FC2ブログ
   
03
4
10
11
12
17
19
20
21
24
26
29
31
   

リバーシブル帽子&リバーシブルスタイ

たまちゃんグッズです。
 
えーっと第何弾だっけ?
 
 
 
ま、そんなことはさておき、
まずはリバーシブル帽子です。
 
帽子1
 
ひっくり返すと
 
帽子2
 
生地は、しげおがセレクトしてくれました。
 
今年流行の(毎年、流行と言われているけど)
マリン調でキメてみました。

くわぁっわいいっ!
 
 
で、余った生地でスタイも作りました。
 
スタイ1
 
これもリバーシブルです。
 
スタイ2
 
 
やはり生地選びは、しげおに任せた方が安心です。


スポンサーサイト



インテリアのカラーコーディネート

春に向けて、またまたクッションカバーを作ってみました。
 
クッションカバー
 

しげおから、

「リサとガスパールのようなビビッドな配色で」

と注文されていたのですが
大塚屋で悩んだ末に購入したのが、このボーダー柄です。
 

ここからは、彩猫の長くてシツコイ言い訳が始まります。覚悟あれ。



いやあ、ワタクシ、
インテリアにおけるカラーコーディネートが苦手なんです。
 
以前、
カラーコーディネートを真剣に勉強していた時期があったのですが、
そこでも、インテリア分野は苦手でした。
  
ま、そもそも私がカラーに目覚めたのは、高校生の頃。

「絵を描くのも、何かを作るのも好きだけど、
 思うように描けないからつまらない・・・」
 
そんな悩みを抱えながらも、
美術の世界にハマリたいという願望だけは人一倍ありました。
 
で、そこに現れたのがイバラードで有名な井上直久先生。
 
先生は、高校の美術の先生でした。
 

んま、しげおやデザイン界の人に言わせてみれば、

「フツーの公立高校に通っておきながら、
 かの有名な井上先生の授業や指導を受けられるだなんて
 そんなのあり得ない!っていうか、すごい奇跡!」
 
なんだそうですけど。
 
 
でまあ、その当時は、ごく普通の(ちょっと変なところもあるけど)
美術の先生としか見ていなかったのですが、さすがですね、先生。
ごくフツーの生徒だった私たちに、
美術の面白さをたくさん見せてくれました。
 
その中で一番印象的だったのが、色の授業でした。

色には明度・彩度があって、
同じ明度の色が集まるとぼんやり見えるとか、
ほんの少し黒や白を入れるだけで、
明度が変わることなどを教えてくれたのです。
 
「美術じゃなくて、化学の授業っぽいな」
 
理論が先行する授業に最初は戸惑っていたのですが、
これが、私のツボにハマリました。

絵を描くのなんて、感性に委ねる部分が多いのではないか?
と私は、自分の力のなさを感性のせいにしていました。

でも

「色の世界はシステマティックで、ロジカルなんだ!
 ロジカルに考えていけば、解決できる世界なんだ!」
 
と目覚めてしまったのです。

はい。カラーという神様が降りてきた瞬間でした。
 
 
そんなわけで、一度はカラーの勉強をしよう!と思い
サラリーウーマン時代に、冬のボーナスをはたき、
無理やり仕事を5時半に終わらせて
週1でカラーの専門学校に通うことになったのです。
 
 

 
ってか、前置き、長いね。ごめんちゃい。
 
 
ま、そんなわけで、
カラーの世界にハマルことができ、とても楽しかったのですが、
インテリアの配色だけは、苦手意識を克服できずに終えてしまったのです。

ああ。情けない。

それに、今は、カラーとは関係のない仕事をしていますし
(ライター業だけでは、なかなかデザイン面に言及することもないし)
ますますカラーとは縁遠い生活に・・・。 
 
でも、
「もう一度、配色をじっくり学びたいな~」なんて欲望が、
フツフツと湧いてきたのです。

はて、なんででしょう。

コレもお産の兆候かっ?!(冗談です)
 

 
てことで、
デザイナーのための世界の配色ガイド
って本で、配色のことを、少しずつ勉強しなおそうかな、と思っております。
 
とはいっても、カラーの勉強って、
実際に自分で配色し、デザインとして表現しないと
なかなかモノにならないんだよね。うーむ。
 
でもまあ、この本、見ているだけでも楽しいし、いいっか。 

あはは。

あたしゃ、デザイナーじゃなくてライターだもん。
楽しい、って入り口から入らなければ、出口は見えてこないしー。
てか、そんなもんですわ。はい。
 
楽しく学べればそれでいいのです。
 
てことで、産休&育休に入るため
ライター業はしばらくお休みしますし、
これをきっかけに、色の世界に浸ってみますわ。

では!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす