FC2ブログ
   
12
1
3
4
6
7
10
15
18
19
21
22
23
25
29
30
31
   

年子育児

先々週末、ドイツに行きました。あ、いつもの、あの、ドイツです。
ドイツクリスマスマーケットです。

R0011250.jpg
どこが、ドイツやねーん!って感じの写真で、ごめんちゃい。


スミレに「ドイツに行くよ」と言うと「どこのドイツ?」(←ダジャレではない)
と聞いてきたので「梅田のドイツだよ」と答えたところ、
クリスマスマーケットに到着するまで、

「梅田のドイツ、いつ行くの?」
「梅田のドイツ、いつになったら着くの?」
「梅田のドイツで何するの?」

と、「梅田のドイツ」を連呼してました。


ごめんね、いつか、本物のドイツに連れていってあげるよ。
ていうか、連れて行ってください・・・。




年子だから、なのか、母にベッタリ姉妹だから、なのかわからないですけど、
毎日、2人の娘の相手をするだけで、ぐったりきております。とほほ。
これは、歳のせいか?


何が大変って、
2人の会話の相手を瞬時にしないといけないこと。

最近、コウメは指差しブームで、
絵本等に出てくる食べ物や登場人物を指差しては、
その名前(もしくは色)を言うまで、
ひたすら「んー(これなに?)」「んー」言っています。

この1ヶ月で、ワタクシもアンパンマンとプリキュアのキャラクターの名前を
何百回、言わされたことか。絵を確認せずに、適当に言っていたら、
「んー!!!!!!」と怒られるし、
わかっているんだったら、聞くなっちゅうの!


それに対抗するかのように、スミレもいっぱいしゃべりかけてきて。
たいてい「なんで?」攻撃か、プリキュアネタ。
そうでなければ、直球で「ママ、遊ぼうよ」と。
要は構ってほしいってことで。

お互いの気持ちもわかっちゃあいるけど、かあちゃん、聖徳太子じゃないぞ。

2人同時に話しかけられても、聞き分ける能力なぞ、なーい!!!

加えて、休日になると、しげおもつまらん話を話しかけてくるから、
「聞いて欲しけりゃ、わたしの話をまず、聞けぇーーーーーー!!!」と
怒鳴りたくなるほどですわ。

世の中のかあちゃんたちは、
どうやって子供たちの話を聞いて(聞き流して?)いるのかしらん。

正直、どうでもええことは、話すなー!って言いたいよ、ったく。


■■■

ま、そんな話はさておき。

コウメの珍発言。


スミレ「おなまえは?」

コウメ「しゃんしゃーい」

スミレ「なんさいですか?」

コウメ「しゃんしゃーい」


かわいすぎるぅー。

スミレがいつも「スミレはね、3歳なのよ」と言っているので、
自分も「3歳」という人物だと認識しているようです。面白いです。



スミレの珍発言。

コウメが落としたものを、自分では拾わず、わたしに拾ってもらおうとしたときのこと。



スミレ「コウメ!もうすぐお姉ちゃんなんだから、なんでも自分でやらないとダメなのよ!」



しげおが最近よくコウメに言うセリフ、そのまんま・・・。

ていうか、貴女がお姉ちゃんになったとき、
自分でできたことなんて、一つもなかったではありませんか・・・。
自分のことを棚にあげて妹を注意する・・・。まさに長女だね。
こんだけ、えらそうな態度を示せるなら、2人の姉として、立派にやっていけるよ・・・。




でもまあ、ほんま、年子のおかげで、
2人で競い合い、2人でふざけ合い、2人でワタクシをよーく困らせてくれております。

双子感覚やなあ、と思います。ほんまに。
特にスミレが、のんびり発達型だったため、
知能レベルでも体力レベルでも、ほぼ同じような状況で遊べますし。

最近、ようやく、スミレの発言に対して、
コウメが答える、指示に従う、、、等々の行為ができるようになり、
スミレも積極的にコウメと関わろうとしてくれているのが、ありがたいです。

もっともっと2人で会話したり、遊べるようになってくれれば、
かあちゃん、安心して5月を迎えられるんだけどなあ。


ビンボー遊び開発中~その1~

ビンボー遊びを追求しているつもりが、
なぜか、お金をかけすぎている気がする今日この頃。

子供の頃できなかったこと、欲しかったおもちゃや遊びを、
今、子供とともに楽しもうとしている・・・としげおは言ったけど、これはわたしも同感。

おそらく世の中のお父さんお母さんたちの大半がこの思いで
子供と接しているんじゃないだろうかなあ、と。

てことで、こんな遊びがしたい、というわたしの思いも交えて
最近の娘たちにヒットしている遊びを紹介していきます。


■■■

●かくれんぼ

スミレが大好きな遊びのひとつになった、かくれんぼ。
家の中でも公園でもかくれんぼ遊びをしています。

イマドキの子は、
「もういいよ」と言われるまで待てない子供も多いらしく
かくれんぼ遊びが成立しないことも多いのだとか。

スミレも以前は10数えるまで待ちきれず、1、2と言っているそばから、
わたしがどこに行くのか見守っていたのですが、
今では10まで、いやそれ以上、待てるようになりました。

ただ、わたしが鬼になってスミレが隠れる、というパターンはダメですね・・・。
「もういいよ」と言われて探し始めた途端、
「スミレ、畳の部屋にいるよ!」と居場所を教えてくださりますもん。
逃げる方も、待たないといけないんだよ、、、ってことを教えるには
もう少し時間がかかりそーです・・・。とほ。

ちなみに、かくれんぼ、にはコウメも参戦。
お姉ちゃんと一緒にわたしを探してくれます。
お目めを開けて「しぃー、ごぉー」と数えています。かわゆいです。


●ビーズあそび

IKEAで購入したアイロンビーズ。
ただ、台紙にビーズを入れる作業がとても難しく
(やっぱHAMAビーズの方がいいのかしらん?)
今はもっぱら、ネックレス作りに没頭しています。

ただこれも、一時期ほどは熱中することなく、すぐに飽きてしまうんですがね。
ネックレス作りだけでなく、アイロンビーズとして、
形を作っていくほうが楽しいのかなあとも思ったり。

試行錯誤の結果、お箸でペットボトルに開け移しさせてみたんですが、
これまた数個入れたところで、終了。
お箸もまだ上手く使えないし、ビーズを掴むのは相当難しいしね。

てことで、ビーズで他に遊びを展開できないかな、と思っているところです。
いいアイデアがあれば、教えてください。


ちなみに、これまた、お姉ちゃんの影響か、
コウメもビーズに興味を示したのですが、
もっぱら「床にぶちまける」怪獣っぷりを見せつけています。

手ですくうことや、スプーンを使って開け移しすることなどにも挑戦しているのですが
なんせ、よくこぼすので、かあちゃん、拾うだけで一日が暮れそうです。とほほ。
拾い残したビーズは、翌朝にはきれいになくなってて、
がっちゃんのウンチからキレイなビーズが出てくる、というオチで終わります。

いいのか、こんなんで・・・。


●レゴ、はまってます

レゴ、はまっています。スミレもコウメも、そして、しげおもわたしも。

普通のレゴはヤフオクやお古をもらってある程度揃っているのですが、
デュプロはほんのすこしだけでした。基礎板もなかったし。

てことで、追加投入しちまいましたよ。

ただ今回買ったのは80ピース+基礎板だったので、
未だに不足感があります。もっとほしいよー。

で、ここ数日、ヤフオクとにらめっこしながら入札しているのですが
如何せん、どれも高値で取引されてて、未だに落札できてきません。とほー。

てことで、「うちは、もうデュプロ使わなくなったよ」という方がいらっしゃれば
譲っていただけないでしょうか。よろしくお願いします。


ちなみに、スミレもコウメもレスニーのおもちゃを
レゴで作った階段や車に乗せて遊ぶ、という楽しみ方が好きです。

家族揃って大好き、レスニー(↓)。

【5000円以上で送料無料!】幸せになれる小さな妖精★レスニー

レゴ、これからも家族で遊びまくりまーす。


●積み木

我が家には、いわゆる、電池で動くおもちゃ、や、
音が光がやたらめったら出るおもちゃ、
プラスチック系のおもちゃ(レゴを除く)は、ほとんどありません。

元々、そういうのには興味がないというか、
その程度のもんなら、ダンボールで作れるじゃないか、と思ったり
勝手に電池で動くより、自分で動かしたほうが楽しいじゃないか、
そもそも、その手のおもちゃって、場所を取るよね・・・。
てことで、しげおもわたしも、これらのおもちゃを買うことはありません。
(こどもちゃれんじの付録は除く)

その代わり、レゴやら積み木やら工作系の材料やらには、
見境なくお金を投入してしまう、、、という有様。

てことで、今年のクリスマスプレゼントは、積み木に決定。
クリプレなので、開封していませんが、
これで娘たちとともに親も遊びまくりたいと思います。

レンガ型のものだけを大量購入したので、
高い建物を作ったり、迷路を作ったり、んでもって、最後はドミノ!

ああ、わたしが興奮するよ・・。


●フィンガーペインティング

冬だけど。

外でフィンガーペインティングをして遊びました。

R0011317.jpg

絵の具を紙皿にたっぷり出して、
思うがままに画用紙に塗っていく・・・。

たったそれだけだけど。

とても原始的だけど。

楽しい、です。


いつも遊んでいるおにいちゃん(小3)が通りかかったので、誘ってみることに。

最初は
「そんなに絵の具出して、無駄遣いや!」
「指で描くの?!えー?ていうか、スミレちゃん、混ぜすぎやって!」
と批判していたのですが
スミレがあまりにも没頭して、しかもおにいちゃんの批判をものともせず
ひたすら混ぜたり、ぬりたくったりしているのを見て
「ぼくもやってみよう、、、かな、、、」と言いだしたので、一緒にやることに。

R0011326.jpg
右側にいるのがおにいちゃん。

絵の具を出すのも、ほんのちょびっと。
画用紙に描くのも、少しずつ・・・というスローペースで始まったものの
徐々に混ぜる行為や、指で描くことを楽しみ始め、
なかなかいい感じの作品に仕上がってました。
調子に乗って「もう一枚描く!」と言っていたのですが、
雨が降ってきたので、終了。

R0011328.jpg
スミレの作品(2枚完成したうちの、1枚)

R0011330.jpg
わたしの作品。

いやあ、楽しかった~。わたしが。
絵なんて、今まで筆でしか描いたことがなかったし(上述のお兄ちゃんも然り)
絵の具を思いっきり出して、思いっきり指につけて、
画用紙の上を走らせるって、気持ちいいーーーーーーーーーーーーー!!!

これは、わたしが以前からやってみたかったことだったのね。
子供の頃できなかったからこそ、今、やってみたいというか。

絵を描く道具は、筆以外にもあるんだってこと、
指で絵の具を触ると、気持ちいいーってこと、
絵の具を混ぜるときの感覚って、ドキドキするけど、
大胆にやるのも、すごく楽しいってこと、
いろんな思いをスミレとともに共有できました。

今回はポスターカラーを使ったんだけど、
この調子でフィンガーペインティングをやっていくと、
明らかに数回で絵の具が切れてしまいそう。

てことで、ポスターカラーの次は、水彩絵の具で代替しようか、と。
少しでも節約してやっていかねば、長続きしないし。


ちなみに、この間、コウメは夢の中(昼寝)。


糊好きのコウメにもフィンガーペインティングをやらせたいなあと思っているんだけど
どうなることやら。無事、何事もなく、終われる・・・かなあ。
ていうか、外、寒いね。やっぱ12月だね。。。



●おうちでリトミック

ヤマハも卒業したし、おうちでドレミでも教えてみようか・・・
なーんて思っていたのですが、
いざ、電子ピアノ(というか、キーボード)の電源を入れると
スミレもコウメもこぞって、鍵盤を押しまくりぃー
弾く場所をめぐって、お互い喧嘩しまくりぃー
押し合いぃーどつき合いぃー・・・

わたしが弾こうとすると、2人して「わたしが弾くぅー」。

てことで、ドレミ、あきらめました。

で、結局、キーボードに内臓されているクラッシック自動演奏をかけて
その音楽に合わせて踊っています。

スミレのお気に入りは「子犬のワルツ」。

わたしが中1頃、発表会で弾いた曲目ですよん。
ただひたすら指を動かす曲ですよん。
何が楽しいねん、、、って思う曲ですよん。
何度練習しても、何度もひっかっかっては、先生に怒られ
とにかく発表会がイヤでイヤで仕方なかった思い出しかないですよん。

なのに、スミレは、超ごっきげんで、ドタバタ足を動かして走り回り
ドアにぶつかってギャハハハハハー。それでもまだ走り回りギャハハハハー。

ショパンが見たら喜ぶだろうねえ、って思うくらい
子犬のワルツを、見事に表現し踊っています。

いいよね。ほんと、いいよね。
わたしは「楽譜」でしか、子犬のワルツを知れなかったけど、
スミレは身体で子犬のワルツを知ることができたんだから。

(ちなみに、コウメもお姉ちゃんの真似をして、ドアにぶつかりまくっています。
 ぶつかり稽古ですか、、、と問いたくなるほど・・・)

てことで、クラッシックをかけながら、踊るっていうのも、面白いなあと
思っているところです。

ただ、子犬のワルツほど、ノリノリの・・・いや、テンポの速い曲目って
あんまりないんよね・・・。ゆっくりした曲目だと、どうも踊りにくいし。

毎年12月になるとかけていたWOWのクリスマスソングも今年はあまりかけていません。

なぜか、これをかけると、コウメのノリが悪くなって、
あんまり踊ってくれなくって・・・。何があかんのや?!

てことで、クラッシックでもテンポの速い、踊りやすい曲目があれば
教えてくださいませー。よろしくでーす。


■■■

てことで、今日はここまで。

ビンボー遊びを開発中~その2~は、また今度。

ではー。


少食姫と肉食怪獣

少食姫・スミレのお弁当はこんな感じ。

R0011235.jpg

以前はもっと食べていたんだけどね。
でまあ、時間さえあれば食べられるんだけど、
他の子と同じ時間で食べきろうとすると、これが限界、、らしいです。
これ以上に増やすと、先生から「少なめに、お母さん!!!」とお達しをいただくので。

そうそう。
幼児教室にお弁当を持っていく回数も多かったので(夏~秋は毎回やった・・・)
私自身もお弁当を作る習慣ができてきました。
4月から通う幼稚園は週2でお弁当なので、
この調子でいけば、なんとかなりそうだなーと。

で、上記の写真どおり、ワタクシ、一切、キャラ弁は作っていません。

幼児教室の先生には

「子供って見た目では食べないもの。おなかが減ったら食べます。
 キャラ弁作る暇があったら、もっと子供と遊んであげて!」

と最初に言われていましたし。

うちの娘たち2人も、見た目で食欲が湧くタイプではないので、
とりあえず好きなものさえ入れておけばいいや、てな感じで
気楽にお弁当作りができました。
ていうか、弁当完成まで10分もかかっていないし。
あはは。手、抜きすぎ?


てことで、おうちでも、
肉、魚類のパサパサしたものや、すこし硬いものだと残してしまうので、
毎回の食事の量は、とっても少ないです。しかもダラダラ食べやし。
以前はもっと食べていたのにねえ。不思議ねえ。

とはいえ、野菜や苦手なものにも挑戦するようになりました。

というのも、苦手だったわかめを食べさせようと
「わかめを食べたら、髪の毛がきれいになるよ」と言ったところ、
バクバク食べ始めて。

ま、ちょっとでも、わかめに良い印象を持ってもらえたらなあ、
と軽い気持ちで促したつもりが、
「スミレ、わかめ、好きなの!」と言うまでに。

その後も、大根食べたら肌が白くなってきれいになる、だの
玉ねぎを食べたら、血がきれいになるから、
怪我をしたときは食べたほうがいいだの言ってみたら
(・・・食べないと、怪我が治らないぞーとも、脅してみた)
真剣な顔つきで、バクバク食べるようになりました。

ひゃー。これが食育ってやつ?!

ていうか、かあちゃん、超いい加減な理由並べてますけど!!!

でも、スミレの場合、
こうやって理屈を示せば、食べるきっかけになるみたい。

ホントは、ひとつひとつの食材に対して、
正確な情報を伝えてあげればいいんやけどね。
ま、かあちゃんも、もう少し食材や食べ物のことを勉強する必要があるってことやね。

■■■

最近、インフルエンザの影響もあってか、
免疫力や自然治癒力という言葉をよく見かけます。

てことで、わたしも、こんなん買ってみました。

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て新訂版

元々、病院嫌いやし、
自分も子供たちも病院+予防接種+薬漬けの人生を送らせたくないと思い
熱があろうと、鼻水、咳があろうと、極力病院には行かないようにしていました。

が、昨年、娘たちがそれぞれ入院したのをきっかけに
「予防接種もすべき。病院には早めに行くべき」と思うように。

でもやっぱり、自分の力で治せるなら、
それにこしたことはないよな・・・なーんて思ってて。
若かりしころは、風邪くらいなら自力で治していたし
市販の薬なんかにも頼らずに生活できていたのになあ、って。

てことで、咳が出ているスミレに、
れんこん湯(れんこんのすりおろし、しょうが汁、塩、水)を飲ませてみました。

上記のものだけやったら絶対に飲まれへんわ、と思ったので
はちみつを入れてみたんですが、それでもやっぱり半分も飲めていなかったね・・・。
とほほー。

でも
「おうちでお薬を作る。れんこんを使うと咳が治るみたい」
てことを、スミレに理解してもらえることだけでも、いいかなあと。

ちょっとずつ。できるところから。
がんばってみますわ。

てことで、ここらへんの本も欲しいなあと思っているところ。

からだの自然治癒力をひきだす「基本のおかず」
からだの自然治癒力をひきだす「毎日のごはん」

■■■
一方のコウメ。

野菜嫌いの肉食怪獣に変身しました。

以前なら、お味噌汁やお吸いもんなどのスープ類に野菜を入れておけば
バクバクモグモグ食べていたのですが、
今では全く興味を示さないようになりました。

かといって、スミレのように理屈を説明したところでわかるはずもなく
今はひたすら、ひき肉やらカレーやらポテトサラダに混ぜ込んで食べさせています。

で、こちらは相変わらずの食欲でして。
どんだけオヤツを食べても、晩御飯を見るなり、がっついていますからね。
相変わらず「みんなが揃うまで待とう」という指示には従えません。


■■■

ま、そんなわけで、つわりがおさまったおかげで、
わたしも料理するのが億劫ではなくなってきたし、
娘たちとともに、食べ物のことをもう少し勉強したり
野菜を食べた分だけシールを貼る等の
食育っぽいことをやってみるのもアリかななんて思っています。

ま、実際のところは、そこまで手がまわらへんくらい毎日バタバタしているんですけどね。


■■■

クリスマスケーキを作りました。

12月12日ですけど。なにか。
クリスマスまでまだまだですけど。なにか。

だって、昨年のクリスマスはコウメが風邪を引いて散々だったんですから。
高熱にうなされているコウメをおんぶして、
スミレとクリスマスケーキ作りをしてましたからねえ。

ていうか、その後、まあね、入院したんですけどね。

てことで、今年も何が起こるかわからへん!てことで、
早め早めにいろいろやっちょります。

R0011305.jpg
ボンメルシィリトル12月号の付録を使ってクリスマスケーキ作りに挑戦。

R0011333.jpg
混ぜるだけで作れちゃうので、ラクチンラクチン。
ちなみに、イチゴはスミレに切ってもらいました。
包丁(子供用のね)にも挑戦。こわかったけどねー。
結局、スミレの手を支えて切らせましたけどねー。

ちなみに先日は、無印の米粉クレープセットを使って
スミレとクレープ作りもしました。

この手のセット商品は、砂糖や小麦粉を計量しなくていいので
大変ありがたいですわ。
お菓子作りが大嫌いなわたしでもちゃんと完成しちゃうんやからね。
ああ、世の中、便利になったねえ。感動だねえ。

■■■

てことで、連日、ケーキやらクレープやら食べているので
「自然治癒力」云々の問題ではなくなってきています。

でも仕方ないよねー。クリスマスだもんねー。あーっははっははは。


スミレ3歳8ヶ月の成長記録

スミレ3歳8ヶ月になりました。

知らない人に年齢を聞かれても、臆することなく答えられるようになりました。成長!



●ひらがな、数字

相変わらず認識できるのは「す」「み」「れ」のみ。
ただ、最近「ま」を覚えました。「ママの ま があるよ!」と教えてくれます。

数字は、数えること自体はすごく好きみたいなんですが、
超いい加減で、やはり5以上の数になると、正確には数えられません。

最近、スミレと一緒に遊ぶネタが工作以外に見つからず、
ついつい、ワーク類をさせてしまうのですが、
数字系のワークって、あんまり面白くないというか、
微妙に難しかったりして、なかなか進まなかったり・・・て感じで
数の面白さ・奥深さまで理解させるまでには至っていない、という状況です。

ただ生活のいろんな場面で数字は登場するし、
生活に密着した形で数の面白さを体験できたらなあ、と。

実際、1、3、33、という数字は
「コウメの年齢」「スミレの年齢」「パパの年齢」として記憶していますし
(あ、一応、わたしの年齢も教えたのですが、覚えられていないようです・・・)
スミレとコウメとパパとママみんな揃ったら4人だよ。
赤ちゃんが生まれたら5人になるよ、というようなこともわかっています。
(10人子供が生まれたら、10以上の数も簡単に覚えられるのか?)

とはいえ、かあちゃん、超文系人間ですからね。
数字って何が面白いの?と未だに思っていますからね。あはは。
こんなんじゃ、あかんね。あはは。


●自己中発言

先日、コウメとオソロのワンピースを着せたときのこと。
「スミレのワンピースめっちゃかわいいでしょ。コウメのはちょっとかわいいけどね」
と、得意げにこういうセリフを吐きまして。

その数日後も、
「スミレのジャンパー、めっちゃかわいいでしょ。コウメはかわいくないよ」
と言ったり。


あんたも


ジャイアンかっ!  


ああ、赤ちゃんよ。
貴女のお姉さま方は、そろいもそろってジャイアンですよ。
お気の毒に・・・。


●赤ちゃんへの反応

ことあるごとに、

「スミレの赤ちゃん、いつになったら産まれるの?」と聞いてきます。

って、あんたが、おかあちゃんかっ!

でもまあ、楽しみにしてくれているみたいですし、
妊婦健診で超音波の画像を真剣に見たり、
「赤ちゃーん!あれ。お返事ないなあ。なんでお返事しないの?」
と話しかけて(?)くれたりしています。

ただ、実際には、つわりの期間を通して、
これまた、我慢の日々を送っていました。

ご飯を食べると気分が悪くなるつわりだったので、
自分のご飯が済むとすぐにソファに横になり、ゴロン。
スミレとコウメは食卓にほったらかしで、「勝手に食べてくれ」状態。

コウメが昼寝をしているときは、
私もソファに横になり、ゴロン。
ゴロンしながら、スミレの相手。

なーんてできるわけもなく、ひたすらワーク類をさせてごまかしていました。

それでも眠気に負けるので、少しだけ仮眠を取らせてもらったり。

なーんて、都合よくいくわけもなく、
「ママ、ちょっと寝て良いよ」と言った直後に
「ママ、トイレに行きたい。ついてきて」だの
「ママ、これ、開けて」だの
「ママ、いつになったら起きるの?」だの
「ママ、スミレ、なにしたらいいの?」だの
ひっきりなしにしゃべりかけてくるので、
仮眠できたのはこの3ヵ月で3回ほどだけ。(しかも10分程度だよ・・・)

でもやっぱり、なんやかんやで、しんどいだの、
疲れただの、休ませてくれ、だの、テレビみといて、だの、
1人でできることは1人でやって、だの、
毎日ひたすら言い続けていたせいか、ストレスはたまっているようです。

おかげでしげおが休みの日は、どっぷりしげおに甘え
服の着脱、靴の着脱、靴下の着脱、トイレ、食事、すべてにおいて
「できないー」でしげおにやってもらい、
公園の行き帰りすらも、抱っこしてもらう、という有様。


●狂乱の日々、続く

それでもやっぱりストレスが発散できていないのか、
相変わらず1日に1回以上は狂乱しています。しかも理由不明の狂乱。

この狂乱っぷりには、私も原因がわからず、
いつもいく広場のスタッフに相談したところ
「赤ちゃんができたどうのこうの、が原因ではなく、3歳って、そういうもん」
とのことでした。

3歳になると聞き分けがよくなる、とばかり思っていたし、
3歳児のお母さんのブログを見ても、スミレのように狂乱する話って
ほとんど耳にしなかったので、うちの子だけかなあと思っていたんやけどね。
ていうか、やっぱアスペルガーの疑いがあるのかなあと思ったり
(ここの疑惑は未だにぬぐいきれない)
いろいろ悩んでいたんやけどね。
でも3歳で理由もなく(理由は遠いところにあるのかもしれないけど)
狂乱することって、ほんまにあるのかしら?

実は先日も制服採寸で幼稚園を訪れた際、
いろんなサイズの洋服を着せていたら、急に発狂し、
喚き狂って、サイズ選びどころじゃなかったのね。
落ち着いた後に理由を聞いたら「今日は幼稚園には行きたくなかった」と
嘘か真かわからん返事だったので「そうかあ」くらいしか答えられなかったんやけどね。

そもそもスミレは未だに幼稚園には乗り気じゃないし、
かといって、すごく拒否しているわけでもないから、
予定通り4月から入園させるつもりではいるんだけど。

今回こそ、スミレの赤ちゃん返りは避けたい・・・と思っているんですが、
どうなることやら。何とか対策打たねばねえ。


●遊び

実は、スミレに関しては、3歳を超えてから「何の敏感期」なのか、を
見極めるのが難しくなっていました。

アイロンビーズのビーズを使ってネックレスを作るのは
一時、すごくはまったのですが、数日でブームは過ぎ去ったし
お箸を使って開け移しするのも、ときどきやるものの
簡単すぎるのか、すぐに飽きてしまうし
正直、どんなことをするのが好きなのかが、よくわからなくなってきました。

数字に関しては、前述どおり。

どんな部分に興味があって、どんな部分の力を伸ばしていってあげたらいいのか
さっぱりさの字で、普段の遊びも、何をしたらいいのやら・・・です。

とはいえ、公園で遊んだり、音楽に合わせて踊ったりするのは好きだし
何より、コウメとじゃれあうことが一番楽しいみたいで、
それはそれでいいんですけどね。

てことで、遊びに関しては、いろいろ記述しておきたいことがあるので、
また日を新ためて。




コウメ1歳9ヶ月の成長記録

コウメ1歳9ヶ月になりました。



●言葉

・トントンして
・すくって
・ジュージューして
・きゅうり

等々、新語も続々登場しており、わたしもいちいち記憶していられません。

スミレは言葉の発達ものんびりだったし、
しゃべりだしてからも、単語数の増え方はすごくのんびりしていたので
1歳代でこんだけしゃべられると、正直、戸惑ってしまいます。

が、しゃべってくれるとコミュニケーションが取れるので、ラクです。かんなり。


●敏感期

・段差の敏感期

数ヶ月前から続く段差ブーム。
ちょっとした段差を見つけただけで、上ろうとします。
最近は、平均台のような狭いところを歩くのも好きなのですが、
なんせ、怖いもの知らずというか「慎重に」という言葉を全くしらないのか
足元も全く見ず、たったか歩き出し、
平気で踏み外し、落下する・・・を毎回繰り返しております。
でもへこたれません。たくましいです。


・所有の敏感期

洗面所にある歯ブラシを指差しては
「パパ」「ママ」「じ(おねえちゃん)」と言い、
その所有者に歯ブラシを渡したがります。

「まだお姉ちゃんは朝ごはんを食べているから、歯磨きはまだね」と言っても
「じ!じ!」と言って、スミレに歯ブラシを渡そうとするその姿はまさに。

ひつこい。です。関西弁でいう、ひつこい、です。しつこいの最上級というか。

イス、財布、毛布、布団、枕、コート、帽子等々、
細かいところまで誰の持ち物かを把握しているので
違う人が使うと顔を真っ赤にしながら怒って
「パパ!!!(パパのものだから取らないで!)」と泣き叫んでいます。

公園でも、自分が使っていた遊具を、他の子が使おうものなら
怒って泣き叫んで、コウメの!と主張しに行かれます。

そのくせ、お姉ちゃんが使っているおもちゃは、全て自分のもの、らしく
「かして」も言わずに、無言で強引に取りに行きます。
そして、取っちゃいます。完全にコウメの方が、力強いし。
スミレは気弱やから、強引にこられたら、泣きながら手を離してしまうし。

もう、こうなったら、コウメに付けるあだ名は、これしかないでしょ。
 
 
 
 
ジャイアン。  


 
 
赤ちゃんが産まれるまでは、思う存分、ジャイアンっぷりを発揮してくださいな。
赤ちゃんが生まれたら、そういうわけにはいかへんしねー。
真ん中っ子として、これから相当厳しい人生を送らないといけないんやし、
今の間だけでも、ジャイアン、として、わがままし放題でもいいのではないか、
と、かあちゃんは勝手に考えているんですが。

そのうち、なんとかなるよ・・・ね?


・色の敏感期?????

そろそろ色の名前を教えてもいいかなーと思い、
おもちゃを指差しては「これは、あおね、これはきいろよ」等々話しかけたせいか
色、というものに興味を示すように。

ただ以前にも伝えたとおり、全て「あおー」としか言わないんですが。

それでも、必死にいろんな色のものを指差しては「あおー」と叫んでいます。


●カーテン、テント、未だにブーム

カーテンやテントは、相変わらず大好きで、
風呂上りのスッポンポン状態でも平気でカーテンに隠れ、ギャッギャ言っています。
ま、そのカーテンの向こうには道路があって、
外からコウメの裸体が丸見え状態・・・という有様なんですがね。
せめて、オムツくらい履いてくれよ・・・と思っていたら、
案の定、カーテンに隠れておしっこしてはりましたよ。あはは。やっちまったな。


●オムツ、パンツ大好き

オムツ(使用済みではないよ!)を持ったまま遊ぶようになりました。
おしっこもウンチもしていないし、替えようか、というと首を振るし
なんじゃそりゃ!やけど、まあ、新しいオムツなんで、いいかな、と。

でもって、パンツにも興味を持つようになり、
スミレのパンツを履こうとします。
ただし、オムツの上から。
ま、正確に言うと、ズボンの上からパンツを履いています。
1枚ならまだしも、自分でも履きやすいからか、
何枚も何枚も履いては大喜びしています。

変態です。


●ヨダレ、復活。

夏の間、おそらく暑さのためヨダレがすぐに乾いてくれたおかげで
スタイをしなくても過ごせていたのですが、
今はスタイなしでは、一日過ごせなくなりました。

ていうか、スタイも1日に何回も替えないといけないし。
全くもって、去年の状態と変わっていないし。


●赤ちゃん、への反応

妊婦健診に連れていくのも、赤ちゃん返りを最小限にとどめる方法かな?と思ったので
(コウメ妊娠時は、スミレを1度も健診に連れていかなかった・・)
コウメにも超音波写真を見せたり、赤ちゃんの病院に行くことを告げたりしています。

とはいえ、まだ1歳ですからねえ。わかっちゃーいませんよ。あはは。

以前にもお伝えしたとおり、つわり時、離れ離れになることが多くなったせいか
超ママっ子になり、夜泣きも再開されました。
つわりがましになり、離れる機会もめっぽう減ったにもかかわらず
未だに夜泣き続行ですし、ママママママーです。

加えて、わたしのひざの上で食事をする、という甘え方も覚え始めました。

スミレがいつもしげおのひざの上で食事をしているのを見て、
わたしも!となったのが発端なんですが、
スプーンで上手くすくえなかった・・・等々でイライラしたときには
決まって「ママ、(ひざの)うえ!」と言い、
当たり前のようにひざの上に乗っかってきます。

ああ、いかん習慣だよ。ったく。

でもまあ、これもまあ、赤ちゃん誕生までの限定サービスやからね。




そんなわけで、もう1歳9ヶ月。早いねえ。早いねえ。ホンマ早いねえ。


お医者さんごっこ

こどもちゃれんじほっぷ12月号の付録
「お医者さんセット」をたいそう気に入った我が娘たち。

聴診器は毎度取り合い、
注射器が無くなっただの、体温計が無くなっただので大騒ぎ。

以前から、スミレはお医者さんごっこが好きだったし、
言うても3歳なので、割と忠実にお医者さんを再現してくれるのですが、
問題は、コウメ。

体温計を持ってきても「ちゅうしゃ!」と言うし、
注射器を持たせようものなら、「ちゅうしゃ!」と叫んで
頭やほっぺ、お腹、背中等々、あり得へん場所に、注射を打つ始末。
コウメ先生、根っからのヤブ医者っす。

かと思えば、
「コウメ先生、痛いです。しんどいです。もうだめです・・・」と弱音を吐いてみると
よしよし、と頭をなでてくれる優しい医者に大変身。

意外と、楽しいです。1歳児とのお医者さんごっこ。



話は変わって。

昨日のコウメの昼寝。

最近、おんぶで寝かしつけできなくて、布団に降ろしてトントンしています。
ただ、昨日は布団でトントンしてでもなかなか寝つかなくって。
こうなったら強行手段や!と思って「じゃ、独りで寝てね」と言って
コウメを残して寝室を後にしたのね。

出て行った後も、全く泣かないし、静かなので
数十分後見に行ったら、スヤスヤ寝てて。

ひゃー!独りで寝てる!!!!!

すごいー!すごいー!すごすぎるー!!!

スミレなんて未だに誰かいないとわかるだけで、泣き叫ぶのにー!!!


で、まあ、今日もね、同じ展開にならないかなーなんて思っていたら、
案の定、布団でトントンしても寝なかったの。
で、昨日と同じく「じゃ、独りで寝てね」と言って寝室を出ていくことに。

しばらくは静かだったので、今日も成功?!なんて思っていたら、
モニター(寝室の音をリビングでキャッチできる器械)から聞こえてくるのは
「ガアガア、ピョンピョン、にゃんにゃん、だだだだー」と
明らかに、起きて独りで遊んでいるコウメの声・・・。

ま、それでも放っておいたら、途中から
「ぎゃー!!!!!!!」って泣き叫ぶ声に変わってて。

慌ててて寝室に駆け込んだら、スミレもリビングに独りにされた寂しさで
ぎゃー!って言いながら寝室に駆け込んできて、ドボン。

1歳8ヶ月にして、初の「昼寝なし」を経験することに。

ただ、私も相当疲れていたので、
オヤツを抜いて晩御飯の時間を1時間繰り上げ
そのまま1時間早めに寝かしつけました。

おかげで夜8時には2人とも、ぐーぐー言うてくれました。ああ。助かった。

コウメももうすぐ2歳。
恐怖の「昼寝なし」が、日常にならないことを祈るばかり。

かあちゃん、もうちょっと、休みたいよぅ。


妊娠5ヶ月

妊娠5ヶ月です。

5ヶ月目つまり16週に突入してようやく、つわりから解放されました。
が、未だに頭痛はあるし、動きすぎると、ごっつー疲れますけどね。
原因は、なんちゅうか、妊娠というより、歳ですな。きっと。

あと、上2人のときと同様、骨盤が緩み始めていて、
お尻が痛いです。えーっと具体的に言うと、立っているだけでも辛いし
寝た状態から普通に起き上がれません。
これから出産に向けて、だんだん酷くなるばかりだし、
産後も緩んだ骨盤が元に戻ろうとするので、さらに痛みが激しくなり
出産後も1年は尻痛で悩まないといけましぇん。
早く出産終えて、骨盤整形に通いたいっすよ。まじで。

つわりを除けば、私の場合、割と安定している妊婦期間ですが、
この尻痛だけは、未だに誰にも共感してもらえず、
独りで苦しんでいます。いたたたた。
同じ痛みを経験されたことのある方、いらっしゃれば、ぜひ語り合いましょう!



今日は健診日。
スミレとコウメ連れて行くのは少し慣れたもののやっぱり疲れます。はあ。
幸い、いつもより早くに終わったんですが、
気がついたら、2人でぎゃーぎゃー言ってイスに登ったり降りたり、
イスの上でジャンプしたり、走り回ったり。
案の定、頭から落下したり(コウメ)。←毎度、同じことを繰り返されております・・・。

クーピー、シール、折り紙等々で、気を引いているつもりなんですが、
ぎゃーぎゃー言ってはしゃぐ、という遊びには勝てないらしく、
クーピーを放り投げてでも、イスの上でジャンプしちょります。

さすがにさすがにアレなんで、私も注意するんですがね。
聴くわきゃないよね。今日も会計までトータル2時間半かかったんやから。

てことで、えーっと健診は、あっさり終了。
特に問題なく。順調に育っていますよ、と言われて、ほんまにほっとしたというか。

実は1週間前ほどから「胎動かい?」と思うような動きを感じていたのですが、
胎動って、腸の動きにも似ているから、勘違いかなあなーんて思っていたんですけど
胎動でしたね。あれは。確信。
今日も、超音波検査の際、元気よく脚を動かしていましたし。




てことで、現在は、産後1ヶ月をどう過ごすのか、という課題に向けて
いろいろ人の手配、段取り等を、考えているところです。

とりあえず、いつもいく広場のスタッフでファミサポに登録している人がいたので
週2日はその人のところに預けることになりました。

実家の母は歳と病気で頼れないので、
ファミサポやシッターで乗り切らなければならないんだけど、
どこまでを誰にやってもらい、どこからを自分でやったほうがいいのか、
その線引きが難しくてねえ。

普通、産褥ヘルパーさんは、家事を一手に担ってくれるんだけど、
我が家の家事って、無いに等しいんよね。

買い物は全て生協の宅配でなんとかなるだろうし、
晩御飯は今でも30分で作れるものしか作っていないし、
皿洗いは食器洗浄機がやってくださるし、
掃除は、今でも滅多にしないし・・・。
洗濯干しくらいは、しげおにやってもらえばいいし。
スミレやコウメの昼の弁当は、結局、朝、自分で作ることになりそうだし。
産褥ヘルパーさんにお願いする家事って、あるのか?って感じ。

て考えると、対費用効果や私の産後の身体の休息を天秤にかけたら
子供たちの面倒をみてくれる人を雇う方が、現実的かな、と。

ただ、アレね。アレ。赤ちゃん返りがね。こわい。それだけね。

出産予定の5月っていうと、
スミレは幼稚園に慣れずにストレスを溜め込んでいる時期だろうし、
コウメも、急に私と離れ離れの生活を送ることで、
ママッマママママママママーー!!!になるだろうし、
赤ちゃんがいる生活に慣れることで、赤ちゃん返りって解消されるだろうし
あのスミレの強烈な赤ちゃん返りを思い出すたびに、
恐怖というか、頭痛が酷くなるというか、胃が痛くなるというか、
ああああー、アレだけは避けたいーって思ってねえ。

コウメは確実に赤ちゃん返りするだろうけど、
まさかまさかスミレも・・・?なんて思うと、ほんま恐怖ですわ。
世の中の怪談話よりも、もっと怖いよ。まじで背筋ゾクゾクやで。

てことで、えーっと、やっぱ3人産み育てるって、
並大抵の神経じゃかなわんね。肝据わりまくらなあかんね。
心臓に毛、もじゃもじゃ生えてくるね。
3人育てて、女の子で居続けるって、無理やね。
女の子という属性を捨てて、肝っ玉かあちゃんとして生きるしかないよね。

強くなるよ、ほんと。なりたくなくても、強くなっちゃうね。
それが、かあちゃん、なんだろうけどね。

5月まで。ああ、長いね。
でも3人目であろうと、せっかくなので、妊婦期間を楽しみたいと思います。
胎動を感じる時間も、ちゃんと持たなくっちゃな。


ケッコンキネンビ

結婚記念日でした。

ケーキと花束を買って帰宅。
でもしげおは早く帰ってくる気配全くなし。
こういう記念日くらい、早く帰って来て妻を喜ばせる、とかないんかねえ。はあ。
ま、私もしげおの帰宅を待つほど体力がないので、早々と就寝。
(未だに夜泣き付き合いしているんでねえ)

翌朝、テーブルを見ると、花束が。

ありがとうございます、です。

***

てことで、我が家も結婚6年目に突入しました。

いやあ、わたしたちの場合、
結婚なしで付き合うだけやったら6年ももたなかっただろうね・・・。
(我が家は付き合って1年で結婚、だったので)

先日もしげおが
「ぼくたち、1年で結婚してなかったら、きっといつまでも結婚していなかったね」
と本音をポロリ。

「3年も付き合ったし、ケジメで結婚しようか」とかいう発想は全くないわ、とも言うし
ほんと、1年で結婚してよかったよ。あはは。


ケーキや花束を買う際に、スミレにも結婚記念日の説明をしたところ、
「パパおめでとう!」「ママおめでとう!」と言ってくれて。感動・・・(涙)。
いいねえ。娘からこんなお祝いの言葉いただけるだなんて。かあちゃん、幸せだよ。

でも「パパはママが大好き。ママもパパが大好きなのよ、だから結婚したのよ」
という説明をすると
「スミレもパパが大好き。パパもスミレのことが大好きって言ってたよ」と反論。

やっぱり同性の娘とは敵対関係になっちまうね。あはは。
幸せだね、しげお・・・。娘からこんなに愛されてて・・・。

***

どうでもいいけど。話、全然違うけど。

レゴと無印のコラボおもちゃを発見。

紙とあそぶレゴブロック

うわー。楽しそう!ほしい!!!!!


しまコン/ドールハウス/絵

月曜日、しまじろうのコンサートに行ってきました。

先週、風邪でダウンしたときは、コンサートのことはあきらめていたのですが
意外と皆、元気になったので、行くことに。

前日、スミレに「明日はしまじろうのコンサートだよ」と言うと、
意外な(?!)ことに喜び、
当日も朝から「いつになったらしまじろうのコンサートに行くの?」と
公園で遊んでいても、心ここにあらず、状態。

おかげで、
最寄駅まで(約50分)+乗り換え(約10分)+地下鉄~会場まで(約20分)
歩きまくりました。最後は、ふぇんふぇん(泣)言ってたけどね。

コンサート中は、他の子供たちがはしゃぐなか、
ノリノリぃーでも、「きゃーしまじろう!」と叫ぶわけでもなく
ただひたすらじーっと眺めているだけ。
コウメは、さすがにじーっとしてられず、後半はぐずりまくりぃーでしたけどね。
でも2人とも、そこそこ楽しんでいた模様。
スミレは「あわてんぼうのサンタクロースを歌ったよ」とか
「しまじろうのコンサート、行ったね」とか、その後もいろいろ話してくれたし。

でもね、これが最後のしまじろうコンサートやろうなあ、と。
来年は0歳児がいるだろうから、3人連れていくのは無理やろうし
幼稚園が始まったら平日の公演には行かれへんし、ね。

しかも、奇遇にもアヤナちゃんと同じ公演で席も近く、
ほんのすこしだけど再会を果たせて、母子ともに大満足。
今年、来年の運、ここで使い果たしたね。あはは。

で、今回のコンサート。
時期も時期なんで「しまじろうのクリスマスコンサート」だったのね。

クリスマス。ええ、クリスマス、ですよ。

ならば、やるでしょ、あれ。ね、やらないわきゃないでしょ、ね。

R0011207.jpg
サンタコスプレっすよ。もちろん。姉妹おそろっすよ。

以前は、コスプレするときにはしげおも一緒でないと恥ずかしい、と思っていたけど
今回はしげお無しでも平気でした。あはは。
親バカ街道まっしぐら、っちゅうか、
心臓にモジャモジャ毛が生えてきましたね、って感じ。
35歳、怖いもの知らずだね。
こういうのを「おばさん力(おばさんりょく)」と言うんだろうね。

会場でもサンタコスプレで観賞しようと思っていたのに、
R0011222.jpg
二女、早々と脱ぎやがったよ。
これじゃあ、親バカ度、半減だよ・・・。
スミレはコンサートの間、忠実に着てくれたのに。
ていうか、コンサート後も、最寄駅まで堂々とサンタコスプレで帰ってくれたよ。
あはは。通勤ラッシュ時にサンタコスプレ、かんなり浮いていたけどね。


■■■

ドールハウス、作りました。

R0011225.jpg
どこがドールハウスやねん!ってツッコミはさておき。

R0011227.jpg
滑り台も設置したし

R0011232.jpg
机とイスも用意。ついでにペットボトルのふたでご飯も作り

R0011233.jpg
滑り台を台に乗せれば、橋にもなる、というアイデア。

我ながら、すばらしい、と思いましたよ。自画自賛で申し訳ないけど、
コウメが寝ている間のものの30分ほどで完成させたんですから。

もちろん、スミレ、コウメ、ともに喜んでくれたし。
つーか、毎回毎回、取り合い合戦勃発っすけどね。


■■■

スミレの絵が、いつの間にか、レベルアップしてました。

見えにくい画像ですんません・・・↓
R0011231.jpg
上がコウメ。「みみ!」と叫んでいたので、おそらく、みみりんを描いた模様。
(ただし、以前、スミレが描いた絵の上に描いたので、
 どの線がコウメのかが、よくわからない・・・)

下がスミレ。
お花を描いたの、と言うとおり
「花」+「茎」+「葉っぱ」が描かれていました。
今まで、茎も葉っぱも、というか、花、すらも描けたことがなかったのに。
おそらく、幼児教室でお友達やお姉ちゃんが描いたものを見て、影響を受けたんだろうね。

R0011229.jpg
幼児教室で作った切り紙。

いつもお迎えが一緒になる、他のお友達(スミレと同じ4月生まれ)は、
顔も身体も飾りつけも、鉛筆でちょこっと可愛く描いていたし
3月生まれのお友達は、手足が異様に長い「手足人間」がたくさん登場してたのね。
それに比べると、スミレのは、大胆で豪快・・・。
同じ切り紙でも、全然違うものになるんやねえ。すごいよね。

R0011228.jpg
これは、普通の折り紙をビリビリして作ったもの。
上がスミレ。「とりすずめ」と言っていました。
作る前に「とり」にしよう!と思っていたわけではなく、
作りながら、気がついたら「とり」になっていた、という感じ。

下はコウメ。この日は手でつける「糊」がたいそう気に入って
べとべとぐじゃぐじゃになるまで、ひたすら糊を塗りたくってました。
糊の感覚が気に入るようなら、今度は絵の具でフィンガーペインティングでもやりますか。
もち、屋外、でね・・・。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす