11
3
4
6
7
11
12
14
16
17
19
24
26
29
   

エリック・カール展

エリック・カール展に行ってきましたー。

会場の外では絵本の読み聞かせもやっていたので参加することに。

そこで、
読み聞かせする人によって、こうも物語って変わってくるのか!って思ったことがひとつ。

あの有名な「はらぺこあおむし」の読み聞かせは、音楽付きでした。
しかもDVDやCDで出ているあの「はらぺこあおむしの」メロディーとは違い
読み聞かせさん独自のメロディー。

「げつようび~」あたりは、何も違和感を感じなかったのですが
問題は「どようび~」。

土曜日は、チョコレートケーキとアイスクリームとピクルスと
チーズとサラミとぺろぺろキャンディーとさくらんぼパイと
ソーセージとカップケーキとスイカを食べるんですけど、
今回の読み聞かせさんのメロディーは、カップケーキからトーンダウンし
「おなかがいたくてなきました」へと落ちていく感じだったんです。

うううー。ちがうよ、ちがう!

少なくとも私の解釈では、
「チョコレートケーキと~~~カップケーキとそれからスイカですって!」
までは、一気に読み上げて、
めっちゃくっちゃ楽しいやろ!って子供たちに思わせるのがツボやと思ってて。

だって、子供たちの大好きなものが、ずらーっと並んでいて
「どれも食べたい!はらぺこあおむし、全部食べられていいなあ!!!」
って思う、そのなんちゅうか、わくわく感があのページにはあるような気がして。

なのに、カップケーキから、トーンダウンなんて、許せへん!

それって、大人の解釈やん!

魅惑の食べ物は、はらぺこあおむしも全部楽しんで食べていたはず。
で、全部食べ終わったあと気がついたら、腹壊してた。。。
てなオチやと思うんやけど、、、なあ。

たしか、DVD、CDで出ているあのメロディーも「スイカですって!」までは
盛り上がるメロディーだったと思うんだけどなあ、
DVD、CD持っている方、教えてくださいな。

でもまあ、他の人の読み聞かせを聞いていると、
百人百様の読み方があるんやなあ、と。
どれも間違いではないだろうけど、
やっぱ解釈が違うと、なんか、むずがゆいというか。。。

そうそう。
あと、子供の指摘で気づかされたことが、2つ。 

ひとつは、今日遊びに来てくれたあかりちゃん(4歳)の発言。

「はらぺこあおむし」で「どようび」のあおむしを見て
「こんなにたべたのに、おおきくなってへん」と一言。

そやねー。そやねー。そのとおり。

その後、日曜日に葉っぱを食べたあと、
あおむしは、どーんといきなり大きくなるんですわ。
変よね。普通は徐々に大きくなるもんね。

もひとつは、絵本作家・村中季衣さんの講演会で聞いたお話。
病気で入院している子供が、はらぺこあおむしが食べた果物を見て
「果物は食べられて穴が開いているのに、なんで腐ってないの?」と。

これも納得。だよね。穴が開いているのに腐っていないのって、変よね。


子供の指摘って鋭くて、的確。

ま、そんなことはともあれ、
エリック・カール展、面白かったので、ぜひ。

個人的には

10このちいさなおもちゃのあひるがおススメ。
ファンタジーの世界が広がっている作品です。
初めて読んだけど、ちょいと心動かされました。ずきゅん。


スポンサーサイト

プライドの芽生え

育児の上で「魔の2歳児」「イヤイヤ2歳児」というフレーズは
どこにでも出てくるし、誰でも知っている話です。

しっかーし。

3歳児は?と聞くと先輩ママたちはこぞって
「ラクになるー」と言うばかり。

「『イヤイヤ』言わへんようになってん」

「赤ちゃん返りなくなってん」

「聞き分けのいい子になったわー」

「幼稚園行くようになって、ラクになったわー」


・・・。

ほんまにほんまなん?

3歳まであと5ヶ月。
私には、スミレの子育てがラクになる気配なんて、全く感じられないんですけど。

てな悩みを持っていたところ、
以前、スミレの悩み相談をした広場のスタッフの人が

「3歳児は3歳で大変な時期よ。
 プライドが芽生えてきて、すごく敏感なときなの」

という話をしてくださりました。

幼稚園に入園する年頃になると、方々から
「おねえちゃんになったねー、おにいちゃんになったねー」の言葉が飛び交い
自分でも「おねえちゃんなんだ」という自覚を持つように。
だからこそ、「おねえちゃんだからできる」はずのことができないと許せないみたいで。
だから、3歳越えると、トイトレが一気に難しくなる、のだとか。

スミレも「おしっことうんちはトイレ」と自分で言いまくっているし
しないといけないのは、めちゃくちゃよく理解しているんだけど、
やっぱりうんちになると、「トイレ、イヤ」と断言。
できなかったら、、、って思ってしまうんやろうねえ。
私としては「できへんくってもええのに」って思うし、
「できなくてもいいよー。便座に乗るだけでいいよー」と
優しい顔で言っているつもりなんやけど
プレッシャーになっているのかもなあ、と思ったり。
かといって、いつまでも「オムツでウンチ」を放っておくわけにもいかず。

今朝も、こどもちゃれんじぽけっとで「おなじものさがし」をやっていたところ
(↑「ミッケ!」の超簡単バージョンのような感じです・・・)
どうしても見つけられないものがあって。

「ここらへんだよー」と指で円を描きヒントを与えるも
「ここらへん」という意味を理解していないのか
見つけたいものの近くを指で円を描くこと自体、わけがわからへんかったのか
私の指差しているほうを全く見ようともせず、
挙句の果てに別のオモチャで遊び始めたので
「んじゃ、もうやめよっか」と言うと、途端にブチ切れ。

「やるーーーーーーーーーーーーー!!!」

んでも、ギャンギャン泣きしまくりで、
いざ「おなじものさがし」のページを開いても
見れない、聞けない、座っていられない、、、で
ほんま、朝っぱらから、なにしてるねん、、、って感じで。

これが、3歳児のプライド、、、というやつ、、、かあ。

3歳児のプライドがどういうものか、なんとなくわかってきたものの
だからといて、じゃあ、どう対応したらええねーん!ですわ。はあ。

もち、できたときは
「すんごいねー。昨日は見つけられなかったのに、
 今日はすぐに見つけられた!やった!」
と、おおげさに喜びを表現してあげているんですけどね。

できへんかったときの言動が思い浮かばへん。。。

「できなくてもいいよ」はスミレの場合、100%爆弾落ちるし。

「また今度やろうか」も99%ドボン。

「ママがやってあげる」と言って、完璧にやってあげると泣きやむけど
こうしてあげるのが一番良いとは、私自身全く思っていない。

「おてほんみせてあげる」と言って、ゆっくりやってあげようものなら
途中から「スミレが!」と言って泣きじゃくるし。

とほー。


魔の2歳児を通り越したら、次はプライド3歳児との戦いだなんて。

いつになったら、子育てってラクになるんかい。

ていうか、ラクになることを期待したらあかんよね。

ちなみにコウメの子育ては、超ラクチン。

寝ない、後追いが強烈、、、だけど、
カートに乗せても泣かないし、ベビーカーに乗せても泣かないし
チャイルドシートに乗せても泣かないし、
私の傍に居さえすれば、台所でも何かオモチャを見つけて遊んでくれるし
手遊びやマッサージをするだけで、満面の笑みで喜んでくれるし。

世の中に、こんな楽な育児があったのかーと思うくらい。

ああ、コウメが1人目やったら、
私も精神状態がおかしい状態で育児しなくてもいいのに。。。
穏やかな日々を送れるのに。。。


昨日はスミレの一時保育でした。

無認可の園って、どんなところなのか、不安いっぱいだったのですが
古い民家を保育所として使っているため、ザ・昭和ってな感じの
アットホームな園で、しかも狭い園内にウサギや犬まで飼っていて
なんだかとってもたのしそー。

スミレは、見送りこそ、泣かなかったものの
その後、シクシク泣きはじめ、4歳のお兄ちゃんお姉ちゃんが
頭をなでなでしてくれたり、おもちゃをあげるなどして
慰めてくれればくれるほど、ギャン泣きに変わり
手のつけようがなかったみたい。
しかも大好きなおやつのみかんも食べられないほど、ギャン泣きだったようで。
でも砂遊びをきっかけに落ち着いたらしく、
昼寝も3時間してはりました。はい。寝すぎじゃー。

早速来週から週1で預けようかと思ったんですけど、
定期的な利用になると入所手続きが必要とかで、
金額のことなんかも含めて、もう一度検討することに。

帰宅後は、みっちりスミレと遊び、心のケアを。
おかげで、夜は久しぶりに熟睡。号泣もなし。

前回のこともあり、初めての場所での一時保育で泣かなかったら、
それこそ我慢しすぎてて、問題アリ、、、と思っていたので
泣いてくれて大成功!やった!一時保育バンザイ!
 
 
 
 
 

と思ったのもつかの間・・・。

今日は、ほんと、酷い一日でした。。。はあ。

午前中は、いつも行っている広場で
スタッフたちの勉強会があるとのことで、見学させてもらうことに。

自分自身育児に息詰まっているし、
今後、仕事をしていく際に、
こういう子育て支援で働いている人たちの考えていることや
子育て環境のことなど、いろいろ勉強していきたいと思ったし。。。

んでも。

子供たちは保育なしなので、そこらへんで遊ばせておきながら勉強会に参加。


って、そんなん、うちの子たちにできるわけないやーん。

「ママ、ちょっと勉強するから、スミレは一人で遊んでてね」

そう言ったあと数分は独りで黙々とおままごとあそび。
ふとスミレを見ると「いま、うんち」と堂々とした発言が飛び出し、
その後は、うんち処理したり、愚図ったコウメをおんぶしたり、、、

ってしてたら、気がついたら、勉強会からずんずん離れたところで
スミレに振り回されているーーーーーーーーーー。

これじゃ、来た意味なし!!!

もう一度、言ってみよう!

「ママ、お勉強したいの」

「イヤ!」

「・・・はい」


てことで、勉強会に参加できるわけもなく、
ひたすらスミレと遊び、その他の子供たちの面倒も見る羽目に。

それでもスミレは「ママと一緒に遊んだ」感がなかったようで、
お昼も愚図りまくり、イライラしまくり。
「昼寝しない」というので、晩御飯を作っていたら、
これまた発狂。というか、号泣。ギャン泣き。

コウメも相当眠そうなので、寝かしつけしようとすると
さらにギャン泣きが酷くなるばかり。

スミレを家に置いて、コウメを寝かしつけに外に散歩。
もちろん、スミレは一呼吸もおかずギャン泣き。

散歩後、コウメを布団で寝かしつけるため、
スミレを外に放り出して鍵を閉める。

布団に寝かしつけるのに手惑うこと約30分。
ようやくコウメ就寝。

その間、もちろん、だけど、スミレは外で号泣。
よくぞ、誰も通報しなかった。
ていうか、こういうのって、どこの家庭でもやっていること、、、だよ、、、ね?

帰宅後、スミレに事情を説明。

「ママは、ご飯を作るのが仕事」
「ママは、コウメを寝かしつけるのが仕事」
「ママと遊びたい、その気持ちはわかる。
 でもこれらの仕事は、とっても大事。
 ママは、スミレと遊びたいけど、
 ご飯を作ったり、コウメを寝かしつけないと
 スミレとは遊べない。それを、わかってほしい」

納得したのかしないのかはわからんけど、ようやく泣きやむ。


その後も、しばらくスミレと遊んでは、
晩御飯の準備やらコウメの寝かしつけやら、
母乳マッサージ所を調べたり(不自然に張ってきて痛いので)
忙しくしていたら、これまた発狂。

晩御飯時には、ほとんどご飯を食べずに
立ったままスプーンでお茶をすくってはこぼし、、、を繰り返していたので
怒ったら、これまた逆切れ。

もう、ええ加減にしてくれ。。。

ていうか、たった一日一時保育に預けただけで、
次の日の反動というか、これでもかっ!ていうくらい
私の行動を縛りつけようとするのって、どうよ。

そんなんやったら、一時保育したくない。。。あほらしい。。。

昨日の一時保育は、成功したと思っていたのに、
これじゃあ、なんのための一時保育やねん。
私のリフレッシュどころか、苦痛でしかなくなるやんか。

雑誌等で
「ママっこです。保育園や幼稚園に入れる予定なのですが、
 ベッタリしすぎてて、園での生活が不安です。大丈夫でしょうか」
という質問に対し、
「ママが一番好きな時期です。今のうちにいっぱい遊んであげましょう。
 そうすれば、愛情にみたされ安心できて、きちんと園では離れていきますよ」
というアドバイスがあるんですけど、

これって、どうよ?

え?

ほんまに離れていくか?

うちは、赤ちゃんの頃からベッタリベタ子やったし、
コウメが生まれて超すんごい赤ちゃん返りもしたし、
8ヶ月経った今でも、ベッタリやし、
それにちゃんと付き合って、一緒に遊びまくっているんやけど、
これでも、愛情、足りてまへんか?

ていうか、もうちょっとコウメの面倒もみさせてください。。。

ちなみに一時保育中は、コウメと生まれて初めて手遊びしました。

スミレがいると、「スミレがさき!」といって、手遊びを奪い
その後、二度とコウメに触れさせてくれないくらい
私とコウメが手遊びしたり身体遊びするのを拒んでいます。

コウメもかんなり満足した表情だったし、
かあちゃん、久しぶりに癒されましただー。ああ、ええなあ。
「イヤイヤ」言わない子って、かわゆいーーーーーー。

そうそう、絵本展のときのリベンジ!と思い
赤ちゃん絵本を読んであげたところ
「自分に語りかけてくれる」ことがとても珍しかったからか、
絵本より私の顔を食い入るように見つめ、微笑んでいました。
ああ、これも、幸せー。
ていうか、絵本にほんまに興味ないなんて、、、信じられへん。。。
かあちゃん、プチショック・・・っす。

もち、私もリフレッシュ。
コウメが昼寝している間に、カフェオレ飲みながら推理小説読みました。

ああ。一時保育している間って、ほんとステキな時間なんだけど、
次の日、また次の日のことを考えると、憂鬱でならない。。。

ま、スミレも保育園に慣れれば、これほど酷い反撃をしなくなるとは思うけど。

でもこれ、完全に私に対するあてつけ、、、だよね。。。

とほー。


んぎゃとあそびたかった

昨晩、しげおが珍しく早く帰宅。

すると、スミレ、大興奮。

ギャッギャ叫びまくり。踊りまくり。

寝るときも久しぶりに「寝ない」「まだあそぶ~」と駄々コネ。

お布団に入っても「お茶」を連呼。何度お茶を飲ませても「お茶」。

しげおには甘えまくりぃーなので、抱っこやおんぶを強要。

コウメが起きてしげおに抱っこされると

「んぎゃ、ゴロンしてー(抱っこ止めろの意)」と叫ぶ始末。

結局、んぎゃ、いや、コウメは泣きすぎて完全に目覚めてしまい

その後、寝かしつけては、泣き、

スミレを確認しては、ンギャンギャ!と雄たけびをあげ

結局、コウメが寝たのは24時。とほほ。

一方のスミレは、23時50分就寝。

これでぐっすり眠ってくれるだろう、、、と思いきや

午前3時ごろ、号泣してました。

ずいぶん長いことなだめていたみたいで(スミレの担当はしげお)。

朝目覚めたあとも、泣きじゃくってどうしようもない状態で。

朝ごはんも食べずにずっと「うーうー」言いまくり、泣きまくり。

もっとしげおと遊びたかったんだろうか。

私と過ごす毎日が苦痛でたまらんのだろうか。

それとももしや、もっと私と遊びたいのだろうか。

わからん。わからん。わからん。泣いているだけじゃわからーん。

てことで、質問攻めすることに。

彩猫「スミレは何がしたかったの?」

彩猫「パパともっと遊びたかったの?そうだったら手をあげて」

スミレ「ぎゃー(泣)」

彩猫「ママともっと遊びたかったの?そうだったら手をあげて」

スミレ「ぎゃー(泣)」

彩猫「じゃあ、誰と遊びたかったの?」

スミレ「んぎゃとあそびたかった」

え?うそ。。。やろ。。。

真相のほどはわからんのですが、この会話をしたあと、

すっかり機嫌がよくなり、もぐもぐ朝食をたいらげていました。

ようわからん。こどものきもちなんて、わかったもんじゃない。

んでもって、こどものことばなんて、どこまで信じたらいいのか、さっぱりわからん。


サンドでパンだ、ええよー


サンドでパンだええよー。

ヤマザキのランチパックをこよなく愛する私たち家族。

簡単にランチパックが作れるだなんて夢の商品だわ!と思い、
早速、購入することに。

スーパーでサンドイッチ用のパンとコロッケ、かぼちゃサラダを購入。

パンをレンジで少し温めて、ちょいちょいちょいーとやれば、
できたー。ランチパックできたー。いえいー。
ついでに、スミレも大喜びー。いえいー。

未だ2回食のコウメは、昼ごはんがないので、
パンの耳を手に渡したら、食べたー。そのまま、食べたー。わーお。
コウメの半端ない唾液がパンを柔らかくしてくれた模様。
しかも「耳」の部分なのに食べられるだなんて、
コウメの唾液の量ってすごーい。

てことで、サンドでパンだ、いいっすよ。

**

今日、明日、しげおは仕事。

街に出れば、パパが子供を連れて歩いていたり
家族揃って遊びにでかけていたり、公園で遊んでいたり。

そういうのを見ると、ワタクシ、どーんと落ち込みますのん。

スミレとコウメの存在が重くなって。
加えてどちらかが愚図るようものなら、どん底に突き落とされるような感じで。

はあ。こんな日こそ、楽しい遊びを考えなくてはーと思いつつ
大量に買い物をして、そこそこ2人に愚図られ、なんとかなだめながら家に到着。

明日は何しようかなあ。雨だしなあ。
家で遊べるオモチャ作りでもしようかなあ。


**

先日、同じ年子ママで楽天ブロガーのしぃなさんが
「スミレちゃんには、モンテッソーリ教育が合うかもしれないですよ」
とのメッセージをくださって。

早速、モンテッソーリ関連の本を読み漁ることに。


お母さんの「敏感期」


ひとりで、できた!

等々を読みました。

はい。ワタクシ、学問好きというか、学び大好きっ子なので、
教育論も大好き。一気にのめりこんでしまうというか。

モンテッソーリ教育。

要は、子供がこだわっている行動を、我慢して放っておくのではなく
楽しんで観察して、もっともっと伸ばしていけるようにしてあげるといいよ、てな感じ。
(こんな解釈でええんやろうか。。。)

確かに、スミレにもこだわっていた行動、今もこだわっている行動って、あるなあと。
そう思うと、子供に対する見方が少し変わりそう、、、です。
なんちゅうか、真正面で受け止めずに、斜めから見る、みたいな。


ちなみに「ひとりで、できた!」の本は、
手作りオモチャの作り方もたくさん掲載されているので、
早速、明日、材料を買出しに行き、作ってみようかな、と。

前にも書いたけど、ワタクシ、こういう手作りオモチャを作るのが大好きで。
なんなら、保育園や幼稚園に出張して、
手作りオモチャを作る保育士さんたちの仕事を代わりにしましょうか、
と言いたい気持ちでいっぱい。もちろん、その間、子供たちは預ってね、やけど。

いやあ、こういう仕事、代わりにやらせてくれないかなあ。
どこかの保育園に提案に行こうかなあ。まじで。

**

最近。

自分自身、どんな子育てをしたいのか。
子育て、以外には、何をしたいのか。
何を楽しみにして、生きていくのか。

等々、久しぶりに考えています。

もうちょっと自分の考えをしっかりさせたら、
子育てもラクになるんではなかろうか、と。
子育てに没頭しすぎたらあかんなあ、と。

でも周りには「一時保育に預けたことが無い」専業ママたちもたくさんいてて。
それが、無言のプレッシャーのように感じられることも多々あり。
人と自分とは違う、子供も違う、とはわかっていても。

てな感じで、まあ、まあ。

あ、なんか天気悪くなってきたなー。

てことで、ばいちゃ。


今年もドイツ

今年もドイツに行ってきました。

IMG_8921.jpg
梅田スカイビルで開催されているドイツクリスマスマーケット。
毎年恒例ですのん。いえい。結婚して以来欠かさず行っていますのん。


**

我が家のファミちゃん。
IMG_8915.jpg
スミレ、バカウケ。

てか、犯人はスミレだけど。

そんなファミちゃんも今冬でめでたく2歳になりました。
最近はスミレもファミちゃんなしで寝てくれるようになり、存在感も薄くなったような。
それでもやっぱりファミリアのお店に行くと目を輝かせてファミちゃんに突撃。

**

絵本展でのひとコマ。

IMG_8879.jpg
ズリバイで絵本を読むしげおとスミレ。

IMG_8892.jpg
しげお、燃料切れ。コウメ参戦。

IMG_8893.jpg

IMG_8894.jpg
コウメ、絵本ゲット。その後、食す。


**

IMG_8903.jpg

IMG_8913.jpg
2人で遊ぶ、の図。

スミレは歌を歌ったり、宇宙語でコウメに話しかける。
コウメはスミレの宇宙語に反応しまくりぃーで、喜びまくりぃーで
きゃっきゃっきゃきゃっきゃ言いまくりぃーで、めちゃくちゃ楽しそう。

オモチャの取り合いさえしなければ、姉妹はこんなにも仲が良く
とおっても和やかで優しい時間が流れているというのに。。。


1週間のできごと

書きたいこといっぱい、やりたいこといっぱい。

でも体力がついていけず、娘の寝かしつけで撃沈。

コウメの泣き声で目覚めるも、なかなか寝付けず、結局夜更かししたり。

ブログでストレス発散もできず、たまるのはストレスと疲労ばかり。

てことで、今週1週間の出来事をダイジェストで。

**

月曜日。

ヤマハのレッスン2日目。

「おどるのきらい」発言等々でヤマハに入会したことを
とおっても後悔しまくりで、レッスンに行くのも憂鬱なかあちゃん。
今日も踊らないだろうと思ってあきらめていたら。
「パンダうさぎコアラ」の歌で踊った!というか、振り付けした!

やったーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

涙がちょちょぎれたーーーーーーーーーーーーーーーーー。

ああ、もう少し続けますだ。ヤマハ。あきらめないでやってみよ。

**

火曜日。

公園でサンドイッチを食べたい!

と思い立ったものの、

寒波到来&曇り空でとてもじゃないけど外で食べられる気にもなれず。

結局、スーパーのフードコーナーでお弁当箱を開けて食しました。

はあ。

**

水曜日。

両家のじいじばあばを招待して、新居御披露目会を催すことに。

スミレは大興奮でじいじばあばに笑顔を振りまき、
叫びまくり、しゃべりまくり、はしゃぎまくり。

昼寝後、じいじばあばが全員いなくなったのを知り、号泣。

そうだよ、現実は、ママとコウメとスミレの3人生活だよ。。。

**

木曜日。

先週日曜日からウンチが出ていなかったコウメに
待望の超特大ウンチが、ぐにぐにぐにー。

すっきりしたのか、朝から2時間も昼寝。

**

金曜日。

コウメの予防接種・三種混合一回目。

もちろん、泣いたさ。わっはっは。

午後1時半からスミレが昼寝。
2時にはコウメも昼寝。
3時前にコウメが泣いたのでおっぱいあげて、寝かしつけ。
晩御飯も作り終えていたので、私も昼寝。
気がついたら4時半・・・。
スミレ、ぶっ続けで3時間も寝たぞ。。。こわっ。

***

つーことで、1週間でした。

怒涛のような、というか、変化の少ない毎日だけど、
なんか、あーっという間に過ぎ去っていきます。

来週は引越し後初めてのスミレ一時保育。
ならし保育なしの、長時間保育に挑戦。
うまくいけば、その園で週1,2ペースで預ってもらう予定でごわす。

ああ、うまくいくかなあ。

というか、風邪引かんようにせな、、、ね。


久しぶりにヒット

週末、子育ていろいろ情報センターの絵本展に行きました。

久しぶりにスミレも絵本にかじりつき「もういっかい」を連呼。


おいしいね

以前読んだときは、無反応だったけど、
「うんめぇ~」でひっくり返るヤギたちに
ギャハギャハ大笑い。かんなりウケたぞ。


あれこれたまご
たまごが好きなスミレ。
目玉焼き以外にも、こんな卵料理があったのかーと感心して見てました。

ていうか、これ、読むの、タイヘンでした。
バリバリの関西弁で書かれているので、私も必死。
関西人でこれ読むとき、かんだらあかんやろ!イントネーション間違ったらあかんやろ!
と、2歳児相手に、必死で正しい発音で読んでしもたし。

ていうことで、関西人、必読っす。声に出して読むっす。


たまごさんがね‥
しつこいですか。たまご本。
ていうか、とよたかずひこさん、絵本を出しまくりやないですか。


いろいろたまご
もうええやろ!って思うけど、たまご本。
さすがに、コレを読んだあと、食傷気味でした。。。たまご、もうええわ。


トイレでうんちできたかな?
トイレでウンチしないくせに、この本のウンチシーンを
ひたすら何度も何度も見ていたスミレ。
「これが、ママのうんちで、これがパパの。これがスミレの・・・」

ていうか、お願いやからトイレでウンチしてくれーーーーーーーーーー!!!


ちなみに
「おっと、生まれてこのかた、まともにコウメに絵本を読んであげていなかった」
と思い、赤ちゃん絵本を読み始めたところ・・・

食べにかかりました。はい。
家でも、絵本を広げると、食べにきます。
一切、聞きません。食べないように遠くから読もうものなら無視。
全く興味がないというか、なんちゅうか・・・。
スミレは生後8ヶ月には「ねこがいっぱい」で大ウケしていたし
いろんな本を読んでは反応があったのに。。。

とほ。


がっつき娘

スミレとコウメは「寝ない」ことを除けば、ほぼ正反対の性質を持っています。

泣き方も「ふえええーん」と可愛いスミレに対し、
コウメは「んぎゃーーーーーーーーー!!!(叫)」。

おんぶをすると背中にへばりついて大人しくなったスミレに対し
コウメは喜びのあまり暴れまくり。
眠そうなので寝かしつけのためにおんぶしたのに、興奮状態。
スミレを見ては「きゃっきゃ!」と笑い、
台所でご飯を作って振り向くと、フライパンを持ち上げ(もち料理中の熱い状態の)
自転車に乗れば、前を見たくて斜めになり
私の肩越しに顔をのぞかせバタバタ動く始末。
(おかげで、片方の肩だけに重心がかかり、超痛い・・・)

食事中は、さほど暴れなかったスミレに対し
コウメは、スプーン見るなりがっつき、
次のスプーンが出てくるのを待ちきれずに
私の腕と手にしがみつくかと思えば、
気に入らない食材のときは、身体を反り返してハンスト。
おっぱいをあげるまで、強烈な反り返し&大泣きで
KOするのは、決まってかあちゃん。

コウメは力が強いというか、我が強いというか、なんにしても強烈。
手の力というか指の力が強いのか、
抱っこで泣きじゃくるとき、決まって引っ掻きます。
強烈な勢いで引っ掻きます。
はなちゃんに引っかかれるよりも痛いです。

幸い、まだ歯でおっぱいを噛むという行為はしていないけど、
噛まれたらきっと泣きます。1年未満で断乳を決意します。


ま、そんなわけで、久しぶりにコウメネタ。

姉妹でも、こんな小さいときから性格が違うんよね。面白いね。


***

どーでもいいけど、最近、がんばっていること。


1、2年7ヶ月ぶりに揚げ物作りました。

スミレが生まれてから一度も揚げ物を作っていなかったのですが
とうとう解禁することに。
でも2人が寝ているとき、ではなく、起きているとき限定で。


2、斜めがけのカバン禁ず

ママ=斜めがけのカバン。

でもあえて、やめました。

なんか、斜めがけしていると、おばはんくさく見えるので。

斜めがけのカバン、ラクなんだけどね。

いまんところ3週間くらい斜めがけカバン使っていません。

なかなかやるぅ←わたし。


3、スカートはいています

公園&近所しか出歩かない日以外はスカートを履くようにしました。

買い物も基本、車なんでパンツの必要もないし、
憧れだった「スカートママ」へ一歩でも二歩でも近づきたいので。

ママっぽいスカートも購入したし、
ついでにスカート用のブーツも購入したし、
この調子でがんばったるでー。


以上。ではー。


夜泣き女王

ここ数週間、スミレの夜泣きが再発し
日を追うごとに悪化してます。どぼん。

今まではただひたすら泣くだけ、だったのが
最近は、しゃべれるようになったせいか、
寝言を言いながら泣き続けるように。

「イヤイヤイヤイヤイヤー」

「一階にいくーーーーーーーー」

「おちゃーーーーーーーーーーー」

「ヨーグルトたべるーーーーーーーーー」


今日の泣き寝言はなんやろ。


ていうか、もうそろそろ夜泣きから卒業してほしいんすけど。

どんだけ辛い夢見てるんやろうか。

それはそれでかわいそうな気もするけど、
ヨーグルト食べられへんくらい辛い状況って、いったいどんなんなんや・・・。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす