FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
12
13
17
18
20
27
28
29
30
   

今日一番の発見

「コウメは白鳳に似ている!」


しげお、今日、一番(すごい)発見、だったようです。


ちなみにスミレは朝青龍に似ています。


我が家の娘たちは、ふたりとも横綱。


どうでもいいけど、コウメ、おっぱいを止めるまでは
そこまで太ってへんかったのに・・・。
白鳳だなんて、絶対に言われないくらい
「可愛い」が際立っていたのに。

今は、ほんまに、ほんまに肥えて肥えて肥えまくりぃのブーブーちゃん。

とほほ。

かあちゃんにとっては、全然嬉しくない発見なんすけど。


スポンサーサイト



缶ぽっくりじゃなくて牛乳パックぽっくり

てことで(前の日記参照)
コウメのおもちゃに・・・と思っていた
牛乳パックで作った「荷物」は、結局使われないまま終わったので
さてどうしようか・・・と思っていたところ、




ひらめきました。




缶ぽっくりや!




でも、こんなん作ってもスミレは喜ばないかもなあ・・・と思いつつも
麻ひもを牛乳パックに取り付けて遊び方を教えたところ・・・


IMG_0661.jpg

バカウケ。
1時間、いや一日中、これで遊んでましたし。



ちなみに牛乳パック&新聞紙で作っているので、すぐに凹みます。
でもまあ、いいよね。これこそビンボーおもちゃの極意。
使えなくなったら、また作ればいいんだし。
でもって、今度はもっと強度を強くするための工夫をすればいいんだから。
改良改良を繰り返していくのも、楽しんだから。

んでもって、これで遊べるようになったら、本物の缶ぽっくりを作ってあげようっと。


ちゅーことで、またまたビンボーオモチャ作りまくってます。
つーか、作りすぎて保管場所がないーーーーーーーーーーーーーー!!!


■■■

スミレの通っている幼児教室で親睦会が開かれました。

でもって、
スミレがこれから食べるであろう給食の試食&
親向けのお惣菜の試食もさせていただきました。
IMG_0658.jpg
おいすぃーーーーーーー。

5月半ばからは給食&お弁当も始まります。
お弁当の日は、早起きっす。がんばるっす。

年中さん、年少さんの子供を通わせているお母さんと席が近くになったので
「私立(3年保育)を選ばなかった理由」なんかも聞いたり、
毎日山のように持ち帰ってくるお土産(というか、子供たちの作品)の保管方法を聞いたり
スミレ&コウメにご飯を食べさせつつも、
聞きたいことは聞けたなあ、、、という感じ。

子供を預ってくれる幼児教室、というのが良かったのか
モンテッソーリの考え方を取り入れている、というのが良かったのか、
遠くから通っている人も多くて、ちょいビックリ。

「集団で同じことをする」という場面をすごく嫌うスミレにとっては
成果会やら運動会がある幼稚園で「みんなで同じことをしましょう」
という場面に出会うのは、苦痛でしかないだろうなあと思ったり。
てことで、やはりココでしばらくお世話になりたいなあ、と。

コウメも前の日記にも書いたとおり、
特定の作業に執着しやすいタイプかもしれないので
モンテッソーリの考え方が合うような気もするし。

うおー。また悩むぜ。
とはいえ、そろそろ私立の幼稚園も見学に行っておかないとなあ。


コウメの好きな遊び<1歳1ヶ月>

最近、コウメが熱中してやっている遊び。

■ペットボトルのふた閉め。

まだ、まわす、という作業ができないので、
ひたすら「飲み口部分にふたを置く」ことに挑戦しています。
かんなり集中してやっているので、すごく静かなのですが
ときどき、「ぎゃー!」という悲鳴が聞こえてくることも。
ええ、できなくて叫んで泣いているだけです。
「ぎゃー!」って言っても、
次の瞬間には、ふたを拾って果敢にチャレンジ。

がんばれぇー。


■箱などにモノを入れる。

コウメ、最近になってようやくヨチヨチ歩けるようになったのに
普通に歩くのがイヤなのか、重い荷物を持って歩こうとします。

そこで、牛乳パックに新聞を詰めて持ち手を作って
コウメ専用の「荷物」を作ってあげることに。

せっかくなので、スミレに
「新聞を丸めて牛乳パックに詰める」という作業をお願いしたところ・・・



食いついてきました。



コウメが。




そういや
「箱などに小さなオモチャを入れる」
という作業も最近好きだったなあーと思い出したのですが、時すでに遅し。

スミレが「おねえちゃんがやるの!」とコウメの攻撃を力でねじ伏せ
全部牛乳パックに詰め込んでしまってて・・・。

そしたら

「んぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

号泣っすよ。涙ぼろぼろ流して、顔真っ赤にして、
ぎゃーぎゃー泣きまくっているんすよ。

これは、あまりにもかわいそーだなあと思い
急遽、空のティッシュ箱にまるめた新聞を入れる作業をやらせてみたところ

ええ、真っ赤になってた顔がみるみるうちに笑顔になりましたさ。
そんでもって、何度も何度も入れる作業を繰り返し
入れる作業を充分やったのち、
いっぱい詰め込んだティッシュ箱を持って、ヨチヨチ歩いてました。
その後は、超ご機嫌で私の元を離れ、一人でまた別の遊びに講じてましたわ。

あああ、モンテッソーリの考え方を知ってて、よかったよ・・・。

なんとか、乗り切ったよ・・・今日は・・・。

■■■

そんなわけで、我が家のビンボーオモチャ、日々増殖中・・・。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす