FC2ブログ
   
09
4
5
6
9
12
14
15
16
18
22
23
26
29
   

出産難民

ワタクシ、出産難民になるところでした。
 
第二子のアゲハちゃん(注:胎児名)の分娩場所は
スミレと同様、実家の近くの個人病院にしようと思い、
週末、分娩予約をしに診察に行ってきました。
 
久しぶりに訪れたので、院内のポスターをいろいろ見ていると・・・


「平成20年も分娩します」との貼り紙が。

え?どういうこと?と思い、詳しく読んでみると・・・

(以下要約)

「近年、新聞等でも取り上げられているとおり、
 産科を取り巻く環境が厳しくなってきました。
 当院も近隣の総合病院が次々と分娩取り止めをしており、
 その影響を多大に受けております。
 リスクのある妊婦の受け入れ先として提携していた病院も
 数年前に分娩を取り止めたため、当院もとても厳しい環境に置かれています。
 そのため、平成19年で分娩の取り扱いを終了する予定でした。
 しかし、地域のかたがたのことを考えた結果、
 平成20年も引き続き分娩を取り扱うことにします。
 ただし、診察治療に専念するため、一ヶ月の分娩予約を20件までとし
 今まで行ってきた産後エステやフランス料理の提供を中止することにしました」
 
とのこと。
 
ええええええーーーーーーーーー?
アゲハちゃんの出産予定日は平成20年3月なんですけどー。
分娩取り止めていたら、どこで産めというの?
でもまあいいや、とりあえず来年も分娩を扱ってくれるならひとまずオッケーかな。
 
なーんて思って、診察室に入り先生の診察を受けることに。

「いやあ、1人目ならば分娩をお断りするところでした・・・」

と、診察の前から衝撃的なお言葉が。

「え?もう20件を超えたんですか?」

「いやあすでに30件を超えていて・・・」

えええええー?わたし、妊娠4ヶ月だよー。
普通、里帰り出産なら安定期の5ヶ月以降に分娩予約しにいくでしょ?
てことは、まだまだ分娩希望者は増えるの?大丈夫?

とまあ急に不安になってきて。

確かに近くの総合病院が分娩を取り止めてはや2年。
分娩希望者が殺到しているのは頭で理解していたけど、
自分がその影響をモロに受けるとは思ってもみませんでした。
 
とりあえず分娩予約をしたものの、
自分が出産難民になりかけたことがショックで・・・。

実家に帰りその旨話すと、
「3人目はあきらめなあかんな。2人でええんちゃうか」
だとさー。えええ?私もしげおも3人欲しいよね、なんて夢描いていたんだけど
それを全面否定されたよ。
しかも「子供を産める身体なら、ちゃんと産みなさい!」と言っていた親が・・・。

ていうか、こんなショッキングな出来事を、
このブログでしか訴えることができない自分も悔しくて。

現在出版されている妊娠出産本には
「分娩する病院を選びましょう」
「自分の考えに合った病院を見つけましょう」
なーんてことが当たり前のように書かれているし、
有名人は「私は水中出産を選びました」「私はフリースタイルを選びました」
なんて贅沢にも色んな選択肢から選んだ出産を自慢しているんですよね。

でもね、この状況、絶対ここ2,3年。
いや、1,2年のうちに変わると思うよ。

有名人でも「ようやく分娩場所が見つかりました。皆様ありがとう」
なんてコメントをするようになるだろうし、
出産本にいたっては「妊娠がわかったら即、分娩予約をしましょう」
っていう記述に変わるはず。

いや、ほんと、世の中の流れは早いよ。
特に分娩場所がなくなる加速度は半端ないよ。

でもこれがイマイチ社会問題になっていないというか、
時々事件が起こって(妊婦搬送問題とか)取り上げられるだけで
社会全体としてなんとかせねば!と思っていないというか
所詮、対象者は妊婦という女性であって、
しかも女性の中でも政治力も発言力もない非力な存在の時期であり
肝心の医者にしても産科医は激務と訴訟問題にビビッて
前向きな発言ができず、他科の医者にしても
「産科をなくすな!」と発言すると、
村八分に(=左遷)されるという有様。
(これ、私の叔父が数年前に経験した実話)

どう考えても真剣にこの問題に取り組める人がいないのが現状なんだよね。

でもね、なんとかしないとね、ダメなんだよ。
少子化云々の問題じゃないよ、コレ。
まじで今まさに産もうとしている人が、産めない世の中になっているんだよ。
これって、生死に関わることだよね。
産む場所がなくなったら、どうしたらいいんだろう?
自宅で自力で産むの?リスクの高い高齢の私たちが?
死産覚悟なの?妊婦も死ぬの覚悟しないといけないの?
先進国だよね、日本って。乳児死亡率が低いことが自慢できる医療国だったよね?

ねえ、どうやったら、私たちを取り巻く環境が変わるんだろう?
誰に訴えたらいいんだろう?私ができることは何?
ただ単にブログで訴えるだけじゃないよね?
もっと他にできることないの?

大学を出て、社会人として6,7年働いてきた私は
今まで何を学んで、お客さんのためにがんばってきたんだろう?
自分のためにしないといけないことを、今、なんでできないんだろう?

すごい葛藤しています。
というか、情けないです。

自分たちが心地よく生きていくための社会作りの方法を
私たちは学んでいなかったんだね。

今まで受けてきた教育ってなんだったんだろうね。


スポンサーサイト



プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす