FC2ブログ
   
05
3
4
5
6
8
9
11
14
17
18
19
20
22
23
24
26
27
31
   

ねこばんぐみ

今日は「ねこばんぐみ」遊びをしました。

IMG_0838.jpg
幼児教室で毎回持って帰ってくるお土産のぬり絵(チラシを丸めて作った棒付き)。

猫やら蝶やらカエルやら、たくさんあるのですが、
彼らを登場させた物語を「ねこばんぐみ」(←単に猫を主人公したから)披露したところ
スミレに、オオウケされちまいました。
(注:コウメには全く相手にされず、普通の絵本を持ってきて読めとせがまれました(沈))

で、案の定、何度も何度も「ねこばんぐみやって!」と言われて、ヘトヘトです。
かあちゃんは、絵本作家でも、小説家でもねぇーーーーーーーーーーーーーー!!!

だって、かあちゃんの作る物語は・・・

「ねこちゃんは、はなちゃんという名前でした。
 公園に行こうと思いました。歩いて歩いて歩いて歩いて公園につきました。
 公園で滑り台をしました。しゅー。でも、もう暗くなったので帰りました。おしまい」

程度だぞ。こんなんで、オオウケするスミレの方が、おっかしいよー!!!


ていうか、即席絵本もそうだけど、
父母の創作話を好むのって、なんなんやろうね。
単純な話やけど、それがええんかね。

ていうか、最近、めっきり絵本を読まなくなったスミレ。
「これよんで」といって絵本を持ってくることが皆無になっているここ数ヶ月。

どうしたんや。ええんか。
3歳になったんやから、もっと物語性のある絵本を読んであげたいのに。
コウメの赤ちゃん絵本に付き合ってばかりでええんかーーーーーーーーーー!!!


***

ひっさしぶりに知育っぽいことをやってみようと思い

さんかく たんぐらむを買い与えたところ

一通りやったのち(もち、ヒントありありーで)
IMG_0814.jpg
「つみきー」と言って、遊んでました。

・・・。あかんか。この手のもん。
そもそも「ママと同じようにやってみよう」というのが、極端に苦手らしく、
△の方向を真似るだけでも、一波乱ありましたから。あはは。

3歳頃からのオモチャで、「見本どおりにやる」ものっていっぱいあるし、
図形系のもんも面白そうやし、
これやったら手作りでいろんなオモチャを作れそうやと思っていたのに・・・。

ドボンや。はあ。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす