FC2ブログ
   
07
2
3
4
5
7
8
10
12
14
16
17
18
20
21
23
25
27
28
30
31
   

スミレ3歳3ヶ月の成長記録

元気いっぱいおてんば娘3歳・スミレ。

コウメのようにベビモの表紙云々の期待はないけど、
笑顔がとってもチャーミング。ああ、かわいい。


■■■

■独り

相変わらず独りにはなれません。

コウメの寝かしつけ(昼寝)は、
おんぶで寝かしつけをしたコウメとともにスミレも一緒に寝室(2階)まで行き、
コウメがベッドで寝るのを見届けるまで傍にいる。

ということで、落ち着きました。

で、もちろん、コウメが起きたら、一緒に走って寝室へ。

ただし、コウメと一緒なら洗濯を取りに行く、くらいの時間は
2人(+テレビ付き)で待てるようになりました。
ああ、ようやくこのレベルまで戻れたよ・・・。まだまだ先は長いけどさ。

でもって、近所のお兄ちゃんと一緒なら、
コウメも私も(もち、しげおも)いなくても、家の前で遊ぶことができるようになりました。

これは、大助かりっ!

でもまあ、10分くらいで泣いて戻ってくるけどね。
ま、10分でもええわ。面倒みてもらえるなら。

ま、そんな感じです。

狂乱することは、先月に比べると少なくなりました。ま、今だけ・・・かもなあ。


■幼児教室

楽しいようです。

リトミックで覚えた動物のポーズを家でも披露してくれます。

「これ、カメだよ。足をね、こうやって手で持つの。わかる?そうそう、あってるよ」

口調は、先生そのもの。

いろんな歌も歌ってくれるのですが、さっぱり聞き取れません。
つーか、何の歌か、さっぱりわかりません。

なのに、

「昨日も歌ってあげたでしょ。数字の歌よ!歌ってよ!」

と叱られています。助けてください・・・。

ぬり絵も枠からはみ出さずに塗れるようになったし、
とにかくいろんな色を使って塗っていたのが、
顔はオレンジ、服は青、といったように使い分けることもできるようになっていました。
(おそらく、誰かが教えてくれた模様・・・)

はさみも上手に使えるようになったし、
ほんま、幼児教室サマサマ・・・という感じ。

なので、来年、私立の幼稚園に入園するよりも、
今の幼児教室でもう一年お世話になろうかなあと思っています。
いや、ほとんどそのつもり。コウメも通わせる予定だし。
だって、幼稚園の見学、全く行っていないし。
9月になったら説明会始まっちゃうし。

てことで、来年幼児教室にお世話になると、2年後の選択肢は以下4つ。

●2年後、3年後もスミレ、コウメともに私立の幼稚園
(ただしスミレが年中から入れるところを探さないといけない・・・ないだろうなあ・・・)

●2年後スミレが公立の幼稚園、コウメが幼児教室
 3年後スミレ、コウメともに公立の幼稚園

●2年後、スミレ、コウメともに幼児教室
 3年後、スミレ、コウメともに公立の幼稚園(スミレは年長だけ幼稚園という選択肢)

●スミレ、コウメ、ともに就学まで幼児教室


てことで、まあ、毎年、何かを選ばないといけないことには変わりない、、、か。
でもまあ、スミレも私も気に入っているしなあ。
とはいえ、集団生活とか、同年代のお友達をたくさん作るとか、
お遊戯会とか、運動会とか、そういうなんは、幼児教室ではやらないんで
小学校に入っていきなり・・・ちゅうのは、戸惑うだろうなあとか思ったり。

選択肢がたくさんあるって、贅沢な悩みやわなあ。ああ。


■遊び

最近は、幼児教室が終わった後に、いつもの広場に行っています。
以前、ひょぇーな相談をしたおかげか、どのスタッフも「どう?」と声をかけてくれたり
スミレと積極的に遊んでくれるようになりました。

この前はドミノ倒しにも挑戦。


【出産祝い/記念日のお祝い/お子様子供用キッズベビープレゼント】あそびっこ ドミノであそぼう【15%OFF/3才から/おもちゃギフトセット】


ウッディドミノ200カラフルで子供は大喜び遊ぶだけではなく集中力もアップ東京多摩産のひのきを使用しています

広場で使ったものは、もっと高級でキレイな色のカラフルドミノだったのですが、
どっこを探しても今は見当たらず。

ええおもちゃに限って、生産中止になったりするんよな・・・。
あ、ちなみに以前から欲しかったパターンブロックも生産中止。とほー。


あ、そうそう。ドミノね。

並べるのが大変で、何度も失敗しては、くじけていましたが
成功すると「もう一回やる・・・」と言って、何度かがんばってました。

へえ、意外とがんばれるんやね・・・。

ま、広場のスタッフを相手にしていたので、
ちょっとやそっとでは甘えられないと思ったのかもしれないけど、
ドミノ倒しなんて、まだまだできへんと私自身が思っていただけに
根気よく並べることができた姿に、ちょっぴり感動したっす。うれしいっす。




おうちの中では、マクドごっこや迷路
はじめてのめいろ2集
こどもちゃれんじほっぷのキッズワークがお気に入り。

キッズワークは1時間ほどで全部終えてしまうのが難点なので、
私がなんやかんやで(というか、チラシ等で)
切ったり貼ったりするワークを作らないといけないのが大変ですわ。

とりあえず、何かを切り(直線切りが基本)、
どこかに貼る(のりで)、そういうワークがたくさん詰まった教材ってないかしらん。
できれば、いーっぱい(量で勝負みたいなん)があれば嬉しいんやけど。
ていうか、みなさん、やっぱご家庭で苦心して作ってはるのかしら。
即席ワークみたいなん。

うちは、車のチラシから車を切り取って、
道路を描いた画用紙にひたすら貼る・・・というのがオオウケしました。

ああ、でもネタ切れです。毎日毎日車のチラシが入るわけじゃないし、さ。


■小姑

しゃべり口調、怒りんぼ口調は、全て母譲りです。

ときどき、お姉さん口調になり

「こんなんできる?スミレ、できるよ。おねえさんだからできるよ。
 スミレ大きいからできるんだよ。コウメはできないけど、大きくなったらできるんだよ」

というセリフを吐きます。


コウメが泣いているときは
「ママ、抱っこしてほしいって言っているよ」と言ったり

コウメが食事中泣いているときは
「コウメ、独りで食べたいって言っているよ!ママ、なにもしないで!」と怒り

コウメが口からご飯を出すと
「大きすぎるんだよ!もっと小さくしてあげてよ!」と怒鳴られます。

あながちスミレの言っていることは間違っていないので、余計に腹が立つけど。
つーか、ごっつー腹、立つけど。

わかっとるっちゅうねーん!!!




あ、そうそう。スミレって、私が他の誰かと(しげおとでも)しゃべっていると
すごく嫌な顔をしたり、すぐにぐずったり、
挙句の果てには「ママしゃべらないで!」と怒ったりします。

なので、ワタクシ、どこへ行っても、スミレがいる限り
ママ友とまともにおしゃべりをした記憶がありません。事実です。

先日も、私の姉が遊びに来ていたので、いろいろおしゃべりしていたら
「もう、しゃべらないで!」と怒って。

なので、
「スミレはおしゃべり好きでしょ。ママもおしゃべりしたいの。わかる?」と言ったところ




ぐずぐずぐずぐず・・・




ぐええええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。




おお、泣きよったか。はあ。


てな感じで。

でまあ、今日もしげおとご飯を食べながらおしゃべり。

すると、「おしゃべりしないで!」のセリフは全く聞かれなくって。

やっりー!って思っていたのですが、次の瞬間。

「スミレはね、●●できるよ」と会話に参入。(ママは●●できへんわ、、、の後をついで)

その後も、どう考えてもスミレには理解できないような会話をしたときも
がんばって参入。「スミレはね、△△知っているよ」・・・。

そのがんばりは認めるけど、やっぱ、あんたって、長女だね。
家庭の中の中心にいないと気が済まないのって・・・やっぱ長女だよね。

うちのいっちゃん上の姉も、同じだよ。
どんだけわからない話でも絶対に会話に付いていこうとして、必死なんだよ(今でもなお)。
そのせいで、的外れなセリフを吐くけど、凹まないんだよ。
その姉のおかげで、私は言葉少なな大人しい女の子に育ったんだけどね。

ああ、スミレよ。貴女は立派な長女になったよ。
嬉しくもあり悲しくもありだけど、
いざ、一人っ子のお友達と比べてみると、
スミレってよく我慢できている方だな、って思うよ。
ま、昔から、我慢タイプやったけどさ。


■■■

ま、そんなわけで、3歳です。
3歳同士が集まると、楽しいです。
みんな、ちゃんとおしゃべりできて、ルールもある程度守れて。
スミレにとって居心地のいい空間に、ようやく混じれるようになったなあ、と。

人見知りもなくなり、電車で隣り合わせになったおばあちゃんに
終始笑顔を振りまいていたし、
近所の人にも挨拶できるようになったし、
すこし肩の荷が降りたかなあ、という感じ。

なーんて言ってたら、またドカンとくるんだろうけど。

ああ、子どもの成長、おそろしや。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす