FC2ブログ
   
12
1
3
4
6
7
10
15
18
19
21
22
23
25
29
30
31
   

少食姫と肉食怪獣

少食姫・スミレのお弁当はこんな感じ。

R0011235.jpg

以前はもっと食べていたんだけどね。
でまあ、時間さえあれば食べられるんだけど、
他の子と同じ時間で食べきろうとすると、これが限界、、らしいです。
これ以上に増やすと、先生から「少なめに、お母さん!!!」とお達しをいただくので。

そうそう。
幼児教室にお弁当を持っていく回数も多かったので(夏~秋は毎回やった・・・)
私自身もお弁当を作る習慣ができてきました。
4月から通う幼稚園は週2でお弁当なので、
この調子でいけば、なんとかなりそうだなーと。

で、上記の写真どおり、ワタクシ、一切、キャラ弁は作っていません。

幼児教室の先生には

「子供って見た目では食べないもの。おなかが減ったら食べます。
 キャラ弁作る暇があったら、もっと子供と遊んであげて!」

と最初に言われていましたし。

うちの娘たち2人も、見た目で食欲が湧くタイプではないので、
とりあえず好きなものさえ入れておけばいいや、てな感じで
気楽にお弁当作りができました。
ていうか、弁当完成まで10分もかかっていないし。
あはは。手、抜きすぎ?


てことで、おうちでも、
肉、魚類のパサパサしたものや、すこし硬いものだと残してしまうので、
毎回の食事の量は、とっても少ないです。しかもダラダラ食べやし。
以前はもっと食べていたのにねえ。不思議ねえ。

とはいえ、野菜や苦手なものにも挑戦するようになりました。

というのも、苦手だったわかめを食べさせようと
「わかめを食べたら、髪の毛がきれいになるよ」と言ったところ、
バクバク食べ始めて。

ま、ちょっとでも、わかめに良い印象を持ってもらえたらなあ、
と軽い気持ちで促したつもりが、
「スミレ、わかめ、好きなの!」と言うまでに。

その後も、大根食べたら肌が白くなってきれいになる、だの
玉ねぎを食べたら、血がきれいになるから、
怪我をしたときは食べたほうがいいだの言ってみたら
(・・・食べないと、怪我が治らないぞーとも、脅してみた)
真剣な顔つきで、バクバク食べるようになりました。

ひゃー。これが食育ってやつ?!

ていうか、かあちゃん、超いい加減な理由並べてますけど!!!

でも、スミレの場合、
こうやって理屈を示せば、食べるきっかけになるみたい。

ホントは、ひとつひとつの食材に対して、
正確な情報を伝えてあげればいいんやけどね。
ま、かあちゃんも、もう少し食材や食べ物のことを勉強する必要があるってことやね。

■■■

最近、インフルエンザの影響もあってか、
免疫力や自然治癒力という言葉をよく見かけます。

てことで、わたしも、こんなん買ってみました。

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て新訂版

元々、病院嫌いやし、
自分も子供たちも病院+予防接種+薬漬けの人生を送らせたくないと思い
熱があろうと、鼻水、咳があろうと、極力病院には行かないようにしていました。

が、昨年、娘たちがそれぞれ入院したのをきっかけに
「予防接種もすべき。病院には早めに行くべき」と思うように。

でもやっぱり、自分の力で治せるなら、
それにこしたことはないよな・・・なーんて思ってて。
若かりしころは、風邪くらいなら自力で治していたし
市販の薬なんかにも頼らずに生活できていたのになあ、って。

てことで、咳が出ているスミレに、
れんこん湯(れんこんのすりおろし、しょうが汁、塩、水)を飲ませてみました。

上記のものだけやったら絶対に飲まれへんわ、と思ったので
はちみつを入れてみたんですが、それでもやっぱり半分も飲めていなかったね・・・。
とほほー。

でも
「おうちでお薬を作る。れんこんを使うと咳が治るみたい」
てことを、スミレに理解してもらえることだけでも、いいかなあと。

ちょっとずつ。できるところから。
がんばってみますわ。

てことで、ここらへんの本も欲しいなあと思っているところ。

からだの自然治癒力をひきだす「基本のおかず」
からだの自然治癒力をひきだす「毎日のごはん」

■■■
一方のコウメ。

野菜嫌いの肉食怪獣に変身しました。

以前なら、お味噌汁やお吸いもんなどのスープ類に野菜を入れておけば
バクバクモグモグ食べていたのですが、
今では全く興味を示さないようになりました。

かといって、スミレのように理屈を説明したところでわかるはずもなく
今はひたすら、ひき肉やらカレーやらポテトサラダに混ぜ込んで食べさせています。

で、こちらは相変わらずの食欲でして。
どんだけオヤツを食べても、晩御飯を見るなり、がっついていますからね。
相変わらず「みんなが揃うまで待とう」という指示には従えません。


■■■

ま、そんなわけで、つわりがおさまったおかげで、
わたしも料理するのが億劫ではなくなってきたし、
娘たちとともに、食べ物のことをもう少し勉強したり
野菜を食べた分だけシールを貼る等の
食育っぽいことをやってみるのもアリかななんて思っています。

ま、実際のところは、そこまで手がまわらへんくらい毎日バタバタしているんですけどね。


■■■

クリスマスケーキを作りました。

12月12日ですけど。なにか。
クリスマスまでまだまだですけど。なにか。

だって、昨年のクリスマスはコウメが風邪を引いて散々だったんですから。
高熱にうなされているコウメをおんぶして、
スミレとクリスマスケーキ作りをしてましたからねえ。

ていうか、その後、まあね、入院したんですけどね。

てことで、今年も何が起こるかわからへん!てことで、
早め早めにいろいろやっちょります。

R0011305.jpg
ボンメルシィリトル12月号の付録を使ってクリスマスケーキ作りに挑戦。

R0011333.jpg
混ぜるだけで作れちゃうので、ラクチンラクチン。
ちなみに、イチゴはスミレに切ってもらいました。
包丁(子供用のね)にも挑戦。こわかったけどねー。
結局、スミレの手を支えて切らせましたけどねー。

ちなみに先日は、無印の米粉クレープセットを使って
スミレとクレープ作りもしました。

この手のセット商品は、砂糖や小麦粉を計量しなくていいので
大変ありがたいですわ。
お菓子作りが大嫌いなわたしでもちゃんと完成しちゃうんやからね。
ああ、世の中、便利になったねえ。感動だねえ。

■■■

てことで、連日、ケーキやらクレープやら食べているので
「自然治癒力」云々の問題ではなくなってきています。

でも仕方ないよねー。クリスマスだもんねー。あーっははっははは。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす