08
2
3
4
6
7
10
11
13
15
16
17
21
22
23
25
26
29
   

挑発に乗ったらあかん・・・

子どもの挑発に乗ったらあかん・・・

て話は、以前したと思うんですけど、

乗っちまいました。ええ、どーんと。

 
土曜日の朝、寝起きのスミレを連れてトイレへ。
おしっこ成功。「シール貼る!」というスミレ。
シールを渡す。上手くはがれなかったようで、目的のシールが破れてしまう。
「シール!」と叫ぶスミレ。
「ほな、これでええやん」と破れたシールをくっつけて手渡すと「イヤ!」。
 
 
 
 
ぷっちーん。




切れました。


「ほなええわ。シールなし!」

「イヤ!シール!」

「ほんじゃ、新しいシールにしたらええやん。これは?」

「イヤ!シールイヤ!」

「あ、そう。それやったら、シールやめたらええやん。シール終わり」

「イヤ!」

「もう知らん!」

「イヤ!」

「ママ、もうイヤヤ」

「イヤ!」

「ほんまにイヤヤ」

「イヤ!」

号泣ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
 
 

いや、フツーに考えたらこの手の挑発に乗る場面じゃないんすよ。
たかがシールだし、号泣する前に打てる手立てくらい考えられるくらいの力量は
ついているはずなんですよ、ママとして。

でもね、切れちゃった。挑発に乗っちゃった。

理由は明らか。
 
眠かったから。
コウメの頻回授乳+コウメの早起きに付き合って
もう限界ギリギリだったから。
ていうか、こういうのが1週間ずっと続いていたから。

しかも
「土日くらい、寝坊させてくれ!」という思い(=お願い)を
しげおに言いたくて言いたくて仕方がなかったのに、
かれこれ3ヶ月くらいずーっと遠慮して言えなかったことが
ずーっとずーっと心の中でくすぶっていたから。
 

てことで、しげおをたたき起こし、
スミレとコウメを託し、布団の中へ。

ああ、誰にも邪魔されずに眠れるって、

し あ わ せ ・ ・ ・


ちなみにその間、しげお+スミレ+コウメは朝マックに行ったのだとか。

これからも毎週1日だけは朝マック、を約束することに。

これくらいしてもいいよねー。
かあちゃん、1週間に1日だけでも寝坊してもいいよねー。
 
 
ていうか、ここ1週間、スミレのイヤイヤがすげー激しくなってて。

ちょっとでもコウメを優先したり、
コウメに新しいおもちゃをあげると、イヤイヤが勃発。

「だっこ!」

「はい、だっこね。いいよ」

「イヤ!おんぶ」

「あ、おんぶがいいのー。いいよ」

「イヤ!だっこ」


・・・・・・エンドレス・・・・・・



最長記録何時間やろ?と思って挑戦しようとしているのですが
残念ながら、そんな無駄な時間を過ごすわけにはいかず。
時間があれば、まじで挑戦してみたいんですけど。
ギネス記録出せそうな気がするんですけど。
 
 
てことで、ほんまイヤイヤすごいですわ。
なめてましたわ、イヤイヤ。まじですごいですわ。イヤイヤ。
 
さすがに私も毎日、毎時間、というか、一日の半分以上は
上記の会話のやり取りが続くので、ぶちきれまくり。

せっかく楽しい(?)2歳、という時間を
スミレとともに楽しめていないなあと。

お姉ちゃんになったスミレと妹のコウメとの話題は尽きないくらい
毎日が波乱万丈で、毎日が大爆笑なんだけど、
「イヤイヤ」があるおかげで、大爆笑のことも忘れてしまうくらい
ほんまに頭が痛くなるし、スミレの顔を見るだけで
「イヤイヤ」を思い出し、「顔を見るのもイヤなんじゃ!」と思ってしまうくらい
ワタクシ、とほほな状態なんですわ。

なんか、それって、哀しい・・・よねえ。

世の中には、二歳差の兄弟(姉妹)って五万といるけど
やっぱやっぱ二歳差の子育てって、大変・・・。
これからラクになるのかもしれないけど、
赤ちゃん返りとイヤイヤ期が一緒って、あかんでしょ。どー考えても。

なんかなあー。余裕なくなってきたなー。と思うのです。まじで。

なんかなあー。イヤイヤ治ってほしいんだけどなあー。

ていうか、イヤイヤが激しくなったせいか、
スミレの赤ちゃん返りもぶり返しています。赤ちゃんバブバブー状態っす。

たすけてくれぇーーーーーーーーーーー。


スポンサーサイト

ひなまつりか?

子育ていろいろ相談センターで開かれていた
「あそびのひろば」に行ってきました。

大阪市内で活動している育児サークルの方々が集まり
いろんな遊びを提供してくれる、というもの。

なんせ材料費200円で楽しめちゃうんだから、
行かなきゃソンソン、だしねー。

最初は、手遊びや歌、お話を聴く部屋に入ったんだけど
相変わらず、スミレはこの手のものになると、
全く動かない・・・。

歌もみんながノリノリで踊っているのに、
一歩も動かず、ひたすら凝視しているだけ。

あ、話はそれるけど、
近所の盆踊り大会では踊っていたのよ。
それなりにリズムとって、歩いていたんだから。進歩したでしょ。

でもなんでか、育児サークルというか、
「みんなで踊りましょ。楽しいよ!ほうら!」てなノリのものは、どうも・・・。

なんでかねえ。

こんなんで、将来、幼稚園のお遊戯とか、できるんやろうか。はあ。

 
てことで、工作遊びの広場へ・・・。

最初にしまじろうの帽子をもらったのち、
スミレが一直線に向かったのが「ぐちゅぐちゅかんてんあそび」エリア。

そして、見事にかんてん遊びに没頭しました・・・。
IMG_8132.jpg
近くで4,5歳の男の子が同じく、かんてん遊びに没頭し
きゃっきゃっきゃっきゃ言いながら遊んでいるのを、じーっと見ながら
スミレはスミレでマイペースにぐちゃぐちゃ。

没頭しすぎや!ってくらい、かんなり長い時間滞在していたので、
「もうそろそろ別のところに行く?」と促すと
すーっと立って歩き始めました。

スミレ、こういうときって、すごく素直なのよね。
「まだ遊びたい!」って言わないの。

でもしんどいときや、ほんまに苦手な遊びのときは
「おうち、かえる」「おわり!」って言うので、
何も言わないときは、かなり楽しんでいるんじゃないかなあって思って。
それなのに「そろそろ・・・」と言い出してしまったのって、
なんかよくなかったかなーって。
スミレはスミレでじーっくり楽しんでいたんだろうに、
それがスミレのペースだったんだろうに、中断させてしまったのって
悪かったなあーって・・・。ああ、こういうときって、悩むよね。難しいよねえ。。。
 
ま、そんなことはさておき、
その後も、たーくさんお土産をいただいて帰宅することに。

IMG_8150.jpg
お土産のひとつ、帽子。かわいいでしょー。

こんな格好で天神橋筋商店街を歩いていたら、
おっさんに「今日は、ひな祭りか?」と突っ込まれ(ボケ?)ました。

「ひな祭りって・・・」

高度すぎるボケ・・・。

いや、突っ込みだったのか・・・。

いや、本気だったのか・・・。
 
わからん。わからん。わからーん。


捨てました。

引越しの準備をするにあたり、いろいろなものを捨てました。


■江國香織の本

捨てた、のではなく、ブックオフに売却、したんですけど。
江國香織が書いた書籍は90%以上持っており、
しかも一時期、単行本をバカスカ買っていたので
本棚の中はほとんど彼女の作品で埋め尽くされていました。

最近は読み返すこともなくなったし、次々に出版されるので
今までのものは、思い切って処分することに。

ああ、ちょいとスッキリ。


■給与明細

意外?かもしれませんが、
今までもらった給与明細を全て保存していました。

時々見返しては
「ああいい給与もらっていたなあー(←1つ目の会社)」
なんて想い出に浸っていたんですけど、
なんか、過去にしがみついているみたいなんで、さよならすることに。

これからは、1つ目の会社でもらっていた金額以上の稼ぎをしなければ。
 
 
■スクラップブック

小学生のころから、マメに新聞の切り貼りをしていたワタクシ。

社会人になっても、
興味のある記事(主に赤星憲広の記事ですが、なにか?)が
あれば切り抜いていたんですけど、これまた場所を取るだけで
読み返すことなんて、滅多になくて。

てことで、ごっそり捨てました。

さよならー。あかほしぃーーーーーーーーーーーーーーーー。


■配色カード

カラーコーディネートの勉強をしていたとき、
大量に買っていた配色カード。

子どもの工作に使えるだろう、、、と思って残していたのですが
思い切って捨てました。あ、でも1冊だけ残しました。
やっぱ、工作に使えるよ、ね・・・?


■名刺

会社関係の名刺は仕事を辞めたときに、選りすぐって捨てたので問題はないんですが、
なぜか大量に見つかったのは「友人、および合コンでもらった名刺」たち。

さすがに全部見返すことなく、ごっそりお陀仏。ばいちゃ!!!
 

■研修資料

会社員時代、いろいろな外部研修に参加しており、
それはそれなりに勉強になったし、いい刺激になりました。

んで、仕事を辞めたあとも、
なんか思い出深くって捨てられず。

でも捨てました。
数年前学んだことは、既にもう今の市場では古臭くなっているし。

「こういう学びは常に鮮度が必要なのだー!!!」

と、以前上司にも言われたし。つーことで、さいならーーーーー。


■■■

捨てられないもの。


なかなか。

どうして。

ゴミ箱に入れられないんだろう。


■端切れ

いろいろなものをハンドメイドした結果、
たーーーーーーーーーーーーーーーくさんの端切れが山積みに。

んでも捨てられない。いつか使えるかも、と思ってて。
絶対に使わないとわかっていても。。。。。

どーしたらいいのーーーーー。
ぞうきんとして利用することすらもできないのー。

だって、だって、いつか使えるかもーーーーーーー、だもん。
 

■カラー画用紙

上記同様。いつか使えるかもーーーーーーー、と思って残してます。

だって、だって、絵本の材料として使えるかもしれないし、
子どもたちの手作りオモチャの材料として使えるかもしれないし、
100均で買ったからこそ、なんかちゃんと使い切らないといけないような気もするし。

つーことで、山積みです、こちらも。はあ。
 
 
■■■

こんな感じで、整理整頓しながら引越し準備しています。

こーゆーもんは、捨てたほうがいいよーというのがあれば、
教えてください。


あ、そうそう。名刺等を整理していたときに、
テレカも大量に発見。

これまた、捨てたいけど、もったいないような。
使いたくても、公衆電話を見つけるのが困難で。

はあ。


まちがえた

昨日の日記の訂正。

健診のときにもらったのは、ファーストブック、じゃなくて
ブックスタートの絵本でした。ま、だからなんだ、って感じやけど。

ブックスタートという取り組みもだいぶ定着してきたみたいだし
そのおかげか、最近は赤ちゃん絵本が大流行なんだとか。
 
んでもって、忘れていたことをひとつ。

コウメ。

写真館では人見知りすることなく笑顔をふりまいていたのに
健診では、大泣きしました。

体重計に乗せるだけで、んぎゃー。
身長測るところでは、んぎゃー×10。
診察ベッドでは、んぎゃー×200。

2年前のスミレと一緒やんか・・・。


コウメは性格も違うし、
人見知りも病院嫌いもないだろう・・・と思っていたけど、
やっぱ姉妹やねえ。似てますわ。。。あはは。


忘れずに

忘れずに行って参りました。コウメの3,4ヶ月健診。

体重7510グラム。身長64センチ。

小児科の先生にじんま疹のことを聞いても
「詳しくは皮膚科の先生に聞いて」と言われ

「上の子に手がかかって、育児しんどいです・・・」と保健師さんに嘆いても
「赤ちゃん返りは、するものだから。
 下の子が寝ている間は上の子とたっぷり遊んであげて」と言われ、

落ち込んで帰ってきました。はい。
あ、コウメは順調に成長しています。たぶん。何も言われなかったから。

というか、なんか、あんたら、その道のスペシャリストやろ!と突っ込みたくなるくらい
なんか、ありきたりの、そして到底満足できない言葉が返ってくるときって
ほんま、どよよーんと疲れますよね・・・。

ある程度予想はしていたし、期待もしていないんだけど。はあ。

 
 
つーことで、かわいらしい赤ちゃんたちが集まる中、
どーみても、月齢違うよね・・・ていうくらいコウメはでかかったです。

そして、どーみても、一人目じゃないよね?
と思って声をかけたお母さんとは、
スミレと同じ月齢の上の子がいることで話が盛り上がりました。

なんかね、もう、わかるんです。
一人目なのか二人目以降なのか。

二人目以降の子どもを抱えているお母さんは、

明らかに

落ち着いている

  +

老けています


絶対に。


哀しいけど、老けています。明らかに見た目が「お母さん」なんです。

疲れきっているというか。化粧の仕方忘れました、というか。
健診に気合入れて化粧をしなくてもいい、と割り切れているというか。
もちろん、かわいくて、きれいな二児ママもいますけど、
でも、少し、老けています。どうがんばっても。

ああ、これが現実。

ママになって3,4ヶ月なのと、
1年以上経っているのとは、大違いなのです。


そんなことを客観的に見れた健診。

ちなみに絵本のファーストブックのお土産としていただいたのは

くだものでした。

他の区のママたちから、3年連続
がたんごとんがたんごとんだったよ!

と聞かされていたので落ち込んでいたのですが
(がたんごとんは、友人にいただいたし・・・)
くだもの、でよかったー。うれしいー。


加藤啓子先生の絵本講座

先週の木曜日、手作り絵本講座の最終回に行ってきました。

最終回では、完成した作品、未完成のものを各自発表し
先生からアドバイス等をいただくことに。

自分の作品に関しては、妥協した点を見逃さず指摘され、
もう一度作り直すことに。
でも「おもしろいねー」って言ってもらえて大満足っす。

他の受講生の作品も、ほんまおもしろくって、
また新しい絵本を作りたくなっちゃった。うっきー。

次は、またスミレの落書きなどを使ったコラージュで
「私が今やりたいこと」を絵本にしてみよっかな。

ちなみに11月中旬に開かれる絵本展(子育ていろいろ相談センター)に
手作り絵本を出展する・・・かも?です。
出展することになったら、またご報告しますーーーーーーーーー。
 
 
それにしても。

加藤啓子先生、おもしろすぎです。
先月、絵本読み聞かせ講座(1回)と
今回の手作り絵本講座(3回)に参加し、
先生が私たちに伝えたいことが、なーんとなくわかってきたような。
んでもって、先生がおススメしてくださる絵本の傾向も
なーんとなくわかってきたような。

特に短い文章を繰り返し言うだけ(?)の絵本を、よく紹介してくださりました。
私もこういうの好きやけど、2歳児のスミレには、
なかなかそのセンスちゅうか、面白さがわからんのよね。
こういうのは、小学生以降~大人向けなんだろうね。

例えば、こんなの。


おいしいね
ヤギさん一家が、シチューを食べて、ひたすら「うんめー」と言う。


おどります
↑表紙の写真がないのが、残念!!!!! 
これまた、ひたすらみんながフラダンスを踊るのだー!!!


あくび
フワー。フワー。フワー。


なわとびしましょ
ひたすら飛び続ける大縄跳び・・・。

言葉が簡潔でわかりやすく、同じことを繰り返す分、
絵本の原点「絵を読む」ようになるし、
同じことの繰り返しの奥にあるメッセージが伝わりやすくなるんだよね。

ああ、これって、
ライターとして見習わないといけないところやないかー!

なんか絵本講座に出席しておきながら、
メッセージの伝え方って、どうなのよ?え?
絵と文字のバランスってどうよ?

なんて、真剣に考えちまったぜ。
ああ、でも久しぶりに頭使ったぜ。


あ、そうそう、あとは
「絵本から子育てのヒントや目標を見つけることができるのよ」
ということも教わりました。

例えば

ぷくちゃんのすてきなぱんつ
何度もおもらししても、ニコニコして、新しいパンツをぷくちゃんに渡すお母さん。
感服いたします。はい。私、ニコニコできまへん。
今日も「ウンチはオムツ(パンツ)にしたらあかん!!!」と何度怒ったことか。。。
怒っても意味ないし、逆効果だとはわかっていても・・・。


はじめてのおつかい
これも、みいちゃんのお母さんのように
坂の下で子どもの帰りを待っていられるような、お母さんになりたいよね。


ピーターのいす
ピーターのお母さんのように、子どもに考えさせ、
子どもが自分で物事を解決できるように見守ってあげたいんやけどー。
2児ママになりたてのお母さん、必見っす。
ていうか、加藤先生に読んでいただき、ワタクシ、号泣しそうでした・・・。

講座では紹介されなかったけど、
この本に出てくるお母さんのように、
どんなにイタズラする子どもでも、
「大好きよ」といって抱きしめられるようになりたいなあ、と。

だめよ、デイビッド!

ああ、なかなか難しいなあ。
 

んま、そんなわけで、加藤先生からは色々勉強させていただきました。

ああ、ライターに復帰する際には、
もう一度、加藤先生のお話伺いたい・・・。

短いコピー。
そして
伝えすぎないこと。

うん。


じんましん

木曜日の夕方から、コウメの肌のあちらこちらに
蚊に刺されたような痕を発見。
その後も、引いては新たな場所に出てきたり。

翌朝も同じ症状が続いていたので、赤ちゃんの病気事典で調べてみると
どうも「じんま疹」に該当するみたい。

「原因を特定させるために、すぐに皮膚科に行きましょう」

と書かれていたので、慌てて夕方、皮膚科に行くことに。
(この程度の症状で行くつもりは全くなかったけど・・・)
 
診察の結果は
「アレルギーではなさそう。急に気温が変化したので、
 身体がついていけなくて、症状が出たのかも・・・」とのこと。

とりあえず症状を和らげる薬をもらってきました。


それにしても・・・


じんましん・・・って、初めて見たわ。



虫刺されだと思って、スリングやシーツ、タオルなど
ありとあらゆるものを洗濯したけど、意味なかったようで。はあ。

とりあえず、お薬のおかげか、症状はだいぶ引きました。

あーよかった。


ぐちぐちぐっちぐち

ぐちりぐちり・・・。

なんでかなあ。

しげおは、とってもいいパパなのに、

とってもいい夫、とは言えない。

 
「絵本製作で、寝不足だー!でもがんばるー!」

と、意気込んでいると、

「そんなにがんばらなくてもいいんじゃない?」と言う。
 

いや、寝不足になろうともがんばりたいくらい楽しいことだし、
これが日々育児でたまりたまっているストレスを発散させることにつながるのに。

しかも、いいもの、を作りたくて、
デザイナーであるしげおに助言を求めると
「どうでもいいんじゃない?」と、これまたムカつく発言・・・。

どーして、どーして、どーして。
妻の趣味を馬鹿にするんだ?

HOLGA EXPOのときもそう。
たしかにつわりで苦しんでいたときにEXPOの準備なんか。。。
って思うだろうけど、でもEXPOはとっても楽しみにしていたイベントなのに。
自分の趣味を邪険に扱われれると、すごーく腹が立つのって
男子も女子も、夫も妻も、変わらないだろーがー!!!
 
 
はあ。

言った言った。言ったー。ぐちりぐちりぐちり。

 
***

大阪バイバイに向けて、未練たっぷりの週末。

IMG_7966.jpg
サンタマリア号に乗ったり
(ちなみに上記写真は、船上での夏休み限定(?)の寸劇)
 
IMG_8062.jpg
ミッフィー展に行ったり、

名称未設定-1.jpg
(ミッフィーと一緒に写真撮影・・・の模様。結構気前イイです。ミッフィーちゃん)


どんだけ天保山好きやねん!いうくらい、天保山で遊んでいます。
 

***

コウメ話。

「ぱぴぷぺぽ」に反応するようになりました。

「ぽにょぽにょぽにょぽにょ」で笑います。

でも、未だにスミレの方が、笑わせる確率が高いです。
宇宙語でしゃべって、宇宙語付きの踊りをしているだけなのに。
悔しいーーーーーーーーーーーーーーーーー。
 
IMG_8012.jpg
こんな、わけわからんねえちゃんが、好きやねん・・・。


***

2人の寝かしつけ。

結論。

2人一度に寝かしつけることは不可能。

ようやくたどり着きました。

先にコウメを寝かしつけてからじゃないと、スミレは寝ません。

ましてや、コウメを抱っこしてたら、絶対に寝ません。


***

おんぶの悲劇。

コウメの首がすわったので、おんぶをしながら、家事をしようと思いました。

最近、私の姿が見えないだけで泣くので。

おんぶしました。

泣いたのは、




 
 
 
 
スミレ 
 
 
 
 
 
 
でした。

 
 
今までおんぶはスミレ、だったので、仕方ないんだけど。

もうどうしようもないくらい泣いて、
悲しみを、どう表現していいかわからなくて、家中を歩いては泣いていました。

「コウメをおんぶしたら、スミレを抱っこできるよ!」と言うと

すーっと涙は引いたものの、翌日も、コウメをおんぶすると
さらにひどく泣き崩れました。

でも、おっぱい、抱っこ、と同様、
「コウメもおんぶされる」ことに慣れてもらうしかないよね。

おんぶ。

久しぶりに、地雷、踏みました。
 
 
***

ああ、逃げてばかりはいられない。

明日は、手作り絵本講座最終日。

それなりのものを作って持っていかねば。

今から、がんばりまーす。

IMG_8080.jpg
ほほえましいーーーーーーーーーー。


トーヒ

「絵本を見に行こう」と言って、スミレを本屋に誘い出し、
絵本コーナーでさんざん遊ばせたのち、
自分の目的物=
のだめカンタービレ(#21)を購入して帰宅。

んでもって、コウメをあやしながら、読破。
 
明らかに ゲンジツトーヒ です。

 
絵本製作・・・進まん・・・。

引越しの準備・・・進まん・・・・・・・。


へたばっています

夜の頻回授乳もますます佳境に入り、
それに加えて、絵本を2冊製作しないといけない、という課題を抱え、
さらに、引越しの荷詰めを開始したため、

なんだか、

い そ が し い


です。とおっても。
 
 
ていうか、寝不足です。完全に。全く寝た気がしません。

それでも1時間半ぶっ通しで眠れただけで
なんとかコーヒー飲まずに生きていけてます。体力ありすぎ?わたし。
 
 
あ、そうそう。

最近、夕方に公園に行っても、誰もおらず
貸切状態で遊んでいたのに
今日、公園に行ったら、たくさんの親子がいました。


そして、案の定、スミレは大泣き。
子供見知り・・・。忘れてたー。そうだったー。
子供を発見しては、

「イヤイヤー。
 ママ抱っこー。
 おうちかえるー」


切れました。ブチっ。切れました。

なに、お友達、こわがっとんねん!あほか!
 
 
やめてくれー。ほんまにやめてくれー。
子供見知りするの、やめてくれー。
ふつーに公園で遊んでくれー。


もう、かあちゃん、ヘトヘトです。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす