、何度か挑戦してみても、わたしが撃沈するばかり。
夜なべもいいけど、自分の身体のことを考えると、
2人を遊ばせておきながら作れたらベストだし、またがんばってみようとは思うんですが。


●布なわとび

幼児教室では、布なわとびを使って遊んでいて、
年中、年長さんクラスでは、なわとびで普通跳びの練習しているみたいんです。

てことで、年末、夜な夜な、作ってみました。

R0011714.jpg
黒いのが一人用・・・と思って作ったものの、長さが足りず・・・。
大なわとび用に・・・と思って作ったのが、緑と白のもの。

結局、ふたつくっつけて、電車ごっこをして遊んでいます。

ちなみに、布なわとびの作り方は、
グーグルなんかで検索したら、すぐに出てくるので、作りたい方は挑戦してみてください。

わたしも余力があれば(・・・)、一人用のをもう一度作ってみるつもりです。

布なわとびは、普通のなわとびよりも重いので、まわしやすい・・・のだとか。
家の中でも使えるし、はぎれも利用できるし、ありがたやーです。


●シゲオニアハウス

我が家では、シルバニアハウスを断念したので、
しげお作の「シゲオニアハウス」で我慢してもらうことに。

R0011723.jpg
娘たちには大好評。やった!シルバニアに勝った!



●ひらがな、なぞり書き

ひらがなの敏感期に入ってきたかもしれません。
「す」「み」「れ」「ま」「ぱ」以外の文字も少し読めるようになりましたし、
「『い』がつくものなーんだ」というクイズを出し合って楽しむようになりました。

書くことにも興味を覚え始めたのですが、依然、書けるのは「み」のみ。

しかも、じっくり観察していたら、
逆さに書いて、ひっくり返して「『み』書けた!」と言ってました。
(もちろん、書き順もめちゃくちゃ)

てことで、ヤフオクで落札した「文字を書くセット」を使って
知っているひらがなだけですが、なぞり書きをしています。

何度も書いては消せるような教材になっているので、
ごっつー楽しそうに書いています。

とはいえ、実際には、先述のように、「み」は、逆さに書いていますし、
他の文字は、独りでは全く書けませんけどね。
ちゃんと書けるようになるには、まだまだステップが必要ってことで。


●ピンボード

上記「文字を書くセット」同様、
手作りでモンテッソーリの教具を作っている方がいまして。

その方が作られたピンボードも、先日落札したので、使ってみることに。

R0011707.jpg
輪ゴムとビーズを使って、いろんな形を作っていく、、、というもの。
輪ゴムをピンに引っ掛ける、その作業だけでも楽しいらしく、
集中していろいろやってました。


●糸巻き

これも、上記同様、ヤフオクで落札したもの。

R0011708.jpg
木枠に毛糸を巻いています。
これもピンボード同様、糸をいろんな方向に引っ掛けて
星なり、三角なりの図形を作っていく遊びなんですが、
とりあえず、今は好きなように遊ばせています。


■■■

ま、そんなわけで、段ボールおもちゃを作って遊んだり、
電気遊びをしたり(未だブーム続く・・・泣)の毎日です。

コウメも、2人きりになれたとき、おうちでいっぱい遊んであげたいなあと思いつつ
「昼寝させたい」の一心で、ガンガンに外遊びをさせているのが現状です。
ま、外遊びに勝る遊びはないしね。
寒かろうが何しようが、これからもガンガンに外に出て行くぞ。おう。


雑記

初恋の人(小林繁)の訃報が飛び込んできて、落ち込んだり、
クチート冬号を今更(もうすぐ春ですが、なにか)購入して、萌え萌えーってなったり、
ベルメゾン「暮らす服」を読んで、あれもほしいこれもほしいと
春以降のワードロープを想像しまくったり(春は未だ妊婦ですが、なにか)
ガーデニングの雑誌を読んでは、おうちの庭改造計画を考えまくったり
ミスドのオールドファッションを食べては、うっとりしています。

肝心の娘たちの服作りは、全く進んでおらず、
おもちゃ作りも、少しだけがんばっただけで、
今はひたすら、ぼーっと空想の世界に入っています。

ああ、そろそろ、いろんなことに手をつけなければなあ、、と思いつつ
まだ寒しーなんて思ったり、ていうか、
暖かくなったら、次は花粉と戦わないといけないし(沈)。

しげおに「ママはいつも何かと戦っているね」と言われるくらい
なんか、1年通して、いつも何かに苦しんでいるのは確かで。

花粉の次は、出産という山場があり、
その後は「眠れない」という地獄が待ち構えてて・・・

って考えると、今だけでも、楽しいことを想像していたいなあなんて。


ま、そんなわけで、のんびり過ごしています。

幸い、
コウメが3日連続で昼寝してくれた
        +
スミレも3日連続で幼児教室だったおかげで
少しは疲れが取れました。

子供たちがみな幼稚園なり小学校に行ってくれるようになったら
どんだけラクになるんやろうか・・・。パラダイスやろうなあ。
んでも、我が家は当分無理・・・。

あああ、まだ疲れてますわ。とほ。
もっと楽しいこと、考えよ。


こんなに大変やったっけ?

未だ妊娠6ヶ月なんですけど、しんどさは臨月並み。

張るとか、そういうんじゃなくて、疲れが。

正月明けから続く咳(これが、ほんま酷くって)と、急に大きくなってきたお腹と、
いたずらし放題の娘たちの相手で、くったくたになっています。
いや、いつも「ヘトヘトです」なブログばっかり書いていますが、
ここ数日は、グタグタです。

今日はわたしの新型インフルエンザの予防接種で、産院に行ってきました。
病院でもギャーギャー騒ぎまくる娘たちに
「こらああーーーーーーー!!!」と一喝。
周りの妊婦さんたちが、一瞬、固まってしまうくらい怒鳴りつけちまいましたよ。
「普段は、こんなに怒るお母さんではありませんのよ」と言い訳したかったよ・・・。

あまりもの疲れに耐え切れずコーヒーを飲んだものの、全く眠気が取れず、
2人にしまじろうDVDを見せて(テレビに頼るのイヤやねんけどね)
ぼーっとしたり(10分そこそこですが)。

にしても、まだ6ヶ月っすよ。妊婦生活、あと4ヶ月もあるんすよ。
スミレ妊娠時、コウメ妊娠時のブログを読み返してみても、
6ヶ月時点では、これほど疲労困憊してはいなかったっすよ。
あああ、この先、どうなることやらー。
1人より2人、2人より3人・・・
当たり前やけど、面倒みなあかん子供の数が増えれば増えるほど、
妊婦生活は大変やなあ、、と。

ま、娘2人は、機嫌のいいときは、仲良く遊んだり、ふざけたり・・・で
ほんと手がかからなくなってきたのですが、
その代わり、一度、喧嘩になると、手に負えず、
二乗、三乗、四乗くらいの負荷がこちらにかかってきて、ほんま面倒・・・。

今日も昼寝をパスしてしまったコウメ。
夕食時、少し眠たそうにしていたものの、結局完食して、
その後も、超MAXハイテンションで遊んでいました。

ハンドメイド欲は引き続きあるのですが、実行に移せず、これまたストレス増大。
子供たちの手作りオモチャの材料も揃えたものの、
これまた実行に移せず、ストレス増大。
加えて、部屋の(というか、おもちゃの)散らかりようが半端なくなってきて
「●●がない」だの「●●探して」だの言うスミレに、ブチ切れ。

「誰のおもちゃやねん、自分で片付けへんのなら、人に探してもらうなーー!!!」

ああ、ワタクシ、普段は怒らないお母さんなのですよ。ほんとに。ほんとに・・・。


成果物/大阪国際空港/姉妹喧嘩

ハンドメイド欲が湧いてきたので、早速、娘たちのスカートを作ることに。

R0011631.jpg
キルトニットで作ったギャザースカート。
今まで作った服の中で、いっちゃん手抜きしたもの。
とりあえず作りたかったんだもーん。
キルトニットでギャザースカートなんて、ちょっとありえへん、、、と思いつつ
とりあえず、マトリョーシカのアップリケを付けて、ごまかしてみました。

スミレは、サンプルでもらった水玉の生地が気に入ったらしく、
この地味なスカートには、あまりいい反応は示さなかったんですけどね(泣)。

ついでに、コウメのよだれかけも作ってみました。

R0011633.jpg
相変わらずヨダレ女王のコウメ。
今まで使っていたよだれかけは、黄ばんだり、ボロボロになってきたので
新しいものが欲しいなあと思っていたので、作りましたよ。

ひとつは、スカートの余り布で。
もうひとつ(ブルーのん)は、わたしの夏のTシャツをリメイク。
最後のひとつ(一番奥のん)は、昨夏、コウメが着ていたパジャマをリメイク。

そうそう。今年はリメイクにも挑戦しようと思ってて。

コウメが大きくなったら、スミレの服を着る。
スミレが大きくなったら、ママの服を着る。


スミレには、このように教えてて。
幸いコウメはスミレが着ている服をすごく羨ましがるから、
当分は「お姉ちゃんの服が着れるようになってよかったね」
と教えこもうと思っています。
「お古をもらう」という考え方は、イヤやもんね。

てことで、わたしのTシャツやワンピ、キャミソールは、
今後、スミレの服としてリメイクしていく予定です。がんばるぞい。




R0011671.jpg
大阪国際空港に遊びに行きました。

R0011675.jpg
スミレが1歳の頃から、毎年、(わざわざ)冬に遊びに来ている大阪国際空港。
毎回、ウッドデッキで走り回っては喜ぶ娘たち。
今回も、はしゃぎまくり・・・。

R0011685.jpg
あ、これが、昨晩作ったオソロスカートです。
少し丈が長すぎるのは、来年も着てもらうため。

R0011686.jpg
コウメが先頭に立ち、走り回ったり、くるくる回ったり、
ポール等を使ってイタズラしまくったり・・・

R0011692.jpg
スミレはコウメの後を追い、ひたすらコウメの真似っこをし・・・

R0011698.jpg
そして、やっぱり、コケる・・・。

帰り際、スミレが「いっぱい悪いことしちゃった。楽しかった!!!」と。

走り回る等、誰にも迷惑かけていないし、悪いことはしていないんだけど、
「コウメと遊ぶ(真似っこをする)=悪いこと」だと思っているところが
真面目人間スミレらしいなあ、、、と思ったり。




姉妹喧嘩も第二フェーズを迎えました。

今まで泣かされるのは99%スミレだったのですが、
スミレもコウメの攻撃から逃げたり、
おもちゃを奪われても、叩いたり、蹴ったりして
泣く前に自分の気持ちを発散させているみたい。

一方のコウメですが、相変わらず、狙ったおもちゃは100%奪い取っています。
しかし、叩かれたり、蹴られたり、
他のおもちゃを無理矢理掴まされて、
わたしのところに泣きついてくることも増えました。
自分のおもちゃがスミレに取られた際には、
足を噛み付いたりして、それなりに抵抗したりも。

たいていは、どちらかが先に泣いて、
その後もう1人も泣く・・・というパターン。
でも、先日は2人同時にギャー!!!

慌てて見に行ってみると、毛布を取り合ってはなちゃんに負けたところでした。

ていうか、はなちゃんや、貴女、3月で7歳(シニア)ですよ・・・。
そろそろ娘たち相手に本気で戦わないでくださいよ・・・。

てなわけで、姉妹喧嘩、ますます面白くなってきました(他人事)。
それぞれ抵抗したり、反撃したり、言い訳したり・・・。

喧嘩するのが姉妹ってもん。
これからも、派手にやりあってくれっ!!!




余談。

最近、コウメが昼寝しなくなりました。
「昼寝しようっか」と言うと「いや!!!」

スミレも2歳前からこんな状態だったので、
コウメよ、お前もかああー!!!(怒)って感じなんですが
スミレの幼児教室の日も、ガンガンに外遊びしても寝てくれず、
全く独りになれず、昼寝もできず、ゆっくりぼーっとすることもできず
とほほな毎日を過ごしています。

ああ、1、2歳の昼寝なしっ子は、辛いよ・・・。

そうそう。今日も大阪国際空港で散々遊んだにもかかわらず、
帰りの車の中でさえも、眠りにつけなかったんすから。

とほほだよー。泣くよー。
これで、赤ちゃん生まれたら、まじ大変すぎるよー(号泣)。


娘たちの遊び~その6~

このシリーズ、まだ続いていたんか!というツッコミはさておき。
(ていうか、誰もつっこまへんわな・・・)


「おすわり」等のしつけがてら、
がっちゃんにお手てで餌をあげてみることにしました。

「こちょばい」とか「気持ち悪い」とか「噛まれそう」と拒否されるのかと思いきや
R0011613.jpg
娘たち、ごっつー喜んで、餌をあげてました。
がっちゃんもコーフンして、むしゃむしゃむしゃ。

天王寺動物園の餌やりコーナー(ひつじがいるエリア)には、
全く興味を示さなかった(というか、餌をあげるのを嫌がっていた)スミレですが、
これを機に、動物に餌をあげる体験コーナーにも足を運べそうです。
うっしっし。次は、はなちゃんに餌をあげてみよっか。


*********************************
●お断り●
相変わらず、電気消しブームが続いており、
ここ最近の写真は、光の量が足りないせいで、かなりブレています。
見にくい画像が多々出てきますが、ご了承ください。
*********************************


●くるくる回って・・・

子供って、くるくる回ることが好きですよね。
うちの娘たちもご他聞に漏れず、大好きで、
公園でも、道路でも、リビングでも、ベッドの上でも、ソファでも(危ないっ!)
くるくる回っています。

くるくる回っているだけなら、
「将来、フィギュアスケートの浅田姉妹になるかも。うふふ」
なーんて、淡い期待を抱くこともできるのですが、
うちの娘たちは、回った後に必ずコケる、というオチがつきます。

しかも、回ることが目的ではなく、コケるために回っているようで、
さほど目が回っていないのに、わざとコケては爆笑しています。

ああ、この光景、どこかで見たような・・・。
関西人は、イメージできるよね。



よ し も と し ん き げ き 



しかも、コケて喜ぶ人といえば・・・
 


島 田 珠 代 
(この人の場合、正確には壁にぶつかって喜んでいるが)




ええ。もうね、娘たちの就職先、決まりましたよ。

吉本新喜劇っすよ。今からコケる練習をするなんて、英才教育しまくりぃーっすよ。
3歳、1歳の時点で、新喜劇の役者さん並みにコケるの上手いですから。ほんまに。


つーことで、ええ、今日もコケまくってました。

R0011616.jpg
発砲スチロールを頭に乗せて・・・

R0011618.jpg
コケる。


おつかれさま・・・。


●ゆきを再現

お正月、しげおの実家で雪を楽しんだので、
おうちでも再現してみることに。

名称未設定-1.jpg
白い紙をビリビリ。ひたすらビリビリ。

R0011597.jpg
コウメ、雪だよー。

スミレはこの手の遊びが大変好きで、昨年からよくやっていては喜んでいたのですが、
コウメは、意外にも(?!)あまりノッてこず、
早々と、〆の遊びに展開することに。

R0011602.jpg
黒い紙にボンドを塗って

R0011604.jpg
先ほどの紙をパラパラとふりかけます・・・

乾いたら、木の枝なんかも描いて、
しげおの実家で見た風景を再現しようと思ったのですが
R0011605.jpg
雪、降らせすぎました・・・(沈)。

でもまあ、これで「ゆき」の記憶は、実体験+疑似体験で
2人にしっかりと刻まれた・・・と思います。はい。
そういうことにしておきましょうな。


●絵本

最近、絵本に関するブログを全く書いていませんでしたが、
読み聞かせしていないわけではなくて・・・(言い訳モード)
新しい絵本をほとんど購入していない&借りていないのが原因です・・・。

そもそも最寄りの図書館が遠すぎる(自転車でないと行けない)ので
春以降、全く図書館には行っていなくって・・・。

でも娘たちには、図書館を身近に感じてほしいので、
車で行ける&駐車場が充実しているような、
駅直結型の図書館をメイン図書館にしようかなあ・・・とも思ってまして。
そこらへんのことは、また4月以降に考えようかなあと・・・。

新しい本に関しては、毎月発行されている「こどものとも」を
本屋でチェックして、気に入ったものを購入している、、、という感じです。
安いしね。季節に合った内容のものを読めるし、個人的には大変好きです。
私自身も「こどものとも」で育ちましたし。

娘たちの絵本に対する情熱は相変わらず熱くて、
毎日、何冊も何冊も読まされています。

特にコウメ。

「よんで」

と言っては、本棚からいろんな本を持ってきては、わたしに渡してくれます。

ただ、本人は絵本の内容にはあまり興味がなく、
自分でめくったり、描かれている絵を
「ママ、いない」「ママ、いた」「パパ、いない」「どこいった?」
と説明することで精一杯のよう。

先日のブログにも書きましたが、
スミレは0歳のころから、話に(登場人物に)感情移入していたのですが
コウメは、こういう傾向が全くないし、
1歳の子が読むような本であっても、
内容はほとんど理解できていないような気がします。

ただ、スミレと違って、言葉の発達が早いので、
「もこもこもこ」や「ピンポーン」あたりは、暗記していますし、
上記二冊は、寝る前に、よく独り言で暗唱しています。


ピンポーン

一方のスミレ。
物語性のある絵本を読んであげたいなあと思い、

シンデレラ
読み聞かせしてみたのですが、
コウメが邪魔ばかりして、最後までまともに読めたことがありません(泣)。

てことで、相変わらず0~2歳の子が読むような本をひたすら読んでいます・・・。
ただときどき、コウメにも読み聞かせをしてくれるようになり、先日は

バムとケロのにちようび
を、コウメに読み聞かせていました。

ただ、コウメは、この手の話は全く興味がないらしく、
途中で別の遊びをしてましたけど・・・。


■■■

ま、そんなわけで、このシリーズ、まだまだ続きます。

ではー。


相変わらず、子供関連本・・・

読書したいなあ、小説読みたいなあ・・・と思いつつ
本屋に行くと、ついつい立ち寄ってしまう、子供関連コーナー。

てことで、今日もこんなん買っちゃいました。


おしゃまな女の子のお洋服
読んでいるだけで、妄想の世界。うっとり。
ハンドメイド欲、湧いてきましたよー。

ていうか、子供の服も、気分に左右されず、
コンスタントに作っていきたいんですが、ねえ・・・。

そうそう。子供の服も作りたいんですが、自分のカバンも作りたいなあ、と。

今はもっぱらリュック派。しかも学生時代に購入したイーストボーイのん。
リュック、ラクなんすけど、さすがに↑このカバンは、相当ヘタレてきてて。
新しいのが欲しくて、今日もマイカルを物色したんですが、
秋・冬もんのがほとんどで、あまり買う気になれず、
やっぱ作った方がええんかなあ、と思い始めたところですわ。

昨春~夏は、自作のグラニーバッグを使いまくったので、
今年もグラニーバッグかトートあたりを作ってみようか、と。

うっほっほ。春に向けて、なんか、楽しくなってきたぞー。
なんか、なんか、作るぞー!!!(時間はないけどー!!!)




パパママつくって!遊べる学べる段ボールおもちゃ

段ボールおもちゃシリーズ第二弾っす。
しげおに「買っちゃったー」と報告したら、
「あほか、自分で書いて出版しろやー!!!」と怒られちまいましたよ。
ま、そうしたいのは山々なんですが、、、ねえ。
でも、ゴミ箱やドラム、ギター等々、作ってみたいー!と思うものが
たーくさんありましてねえ。いやあ、読んでいるだけでワクワクしちまいましてねえ。

わたしも、アイデアや創作意欲、実行力がこのレベルまで到達できれば
出版も夢ではないんですが、、、ねえ。
ああ、わたし、言い訳しすぎですよねえ、、、。

てことで、時間はないわ、依然疲れは取れないわ・・・の状態ですが
ワクワクドキドキ、妄想しまくりぃーの日々を送っています。

ああ、なんか作りたい・・・。
作って作って、ストレスを発散させたい・・・。


スミレ3歳9ヶ月

「コウメ、そんなんしたら、あかんよ!」
「コウメ、あるかなあかんよ。抱っこしてあげへんよ!」
「もうーーーーーー!!!コウメ、あかんって!ほうりだすよ!ポイ!もうしらない!!!」

R0011464.jpg
お姉さんらしく・・・なってきました。

って、誰の口癖がうつったんやろうね・・・(・・・沈)。


■■■

年末、ブログ・虹色教室通信を読んでいて、ビビっと、電気が走りました。

ちょうど、内向感情型の子供について書かれていたのですが、
その内容が、まさにスミレそのもの、って感じで。こちら。

以前もお話したとおり、
スミレはユングの性格論でいう内向型だと思うんです。

ただ、思考型なのか、感情型なのか、直感型なのか、感覚型なのか、よくわからなかったのですが
ブログの内容を見る限りでは、スミレは「感情型」そのもの。

心が敏感すぎて、周囲から求められる期待や、
ちょっとした言葉に傷ついてしまうところなんかは、まさにスミレそのものやし、
感情が深いため、より深くて強い愛情を親に求めてくるからこそ、
深くて強い愛情を感じられない場面が続いただけで、
わけのわからない憎しみが増大し、あの狂乱状態に陥ってしまうんだろうなあ、と。

本の登場人物への思い入れがあるのは、スミレの言動を見れば明らかで、
ももんちゃんシリーズの絵本を読んでは、何度泣いたことやら。
(ちなみに、コウメは全く動じなかった・・・。
 ていうか、絵本の読み聞かせをして泣いている子を、スミレ以外に見たことがない・・・)

今までスミレの子育てについて(狂乱することなど)
悩んでは、いろんな人に相談してきたのですが、

「そのうち、今の状況が改善されるようになるよ」
「○歳過ぎたら、直るよ」
「1人目だから、悩むんだよ」

と言われるだけ。

1人目だから、こんなに手が付けられないの?
○歳になったら、直るもんなの?
ていうか、直さないといけないもんなの?

と、なんかスッキリしない思いでいたのですが、
スミレが「内向感情型」で、性格の傾向や求めていること、
心地よいと思われることが何なのかがわかったことで、
スミレのことを冷静に見れるようになったというか、
わたしの中で、何か1本光が通ったような感じがして、
すごくスッキリしました。

狂乱する原因も、スミレが傷つくような大人たちの些細な行動や言動が
たまりにたまったときに爆発するのであって、
直接の原因が本当にわからないから、スミレも、泣いた理由を説明できないし、
解決策がいつまで経っても見つからないんだろうなあ、と。

でもこれがスミレなんだなあ、と。
こういうスミレの性格は変えられるものでもないし、変えようとしてはいけないし
だから、これからも狂乱することは多いだろうし、解決策はないんだろうけど
これはこれで受け入れるしかないなあ、と。

ただ、内向感情型の子は、障害を持った子や年下の子など、
自分の気持ちを素直に表現できる相手には、
心豊かに自分を表すことができるみたい。

確かに、コウメと一緒に遊べるようになってからは、
すごくイキイキして遊んでいるし(注*遊んで、ではなく、イタズラして・・・)
わたしと遊んでいるときは見られない笑顔を見せてくれるし、
ほんまにお臍でお茶を沸かせるんちゃうやろか!(やってみよか!)ってくらい
ずーっと笑い続けてて、すごく幸せそうなのね。

コウメがいなかったら、
今頃、ヤマハだの水泳だの、早期教育(・・・は、してなかったかな?)で、
いろんな習い事をやらせたり、家でもやることがなくて、
ワークばかりやらせてしまって、悶々とした日々を過ごしていただろうなあ、と。

確かにコウメが生まれた1年は、赤ちゃん返りだのなんだので、
酷い状況だったけど、こうやって一緒に遊べるようになって、
ほんまによかったなあ、って。コウメありがとうよー、って。
イタズラすることや、わたしの顔色を見ないで(とはいっても、見ているけどさ)
思う存分やりたいことをやって、怒られている姿を見ると、
ああ、ようやく子供らしくなってきたなあ、って。




てことで、えーっと、結論。




コウメ、ありがとう。





いや、ほんま、スミレは年上のお兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらうことも大好きだけど
コウメという妹と遊ぶのが、今は一番大好き。一番幸せ、なんだよね。

妹(か、弟)、もう1人増えるけど、
いっぱいいっぱいふざけて、イタズラして、怒られて、
やんちゃでたくましいお姉ちゃんになってほしいなあ、と。

■■■

成長記録、じゃなくなったけど、ま、今月はこんな感じで。


コウメ1歳10ヶ月

イタズラ女王うめっこー。

R0011471.jpg
1歳10ヶ月だよー。もうすぐ2歳だよー。
お姉ちゃんになる準備はできているかー?


■言葉

スミレ1歳10ヶ月の状況に比べると、格段に語彙数、いや会話数が多いです。

スミレが「これ(ごはん)あつい」と言えば、
コウメも「こえ、あつい」(ほんまは熱くないねんで)。

てな感じで、姉の言葉をあまり理解せずにただひたすら復唱している、という感じです。

ちなみに、はなちゃんやガッチャンにもよくしゃべりかけています。

「がっちゃん、だめ!」
「はな、バケツ、ダメ!(レゴのバケツ、取らないで!)」
「はな、どいて!」(ちゃん付けもしなくなってきた・・・)

てなわけで、1日中、誰かとしゃべっているコウメ。正直、ウルサイです・・・。


■寝言

スミレは未だに寝言も「いやーーーーーーーー!!!」がほとんどなのですが、
コウメは「ちっちゃくしてー!!!(おかずを小さく砕いてくれ)」とか
「おちるぅーーーーーーーーーーー!!!」と具体的に叫ぶ寝言が増えてきました。

「大丈夫、ちっちゃくしてあげる」と言うと、すーっと夢の世界へ。

夢の中でもたらふく食べられたかい?


■イタズラに始まりイタズラに終わる

1日中、なんらかのイタズラをしています。

電気遊びはもちろん、わざとおもちゃを放るとか、
登ってはいけないところに登る、とか、頭からわざと落ちる、とか。

公園からおうちに戻るときも、
「帰ろう」と言うとわざと違うところに行って戻ってきません。

わたしが連れ戻しに行っても、全く応じてくれないので、
最近ではスミレに「連れてきて」とお願いしています。

スミレの言うことは、多少、聞く耳を持ってくれるというか、
まあ、結果は、スミレもミイラ取りがミイラになって帰ってくるんですが、ね(沈)。

そのくせ、公園から家までの距離ですら歩こうとしないで
「ママ、だっこしてー」。キレるぞ、こらあああああああ!!!!!

未だに、というか、やはり、というか、ママっ子っぷりは強烈っす。
いつまで続くのやらー。。。

■■■

ま、そんなわけで、こんなことができるようになった、だの
こんなことに興味を持つようになっただの、という観察はあまりしていましぇん。

ひたすら、いたずらコウメのいたずらに付き合っているだけです。

でもまあ、わたしの顔色を見ないで、
とことんイタズラできるコウメは、やっぱり大物。

この調子でたくましく育てー!!!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす