FC2ブログ
   
09
1
2
7
9
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
29
   

母がヒットした絵本

子供にウケた絵本は、先日紹介したのですが、
えーっと、ここ最近、ワタクシの方が、絵本に再び目覚めてしまいまして。

まずは
バムとケロのにちようび
とりあえず、バムケロシリーズ第一弾、買ってみました。

かわいい。細かいところまで描かれていて、絵を見ているだけで幸せ。
1ページに何コマも描かれていて漫画ちっくではあるけど、
スミレは絵を見て、自分で勝手に話を作って読んでいるくらい
「絵」で読める絵本です。

ああ、しばらくはバムケロはまりそうですわ。


ひっさしぶりに、かあちゃん、ビビビときた絵本。


くんくん、いいにおい

においをテーマにした絵本って珍しいでしょ。

しかも

「つちのにおい げんきなにおい」
「ぶらんこしたあとの てのにおい」

と、文章も最高。うう。いい、その感覚。
においをそういう言葉で表現できるって、すごいなあ。

話はそれるけど、今の子供たちって、何か感想を聞かれると
「ふつう」って答えるでしょ。
質問の仕方も悪いのかもしれないけど、「ふつう」はないでしょ、ね。
もっと形容詞とか、擬音語擬態語をふんだんに使って
自分の気持ちを表現してよ!!!って、常日頃思ってて。

だから、この絵本に出会えて、よかったなあって。
改めて、自分の子供たちにも、気持ちを表現する言葉を教えてあげたいなあって。

ちなみに、「くんくん、いいにおい」は、ぐらんママ社のBook of sense seriesのひとつ。

「感覚」を扱った絵本なんて、そんなにないから、
シリーズのほかのものも大人買いすることに。


きこえる?きこえるよ

「くんくん、いいにおい」と作者が一緒なので、
「げんきなおと」とか「さわやかなおと」なんて文章が出てくるのかと思いきや。

一切文章なし。

ああ、まさにこれ、
子供たちと絵を見ながら「どんな音だと思う?」って
掛け合いができる絵本じゃあーりませんかっ!

うおー!!!スミレにはまだ掛け合いしても難しいかもしれないけど、
近所の子供たち集めて、読み聞かせしたいぜー!ああ、どんな返答がくるか楽しみだぜ!

いいです。ああ、まじでいいです。
読み聞かせにピッタリの絵本です。
ああ、加藤啓子先生にもお伝えしたい。ってか、先生ならもうご存知だわな。


あまいね、しょっぱいよ
上記2つとは、作者が違うので、絵のテイストも違うんですが、
主人公の豚がこれまた愛嬌のある奴で、かわいいです。

苦手な味に出会うとなんでも「すっぱい」と表現してしまうスミレに
この絵本を通して、
「カレーは辛い」とか「塩をいっぱいかけた目玉焼きはしょっぱい」とか
味覚の表現をもっと増やしていきたいなあと。

ただでさえ「はよたべろ!」「こぼさずに!こらあ!」と怒りまくっている食事タイム。

これをきっかけに、私自身も食べ物のこと、味のこと、作り方のことなど
もっと楽しい話題を提供できれば・・・と思ったり。ああ、こりゃ理想だけどね。



ふわふわ、ぽかぽか

感覚シリーズのなかで、この本だけがちょっとイマイチ。
タコやヒツジ、イルカやサメが出てきて、
「くねくね」「ふわふわ、ぽかぽか」「つるつる」「ぎざぎざ」と表現されているんだけど
子供たちは上記の動物を触ることなんて滅多に無いから、
おそらくイメージがわかないと思うのね。

そうじゃなくて、タオルやら食器、草や花を登場させた方が、
もっとリアルに触感の言葉を覚えられると思うんやけどね。

・・・じゃ、自分で作っちゃえ。

てことで、おそらく今度作る絵本は、触感絵本になると思います(勝手に宣言)。

「おと」の絵本は、昨年の手作り絵本講座で作ったことだし、
自分で感覚絵本シリーズを作るってのも、アリだなあなんて思ったり。

ああ、久しぶりに私が絵本を楽しみました。

あ、そうそう、今月の「こどものとも」もええよ。

私は「ちいさなかがくのともの『まるをつくる』」と
「こどものとも年中向けの『でてきておひさま』」を購入しましただ。

いやあ、ここ数日で絵本が急に増えたよ。あはは。絵本貧乏だよ、あはは・・・。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす