FC2ブログ
   
07
3
5
7
9
10
15
17
18
19
20
21
22
25
26
27
29
   

怒りのパターンを分析する

子育て講座第3回目。

本日のテーマは怒りのパターンを分析する、というもの。

どういう場面で怒ってしまうのか。
なんで怒ってしまうんだろうか。

ってことを、
普段の自分の行動を振り返ってみることに。

ま、この話は後でじっくりと。
 
 

今日の話の中でふむふむと思ったことは以下6つ。



 
1.「わかった?」というセリフは封印しましょう



「わかった?」と聞く親の心理としては、
「自分はちゃんと子どもに言い聞かせました。
 ああ、親としてやることはやったわ」という満足感だけ。

でも、子どもが「うん」と答えても
必ず、というか、絶対に、本人は「わかっていない」ものなのよね。

だから、同じ過ちを繰り返すし、そのときに
「さっき、わかったって言ったでしょー!」と怒ることになる。

ならば「わかった?」と聞くことを止めましょうって、話。

 

うーん。なるほどー!!!
最近、言葉がお互いわかるようになってきたので
「○○だめよ、わかった?」って聞くことが多いけど、
自分のイライラを増幅させるだけのもんだったんだねえ。なーるほど。

てことで「わかった?」を止めますー!




2.目標を立てないこと

1の話に似ているんだけど
「○歳までにおしゃぶりを止めようね」という目標を立ててしまうと
その目標が達成できなかった場合、阻止された場合に
すんごく腹が立つでしょ。

ならば、目標を立てるのを止めましょう、って話。


これも納得。

子どもを自分の思い通りにさせたいって思えば思うほど
こういう目標設定ってしてしまうんだけど、
目標設定しなくたっていいじゃーん。
そのうち、なんとかなるよー、くらいの気持ちでいたほうがいいんだろうね。



3.できたことを誉めるのも大事だけど、
  我慢したことを誉めるのはもっと大事

  なんてないことはないことを誉めてあげることも大事



これは、信号のない道路で立ち止まらず、駆け抜けようとする子どもに対して
なんぼ怒ってもきかなくて困っている、というお母さんの事例で出てきた話題。

こんなときは、
「一緒にお手手をつないで道路を渡れたね。えらいね。ありがとう」
と、なんでもない、というか、当たり前のことを誉めてあげると
今度怒ったときに、本気で怒っている、ということがわかるみたい。

子どもにとって叱られ方の強弱(優劣)がつくので、
ほんまにあかんことがわかってくるのだとか。
 



4.約束を守った経験を積むと、約束を守れる子どもになる

この場合の約束は、
子どもに不利なもの(今日はオモチャ買わないよ、という約束)ではなく
子どもに有利なもの(今日はオモチャを買うよ、という約束)なんだって。

しかも条件付(おりこうにしていたら、とか、駅まで歩いたら、とか)はダメなんだって。
条件なしの約束なんだって。


へえ。ほんまかなあ?
でも一度やってみる価値はありそう。




5.パターンを変える

いつもこういう場面でぐずってしまう、という場合、
ぐずる前に、子どもがやってほしいこと、
もしくはそれに近いことをやってあげましょう、という話。

これは、スミレにやったことがあるのね。

赤ちゃん返りのひとつに

コウメに授乳する、オムツを替える、抱っこすると「私も抱っこ!」と言ってきかない。

というのがあるのね。

特にこの傾向が強かったときは、
コウメが泣いているとき、私がパッと席を立ち、コウメの部屋に向かうだけで
「抱っこー!」って泣き叫んでいたんですわ。

この「抱っこー!」を無視すると、
もうそりゃ酷く機嫌が悪くなりいつまで経っても修正できないし
コウメの授乳中に要求を聞いて「抱っこ」しても、全く喜ばないし
ますますぐずりは酷くなるばかり。

そんなとき、誰に聞いたのか、自分で思いついたのか忘れたんですけど
ぐずる前になんとか解決しよう!と思ったのね。
で、コウメが泣いて、席を立ったとき、さっとスミレを抱き上げたの。

そしたらスミレ、びっくりした顔をしてねえ。
でもなんかすごい嬉しそうで。
で、抱っこは数秒だけで満足して降りて
「おぎゃー(コウメのところに行っていいよ)」って言ったの。

で、その後授乳していても怒らないし、ぐずらないし
「抱っこ!」とも言わないし、すんごくなんか気持ちがよくなってねえ。

その後も、スミレがぐずりそうなときは、コウメを迎えに行く前に抱っこするように。
すると、やっぱスミレも気持ちが晴れるみたいで、
そんなスミレを見ている私も気持ちがいいので、
ステキなステキな授乳タイムになるというわけで。

パターンを変える、というと難しいけど、
ぐずる前に、なんとか手を打つ、というのは、他の場面でも応用できまっせ。



6.最後、どう終わるか、が大事

子どもを叱ってしまったとき、とか、ぐずったときに
最後、どう終わったのか、って大事よ、、、と言われました。

つまり、子どもを叱って、叱りっぱなしで
言うことも聞かず、こちらもぷんぷんしたまま、
いつも、うやむやになっている・・・というのはよくないんだとか。

「待っててね」と言ったのに、ずっとぐずってぐずってて
でも最後まで待てた場合「ちゃんと待てたね、えらいね」って
言ってあげるだけでもいいんだって。




さてさて、怒りの分析。

私がいつも怒っているのは、スミレがモノをポイするとき。

ポイするときのスミレは、
たいてい、自分の要求が通らないとき、イライラしているとき。
たとえば、お友達にオモチャを取られた等々。

でも私が一番腹が立つのは、ご飯、茶碗をポイポイ放ること。

原因は、ご飯が熱かった、お肉が大きすぎた、
自分で食べようと思ったのに、フォークでうまく突き刺せない等々。

こんなときにご飯をポーイ。

むかーっ!(ワタクシ)

なんでムカムカするのか。

>机やイス、床を汚されたからか?

→うーん、それほど神経質じゃないので、
 汚されることには、あまり怒りを覚えないかな。ま、少しは腹立つけど。

>自分が作ったものを粗末にされたからか?

→自分が作ったものには自信がないので、嫌いなら仕方ないか、という感じ。
 料理ベタなかあちゃんでごめんようー。

>コウメが泣いているときに限って、ぐずるなよー!ってこと?

→コウメが泣いているときは、逆に燃えるというか、
 2人の娘がぐずっているときこそ、母親の力量が試されているんだ!
 2人の要求をうまく汲み取り、2人とも泣かせてみせよう!
 って思えるので、意外と平気。でもめちゃくちゃ疲れる。

・・・

よく考えてみると、コウメの機嫌がいいときに怒っているような。

そうだ!

→コウメの機嫌がいいときにこそ、
 スミレと2人で「このハンバーグ美味しいねー」「コロッケもいいねえ」
 「あ、でもこれ、スーパーで買ったものだよ」「あはは」
 こんな会話をしながら、仲良く楽しくご飯を食べられたら、って思うのに
 ぐずられるから腹が立つんだわ。なんで今ぐずるねん!
 楽しく食べようぜ!ていうか、なんで楽しく食べられへんねん!
 これって、人間として最低限の要求というか、すごーくささやかな要求なのに
 こんなことも求めてはダメなのー???

これだー!私の腹が立つ原因は、ささやかな要求が通らないことなんだー!!!


んでも。

怒りのパターン、原因がわかったところで、はて、どうしたらいいんだい?

今度の講座のときに、聞いてみよっと。


■■■

てことで、なんか今日はまとまりのない話ばかりで。
ええ、なんか自分の頭の中を整理するためだけに書いたようなもんなんで。

ええ、最後まで読んでくださった方いれば、ありがとうございます、です。

では、ごきげんよう。

疲れたので、寝るぞ。


スポンサーサイト



子どもの寝相

子どもの寝相って、面白いよねえ。

我が家では、夫婦用に購入したクイーンサイズのベッドと
ベルメゾンで購入したセミシングルのベッドをつなげて寝床にしています。

IMG_7592.jpg
こんな感じ。

いまや夫婦用のベッドは、スミレとコウメのもの。
私は彼女たちの足元で寝かせていただいております。
ときどきスミレが私の小さな領域まで侵そうとしていますが
掛け布団で必死に抵抗しております。

以前はスミレとコウメの間に挟まって寝ていたのですが
右からはコウメのパンチが、
左からはスミレの大胆な寝返りで身体を締め付けられるようになり
耐え切れなくなって今の位置に移動した、というわけで。

夜中、コウメの授乳で目を覚ますと、
姉妹はこんなふうに。
IMG_7593.jpg
こんな状況でもスミレは目を覚ましません。

そして、次の授乳時には。
IMG_7594.jpg
頭と頭がごっつんこ。

こんな状況でもお互い「邪魔やから・・・」という理由では起きません。

不思議やー。なんでやー。姉妹やからかー?


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす