07
2
3
4
5
7
8
10
12
14
16
17
18
20
21
23
25
27
28
30
31
   

写真で近況報告

ブログ更新が、ほんまのんびりしちまっている彩猫です。ども。

なぜって。

コウメの寝ぐずり&夜泣きが日増しに酷くなってきてて。
特に寝ぐずり。今まですーっと寝てくれていたのに、
液体ムヒも効かなくなってきました。ひゃー。地獄じゃー。


そんなわけで、最近のできごとをダイジェストで。

■海遊館に行きました

IMG_1416.jpg
スミレ、3歳にしてようやく水族館を楽しめるようになりました。
走り回る、だけでなく、ペンギンやあざらし、イルカを見ては驚き、
「ラッコさーん」と叫んでみたり、魚が泳ぐのをじっくり見たり、
ああ、なんか、たのしぃーなんて私が思ったり。

ペンギンを間近で見たスミレ
「なんでペンギンさん怒っているの?」と。

そういや以前天王寺動物園に行った際も
「ひつじさん、怒っててこわいー」って泣いていたっけ。

絵本の中の動物たちってみんなニコニコ顔やから、
本物見て怖がるのって、理にかなってはいるけどさ。

その後もずっと「ペンギンさん、なにしたら笑うの?」としつこく聞いていたスミレ。

とりあえず「ご飯を食べるときは笑うと思うよ」と言ってみたけど、
動物の顔はこんなもんや、ってこと、どうやって教えたらええんやろうね。


IMG_1414.jpg

IMG_1406.jpg

この日は3歳児女子トリオ(左からサクハちゃん、ヒマリちゃん、スミレ)で出かけました。

いやあ、3人女子が集まるとねえ、ウルサイねえ(爆)。
んでも、こうやってお手てつないで歩いていると、かわゆいねえ。

サクハちゃんもヒマリちゃんも超が5こつくくらいやんちゃな女の子。
で、いつもどおり、食事時に彼女たち2人は一波乱、二波乱を巻き起こし
海遊館の中でも何度も迷子になりかけていました。

で、その間、スミレは、、、というと。
ええ、食事は、サクハちゃんヒマリちゃんの波乱っぷりにドン引きして
モグモグ食べてましたし
(もちろんコウメは、3歳児女子トリオを完全無視し、ガツガツ完食)。

ええ、これ、毎回同じ構図なの。0歳のときから同じで3歳になっても同じ。
それぞれのペースがあるというか。
この2人といるからこそ、
スミレが波乱を起こす機会を失っているというか(ありがたや~)。

あ、でもスミレはアヤナちゃんと一緒にご飯を食べたときは、
二人揃って「ダラダラ食べ」やってたし。
ま、こっちのスミレの方が普通なんやけどね。

でもまあ、ほんま、やんちゃな2人を見て、
いい刺激を受けて帰ってきましたさ。さんきゅーです。


■アヤナちゃんと遊ぶ

ひっさしぶりにアヤナちゃんと遊びました。

アヤナちゃん。
0歳の頃から性格も運動神経もスミレと全く違ってて
我が家では「スーパーガール」扱いしていたのね。
(つまり、比較しようと思わないくらい別世界の人って感じ)

で、今回、アヤナちゃんからなんとお手紙をいただいてしまいました。

絵手紙じゃなくってよ。ちゃんと文字、文章が書かれていてねえ。

ひらがなの読み書きが完璧な3歳児って・・・。やっぱ「超スーパー」や・・・。


とはいえ、なんやかんやいうても、2人になると
お互いのまねっこをしたり、わけもなくキャッキャ笑ったり、
ああ、ええよね、3歳児女子同士って、なんか、楽しそうよね、って思ったり。


スミレは、アヤナちゃんの妹なっちゃんにも初めて興味を示し、
ほっぺを触ったり、足を触ったりしてました。

ああ、3歳にしてようやく赤ちゃんというか年下の子に興味を示すようになったか。。。
おそっ。


■得意なこと

普段3歳児と遊ぶ環境がないので、スミレが他の子供より何に興味を示し
何が得意なのか、さっぱりわからなかったのね。
でも、アヤナちゃんと一緒にドミノ遊びをしたときに、
「スミレって、コツコツ何かを完成させることが得意なんだ」ってことがわかりました。
・・・って、アヤナちゃんのママが教えてくれたんやけど。あはっ。

そういや、いつもの広場で
リモーザセット1/2・0620ます得10遊びをしたときも
他の3歳児が飽きて投げ出しても、スミレは黙々と続けて完成させたし、
初めてドミノをしたときも、なんやかんやいうて並べきってたし。

ただ、ドミノのときもそうなんやけど、失敗したときの落ち込みようは半端ないけどね。
狂乱一歩手前って感じで、発達障害を疑ってしまうもんね。

IMG_1307.jpg
ひとつひとつ並べる。そういう作業は、案外得意だったりする。

ちなみにこのドミノは、これ。

ウッディドミノ【送料込・お試し商品】子供が喜ぶカラフルなドミノです東京多摩産のひのきを使用しています木工玩具・子供向け

幅が広いので、並べやすいけど、
並べ易すぎるので、面白みはありません。音もあまりキレイじゃないし。
スミレがこのままドミノにはまってくれるなら、本格的なドミノを用意しよっかな。


■敏感期

スミレは「音」の敏感期です。
数ヶ月前からお店のBGMやラジオの曲に急に興味を示すようになりました。

コウメは「感触」の敏感期です。たぶん。
ぬいぐるみに執着するようになったし、
手づかみ食が少しでも熱いと泣き、
冷たい保冷剤をずっと触りたがったり、
公園の砂をすごく嫌がるようになったり、
遊具がすこしでも熱かったり、ぬれているだけで、泣き叫んだりするようになりました。

あと「段差や凸凹」の敏感期でもあります。
縁石や視覚障害者用の誘導ブロックも好き。安定しないのに好んでそこばかり歩きます。


■散歩

ええ。例の散歩っすよ。
最近時間がなくて散歩していなかったんですけどね。
久しぶりにポストに手紙を出しに行こうと思いまして、ね。
歩くことにしたんですよ。

そしたらね。

ええ、まあ、ねえ、1時間半、越えましたね。

原因は



コウメ。




段差を見つけては、昇り降り。
永遠に昇り降り。

スミレと私が見えないところまで行っても、独りで黙々と昇り降り。

IMG_1375.jpg
今回のターゲットは、この白い柵。

この場所にたどり着くまでにも、何度も立ち止まったけど。
IMG_1350.jpg

IMG_1348.jpg
でも2人で手をつないだり、とっても仲が良かったのだけれども。

白い柵で何十分も遊び始めたコウメを見て、
スミレも「早く帰りたいー」と言うようになり・・・。

最後は、泣き叫び、もがきあがくコウメを拉致して(抱っこして)
なんとか家に持って帰ってきました(連れて帰りました)。

■どうでもいいけど

IMG_1332.jpg
久しぶりに西松屋に行き、サングラスやら帽子やらで遊びほうけました。

IMG_1329.jpg
近づきすぎーーーーーーーーーーーーー!!!


スポンサーサイト

新しい家族が増えました

新しい家族が増えました。

ご報告が遅くなり、申し訳ございません。

隠すつもりはなかったのですが、諸々色々あれこれかれこれありまして。

あ、性別は、男です。長男です。

生年月日は2009年6月1日生まれです。

もうすぐ生後2ヶ月になります。

体重は、ちょっと軽め。

お姉ちゃんたちにちょっかいを出すので、お姉ちゃんたちは長男のこと嫌いです。

あ、長男が生まれてくるまでは、すごく楽しみにしていたんだけどね。

でも、あかんみたい。スミレはちょっと赤ちゃん返りして、わがままになったし、

コウメも、必死に私にしがみついて、どうにもこうにもいかへんようになったし。

あ、そうそう、せっかくなので、長男の写真を。





IMG_1388.jpg

名前は「ガッチャン」。しげお命名。あられちゃんに出てくるあのガッチャンが由来。




それにしても、犬って、臭いよね。

でもって、めっちゃ懐いてくるよね。

はなちゃんのようにほったらかしにできないのが、難点。

ああ、はなちゃんのおかげで(せいで)、かあちゃん、完璧に猫派です。

でもかわいいよ、ガッチャン。もっと娘たちと仲良くなってほしいんだけど、

スミレもコウメもガッチャンを見るだけで、泣いて逃げまくっているんですけど。

どうにかならんかなあ。


コーヒー3杯

目覚めの一杯。インスタントで作ったホットカフェラテ。

電車に乗る前に一杯。コンビニで買ったキャラメルカフェラテ。

昼食後に一杯。サービスとして出してもらったアイスコーヒー。




3杯も飲みゃあ、寝れんよ。




***

今日は、京都の病院に通院する日。

早朝、スミレとコウメを保育所に預け、京都へ。

診察を終えたのち、ご飯を食べて映画館へ。

ニコラス・ケイジ主演の「ノウイング」観ました。

でね、ひっさしぶりの映画なのに、最後まで観て、超疲れましただ。

子供たちに邪魔されずに2時間ぶっとおしで映画を観られる機会なんてそうそうないから

すんごい楽しみにしていたんですけどね。

でも世は夏休み。子供向け、学生向けの映画ばっかりで、

興味を持てそうな映画は全くなく、仕方なくニコラス・ケイジを選択したわけで。

で、やっぱりふがいない結末に、ううううーと唸って帰ってきたわけで。

あああ、洋画は不振だって言うけど、ほんまにおもんないよ・・・。



てことで、今回はナチュキチに寄ることもなく、なんにも買い物せずに帰宅。

ああ、なんかストレス発散できてへーーーーーーーーーーーん!!!うおおおお!!!

しかも、スミレもコウメも保育所にいるときは決まって、長時間昼寝するの。

今日も4時半に2人とも無理矢理起こされたらしく、
(ていうか、1時過ぎから、何時間寝とるねーーーーーーーーーん!!!)
夜もなかなか寝てくれへんしー。コウメは寝ぐずりするしー。

つーことで、ああ、ふがいない一日でした。ああ。

今度の通院日は、もっと計画を練って行くぞ!おう!!!


寝ぐずりに液体ムヒ

コウメの夜泣きは、就寝後、だけでなく、寝る前、も酷くって。

ま、寝る前なんで、夜泣きというより、寝ぐずりね。

この寝ぐずり、ほんまに、すごいよー。

ぎゃんぎゃん言うて、抱っこも拒否、マッサージしても、

トントンしても、頭カイカイしても(コウメ特有の寝かしつけ)、

ぜーんぶあかんの。

最終的には、一旦、テレビ等を見せて起こして、また寝かせるんですけど、

今日は、スミレの寝かしつけのタイミングも同じになってしまい、

どうしても寝室を出られなかったのね。

で、ふと思いついたのが、これ。


液体ムヒベビー


ちょうど、蚊に刺されていたので、そこらへんを液体ムヒでポンポンしてあげると・・・

ギャン泣きが、すーっと収まり・・・、3秒後には、スースーいうて寝てました。

神様・仏様・液体ムヒさまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!


「ごはんですよ」

「ごはんですよ」


といえば、桃屋の江戸むらさき


じゃなくて。





「ごはんですよ」

というと、いち早く反応するのが、我が家の二女・コウメ。


テレビに近づき、テレビを消すよう指示し、
しげおがいると、「パパパパ!」と叫んで、食卓に向かうよう指示し、
私の椅子のところまで来ては「ママママ!」と椅子に座るよう指示し、
自分の椅子のところに来ると足をバタバタさせて座らせるよう指示。

「みんながそろって、いただきますね」

という前には、すでに何かを食しています。



公園から帰るのイヤイヤ!も激しくて。
(スミレは、帰るのイヤイヤは、滅多になかった)
あの手この手で、家に向かわそうとするんですが、
ほんまに何をしてもあかんくって。

だけど

「ごはん食べに帰ろう」

というと、即座に踵を返して帰路に着きます。



コウメ。未だに大人の言葉の半分以下も理解できていないけど、
「ごはん」に関する言葉やセリフだけは、大人並みに理解できている模様。


ああ、おそろしや。「ごはん」のチカラ。


そういえば3歳児健診

3歳児健診。

うちの市では集団健診ではなく、かかりつけ医で個別に健診する仕組みになっているのね。
2ヶ月前にそのお知らせをもらったはずなんですけど・・・
   




放置。

 
 
 



ああ、やっぱり。

いかんいかん!と自分の尻を叩き、先週金曜日に病院に行ってきました。はい。
がんばったぞ、わたし。


結果。

■スミレ3歳3ヶ月■

■身長

87,7センチ

■体重

12,1キロ

■その他

問題なし


■■■

あ、っそ、って感じで終了。

とりあえず、お医者さんごっこの好きなスミレは
自らの身体に聴診器を当てられて大興奮。
先生の質問にちゃんと答えられて、ほめれれて、大興奮。

「病院、楽しかったね」と行って帰ってきました。

ま、身長体重を見る限りでは、相変わらずのオチビでオデブやけど、ね。

あ、そうそう、3歳児のチェック項目に
「階段を右左と交互に昇り降りできるか」というのがありまして。

今まで階段は一段ずつ足を揃えてしか昇っていなかったので
急遽、家で練習させていた結果、




落ちました。




階段から、ごろごろごろーって、
踊り場のところからやからざっと7,8段は転げてて。

でかいたんこぶ作って、目の周りも赤くなったけど、
幸い、悪化することなく、まあ、元気です。

でもって、ああ、まだオチビちゃんなのに、
無理させちゃったなあ、悪かったなあとちょい反省。

ていうか、3歳児の項目にそんなん作るなや!と逆切れしてみたり。

でもまあ、何も問題なくて、よかったよかった。

おしまい。


いやいやー!

いやいやー!

だんだん強烈になってきましたよ、コウメ・・。



水筒やペットボトルのお茶を渡すと、ずーっと飲み続けてしまうコウメ。
早々に切り上げないと、全部飲み干すか、こぼすか、どちらかなので
適度に切り上げるために、水筒を奪おうとすると。

いやいやー!!!

ぎゅっと抱きしめ、頑なに拒否。

こうなるともうお手上げで、ぜーったいに返却してくれないし、
お茶は地面に放り投げられるのは目に見えていてて。

なので、最後は、力づくで奪うんだけどね。

ま、そーしたら、もういやいやー!が


 いやいやいやいやいや!!! 


になってね。

座り込んでいやいやー!

倒れこんでいやいやー!

仰向けにもなっていやいやー!








きたね。イヤイヤ期。始まったね。本格的なイヤイヤ。





もうちょっと、じっくり、イヤイヤに向かってあげたい気もするけど、
お姉ちゃんおるしね。お茶がなくなると、家族みんなの生命がヤバくなるんでね。
お茶じゃなかったら、私ももうちょっと寛容になれたんだけどね。


ああ、言い訳しちまってるよ、かあちゃん・・・。

***

実は、今日、大学時代の友人たちとお茶することになってて。

もちろん、娘たちはしげおに一任。

しげおは、「プールに行く」と言い、プールズに出かけました。

そして、案の定、帰ってきたときには、





       ○| ̄|_




てな状態でして。ええ、しげおが、ね。

散々だったらしいですわ。コウメが。

全く歩かず、泣きっぱなし、イヤイヤしっぱなしで、お手上げだったらしいですわ。あは。

でもって、「二度と2人の娘を連れてはおでかけしない」と、相当落ち込んでて。

もう、自信なくしたんですってよ。
前も自信なくした宣言はあったけど、今回は相当ダメージが強かったらしく
どんな慰めの言葉をかけても、どんな励ましの言葉をかけても、起き上がってきませんでした。

ああ。ショックなのはこっちだぜ。。。



・・・つーことで、来週はリベンジっす。隣の市の市民プールに出かけるっす。
4人でプール行くっす。かあちゃんがんばるっす。
外のプールもあるとの情報を得たので、ラッシュガード買ったっす。
がんばるっすーーーーーーーーーーーーー!!!


***

久しぶりに静かな夜を過ごしています。

ここ数日、きょーれつきょーれつきょーれつな、夜泣き(コウメ)のせいで、
ハチクロ(ドラマのほうね)DVDも、途切れ途切れにしか見れなかったんだけど、
今日はしっかり見させていただきました。8話までようやく到達。
9話目は、はぐちゃんが・・・なんよね。

はぐちゃん、成海璃子ちゃんもいいけど、蒼井優のほうがしっくりくるなあと思ったり。

ああ、ホントの目的は、成宮くん&斗真くんなんやけど。あは。
斗真くん、かわいい。ああ、かわいい。
願いが叶うなら、斗真くんのおかあちゃんになりたい。ああ。

あ、でも向井理もええかもや。
一昔前やったら、絶対に向井ファンになっとった。
でも今はええわ。食傷気味・・・。
のだめのときは、全く興味なかったし。


・・・って、なんのオチもない話でごめんなさい。今日はこれでおわりです。さようなら。


再び

今日は幼児教室の日。

最近は幼児教室がとっても楽しいようで
帰宅時はいっつもルンルン。
早めにお迎えに行くと
「なんで迎えにきたの?スミレ、もっと遊びたかったのに」と言うくらい。

なのに。

今朝は。

「ようじきょうしつ、いやー。いくの、いやー。ようじきょうしつ、こわいー!!!」

と、朝から泣き叫ぶは狂い喚くわ、で。

「今日からスミレの好きなみずあそびが始まるよー」と促してもダメ。

「『ようじきょうしついやです。こわいからいやです』と言いに行こう」と
いつもの決まり文句で連れ出し、で、預けてきました。あはっ。

ま、たまにはスミレの要望を聞いてあげてもいいかなーと思うんやけど、
今日は特別体調が優れないし、すこし騙した感はあるけど、ま、仕方ないよな、と。



それにしても。なぜに、再び始まっちゃったのか。


心当たりがあるとすれば、おそらく、ここ数日コウメがベッタリんこなのが原因かなと。

コウメは、外に出ると、ママママママーで、ママと一緒に歩きたがるのね。

一方のスミレは自転車に乗りたいーの一点張りで。

で、2人とも、独りじゃ遊べないので、
「じゃ、そこらへん散歩してて」とか
「じゃ、独りで自転車の練習してて」は、無理なのね。

で、結局、
道路に飛び出したり、危ないところを歩こうとするコウメの方に
私が行くことになるわけで。

で、その結果、独りで自転車遊びできないスミレは、
コウメの散歩に付き合わされ、満足できずに帰宅する・・・。

こういうパターンが最近増えてきてたのね。

だから今日も「ママと一緒に遊びたい!幼児教室いや!」だったのかなあ、と。


でもまあ、仕方ないよね。

こういうことで悩んでいます、と人に話をすると、必ず
「お母さんは、もっとおねえちゃんと遊んであげて!」と言われるんやけど、
これは、うちの場合、全くの解決法にはならないのね。

ていうか、コウメが昼寝している間、とことん遊んであげてるし。
30分1時間の話ちゃうし。2時間みっちりやし。

それよりか、
お姉ちゃんだから、大きくなったから、を理由に、
「コウメの面倒みてあげてね」とか
「独りでトイレに行ってくれると助かる」と言った方が効果的なのね。

ま、もちろん、「独りでトイレに行けないー!」と泣き叫んでいるけどさ。
それでも突き放しているんだけどさ。突き放しちゃいけない場面かもしれないけどさ。
泣いているコウメの方、優先させてあげたいしさ。

姉妹を平等に扱ってもいい時期だと思ってさ。
なんでもかんでも「スミレが先」じゃなくて、
歯を磨くのも、コウメを先にしてあげたりとか、おやつもコウメを先にあげるとか、
ときどき順番変えたりするの、アリちゃうかなあって思って。
だって、年子なんやし。年子じゃなくても、コウメ、もう赤ちゃんじゃないし。
そこらへん、一人前に扱ってあげてもいいんちゃうかなあと。
今まであまりにもスミレを優先してきてて、
それが普通やとスミレが思うようになってるみたいなのね。
だから、すこしでもコウメを優先すると「ぎゃー!!!!」って狂うのね。

ま、そんな感じで、最近
「子どもは甘やかすんじゃなくて、甘えさせる」ことの意味を、
じーっくり考えているところ。

ああ、またスミレ、ドカーンとくるのかなあ。憂鬱やなあ。
暑い上に、狂い喚く我が子を見るのは、正直、辛いっす。頭、可笑しくなるっす。

加えて、来週から近所のお兄ちゃんたちは夏休みっす。

「一緒に遊ぼう」という声かけで、集まってくるおにいちゃんたち。
でも、結局、なんやかんやで彼らたちの面倒もみさせられているのが現状。

男の子は小学生になってもオツムが幼いので、スミレとも一緒に遊べるけど、
でもやっぱり幼いオツムちゃんは、アホクサっちゅうくらい、
アホなことでも叱らないと言うこと聞きません。

人の子どもまで叱らないといけないこの夏休み。

ああ、恐怖・・・。


最近のかあちゃん

毎日ヘロヘロ、2児の母・彩猫です。ども。

 

 
今日は暑かった。ゆえにクーラーをつけようと思った。

が、リモコンがなかった。

必死で耐えた。

そんな月曜日。

未だにリモコン、見つからず。

明日もクーラーなしで乗り切れるのかああああああああああああああああっ!


最近やっていること。

読書。相変わらずヒマさえあれば、本を買って読みふけってます。
かあちゃんの唯一の娯楽。


ハゲタカ(上)
読み終えました。とりあえず。
ああああ、山崎豊子に書いてほしかったなあ、というのが正直な感想。
真山仁も、とても丁寧にリアルに書いているんだけど、
なんちゅうか、あと一歩踏み込んでほしいというか。




ナチュラルガーデニング
このシリーズ本を読みあさっています。

ガーデニングに再び目覚めました(一旦、冷めてたんやけどね)。
というか、この本を読んでは、妄想しまくりぃーでうっとり。
現実は、思い通りにいかない花壇にイライラしまくりぃーなんですけど。



あ、そうそう。


【予約】 のだめカンタービレ(22)
予約しちまいました。待ちきれんくって。


■■■

子育ては、というと、えーっと、
とにかく、自分がラクになる方法を必死で探している、という感じです。

子どもたちにはテレビを見せておきながら、自分は新聞を読む、とか。
ええ、そっから?って感じですけど。そこからです。
(こんなん当たり前にしていたママたちが羨ましい)

今日は、子どもたちをプールで遊ばせながら、
プールのそばで、上記の「ナチュラルガーデニング」を読んでみました。

案の定、ものの数分で「スミレ、もうプールいや!」って言われて、
読書は終わりましたけど。とりあえず、そこから、って感じで始めています。

でも、幼児教室に預ける、とか、保育所に預ける、ということに
罪悪感は全く感じなくなりました。
なんなら、幼児教室の回数、秋から増やそうか、とも思ったり。

2年前のブログを読み返してみると、
お金を払って預けることの罪悪感をとうとうと述べていて、
今、読むと、「あほか、こら」と突っ込みたくなるくらい、
なんちゅうか、煮詰まっていたというか、視野が狭かったというか、
ああママとして幼かったなあ、と。

やっぱ週2だけでも、幼児教室にスミレが行ってくれると、
ほんとラクです。肉体的にもそうだけど、精神的にもすごーく開放されて。
ああ、やっぱええよ。子育ては家族だけで行うものじゃないっすよ。



ま、そんな感じでボチボチやってます。

暑いのが辛い。それだけです。

ああ、これからまたリモコン探しです。

家の中が嵐のように散らかっているけど、リモコンが見つかれば片付け。

ああ、今日中に見つかるのかああああああーーーーーーーー。

では。


スミレ3歳3ヶ月の成長記録

元気いっぱいおてんば娘3歳・スミレ。

コウメのようにベビモの表紙云々の期待はないけど、
笑顔がとってもチャーミング。ああ、かわいい。


■■■

■独り

相変わらず独りにはなれません。

コウメの寝かしつけ(昼寝)は、
おんぶで寝かしつけをしたコウメとともにスミレも一緒に寝室(2階)まで行き、
コウメがベッドで寝るのを見届けるまで傍にいる。

ということで、落ち着きました。

で、もちろん、コウメが起きたら、一緒に走って寝室へ。

ただし、コウメと一緒なら洗濯を取りに行く、くらいの時間は
2人(+テレビ付き)で待てるようになりました。
ああ、ようやくこのレベルまで戻れたよ・・・。まだまだ先は長いけどさ。

でもって、近所のお兄ちゃんと一緒なら、
コウメも私も(もち、しげおも)いなくても、家の前で遊ぶことができるようになりました。

これは、大助かりっ!

でもまあ、10分くらいで泣いて戻ってくるけどね。
ま、10分でもええわ。面倒みてもらえるなら。

ま、そんな感じです。

狂乱することは、先月に比べると少なくなりました。ま、今だけ・・・かもなあ。


■幼児教室

楽しいようです。

リトミックで覚えた動物のポーズを家でも披露してくれます。

「これ、カメだよ。足をね、こうやって手で持つの。わかる?そうそう、あってるよ」

口調は、先生そのもの。

いろんな歌も歌ってくれるのですが、さっぱり聞き取れません。
つーか、何の歌か、さっぱりわかりません。

なのに、

「昨日も歌ってあげたでしょ。数字の歌よ!歌ってよ!」

と叱られています。助けてください・・・。

ぬり絵も枠からはみ出さずに塗れるようになったし、
とにかくいろんな色を使って塗っていたのが、
顔はオレンジ、服は青、といったように使い分けることもできるようになっていました。
(おそらく、誰かが教えてくれた模様・・・)

はさみも上手に使えるようになったし、
ほんま、幼児教室サマサマ・・・という感じ。

なので、来年、私立の幼稚園に入園するよりも、
今の幼児教室でもう一年お世話になろうかなあと思っています。
いや、ほとんどそのつもり。コウメも通わせる予定だし。
だって、幼稚園の見学、全く行っていないし。
9月になったら説明会始まっちゃうし。

てことで、来年幼児教室にお世話になると、2年後の選択肢は以下4つ。

●2年後、3年後もスミレ、コウメともに私立の幼稚園
(ただしスミレが年中から入れるところを探さないといけない・・・ないだろうなあ・・・)

●2年後スミレが公立の幼稚園、コウメが幼児教室
 3年後スミレ、コウメともに公立の幼稚園

●2年後、スミレ、コウメともに幼児教室
 3年後、スミレ、コウメともに公立の幼稚園(スミレは年長だけ幼稚園という選択肢)

●スミレ、コウメ、ともに就学まで幼児教室


てことで、まあ、毎年、何かを選ばないといけないことには変わりない、、、か。
でもまあ、スミレも私も気に入っているしなあ。
とはいえ、集団生活とか、同年代のお友達をたくさん作るとか、
お遊戯会とか、運動会とか、そういうなんは、幼児教室ではやらないんで
小学校に入っていきなり・・・ちゅうのは、戸惑うだろうなあとか思ったり。

選択肢がたくさんあるって、贅沢な悩みやわなあ。ああ。


■遊び

最近は、幼児教室が終わった後に、いつもの広場に行っています。
以前、ひょぇーな相談をしたおかげか、どのスタッフも「どう?」と声をかけてくれたり
スミレと積極的に遊んでくれるようになりました。

この前はドミノ倒しにも挑戦。


【出産祝い/記念日のお祝い/お子様子供用キッズベビープレゼント】あそびっこ ドミノであそぼう【15%OFF/3才から/おもちゃギフトセット】


ウッディドミノ200カラフルで子供は大喜び遊ぶだけではなく集中力もアップ東京多摩産のひのきを使用しています

広場で使ったものは、もっと高級でキレイな色のカラフルドミノだったのですが、
どっこを探しても今は見当たらず。

ええおもちゃに限って、生産中止になったりするんよな・・・。
あ、ちなみに以前から欲しかったパターンブロックも生産中止。とほー。


あ、そうそう。ドミノね。

並べるのが大変で、何度も失敗しては、くじけていましたが
成功すると「もう一回やる・・・」と言って、何度かがんばってました。

へえ、意外とがんばれるんやね・・・。

ま、広場のスタッフを相手にしていたので、
ちょっとやそっとでは甘えられないと思ったのかもしれないけど、
ドミノ倒しなんて、まだまだできへんと私自身が思っていただけに
根気よく並べることができた姿に、ちょっぴり感動したっす。うれしいっす。




おうちの中では、マクドごっこや迷路
はじめてのめいろ2集
こどもちゃれんじほっぷのキッズワークがお気に入り。

キッズワークは1時間ほどで全部終えてしまうのが難点なので、
私がなんやかんやで(というか、チラシ等で)
切ったり貼ったりするワークを作らないといけないのが大変ですわ。

とりあえず、何かを切り(直線切りが基本)、
どこかに貼る(のりで)、そういうワークがたくさん詰まった教材ってないかしらん。
できれば、いーっぱい(量で勝負みたいなん)があれば嬉しいんやけど。
ていうか、みなさん、やっぱご家庭で苦心して作ってはるのかしら。
即席ワークみたいなん。

うちは、車のチラシから車を切り取って、
道路を描いた画用紙にひたすら貼る・・・というのがオオウケしました。

ああ、でもネタ切れです。毎日毎日車のチラシが入るわけじゃないし、さ。


■小姑

しゃべり口調、怒りんぼ口調は、全て母譲りです。

ときどき、お姉さん口調になり

「こんなんできる?スミレ、できるよ。おねえさんだからできるよ。
 スミレ大きいからできるんだよ。コウメはできないけど、大きくなったらできるんだよ」

というセリフを吐きます。


コウメが泣いているときは
「ママ、抱っこしてほしいって言っているよ」と言ったり

コウメが食事中泣いているときは
「コウメ、独りで食べたいって言っているよ!ママ、なにもしないで!」と怒り

コウメが口からご飯を出すと
「大きすぎるんだよ!もっと小さくしてあげてよ!」と怒鳴られます。

あながちスミレの言っていることは間違っていないので、余計に腹が立つけど。
つーか、ごっつー腹、立つけど。

わかっとるっちゅうねーん!!!




あ、そうそう。スミレって、私が他の誰かと(しげおとでも)しゃべっていると
すごく嫌な顔をしたり、すぐにぐずったり、
挙句の果てには「ママしゃべらないで!」と怒ったりします。

なので、ワタクシ、どこへ行っても、スミレがいる限り
ママ友とまともにおしゃべりをした記憶がありません。事実です。

先日も、私の姉が遊びに来ていたので、いろいろおしゃべりしていたら
「もう、しゃべらないで!」と怒って。

なので、
「スミレはおしゃべり好きでしょ。ママもおしゃべりしたいの。わかる?」と言ったところ




ぐずぐずぐずぐず・・・




ぐええええーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。




おお、泣きよったか。はあ。


てな感じで。

でまあ、今日もしげおとご飯を食べながらおしゃべり。

すると、「おしゃべりしないで!」のセリフは全く聞かれなくって。

やっりー!って思っていたのですが、次の瞬間。

「スミレはね、●●できるよ」と会話に参入。(ママは●●できへんわ、、、の後をついで)

その後も、どう考えてもスミレには理解できないような会話をしたときも
がんばって参入。「スミレはね、△△知っているよ」・・・。

そのがんばりは認めるけど、やっぱ、あんたって、長女だね。
家庭の中の中心にいないと気が済まないのって・・・やっぱ長女だよね。

うちのいっちゃん上の姉も、同じだよ。
どんだけわからない話でも絶対に会話に付いていこうとして、必死なんだよ(今でもなお)。
そのせいで、的外れなセリフを吐くけど、凹まないんだよ。
その姉のおかげで、私は言葉少なな大人しい女の子に育ったんだけどね。

ああ、スミレよ。貴女は立派な長女になったよ。
嬉しくもあり悲しくもありだけど、
いざ、一人っ子のお友達と比べてみると、
スミレってよく我慢できている方だな、って思うよ。
ま、昔から、我慢タイプやったけどさ。


■■■

ま、そんなわけで、3歳です。
3歳同士が集まると、楽しいです。
みんな、ちゃんとおしゃべりできて、ルールもある程度守れて。
スミレにとって居心地のいい空間に、ようやく混じれるようになったなあ、と。

人見知りもなくなり、電車で隣り合わせになったおばあちゃんに
終始笑顔を振りまいていたし、
近所の人にも挨拶できるようになったし、
すこし肩の荷が降りたかなあ、という感じ。

なーんて言ってたら、またドカンとくるんだろうけど。

ああ、子どもの成長、おそろしや。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす