FC2ブログ
   
01
1
2
3
11
12
14
17
21
24
26
28
30
   

雑多に色々<その1>

IMG_6478.jpg
しげおの作るトンネル遊びが大好きなスミレ。
*本文とは一切関係がありません・・・。


えーっと、最近、なんだかブログ更新がボチボチになっています彩猫です。ども。

えーっと原因は、お腹が張って苦しくってブログどころじゃないってのと
(今も張っていてくるしぃー)
のだめDVDを観ているから。えーっと、後者が原因の日が明らかに多いけど(爆)。
といっても今の段階で観ているのは1、2、4巻のみ。
3、5、6巻を今週中に観たいなあと思いつつ、
ツタヤに行っても、ぜーんぜん無くって。

ま、そんなわけで、いろいろ書きたいことはあるものの
ぜーんぜん文章にできていないので、備忘録がてら雑多に書きます。
なんか今日はブログ日和なので。←なんとなく

とりとめのない話ばかりです。すんまそん。

***

■自分のこと

のだめにハマってます。
久しぶりです。マンガにハマるなんて。
えーっと「ピンポン」以来かもしれません。
あのときは、ARATAブームだったんですけど
えーっと今は玉木宏です。はい。しつこいですが、玉木宏です。
玉木宏の声で新聞読んでくれるなら、まじで朝日から読売に替えまっせ。

そうそう、玉木宏といえばドラマ「鹿男あをによし」。
ドラマは観ていないのですが、本は買いました。

鹿男あをによし
これから読もうと思います。



あ、そうそう、二つの祖国は読み終えました。
アメリカ在住の日系1世、2世たちが、太平洋戦争のさなか
強制収容所に入れられ、酷い差別を受けていたこと。
そして、終戦後の東京裁判がどのように行われ、
どのような判決が下されたのか、それがどういう理由だったのか
自分の無知さ加減を思い知らされました。

歴史。

特に第二次世界大戦及びその後の日本の歴史を
もっと勉強しないといけなかったんだなってこと。
中国、韓国に対する行いを謝罪する前に、
日本がアメリカに何をされていたのか、
もっと冷静に客観的に私たちは勉強しなきゃならなかったのに。
原爆投下という重い責任を背負っているはずのアメリカが
何で今もなお核に関わっているのか。いざというときのためとはいえ。
そういうことを追究できていない私たち日本人って、いったい・・・。

そう思うと、日本の教育って・・・。
学校教育って・・・なんなんだろうね。とほ。

とまあ、教育論に展開しそうなので、このへんで。はい。

ええ、山崎豊子、何度も言いますが、すばらすぃー作家です。
ほんまに面白いです。読み応えあります。

次こそ「大地の子」読みます。


■■■

■アゲハちゃんのこと

名前、まだ決めてません。
スミレのときは、意外とすんなり決まったのですが、
今回はしげおと意見が対立してしまって・・・。
で、もう一度考え直してみると、
どちらの候補名もイマイチちゃうかーって思ってしまって。

でも考えたり調べたりする時間がないというか、
まだまだ先でいいやーなんて言ってたら、もう9ヶ月やし。

2人目ってほんまいろんなところでいい加減。
申し訳ない・・・。ほんまに。体重管理にしろ名前にしろ。
スミレのことで頭いっぱいやから、、、というのは言い訳にならんやろうなあ。
でも生まれたら生まれたで、赤ちゃん返りするスミレを優先させてあげなあかんし
やっぱ親がこんな感じやから、第二子、第三子って、たくましく育つんだろうなー。

にしても、ほんま、そろそろ名前決めて、漢字決めないと。はあ。



布か紙か。

スミレのときは1歳2ヶ月まで布でがんばっていたのですが、
次はどうしようかなーと。
確かに紙はラクなんですけど、お金が・・・。
特に新生児の頃ってめちゃくちゃ頻繁にオムツ替えするでしょ。
これ、ぜーんぶ紙やったら・・・って思うと気が遠くなりそうで。

しかもスミレはまだオムツ外れできてへんし、
アゲハちゃんの分を含めると、どんだけオムツ買わなあかんねーん!
ていうか、どんだけゴミ増えるねーん!

てことで、とりあえず布でがんばってみようかな、と。
ウンチの回数が減ってきたら、布の方が断然良いし、
布用のオムツカバーもいっぱいあるから使ったほうが経済的だし。

ま、もち、アゲハちゃんが生まれてから、
どれだけ家事に時間を割けるのか、やってみなわからへんわけで。
でもまあ、ボチボチがんばりますわ。はい。

ちなみにアゲハちゃん誕生までにスミレのオムツ卒業!を企んでみたのですが
敢えなく撃沈しました。はい。トイレは好きなのですが、
補助便座に乗るのがイヤみたいだったので、あきらめました。はい。

ま、これも「こどもちゃれんじ」で促しつつ、ボチボチやっていこうかな、と。



アゲハちゃん、相変わらず逆子です。たぶん。
確かにスミレのときは、蹴られなかった部位を蹴られていますもん。

なんちゅうか、わき腹ちゅうか、そのあたりです。両わき腹。
明らかに変な胎位です。ちゅうか、そんなところ蹴られたらまじ痛いっす。おえおえ。

そうそう。さすがに9ヶ月の身体です。
お腹が張るようになりました。特に寒いときと、夕方以降。
パーンって張り裂けそうなくらいパーンって。
痛いというか、苦しくて、歩くのも億劫で。立ち上がるのも億劫で。

はあ。ワーキングマザーたちは、こんな状況でも働いているんだよね。
臨月にならないと休まない(休めない)人も多いし、
9ヶ月ならまだ通勤しているんだよね。尊敬します。はい・・。


■■■

■舞い戻って、自分のこと

そうそう、のだめに感化され、

こどもの童謡ピアノ・コンサートを買いました。

実家にある電子ピアノで練習しようか、と。
スミレものだめみたいになってくれないかなー。

のだめ、には関係ないのですが、
ここ数日、ハンドメイド欲がほんの少し湧いてきました。

何がしたいかっていうと、布絵本が作りたいのです。

フェリシモやベルメゾンの布絵本キットもいいのですが、
何冊も作る気力はありません。

てことで、1冊限定で作る予定。

おススメの布絵本製作本があれば教えてくださーい。よろしこ。

■■■

スミレの話は<その2>で・・・。


スポンサーサイト



雑多に色々<その2>

■スミレのこと

ウォーキングブームです。

公園で思いっきり遊べていない、、、っていのが原因だとは思うのですが
買い物やお出かけする際、容易にベビーカーに乗ってくれません。
ま、そのうち疲れて乗るだろう・・・と思って歩かせていると
目的地に着いてしまったり・・・。ま、めっちゃ時間かかるんですけど。
でも「抱っこー」って言わないし、足腰鍛えられるし、いいっか。


笑い声

相変わらずギャハッと濁音入りの笑い声なんですが、
最近は引き笑いというか、息を吸った状態でヒィヒィー言って笑うようになりました。

ほんま、こればっかりは、なんで?って感じで。

しげおも私もそんな笑い方せーへんのに。

にしても、可愛くないというか、すごくガサツなイメージの笑い方です。
こんなんで彼氏できるんやろうか、ほんまに母親として今から心配っす。


え゛~~~~~~~~~~~~~~~~~

スミレは、砂遊びや絵本めくり、磁石遊びなど
集中して何かをやっているときに「え゛~~~~~~~」と言います。

公園で一緒に遊んでくれる2才の女の子にも
「スミレちゃん、また『え゛~~~~』言うてるわ」と突っ込まれる始末。

電車の中で「え゛~~~~~」が始まると周りの人たちもシーン。
なに?この声は?泣いているの?奇声?え?人間?・・・
て感じで、私たち親子は注目の的になるわけで。

もう私は慣れっこになってしまったんですけど、
やっぱりやっぱり変?変?変なのかしら?




紙芝居も好き。

絵本は相変わらず好きで、集中力もかなりついてきました。
しかも長いだろうなーと思っていた紙芝居も、最後まで聞くことができるように。
最近買った
ミニ紙芝居(三匹のこぶた)は大のお気に入り。

私が読むと、ダメ、みたいで「パパ、パパ」を連呼。
てことで、この紙芝居の読み手は、はしげおに一任しました。

悔しかったので、私も図書館でおまめくんぱちぱちーを借りることに。

ももんちゃん、バルボンさんでおなじみの、とよたかずひこさんの紙芝居です。

いい紙芝居です。スミレも大好きになりました。
私が読んでも「パパ」とは言いません。うっしっし。

そう、スミレは、とよたかずひこさんの大ファンです。
ももんちゃん、バルボンさん、でんしゃにのってシリーズなどなど
たくさん借りてきては、何度も何度も読み聞かせているのに
未だに1冊も買っていないだなんて、なんか、申し訳ないような。
でもどれか1冊に絞りきれなくって。
買うなら大人買いしたくなるほど、どれも気に入ってて。
ああ、やっぱり図書館でリピート借りしようっと。


ひそかに悩んでいること

スミレ、実はここ数週間、目の下にクマができているんですわ。

夜の睡眠は安定してて、もちろん数回起きるのですが、
声をかけたり、手を握ったり、最終的には抱っこしてあげるんですけど
1、2分で元の眠りに戻っていってくれるようになりました。

てことで、睡眠不足によるクマではなさそう。

てことは、栄養不足?鉄分足りない?疑惑が・・・。

確かに相変わらず青菜が苦手で、
片栗粉入れまくりぃーの中華スープに混ぜないと青菜が食べられなくって。
ひじきは好きだし、あさりも好きだし、青菜以外の方法で
鉄分を摂れるように・・・とは思っているのですが、
なかなか毎日実践できておらず・・・。ていうか、私も貧血だしー。

そんなわけで、クマ、なかなか消えません。
どないしよー。なんか病気?ていうか、もっと食事に気を遣えってか?

最近、また偏食気味になってて、青菜以外の野菜類も
なーんか食べっぷりが悪くなってて。はあ。
調理方法を変えたり、別の食材と混ぜたり工夫しなあかよなー
と思っていても、実行できず。はあ。なんか、めんどくさいというか。はあ。

それにしても、食欲だけは旺盛です。
いろんな人に「いいわねー」と言われます。
確かに少食の子に比べると、偏食とはいえ悩みは少ないほうかも。
でも、体重は増える一方です。身長はさほど伸びません。デブです。
こんなんで彼氏できるんでしょうか。←しつこい



ダダコネ時のポーズ

よくオモチャ屋さんなんかで、
地べたに反り返って泣いている子供がいるじゃないですか。

スミレが産まれる前までは、

「おいおい。こんな下品なダダコネする子の親って、
 どんなもんじゃ。顔が見てみたいのぅー」

なんて思っていたワタクシ。

でもね、これね、他人事じゃないのよー!!!

しかもなんで?ってくらい公衆の面前でやるのよー!!!子供って!!!

スミレの場合、泣いて泣いて、その結果仰向けにこけて、
そのまま反り返った状態で泣き続ける・・・ってことは、今までに数回。
もち、公衆の面前で。

最近、わかってきたのですが(遅い?)
スミレの場合、ダダコネのポーズは、反り返るんじゃなくて、
うつ伏せにバタン、なんです。

こんな感じ
IMG_6419.jpg
ちなみにコレは「バターンってやってみて」と言われてやったポーズなので
ダダコネ時のときより、ちょっとかわいい(というか、遠慮がち)です。

そう、先日も、公衆の面前で。
いや、サラリーマンが独りでくつろいでいるベンチの目の前で
(至近距離にして約30センチ)
バターン、やりました。はい。

その後、サラリーマン、いたたまれなくって、即、ベンチを後にしてました。
ごめんよぅー、サラリーマンさんよぅー。ゆっくり休憩したかっただろうにぃー。




コケるのが好き

自分がコケるのはさておき、
他人がコケる姿を見るのが大好きなスミレ。

他人、、といっても絵本の登場人物なんだけど。
IMG_6440.jpg
カエルさんがコケるシーンで大爆笑。自分も一緒にコケます。

おかいものおかいもの
この絵本に出てくるワンシーン。

そうそう、この「おかいものおかいもの」の絵本、ずーっとほしくって。
でも「もこちゃんチャイルド」シリーズのものって、
幼稚園等で定期購読しない限り、なかなか書店で購入できなくって。
これはシリーズの中でも人気があった絵本なので、
楽天ブックスで売られるようになったみたい。

ちなみに夜の寝かしつけの際に必ず読むちいちゃんとさんりんしゃ改版も、最後にみんながコケるシーンがあるんですけど、
これまた大爆笑。コケたちいちゃんたちをバンバン叩いて喜んでます。

ていうか、全然、寝かしつけの絵本として成立していないんですけど。
眠くなるような本じゃないとあかんのに、興奮させてしまっているんですけど。

ま、いいいか。




お手伝い

「台所に1日1回はスミレを立たせる」という目標を設定して以来、
平日はなんとかがんばって、料理シーンを見せています。はい。

今までは子供用のプープー鳴るイスに立たせていたのですが、
低すぎてよく見えない・・・てことで、こんなん購入してみました。

腰掛け2段 木製ステップチェアー(踏み台・脚立

台所に立たせてみると
IMG_6460.jpg
やっぱ、低いんですけど、
まあ、前よりは眺めがよくなって本人もご機嫌です。

ていうか、台所、汚すぎ・・・。ごめんよー。これでもキレイな方なんだー。あっはは。

で、何を手伝わせているか、というと、
マゼマゼ、だけです。

生卵をマゼマゼ。
フライパンに食材を入れてマゼマゼ。
お鍋に食材を入れてマゼマゼ。

以上!

もちろんスミレのマゼマゼでは、混ざらないし、
なーんの役にも立ってないんですけど、
とりあえず料理って「マゼマゼ」して作るんだよーってことが
わかればいいかなーって。

というか、見ているだけだけだと、すぐに飽きて
開けてはいけない引き出しや扉を開けちまうので、
とりあえず参加させている・・・という感じです。

おかげで料理は焦げ焦げ。
スミレに怪我をさせてはいけない!と思っていたら、私が火傷しまくりぃー。

はあ。戦争です。なんか。

でも、ちょいと楽しくなってきました。

今日は何を手伝ってもらおうか、考えながら料理を作るのって
まんざら悪くないというか、めんどくさいけど、ときどき(?)楽しいです。

ついでに、昼寝の間に何が何でも晩御飯を作り終えなければ!
というプレッシャーから逃れられるので、すんごく嬉しいです。

■■■

そんなわけで、久しぶりにどどーっと書きました。はい。

書いている間にお腹の張りも弱くなるかなーと思っていたら
柔らかくなる気配なしっす。ちゅうか、晩御飯食べ過ぎたのが原因かもしれん・・・。

では、このへんで・・・。


我慢我慢・・・耐えろ耐えろ・・・


ミッフィかたちパズル ステップ2
●ミッフィ かたちパズル すうじ 20ピース

おうち遊びのために、
ヤフオクで落札した上記2点(定価じゃよう買わん・・・)。

ときどき遊んでいるのですが、これ、実は
お互いにストレスをためる原因になっているみたいなんですわ。

スミレは、うまく型にはめられないとイライラして
「ママ(代わりにやって!)」と叫ぶのね。

他力本願はあかん!と思って
「ママもできへんから、スミレがもう一回やってみて」と促すと
ちゃぶ台返しならぬ、パズル返しぃぃぃぃ~。じゃらじゃらじゃら~。


・・・はあ。


決して、子供を叱ってはいけない。
大人が全てやってあげてはいけない。
見守ってあげましょう。子供ができるまで。
少しヒントを与えてあげましょう。そして見守りましょう。


パズル等の遊びの際、↑こういうことに気をつけてね・・・
と年配の方からいろんな場面で言われていたので、
気をつけていたんだけど、やっぱ、あかんわー。怒ってしまうわー。

できへんかったらできへんでいいし、
それよりもじっくり取り組んでくれれば、それでいいやーって思っていたのに。
知らない間に、無言のプレッシャーを与えているのかなあ。
焦らせているのかなあ・・・。はあ。

てことで、しばらく封印したいのですが、
気がつけば、ミッフィーパズルを指差し・・・。
また今日も戦争か・・・。



そうそう、こどもちゃれんじですが、
2月号から1つ上の学年を選択することに。

ぷち(ぷちファースト)だと、なんか物足りなくって。
仕上げの歯磨きは、ちゃんとやらせてもらえるようになったし(しまちゃんのおかげ!)
トイレトレーニングに関しては、上の学年のぽけっとでも特集あるしー。

で、昨日届いた2月号。
早速やってみることに。

しまじろうたちが滑り台の順番を争う・・・
「こんなとき、どうする?」ってのがテーマで
「順番に滑ろうねー」というのが結論。
これを紙滑り台としまじろうたちを使って
シミュレーションして、順番、というものを学んでいくという教材なの(わかる?)。

で、早速、滑り台を設置。

「さあ、しまちゃん、滑ろう。ねこさん、滑ろう。ぞうさん、滑ろう!」

と順番に滑らせようとしたところ、スミレが急いで持ってきたものは・・・

パペットのしまじろうとファミちゃん。


ていうか、紙の滑り台って、手のひらサイズなんですけどー!

パペットが滑ったら、壊れるんですけどー!!!

ていうか、壊れましたけどー!!!



・・・てことで、生活習慣とかマナーとか、1歳~2、3歳にかけて、
いろいろ教えないといけないことってたーくさんあって、
「こどもちゃれんじ」をヒントに習得できればなあ、なーんて思っていたんですけど、

ええ、なんか、こういうのって、まだまだ先?

って感じです。はい。
もちろん、実生活の中で習得しないと覚えないってのもあるんですけど
今は、とにかく与えられた(というか、そこらへんにある)モノを使って「遊ぶ」
ってことがスミレの最大の関心ごとなんだろうなあーと。

というか、そういう「遊び」を忘れて、
生活習慣だのマナーだのしつけだのに気をとられていた私って、ドアホやーん、って感じで。


てことで、ええ、なんか、もっとね、遊ぼうと思いました。
他人から見ても「ええ子」「おりこうさん」と言われる子に育てたい、
って思ってしまうけど、なんか、もう、どーでもいいやーって。

元々、人見知り激しかったので、
今でも電車の中で知らない人に愛想を振りまけないスミレ。
ならば、別にええやーんって。他人にどう思われようとええやーんって。

順番?守れなくたってええやーんって。
そのうち守れるようになるしー。

ていうか、スミレの場合、順番抜かされて泣く立場やしー。
抜かすことなんて、滅多にないしー。


***

てことで、何が言いたかったか、っちゅうと、
えーっと、えーっと、えーっと。

子育てって我慢の連続やねーってこと。
でもって、子供が育つ、その様子を見守ればいいのであって
親が先導するもんでもないし、
親が育ててあげなきゃ、って思ったらあかんねんなーと。

そう。我慢ね。耐えて耐えて耐えるのよー。
ついつい口出ししたり、こうすればいいのにーって言っちゃうけど
スミレが好きなようにやればええのよねー。

パズルなんてできなくたっていいし、
「ママ(代わりにやって!)」って言われたら、
やってあげてもいいかなーって。それで満足するならそれでええかなーって。
星一徹になる前に、パズルが好きになることの方が大事やしー。


てことで、スミレ、昼寝しすぎです。起こさないと(午後3時23分)。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす