10
1
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
   

スミレの性格

スミレは、多くの人と交わることが苦手で、
特定の人とこぢんまり遊ぶのが好きです。

人前で歌を歌ったり、踊ったり、質問に答えたり・・・というのがとてもイヤで、
相変わらず、人前では歌うことも踊ることも拒否する場面が多々あります。

知っている人に会ったら、挨拶をしないといけない。
何か聞かれたら返事をしないといけない。
小さな声で言うより大きな声で言った方がいい。

全てすごーく理解はしているものの、実際には上記のことはできません。

広場でも幼児教室でも基本「独り」で黙々と遊ぶことが好きで、
もちろん好きなお姉ちゃんお兄ちゃん、お友達に誘われればついていくけど、
誘われなければ、ただひたすら自分の世界に入り込むか、
お友達が遊んでいる様子をぼーっと眺めています。

近所のお兄ちゃんは多数いるのですが、
いつも遊ぶ3人のお兄ちゃんだけには心を開いていて
自分から「一緒に遊ぼう」と言えるし、
「●●して!」とか「●●はいやだ!」とか「●●遊びがしたい」等々、
自分の気持ちを素直に表現することができます。

遊びに熱中しているときに他の遊びに誘われたり、トイレに誘われたり、
用事があるからお出かけしよう、と言うと、それだけでパニックになります。

今日、誰が家にいるのか、どこに行くのか、行ってから何をするのか、
どんな順序でどれくらい時間がかかるのか、を説明しておかないと、
一日中ぐずっています。

もちろん、順序や時間が予定通りでないと、その時点で「なんで?」攻撃が始まり
他のハプニングも加わると、パニック状態に。

そんなわけで、

ユングの性格論で言うと、スミレの性格は、いわゆる内向型寄りの性質です。
(完璧な内向型ではないよ)

親の私たちは、というと
しげおは、幼い頃は、恥ずかしがり屋で人と積極的にしゃべることができず
内に引きこもる内向型の子供だったみたいです。

私も同じく内向型の子供でした。
友達はほとんどいなかったし、友達がいないことをそれほど寂しいとも思わなかったし
独りで遊ぶことがとても好きでした。

なのでスミレの内向型の性格は、完璧な遺伝。
もちろん、スミレの上記の性格、行動は、私もしげおもすごく納得できるので、
問題あり、とは基本的には思っていません。

ただ。

公園や広場、育児サークル、保育園、幼稚園に行くと、
スミレのようなタイプは「問題視」されます。
問題視、とまではいかないけど、「お母さん、お困りでしょう」的な話になっていくのです。

2人の子育てでだいぶかあちゃんとしてもたくましくなった今の私でさえも、
こういわれると、すごーく不安で、
スミレがとてもダメダメちゃんな子供に見えてしまいます。

スミレが0歳、1歳、2歳のときは、なおさら、悩みまくっていました。


スミレが皆と一緒に踊らない様子を見かねた保育士に
「お母さんが楽しく踊ったら子供も踊るようになります」と言われたり

ママにベッタリで、、、という話をすると
「園庭開放、育児サークル、公園、広場など、子供たちが集まる場所に
 積極的に行って、慣れれば、他の子供たちと遊ぶようになります。
 人見知りがなくなります。ママに引っ付かなくなります」と言われたり

逆に
「下の子ができて下の子に構いすぎだから、ママにベッタリするの。
 もっと上の子を優先させて、スミレともっともっともっと遊んであげて」
と言われたりしました。

どの意見もごもっともで、
そのアドバイス通りにやれば問題が解消される人もも多数いると思います。

ただスミレの場合は、全てダメでした。

踊ることに関しては、私が踊ることすらも拒み、
ひたすら私の身体にひっついて怖い顔をしていましたし、
園庭開放などに頻繁に行っても、私から離れることは滅多にありませんし、
コウメをほったらかしにしてスミレに構いすぎた1年だったけど、
何も良いことはなかったし、
逆にこれらのアドバイスに振り回されて、すごく苦痛でした。

そもそも
園庭開放、育児サークル、公園、広場に行く人は、
お母さんもしくは子供が外向型の場合が多く
お母さんも、子供たちも社交的な雰囲気の中で過ごさなくてはなりません。

外向型の子供たちは、保育士やお友達のお母さんに向かって
「こんにちはっ!」と元気よく挨拶し、
親の元から離れて、他の子供たちと一緒に走り回ります。

元気よく挨拶するから、いろんな人に誉められます。
親の元から離れてくれるから、親は他の親とママ話ができて
ストレス発散ができ、ニコニコ顔で公園を去ります。

子供同士で活発に遊ぶ子、挨拶ができる子、積極的に何事にもチャレンジする子、

そういう子供は、上記のような場所では、すごく誉められますし、
「子供らしい」「元気でいいね」と評価され、本人も自信をつけることができます。

一方で、スミレのような子供は、上記のような場所では低い評価を受けます。

「挨拶、できるようになるといいね」と言われ(本人は、小声で挨拶しているけど)
「もっとお友達と一緒に遊べるようになるといいね」と言われ
(ただ単に遊びたい相手の比重が、子供<ママ、なんだけど)
「そのうち慣れるよ」と言われ
(慣れたい、とは本人は思っていない。ただひたすら帰りたいと思っている)

で、結局、全く誰からも誉められることなく、
私も否定的なことばかりを言われて凹んで帰る、というのがオチなんですわ。


ここから話はそれます・・・・・・・・・・・・・・・

先日、公園に、お母さんから積極的に離れて遊ぶ3歳児男子2人とそのお母さん、
ベッタリ大好きな3歳児男子1人とそのお母さんがいたのね。
お母さんから離れて遊ぶお母さんたちは、
専らママトークに忙しくて、子供たちはほったらかし。
ほったらかされた子供たちは、楽しく遊んでいるベッタリ親子の元に行き、
一緒にボールごっこをしたりかけっこをしたり。

それを見たママトーク中のお母さんがベッタリママに向かって
「子供たちと一緒に走り回れるって、すごいわあ。私ら、できへんわ!」って言ってて。
それに対してベッタリママは
「私やて、好きでやっているんちゃうねん。
 子供が離れてくれへんから一緒に遊んでいるねん。
 親から離れてくれる子供が羨ましいわ!!!」って。

超共感・・・。わかるよー。わかるよー。
思わず、そのお母さんとこに行って、抱きしめてあげたくなったよ。

結局ね、ベッタリママは他の子供の相手もしなあかんくて、
ヘトヘトになって帰っていきました。

疲れるよね。疲れるよね。こういうとき、
相手のお母さんから「子供の相手してくれてありがとう」と言ってもらえることもあるけど
でも「今度は、私が貴女の子供をみてあげる」とは、絶対に言われないのね。
「だって御宅の息子さん、お母さんから離れないでしょ」ってのを理由に。

なんか、フェアじゃないよね。

私自身、最近、公園や、近所のママに苦手意識を持つのには、こういう状況があって。

どんだけ私の体調が優れなくても、
子供たちの気持ちを発散させるために外に出て、公園に行って、
自分の子供たちの相手だけでもヘトヘトなのに、他の子供たちの相手までさせられて
他の子供たちがあかんことしたら、それはそれで叱って、
他の子供たちが自慢げに「こんなことできるねん」と何かを披露したら、
すごいすごいと誉めて、
その間、その子供たちにペースを邪魔された自分の子供たちの対応に必死こいて
結局は、自分の子供たちのペースを守りきれず、
二人とも機嫌が悪くなって(というか、2人とも泣きまくって)
なだめてなだめて、抱っこして帰宅してくるの。
もちろん、外で発散できなかったから、
家の中でも超ぐずりまくりぃのベッタリしまくりぃので
家事どころか、身体を休めることすらもできなくて。

あーあ、やっぱ、公園っていややなあって。

最近は、以前と同じく子供たちがいない時間帯を見計らって
でかけるようにはしているけどね。
スミレとコウメが一緒に遊べるようになったから、他の子供さえいなければ、
というか、公園の中でも、
他の子供たちがこないような遊具のない場所にわざわざ行って遊んだり、
積極的に親から離れて遊ぶ子供とは関わらないようにするようになりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、話は戻って。

内向型のお母さんの場合(私の友人もそうなのですが)、
そもそも人がたくさん集まる場所が嫌いなので、
園庭開放だの育児サークルだのには、全く行かない生活を送っています。
もちろんママ友はほとんどいず、でも寂しいと思うことは一切なく、
子供とおうちや公園でひっそり遊んで楽しんでいます。

私は、学生時代、内向型の性格でい続けることが、
社会生活においてとても不利になることを実感し、
外向型になろうと必死で転換したので、
今はどちらかというと外向型として生きています。
なので、家の中にこもることは苦手で、
育児サークル、広場、公園に積極的に行っています。

ま、そんな感じで、自分自身の本来の性格を矯正してしまったこともあって、
余計にスミレの性格や、他の人の評価に惑わされているんだろうなあ、と。

今通っている幼児教室やいつも行く広場では、スミレの話をとことんしてきたし、
内向型であることも理解してもらっているし、その性格を大いに認めてもらっているので
スミレ自身も、伸び伸び好きなようにやらせてもらっているし、
幼児教室も広場も大好きです。
(ただ、幼児教室の場合は、なんやかんやいうて集団生活なので、
 辛い面は多々あるみたいやけど)

問題は、来年から行く幼稚園。
もちろん、スミレの性格については、いずれ先生にきちんと説明しないといけないし
それを考慮した上で、保育してほしい旨伝えるつもりだけど、
でもなんやかんや言うても、
外向型の子供に矯正させられるのではなかろうかなあ、と思ってて。

その幼稚園が、じゃなくて、どの幼稚園でも同じだと思うんだけど、
外向型の子どもの方が扱いやすいでしょ。
発表会で歌ったり、踊ったりしない子がいたら、
できる限り歌い、踊れるよう、指導しちゃうでしょ。
小学生の高学年になったら、
みんなと同じように歌ったり踊ったりできるようになってほしい、とは思うけど、
4歳、5歳で、それを求めなくてもいいかな、って個人的に思ってて。

それが親の甘やかし、と言われれば、それまでなんやけど、
人前で発表するのがイヤやのに、発表会のための準備と題して、
普通の保育を削って練習に充てるのって、どうかなあ、って思って。
普通の保育(遊具で遊んだり、工作したり)に、
もっと時間を割いてほしいなあって思って。


って、話がずんずんずれてしまったけど、
いつも読んでいるブログ「虹色通信」で
『現代の幼少期、内向型の子供には不利?』という内容の記事を読んで
すっごーく共鳴し、すっごーく考えさせられたので、
今日は、こういう内容のブログになっているんです。

それでもって、今まで私がスミレの子育てで悩んでいたことが
他の人のブログによって文章化されたことで、すっごくスッキリしたというか。

あと、公園で会ったベッタリ息子と一緒に遊ぶママの行動や言動を聞き、
「ベッタリの子供で悩んで疲れ果てているのは、私だけじゃないんだ」
と思えてすごく勇気付けられたというか。

本当は内向型の子供ってもっとたくさんいるんだけど、
公園などに行ってしまうと、外向型の子供にばかり出会うから、
余計にスミレやコウメが特別な存在にうつってしまうんだろうなあ、と。


ああ、ようやく客観的に自分の置かれた立場を理解できるようになりました。
母歴3年半で。ええ、ようやく。


てことで、久しぶりのブログで、重い話で、また長々と失礼しました。


スポンサーサイト

チーちゃんとコウメ


うちの3姉妹(しょの1)

子供を寝かしつけてから、読みふけってしまったよ。

大爆笑だよ。

笑いすぎて、おなかが筋肉痛だよ。

チーちゃんがまだ1歳代の話なので、共感できるかなあ・・・と思っていたけど、
共感どころじゃないよ。チーちゃんの行動、言動、全てコウメと一緒だよ。
チーちゃんの代名詞は今や「社長」になっているけど、
コウメもこの調子でいけば我が家の「社長」になること、間違いなしだね。

いやあ。松本ぷりっつさん、最高っす。

もち、現在進行形のブログも大好き。


ゲ・・・

2週間ぶりにスミレを昼寝に誘ったら、ごっつー長いこと寝てしまいました。
というか、寝ています。コウメも姉の睡眠に引きづられて未だに寝ているし。

一方の私は、全く眠れず。しんどすぎっす・・・。はあ。

では、さようなら。


ゴリラ、出現

ゴリラが出現しました。

名称未設定-1.jpg
鏡に登っているゴリラ、じゃなくて、コウメ。

風呂あがり、この姿見にひたすら自分のヨダレをこすりつけていたコウメ。
汚いし、何分も続けるので、さすがに着替えさせたい+止めさせたいと思い、
強引に引き離したところ、逆に鏡にしがみつき、
そして、こともあろうに、のぼってしまいました・・・。

ええ、この後、姿見のいっちゃん上までのぼりきっていましたよ。

すごい脚力・・・。

じゃなくて、執念・・・?


てことで、その日以来、風呂あがりには、この姿見にのぼる、
というのが習慣になってしまいました。ああ。
顔は美少女のはずなのに、行動は、なんでなんでそんなに原始的なん?


■■

つーことで、写真で近況報告。

9月初旬。京都市動物園に行きました。

R0010513.jpg
スミレ、マンドリルになる。

先週のこと。
万博公園で開かれていたロハスフェスタに行こうと、車を走らせたところ、
信じられないくらいの渋滞に巻き込まれ、
外周を一周りするのに1時間以上もかかり、
その上、駐車場に車を入れることもできず、結局、市場池公園で遊ぶことに。

R0010687.jpg
ま、こっちの方が、落ち着くんやけどね。

R0010699.jpg
市場池公園で昼食をとったのち、あひるさんの池ではしゃぎまくる娘たち。



たまには、がっちゃんの写真も。
R0010762.jpg
最近は、娘2人+ガッチャンを連れて公園に行きます。

R0010761.jpg
生後初めて、カットしてもらったガッチャン。
しげおの強い要望により、女の子、に仕立て上げられ、
近所の子供たち&うちの娘たちの反感をかっています。



■あそび


R0010648.jpg

相変わらず、スミレは、レゴと
チェコ製 ハートを抱えたラブ・レスニーで空想の世界へ入り込んでいます。

レスニーいいよ。コウメでも充分扱える大きさだし、レゴだけでなく、
手持ちのおもちゃの車や電車に乗せて遊んだりできて、ほんと重宝しています。


R0010731.jpg

スミレとコウメが一緒に遊ぶ時間も増えてきました。
お互い機嫌が良い&お互い好きなおもちゃを確保できている、という条件付きですが。


てことで、近況報告、おわり。


マイペース姉妹

子供はみんなマイペースだよ、と言われます。ま、確かに。

だけど、スミレは自分のペースを絶対に邪魔されたくないマイペースさん。
おかげで公園でもお友達と一緒に遊べないし、
ダダダダーと走ってくるお友達を見つけた瞬間「帰る」コール。←あ、これ、未だに、そうなの。

一方のコウメ。こちらも自分のペースを何がなんでも押し通すマイペースさん。
ダダダダーと走ってくるお友達を見ると、帰る、とは言わないし、逃げないものの
ガンを飛ばして威嚇。そして何がなんでも動こうとはしない石の女。

スミレもコウメも、のんびりタイプのマイペースさんやから、
遊具で遊んでいても、必ずといっていいほど、怒られるのは
抜かそうとする子供たち。

てことで、今朝もコウメが原因で、
公園で他のお友達と一波乱、二波乱起こしてしまいました。

のんびり遊ばせてあげたいんやけど、
のんびりの基準が違うお母さんとは、いつもギクシャクしてしまいます。

あああ、のんびり、ゆっくり遊ばせてあげたいよぅ。
うちの子のような、ほんまにのんびりさんのお子さんと遊べたら、
私も子供たちもラクなんだけどなあ。そういう子って、いないのかなあ。


スミレ3歳6ヶ月■コウメ1歳7ヶ月の成長記録

近所の中学校では新型インフルエンザで中1が学年閉鎖になり
いつも一緒に遊んでいる近所のお兄ちゃん(小4)も
新型インフルエンザにかかり、
とうとう近所の幼稚園にも感染者が出たらしく、
まじで、うつさんでくれぇーーーーー!!!と叫んでいるあやねこです。ども。

お久しぶりです。ども。

元気です。ども。

最近、楽天ブログにアクセスすると、
表示するだけでごっつー時間がかかってイライラしています。ども。

せっかくリコーGX200を買ってもらったのに、
全然、写真撮っていません。ども。

育児においては、ビンボーおもちゃ作りに目覚めたり、
知育遊びに目覚めたり・・・といった時期もあったのですが
今のブームは「じゃれつき遊び」です。

使わなくなったハンカチをつなげて作った大風呂敷(?)を頭からかぶり
「おばけだぞー」と言うだけで、スミレもコウメも大興奮。
おばけの状態でこちょこちょしたり、ほっぺたを食べに行くと
2人とも床に転げてギャハギャハギャハー。

あああ、ラクだぜ。


■スミレ3歳6ヶ月■

先日、おるすばん、をさせてみました。

病院に予約を入れるため(直接病院の窓口で名前を記載しなければならない)
スミレとコウメを残して、1人で病院に行ってきました。

しまじろうのDVD(約30分)をつけ、
猛ダッシュで自転車をこぎ、窓口で名前を書いて
猛ダッシュできっつい坂道をのぼり、20分で帰宅。

2人ともしまじろうDVDを真剣に見てて、
全く泣かず、全く動揺もしていなかったので、ほんと助かりました。

ま、実は、寝室ではしげおが寝込んでいたので、
完全な、おるすばん、ではなかったんだけどね。


■コウメ1歳7ヶ月■

言葉がだいぶわかるようになったのか、
「ぎゅうにゅうほしい?」と聞くと「ほしい」と答え、
「このおもちゃがいいの?」と聞くと「いい」と答えてくれるので
コミュニケーションが取りやすくなってきました。

スミレは1歳7ヶ月の時点では、まだほとんど言葉を発しておらず
コミュニケーションをとるのにごっつー苦労してたので、
コウメが「ほしい」「いい」「うん」と反応してくれるだけで
育児が格段にラクに感じます。

遊びに関しては、気に入った遊びがあると、トコトン遊ばないと気が済まないみたい。
先日も、
出産祝い お誕生祝いにも人気 マイファーストBRIOレールセット【BRIO/ブリオ】
こういうおもちゃで遊んだところ、
めちゃくちゃ楽しかったらしく、ずーっと遊び続けていたのね。

お風呂の時間をはるかにオーバーしていたので、
さすがになあ、、、はよ寝たいしなあ、、、と思って
「あと1回やったらおしまいね」と言い聞かせて、その通り終了させたのですが、
これが、大泣きで。ギャンギャン泣きまくってて。

ま、最後は
「楽しかったね。坂道すべるのが一番楽しいね。曲がるときも面白いね。
 汽車はすぐにはずれちゃって悔しかったね・・・・・・」等々
楽しかったことを言葉にして表現してあげたら、即効泣き止み、
「また遊ぼうね、バイバイ」と言うと、
すぐに大事に持っていた列車をおもちゃ箱にポイ。

ああああ、よかった・・・。


それにしても、公園で遊ぶにしても、おもちゃで遊ぶにしても、
姉妹それぞれ「おしまいにする」瞬間が違うので、気を遣います。はあ。

公園でもスミレが帰りたがっても、コウメが帰りたがらないことは多々あるし
コウメを説得している間に、帰りたがっていたスミレが別の遊具で遊びだしたり
結局、2人を説き伏せるだけで数十分かかってヘトヘトになって帰宅する、
ってのが、最近のパターンっす。疲れるっす。かあちゃん、ボロボロっす。

■■■

てことで、えーっと、今月の成長記録はこんな感じ。

最近、全くブログを書く気力がないので、
こんな感じで終わります。ばいちゃ。さようなら。ごきげんよう。


幼稚園決定

決めちゃいました。幼稚園。

幼児教室継続と迷ったけど、
いろいろ諸々かくかくしかじか事情がありまして、幼稚園に決定です。

「並ばなくても大丈夫です」と園長先生が説明会で断言されていたので
安心してしげおに願書提出をお願いしたのですが、
バイクでも10分そこそこで到着するはずの幼稚園に
30分以上も道にさまよったらしく、受付番号は106番。
「誰も並んでいなかったよ」の言葉どおり、
今日面接に行ったら、ドンケツでした。

面接では、名前、年齢、誰と来たのか、を聞かれ
あとは、絵を見て何の絵か答える・・・だけ。
親には、なぜこの幼稚園にしたのか、心配していることは、を聞かれただけで
ものの数分で面接終了。

私自身は幼稚園の面接(?)で、はさみを使ったり、
いろいろテスト的なものをやらされた記憶があるんやけど。
ま、いうても、私、かんなりのガンコもんで、
はさみを使えるのに、使わなかったり、
先生の指示を全面的に否定し、テストにすらも挑まなかったらしいので
スミレの幼稚園が、こういう面接じゃなくて、よかったよ。

ちなみにスミレ。
面接の質問には、完璧に答えられるのに、超ちっちゃい声しか出さへんくって。
先生もスミレの声を聞く、というより「口の動きを見て判断」してはったし。
ま、ええよ。私みたいに反逆精神で挑まないだけ、素直でええ子や。

で、面接が終わるとすぐに入園費を納入。
新札に換える余裕がなかったので、古いお札ばかりを渡してしまったけど
ああああ、あかんよなあ、、、と帰りの車の中で自己嫌悪。
来年は(コウメのときは)、準備万端で挑もうっと。うん。

てことで、幼稚園。

本人の意思は全く無視しちゃった結果になったけど、
3年間、がんばってくれたまえ。
イヤやったら、1年で辞めてもええし。

私もあまり期待せずに、ぼちぼちスミレの成長を見守られれればなあ、と。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす