FC2ブログ
   
03
6
7
24
25
29
31
   

優しいママ・スカートをはくママ

優しいママでかつ、スカートをはくママになろうと決心しました。
 
そうそう岡山で会いたかった人の一人に
B社時代の先輩がいたんです。
先輩はB社を卒業し、いまや二児のママ。

一緒に仕事をしていたときから、
ゆっくり言葉を吟味しながらお話する方だったのですが、
ママになっても同じでした。
3歳の長女のしつけをするにしても、
目くじら立てて怒るんじゃなくて、
長女の目線におりて、ゆっくり話しかけて諭してはりました。

す、すごい・・・。
 
育児してたら、もうね、なんんかなんでも急いでやらな!って思うんだけど
先輩はねえ、違ってたんですよねえー。
急がなくても、やることは早いし確実なんですよねえー。
ああ、ステキだ。ステキなママさんだー。
わたしとは正反対だー!
 
ま、正反対っぷりは仕事しているときからわかっていたんですけど、ね。
 
とにかく、わたしも、ゆっくり子供の目線に立って
話しかけることから始めようっと。
んでもって怒らないように。怒らないように・・・。
・・・こらー!イタズラするな!はなちゃん!ああ。怒ってしもた・・・。

  
 
 

で、もひとつ。
先輩ねえ、スカートはいていたんですよぅぅっぅ。

ひっさしぶりです。スカートをはいているママに出会うのって。
しかも普段着でスカートっすよー。
 
見習います。ええ。見習いますとも!
無印のワンピを着ると、
きまってしげおに「また妊娠したん?」って言われるんですけど
懲りずにまた着ます!でもって、
もう一枚くらいスカート投入します!ぜったい!
しかも普段着スカートを!


いやあ、刺激されました。すごく。
見失っていた理想のママ像を見せられた、そんな感じです。
 
いやあそれにしても、
家にあったオモチャや絵本がステキでした。
オシャレな、そして話題のオモチャがいっぱい。
うおー!見習わねば!
 
でもって、プレゼントにいただいた木のオモチャ、
大切に使わせていただきます。
 
我が家も、プラスチックのオモチャではなく、
木のオモチャを積極的に投入していこうと思います。

いや、まじで。

多少お金がかかるので、選抜しなあかんけど、
やはり木のオモチャは良いです。
ぬくもりがあるし、長いこと使ったときに味が出るし
なんといっても「大切にしよう」って思えるし(わたしが)。


いやあ、まあ、そのほか、
断乳を断念したお話とか、その他もろもろ
勉強になるお話しがいっぱいでした。
 
さすがです。二児のママは経験が豊富です。
わたしも早く二児のママになりたいです。
なれるかなあ。不安もりだくさん・・・。


スポンサーサイト



子供のいる家は落ち着く

姉のおうちに2泊3日した岡山旅行ですが、
なんちゅうか、落ち着きました。
羽を伸ばせました。リラックスできました。
なんか解放されました。こういう感覚、めっちゃ久しぶりでした。
 
よくママ友なんかは、
「実家に帰ると、解放されるのー。すっごくリラックスできるわー」
って言うんですけど、
わたしの場合は違うのね。

実家だと両親に気を遣うし、
しかもわたしの両親はどちらも
スミレからあまり好かれていないので、近くに寄るだけで泣かれるのね。
で、それがイヤなのか、母なんかは
「そんなに泣くスミレちゃん大嫌い!」って言うし。大人気ない!
そんなん言われたら、余計にスミレもイヤでしょ。
言葉がわからへんからええやん!って母は思っているらしいけど
否定的な言葉、肯定的な言葉って、
赤ちゃんはちゃんとわかっているんよ・・・。ああ。

だから、実家に帰っても、両親に預けることもできないし
スミレはいつもよりも泣くし、余計に手がかかるのね。
しかも、実家に帰ったからといって、上げ膳据え膳じゃなくて
結構手伝わされるのね。文句付きで。

てことで、実家は全然気が休まる場所じゃないんですわ。

で、しげおの実家。
こちらも遠いんだけど、ちょくちょく行っています。
で、ここはもちろん旦那の実家ということで、気を遣うし
田舎なので、遊びに行くところが全然なくて、ヒマヒマヒマ。
とはいえ、しげおのお母さん、お父さんが気を遣ってくれるので
わたしはかなり上げ膳据え膳でゆったりさせてもらえるんです。
でもね、なんか、疲れるのね。義父、義母と話すと。
なんでかなーってずーっと疑問に思っていたんだけど、
この前のひな祭りのときに判明!

原因は「若狭弁」。弁当ちゃうよ。方言のことね。
なんかね、すっげーなまっているわけじゃないから
義父も義母もいつもどおりの速さでしゃべるんだけど
正直、わからへん・・・。
全くわからない、のなら、「なんですか?」と聞き返せるんだけど
じーっくり前後の脈略を読み取れば、理解できるものなので
変に聞き返せないのよね。
だから、いつも義父、義母がしゃべっているときは
前後の脈絡を読み取りつつ
次の会話の内容を理解しないといけないので、
頭の中がフル回転しているんですわ。
なんか、仕事していたときのように頭が重いなあって思っていたら
このせいだったのよねー。やっとわかった。うん。
 
で、しげおは若狭弁を方言だと思っていないので
わたしが理解していないとは夢にも思っていないみたいで。
ときどき義父や義母の質問に窮している姿を見ても
困っているとも思っていないみたいで、
助け舟を出してくれないんだわ。だから余計に大変で。

あ、そうそう、何が言いたかったかというと
とりあえずお互いの実家では、気が休まらないというか
全然リラックスできていないんだ、ってことを改めて実感したわけで。

それに比べると姉の家はラクチン。
言葉の問題もないし、気を遣う相手でもないし
なにしろ子供が2人いるので、家の中を多少汚しても
「大丈夫だよー」って言ってもらえるのが安心なのね。
でもって、スミレのような赤ちゃんに害があるようなものは
基本的に置いていないし、置いていたとしても
すぐに気がついて片付けてくれるし、
ほんと自分の家にいるときと同じくらいホッとできるのね。

で、育児の先輩だから、
今の悩みもイロイロ相談したし、
ま、10年前の育児と今の育児、ちょっと違うこともあるけど
共感してもらえる部分はたくさんあって、
なんかすごく気持ちがラクになりました。
「ああ、ねえちゃんも同じこと考えてたのねー」って。
やっぱ姉妹っていいよね。

スミレもさすがに抱っこは拒否したけど、
姉に対しては、まあまあなついていました。
ま、なんといっても2人の子供を育ててきただけあって
赤ちゃんを手懐けるのは、慣れてますわ。あはは。

ま、そんなわけで、ほんまに居心地がよかったー。
スミレもわたしも、とにかく楽しかったー。
姉ちゃんの家、岡山じゃなくて尼崎ぐらいにあったらいいのにー。
それやったら毎日のように行くのにー。

やっぱね、兄弟姉妹って、頼りになるよね。
結婚して、子供産んでさらに、信頼関係ができました。

また岡山行こうっと。


はじめまして☆ブログのアイドルさん

スミレと岡山に住む姉のところに遊びに行ってきました。

で、途中、姫路でかちゅらんらんさんに会うことに。

姫路に住んでいるとはいえ、駅からは来るまで20分とのこと。
わざわざ出てきてくださり、ありがとうございました(ぺこり)。

で、駅で待ち合わせしたんですけど、
目印(?)は、かちゅさんとこのベビ・一葉ちゃん。
ブログで毎日のように顔を拝見しているので、
すぐにわかりました。あはは。
ほんまにお目めがくりんくりんしてて、ザ・少女!って感じ。

というか、ブログのアイドルに出会えた!って感じで、
かんなり嬉しかったです。はい。
ああああ!ほんまにブログのベビがココにいる!
うわーリアルや!リアルや!って。

で、その後、一緒にご飯を食べて、
子供の話やら、おっぱいの話やら、だんなさんの話やら
いっぱいお話しました。
かちゅさんは、わたしよりも数ヶ月ママ歴が長いので、
ブログもそうなんですけど、いろいろお話が聞けてよかったです。はい。
で、ひそかに、超美人でつっけんどんやったらどうしよーって思っていたんですけど
かちゅらんらんさんは、ブログの口調まんまの
ほんまに気さくで、面白いママさんでしたー。

あのね、面白いというか、
ユーモアのあるママさんに育ててもらえる子って、幸せやと思うのね。
いろんな言葉を教えてもらえるし、
「楽しい」と思える瞬間がたくさんあって、
たくさん笑って過ごせるって、いいことだと思うんだー。
てことで、わたしもユーモアのあるママを目指してます。
怒るよりも笑いを提供できるママになるぞー。おうー!

で、その後、新幹線で岡山へ。
2日間、小6&小4のガキンチョがいる姉の家に居候です。
この話はまたあとで。


帰ってきました

6日から岡山へ旅行に行き、ただいま大阪に帰ってきました。

楽しかったー。めちゃめちゃ楽しかったー。
こんな旅行、久しぶりー!

会いたい!と思っていた人にいっぱい会ったし、
みな子育て中のママさんだったし、
同じような悩みを共有したり、悩み相談したりされたり
いっぱいいっぱいしゃべって、
いっぱいいっぱいストレス発散できました。

で、帰宅後、楽しすぎた出来事を思い出して、
ちょっとブルー入ってます。

大阪の家に戻ってきたら、
スミレとまた2人きりの生活です(平日は、ね)。
静かな家で、いつものオモチャで少し遊びました。

なんか寂しいです。
なんか気が抜けました。

春です。

春ウツになりそうな予感です。

ああ。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす