FC2ブログ
   
06
1
2
4
5
6
7
8
12
14
15
16
19
20
26
28
29
30
   

遊び探求■スミレ3歳2ヶ月/コウメ1歳3ヶ月

スミレとコウメの成長記録、遊びバージョン。

最近、スミレとコウメがはまっている遊びをご紹介します。

あ、もちろん、ふたり同時に遊べる遊びなんて、ありませんですわよ。おっほほほほー(号泣)。


■かおノート【2歳後半~3歳スミレ】


親子のための工作絵本シリーズコクヨ WORK×CREATE かおノート[KE-WC4]

IMG_0917.jpg
鼻と口の位置が間違っていても、気にしない。

IMG_0918.jpg
両目、バラバラのものを貼るのが、2,3歳児。だから奇想天外でいいの。

ちなみにこども天然生活(vol.5)にも、お試しバージョンとして、かおノートが付いていました。

で、先日、ヒマリちゃんが来た際に一緒に取り組んでみることに。

IMG_0908.jpg
スミレの作品。

ヒマリちゃんの作品は見せられないんだけど、ほんま、全然違う顔を作っていました。
「目をどれにするか」「鼻をどれにするか」
3歳児が気まぐれで選んだものだからこそ、大人が真似できない仕上がりになります。
自分でもひとつ作ってみたら、よーくわかるよ。
私も試しで作ってみたんだけど、自分では「奇想天外」を心あげたはずなのに
めーっちゃフツーの仕上がりになったし・・・。とほほ。


■トランプシール貼り【3歳スミレ】

シール大好きスミレに与えてみたお仕事。

IMG_0924.jpg

ようやくスミレも数字に興味を持ち始めた・・・か?な?と思ったので、
トランプのマークのところにシールを貼ることで、
楽しみながら数の概念がわかるようになればなあ
なーんて思っていたのですが、撃沈。

楽しむ、なんてことは全くない模様。数の概念なんて、もってのほかーーーーー!!!


■CDとおし【3歳スミレ/1歳コウメ】

牛乳パックをふたつくっつけただけのおもちゃ。
くっつけたその隙間にCDを入れて遊びます。

IMG_0914.jpg
コウメの場合は、上から入れて。

IMG_0915.jpg
スミレなら、立てて入れることができます。でも3歳児には簡単すぎるおもちゃです。

もちろんコウメ用に作ったので、コウメの方が長い時間やってましたが
牛乳パックをずっと持っていないと、CDが落ちないので、
ひたすら持たされていたのが、苦痛でした・・・。とほ。


■郵便あそび【3歳スミレ】

牛乳パックを縦にひっつけ筒状にしたおもちゃです。
上から手紙を入れると、下から出てくる、それだけの仕組みです。

郵便やさんごっこができるように・・・と、
ペットボトルの蓋でチャイムを作りました。

IMG_0906.jpgこうちゃんのおうち。

IMG_0907.jpgけんちゃんのおうち。

こうちゃん、けんちゃんは、近所に住む小学生と幼稚園のお友達。
いつもスミレと一緒に遊んでくれるので、
スミレの大好きな存在です。

なので「ぴんぽーん、けんちゃんですかー!すみれでーす!」と言って遊んでいます。
                 (↑郵便やさんちゃうんかっ!って突っ込みはナシ!)


■洗濯干しあそび【3歳スミレ】

洗濯ばさみを使って、タオルを干し、はずして、たたみ・・・という作業をしてくれます。

あ、もちろん、ほんものの洗濯ものじゃなくて、乾いたタオルを用いています。

IMG_0909.jpg

■アイクリップ【3歳スミレ】

クリップが好きなら、これもはまるだろう!と思って、ヤフオクで落札したアイクリップ。

IMG_0910.jpg
動物を作ったりできるだなんて、うっきうきー!と思っていたのは、私だけで、
スミレは、本来の目的どおり(?)、クリップとして、紙を挟んだりして遊んでいます。

おおおー。なんぼ中古で落札したからといってもーーーーーーー!!!後悔・・・。


■ゴムいれ遊び【3歳スミレ/1歳コウメ】

コウメ用に作ったおもちゃ。

穴に何かを入れる、棒に何かを通す・・・という作業にハマるのが1歳だったなあ、、、と
スミレの頃の遊びを思い出し、与えてみました。

IMG_0912.jpg
100均の皿立てと、100均のカラーヘアゴムを使用。
ヘアゴムを、ひたすら棒に通していくだけ。

棒の直径とゴムの直径があまり変わらなかったからか、
コウメにはすこし難しいおもちゃとなりました。

かわりに、スミレが遊んでいます。
ま、スミレには易しすぎて、すぐに飽きるんやけど。

IMG_0913.jpg
こちらは、キッチンペーパー立て(100均)に、
ヘアゴムやブレスレットを入れるおもちゃ。

ブレスレットの直径はかなり大きかったので、
コウメもなんとか棒に通すことができていました。

が、やはり難しすぎるのか、あんまり興味ねえー!なのか、
ほとんど遊んでくれず。とほー。


■ストローとおし【1歳コウメ】

マクドのジュースコップのストローの穴に、
短く切った細いストローを入れていくあそび。

(写真、撮るの忘れました・・・)

はじめはストローを入れるのに必死になって、がんばっていたのですが
蓋を開けるのを見た瞬間、「蓋開け、閉め」の方に興味を持ってしまい、
ストローは、完全無視状態に・・・。とほーーーーーーーー。


■ふたたび、ストローとおし【1歳コウメ】

リベンジ!と思い、今度は、
筒(ラップの筒)にストローを入れていく遊びをさせてみることに。

IMG_0923.jpg
まずは、ストローをばらまくところから。
ちなみに、このストロー、IKEAで安くで手に入れたものです。

IMG_0927.jpg
この筒に、ストローを入れて・・・。
ええ、調子よくやってくれていましたが・・・。

IMG_0925.jpg
案の定、しばらくすると筒の方に興味を示し、
筒を穴に入れては出し・・・の作業をするように。

ちなみに、この遊びのヒントは、このおもちゃから。
withマム ぽとぽとかたかた いれておとしてあそぼう!

これなら、自分で作れる・・・よね。

ちなみに、片付けは全てスミレに一任。

IMG_0929.jpg
助かったよ・・・ありがと・・・。


■野菜・果物当てゲーム【3歳スミレ】

IMG_0920.jpg

袋の中に、おもちゃの野菜(100均等で仕入れた)を2つずつ入れます。
ひとつを先に取り出し「たまねぎ、もうひとつみつけて!」と言い、
袋の中を見ずに、手探りだけでたまねぎを探させる、という遊び。

たくさんの種類の野菜を入れると、探すのも一苦労だけど、
ぶつぶつがある(きゅうり)とか、まあるいカタチ(じゃがいも)とか、
ある程度特徴をふまえたうえで、探っているみたいです。

意外と楽しめています。3歳だからこそ、できる遊びかなあ、と。

IMG_0921.jpg
これを「イチゴ」と教えるべきか、「ラズベリー」と教えるべきか、数時間悩みました。
結局「イチゴ」にしよう!と自分の中で合意したものの、なんか、割り切れない思い・・・。


■おてて絵本【3歳スミレ】

NHK教育番組でもやっている「おてて絵本」。

スミレも大好きで、独りで創作しています。

ま、たいていのストーリーは

「スミレは帰ってきたら、靴を脱いでお手てを洗って、
 そして、オヤツを食べて、そして、ご飯を食べて、
 そして、パパと一緒に遊びました。おしまい」

やけど。

全然、創作ちゃうやん!って突っ込みたいけど、
これでええのです。ええ。楽しんでやっているんですから。


■■■

以上!

なんやかんやで、手作りでおもちゃ作り再開しています。
ま、たいしたことないんやけど。
つーか、100均で揃えているだけのもんなんやけど。


スポンサーサイト



スミレ、コウメ、どちらに注力する時期なのか

実は先々週から爆発しまくりぃーのかあちゃんでございます。

爆発の原因は、私がスミレの目の届かないところに行った途端、
泣き叫び、わめき、半狂乱になって、どうにもこうにもいかなくなったから、でした。

私が少しでもどこかに(台所や洗面所、2階)行くときには
必ずテレビをつけて気を紛らわせていたんだけど(←そもそも、甘やかしすぎ)
テレビでも気が紛れないくらい寂しい&不安なようで、
常に引っ付いています。

あ、そうそう、もう1人、引っ付いている怪獣、いるけど。
ま、そもそも、そのもう1人の怪獣が、あまりにも引っ付きすぎなので
それで余計に不安になるというか、「私も!」という気持ちになるのか
私と離れられないようになっています。

ま、遊んでいるときは、そんなんでもええんですが、
問題は、コウメを寝かしつけるとき。

今までは、スミレの見えないところで、おんぶして寝かしつけて
その後、2階の寝室に連れて行って、ベッドインさせていたんですが・・・

1日目・・・2階に行ってベッドインしようとしたときに、
       スミレが泣き喚きながら寝室に突入。コウメ、目覚める。
       その後、再チャレンジするも、同じ状況に陥り、昼寝できず。

2日目・・・2階に行こうとしたときに、スミレが泣き喚き、私にすがりつくので
       スミレも連れて寝室に入りベッドイン。
       おんぶしているコウメを降ろすために、私もベッドに横になった瞬間
       「ママは寝ないで!」と叫び、コウメ、目覚める。

3日目・・・「2階に行かないで」と言う。(それは無理!)

4日目・・・「コウメを寝かしつけないで」と言う。(それも無理!)

5日目・・・今からコウメを寝かしつけてくるわ、と言った瞬間、
      泣き喚き、半狂乱で家中、地団駄を踏み、狂う。病気・・・。

6日目・・・朝「スミレも2階で服を着替えたい」と言うので、
       寝室で待つように指示した途端、泣き喚き、狂乱。


さすがに、6日目の朝は、怒り爆発、、、というよりか、冷静な気持ちで、ワタクシ
スミレの頬を往復びんた10発以上かましました。

で、その手ですぐに、いつもの広場のところにTEL.

「もうだめです・・・」


内容の重さに、さすがのスタッフも参って、
「ごめんなさい。なんといっていいか、わかりません・・・」と。

その後、以前スミレのことで相談に乗ってもらったスタッフから折りTEL。

泣きましたよ。ええ。
ほんま、ようわかってくれるスタッフの方でして、
適切な言葉、アドバイスをくれて、
私が抱えている問題を「大丈夫」という簡単な言葉で終わらせようとしない
ほんま、ええ人でして。

アトピーがひどいので広場にも行けなかったんですが、
今日、ごっつー久しぶりに訪れてみました。

スミレが好きな遊びがわからない、ということをTELで相談していたので
早速、スミレが好きそうな遊びをチョイスして、いろいろ試してくれていました。

用意してくれていたパズルなんかは、簡単すぎてあかんかったのに、
これには、思いっきりハマってました。


リモーザセット1/2・0620ます得10

ペグさし、のようなもん。

そのスタッフの方が、
「赤くんだよー、黄色くんだよー、入りますよー。こんにちはー。おじゃましますよー」
という導入してくれたおかげで、スミレ、おおはしゃぎ。

「こんにちは!こんにちは!こんにちは!」と叫び、笑い転げ、
「おじゃましますよ!」「黄色くん、赤くん、みんな幼児教室ですよ!」などと言いながら
穴にパーツを入れて遊んでいました。

もちろん、穴にパーツを入れる、というのが楽しかった(スミレはこういうの大好き)だけでなく
ごっこ遊びの延長で遊べたことが、すんごい面白かったみたい。

ひとつの遊びでも、こうやって展開させていくと、スミレも満足するねんなあ、と。

でもって、私がいないところでも(今回は、別室で見守らせていただきました・・・)
大人と一緒に遊べ、ギャハギャハ笑い、いっぱいしゃべれるようになったなあ、と
これまた感激。

あ、そうそう、話は変わるけど、昨日のヤマハでのできごと。
リズム遊びの際、「先生のおひざに乗る人!」と言われた瞬間
真っ先に先生のところに走っていったのよ。スミレが。
他の生徒さん(といっても、もう1人だけしかいないんだけど。。。泣)が呆然とする中
キャッキャ!言いながら、飛び乗っていたし・・・。

ヤマハに入会した当初は、怖いものをみるような目でしか、
先生のこと見れなくて、レッスン中、
全く目をあわさないようにしていた時期も(←かなり長く)あったのに、
昨日は、先生と一緒に手をつないだり、先生のおひざに乗って、電車ごっこをしたり
帰宅後には「スミレ、ぷっぷるちゃんの先生、だーいすきっ!」って言ってて。

ええ、もちろん、目をあわせられなかった時期は
「せんせい、いや・・・」と言っていたんよ。

***

てことで、スミレ、大満足で帰宅しました。

で、このまま、夜まで過ごせることができればよかったのですが・・・

やっぱりあかんかったです。とほほ。

晩御飯の準備で4時からNHK教育番組を見せていたんだけど、
「おかあさんといっしょ」が終わったとき「スミレ眠い」と言いだして。
自分から眠いなんて言うのは、3年間の人生で初めて(?)なので
ソファに寝かしつけてみたんだけど、すぐには寝れず
「なにしたら起きるの?」「マインちゃん、なにしたら始まるの?」
「スミレ、いっぱいねたくない」等々、ぐずり始めて・・・。

ぶちーっ!

まあね、これがね、コウメがニコニコしていて、
独り遊びをしてくれているような状況だったら

「あらまあ」

で済むようなことなんですけどね。

ええ、まあ、最近、コウメも相手にしてもらえないことがわかったのか
スミレのフォローを!!!とばかり考えている私の心のうちを見透かしているのか
ごっつー甘えるようになってきてて。
少しでも離れようとすると「うぎゃー!!!」って泣き叫んでて。

今日行った広場でも同じでして、
でまあ、そんなときにですね、
「今はコウメちゃんじゃないよ。スミレちゃんをもっと見てあげて」と
アドバイスされた日にやぁ、ブチ切れっすよ。まじで。

ま、そういうアドバイスをくれる人は、その広場の代表の方なんですが。
ま、私の状況もちゃんと知ってて、気持ちは寄り添ってくれている方なんですが。

これでもかっ!っていうくらい、私、スミレといっぱい遊んでいるし
ママ友とも全くしゃべらずに、がんばっているというのに、
(というか、今でも、私がママ友としゃべり始めると、スミレが拗ねる)
「もっと見てあげて」というアドバイスは、いらーん!!!

一方、相談に乗ってもらったスタッフからは、

「今はスミレちゃんと一緒に遊ぶ時間、今はコウメちゃんと一緒に遊ぶ時間。
 というように時間を決めて、遊んであげたら?
 例えば、コウメちゃんがママとの遊びに満足したなあーと思ったら、
 スミレちゃんと遊んであげる、とか。
 コウメちゃんと遊んでいる間、スミレのストレスはすごーいたまるかもしれないけど
 それは、もう、仕方ないものだと割り切って」

とアドバイスいただきました。

うん。これなら納得。

ただし、最近、おもちゃで遊ばなくなったコウメの気持ちを満足させてあげるのは
かなーり難しいけどね。永遠に絵本を読むとか・・・。

ていうか、最近、ほんま、気持ちがスミレに行っているので、
コウメを避けるようなことばかり考えてて。
だから余計にコウメが引っ付いてくるんちゃうかなあ、と。

今は、スミレよりコウメの気持ちに寄り添ってあげる時期なんちゃうかなあ、
とも思うんやけど。

でも今、コウメばっかりに付き合ってあげると、
コウメも、それが普通と思ってしまうんちゃうかなあ、と思うと、これまた怖くて。

ある程度、離して見守らないといけないんやろうなあ、と思ったり。
それも冷たすぎるよなあ、と思ったり。

ううう。やはり年子って、年子って・・・。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす