FC2ブログ
   
02
4
7
12
15
19
25
26
27
   

鉄分入り錠剤対策

悩み、闘っています、彩猫です。ども。
 
 
貧血対策として処方された
鉄分入り錠剤を飲むと吐き気をもよおす・・・
 
という話のつづき。
 
 
対策としては、
・夕食後すぐに飲む(満腹感のある状態)
・すぐにお風呂に入ったり、横にならない
 
この2点を守り、なんとか耐えています。
 
とはいえ、
ときどき襲ってくる吐き気やムカムカとは
今でも闘っています。耐えろ、妊婦!
 
それにしても、夕食後は、お腹がいっぱいになるせいか
よく張ります。苦しいです。パンパンです。おぇっ。
 


猫は忠誠心あふれる動物だ!

クッション&本
 
たまちゃんグッズの製作は、少しお休み。
で、昨年末に作る予定だったクッションカバーを
今更ながら作ってみました。
 
ちょっと地味な柄だけど、
ブランド物っぽい雰囲気のするクッションカバー。
ファスナーを取り付けるのすらも面倒だったので
ファスナーなしの簡易バージョンです。手抜き手抜き。あはは。
 
 
ちなみにクッションの前に置いた本は、
彩猫→しげおへのバレンタインのプレゼント。

プレゼント、とはいうものの、
私たち、夫婦なので共有のモノとなります。ぐふふ。


今年はシャラポアの写真集でも買ってあげようかな~
なんて思っていたのですが、
シャラポアの写真集片手に、
「ぐふふ」とほくそえんでいるしげおの姿を想像するだけで
嫉妬しそうなので、やめました。はい。自分で買ってください。


1冊は「うさこちゃん」というウサギの写真集。

うさこちゃん
 
以前から「ウサギを飼いたい」と駄々をこねていたしげお。
 
先日もなんばパークスのペットショップで
ウサギに心を奪われている姿を見て、
この本を買うことを決心しました。
 
カワイイです。ウサギ。

正面から見ると、魚みたいで恐いのですが、
枯れ草を食べているときの鼻の動きが、
もうたまんなくキュートっ!
 
モゾモゾモゾって動かすの。
すんごい必死に動かすの。
鼻、こわれちゃうよ、っていうくらい動かすの。
 
この写真集も、
ウサギのモゾモゾ鼻やカワイイ耳のオンパレード。
ウサギ好き必見ですぞ。
 


で、もう一冊は村上春樹が翻訳したことで有名な絵本
「ポテト・スープが大好きな猫」。

ポテト・スープが大好きな猫
 
 
いやあ、やられました。ずきゅん。
 
ワタクシ、猫は忠誠心あふれる動物だと確信しました。
 
「猫ってワガママで気まぐれで人間の恩なんて感じない動物」

って言われていますけどね、
 
違うと思うんですよ。はい。
 
「ポテト・スープが~」の本でも、
「あたしの一生」(江國香織翻訳本)でも
ワガママで気まぐれな猫が主人公なんですけど、
本当のところは、人間に対して、
すごく忠誠で、すごく愛していて、
見捨てられるのが怖くて怖くてたまらない様子が描かれているんです。

 
そんな主人公の猫を見ながら、胸がきゅーんとなりました。
 
だって、はなちゃんを見ているようなんだもん。
 
はなちゃんもね、ワガママで気まぐれで
飼い主の私たちのことなんて、
どーでもいいように振舞っているんですけど、本当は違うの。
 
朝は必ず私が起きてくるのを待ち構えているし、
グルーミングをしない限り、ずっと足元をつきまとって
家事の邪魔をするの。
 
グルーミングをすると、
すんごい気持ち良さそうな顔をして
ホッとして朝ごはんを食べているのよ。
でね、もっとリラックスしてくるとウンチタイムに。
 
たまに、1日中家を空けて戻ってくると
飛んでお出迎えしてくれるし、
いつも以上に甘えた声で「みゃ~」って鳴くの。
グルーミングはいつもの倍以上やらないと許してくれないし、
ウンチだって、私の帰宅後しか出ないの。
 
はなちゃんは、もう私無しでは生きていけないはず。
私が家出したら、死んじゃうかも・・・。
 

そーんなことを、しげおに話すと

「んなわけない。はなちゃんに限って。
 彩猫が出産で里帰りしたあかつきには、
 すっかり彩猫の存在を忘れるよ。
 で、戻ってきたときには、
 威嚇で歓迎されるに決まっているさ。はっはっは」
 
 
だってさ。
 
 
 
えええええ~~~~!!!
 
 
てことで、
はなちゃんが忠誠心あふれる動物かどうかは、
出産後に判明する予定です。
 
 
真実は如何に。


生稲歌えよロシア革命

中学生のころ、
クラスメイトが歴史の年号を覚えるため
語呂合わせをいくつか作ってました。
 
その語呂の中で、一番ヒットしたのがコレ。
 

1917年 生稲(イクイナ)歌えよ、ロシア革命


生稲とは、おニャン子クラブで活躍していた生稲晃子のこと。
 
 
その生稲晃子に向かって、
「歌えよ!」と命令する口調が、なんかグッときまして。はい。
しかも、生稲晃子ともおニャン子とも全く関係のない
「ロシア革命」で締めているわけですから、かなり強引な語呂合わせ。
 
 
でもその結果、1917年といえば
「ロシア革命」と「生稲晃子」両方を思い出すことができ
なんだかそれからの人生がハッピーになりました(嘘)。
 
 
 

 

 
そんなわけでロシア革命。いや生稲晃子。
 
実は、本日購入した妊婦雑誌・Pre-moの表紙が生稲晃子だったんですよ。
 
久しぶりにお顔拝見しました、って感じで。はい。
 
で、生稲晃子といえば、ロシア革命で、1917年で・・・。
 
いやいや、彼女、3月出産予定なんだって。
 


あのおニャン子の一人と私が
同じような時期に出産って、すごいな~って思いまして。
 
だって、おニャン子がデビューしたとき、私、小学生でしたわよ。
テレビの中のアイドルが、今、同じような状況で
出産に向けてがんばっているわけですよ。奥さん。
 

いやあ、スバラシイ。

実に、す・ば・ら・し・い。


妊婦はいろんな部位の痛みに耐えなければなりません。
 

 
最近の「痛」部位は
 
太腿の付け根&恥骨 

です。
 
 
 
後期になると、ときどきお腹が張ってくるので
ちょっと電車に乗るときでも
「妊婦なので座らせてくださいましー」という気分になります。
 
 
でもね、これがダメなんです。はい。
 
立ち上がった瞬間、太腿の付け根&恥骨が、
ずっきーん、って痛くなるんです。
 
座っていたにもかかわらず、
立ち上がった瞬間の私の身体なんて、
ヨロヨロ、ボテボテ、へにょへにょ・・・。
 
80歳のお年寄りですら、こんな姿にはならないでしょう
っていうくらい、ひ弱な姿を見せつけてしまうのです。
 
悲しいです。はい。とっても。
 
昨日は、この「痛」が強烈な日でして、
洋式トイレで用を足した後ですらも、
へにょへにょ状態になりまして。はい。
 
自分でも、ほんと笑っちゃいましたよ。ははは。
 
 
ま、原因は、お腹が大きくなり、
座った状態だとなおさら血管が締め付けられるため、なのだとか。
 
なので、お風呂あがりには、
股関節をやわらかくする運動をやっています。
 
 
 

気休め、って感じですけど。あはは。
 
もうほんと、笑うしかないです。あはは。
 
あと2ヶ月我慢すれば良いのですから。あはは。
 
ヨロヨロ歩いていたって
「おいら、妊婦だもん」と割り切っていればいいのです。あはは。
 
堂々といこうではありませんか、31歳乙女よ。あはは。
 
 

あはは。あはは。あはは・・・・・。ちーん。


裁縫&手芸ブーム

いやあ、最近、裁縫&手芸ブームなんです。私の中で。
 
いわゆる「マイブーム」ってやつです。はい。
    (↑死語じゃないよね?まだ・・・)
 
 
昨日も江坂にある大塚屋
たまちゃんのリバーシブル帽子の材料を買いに行きました。
 
いつもは、大型スーパーに併設されている手芸屋さんで
布や糸などを購入しているのですが、
なんせ種類が少なくて、困っていたのですよ。
 
で、大塚屋まで足を伸ばすことにしたのです。
 
 
 
大塚屋。そこはパラダイスでした!

ダブルガーゼの生地を探していたのですが、
「選びきれない~!」って思うくらい
たくさんの柄のダブルガーゼが揃っているではありませんかっ!
 
かわいいー!!!!!
 
 
アップリケの種類も豊富。
タグの種類も豊富。
ボタンの種類も豊富。
 
いやん、萌え萌え~!!!!!
 
 
 
結局、しげおの意見を聞きながら
リバーシブル帽子の材料や、
その他「欲しかったんだ、コレ」なモノも購入してしまいました。
 
ああ、ステキ。ああ、心が満たされました。はい。
 
 
 
 
それにしても、私のこの裁縫&手芸ブームって、超久しぶり。
 
そもそも「手芸」なんて、いかにも女子、ってな子がやるもんだし、
超文化系じゃないっすか。
元体育会系の女子から言わせてみれば、
なーんか陰気クサイ、って感じがするのですよ。
とてもじゃないけどワタクシの柄じゃございませんわ、って思ってまして。


でもね、私も女子なんですよ。
陰気クサイって感じがする女子なんですよ。所詮は。あはは。
 
で、裁縫&手芸ブームってのが、時々やってくるわけですよ。

 
ええーっと、この前きたときは1998年でした。
ああ、長野オリンピックですね。そういや。
 
あの頃は、なぜかアランジアロンゾがマイブームになっていて
「うさぎのちいさいともだち」
うさぎのちいさいともだち
 
という本を買って、
フェルトマスコットをつくり、
友人や甥っ子にプレゼントしまくっていたようです。
 
「ようです」と曖昧な表現になってしまったのは、
実物のフェルトマスコットが我が家にはないため。
でも、型紙やフェルトの余り布などが
物置から大量に出てきたので、
作ったという事実は、間違いないでしょう。
 

ま、そんなわけで1998年以来の手芸ブームです。
 
えーっとその前は、中学時代だから、えーっと・・・。
1990年くらいでしょう。
ああ、やっぱり8年毎にくるみたいね。
 
 
 
いやあ、それにしても、私、自分の物はほとんど作っていません。
で、これからも作るつもりは、あまりないのです。
 
そう、私の手芸ブームは、
ひとえに「誰かにプレゼントしたい」という欲求から沸きあがってくるようです。
 
なので、今回のブームも
「たまちゃん」ありきのもの。
それに付随して「しげお用」のモノも完成しつつあります。
 
でも、自分用はありません。
 
うーん、なんでだろうなー。
自分用にカバンの1つくらい作ってもいいのになーと思うのですが、
なぜかカバンや服などは「既製品がいいなー」と思ってしまいうのです。
 
身勝手だなあ。うむ。
 
昨日も、たまたま立ち寄った百貨店で
アニエスのカバンを見つけちまいまして。はい。
 
「ああん、これ、ほすぃー」って思ってしまいました。はい。
 
手芸ブームなのにねぇ。なんでなんでしょうねぇ。ああ。
 
それにしても、アニエスのカバンは◎です。
近年はアニエスのカバンばかり購入してます。
 
てことで、今、一番欲しいと思っている
マザーズバックも「アニエスにしたいー!」なんて思っておるのです。

*マザーズバックとは、
ママと赤ちゃんが散歩&買い物に出かけるときに使うカバンのこと。
哺乳瓶やオムツ、母子手帳など、いろんなものが入り
大きくてポケットがたくさんあるのが特徴です。
 

でも、アニエスにはマザーズバックになるようなものは、ナッシング。

アウチッ!
 
 
 
ああああ~、うまくいかないものねぇ~、ええええーん。
 
 
ま、そんなわけで今回の裁縫&手芸ブーム。
いつまで続くのでしょうか。
たまちゃんが産まれてくるまでの期間限定のような気もしますが、
せめて小学校入学グッズを作るまでは、
ブームが続いていて欲しいものです。

ああん、でも長いわねぇ・・・。
 


たまちゃんサブグッズ

今まで作ってきたモノの余り布で
ちょこっと製作してみました。
 
まずは、おむつ替えシートを入れるカバン。

カバン
 
おむつや、その他モロモロの何かを入れるため
ちょっと大きめの袋になりました。はい。

おそろい 
 
 
で、もひとつ、パイル生地で作ったのがコレ。
 
ねこ
 
にぎにぎガラガラです。
 
中に鈴を入れてみました。
 
「これ、何の動物?」
 
猫ですよ、猫。
 
どーも、ワタクシ、刺繍というやつが苦手のようです。

どぼん・・・


14日のおはなし

「14日、楽しみやわ~」
 
 
 
夕方、近所の公園で、
小学生の男女たちがこんな会話をしていました。
 
男の子も女の子も無邪気に、
そして内心ドキドキしながら
2月14日のバレンタインデーを待ち望んでいる、
 
そんな様子が伺えました。はい。
 
くぁわわいいです。
 
 
結婚生活2年目を迎えるしげお&あやねこ夫婦は?
 
ドキドキワクワク、あるのかなあ?


口から胃が出てきそう

鉄剤を飲むと、胃が荒れて吐き気をもよおす・・
 
 
という話を聞いていたのですが、まさか自分もこんな症状になるとは。
 
 
 
ええ、昨日も寝る前に処方された鉄剤を飲んだのですが
飲んだ直後から「オエオエオエー」と吐きそうになりました。
 
でも通常の吐き気は、
胃の中にある食べ物が食道を逆流してくる感じですが、
昨日は違ってました。
 
何が出てきそうって、胃、ですよ。胃。
 
座っていても、オエオエオエー。
 
苦しくなって横になっても、オエオエオエー。
 
ついでに、たまちゃんの活動も活発になり、
私の胃を蹴りまくります。オエオエオエオエオエオエー!!!!
 
でも出てきません。何にも。
ゲップさえも出せない、そんな感じでした。
 
布団に入ってからも、ずーっとオエオエオエー。
 
でも知らない間に眠りについていたようで
2時間少し眠れました。
 
でも、育児ノイローゼになる夢を見てしまい
「ひゃー!!!!!!!!!!もうダメェェェ~!!!!」
って叫んだ瞬間、目覚めてしまいました。はい。
 
やばっ、この叫び声、隣のしげおに聞かれたかも?!
と思い、横を見ると

ぐーぐーぐー。
 
しげおは、見事なイビキをかいて爆睡してました。
 
 
 
ああああ、将来たまちゃんが泣いても、
起きてくれないんだろうな・・・
私は、孤独だわ・・・。
 
 
とさらに不安な気持ちになり、
寝付けなくなりました。ちっちっち、ちーん。
 
で、しばらく
グタグタ、ダラダラ、オエオエ・・・を繰り返したのち
2時間半の眠りに付くことができました。はい。
 
ええ、昨晩の睡眠時間は合計5時間ですが、
とても寝た気分ではございません。
 
「子供が産まれると、2,3時間おきに起こされるよ」
 
と経産婦は言いますが、
私は、そのリハーサルを自主的に行っているようです。
 
ああ、私って真面目な子。
いやいや、なんてこった、ぱんなこった。
 
 
 
 
で、いつもどおり、マタニティスイミングで
助産師さんにその話をしたところ、

「様子を見ながら、どうしても吐き気が続くようなら
 錠剤を飲むのを止めてもいいんじゃない?
 それよりも、まずは食事で鉄分を摂るように工夫しようね~」
 
とのことでした。
 

んでもって、
処方された錠剤のことをネットで調べてみると
「空腹時に飲むと吐き気がキツクなる」とのことでしたし、
食後すぐに飲むなど、ちょっと工夫しながら
様子をみていこうと思います。
 
 
妊婦さんって、みな、がんばっているのね・・・。
 
 
あ、ちなみに、例の黒いウンチ、今朝出ました。
 
よく言えば、黒ゴマペーストです。
さらによく言えば、黒ゴマアイスクリームです。
 
あはっ、これで貴女は、
黒ゴマアイスクリームを二度と食べられなりましたね。うふっ。


8ヶ月総括

今日はなんだかブログ日和です。
 
そうそう明日から32週目、9ヶ月になります。
 
 
■お腹の大きさ
 
27週(7ヶ月)→31週(8ヶ月)の間に
4センチ腹囲が大きくなりました。
 
 

■マイナートラブル
 
夜眠れない、便秘になる、足がつる、胃がムカムカする・・・
 
といった症状は、マイナートラブルと言われており、
妊婦さんがよく経験する症状だそうです。
 
私もご多分に漏れず、マイナートラブルに悩まされています。
 
でも、週に2回行くマタニティスイミングで
助産師さんに、その都度相談しているので、
ある程度解消されたり、悩まないようになりました。
 
「よくあることだよ~」と
助産師さんに言われると、なぜかホッとします。
 
聞いてもらえるだけで、十分なのかも。
要は、気持ちの問題なんでしょうな。はい。
 

ちなみに、足がつったときの私の解消法は

1.しげおによる足マッサージ(ほぼ毎日)
2.足を高くして寝る&レッグウォーマー着用
3.起きる前の「伸び」を止める
  (この癖を直すは、一苦労でしたが・・・)
 
この3つでした。
 
しげおに感謝、です。はい。
 
 
夜眠れないのは、これからますます酷くなりそうな予感です。
スイミングの日ですらも眠れないんですもん。
眠れないのもそうなのですが、寝返りをうつのも苦しいのです。
大きなお腹のせいです。ほんと苦しい・・・。あああ~。
 
 
胃がムカムカするのも、まだまだ直りません。
しかも鉄分の錠剤を飲むと、さらに胃がムカムカするのだとか。
ああああ、貧血対策、ほんとがんばらななあ。
 
でも、体重は順調に4週間で1キロ太っています。
なああ、ぜぇぇええええ?
 
ちなみに、とある1日バカ食いしただけで
1キロ/1日太りました。コワイです。
 
 
■人々の目
 
街中を行き交う人の視線が気になる彩猫です。
 
以前は「女性」として見られていた(はず)のですが
今は「ニンプというイキモノ」という視線に変わりました。
 
特に男性の視線は明らかで
「おおっ!ニンプが歩いているぞ!」という視線をビシビシ感じます。
 
現在のワタクシは
「女性」「少女」「乙女」でもない女ってところでしょうか。
(もちろん「オバサン」でもないっ!)
 
客観的に見ていると、面白いです。
 

 
■おデブさんと妊婦さんの違い
 
歩き方は、ほぼ同じです。
大きなお腹を支えるために、身体が反ります。
 
洋服も、ほぼ似ています。
特に冬は、お互い、だぼっとした服で
お腹の大きさをカバーしています。
 
呼吸も、ほぼ同じです。
階段を上る時は「ぜいは~ぜいは~」と言います。
 

では、どちらの方が、辛いと感じるのか?
 
答えは、妊婦、でしょう。
 
妊婦さんは、期間限定でお腹が大きくなっています。
そう、大きなお腹に慣れていないため、
一つ一つの作業に、
「えええ?こんなにしんどいの」と感じてしまうのです。
 
その点、(通年)おデブさんは、慣れています。
自分の身体の重さをよくわかっているし、
多少の不便さも苦にならないのです(あくまでも推測)。
 
 
しかも、妊婦さんのお腹に入っているのは、
骨や肉がついた胎児と羊水です。
月日が経つにつれて、骨と肉が増えてきます。
重いはずです。苦しいはずです。
 
一方、おデブさんのお腹に入っているのは
脂肪です。
重さはよくわかりませんが、軽いはず、です(しげお談)。
 
てことで、妊婦さんの方が辛いんだ、ってことがわかりました。
 
ほんと、辛くて辛くて辛いのですが、
期間限定の人生の苦難だと受け止めて、
この重さに耐えようと思います。がんばります。
 
 
■最近、興味があること
 
出産後のこと、です。
 
初期の頃は
「これから先の数ヶ月を、どうやって過ごそうか?」
「マタニティウエアは、どうしよう?」
「お腹の中の胎児は、ちゃんと育っているんだろうか?」

と思い、ひたすら妊娠に関する本・雑誌を読んでいました。
 
中期の頃は
「妊婦の身体に良い食事とは何だろう?」
「今日は何を食べよう?明日は何を食べよう?」(食欲旺盛な時期のため)
「出産は痛いの?立会いにする?会陰切開ってなに?帝王切開?」

と、食べることと出産という未知の世界のことで頭がいっぱいでした。
 
 
でも、後期に入ると
「食欲は旺盛だけど、胃がムカムカするから食べたくない」
「帝王切開?会陰切開?立会い? なるようにしかならんさ。
 いざとなれば、なんとかなるって!心配御無用!」
 
な~んて、思うようになってきたのです。
 
で、興味の矛先が消えてしまったのです。

言ってみれば、9ヶ月に入る私は、
「ベテラン妊婦」なのです。
コワイものなんてありません。

「妊婦のことについては、
 何でも聞いてくれやっ!そこの小娘たちっ!」って感じなのです。
 

お~っほっほほっほっほっほぉぉぉおおおお~!!!!!

 
 

ということで、最近の興味は「出産後」のことだけ。
 
でもこれこそ、未知の世界ですし、
経産婦の話を聞けば聞くほど、
産まれてくる赤ちゃん次第、ということもわかりました。
 
ベテラン妊婦から、初心者ママに。

ああああ、どんな生活が待っているんだろうか。
 
 
楽しみなんですが、不安です。とぉっても。
 
 
てことで、この時期、情緒不安定になりがちです。 
気分は、妊娠初期に戻ったみたい。
 
あああああ、とにかくあと2ヶ月です。
 
たまちゃん、おかあちゃんとともに、がんばろうな。おう!


最近のお気に入り


なんばパークス
 
先週末、久しぶりに訪れてみました。
ウサギに出会えるペットショップに行くのが目的だったのですが、
ヴィレッジヴァンガードやプランツプランツ、フランフランなど
うろちょろしながら楽しめるお店がいっぱいあることに
今更ながら気付きました。はい。



 
で、ヴィレッジヴァンガードで購入したのがコレ。

UA/うたううあ     (CCCD)
 
UAの「うたううあ」というCDです。

UAが歌う子供の歌は、とおってもステキです。
子供だけでなく大人が癒されます。
現在、我が家ではたまちゃんの胎教音楽として活躍中。
 
ほんと、ステキです。
 


 
で、たまちゃん胎教音楽として、
もひとつ「Best of Children's Favorites」
というCDも購入しました。
 
ミッキーマウスマーチやロンドン橋など
英語の子供音楽が40曲詰まった1枚です。
 
これまた◎です。
 
英才教育するつもりはないんですけど、
子供の頃から、英語の曲に馴染めたらいいな~
なんて思って購入してしまいました。


■ 

知人のブログで紹介されていた本です。
 
Giongo gitaigo jisho
 
カワイイです。はい。とっても。
擬音語・擬態語を学びたい、という気持ち半分。
ただ単に読んでいて楽しい、という気持ち半分で購入してしまいました。
 
例文自体がストーリーになっていたり、
絵や写真がほのぼのとしていて、
オトメゴコロ満載の本です。
 
加藤ローサちゃんも絶賛。
 


 
で、擬音語・擬態語をもう一度見直そうと思い購入したのがコレ。

犬は「びよ」と鳴いていた
 
『犬は「びよ」と鳴いていた』という本。

要は、古典から見直す擬音語・擬態語本です。
ちょいと難しいけど、勉強になります。はい。
 
幼児教材の営業をしていた友人が
「日本の子供の教育で大切なのって、オノマトペだと思うんだ~」
と熱く語っていたのを思い出し、ハマるようになりました。
 
擬音語・擬態語って奥深いです。
 
でも、実際、ライティングの仕事の中では
なかなか使えないのが現状です。
 
効果的に使うことができれば良いのですが、
多用・乱用してしまうと、バカっぽい文章になるので
あえて避けています。素人文章っぽいし。

でも、ブログでは大いに使うつもり。

どんどん、ぶりぶり、ぐちょぐちょ、ひゃんひゃん・・・。
 
ほぅら、楽しくなってきた!
 
ちなみに、しげおが私を擬音語・擬態語で表現すると
 
ガミガミ、グチグチ。なのだとか。
 
ついでに、そのときの自分を表現すると
 
シュン
 
なんだって。 
 
 
 
こらっ!!!ガミガミ。
 
 
ああ、しくしく。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす